台詞集/絆会話

ルフレ(男)

シオン

→シオンのページへ

アンナ

→アンナのページへ

チキ

→チキのページへ

クロム

→クロムのページへ

カムイ(女)

[ルフレ]
生きていると、いろんなところで
選択を迫られるよね。▼
そのとき、運命みたいな大きな力によって
選ばされてるって感じたことはない?▼
[カムイ]
どういうことでしょう?▼
[ルフレ]
自分で選んでいるように見えて、
実は何かに導かれてるってことだよ。▼
[カムイ]
わかりませんが……、
何だか恐ろしい話のように感じます。▼
ルフレさんは、そう感じたことが
あるんですか?▼
[ルフレ]
いや、何となくそう思っただけ。
運命なんて誰にもわからないからね。▼
でも、本当に自分で出した答えなのか……
その疑問は尽きないよ。▼
[カムイ]
そう言われると、気になりますが……
私は自分の意志を信じています。▼
何かに導かれたことであっても、
その先は自分で決めて行動したいんです。▼
そうしたら、自分の道は、自分の選んだ
答えに繋がっていくと思います!▼
[ルフレ]
ヘえ、なるほどなあ。
そういう考えも、アリだね。▼
[カムイ]
それに、もし私の意志に介入できる、人智の
及ばぬ神のような存在がいたとしても……。▼
私はそんな存在に匹敵する力を得て、
立ち向かいますよ!▼
[ルフレ]
神の干渉をも覆す存在になればいい、
ということだね。▼
[カムイ]
ルフレさんは違うんですか?▼
[ルフレ]
うーん……。僕は、どんな選択でも、
最後の最後には自分で選びたいな。▼
[カムイ]
最後の最後に、とは?▼
[ルフレ]
たとえ何らかの介在があったとしても……。▼
最終的には、自分の意志で、
自分が考え抜いた選択を、したいんだ。▼
その先に何が待っていたとしても、
後悔しないようにね。▼
だから、僕が欲しいのは……
運命の流れをも撥ね退ける力だよ。▼
[カムイ]
そういう考え方もいいですね。
何というか、あなたらしいです。▼
私は、自分の意志で進みたい。▼
[ルフレ]
僕は、自分の意志で選びたい。▼
僕とカムイは、自分の意志をどう使うかが
違うのかもしれないね。▼
突きつけられた運命に対して、
どうやって立ち向かっていくのかが。▼
僕は軍師で、君は王族だから。▼
[カムイ]
ふふ、確かにそうですね。
でも……。▼
私もあなたも、選択するには結局、自分の
意志がー番大事だと考えていますよね。▼
だからこそ、私たちは互いに互いの選択を
助けることができると思うんです。▼
[ルフレ]
うん、そのとおりだ。
僕は、君が道を選ぷ前に、君に助言できる。▼
カムイが、悔いのない選択を
掴み取れるように、全力で手助けするよ。▼
[カムイ]
私も、ルフレさんが道を選んだ後、
あなたの歩みを助けましょう。▼
自分の選択を悔やむことのないように、
真っ直ぐ進む支えとなってみせます。▼
[ルフレ]
はは、カムイがそう言うなら安心だね。▼
君とー緒なら、何でもできそうだ。
これからも、よろしく頼むよ。▼
[カムイ]
はい、こちらこそお願いします。
この先も、楽しみですね。▼

カムイ(男)

マークス

[マークス]
ルフレ、軍議の資料の字が以前より
綺麗になったな。練習でもしたのか?▼
[ルフレ]
あっ、はい! 今までは、文字なんて
読めれば十分だと思ってたんですが……。▼
マークス様の書いた文字を見て
わかったんです。▼
資料を読むときの効率が全然違うって!▼
[マークス]
そうか。ルフレのその向上心……。
私の臣下たちにも見習ってほしいものだ。▼
私にはラズワルドとピエリという、ふたりの
臣下がいるが、どちらも手のかかる者でな。▼
[ルフレ]
どちらも、ですか。
どんなふうに手ががかかるんですか?▼
[マークス]
ラズワルドは、
困ったことにナンパが大好きでな……。▼
有能だし、書類仕事もできなくはないのだ。
ただ、目を離すとすぐにナンパに出かける!▼
[ルフレ]
それはすごいですね……。▼
じゃあ、ピエリさんという方に
お教えになればいいのでは……。▼
[マークス]
ピエリはピエリで、そもそも黙って
座っていることができるかどうかも怪しい。▼
戦闘になれぱ、本当に頼りになるのだが、
書類仕事は……。▼
[ルフレ]
……じゃあ、ラズワルドさんのナンパを
許可するしかないかもしれませんね。▼
息抜き程度なら構わないのでは?
しっかり仕事をしてもらう代わりに。
[マークス]
私も最初は、そう思ったんだ!
……実際に、仕事ははかどった。▼
しかし、王城兵がナンバをしていると、
次々苦情が入るようになってな……。▼
[ルフレ]
苦労されているんですね、マークス様。▼
[マークス]
ナンパ癖を直す策があれぱいいのだが。
何か、ないだろうか。▼
[ルフレ]
難しいですね……でも、なんだか他人事じゃ
ない気がするので、考えてみましょう。▼
……例えば、よりモテそうな人と一緒に
ナンパに行かせて、自信を失わせるとか?▼
それこそ、マークス様が同行すれば、
効果は覿面ですよ、きっと!▼
[マークス]
私にナンパができると思うか?
自慢ではないが一度もしたことはない。▼
[ルフレ]
で、ですよね。
失礼しました。▼
とすると……そうです!
こういうのはどうですか、マークス様!▼
常に可愛い女性とー緒に仕事をさせることで
気をそらしてナンパを防ぐんです。▼
[マークス]
なるほど……。しかし、あのナンパ好きの
気がそれるほどの女性がいるだろうか?▼
[ルフレ]
ラズワルドさんが次にナンパした方を、
ラズワルドさんの仕事仲間として……。▼
しばらく雇ってしまえぱいいんですよ。
うん、いけそうな気がしてきました!▼
[マークス]
……ルフレにそう言われると、上手くいく
気がしてくるな。早速、試してみよう!▼
[ルフレ]
ええ、きっと成功しますよ! 何だか、
この案には絶対の自信があるんです!▼
[マークス]
ああ。ルフレに相談して正解だった。
お前は本当に頼りになる。▼
ルフレの言葉には人の心を動かす、
不思議な力があるな。▼
[ルフレ]
いえいえ、マークス様に
頼りにされるなんて、本当に光栄ですよ。▼
僕でよかったら、いつでも、
いくらでも知恵を貸しますから。▼
[マークス]
礼を言う。また何かあったら頼むぞ。▼

レオン

[レオン]
はあ……僕の負けだ、ルフレ。
見事にやられたよ。▼
[ルフレ]

リン

DLCキャラクター

ゼロ

→ゼロのページへ

サーリャ


コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • ルフレとマークスとの会話の項目がカムイ(男)になってます。 -- ラム? 2018-12-18 (火) 19:06:21


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-18 (火) 19:06:21 (92d)