台詞集/絆会話

リョウマ

リアン

→リアンのページへ

アンナ

→アンナのページへ

マルス

→マルスのページへ

クロム

→クロムのページへ

ティアモ

→ティアモのページへ

カムイ(女)

→カムイ(女)のページへ

カムイ(男)

→カムイ(男)のページへ

レオン

[リョウマ]
レオン王子、
俺の休息に付き合ってくれないか。▼
[レオン]
休息に付き合う、とは……?
リョウマ王子、どういう風の吹き回しです。▼
[リョウマ]
たまには休息を取れと、
ヒノカに言われたのだが……。▼
いざ休息を取ろうと思っても、
何をしていいのかわからなくてな。▼
[レオン]
なるほど。もちろん、構いませんけど……。
今、あなたは帯刀もしていない。▼
ここで、僕があなたに襲い掛かったら
どうするつもりなんですか?▼
[リョウマ]
む、それは困るな。お前の魔法には、
丸腰ではとても太刀打ちできん。▼
[レオン]
困る、って……のん気ですね。
僕たちは、かつて敵同士だったんですよ?▼
[リョウマ]
ふ……。
やる気なら、とっくにやっているだろう。▼
それに、そんなことをする状況ではないと、
聡明なお前ならばわかっているさ。▼
[レオン]
……そうですね。それに僕は、
ひとつ気になっていることがあります。▼
リョウマ王子が昨日の闘いで、
僕を庇って怪我をしてしまったこと。▼
あなたにとって、僕は自分の身を危機に
晒してでも守るほどの存在なんですか?▼
かつて敵対した相手を、わざわざ助ける
必要なんてないはずです。▼
[リョウマ]
かすり傷で済んだんだ。
気にするな。▼
[レオン]
そういうわけにはいきません。
一つ借りを作ってしまったんですから。▼
[リョウマ]
……少し考え方を変えてみたらどうだ?▼
今、俺やお前が戦場で討たれたとしたら、
白夜と暗夜は手を携えて戦えるだろうか?▼
[レオン]
それは……難しいかもしれませんね。
相手の責任すら追及するかもしれない。▼
[リョウマ]
そのとおりだ。しかし、今の俺たちには
争っているような余裕はない。▼
[レオン]
ええ。それに、僕の魔法も、あなたの刀も
敵と闘う上で重要な役割を担っています。▼
だから、過去の怨恨のために僕を見殺しに
するなんて、合理的ではないと?▼
[リョウマ]
そうだな。……だがまあ、もう少し
単純に考えるほうが、俺には好ましい。▼
せっかく友情を築くことができたのだ。
友を助けるのに、理由など要らん。▼
[レオン]
友……ですか。……はあ。
さすがは白夜の第一王子ですね。▼
器の大きさに関しては、
僕が勝てる見込みはなさそうです。▼
でも、それが弱みでもある。
リョウマ王子は不用心すぎますよ。▼
第一王子であれば、何よりも
まず自分の命を守るべきです。▼
民や、きょうだいや、それから……
僕のためにも危険な真似はやめてください。▼
[リョウマ]
そうだな。レオン王子の言うとおりだ。
今後は己のことも、大切にしよう。▼
やはり、俺もお前の良いところを
もっと見習わねばならんな。▼
いかなる戦況でも冷静さを崩さない
お前の胆力は、見事の一言に尽きる。▼
真に大切なことを真っ直ぐに見抜く
その目も、俺にはないものだ。▼
[レオン]
……それなら、僕たちはお互いに
相手の長所を学び取っていきましょう。▼
[リョウマ]
ああ。これからも友として、互いを
高め合ってゆくぞ、レオン王子。▼
[レオン]
ええ。見ていてください、すぐにあなたを
超える、大きな男になってみせますから。▼

DLCキャラクター

アクア

→アクアのページへ

ナバール

ミネルバ

ウード

→ウードのページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-09 (月) 18:29:41 (468d)