台詞集/絆会話

マルス

シオン

→シオンのページへ

シーダ

[シーダ]
マルス様……。
ご無事ですか?▼
[マルス]
うん、大丈夫。こんなところで▼
やられるわけにはいかないよ。
君のほうこそ、怪我がなくてよかった。▼
君にもしものことがあったら、
タリス王に申し訳が立たないからね。▼
[シーダ]
そんなこと……。▼
[マルス]
それに、君を無事に元の世界ヘ送り届けたい
というのは、ぼくの願いでもある。▼
本音を言えば、こんな敵の多い戦場に
君が出撃するのだって、反対したいんだ。▼
[シーダ]
でも……マルス様、
今は一兵だって惜しい状況です。▼
わたし、戦力になっていませんか?▼
[マルス]
いや……すごく立派に戦えていると思う。▼
[シーダ]
よかった。なら……。▼
[マルス]
だからこそ、心配なんだよ。▼
君が有能であればあるほど、前線に出て
戦い……誰かを傷つけることになる。▼
それは、戦いを嫌う君にとって、
耐えがたいことなんじゃないかなって……。▼
[シーダ]
そんなこと、言わないでください……!▼
わたしは、マルス様のそばで、マルス様の
ために戦えることを幸せに感じています!▼
[マルス]
シーダ……。嬉しいけど、前線に立つって
ことは危険な目に遭う可能性だって……。▼
[シーダ]
それなら、わたしだけ安全な場所から
見ていろって言うんですか!?▼
[マルス]
そうは言ってないよ。でも、君がそれで
傷ついたら、ぼくは堪えられないんだ!▼
[シーダ]
それならマルス様は、わたしやみんなが
戦っている間、城で待っていられますか!?▼
[マルス]
それは! そんなことは、
できるわけないじゃないか……!▼
君や……みんなが傷つくかもしれないのに、
自分だけただ待っているなんて……!▼
[シーダ]
わたしだって同じです!▼
[マルス]
……!
シーダ……。
[シーダ]
……わたしがおそばにいないせいで、
マルス様が倒れるようなことがあれば……。▼
わたしは……、自分自身を
絶対に許すことができないと思います。▼
[マルス]
………………そうだね。ぼくも同じだ。
だからこうして、一緒に戦っている。▼
[シーダ]
はい……。決して、マルス様の気持ちが
わからないわけじゃないんです。▼
感情的になってしまって、ごめんなさい。▼
[マルス]
いいんだ、すまない。
ぼくも、言葉が強くなってしまった。▼
君のそばで、君を守りながら戦いたい。
それが、今のぼくの願いだよ。▼
[シーダ]
私の願いも同じです。マルス様のために、
マルス様のおそばで戦い続け……。▼
一日でも早くこの戦いを終わらせる。▼
[マルス]
シーダ、ぼくたちの想いは、同じだ。
手を取り合って、前ヘと進もう。▼
ぼくたちの力で……
この戦いを終わらせよう!▼
[シーダ]
ええ。
マルス様、喜んでお供します。▼

チキ

[チキ]
見て! ふしぎなお家! チキたちの世界と
いろいろちがって、おもしろいなあ!▼
[マルス]
ぼくたちの世界とは大きく違うみたいだね。
改めて、異世界だと感じさせられるよ。▼
[チキ]
おじいちゃまも、こんな景色、
見たことないよね?▼
[マルス]
そうだね。▼
いくら長生きのバヌトゥとはいえ、
ここに来たことはないだろうな。▼
[チキ]
いっしょだったら、よかったのに。
見せてあげたかったな……。▼
[マルス]
チキが、バヌトゥの分もいっぱい見て、
帰ってから話してあげればいいんだよ。▼
チキのお土産話、バヌトゥもすごく
喜ぶと思うよ。▼
[チキ]
うん!
いっぱい見て、いっぱい話してあげる!▼
あ……でも、いつになったら
帰れるのかな……。▼
そのあいだ、おじいちゃま、チキが
いなくって、さみしくないかな?▼
[マルス]
うーん、バヌトゥも
寂しがっているとは思うよ。▼
[チキ]
やっぱり……。▼
[マルス]
でも、バヌトゥのそばには、
今は仲間がいっぱいいる。▼
ぼくたちの、頼りになる仲間、友達がね。
だから、きっと平気だよ。▼
チキはどうだい?
寂しいかな。▼
[チキ]
チキも……さみしい。
でも、おじいちゃまと、おんなじ!▼
マルスおにいちゃんがいっしょだから、
だいじょうぶ!▼
……ずっと、いっしょだよね?▼
[マルス]
ああ、もちろん。
ぼくたちは、ずっと一緒だよ。▼
それにバヌトゥだって、みんなと一緒に
ぼくたちの帰りを待っているさ。▼
[チキ]
わかった! それなら、
早くいっしょに帰れるようにしよう!▼
[マルス]
その意気だよ、チキ。▼
敵の勢いは増すばかりで、
これから先も激しい戦いになるだろう。▼
この国の人たちに協力して、
早くこの戦いを終わらせよう。▼
[チキ]
うん! わたし、竜に変身して、
敵をやっつけちゃうもん!▼
[マルス]
はは、ぼくも負けていられないね。
一緒に力を尽くそう。▼
みんなで立ち向かえば、
どんな強敵だって倒せるはずだから。▼
[チキ]
マルスのおにいちゃんがいっしょなら、▼
こわくなんてないよ!
おにいちゃんも、チキがいれば
こわくない?▼
[マルス]
ああ。チキは戦いになれば
すごく心強いからね。▼
異世界に来て、チキが一緒だと
わかったとき……少しほっとしたよ。▼
[チキ]
わたしも、おにいちゃんがいっしょで
よかったなー。▼
おにいちゃんといっしょに旅ができるのは、
たのしいから!▼
[マルス]
そう言ってくれると、嬉しいな。
この異世界の旅……楽しく乗り越えよう!▼

クロム

[クロム]
くっ……前に出過ぎたか?▼
[マルス]
クロム!
無事かい!▼
[クロム]
ああ、すまない。
……! マルス、後ろだ!▼
[マルス]
ありがとう。
助けにきたのに、逆に助けられてしまって。▼
[クロム]
いや、元はと言えば俺のせいだ。▼
[マルス]
クロムのせいでは……。
ともかく、今はここを切り抜よう!▼
[クロム]
ああ!▼

(暗転)
[クロム]
先程は助かった。どうも俺は戦いとなると、
先走ってしまってな。▼
それに引き換え、マルスは常に仲間を
気づかって動いてくれている。▼
[マルス]
ぼくはただ、共に戦う仲間が犠牲になるのを
見過ごせないだけだよ。▼
クロムこそ戦場では、
いつも勇敢じゃないか。▼
まるで、アリティアの建国者、
アンリ王その人のようだよ。▼
[クロム]
アンリ王……?▼
そんな存在と比較されるのは、畏れ多いな。
とても俺はそんな器じゃないが……。▼
[マルス]
いや、きっと、アンリ王のように、
何かを成し遂げる力を持っているよ。▼
[クロム]
それを言うなら、マルスも
古の英雄王たる立派な人物だと思う。▼
[マルス]
そうかな……。▼
[クロム]
ああ。帰ったらみんなに自慢できるぞ。
俺はあのマルスと共に戦ったんだ、と。▼
[マルス]
でもぼくは、先程もあなたを助けることに
夢中で、自分の危険に気付けなかった。▼
みんなの思う英雄王として、相応しい
働きができず申し訳ないと思う。▼
[クロム]
それは違う!!▼
[マルス]
クロム……? ごめん、
気に障ることを言ったのなら―ー▼
[クロム]
いや、謝るのは俺のほうだ。▼
俺は、俺たちは、英雄王という名前や、
伝説に期待しているんじゃない。▼
今のマルス自身を見て、信じているんだ。
お前は英雄王たる人物だと。▼
だから、そんなことを言わないでくれ。▼
[マルス]
クロム……。ありがとう。そんな事を
言ってくれたのはあなたが初めてだ。▼
それでも、今のぼくはその伝説の英雄王には
まだ、遠く及ばないと思うんだ。▼
[クロム]
マルス……▼
[マルス]
でも、それを申し訳ないと思ったり、
君たちに遠慮したりするのはもうやめるよ。▼
そして、いつか英雄王という名に恥じない
人間になってみせる。▼
それを、今ここで誓うよ。
ぼくの目の前にいる、あなたに。▼
[クロム]
ああ……! 俺も誓おう。お前のように、
優しく、勇敢な人間になることを。▼
時代を越えた、お前との絆があれば、
きっと成し遂げられる。▼
互いの未来のため……
次の戦いも、力を合わせて勝とう!▼
[マルス]
ああ、ぼくらの剣で、
道を切りひらいていこう!▼

フレデリク

ルキナ

[ルキナ]
マ、マルス様!
先程は、救援ありがとうございました!▼
流石は伝説の英雄王……
同じ戦場に立てて、私、光栄です!▼
[マルス]
ルキナ……そんなに大したことは
していないよ。▼
[ルキナ]
いえ、私が危機に陥るや否や、颯爽と
駆けつけてくださったではありませんか。▼
仲間を助け、敵を討つ……その姿は
まさに英雄王そのものでした。▼
数多の味方に慕われるだけでなく、
時には敵さえも魅了したという……。▼
[マルス]
待ってくれ、ルキナ。
いくらなんでもその伝説は誇張だろう。▼
[ルキナ]
誇張などではありません!
私はこの伝説が真実だと思います。▼
マルス様は皆の希望そのものでした。
だからこそ私は……。▼
マルス様のお姿を借り、その名に
希望を懸けて戦い続けてきたんですから。▼
[マルス]
そ、そうか。でも、伝説とは違ったことも
あるんじゃないか?▼
[ルキナ]
え? そ、そうですね……確かに、
人柄は想像していたものと違いました。▼
邪悪な竜を滅ぼしたと聞いていたせいか、
厳しい武人のような方と思っていたんです。▼
でも実際には、とても穏やかで、
優しくて、仲間思いで……。▼
お話するだけで心が温かくなる、
素敵な方だということがわかりました。▼
[マルス]
そこまで言われると……。照れくさいのを
通り越して、不思議な気分だよ……。▼
[ルキナ]
ふふっ、そうやって飾らないお人柄なのも
素晴らしいと思います。▼
[マルス]
だといいけど……。そういえば、何で
ルキナはぼくの名を使っていたんだ?▼
君だって立派な王女だったはずだ。▼
名を偽らなくとも、
人々を導けたんじゃないかな。▼
[ルキナ]
あの世界では、圧倒的な希望になれる
ような存在でなけれぱダメだったんです。▼
私のいた世界は邪竜に支配され、
絶望に覆われてしまっていて……。▼
民や仲間の士気を上げるためには、
そのお名前にすがるしかなかったんです。▼
先程言ったとおり、マルス様は……
その伝説は、希望そのものでしたから。▼
[マルス]
そうか……。ルキナは、
本当に苦しい戦いを、経験してきたんだね。▼
[ルキナ]
ですが、マルス様のお名前に
一番救われていたのは……。▼
私自身だったのかもしれません。▼
マルスと名乗るだけで、まるで本当の
英雄王になったように勇気が出たんです。▼
……ごめんなさい。お会いしたときから、
ずっと謝らなければと思っていました。▼
未来のためとはいえ、
お名前を勝手に使ってしまったこと……。▼
[マルス]
気にしないでよ。ぼくの名前が、君たちに
とって役立つものであったなら、よかった。▼
それに、君の活躍はきっと……いや、必ずや
英雄王の名に恥じないものだったと思う。▼
[ルキナ]

ありがとうございます……。▼
マルス様の存在は、私たちにとって
本当に強い支えだったんです。今も……。▼
[マルス]
でも、今の君を見ると、もうぼくの名前は
必要なさそうに思えるな。▼
君の持つ強さや、人としての魅力の前では、
伝説も霞んでしまうよ。▼
[ルキナ]
そ、そんなことは……。▼
[マルス]
ぼくも、君が目標とした英雄王に近づくため
努力しないといけないね。▼
この先に何が待つのかはわからないけれど、
そのすべてを、乗り越えるためにも。▼
[ルキナ]
はい、ありがとうございます。私も、
こうして共に戦わせていただく以上は……。▼
マルス様に少しでも近づけるように、
精一杯、努力します。▼
[マルス]
うん、共に頑張ろう。
お互いの未来のために!▼

リョウマ

マークス

リン

セリカ

DLCキャラクター

アクア

→アクアのページへ

ナバール

ミネルバ

リンダ


コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-11 (月) 20:12:06 (344d)