台詞集/絆会話

クロム

リアン

→リアンのページへ

リョウマ

[リョウマ]
せいっ! でやーっ!!▼
[クロム]
はぁーっ! たあああーっ!▼


(斬りかかる音に一時暗転)

[リョウマ]


[クロム]


[リョウマ]
[クロム]
[リョウマ]
[クロム]
[リョウマ]

カミラ

[カミラ]
カムイ、カムイ?
どこにいるの、カムイ?▼
[クロム]
カムイを探しているのか? さっき届け物を
頼んだんだが……もう帰ってくる頃だろう。▼
[カミラ]
届け物を頼んだ……?
ねえ、クロム……。▼
それでもし、あの子に何かあったら、私は
あなたをどうするかわからないわよ……?▼
[クロム]
なに……!?
いや、ちょっと待ってくれ。▼
[カミラ]
待たないわ。いくらクロムと言えども、
カムイを危険な目に合わせたら許せない。▼
[クロム]
悪かった。だが、傷つくと
決まったわけじゃ……おーい、カミラ?▼
[カミラ]
ああ……あの子、迷子になってないかしら?
転んで怪我をしてないかしら?▼
[クロム]
まるでリズが初めてひとりで出かけたときの
フレデリクを見ているみたいだな……。▼
[カミラ]
万がー、あの子が敵に見つかりでもしたら、
そいつらを皆殺しにしても足りないわ……。▼
[クロム]
み、皆殺し?!
カミラは……さっきから物騒だな。▼
[カミラ]
そう? きょうだいのことを心配するのは
当然のことでしょ?▼
[クロム]
だが、カムイも子どもじゃないんだ。
そこまで気をもむ必要はないだろう?▼
[カミラ]
そうかしら。フレデリクだって、
あなたのことで散々心配しているわ。▼
[クロム]
それは……そうかもしれないが。
あいつだって、やりすぎなんだ。▼
この間なんて、出かけることを伝え忘れて
帰ってみれば小言と説教の嵐……。▼
[カミラ]
あら、何がいけないのかしら。
臣下として当然でしょう?▼
[クロム]
ちょっとくしゃみをしただけで、
襟巻きを20本も買ってくるし……。▼
[カミラ]
ああ、優しいのね。
失くしても安心じゃない。▼
[クロム]
俺がちょっと自分で何かしようとすると、
仕事を取るなと言い張る始末……。▼
[カミラ]
クロムの顔を描いた絵を、みんなの天幕に
貼りつけたこともあるって聞いたわ。▼
[クロム]
「クロム様絶対死守」という標語つきでな!
あのときは恥ずかしくて死ぬかと思った。▼
[カミラ]
そんなフレデリクを、あなたはどう思うの?
まさか迷惑なんて思ってないわよね?▼
[クロム]
まあ……基本的には感謝しているな。
長い付き合いだし、信頼もしている。▼
だが、俺が出かけるときには、
どこにでもついてくるし……。▼
[カミラ]
ついていくなんて当然でしょう?
私はできるだけ密着するようにしているわ。▼
あなたがカムイだとしたら、
ほら、こんな感じに……。▼
[クロム]
お、おい!
実演しなくていいから、離れてくれ!▼
[カミラ]
あらあら……赤くなっちゃって可愛いわね。
寄り添って歩くのはお気に召さないかしら?▼
[クロム]
そ、そういうことではなくてだな……!▼
[カミラ]
仕方のない子ね……。それじゃあ次は、
優しく抱き締めてあげましょうか……?▼
[クロム]
なっ……待て、何を言ってるんだ、カミラ!
それは流石に……!▼
[カミラ]
うふふ……冗談よ。私はカムイ一筋だもの。
照れちゃって本当に可愛いわ、クロム。▼

エリーゼ

[エリーゼ]
あっ、クロムさんだ!
ねえねえ、一緒に遊ぼうよ!▼
[クロム]
エ、エリーゼ!? ……い、いいぞ。
どこからでもかかってくるといい。▼
[エリーゼ]
……どうしたの? 変なクロムさん。
あのね、あたし、かくれんぼがしたーい!▼
[クロム]
それは構わないんだが……。
何か罠を仕掛けたりしていないよな?▼
[エリーゼ]
わ、罠!? そんなことしないよ!
せっかく遊ぶのに危ないじゃない!▼
[クロム]
……そ、そうだよな。安心した。
普通は、そういうものだよな。▼
これがリズだったら、間違いなく何かしらの
いたずらが待っているんだが。▼
[エリーゼ]
いたずら!?
リズのいたずらって、どんな……?▼
[クロム]
そうだな……。俺の隠れそうな場所に
落とし穴を掘ったり、蛙を放ったり……。▼
[エリーゼ]
あはは! リズ、やっぱり面白ーい!
クロムさんとリズは、仲良しなんだね!▼
あたしも、おにいちゃんたちとは
すっごく仲良しだけど……。▼
いたずらなんて、したことないよ!▼
[クロム]
普通は、そうだと思う。お前とリズは、最初
似ていると思ったが、まったく違うしな。▼
[エリーゼ]
最初はあたしも、マークスおにいちゃんと
クロムさんが似てるかもって思ったよ。▼
でも、ぜーんぜん似てなかった!▼
クロムさんはマークスおにいちゃんより、
ずーっとお茶目さんだもんね!▼
[クロム]
お、お茶目!?
俺がお茶目というのは、どの辺がだろうか。▼
[エリーゼ]
えっとね……訓練中にお城の壁を壊したり、
食べたら倒れちゃうような料理を作ったり?▼
マークスおにいちゃんは、
絶対そんなことしないよー!▼
[クロム]
むう……確かに、しないだろうな。▼
しかし、壁を壊してしまったのは、
筋力を鍛えるために必要なことだったんだ。▼
[エリーゼ]
えっ、そうなの!? じゃあ、あたしも
壁を壊して訓練したら、強くなれるかな?▼
[クロム]
どうだろうな。毎日努力を続けていれば
エリーゼにも力がつくかもしれんぞ。▼
[エリーゼ]
ほんと!? じゃあ、あたし頑張るよ!
よーし、これから壁を壊しまくるぞー!▼
[クロム]
ははは。意気込みはいいが、
壁をあまり壊さんほうがいいぞ。▼
[エリーゼ]
そうだね。マークスおにいちゃんに
見つかったら、すっごく怒られそう!▼
王族とはかくあるべき、とか言って、
いっつも厳しい顔してるんだもん。▼
こっちもクロムさんとリズみたいに、
仲良く遊べたらいいのになあ……。▼
[クロム]
頼めば遊んでくれるさ。
妹が可愛くない兄などいない。▼
[エリーゼ]
そうかな? 眉間にシワをぎーって寄せてる
険しい顔のおにいちゃんでも?▼
[クロム]
もちろんだ! マークスだって、いつも
険しい顔をしているわけじゃないだろう?▼
[エリーゼ]
うん! マークスおにいちゃん、
ああ見えて、とっても優しいもん!▼
[クロム]
それなら頼んでみろ。今日のところは
俺が代わりに付き合ってもいいが。▼
[エリーゼ]
ほんと? やったー! 実はあたし、
みんなで遊べる新しい遊びを考えたの。▼
まだ、一度も試したことないんだけど……
クロムさん、一緒にやってみてくれる?▼
[クロム]
ああ、何でもやってやるぞ。
それは、どんな遊びなんだ?▼
[エリーゼ]
歌を歌いながらお花を摘んで、その花で
冠や首輪をキレイに編み上げる競争!▼
……を、踊りながらやるの!
さあ、早速やろう? クロムさん!▼
[クロム]
な、何だその遊びは……!?
これはリズより手強いかもしれん……!▼

ルフレ(男)

ルフレ(女)

ルキナ

マルス

→マルスのページへ

リン

[リン]
クロム、ちょっといい? さっきの戦い、
敵陣に突っ込み過ぎじゃなかった?▼
[クロム]
そうか? 確かに前に出ていた気はするが、
危ないような場面はなかったぞ。▼
[リン]
……あなた、この前の戦いのとき、
私に何て言ったか覚えてる?▼
リン、ちょっと前に出過ぎじゃないか?
危ないぞ。▼
……って、言ったのよ!
まさか、忘れたの!?▼
[クロム]
そういえば、そんなことを
言ったかもしれん。▼
[リン]
そういえば、じゃないわよ。
どうして私はダメであなたはいいわけ?▼
女だからって
危ないって言う気?▼
[クロム]
いや、違う。
男だの女だのは関係ない。▼
ただ俺は乱戦に慣れているし、
この腕なら多少の孤立でも……。▼
[リン]
そう、そういうこと。クロムは
私の力量をそう判断しているわけね……。▼
あなたといい、ヘクトルといい、
男の人っていうのは、いつもいつも……。▼
[クロム]
おい……リン。
何だか目がすわってないか……?▼
[リン]
決闘を申し込むわ! 見てなさい!
後でその言葉、後悔させてあげる!▼
[クロム]
おい……▼
わかった、受けよう。だが俺が勝ったら、
先陣は俺が切るお前は出過ぎないでくれ。▼
[リン]
そっちこそ、私が勝ったら、戦場では
引っ込んでるのよ! 私が前に出るからね!▼
さあ、叩きのめしてあげる!▼
[クロム]
くっ……はぁっ……。
思った以上にやるな、リン。▼
[リン]
あなたこそ……。はぁ……はぁ……。
私と互角だなんて、思ってなかったわ。▼
[クロム]
悔しいが、引き分けか……。もっと鍛えて、
次こそリンを上回ってみせる。▼
[リン]
望むところよ。私だって、
あなたを倒す新しい形を探してやるわ。▼
それはそうと、引き分けなら、勝負に
勝ったら前に出るって話はどうするの?▼
[クロム]
そういえば、そういう話だったな。
勝負に夢中で忘れていた。▼
それだけの腕があれば、俺が止めるべくも
ないだろう。好きにすればいい。▼
[リン]
引き分けたのに、私だけ好きにするわけにも
いかないわ。あなたも好きにしてほしい。▼
[クロム]
そうすると、俺とお前で先陣を争うことに
なりそうだな……。▼
[リン]
いっそのこと、ふたり並んで敵陣に
突っ込んでいっちゃえばいいんじゃない?▼
私たちが並び立てば、道を塞ぐことのできる
敵なんて、絶対いないもの!▼
[クロム]
ふっ……それはいいな。▼
どんなに強い者でも、ひとりで罠に
はまったり、敵に囲まれたりしては厳しい。▼
リンにもそういうことが起こらないか
心配だったんだが、共にいれば安心だ。▼
[リン]
そんなの、あなただって同じじゃない。
だから、突っ込み過ぎって心配したのに。▼
[クロム]
俺たちは同じことを考えていたんだな。
ならば、もう遠慮はいらないか。▼
リン、次の戦いでは、
共に先陣を切るぞ!▼
[リン]
ええ、もちろん! ふたりで連携して、
もっと多くの敵を蹴散らしてやりましょ!▼

DLCキャラクター

アクア

→アクアのページへ

ウード

ウードのページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-25 (火) 19:51:51 (297d)