台詞集/章別会話

聖王エメリナ

概要

  • 本項での記載順はメニュー>会話履歴の表示順、各項目名は同じく会話履歴でのタイトル表示に従う。
  • 本シナリオは、「覚醒」9章の同名マップをベースにしている。
    • 但しエメリナ役には誰も当てられておらず、名前と状況が語られるのみである。
    • 原作では直前の章でエメリナが敵国ペレジアに捕らえられており、本作の台詞にもあるとおり、この章で奪還作戦を実行している。
  • ルフレは、ゲーム内では名前のみの表示だが、本項では性別を併記する。

「聖王エメリナ」

マップ選択時

エメリナ救出の秘策を用意し、
処刑場へとやってきたクロムたち。
そこには、両国の争いに興味を示さず、
怪しげなまじないを繰り返す呪術師がいた。

聖王エメリナ :プロローグ

[クロム]
だいじょうぶだ、ルフレ。
姉さんを救出し、みんなで笑って帰るぞ。▼
[ルフレ(男)]
ああ。▼
[ファウダー]
よく集まったな、虫けらども!
それほど見たいか? 見たいだろうな?▼
最高の見世物だからな……クク、最高潮か。
処刑人! 悔恨の斧を振り下ろしてやれ!▼
[クロム]
ファウダーはあとでいい!
敵を姉さんに近づけるな!▼
[ファウダー]
ククク……来おったか。
兵どもよ、奴らを迎え撃て。▼

呪術師サーリャ

[サーリャ]
聖王エメリナは処刑される……。
みんなは恨みを晴らせると喜んでる……▼
……下らないわ。イーリスへの恨みなんて。
そんな恨み、自分の気持ちじゃないもの。▼
長年続いてきた遺恨という名の呪い……。
私はそんなものに縛られたくない。▼
私は私自身の気持ちで
誰かを思い、誰かを呪うわ。▼

サーリャを説得:開始

[クロム]
! お前も敵か?▼
[サーリャ]
さあ……どうかしらね。
そんなこと、死ぬほどどうでもいい。▼
どうせみんな死ぬんだもの。
何したって変わらないわ。▼
[クロム]
……よくわからんが、
敵でいいんだな?▼

サーリャを説得:決着

[サーリャ]
本当はファウダーに
従うべきなんでしょうけど……。▼
貴方たちに味方したくなってる……
って言ったら?▼
[クロム]
なら、俺たちと来い。▼
[サーリャ]
信じるの? 罠かもしれないわよ。
どうせ私の言葉なんて信じられないわよ。▼
[クロム]
姉さんだったら、信じるだろう。▼
人を疑って罠にはまるより、
信じて罠にはまったほうがいい。▼
[サーリャ]
貴方……私のこと信じるのね。
そんな人……初めて。▼
いいわ。
私……ついていくわ、貴方に。▼

増援部隊出現

[ファウダー]
竜騎士団の増援を急がせろ!
奴らの背後から襲いかかれ!▼

増援部隊撃破

[クロム]
ルフレ! 敵ドラゴンナイトは
すべて落とした! 予定通り合図を出すぞ!▼

ファウダーとの決戦

[ファウダー]
運命が崩れる……ことなど……
あってはならぬのだぁっ!▼

カミラ出現

[カミラ]
まだ戦うつもり? 諦めの悪い子たち……。
ふふっ、でもいいわ。▼
そんなに私と遊びたいのなら、相手をして
あげる。じっくり楽しみましょう?▼
[サーリャ]
急ぎなさい、彼女のもとへ……。
さもないと、すべてが手遅れになる……。▼

カミラとの決戦:開始

[カミラ]
なら、あなたたちにも死んでもらうわ。
一人ずつ順番に……詫びながら死になさい?▼

カミラとの決戦:決着

[カミラ]
これで……楽になれる……。頭の奥の……
この痛みも……消えてくれる……。▼

聖王エメリナ :エピローグ

[サーリャ]
……………………。▼
[ルフレ(男)]
……サーリャ?
そこで何やってるんだい?▼
[サーリャ]
!! 貴方……私が後を尾けていたこと……
気づいていたの……。▼
[ルフレ(男)]
そりゃ気づくよ。
だって後ろからものすごい妖気が……!▼
[サーリャ]
そう……さすがは……。
私の運命の人ね……。▼
[ルフレ(男)]
えぇっ!? う、運命!?
いつからそんなことになってたんだい!?▼
[サーリャ]
初めて貴方を見た時……
ビビっときたの……。▼
あぁ……この人は他の人間とは違う。
私が本当に求めていた人なんだ……って!▼
[ルフレ(男)]
そ……そりゃどうも……。▼
[サーリャ]
それからずっと……
貴方のことを見守っていたわ……。▼
ふふ、ここまでに本を58回開いたわね。
それに23回、敵の攻撃を避けたし……。▼
[ルフレ(男)]
ちょ……ちょちょちょっと待って!▼
[サーリャ]
えぇ……。
貴方のためならいつまでも待つわ……。▼
[ルフレ(男)]
ちょっとの待機がめちゃくちゃ重いよ!▼
いや……そんなことより
もしかして……ずっと僕のこと見てたの?▼
[サーリャ]
当然でしょう……。▼
[ルフレ(男)]
うわぁー! どうりでさっきから
妙に寒気がすると思ったよ!▼
[サーリャ]
だいじょうぶ……もし風邪をひいたら
つきっきりで……看てあげるから。▼
[ルフレ(男)]
え? サーリャ?▼
……なんか、嫌な予感がするなあ……。▼

「聖王エメリナ」クリア後

異伝 食べ物の恨み:開始1

[サーリャ]
戦うわ……。
私……怒っているのよ……。▼
[サクラ]
サーリャさん……!?
なぜそんなに怒って……ひっ……!▼

異伝 食べ物の恨み:開始2

[サクラ]
サーリャさん……? 私たちがいますから、
別に無理して戦わなくてもいいんですよ。▼
なんだか、ふらふらしていて……、 具合が悪そう……。▼

異伝 食べ物の恨み:決着

[サーリャ]
……ここの食事……不味いうえに……
量が少なくて……許せない。▼
[サクラ]
え……えええ!?
そんな理由で怒っていたんですか!?▼

異伝 怖い話:開始1

[オボロ]
サーリャ……▼
[サーリャ]
あら、オボロ。どうしたの?
怖い話でも聞きたくなった?▼
手の甲の肌が黒ヘビの鱗に覆われる呪いに
かかった人の話はどうかしら。▼
慌てて鱗を剥がしていくと、その中から
ヘビの目玉がギョロリと覗いて……。▼

異伝 怖い話:開始2

[オボロ]
うげっ……やめてくれる?
気分が悪くなりそう……。▼
[サーリャ]
ふふ……なら、こんな話はどうかしら。
鱗の呪いの話を聞いた、ある兵士がね……。▼
月の綺麗な真夜中に、お手洗いに行った
のよ。そこでふと自分の手を見ると……。▼

異伝 怖い話:決着

[サーリャ]
月の光に照らされた手の甲には、一枚の鱗。
話を聞くだけで伝染する呪いだったのね。▼
[オボロ]
だからやめてって言ってるでしょ!
人の話を聞いているの? サーリャ!▼
[サーリャ]
ふふ……そうは言いながらも、オボロは
結局、すごい形相で黙って聞き続けたわね。▼
[オボロ]
だ、だって気になるじゃない! お手洗いに
行けなくなったらどうしてくれるの!▼
[サーリャ]
なら、一緒に付いていってあげるから、
いつでも私に言うといいわ。▼
[オボロ]
子供扱いしないで!▼

異伝 闇を覗く:開始1

[サーリャ]
それじゃ……今から
記憶を操る呪いの実験をするわ……。▼
[レオン]
お願いするよ。▼

異伝 闇を覗く:開始2

[サーリャ]
………………。
!! なっ!? ……なに、これは…?▼

異伝 闇を覗く:決着

[レオン]
どうかしたのか?▼
[サーリャ]
術は失敗よ。ただ……術をかけた時に
見えた……貴方の闇は……なに?▼
[レオン]
見えてしまったか……。
なかなか抑え切れないものだね。▼
僕のこの闇の魔力は、いつだって
あふれ出ようとしているんだ。▼
[サーリャ]
貴方の闇は……とても興味深い……。▼
その闇を解き明かせば……
おもしろい呪いが作れそう。▼
[レオン]
そうか。ならもうしばらく、
実験台になってやってもいいよ。▼

異伝 病は気から:開始1

[リョウマ]
サーリャ!▼
[サーリャ]
……なに?▼
[リョウマ]
何ゆえ約束の鍛錬の場に来ないのだ!▼
俺は夜通し待ち続けたせいで、
風邪を引いてしまったというのに。▼
[サーリャ]
貴方が風邪を引いたのは……
私の呪いにかかったからよ。▼
[リョウマ]
何だと!?
この俺が呪いなどに……! ……許せん!▼

異伝 病は気から:開始2

[サーリャ]
そう……そうやって私を憎みなさい。
憎悪の感情……私、大好きよ……。▼

異伝 病は気から:決着

[リョウマ]
本当に許せんぞ……!
惰弱なこの精神と肉体が!▼
[サーリャ]
……は?▼
[リョウマ]
ぬぅぅぅぅっ……はぁぁぁっ!
……ふぅ。よし、これで大丈夫だ。▼
風邪もすっかり治った。
病は気から、とも言うからな。▼
[サーリャ]
そんな馬鹿なこと……。▼
[リョウマ]
サーリャ。俺はまた明日から、
ここでお前を待っているぞ。▼
今度こそ、必ず来てくれ。
これは、約束だ。▼
[サーリャ]
勝手なことを……いえ、それよりも
どうして風邪が治ったの……?▼
私、本当は呪いなんて
かけていなかったのに……。▼
今度は……
本当に呪ってみようかしら……。▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-25 (金) 20:44:16 (515d)