台詞集/章別会話

「第17章 生贄」

第17章 生贄:プロローグ1

[カムイ(女)]
あれが、アイトリス城……。
もう目と鼻の先ですね。
[ルフレ(男)]
巧妙な策や、強力な魔法での攻撃が
予想されるから、みんな、気をつけて。
[カミラ]
流石は軍師、頼りになるわねえ。
マクベスと違って可愛いし、良い子だし。
[ゼロ]
巧妙な策か……。いったいどんな
イヤらしいモノなんだろうねえ。
[レオン]
おい、ゼロ……。
今は冗談を言ってる場合じゃないぞ。
[リズ]
オボロさーん、ちょっとここ、
見てもらっていい?
[オボロ]
あら、ほつれちゃってますね。
私に任せてください!
[ウード]
巧おお、なんて鮮やかな技だ……!
これに名をつけるなら、そうだな……。
[タクミ]
オボロの腕は相変わらず見事だけど、
なるべく変な名前をつけないでくれよ……。
[エリーゼ]
にぎやかで楽しいねーっ!
ナバールさんは?
[ナバール]
…………。
騒がしいのは、好かん。
[サクラ]
あの、エリーゼさん、
私はこういうの、結構好きです……!
[フレデリク]
皆さん、お静かに!
これでは軍議がまったく進みませんよ!?
[リョウマ]
戦いを前に皆、気が高ぶっているのだろう。
落ち着くまで待つとしよう。
[マークス]
皆の心がひとつになろうとしているのだ。
私も少し……気が逸る。
[クロム]
ここまでの戦いで、
俺たちの間には固い絆が結ばれた。
[カムイ(女)]
国も、時代も、世界をも超えて、
手を取り合えた私たちに、敵はいません。
[マルス]
そうだね。ぼくらなら、きっと
どんなことだって、乗り越えられるよ。
[シオン]
どんな強敵だって、負ける気はしないぜ!
[リアン]
ええ!
皆さん、行きましょう!

第17章 生贄:プロローグ2

[ダリオス]
まもなくですね、父上……。
[オゾット]
うむ……。ついに邪竜イビルザーグの力を
我が手にするときが来た……。
寸刻ののち、王族の血を捧げれば、
儀式は完成するのだ。
[ダリオス]
ええ……捕えていたユアナ王妃を
ここに連れてこさせます。
[オゾット]
む……外が騒がしいな。
[ダリオス]
奴らが来たようですね。
異界の英雄どもを従えて……。

第17章 生贄:プロローグ3

[ダリオス]
ようやく来たか。
[シオン]
ダリオス!
ああ、来たぞ!
[ダリオス]
まもなく儀式は完成する。
貴様らの母、ユアナの死をもってな。
[リアン]
えっ!?どういうことなの!?
お母様って、いったい……?
[ダリオス]
儀式には王族の血が不可欠……。
それゆえ、生かして捕えておいたのだ。
[シオン]
ほ、本当なのか!?
本当に、母上が……!
[リアン]
生きている……!?
生きているのね!?
[ダリオス]
ああ、そうだ。だがまもなく死ぬ。
実に残念だがな……。フハハハハハ!
[リアン]
そんなこと、させないわ!
私たちが助けてみせる!
[ダリオス]
フン……母より先に死にたいのか?
ならばその望み、叶えてやるぞ。
儀式が完成するまでは、
もうしばしの猶予があるからな。
[シオン]
いくぞ、ダリオス!!
[リアン]
お母様も、炎の盾も、
そして優しいあなたも!!
全部、取り戻してみせるわ!


コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-24 (木) 23:06:12 (516d)