作品紹介

概要

  • 開発:オメガフォース、Team NINJA
  • 発売:コーエーテクモゲームス
  • 対応機種:NINTENDO SWITCH、newニンテンドー3DS*1


コーエーテクモゲームス「無双シリーズ」と任天堂「ファイアーエムブレムシリーズ」のコラボ作品。

ストーリー

その日、アイトリス国は漆黒の闇に覆われた。
何の前触れもなく、こつ然と王城内に現れた“異界の門”。
そこから強力な魔物が次々とわき出し、
城兵たちを踏みにじっていく。

――王城はあっけなく陥落した。
そして国はゆっくりと、だが確実に闇にむしばまれていった。

しかし、希望は残されている。
炎に包まれた王城から逃れるふたつの影、
先王の子“シオン”と“リアン”。
そして伝説の英雄たちと紡がれる運命の糸……。

母より手渡された“炎の盾”を携え、
強大な闇に立ち向かうふたりの旅がここに始まる。

――公式サイトより

略歴

2017年
  • 1月13日 Nintendo Switch プレゼンテーション 2017にて、本作が発表
  • 9月24日 東京ゲームショウ2017にて「日本ゲーム大賞フューチャー賞*2」受賞

  • 9月28日 『ファイアーエムブレム 無双』発売

  • 10月20日 海外版『FIRE EMBLEM WARRIORS』発売
  • 12月21日 DLC「if 追加パック」配信開始
2018年
  • 2月15日 DLC「新・暗黒竜と光の剣 追加パック」配信開始
  • 3月29日 DLC「覚醒 追加パック」配信開始

    《補記》
    ・Switch版と3DS版の発表・発売等はすべて同日のため、本項では区分を表記しない。
    ・アップデート履歴は→アップデートを参照のこと。

スタッフ

  • プロデューサー:早矢仕 洋介(コーエーテクモゲームス)
  • ディレクター:臼田 浩也(同上)
  • アートディレクター:松永 雄太(同上)
  • サウンドディレクター:木下洋介(同上)
    (インテリジェントシステムの樋口雅大、任天堂(株)横田弦紀の名前も公開されている)

特筆事項

登場キャラクターやシナリオは同じだが、Switch版と3DS版では下記の点が異なる。
また、ヒストリーモードでのSランク取得条件も異なる。

Switch版
一画面構成のため、戦闘画面とマップは切替式。「+」ボタンで切り替わる。
(マップ拡大/全体表示の切替は、マップ画面表示後、矢印キー左を押下)
画面を縦に二分割して、二人同時プレイが可能。
画質を「解像度優先(1080p/30fps)」か「フレームレート優先(720p / 60fps)」か選択できる。
※解像度1080pはTVモードのみで、テーブルモード・携帯モードは720p固定。
3DS版
二画面構成で、上画面に戦闘画面、下画面にマップを表示。
一部操作はタッチペンが使用できる。
フレームレートは30fpsで固定。
※3D(立体視)非対応のため、3D機能は使用できない

コメント



*1 new3DS専用のため、旧3DSではプレイできない。
*2 発売前の作品に贈られる賞で、来場者の投票で選ばれる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-17 (火) 00:00:41 (403d)