Top > 仲間 > ネサラ

ネサラ

闇に舞う翼

鳥翼族、鴉の民を率いるキルヴァスの王。
狡知を武器とし、汚名を厭わない。
(登場:『ファイアーエムブレム 暁の女神』)

イラストレーター:須田彩加

ステータス的には(1距離2距離補正の差とラグズ王補正を加味して)飛行ニノにガッツリステータスを盛り付けた感じの能力値。
ギガスカリバー効果を持つ「鴉王の嘴爪」に「化身成功時移動+1」もあって単独行動の自由度は高いものの、守備魔防は並なので弓やエクスカリバーを食らうとあっさり落ちてしまうので注意。その点では扱いは飛行ニノと同じようなものとなり、間接攻撃ができないぶんやや自由度は下がることになる。

とりあえず「鬼神飛燕の一撃」「キャンセル」と貴重なスキルを持っており、またステータスもステータスなので羽2万を投資して育てる価値は十分ある。
素材としても★5限ばかりの鬼神飛燕の一撃を(★5でこそあるが)持ってくるという点も非常にありがたい。
奥義は「烈風」だが、柔剣とセットで運用しないといけないので扱いにくい。とはいえキャンセルの差で奥義ゴリ押し作戦でならそのままでも十分運用できる。
変更するなら、流石に攻撃も守備も魔防も心もとないので、月光や月虹がいいだろう。

パラメーター

クラス武器属性
飛行系
LvHP攻撃速さ守備魔防武器スキル
★311613946若獣の化身・飛行なし
★340なし
★4116171046成獣の化身・飛行なし
★4403639362226成獣の化身・飛行なし
★5117221357鴉王の嘴爪なし
★5403946412429鴉王の嘴爪なし
★5403932382429なしなし

※いずれも化身化していない状態のステータス。化身化すると攻撃+2

  • この英雄は大英雄戦での加入のため、個体値はすべて同一である。

個体値について詳しくはこちら

スキル

  • ※同カテゴリーのスキルは前段階のスキルを覚えていないと覚えられない(例:鬼神飛燕の一撃2習得には鬼神飛燕の一撃1の習得が必要)
    スキル名カテゴリー効果習得SP習得条件備考
    スキル名カテゴリー効果習得SP習得条件備考
    幼獣の化身・飛行武器威力4 射程1
    ターン開始時、竜、獣以外の味方と隣接していない場合
    化身状態になり、移動力+1(1ターン重複しない)
    (そうでない場合、化身状態を解除)
    化身状態なら、攻撃+2
    若獣の化身・飛行武器威力6 射程1
    ターン開始時、竜、獣以外の味方と隣接していない場合
    化身状態になり、移動力+1(1ターン重複しない)
    (そうでない場合、化身状態を解除)
    化身状態なら、攻撃+2
    ★3初期習得
    成獣の化身・飛行武器威力9 射程1
    ターン開始時、竜、獣以外の味方と隣接していない場合
    化身状態になり、移動力+1(1ターン重複しない)
    (そうでない場合、化身状態を解除)
    化身状態なら、攻撃+2
    200★4初期習得
    鴉王の嘴爪武器威力14射程1
    速さ+3
    速さが敵より高い時、ダメージ+速さの差の70%
    (最大7。速さの虚勢が有効)

    ターン開始時、竜、獣以外の味方と隣接していない場合
    化身状態になり、移動力+1(1ターン重複しない)
    (そうでない場合、化身状態を解除)
    化身状態なら、攻撃+2
    400★5
    砕風奥義発動カウント4
    自分から攻撃した時、戦闘前、特定範囲の敵に
    (自分の攻撃-敵の守備or魔防)のダメージ
    150★4初期習得
    烈風奥義発動カウント4
    自分から攻撃した時、特定範囲の敵に
    (自分の攻撃-敵の守備or魔防)×1.5のダメージ
    300
    飛燕の一撃1装備A自分から攻撃した時、戦闘中の速さ+250
    鬼神飛燕の一撃1装備A自分から攻撃した時、戦闘中の攻撃、速さ+2120要:鬼神の一撃1
    or飛燕の一撃1
    鬼神飛燕の一撃2装備A自分から攻撃した時、戦闘中の攻撃、速さ+4240★5
    キャンセル1装備B戦闘開始時、自身のHPが100%なら敵の奥義発動
    カウント変動量-1(同系統効果複数時、最大値適用)
    50
    キャンセル2装備B戦闘開始時、自身のHPが90%なら敵の奥義発動
    カウント変動量-1(同系統効果複数時、最大値適用)
    100
    キャンセル3装備B戦闘開始時、自身のHPが80%なら敵の奥義発動
    カウント変動量-1(同系統効果複数時、最大値適用)
    200★4

セリフ

+  CV:興津和幸

出典

登場作品:「蒼炎の軌跡」「暁の女神」

カラスの民の国、キルヴァスの王。
カラスの民は金目のものに目がないとされており、キルヴァス周辺を往く船は国籍関係なく略奪することから「船を持たない海賊」として恐れられていた、そんな国の王である。
実際蒼炎の軌跡でも友人であったリュシオンをオリヴァーに「売った」とか、金さえあれば味方すると堂々と宣言したデインをリュシオンの説得であっさり裏切ったとかいった、悪人ぶりを披露している。
暁の女神では更に悪人ぶりに磨きがかかり、ラグズ連合軍でベグニオンへ進軍していてティバーンが留守にしていた間にフェニキスの軍団を壊滅させるといったことまで行っている。
しかし、物語最終盤にてネサラはベグニオンに従わなければ民が殺される「血の誓約」を結ばれていたことが判明する。
エンディング後、鳥の国として統合されたティバーンの片腕として尽力、リアーネと結ばれ、黒い翼の子供と白い翼の子供を授かったとされている。

元ネタ

キャンセル
蒼炎の軌跡、暁の女神では持っていたのは「待ち伏せ」だった。
鬼神飛燕の一撃、烈風
暁の女神で鳥翼族が獲得できる奥義に「滑翔」というものがある。
内容は「力を3倍にした上で敵の速さを半分にする」というものだが、烈風範囲攻撃+鬼神の一撃+自身の攻撃として考えると力3倍、飛燕の一撃で相対的に敵の速さが下がったように見え、一応それっぽい仕様にはなっている。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 13 Feb 2019 13:47:35 UTC