Top > 仲間 > ゼフィール

ゼフィール

解放の王

ベルン国王。幼い頃は優しい性格だったが、
人間に絶望し、世界を竜に支配させることを望む。
(登場:『ファイアーエムブレム 封印の剣』)

イラストレーター:山田章博

2017年4月開催の大英雄戦クリア報酬。
入手方法がこのイベント報酬のみであるため、個体値による差がない。

重装ユニットらしい最高クラスのHPと守備に加え、スキルに「守備隊形」を持ち、
さらには「守備の威嚇2」相当の専用武器まである。

剣は重装以外のクラスと競合しやすいという点を除けば優れた重装ユニット。
剣重装にはアーダンが強力なライバルとなるが、専用武器や守備隊形など安定性の面ではゼフィールが勝る。
またアーダンは戦禍の連戦の報酬のみのため、アーダンを入手できなかったプレイヤーにとってすれば剣重装枠はゼフィールで決まりといっても良いぐらい。

「死線」は、元が遅すぎる上に「守備隊形」まであるので速さを上げる意義がなく、せっかくの守備を削ってしまう(それでも高いが)ので全く噛み合っていないので引き継ぎは必須レベル。
スキル継承の候補としては、高いHPを更に高めるHP3。
C枠が空いているので恐慌の奇策ともマッチするし、聖印をHP3まで叩き上げれば脅威のHP65。
大英雄戦インファナルでも平気で恐慌の奇策を突き刺すことができる(流石にインファナルローローやインファナルホークアイは無理)。
アーダンに匹敵するHPの持ち主なので血讐も腐りにくい(事実インファナルゼフィールはまさかのHP90で圧倒的血讐の暴力が非常に脅威である)が、圧倒的攻撃守備の値から竜系/炎系のほうが使いやすいだろう。

武器錬成を行うと「竜以外」という制限がかかるが減少幅が強化される。
もともとマムクートは闘技場でしかほぼお目にかからない(一部モブとしての登場はあるが)ので実質上位互換。
また追加効果で遠距離防御3の効果も付与できるため、物理に関しては2距離でも鉄壁となり魔法にもかなり強くなる。
Aスキル、聖印に遠距離防御3をつければ圧倒的+18。ここまでやってしまうと2距離に関しては守備56、魔防42となり2距離で撃破するのは弓ヒノカでもかなり辛く、ダイムサンダおじさんやミカヤでもなければ無理だろう。
また、もともとの攻撃もかなり高いので、遠距離反撃も十分あり。
ここまで改造すると追撃を食らってもワンパンはほぼないだろうことから、守備隊形を捨てて切り返し(あれば迎撃隊形)を継承させるのも視野に入る。

パラメーター

クラス武器属性
重装系
LvHP攻撃速さ守備魔防武器スキル
★3124162114鋼の剣なし
★3405139133421鋼の剣なし
★4124202124銀の剣なし
★4405248183218銀の剣死線2
★512524781銀の剣死線2
★5405556213319エッケザックス死線3
  • 同一の英雄には一律の基準値が定められている。
  • 同一の英雄でも個体ごとに得意ステータスと苦手ステータスがあり、該当部分はパラメーターが基準値から増減する。(全てが基準値の個体も存在する。)

個体値について詳しくはこちら

スキル

  • ※同カテゴリーのスキルは前段階のスキルを覚えていないと覚えられない(例:死線2習得には死線1の習得が必要)
    スキル名カテゴリー効果習得SP習得条件備考
    スキル名カテゴリー効果習得SP習得条件備考
    鉄の剣武器威力6射程1--
    鋼の剣武器威力8射程1--★3初期装備
    銀の剣武器威力11射程1200★4初期装備
    エッケザックス武器威力16射程1
    ターン開始時、周囲2マスの敵の守備-4
    (敵の次回行動終了まで)
    400★5専用スキルのため継承不可
    雪辱奥義発動カウント3
    自分の(最大HP-現HP)の30%を奥義ダメージに加算
    100★4初期習得
    血讐奥義発動カウント2
    自分の(最大HP-現HP)の30%を奥義ダメージに加算
    200★4
    死線1装備A攻撃、速さ+3 守備、魔防-350
    死線2装備A攻撃、速さ+4 守備、魔防-4100★4
    死線3装備A攻撃、速さ+5 守備、魔防-5200★5
    守備隊形1装備B自分のHPが90%以上の時、
    自分、敵、ともに追撃不可
    60
    守備隊形2装備B自分のHPが70%以上の時、
    自分、敵、ともに追撃不可
    120
    守備隊形3装備B自分のHPが50%以上の時、
    自分、敵、ともに追撃不可
    240★4

武器錬成 

武器錬成後基本効果特殊効果付与攻撃強化速さ強化守備強化魔防強化習得条件
エッケザックス威力16 射程1
ターン開始時、周囲2マスの竜以外の敵の
守備-6(敵の次回行動終了まで)
HP+3
弓、暗器、魔法、杖の敵から攻撃された時、
戦闘中、守備、魔防+6
HP+5
威力+2
HP+5
速さ+3
HP+5
守備+4
HP+5
魔防+4
闘技のメダル500
錬成の雫200
SP400

セリフ

+  CV:松田健一郎

出典

登場作品:「封印の剣」「烈火の剣」

ベルン国王。「封印の剣」における戦乱を引き起こした張本人。
烈火の剣では「夜明け前の攻防」でNPCとして登場する。

烈火の剣ですでに父親から暗殺されかけており、旅人に扮したエリウッド一行らに助けられることになる。
ここでゼフィール少年の暗殺実行犯は、ジャファルとニノ・・・だったのだが途中で心変わりしてしまい、黒い牙のウルスラが実行に移そうとし、阻止される。
その後も父王デズモンドに忌み嫌われ、今度は毒殺までされかかったことで人の愚かさに絶望し、父親が(毒殺したと思い込んだ)ゼフィールの棺桶を開けたところを手に掛け、王の座を奪う。
そして、かつて人に敗れた竜へと世界を明け渡す、世界の「解放」を目指すために侵略を始めた、というのが封印の剣における戦乱のきっかけとなる。
なお、神将器をすべて集めていない/破損/所持キャラの死亡といった要因があるとゼフィールを撃破するとエンディングを迎えてしまうことになる。
(真EDではないが)撃破するとEDを迎えるキャラとしてはゼフィールが初の実装となる(後に「撃破すると真EDを迎える」キャラとしてギムレー(男)が実装された)。

ちなみに、見た目は重装備だが、原作ではアーマー(重装)系扱いではなかった。
セシリアとの戦いで鮮やかに大回転を見せる姿は圧巻である。

原作にもユニット性能にも関係ないが、本作のイラストはアナログ水彩画で、通常攻撃時と奥義時で構図が異なっている。
(山田章博氏担当のキャラクターに共通する特徴である)

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 07 Feb 2019 05:55:24 UTC