Top > 仲間 > アレス

アレス

黒騎士

エルトシャンの子。【ミストルティン】の継承者。
両親と死別後、傭兵隊長ジャバローに拾われた。
(登場:『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』)

イラストレーター:п猫R

「魔剣ミストルティン」の効果により、一度発動した後の奥義の回転率が異常なほど高くなるのが特徴。
ただし、この効果の対象となる奥義は戦闘前か戦闘中に発動するタイプのものに限定されるため、戦闘後に発動する「疾風迅雷」などは効果対象外なので要注意。
ミストルティンの「奥義カウント-1」効果も残っているので合計で3カウント分加速される。
そのためカウント2と3では初動以外差がなく、確実にカウント0を維持できるカウント3がベター。初期習得の「竜裂」でとりあえず問題ないが、標準個体かつ外部バフを加味しないなら「緋炎」の方が有効。
あるいはカウント4の範囲攻撃奥義も、発動後の攻撃で必ずカウント1進むので確定連発できる。

速さは30と高くはないため、一発殴って耐えられたら守備魔防封じという意味では噛み合ってはいるのだが、アレスほどの攻撃力なら、一発殴って守備魔防封じが無くても別のキャラが殴れば倒せる/アレスに踊ってもう一回殴れば倒せると思われるので意義を見出しにくい。
特に後者に関して言えば「魔剣ミストルティン」の特殊効果からして間違いなく倒せるだろうことから尚更である。
殺し系列、あるいは切り返しあたりの低~中速鉄板構成でいいだろう。
また、3カウント以下の奥義と組み合わせれば初手奥義で反撃できるので待ち伏せでも良い。特に待ち伏せ3が発動する条件なら攻撃守備の大覚醒が発動するため攻撃+7/守備+7は大きい。
Cスキルは騎馬なので騎刃/盾の鼓舞/紋章で決まりだろう。

2019年4月のレアリティ調整により、★3~4排出になった。
魔剣ミストルティンの強さもあることだし、剣騎馬が育っていなければ羽2万を投資して育てるだけの価値は十分ある。

★4でまさかの攻撃守備の大覚醒3までを持ってくるため、継承素材として極めて有用。
単純に優秀なスキルなのは勿論、恒常排出で★4からAスキル240点以上のものを引き継げるのはアレスが初であり、現状唯一である。そのため闘技場で査定を重視するなら何人いても足りないだろう。

スキルビルド例

+  【無限祈り型】

パラメーター

クラス武器属性
騎馬
LvHP攻撃速さ守備魔防武器スキル
★31/17//15/6/''''//6//''''/5鋼の剣なし
★4117/1817/18/197/8/95/63/4/5キルソード鍛なし
★44037/4041/44/4728/3127/3013/16キルソード鍛なし
★511823/258/974/5魔剣ミストルティンなし
★54040/4349/52/5526/30/333314/18魔剣ミストルティンなし
  • 同一の英雄には一律の基準値が定められている。
  • 同一の英雄でも個体ごとに得意ステータスと苦手ステータスがあり、該当部分はパラメーターが基準値から増減する。(全てが基準値の個体も存在する。)

個体値について詳しくはこちら

+  パラメーター例


スキル

  • ※同カテゴリーのスキルは前段階のスキルを覚えていないと覚えられない(例:銀の剣習得には鋼の剣の習得が必要)
    スキル名カテゴリー効果習得SP習得条件備考
    スキル名カテゴリー効果習得SP習得条件備考
    鉄の剣武器威力6射程1
    鋼の剣武器威力8射程1★3初期習得
    キルソード鍛武器威力10射程1
    奥義が発動しやすい(発動カウント-1)
    ★4初期習得
    魔剣ミストルティン武器威力16射程1
    奥義が発動しやすい(発動カウント-1)
    戦闘(または戦闘前)で奥義を発動した場合、
    戦闘後、奥義発動カウント-2
    ★5★5初期習得
    継承不可
    伏竜奥義発動カウント4
    攻撃の30%を奥義ダメージに加算
    100★4・5初期習得
    竜裂奥義発動カウント3
    攻撃の30%を奥義ダメージに加算
    200
    攻撃守備の大覚醒1装備A戦闘開始時、自分のHPが80%以下なら
    戦闘中、攻撃、守備+3
    60
    攻撃守備の大覚醒2装備A戦闘開始時、自分のHPが80%以下なら
    戦闘中、攻撃、守備+5
    120
    攻撃守備の大覚醒3装備A戦闘開始時、自分のHPが80%以下なら
    戦闘中、攻撃、守備+7
    240★4
    守備封じ1装備B戦闘後、敵の守備-340
    守備魔防封じ1装備B戦闘後、敵の守備、魔防-3100★4
    守備魔防封じ2装備B戦闘後、敵の守備、魔防-5200★5

セリフ

+  CV:興津和幸

出典

登場作品:『聖戦の系譜』

エルトシャンの息子だが、戦いが激化する前に母グラーニェの故郷であるマンスター地方に疎開していた。
両親と死別した後傭兵として拾われたことから、王族としてより傭兵としての意識の方が強いようである。
その後リーン(またはレイリア(本作未実装))が投獄されたことを知り、ジャバローのやり口に不満を抱いて離反、仲間になる。

なお、二つ名は「黒騎士」でこれは暗黒竜と光の剣のカミュと同じ二つ名であるが、もちろん全く関係ない。

原典

ギリシャ神話の戦いの神アレスより。ローマ神話における軍神にして農耕神のマルスとは同一視される。
ギリシャ神話の享楽的な神々の中では戦いを好む性格であったため、他の神々からは敬遠されていた。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 16 Apr 2019 07:21:39 UTC