Top > スキル > その他スキル > スキルA > 金剛明鏡の構え

金剛明鏡の構え

基本情報

基本習得SP:(50→)120→240
習得制限:杖は装備不可(金剛の構え、明鏡の構えは杖でも装備可能だが、金剛明鏡の構えは装備不可能な点に注意)

効果

敵から攻撃された時、戦闘中、守備、魔防+4(金剛明鏡の構え2時)
  • 「強化」とは異なる
    • ブレード系列の「加算」の対象にならない
    • パニックの対象にならない(マイナス反転がない)
    • 強化無効・遠距離など無効化の影響を受けない
  • 戦闘が開始する時点で効果が発動する
    • 戦闘中にしか効果を発揮しないため、例えば「金剛明鏡の構え2」をもたせることで「守備の封印」の対象を操作する、といった使い方はできない
    • 「待ち伏せ」で先手をとっても「攻撃された」扱いのため効果が発動する
  • 重ねがけが可能
    • 「守りの剣+」と重ねがけして+7+4で+11といった使い方も出来る

系列

金剛の構え1┬金剛明鏡の構え1-[金剛明鏡の構え2]
明鏡の構え1┘

評価

  • 汎用性:A
  • 特化性:A
  • 継戦性:A

寸評

  • 闘技場、大英雄戦、戦渦の連戦いずれも釣り出しからスタートするケースは多く、守備も魔防も上がることには大いに意味がある
    • 耐久が上がるスキルと割り切れば飛行オリヴィエが持っていても悪くないが、せっかくならどんな相手にも反撃をしてくれる遠反地雷キャラにもたせて、攻めにもつなげたいところ
  • 強化ではないので恐慌の奇策を受けないのも重要
  • 現状★5限のみである
    • オリヴィエから引き継ぐなら空からの先導もあるので悩ましい

習得ユニット

  • ★4で金剛明鏡の構え2まで習得可能
    • 現状なし
  • ★5で金剛明鏡の構え2まで習得可能or★5でしか排出しない
  • 同効果の聖印なし

同系統効果

  • 邪竜の鱗(スキルA・ルフレ(女/伝承))
    • 金剛明鏡の構え2に加えアイオテの盾も持っている
  • 水のブレス(ブレス)
    • 金剛明鏡の構え2を内蔵している
  • 封印の剣(剣・ロイ)
    • 錬成前は金剛明鏡の構え1に相当
    • 錬成後は基本効果として金剛明鏡の構え2を内蔵
  • 悠久の書(赤魔・ソフィーヤ)
    • 特殊錬成で金剛明鏡の構え2を獲得
  • ナーガ(緑魔・ユリア)
    • 竜特攻に加え金剛明鏡の構え1を内蔵
    • 錬成後は基本効果が金剛明鏡の構え2に変化
  • 遠距離防御近距離防御
    • 「攻撃されたときの武器種に条件がある」金剛明鏡の構えと考えることが出来る
  • ロプトウス(赤魔・ユリウス)
    • (竜特攻武器でなければ)攻撃-6ということで実質金剛明鏡の構え3のようなもの(自分の氷蒼などの対象にならない、敵の竜裂などの打点が変わるという点で異なる)
  • 守備魔防?(Aスキル)
    • 金剛明鏡の一撃1+金剛明鏡の構え1とみなすことができる
  • 金剛明鏡の一撃(Aスキル)
    • こちらは「攻撃を仕掛けられた時」ではなく「攻撃を仕掛けた時」である
  • マシュマロの杖(杖)
    • 周囲2マス以内の味方に金剛明鏡の構え1.5(守備魔防+3)を与える

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 09 May 2019 08:17:59 UTC