Top > スキル > その他スキル > スキルA > 攻撃守備の絆

攻撃守備の絆

基本情報

位置:スキルA
基本習得SP:60→120→240
習得制限:なし

効果

味方と隣接している時、戦闘中、自身の攻撃、守備+5 (攻撃守備の絆3)
  • 戦闘中のみの適用なので、攻撃の封印などの判定よけや、範囲奥義のダメージ計算には影響しない
  • 1人隣接していればOK
    • アウル系とは違い、複数人隣接しても効果は累積しない

系列

攻撃守備の絆1─攻撃守備の絆2─[攻撃守備の絆3]

評価

  • 汎用性:S
  • 特化性:S
  • 継戦性:S

寸評

  • 味方と隣接している条件こそあるが、フェイズを問わず大きく能力が上昇するのは強力
    • 特に敵フェイズでは自ターンの鼓舞の付与などの目的で隣接しているのが普通なので、発動していないほうが珍しい。上昇幅、自ターンにも効果を発揮しうる点などから、構え系(このスキルと比べるなら鬼神金剛の構えか)の上位互換との評も。
  • 攻撃と守備の組み合わせは扱いやすいステータスの組み合わせ。物理意識のユニットに持たせよう
  • 攻撃守備の大覚醒と比較するとHP条件がない代わりに隣接条件が付与されており、かつ上昇量も+5である。どっちが良いかはよく考えたい
  • 大英雄の★4ルトガーから継承できるようになったが、まだまだ継承難度は高く、これを引き継ぐなら聖印で運用するか、攻撃守備の大覚醒の方が現実的

聖印評価

  • 汎用性:S
  • 特化性:S
  • 継戦性:S

寸評

  • 貴重な「聖印枠で装備者自身を大きく強化できる聖印」。
    • 聖印は1スキル1ユニットのみの仕様により、次点、次々点のスキルでも出番が回ってきやすい
    • 特に自己強化系の聖印(というかその系統のスキルで固めたユニット)は扱いやすいため、自己強化聖印に高評価をつけるプレイヤーが多い
  • 生成直後の+3/+3でも十分強力だが、酷使する聖印なので優先して覚醒しよう
  • 同条件で恩恵を受けられるアウル系と組み合わせても強力
    • トリプル大覚醒ほどインパクトはないものの、仮面マルスなどの特殊錬成と合わせてトリプル絆もなかなか驚異的

習得ユニット

  • 同効果の聖印あり

関連項目

  • アウル系(魔法)
    • 条件が同じで1人隣接につき全能力+2
  • ファルシオン(剣・クロムルキナ仮面マルス)
    • 特殊錬成で「絆と同条件でHP以外の全ステ+4」を獲得
  • ティルフィング(剣・セリス
    • 独自錬成で攻撃守備の絆3を内蔵
  • 霧のブレス(ブレス・チキ(子供・大人))
    • 独自錬成で範囲が2マス、かつ味方指定が剣か竜となった攻撃守備の絆3を獲得
  • 柔なる戦猫の爪牙(獣・ライ)
    • 範囲2マスに味方がいた場合、攻撃守備の絆1を自分と味方に付与

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 11 Apr 2019 18:18:10 UTC