Top > スキル > その他スキル > スキルA > 攻撃の覚醒

攻撃の覚醒

基本情報

位置:スキルA
基本習得SP:40→80→160
習得制限:なし

効果

ターン開始時、自分のHPが50%以下なら攻撃+7 (攻撃の覚醒3)
  • ターン開始時に条件を満たせば攻撃+7の「強化」を自身に与える
  • Bスキル「回復」と重なった場合、見た目上攻撃の覚醒→回復の順に処理される
    • 内部的にはすべての処理を独立に行ってから最後に反映の処理を行っているものと思われるため、実際に回復が先か攻撃の覚醒が先かは関係ない*1

系列

攻撃の覚醒1─攻撃の覚醒2─[攻撃の覚醒3]

評価

  • 汎用性:D
  • 特化性:C
  • 継戦性:D

寸評

  • 一見すると攻撃+7の強化は大きいように思えるが、HPが50%以下と厳しい上、2種上昇の大覚醒シリーズが出ているため、採用意義に乏しい
    • 他の覚醒シリーズに比べればまだまともといった程度で、査定的にも旨味がないのも問題
      • HPが50%以下という条件の都合上、攻め違えと組み合わせる事でプラスに働きやすい。この一点において速さ・守備・魔防の覚醒に比べて優位と言っても過言ではない
  • どうしても使おうというのならやはりライバルの大覚醒シリーズ、特に★4アレスからも入手が簡単な攻撃守備の大覚醒とどうやって差別化するかを考えないといけない
    • 大覚醒と異なり強化であることを活かす方法が一つ
      • ブレード系列と組み合わせて自前で+7+7=+14の威力を手に入れられる
    • 最大量の「+7の強化」を活かす方法もある
      • 実際「+7の強化」は他には攻撃の鼓舞4を使わないとできない。このことから伝承アクアと組み合わせ+7の強化を本人にコピーするという手が考えられる。更にこの強化をエイリークにコピーするということも考えうる。
  • うまくハマったときの爆発力は絶大だろうが、前提条件があまりにも問題(特に伝承アクア)で、タラレバ感が強すぎる。わざわざ攻撃の覚醒を引き継ぐぐらいなら羽にしてしまって良いだろうし、初期で持っている場合でさえ「SPの無駄遣い」といえるレベル

習得ユニット

関連項目

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 回復が先であっても実際にHPの回復がなされるのは最後であるため

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 10 Mar 2019 06:40:02 UTC