Top > 会話集 > 記憶の欠片 > 姫騎士と若騎士

会話集/記憶の欠片

姫騎士と若騎士

[マチルダ]
どうだ、クレーベ。
騎士団にはもう慣れたかい?▼
[クレーベ]
マチルダ!
ああ、みんなよくしてくれているよ。▼
でも、もう三か月も訓練ばかりで……
早く戦場に出たくてたまらないんだ。▼
[マチルダ]
なに、焦ることはない。
今のうちにしっかり腕を磨いておくといい。▼
[クレーベ]
でも、それではいつまでたっても
マチルダに追いつけないじゃないか。▼
[マチルダ]
私に?▼
[クレーベ]
ああ。▼
女性でありながら、
騎士団一と謳われる女騎士マチルダ……▼
国中の少年たちが
どれだけその名前に胸を躍らせているか。▼
あなたにはきっとわからないだろうな。▼
私と幼なじみも、
あなたの話ばかりしていたよ。▼
[マチルダ]
そうなのか。
それは意外だな。▼
男の子が憧れるのは、
あの英雄マイセン卿かと思っていたよ。▼
[クレーベ]
たしかにマイセン卿は尊敬すべきお方だ。▼
私も彼のようになりたいと思っているよ。▼
でも、年頃の少年が
威風堂々たる老騎士と美しい女騎士……▼
どちらにより惹かれるかは
火を見るより明らかだろう?▼
[マチルダ]
ふふふ……
実物を見てがっかりされなければいいが。▼
[クレーベ]
とんでもない!▼
戦場を駆けるあなたは、着飾って
宮廷で取り澄ましているときより▼
遥かに美しいよ。▼
[マチルダ]
取り澄ましているとはご挨拶だな。▼
まあ、ああいう場が
好きではないのは本当だが。▼
そういえば、
あの子犬のような妹君は元気か?▼
私が君と話していると
いつも間に入ってきていたな。▼
[クレーベ]
ああ……
元気すぎて困るほどさ。▼
私が騎士団に入るといったら
泣きわめいて大変だったよ。▼
[マチルダ]
よほど君を好いているんだな。
可愛いじゃないか。▼
でも、ようやくこうして
君とゆっくり話すことができて▼
私もうれしいよ。▼
[クレーベ]
マチルダ……
ああ、私もだ。▼
どうやら私たちには、
華やかな宮廷より▼
土埃の舞う戦場のほうが、よほど
社交の場にはふさわしいみたいだな。▼
[マチルダ]
まったくだ。
ふふ……▼
これでは、次にドレスに袖を通すのは
いつになることやら。▼
[クレーベ]
……………………▼
[マチルダ]
クレーベ?▼
[クレーベ]
いや……▼
では、そのときにはぜひ
私と踊ってくれないか?▼
[マチルダ]
えっ……▼
でも、本当にいつになるか
わからないぞ?▼
[クレーベ]
待つさ、いつまでだって。
あなたと踊れるのなら。▼
[マチルダ]
……そ、そうか。▼
では……うん。
約束しよう。▼
[クレーベ]
……ありがとう、マチルダ!▼
じゃあ、その日を楽しみに。▼
[マチルダ]
あ……行ってしまった。▼
なにも走ることはないだろうに。
ふふ……▼
……いや、笑いごとではないな。
ステップの練習をしておかねば。▼
ああ、しまった。
ダンスなど忘却の彼方だぞ……!▼

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 18 Oct 2018 15:20:13 UTC