ルカの支援会話

クレーベ

支援C

[ルカ]
クレーベ。▼
[クレーベ]
ああ、ルカか。▼
[ルカ]
どうです、リーダーを譲った気分は。
肩の荷が下りましたか。▼
[クレーベ]
ははっ、手厳しいな。▼
だが、お前のような者がいてくれて
心強い。▼
なにしろ、フォルスもパイソンも
あの通りだからな。▼
フォルスは真面目だが熱しやすいし、
パイソンはそもそも熱意というものがない。▼
ふたりとも、
戦場では優秀なのだが……▼
[ルカ]
はは……▼
これは、特にフォルスには
聞かせられない話ですね。▼
衝撃で寝込んでしまいますよ、
きっと。▼
[クレーベ]
だから、そういうところが
問題なのだがな……▼
とにかく、だからこそ
お前の存在が貴重だということだ。▼
これからも、一歩ひいたところから
我々を見守ってくれ。▼
[ルカ]
…………▼

支援B

[ルカ]
…………▼
[クレーベ]
どうした、ルカ。
浮かない顔だな。▼
[ルカ]
クレーベ……▼
いえ、この間の言葉の意味を
少し考えてしまいまして。▼
[クレーベ]
この間の……
私が、見守ってくれと言ったことか?▼
[ルカ]
ええ。▼
私は昔から、
熱くなるということと無縁なんです。▼
パイソンのように、全てを他人事と
捨て置けるわけではありません。▼
かといって、自分を見失うほど
のめり込むこともない……▼
そういう自分に、
ちょっと思うところもあるのですよ。▼
[クレーベ]
そうなのか?▼
私には、常に冷静でいられることは
この上ない美点に思えるがな。▼
[ルカ]
まあ、
ないものねだりなのでしょうね。▼

支援A

[クレーベ]
ルカ。▼
[ルカ]
クレーベ。
なんでしょうか。▼
[クレーベ]
もうじきこの戦いも終わる。▼
解放軍がここまで来られたのも、
お前の冷静な助言があってこそだ。▼
いまの私はリーダーではないが
礼を言わせてくれ。▼
[ルカ]
どうしたんですか、いきなり。▼
……まさか、以前の話を
気にしているとか?▼
[クレーベ]
うーん……▼
どうも私は
腹芸が苦手でいけないな。▼
やはり、そういったことは
今後もお前に任せるとしよう。▼
[ルカ]
ふふ……▼
そうですね。
お任せください。▼

フォルス

支援C

[ルカ]
……フォルス?▼
驚きましたね。
こんなところで読書ですか?▼
[フォルス]
うわっ……!▼
ややや…やあルカ!
元気かい?▼
[ルカ]
いまは戦闘中ですよ。
さすがに危険なのではありませんか?▼
[フォルス]
……そうだな。
まったくその通りだ。▼
だが、決して
さぼっていた訳ではないんだ。▼
頼む、このことはクレーベさまには……!▼
[ルカ]
言いませんよ。
別に責めているわけではありません。▼
ところで、なにを読んでいたのです?▼
[フォルス]
ああ。
これは古い兵法書だよ。▼
家を出るときに、
父の本棚から拝借したんだ。▼
僕の父は学者でね。
小さいころから、本には事欠かないのさ。▼
[ルカ]
へえ……
そうだったんですか。▼
うらやましいです。
私も読書は好きなんですよ。▼
[フォルス]
ああ、言われてみれば。
よく本を読んでいるのを見かけるな。▼
[ルカ]
ええ。▼
ですが、子供のころは
父が武芸の鍛錬ばかりさせたがって……▼
一度でいいから、一日中
のんびり読書がしたいと思ったものです。▼
[フォルス]
……へえ。
そういうものなのか。▼
……………………▼

支援B

[ルカ]
あの……フォルス。
ちょっといいですか?▼
[フォルス]
ああ、いいとも!
どうしたんだい、ルカ。▼
[ルカ]
先日、私の家の話をしたでしょう?▼
あのとき、あなたの顔が
少し曇ったように見えたんですが……▼
なにか気に障るようなことを
言ってしまったのでしょうか?▼
[フォルス]
……すまない、顔に出ていたのか。▼
いや、大したことじゃないんだ。▼
僕はルカとは逆に、
幼いころから騎士になりたかったから▼
本当は勉強ばかりじゃなくて、
剣や槍を教わりたかったんだ。▼
[ルカ]
そうだったんですか……▼
[フォルス]
まあ、そんなことを教えてくれるあても
なかったんだけどね。▼
だから、少しお前がうらやましかったのさ。▼
[ルカ]
ふふっ、私でよければ
歓んで代わってさし上げたのに。▼
上手くいかないものですね。▼
[フォルス]
ああ、まったくだ。▼

支援A

[ルカ]
フォルス……▼
また戦闘中に読書ですか?
危ないといったでしょう。▼
[フォルス]
うわっと……!▼
や、やあルカ。
今日も壮健そうでなによりだ!▼
[ルカ]
それはどうも。
今度はなにを読んでいるんです?▼
[フォルス]
これはソフィアの歴史について
書かれた本さ。▼
実は、この間はああいったものの
少し後悔もしているんだ。▼
[ルカ]
後悔?▼
[フォルス]
ああ。▼
勉学の中にも、戦に生かせるものは
たくさんあるだろう?▼
子供だった僕はそれに気づけなくて……
もったいないことをしたと思ってさ。▼
現に、こうしてクレーベさまの
副官となった今は▼
己の無学さに打ちひしがれる毎日だ。▼
[ルカ]
フォルス……▼
私も、もっと真面目に
稽古を受けていればよかったと▼
死にかけるたびに思いますよ。▼
でも、今からでも
きっと遅くはありません。▼
[フォルス]
そうだな……
うん、その通りだ。▼
よし、ルカ!
見ていてくれたまえ。▼
僕は教養も武芸も、
誰にも負けない騎士になってみせるよ!▼
[ルカ]
ええ、フォルスならきっとなれますよ。
楽しみにしています。▼

パイソン

支援C

[パイソン]
ふああ……▼
[ルカ]
おや、パイソン。
大きなあくびですね。▼
昨日も朝にお帰りだったみたいですが……
私もそう何度も見てみぬふりはできませんよ。
ほどほどにしてくださいね。▼
[パイソン]
へいへい。▼
あーあ、騎士さまは
お堅くてやんなっちゃうね。▼
お前らもこう、
パーッと遊んだりしねえの?▼
[ルカ]
状況が状況ですからね。
以前はどうだか知りませんが……▼
[パイソン]
お?
なにそれ。▼
意外とクレーベさまも
叩けば埃が出るってこと?▼
[ルカ]
埃かどうかはわかりませんが、
宮中ではたいそう
ご婦人方の口に上ったそうですよ。▼
[パイソン]
なに、そのお上品なの……▼
そんなんじゃなくてさあ、
もっと面白い話ないの?▼
クレーベさまったら不潔よ!
とかみんながなるやつ。
なあなあ教えろよー!
ちゃんと言いふらすから。▼
[ルカ]
はあ……
下世話ですねえ。▼

支援B

[パイソン]
なあ、ルカ。▼
[ルカ]
はい、なんでしょう?▼
[パイソン]
こないだの話だけどさ、
お前はどうなのよ?▼
[ルカ]
私ですか?▼
私は特に、お話しできるようなことは
ありませんよ。▼
[パイソン]
嘘だあ。▼
町の女たちも、あの方はどなた?とか
すぐ俺に聞くぜ。▼
おかげで俺が面白くない思い
してるんだからさあ。▼
お詫びになんか教えてよ。▼
[ルカ]
ずいぶん勝手な理屈ですが……
うーん……▼
そうですね、故郷に長い付き合いの
女性ならいますよ。▼
[パイソン]
わあ!
そうなの?!▼
どんな女?美人?いくつくらい?
将来どうすんの?▼
[ルカ]
パイソン……
まるで若い女性みたいですよ。▼
おや、敵の影が見えますね。
行きましょう。▼
[パイソン]
あっ、待てよ!
おいってばー!!▼

支援A

[パイソン]
ふふーん、ルカ!
やーっと捕まえた。▼
さあさあ、お前の女について
洗いざらい吐いてもらおうか。▼
[ルカ]
吐けといわれましても……▼
本当に、お話しするようなことは
何もないんですよ。▼
[パイソン]
……あのさあ。
こないだも思ったけど。▼
なに、その楽しくなさそうな感じ。
その女のこと好きじゃないの?▼
[ルカ]
正直に言いますと、
わからなんですよ。▼
こうして離れていても
特に会いたいとも思いませんし。▼
私は少し欠けているところが
あるのかもしれませんね。▼
クレーベやマチルダを
見ていると▼
ああいう情熱は、私の中には
ないのかもしれないと思います。▼
[パイソン]
おいおい……
まだ若いのになに言ってんの。▼
まあ、ちょっとは
わかる気がするけど。▼
でもさあ、別にそれが
悪いってことはなくない?▼
[ルカ]
そうでしょうか。▼
[パイソン]
そうだよ。▼
クレーベさまと
マチルダさまみたいな▼
ああいう大げさなのだけが
正解ってわけでもないだろうし……▼
お前だって、そのうちその女に
会いたくなるかもしれないじゃん。▼
そうなったら
会いに行けばいいんだよ。▼
[ルカ]
パイソン……▼
そうですね、そうします。▼
[パイソン]
ま、とっくに他の男と
くっついてるかもしれないけど。▼
そうなったら慰めてやるから
いつでも言えよ。▼
パーッと遊びにいこうぜ。
もちろんお前の金で。▼
[ルカ]
ふふ……はい。
そのときはよろしくお願いします。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 18 Oct 2018 15:54:45 UTC