Top > 会話集 > 支援会話 > クレーべ

クレーベの支援会話

ルカ

ルカのページへ

マチルダ

支援C

[マチルダ]
クレーベ!▼
[クレーベ]
マチルダ……!▼
また君と肩を並べて戦えるなんて
夢のようだよ。▼
[マチルダ]
私もだ、クレーベ。▼
久しぶりすぎて、
なんだか落ち着かないな。▼
手元が狂ってしまいそうだ。▼
[クレーベ]
ははは……
それは困るな。▼
大丈夫だ、
私はもう君のそばを離れない。▼
だから、戦う君の美しい姿を
存分に見せてくれないか?▼
[マチルダ]
ああ、クレーベ……!▼
お前が見守っていてくれるのなら
こんなに心強いことはない。▼
[クレーベ]
ああ、頼んだぞ。▼

支援B

[マチルダ]
クレーベ!▼
[クレーベ]
やあ、マチルダ。▼
今日も惚れ惚れするような
槍さばきだな。▼
[マチルダ]
そんな、お前に比べれば私など……
未熟な自分が恥ずかしいほどだ。▼
[クレーベ]
なにを言う、マチルダ。▼
私の背中を預けられるのは
この世に君しかいない。▼
さあ、君のその手で
この戦いに勝機をもたらしてくれ。▼
[マチルダ]
クレーベ……!
ああ、任せてくれ。▼
お前に仇為す者の首など
私が根こそぎ刈り取ってやる!▼
[クレーベ]
ははは……
頼もしいな。▼

支援A

[マチルダ]
クレーベ……▼
[クレーベ]
どうしたんだ、マチルダ。
暗い顔をして……▼
君の美しい顔が台無しだ。▼
[マチルダ]
その……
言いにくいのだが。▼
先日クレアに、クレーベより前に出るのは
いかがなものかと言われてしまってな。▼
たしかに、私としても
思うところがない訳ではないのだ。▼
私たちは軍人だ。
戦場で男も女もない。▼
だが未来の妻として、お前を立てたい
気持ちがあるのも本当だ。▼
ああ……
私はどうすれば……▼
[クレーベ]
なにをつまらないことを……▼
マチルダ。私を立てようなど、
そんなことは考えないでくれ。▼
私は自分自身の力で輝いてみせる。
人の力など必要ない。▼
そんなことより、マチルダ。▼
君が君らしくいてくれるほうが、
私ははるかに幸福なんだ。▼
[マチルダ]
クレーベ……!▼
[クレーベ]
さあ、今日も戦の女神のような姿を
私に見せてくれないか。▼
[マチルダ]
ああ、任せてくれ。▼
お前が望むのなら
私は鬼神にでもなろう!▼

フォルス

支援C

[フォルス]
はっ、あれは……▼
クレーベさま、クレーベさまー!!▼
[クレーベ]
フォルスか。
調子はどうだ?▼
[フォルス]
お任せください!
かつてないほど絶好調であります!▼
必ずやクレーベさまに
勝利をお持ちしましょう!▼
[クレーベ]
そうか、頼もしいな。▼
勢いがるのは結構だが、
むやみに敵に深入りするんじゃないぞ。▼
お前はそれで孤立して
何度も助けられているだろう。▼
[フォルス]
うっ……
申し訳ありません。▼
わかりました、クレーベさま!▼
もし、またもや同じ過ちを
くり返すようなことがあれば▼
わが戦士生命を絶つ覚悟で
臨む次第であります!▼
[クレーベ]
いや、そこまでしなくてもいい。▼
まったく……お前は優秀だが、
思い込みが激しくていけないな。▼
もっと肩の力を抜いたらどうだ?▼
[フォルス]
はあ……
肩の力をですか。▼
了解しました!
全力をもって善処いたします!▼
[クレーベ]
……無理そうだな。▼

支援B

[クレーベ]
フォルス。
今日も調子がよさそうだな。▼
[フォルス]
クレーベさま!▼
はい、今日もわが解放軍と
クレーベさまのために▼
ひとりでも多くの敵を
討ち倒す所存であります!▼
[クレーベ]
そ、そうか。
なあ、フォルス。▼
先日、お前とパイソンが
会話しているのを見て思ったんだが▼
私にも、ああいうふうに
接することはできないのか?▼
[フォルス]
は?
……と、申しますと……▼
[クレーベ]
あのときのお前は、とても自然で
打ち解けているように見えたんだ。▼
肩の力を抜くというのは
そういうことだ。▼
どうだ、簡単だろう?▼
[フォルス]
クレーベさまに、パイソンと
接するように接する……▼
…………………………
…………………………▼
[クレーベ]
……わかった、もういい。▼

支援A

[フォルス]
クレーベさま…………▼
[クレーベ]
どうしたんだ、フォルス?
そんなに暗い顔をして……▼
いつもの勢いはどこへいったんだ。▼
[フォルス]
申し訳ありません……▼
あれから、僕なりに
クレーベさまのお心にかなうように▼
試行錯誤を重ねてみたのですが……▼
大した成果もなく
行き詰ってしまいまして。▼
[クレーベ]
試行錯誤?▼
[フォルス]
はい。▼
パイソンをクレーベさまだと思って
会話を試みたのですが▼
あいつがクレーベさまにあるまじき
下品な言葉を並べたてるので▼
思わず手が出て、
殴り合いになってしまいました。▼
ルカが止めてくれなかったら
どうなっていたことか……▼
[クレーベ]
そ、そうか。
それは困るな。▼
[フォルス]
クレーベさま……
今のままではだめでしょうか?▼
あなたは、僕が幼い頃から憧れてきた
騎士そのものなんです。▼
あの、これだけ長くいっしょにいるのに
笑わないでほしいんですけど▼
お話しできるだけでも
舞い上がってしまって……▼
なにかと大げさになってしまうのは
きっとそのせいなんです。▼
だから……▼
[クレーベ]
……なんだ、
やればできるではないか。▼
[フォルス]
は?
な、なにがでしょう。▼
[クレーベ]
気づいてないのか?
まあいい。▼
ただ、私はお前が憧れるような
大したものではない。▼
不甲斐ない姿も散々見せてきたつもりだ。▼
そう思えばこそ、お前の大仰な態度が
気になったのだが……▼
[フォルス]
とんでもない!▼
たしかに、ソフィア城を取り戻すまで
わが解放軍は▼
何度も苦境に立たされ
もう駄目かと思うこともありました。▼
ですが、そんな中でも
僕たちが希望を失わずにいられたのは▼
クレーベさまがいたからです。▼
あなたは正しいと
心から信じることができたからこそ▼
僕たちは死をも恐れず戦うことができた。▼
そりゃあ、いまの解放軍のリーダーは
アルムですが……▼
忘れないでください。▼
僕の仰ぎ見る旗は
いつだってクレーベさまのものです。▼
[クレーベ]
フォルス……
ありがとう。▼
私の不用意な言葉で
悩ませてしまってすまなかったな。▼
これからも
お前の好きにするといい。▼
[フォルス]
はっ……!
ありがたき幸せであります!!▼

パイソン

支援C

[パイソン]
あー、しんどい……
まだ終わんないの?▼
今日はあんまり前に出るの
やめとこっかな……▼
[クレーベ]
パイソン。▼
[パイソン]
ぎゃっ!▼
[クレーベ]
そんなに驚くことはないだろう。
どうだ、調子は。▼
[パイソン]
はあ、まあ……
普通です。▼
[クレーベ]
……正直だな。
それがお前のいいところではあるが……▼
解放軍もアルムをリーダーにむかえ
若い兵が増えてきた。▼
みな経験も浅く、
不安に思うことも多いだろう。▼
お前も先輩として
手本を示してやってくれないか。▼
[パイソン]
そーんなの、俺じゃなくったって▼
クレーベさまやルカやフォルスが
いるじゃありませんか。▼
俺までそんな、
お堅く真面目に振るまったら▼
新しく入った連中が
息詰まっちゃいますよ。▼
[クレーベ]
だが、集団には規律というものが
必要だろう。▼
[パイソン]
それとは別に
雰囲気ってもんもありますよ。▼
[クレーベ]
……わが解放軍のそれは好ましくないと?▼
[パイソン]
いや、
そこまでは言いませんけど……▼
たまに居心地の悪さは感じますね。▼
[クレーベ]
……そうか……▼

支援B

[クレーベ]
ああ、パイソン。
ちょうどよかった。▼
[パイソン]
はあ、なんでしょう。▼
[クレーベ]
先日話したことなんだが……
どうも気になってしまってな。▼
騎士団や貴族出身の者たちと
お前たち平民の者との間に▼
埋めがたい溝があることは
私もわかっている。▼
だからこそ、
出自によらず働きのみを見ようと▼
心がけてきたつもりなのだが……▼
お前にとっては
そうではなかったということだろうか。▼
[パイソン]
いや、そもそもですね。▼
平民だけど貴族と同じように
見てあげなくっちゃ。▼
……てのがもう平等じゃないんですよ。▼
[クレーベ]
私は、お前たちを蔑んでいるわけでは……▼
[パイソン]
それはわかってます。▼
クレーベさまが
悪いわけじゃありません。▼
でも、俺たち平民が
感じているいろんなことを▼
本当に理解することはできないでしょ?▼
[クレーベ]
……たしかにその通りだ。▼
私は飢えや寒さを知らない。
虐げられる者たちの屈辱も、絶望も……▼
私が彼らに寄り添うとしても
それは偽善でしかないのかもしれないな。▼
[パイソン]
ちょっとお、
落ち込まないでくださいよ。▼
別に、そういうのを喜ぶやつも
いっぱいいますよ。フォルスとか。▼
ただ、俺みたいなやつもいるってだけで。▼
ただの言いがかりです。
忘れてください。▼
[クレーベ]
パイソン……▼

支援A

[クレーベ]
パイソン。▼
[パイソン]
ああ、クレーベさま……
もう元気になってくれました?▼
あのあと大変だったんですから。▼
クレーベさまが沈んでるのは
俺に悪く言われたせいだって▼
クレアさまからは槍で突っつかれるし
みんなに詰め寄られるし……▼
ほんと、
勘弁してくださいよ。▼
[クレーベ]
そ、それはすまなかったな。▼
だが、私もあれから
自分なりに考えてみたんだ。▼
聞いてもらえないだろうか。▼
[パイソン]
はあ……▼
[クレーベ]
パイソン、私は……▼
王があり、貴族があり
その下に民があることこそ▼
この国の正しい、
秩序ある姿だと信じてきた。▼
いや、正直に言おう。
いまでもそう信じている。▼
たとえそれを、
お前が快く思わなくともだ。▼
[パイソン]
……………………▼
[クレーベ]
だが、それをお前という個人を
軽んずることとは違う。▼
貴族であろうと平民であろうと▼
私にとってはかけがえのない盟友だ。▼
それだけはわかってほしい。
勝手な言い分かもしれないが……▼
[パイソン]
……真面目だなあ、クレーベさまは。▼
じゃあ俺も正直に言いますけど、
王さまだの貴族だの▼
身分だけで楽してるくせに
人を見下すやつらは嫌いです。▼
でも、クレーベさまのことも
嫌いなのかっていわれたら▼
それもちょっと違うんです。▼
まあ、苦手ではありますけど。▼
[クレーベ]
……苦手だったのか。▼
[パイソン]
それくらいは許してくださいよ。▼
あなたは飢えや寒さを
知らないかわりに▼
たくさんの人の命や生活を
いつも本気で守ろうとしてる。▼
だったらそれで
いいんじゃないかって思います。▼
だって、俺には絶対できないし。▼
[クレーベ]
パイソン……▼
[パイソン]
あなたの全部に
賛成ってわけじゃないけど……▼
いっしょに戦うのは
やぶさかではないですよ。▼
[クレーベ]
……それはよかった。
ありがとう、パイソン。▼
この先にどんな未来が待つのか
私にもわからないが……▼
どんな立場の者にとっても
よりよいものになるように▼
これからも、どうかアルムに力を
貸してやってくれ。▼
[パイソン]
うーん、だからこういうのが
苦手なんだけどな……▼
まあいいや。
はーい。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 18 Oct 2018 16:47:57 UTC