Top > 会話集 > 支援会話 > アルム

アルムの支援会話

エフィ

支援C

[エフィ]
アルム、アルム!▼
[アルム]
やあ、エフィ。
調子はどうだい?▼
[エフィ]
うん!▼
あんまりよくなかったけど、
アルムの顔を見たら元気になったよ。▼
[アルム]
あはは……
それならよかった。▼
[エフィ]
ねえ、私が敵をたくさん倒したら
アルム嬉しい?▼
[アルム]
えっ?▼
うーん、嬉しいとは思わないけど
助かる……かな▼
[エフィ]
そうなんだ。▼
じゃあやっぱりたくさん
倒したほうがいいよね。▼
わかった!
私、がんばるからね。▼
[アルム]
うん、気をつけて。▼

支援B

[エフィ]
アルム!▼
[アルム]
エフィ。
今日の調子はどう?▼
[エフィ]
すごくいいよ!
ねえ、どうしてか聞いて?▼
[アルム]
えっ?▼
えーっと……
なんで?▼
[エフィ]
昨日の夕食、
アルムのお隣で食べたでしょ?▼
アルム、私が食べきれなかったパン
食べてくれたよね。▼
[アルム]
ああ……
そういえば、そうだったね。▼
[エフィ]
私、昨日はうれしくて
あんまり眠れないくらいだったの。▼
あっでも、大丈夫だよ。
ぜんぜん眠くないから。▼
アルムのために
いっぱい敵、倒してあげるね!▼
[アルム]
エフィって……▼
すごくささいなことで
感動できるんだな。▼
いいなあ、僕も見習わなきゃ。▼

支援A

[エフィ]
アルム……▼
[アルム]
なんだい、エフィ?▼
[エフィ]
あのね、もうすぐ
この旅もお終いでしょ?▼
だから、アルムに
言っておきたいことがあって……▼
いま言うことじゃないかもしれないけど
でも、聞いてほしいの。▼
[アルム]
いいよ。
なんだい?▼
[エフィ]
あのね、私……
夢があるんだ。▼
この戦いが終わったら、
ラムの村に帰るでしょう?▼
そしたら、パンを焼いたり
お花を育てたり、のんびり暮らすの。▼
そんなふうに、
アルムといっしょに暮らしたいの。▼
それが、私の夢。▼
[アルム]
エフィ……▼
[エフィ]
どうかな。
私の夢、叶うと思う?▼
[アルム]
……ごめん、エフィ。▼
僕はもう、村には帰らない。
……帰れないよ。▼
やりたいことが
たくさんあるんだ。▼
でも、
それはみんながいたから……▼
みんなとここまで来られたから
見つけることができた。▼
だから、ありがとう。
エフィ。▼
君といっしょに旅ができて
本当によかった。▼
[エフィ]
うん……
そう言うと思ってたよ。▼
私も、アルムといっしょで
ほんとに楽しかった……▼
この旅が終わったら
さよならだね、アルム。▼
でも、それまではずっと
アルムを大好きでいさせて。▼
それくらいは、いいよね?▼
[アルム]
うん……▼

クレア

支援C

[クレア]
あら、アルム!
ごきげんよう。▼
[アルム]
やあ、クレア。
……ふふっ。▼
[クレア]
まあ、なんですの!▼
いきなり笑うなんて、
失礼じゃありませんこと?▼
[アルム]
ごめんごめん。▼
戦場でごきげんようだなんて、
なんだかおかしいなって思って。▼
[クレア]
あら……、そうなのですか?▼
困ったわ、ではなんとご挨拶すれば
よろしいのかしら。▼
[アルム]
あはは……
いいよ、クレアはそのままで。▼
クレアのそういうところ
僕、好きだよ。▼
[クレア]
そ、そうですの……?
そう……▼

支援B

[クレア]
あっ、アルム……!
その、ごきげんようでございますわ。▼
[アルム]
ああ、クレア……
なんか、いまの変じゃなかった?▼
[クレア]
ご、ごめんなさい。
意識すると自然に言えなくって。▼
[アルム]
意識……?▼
もしかして、
僕があんなこと言ったから?▼
[クレア]
い、いえ。
別にアルムのせいでは……!▼
ありますけれど、
ありませんというか……▼
アルムの好きなわたくしでいたいと思うと、
変に力が入ってしまいますの。▼
[アルム]
僕の好きなクレアは、
いつもどおりのクレアだよ。▼
ちょっと高飛車で、
周りなんてお構いなしのさ。▼
[クレア]
まあ!
そんなふうに思ってたんですの?▼
社交界の華とも言われたわたくしに
失礼じゃありませんこと?!▼
[アルム]
あははっ……
そうそう、そんな感じ。▼
[クレア]
……んもう!▼

支援A

[クレア]
ごきげんよう、アルム!▼
[アルム]
やあ、クレア。
ごきげんよう。▼
[クレア]
ねえ、今日のわたくしは
いかがかしら?▼
[アルム]
そりゃあもう、戦の女神と
見まごうばかりの大活躍だよ。▼
さすがは、社交界の華とも言われた
クレア嬢だね。▼
[クレア]
ふふん、当然ですわ!▼
……うふっ、
うふふふふっ……▼
[アルム]
あはは……
これでいい?▼
[クレア]
ええ、上出来でしてよ。▼
ねえ、アルム。▼
あなたはいつもどおりの
わたくしが好きとおっしゃいましたけど、▼
わたくしも、こんなふうに
ふざけて笑いあえるあなたが好きですわ。▼
ええ、大好きです。▼
[アルム]
あ、ありがとう。▼
あらためて言われると、
なんか照れちゃうね。▼
[クレア]
うふふ……▼

マイセン

支援C

[マイセン]
アルム。▼
[アルム]
じいさん……▼
[マイセン]
とうとう、お前とこうして
共に戦うことになったな。▼
いつかは来ると覚悟していたが……▼
[アルム]
じいさん……▼
ごめんよ、いまはじいさんに
なんて言っていいかわからないんだ。▼
少し、時間をくれないかな。▼
[マイセン]
ああ、かまわんさ。
無理もない……▼

支援B

[アルム]
じいさん!▼
[マイセン]
おお、アルム。
お前から声をかけてくれるのか。▼
[アルム]
うん……▼
父さんのこととか、
僕の生まれのこととかさ。▼
正直、だまされていたんだと思って
悔しかった。▼
でも、それだけじゃない。
僕は……▼
じいさんの孫じゃなかったっていうのも
悲しかったんだよ。▼
それを伝えたかったんだ。▼
[マイセン]
アルム……▼
わしはお前も、セリカも
本当の孫のように思っておる。▼
家族を持つ喜びを教えてくれた
お前たちに、感謝しているよ。▼
[アルム]
うん。▼
じいさんは、この先もずっと
僕のじいさんだ。▼
そう思っていいよね?▼
[マイセン]
ああ、もちろんだとも。▼

支援A

[マイセン]
アルム。
お前のその剣さばき……▼
村にいたころとは比べものにならんな。▼
やはり、実践に勝るものは
ないということか。▼
[アルム]
そんなことない。▼
僕がここまで戦い続けてこられたのは
じいさんのおかげだよ。▼
僕が解放軍に入ったのは、じいさんの強さを
証明したかったからなんだ。▼
[マイセン]
解放軍か……▼
あのルカという青年が訪れてきたとき、
とうとう来るべきものが来たと悟った。▼
お前は進むべき道を自ら選び取ったのだ。▼
その一助になれたのなら
こんなに嬉しいことはない。▼
[アルム]
じいさん……▼
[マイセン]
お前がその定めを全うする姿を
最後まで見届ける……▼
それが、わしがルドルフから託された
使命だ。▼
さあ、もう一息だ。
気を抜かずにゆくぞ。▼
[アルム]
うん!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 18 Oct 2018 15:28:51 UTC