Top > 会話集 > 拠点会話 > セリカ軍

拠点会話 - セリカ軍

セリカ軍

  • セリカ軍側ではクリフ、エフィの拠点会話は存在しない。

メイ

【2章】

[メイ]
セリカさま……
私、私……だめなんですう!▼
セリカさまは、使命をもって
この度に出られたんですよね。▼
分かってはいるんですけど……▼
どーしても、
ワクワクしちゃうんですよ!▼
だって、いままで島から
ほとんど出たことなかったし!▼
でも、こんなのじゃ
セリカさまに申し訳なくて……▼
……えっ、いいんですか?
そ、そうですか……▼
では、お言葉に甘えて
ワクワクさせていただきますけど……▼
じゃあ、セリカさまも
もっと楽しんでくださいね。▼
そりゃ、目的が第一ですけど、
初めて見るものや出会う人たちとか……▼
そういうものにドキドキすることも
きっと大切だと思うんです。▼

【3章】

[メイ]
セリカさま。
あの、聞きたいことがあるんですけど……▼
ソフィア城で会った男の子とは
どういうご関係ですか?▼
だって、セリカさまがあんなに怒るの
始めて見たから。▼
きっと、
特別なひとなんだろうなって……▼
……え?
ただの幼なじみ?▼
ほんとですか~?
あやしいなあ……▼
えへへっ
でも、なんだかうれしいです!▼
セリカさまと、こういう
女の子同士っぽい話ができて。▼
えっ、私の話ですか?
別に話すようなことはないですよ。▼
ほ、ほんとですってば!▼

【4章(途中のどこかから)】

[メイ]
セリカさま、
あの……▼
私たちに、なにか
隠していることとかありませんか?▼
いえ、なんとなく
そんな気がしただけなんですけど……▼
セリカさま、昔からひとりで
悩まれることが多かったから。▼
私じゃ頼りないかもしれませんけど、
なんでも話してくださいね。▼

ボーイ

【2章】

[ボーイ]
まさか、海賊退治をするはめになるとは
思いませんでしたよ。▼
セリカさまって、たまにすごく
大胆なことしますよね。▼
そういうとき、やっぱり
生まれがちがうんだなって思いますよ。▼
俺なんか、いつも目の前のことしか
みえてないから……▼
この旅で、もっといろんなことを
考えられるようになりたいです。▼

【3章】

[ボーイ]
ソフィア城の人たち、本当にセリカさまに
気づきませんでしたね。▼
あのお城が、いうなれば
セリカさまの実家なんでしょう?▼
家っていわれても、
全然ピンときませんけど……▼
俺の家なんて、家族五人で
もうぎゅうぎゅうですから。▼
貧乏で苦労しますけど
仲はいいし、楽しいですよ。▼

【4章(途中のどこかから)】

[ボーイ]
もうすぐドーマの塔かあ……
今度こそ、この旅も終わりですね。▼
大変だったけど、寂しい気もします。▼
俺の人生なんて、あの島の中だけで
終わるものだと思ってましたから。▼
いろいろな経験ができて、
セリカさまに感謝してます。▼
どうか、最後まで
お供させてくださいね。▼

ジェニー

【2章】

[ジェニー]
メイやボーイは、旅にでられたことを
喜んでるみたいだけど▼
わたしは、ちょっとこわいんです。▼
お外も冒険するよりも
家の中で本をよんだり……▼
あと、お話を作ったりするほうが
好きなんだもの。▼
でも、仲間はずれはもっといやだし……▼
セリカさま、わたしのこと
置いていかないでくださいね?▼

【3章】

[ジェニー]
セリカさま。
あの、お城で会った男の子は誰ですか?▼
えっ、幼なじみ?
なあんだ……▼
セリカさまの恋人なのかなって
思っちゃいました。▼
だってだって、
とってもお似合いだったから。▼
でも、あの人……
セリカさまと同じ歳くらいですよね?▼
わたしは、もっとうーんと
年上の人がいいなあ。▼
それで、思いっきり甘えさせてもらうの。
えへへ……▼

【4章以降】

[ジェニー]
なんだか、リゲル帝国って
寒いし不気味なところですね……▼
セリカさま、早くミラさまを助けて
ソフィアに帰りましょ。▼
わたし、この旅のことを
物語にしたいんです。▼
主人公のお姫さまが
いろんな困難をのりこえて……▼
最後には、生き別れのお父さんに
再会するんです。▼
お姫さまはね、お母さんの形見の
ペンダントを持っているんですけど▼
それは、お父さんがお母さんに
贈ったものだったんです。▼
それで、お父さんがお姫さまを
見つけてくれるっていう……▼
どうですか?
すてきでしょ。▼

セーバー

【2章】

[セーバー]
はあ……
あんた案外無茶するよな。▼
雇われて早々、海賊退治させられるとは
思わなかったぜ。▼
これじゃあ、この先も
思いやられるな……▼
……そんなことはない?
はっ、信用できないね。▼

【3章】

[セーバー]
お嬢ちゃん。あんた、
身内はいないと言ってたな。▼
ふうん……
まあ、詮索はしねえよ。▼
俺か? 俺は……
そうだな、妹がいるぜ。▼
もう長いこと会ってねえが、
まあ元気にやってるだろ。▼
そういえば、ちょっと
お嬢ちゃんに似てるかもな。▼

【4章以降】

[セーバー]
まさか、リゲルにまで来るはめに
なるとはなあ……▼
いや、問題があるとか
そういう訳じゃねえよ。▼
……まあ、いっか。
俺はリゲルの出身なんだよ。▼
もう二度と戻ることもないと
思っていたんだがな。▼
あまりいい思い出はねえが……
やっぱりなつかしいもんだな。▼

バルボ

【2章】

[バルボ]
よう、神官さま。
元気かい?▼
なにか困ったことがあれば
いつでも言ってくれよ。▼
遠慮しないでくれ。
神官さまは俺の恩人だ。▼
あのまま、仇も討てずに
くたばっていたらと思うとぞっとするぜ。▼
俺は、家族の分まで、
あんたにお返ししねえとな。▼

【3章】

[バルボ]
俺の家族はな、
海沿いの小さい村に暮らしてたんだ。▼
親父とおふくろと妹と弟、
それに俺の嫁さんと息子だ。▼
俺は子供の頃から
腕っぷしには自信があってな。▼
軍人にでもなりゃあ、ちっとは
家族を楽にできると思ったんだが……▼
皮肉なもんだな。俺がいない間に
村は海賊に襲われちまった。▼
……いや、気を使わないでくれ。▼
いつまでもメソメソしてちゃあ
いられねえからな。▼

【4章(途中のどこかから)】

[バルボ]
ドーマの塔についちまったら、
この旅も終りだなあ。▼
ミラの神殿までだと思ってたのに、
ずいぶん長くなったもんだ。▼
神官さま……
俺はあんたと旅ができて本当によかった。▼
ダッハを倒して、そのあとのことなんて
考えられなかった俺に▼
あんたは新たな目標を与えてくれた。
さすが、ソフィアのお姫さまだ。▼
あんたも、あんたの仲間も
気のいいやつらばかりで楽しかったよ。▼
どうか最後まで付き合わせてくれよな。▼

レオ

【2章】

[レオ]
あーあ……
船旅っていやだわあ。▼
照り返しで肌は焼けるし、髪も痛むし。▼
美しさをたもつのも、ひと苦労よね。▼
神官さまは、
どんなお手入れしてるの?▼
えっ、なんにもしてない?▼
それでそのツルッツルのお肌なの?!
腹立つわあ~……▼
なによ、若さにあぐらをかいていられるのも
いまのうちだけなんだからねっ!▼

【3章】

[レオ]
船旅が終わったら
今度は砂漠って……▼
神官さま、
アタシにケンカ売ってんの?▼
はあ……
シミでもできたらどうしてくれんのよ。▼
兄貴に愛想つかされちゃったら
あんたのせいだからね!▼
……なんですって?▼
バルボさんは見た目で
人を判断するような人じゃない?▼
そ、そんなこと、あんたより
アタシのほうがずーっとわかってるわよ!▼
んもう、ばか正直に答えられても
調子狂っちゃうのよね……▼

【4章以降】

[レオ]
アタシ、
昔好きな人がいてね。▼
その人を追って
入りたくもない軍に入ったの。▼
でも、あの人はすぐ
戦死してしまって……▼
もう、目がなくなっちゃうんじゃないかって
くらい泣いたわ。▼
でも、そんなアタシを
救ってくれたのが兄貴なの。▼
元気出せって、
顔を見るたびに励ましてくれたのよ。▼
そんなに優しくされたら……ねえ?
仕方ないわよねえ。▼
……惚れっぽいですって?
違うわよ!▼
それだけ、すてきな人が
この世にはたくさんいるってこと。▼
どうよ、世界を守らなきゃって
気にもなるでしょ?▼

カムイ

【2章】

[カムイ]
よお、神官さま。
今日もご苦労さんだなあ。▼
俺なんか、金がもらえる仕事しか
したくねえってのに。▼
あんた、誰に頼まれたわけでもねえのに
ミラの神殿にいこうってんだろ?▼
よくわかんねえけど、
神官ってのは大変なんだな。▼
神さまってのは
そんなに大事なもんなのかねえ。▼

【3章】

[カムイ]
俺の出身地か?
もうねえよ。▼
昔は一族みんなで
放牧しながら暮らしてたんだけどよ。▼
よその部族との小競り合いに負けて
町に定住したのさ。▼
だが俺はどうも、同じところで同じことをして
暮らすってのが性にあわなくてなあ……▼
こうして、雇われ者として
あちこちふらふらしてるのさ。▼
だから、あんたの旅のお供も
けっこう楽しいぜ。▼

【4章(途中のどこかから)】

[カムイ]
バルボさんに雇われたのは
ただのなりゆきだったけどよ。▼
いやあ、なかなかどうして
おもしろい旅だったぜ。▼
あーあ、終わっちまったら
どうしよっかねえ。▼
今回で、流れ者稼業にも
満足しちまった気がするんだ。▼
どっかに腰をすえてみるのも
いいかもしれねえなあ……▼

パオラ

【3章(前半)】

[パオラ]
私とカチュアはね、故郷で
王女の騎士として仕えているの。▼
でも、さらわれたエストは違う。
もう軍を退いたのよ。▼
なのに、こんなことになるなんて
皮肉なものね……▼

【3章(後半)】

[パオラ]
私たちの主君はね。
とても美しくて、優しいお方なの。▼
でも、ご兄妹のことで
とてもお心を痛めていたわ。▼
誰よりも近いからこそ、許せることも
許せないこともあるんでしょうね……▼
私にも、なんとなくわかる気がするわ。▼

【4章以降】

[パオラ]
セリカ。
あなた、好きな人はいないの?▼
うふふ……
そんなに照れなくてもいいじゃない。▼
女同士だもの、
こういう会話もたまにはいいでしょ?▼
えっ、私?
私は……▼
そうね、いないとはいわないわ。▼
でも、この想いを表に出すことは
一生ないでしょうね。▼
私の大切な人たちを
苦しめてしまうから……▼

カチュア

【3章(前半)】

[カチュア]
さらわれた妹のエストは、
すごく自由な子なの。▼
先の戦争が終わったときも、
あっさり騎士団をやめちゃったのよ。▼
好きな男の子と
お店を開くんですって。▼
やりたいことをやって、
言いたいことを言って……▼
たまに、私もあんなふうに
できたらって思うわ。▼

【3章(後半)】

[カチュア]
この間ね、あんたはちょっと
とっつきにくいなって言われたの。▼
……私、そんなに冷たそうかしら。▼
たしかに、お姉さまやエストに比べると
大人しいとは思うわ。▼
でも、姉妹の真ん中って、
そういうものなのよ。▼
私がなにか言う前に、
姉か妹が先に言ってしまうんだもの。▼
そりゃあ、無口にもなるわよね……▼

【4章以降】

[カチュア]
セリカって、お姫さまだったのね。
驚いたわ。▼
私、こんな口のききかたをしていて
いいのかしら?▼
そう……
じゃあ、そうさせてもらうわ。▼
高貴に生まれついた人には、きっと
それに見合った苦労があるんでしょうね。▼
それでも、どこか
うらやましいと思ってしまうの。▼
私には、その苦しみがわからない……▼
同じ景色を見ることが
できないんですもの。▼
えっ、誰とですって?
誰でもないわ、たとえばの話よ。▼

アトラス

【3章(前半)】

[アトラス]
神官さま!
こ、こんにちは……▼
よそよそしいって……
いや、だってよお。▼
あんたみたいにお上品な女と、
なに話していいかわかんねえよ。▼
……なんでもいい?
そんなこと言われたって……▼
うーん、えっと……そうだ!
こないだ、山で切り株に座ってたらよ。▼
虫が一匹はい出てきたんで、
なんとなくつっついてみたんだ。▼
そしたら、そいつの体中から
ちっちゃい虫が……▼
えっ、もういい?
そ、そうか……▼

【3章(後半)】

[アトラス]
神官さまって
普段はなにしてるもんなんだ?▼
へえ……
お祈りとか勉強とか……▼
よくわかんねえけど
それ、楽しいのか?▼
……仕事だから
そういう問題じゃない?▼
そうか?
俺は木こりの仕事、楽しいけどな。▼
同じ山だって
毎日こう、表情が違うんだ。▼
……でも最近は
どの山も元気がねえんだ。▼
これもミラさまのせいなのか?
だったら一度、話つけとかねえとな。▼
神官さま、
早く神殿に殴りこもうぜ!▼

【4章以降】

[アトラス]
俺の村は、あの通り
なんにもないところだけどよ。▼
俺は木を切って、のんびり
暮らしていけりゃそれでよかったんだ。▼
親から受け継いだ大事な山だからな。▼
でも、ちょっと戦に出て手柄を上げたら
周りが調子に乗って……▼
出世すればいい暮らしができるって
俺を戦場に出したがったんだ。▼
そりゃ、弟たちのために
金は欲しいけどよ……▼
そうして俺が家を空けたせいで
弟たちを辛い目にあわせちまった。▼
やっぱ、身の丈にあわない望みは
持つもんじゃねえな。▼
神官さまの旅が終わったら、
また村に帰って木を切って暮らすさ。▼

ジェシー

【3章】

[ジェシー]
やあ、セリカ!
今日もとびきり可愛いね。▼
あははっ、冗談じゃないよ。
俺はいつだって本気さ。▼
目の前にいる女の子が
世界でいちばん可愛いと思っているよ。▼
男ってそういうものなのかって?
さあね。▼
これはあくまで俺の場合だから。
ほかの男といっしょにされたくもないしね。▼

【3章(途中のどこかから)】

[ジェシー]
いやいや、この軍は
女性だらけで眼福だねえ。▼
おかげで毎日
やる気があふれて困っちゃうよ!▼
……ちょっと、
そんな目で見ないでくれる?▼
違うよ、
俺は軽薄なんじゃないの。▼
この世の喜びを余すことなく
享受したいだけさ。▼
そう、女性というすばらしい
神の創造物をひとりでも多く……▼
……あれ、話の途中だけど?
もういいの?▼

【4章以降】

[ジェシー]
俺の家族の話かい?▼
うーん、
もう長いこと会ってないからなあ。▼
なんていうか、厳しい家でね。▼
これをしろ、あれを着ろ、
それはしちゃいけないとか……▼
そういうのが嫌で
飛び出しちゃったんだよ。▼
でも、そういう枠組みの中でしか
生きられない人たちもいるんだよね。▼
それを否定したって
お互い幸せになれないじゃない?▼
だから、俺は俺で好きに生きられる場所を
見つけるつもりだよ。▼

ディーン

【3章】

[ディーン]
なんだ。
俺になにか用か?▼
……ないのなら話しかけるな。
おかしなやつだ。▼
なぜだと?
理由が必要か。▼
俺はお前と……いや、誰とも
無駄な話はするつもりはない。▼
わかったのなら、
さっさと立ち去るがいい。▼

【4章(前半)】

[ディーン]
またお前か。
懲りないやつだ。▼
いや……このような口をきくのは
もう憚られるな。▼
ソフィア王女、アンテーゼ陛下。▼
どうぞこのような一介の兵士など
お捨ておきを……▼

【4章(後半)以降】

[ディーン]
相変わらず、
俺を捨ておいてはくれないのだな。▼
……そうだな。思いもかけず長い旅に
付き合うことになった。▼
お前が今後、ソフィアの治世に
関わってゆくのかはわからないが▼
王家の腐敗が招いた
数々の悲劇を忘れないでいてほしい。▼
ドゼーが倒れ、ミラを取り戻したところで
失われた命が返ってくるわけでもない。▼
……俺がいいたいのはそれだけだ。▼

ソニア

【3章】

[ソニア]
あら、私になにか用?
お嬢ちゃん。▼
ああ……
お嬢ちゃん扱いは嫌かしら。▼
……小娘なのは事実だから
構わないって?▼
あきれた。
本気で可愛げがないわね。▼
もっと感情でものを言えばいいのに。
なんか、よそよそしいのよね。▼
……そんなに困った顔しないでよ。
私がいじめたみたいじゃない。▼
要するに、素直になりなさいってことよ。
簡単でしょ?▼

【4章(前半)】

[ソニア]
セリカって、そりゃ顔はきれいだけど
なんていうか……質素よね。▼
お姫さまなんだから
もっと着飾ればいいのに。▼
邪魔になるって?
つまんないこと考えるわねえ。▼
私だったら、もっと宝石つけて
髪ももっと巻いて……▼
こういうこと考えるのって
楽しいじゃない。▼
私、子供のころ
修道院で過ごしたのよね。▼
地味な修道服着て
毎日毎日お祈りばかり……▼
もうあんなのごめんだわ。▼
美しい女は美しく着飾らないと
人類の損失よ。▼
セリカもそう思うでしょ?▼

【4章(後半)以降】

[ソニア]
私にはね、
姉がふたりいたの。▼
いちばん上の姉は
厳しいけれど、とても優しくて……▼
真ん中の姉は、大人しくて
自分の世界を持った人だったわ。▼
……そうよ。
3人で修道院で過ごしたの。▼
決して迎えに来ることのない
父を待ちながらね……▼
昔の話よ。
ふたりとも、もういないわ。▼

エスト

【3章】

[エスト]
セリカ、私を助けてくれて
本当にありがとう!▼
はあ……
今度こそ、もうだめかと思っちゃった。▼
いままで何度も、戦場で
ピンチになったことはあったよ。▼
でも、いつも姉さまたちがいっしょだったんだ。▼
だから、絶対だいじょうぶって
思えたの。▼
でも、今回はひとりぼっちだったでしょ?
もう心細くって……▼
自分が、どれだけ姉さまにたちに
甘えてたかって思い知っちゃった。▼

【4章(前半)】

[エスト]
パオラ姉さまはね、
とっても優しいの。▼
ちょっとお小言が多いかなって
思うときもあるけど。▼
私のこと、まだ小さい女の子みたいに
思ってるみたい。▼
カチュア姉さまはね……
なに考えてるか、よくわかんない。▼
聞かないと教えてくれないっていうか……
もっとお話したいんだけどな。▼
でも、ふたりとも大好きな、
自慢の姉さまだよ。▼

【4章(後半)以降】

[エスト]
私ね、
もう戦う気なんてなかったの。▼
好きな人とお店を開いて、
普通の女の子みたいに暮らしたいなって。▼
……なのに、憧れの暮らしを
手に入れた途端にこれだもん。▼
姉さまたちは、私のこと
末っ子らしく要領がいい、なんていうけど。▼
要領がよくても、運が悪かったら
どうしようもないと思わない?▼
姉さまたちが思うほど、
いい目にあってる訳じゃないんだけど。▼
その辺、わかってくれてるのかな……?▼

ノーマ

【4章(序盤)】

[ノーマ]
おお、セリカ。
調子はどうじゃ?▼
まったく、リゲルは冷えるのう。
年寄りにはこたえるわい。▼
まあ、初めてきた訳でもないがな。
そうじゃな……▼
前に訪れたのは
もう40年も前になるかのう。▼
歳月が過ぎるのは
あっという間じゃな……▼

【4章(中盤)】

[ノーマ]
以前、わしが昔
リゲルへ行ったと話したじゃろう。▼
マイセンとは
そのとき出会ったのじゃ。▼
知らなかったのか?
マイセンはリゲルの出身なんじゃ。▼
当時はお互い若くてのう……
いやあ、懐かしいわい。▼

【4章(ドーマの門クリア後)以降】

[ノーマ]
わしは妻も子もおらぬ。▼
ミラさまの教えに
生涯をささげてきたからのう。▼
だが、セリカ。
お前やメイ、ボーイにジェニー……▼
みな、素直なよい子に
育ってくれた。▼
お前たちの成長が
わしの生きがいなんじゃ。▼
どうか、なにものにも囚われず
豊かな人生を歩んでおくれ。▼

コンラート

【4章(加入直後)】

[コンラート]
やあ、アンテーゼ!
今日もきれいだね。▼
あははっ、照れなくてもいいじゃないか。
本当のことだもの。▼
離宮にいたころから、兄弟の中でも
アンテーゼがいちばん可愛かったよ。▼
ほら、僕の母上は
リゲルの出身だっただろう?▼
だから、ほかの兄弟や王妃さまは
僕には冷たかった。▼
でも、リプリカさまとアンテーゼだけは
優しくしてくれて、とても嬉しかったんだ。▼
……なんだか浮かない顔だね。
昔の話は嫌い?▼
でも、僕は……
あれからずっと、隠れて暮らしてきたから。▼
あの離宮で、君と過ごした時間は
宝物なんだよ。▼

【4章(賢者の里到着後)】

[コンラート]
あの、
離宮の火事のときのことかい?▼
僕は母上の侍女につれられて、
地下から脱出したんだ。▼
アンテーゼはって聞いたら、
死んだって言われちゃって……▼
泣きながら逃げたのを覚えてるよ。▼
そのままリゲルに渡って、
隠れ里で過ごしてきたんだ。▼
里の中で、剣の腕を磨いたり
ハルクさまに学問を習ったり……▼
あとはハルクさまの家の掃除や
炊事、洗濯とか。▼
使用人がいる訳じゃないし、
僕は匿ってもらっている身だからね。▼
アンテーゼも、お腹がすいたら
すぐ僕に言うんだよ?▼

【4章(ドーマの門クリア後)以降】

[コンラート]
もうすぐドーマの塔だね。
アンテーゼ、怖くはない?▼
……そう。
君は強いんだね。▼
でも、もっと僕やみんなを
頼ってもいいんじゃないかな。▼
君がみんなを信じていないと
いうつもりはないんだけど……▼
たまに、少し寂しくなっちゃうんだ。▼
ごめんよ、
うまく言えなくて……▼

アルム軍

→アルム軍

DLCキャラ

→DLCキャラ

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 03 Jun 2019 10:51:36 UTC