Top > 会話集 > 拠点会話 > アルム軍

拠点会話 - アルム軍

アルム軍

  • マイセンの拠点会話は存在しない。

ルカ

【1章(前半)】

[ルカ]
やあ、アルムくん。▼
どうです、
戦いにはもう慣れましたか?▼
……そうですか。
さすがです。▼
たとえ辺境であっても、
優れた師に教われば▼
騎士団にも劣らぬ実力を
身につけることができる……▼
希望の持てる話ですね。▼
私の実家も、こことは違いますが
かなりの辺境なのですよ。▼
解放軍の中には
田舎貴族と揶揄する者もいます。▼
一生をそこで終えると
思っていたのですが……▼
いまはここで、解放軍などに
参加している。▼
人生とは、本当に
わからないものですね。▼

【1章(後半)】

[ルカ]
フェルナンのあの態度、
驚いたでしょう?▼
でも、貴族の中には
ああいう人間が少なからずいるのですよ。▼
たしかに、この国ができてから
今日までの発展に▼
貴族階級が大いに貢献してきたことは
否定できません。▼
しかし一方で、学びたい者にその場を与えず、
知識と特権を独占してきました。▼
そのことには、私は疑問を感じます。▼
この戦いのあと、少しでもよい方向に
世界がむかえばよいのですが……▼

【3章以降】

[ルカ]
私には兄がひとりいるのですが
正直、仲がよいとはいえません。▼
というのも兄は前妻、
私は後妻の子なのですよ。▼
当然、家督を継ぐのは
兄ということになりますが……▼
この兄が、なにかと私を
敵視していまして。▼
自分の立場を脅かす弟を
どうにかしたかったのでしょう。▼
解放軍立ち上げの報を聞くと、
私に参加しろと命じました。▼
ドゼーと解放軍、
どちらが勝っても敗れても▼
兄にとって損はありませんからね。▼
まあ、そのようななりゆきで
ここにいる訳ですが。▼
いまは解放軍に参加してよかったと
心から思っていますよ。▼

グレイ

【1章(前半)】

[グレイ]
どうだ、アルム。
村の外は物騒だろ?▼
俺も親父の仕入れについて
町までいってたけど、毎回命がけだぜ。▼
このままじゃ、あんなちっぽけな村なんて
ほっとうてもつぶれちまうんだろうな。▼
正直、国がどうとかいうのは
まだピンときてねえんだ。▼
だからって、なんにもしねえのも
なんか違うっつーか……▼
お前みたいに、これがやりたい!
……なんてものは、俺にはねえけど。▼
見つかるんだったら、解放軍も
いいかもしれねえなって思ったんだよ。▼

【1章(後半)】

[グレイ]
おっ、アルム!
ちょうどよかった。▼
俺も、お前に聞きたいこと
あったんだよ。▼
いや、
たいしたことじゃねえんだけど……▼
お前さ、クレアのことどう思う?▼
……………………
あ、もういいわ。▼
いまの反応でだいたいわかったぜ。
ま、そんなことだろうと思ってたけどな。▼
となると、あとはロビンか……
まあ、あいつはどうにでもなるだろ。▼
ああ、まだいたのか?
もういいぜ、ありがとな。▼

【3章】

[グレイ]
ああ、アルム……
元気か?▼
いや、セリカとけんかしたって
いってたからよ。▼
女ってのは、なんであんなに次から次に
言うことが出てくるんだろうな?▼
うちの母ちゃんと姉ちゃんだけかと
思ってたのに、▼
世の中の女がみんなそうだと知ったときは
絶望したぜ。▼
え、なんで知ってるのかって?
そりゃあ……▼
まあ、町とかいってると
いろいろとな。▼

【4章以降】

[グレイ]
とうとうリゲル帝国まで
きちまったなあ……▼
あのちっぽけな村で一生終わると
思ってたのに、もう訳わかんねえや。▼
だって、父ちゃんもその父ちゃんも
その前もずっとずっと……▼
俺たち平民の人生なんて
そんなもんだったんだぜ?▼
なあ、アルム。▼
これからは、そうじゃなくなっていくと
思っていいのか?▼
貴族だろうが平民だろうが、
なろうと思えば騎士にだってなれる。▼
そんな世界になれば、俺が殺した人たちも
少しは浮かばれるのかねえ……▼
なーんつってな。
へへっ……▼

ロビン

【1章(前半)】

[ロビン]
よっ、アルム。
調子はどうだ?▼
俺?
俺は、よくわかんねえや。▼
ルカはなんか、王さまがどうとか
小難しいこと言ってたけど……▼
とにかく、解放軍として倒せば
給金もらえるんだろ?▼
だったら、とりあえずそれでいいや。
あと……▼
やっぱり、お前においていかれるのは
嫌だしさ。▼
なんでって……
なんででもだよ!▼

【1章(後半)】

[ロビン]
あ、アルム!▼
よかった、
俺もお前と話したかったんだよ。▼
え? なにって……
いや、たいしたことじゃねえけど。▼
……クレアのこと、
どう思ってるんだ?▼
だって、ほら……
クレアがお前のことをすごく、その……▼
気に入ってる……
そう、気に入ってるだろ?▼
そうかなって……
お前、自覚ないのかよ?▼
はあ……
でも、そっか。▼
うんうん、それならいいや。
問題はグレイだな……▼
あ、お前はもういいぜ。
ありがとな!▼

【3章】

[ロビン]
あ、アルム……
…………▼
お前さあ、
なんだか変わっちまったな。▼
いや、違うか……
きっといまのお前が本当なんだ。▼
村の中じゃわからなかっただけで、
お前は人の上に立つ……▼
なんだっけ、器?
なんかそれがでっかいみたいな……▼
とにかく、そんな感じなんだよ!
よくわかんねえけど。▼

【4章以降】

[ロビン]
……俺さあ、
いまだからいうけど。▼
昔から、なにやってもお前に勝てなくて
悔しかったんだ。▼
お前とはりあったって無駄だって、
グレイにはいわれてたけど……▼
なにが無駄なのか、わかってなかった。▼
でも、いまならわかる。
アルムは俺たちとは違うんだって。▼
お前は人の上に立つ人間で、
そのための力をもってるんだな。▼
俺も、はりあってないで
そんなお前の力になれたらって……▼
悔しいとか、もうどうでもいい。
いまは本気でそう思ってる。▼
だから、えーっと……
これからも、よろしくな。▼

クリフ

【1章】

[クリフ]
はあ……▼
町の学校が戦争で休みになって
村に帰ってきたときは▼
くだらない寮生活から開放されて
のんびりできると思ったけど……▼
やっぱり、村の中にいたら
わからないことばかりだね。▼
……学校は
楽しくなかったのかって?▼
勉強以外は
地獄みたいなところだよ。▼
四六時中、誰かしら
べたべた構ってくるしさ……▼
なんであんなに群れたがるんだろう?
子供じゃあるまいし。▼
……なに笑ってるんだよ。▼

【3章】

[クリフ]
アルム、
セリカとけんかしたんだってね。▼
子供のころは全然しなかったのに、
いまになってするってどうなの?▼
まあ……
なんか事情があるんだろうけどさ。▼
セリカ、昔から優しかったけど
なんかよそよそしかったし。▼
僕たちにいえないことが
たくさんあるんだろうな……▼
えっ、僕?
そりゃあるよ。▼
……でも、言いたくないことってさ。▼
どうせ相手にはわからないって
決めつけてるってことなんだよね。▼
それって、なんか失礼っていうか
さびしいっていうか……▼
なんだろう、うまく言えないや。▼

【4章以降】

[クリフ]
リゲル帝国と戦争かあ……▼
世界を見て回りたいだけだったのに、
なんかすごいことになっちゃった。▼
……なんて、いいように言ってるけど
ちょっと違うかな。▼
僕、本当は嫌だったんだよね。
あの村にいるのが。▼
自分のことしか考えてない母さんと、
一生ここで過ごすのかって……▼
でも、こんなこともあるんだね。
正直、ちょっとワクワクもしてるんだ。▼
みんなにはナイショだよ?
ふふっ……▼

エフィ

【1章】

[エフィ]
アルム、戦いにはもう慣れた?▼
そう……
アルムは昔から勇ましかったもんね。▼
覚えてる? 昔、森で
騎士たちにからまれたときのこと。▼
あの時、アルムが助けにきてくれて……
まるで王子さまみたいだった。▼
うふふ、照れないで。
本当のことだもん。▼
あのときも……その前からもずっと、
アルムは私の王子さまなんだよ。▼

【3章】

[エフィ]
アルム、
セリカとけんかしたって本当?▼
でも、しかたないよね。
もう何年も会ってなかったんだもん。▼
いまのアルムの考えてることが
セリカにはわからなくて当たり前だよ。▼
私はアルムの考えていること、
わかってるつもりだよ。▼
ううん……わかるとかじゃない。
アルムの考えが、私の考えなの。▼
私はアルムに逆らったりしないよ。
アルムの言うとおりにする。▼
ね、だから……
これからもずっと、そばにいていいよね?▼

【4章以降】

[エフィ]
リゲル帝国って、寒いところだね。
ソフィアとぜんぜん違う……▼
ラムの村を出たときは、
ここまで来るなんて思ってなかったよ。▼
パパとママと、
おばあちゃんも元気かな……▼
手紙は書いてるんだよ。
そうそう、このあいだ返事がきたの。▼
そしたら、ひどいの。
お前の手紙はアルムのことばかりだって。▼
ちゃんと自分のことを書きなさいって
怒られちゃった。▼
もう、そんなこと言われても
困っちゃうな。▼
私の書きたいことなんて、
アルムのことくらいしかないんだもん。▼

シルク

【1章】

[シルク]
私がシスターになったのは
母の影響なんです。▼
私の母もシスターでした。
父は……顔も知りません。▼
幼いころ、母とふたりで
ずっと巡礼の旅をしていたんです。▼
だから私、
旅には慣れっこなんですよ。▼
空をみれば明日の天気がわかるし、
食べられる草花を見つけるのも得意です。▼
なにかお困りでしたら、
ぜひ相談してくださいね。▼

【3章】

[シルク]
私がいたノーヴァ島ですか?
とても平和な島でしたよ。▼
ソフィア本土よりは
まだ荒れてなかったし……▼
でも、海賊の被害がひどくて
みんな困っていました。▼
本土からの食料を奪われると
魚しか食べるものがないので……▼
いえ、魚もおいしいですよ?
なにもかも、ミラさまのお恵みですから。▼
でも、さすがにそればかりになると……
ねえ……▼
そのうち鱗が生えてくるのでは、と
心配になってしまいます……▼

【4章以降】

[シルク]
あの、私……
昔、母と旅をしていたと言いましたよね。▼
実はあれは、
リゲル帝国でのことなのです。▼
私の母は、
ドーマ教団のシスターでした。▼
しかしある日突然ソフィアへ渡り、
私を修道院に預けて姿を消したんです。▼
なにがあったのかはわかりません……
私が邪魔になったのかもしれませんね。▼
でも、そんな私を救ってくれたのが
ミラさまなんです。▼
ですから私も、孤独に苦しむ人たちを
ミラさまの教えで救ってあげたい……▼
それが私の、生涯の目標です▼

クレア

【1章】

[クレア]
アルム、あの……▼
フェルナンがひどいことをいって
ごめんなさいね。▼
でも、貴族がみんな同じ考えだと
思わないでくださいまし。▼
フェルナンは、その……
事情がありますから。▼
悪い人ではありませんのよ。
わたくしとお兄さまの幼馴染ですの。▼
フェルナンも、お兄さまを
実の兄のように慕っていて……▼
お兄さまのあとばかりを追って、とうとう
ソフィア騎士団にまで入りましたのよ。▼
だから、わたくしも入れてもらいましたの。
仲間はずれは嫌ですもの。▼
え?
そんなに簡単に入れるものなのかって?▼
さあ……
詳しいことはわかりませんわ。▼
お父さまにお願いしたら
入れてもらえましたの。▼

【3章】

[クレア]
アルム……
あの、グレイに聞きましたわ。▼
セリカさんって、
アルムたちの幼なじみでしたのね。▼
だから、あんなに親しそうでしたのね。
よかった……▼
ああ、いえ!
こちらの話ですわ。▼
でも、セリカさんって
本当にただの神官さまですの?▼
なんていうか、気品があるというか……
アルムと似た空気を感じますわ。▼

【4章以降】

[クレア]
あ……
アルム、ごきげんよう。▼
えっ、元気がない?
そんなことありませんわ。▼
少し、
ソフィアの屋敷が恋しくなっただけですの。▼
お父さまやお母さま、
乳母や侍女や使用人のみんな……▼
いまごろ、どうしているのかしら。▼
わたくしが
食事の前に自分で手を洗ったり▼
魚の干物を食べているなんて知ったら
きっと卒倒してしまいますわね。▼
ああ、思いっきりおめかしして
広間で踊りたい気分ですわ!▼
アルム、あなた踊りは?
……まあ、そうですの。▼
大丈夫、わたくしが教えてさし上げます。
ですから、その……▼
この戦いが終わったら、
わたくしと踊ってくださいませね。▼
一曲だけで、構いませんから。▼

クレーベ

【1章】

[クレーベ]
フェルナンと私は、
家同士が古い付き合いでね。▼
クレアと三人で
まるで兄弟のように育ったんだ。▼
だが、この飢饉のせいで
彼の領地で反乱が起こり……▼
屋敷が襲われ彼の両親と姉、
幼い兄妹まで亡くなってしまった。▼
それからだ。フェルナンが異常なほど
平民を敵視しはじめたのは……▼
君たちにも失礼なことをいったそうだね。
彼にかわって謝罪するよ。▼
……え?
本物の兄のようだって?▼
ははっ、あいつの尻ぬぐいは
いまに始まったことではないのでね。▼

【3章~4章】

[クレーベ]
ドゼーによって王が倒され、
騎士団が事実上解散したとき▼
これをもとに解放軍を立ち上げようと
言い出したのはマチルダなんだ。▼
私はまだ混乱の中で
やるべきことを考えられなかったのに……▼
彼女はいつも冷静に
私に進むべき道を示してくれる。▼
美しく着飾り、私のあとを追ってくれる
女性になら数多く出会ったが……▼
隣に並び、同じものを見つめてくれたのは
マチルダが初めてだった。▼
私にはもったいない、
女神のような人だよ。▼

【4章(竜の火口で1度戦闘後)】
※竜の火口で戦闘しないままドーマの塔をクリアすると聞けなくなる可能性あり

[クレーベ]
とうとうここまで来たな、
アルム。▼
ここに至るまで、自分の選択を
悔んだこともあったが……▼
いまは、すべてが正しかったと
信じることができる。▼
アルム、君のおかげだ。
ありがとう。▼
さあ、目指すリゲル城は
もう目の前だ。▼
最後まで、我々を導いてくれよ。
リーダーどの。▼

フォルス

【1章】

[フォルス]
やあ、アルム!
調子はどうだい?▼
あの英雄マイセンの孫と共に戦えるなんて
光栄の極みだよ。▼
大げさだって?
ははっ、よく言われるよ。▼
でも僕は、思ったままを
口にしているだけなんだ。▼
なのにパイソンには、恥ずかしいから
しゃべるなとまで言われてしまうし……▼
うーん、なにがいけないんだろう?▼

【3章】

[フォルス]
僕とパイソンは
小さな町で育った、幼なじみでね。▼
僕の父は、領主の家に
学者として出入りしていたんだ。▼
だから僕もいずれ
学者になるんだと思っていたけど……▼
どうしても、騎士になる夢を
捨てきれなくて。▼
なにもせずにブラブラしていた
パイソンをつれて、軍に入ったんだ。▼
そりゃあ、騎士になれるのは
貴族だけだって知ってはいたよ。▼
でも、活躍して王さまの目にとまれば
ひょっとしたらって……▼
そんな都合のいい機会、
とうとうおとずれなかったけどね。▼
でも、あきらめそうになるたびに
パイソンが励ましてくれてさ。▼
お前は前向きなことくらいしか
取り柄がないんだ。▼
なのに、それさえなくしたら
どうするんだって……▼
……ん?
これは励ましなのか?▼
……まあいいや。
そのおかげでがんばれたんだ。▼
いまはこのとおり、
解放軍で活躍できて幸せだよ。▼

【4章以降】

[フォルス]
僕らが加入した当初は
解放軍も人手不足でね。▼
それでも、中心になるのはやはり
騎士団中心の貴族ばかりだった。▼
そんな中、僕とパイソンの活躍に
目をつけてくれた人がいたんだ。▼
そう、クレーベさまだよ。▼
クレーベさまは、反対を押し切って
僕を副官にしてくれて……▼
パイソンにも、
相応の地位を用意してくれたんだ。▼
もっとも、あいつはありがた迷惑だった
みたいだけどね。▼
形ばかりの平等だって
非難するやつらもいたよ。▼
でも、僕はうれしかった。
自分を正しく認めてもらえたことが。▼
だから、なにがあっても
クレーべさまについていこうと決めたんだ。▼

パイソン

【1章】

[パイソン]
ふあーあ……なんだよ、大将。
俺になにか用?▼
話って……
別に話すようなことねえよ。▼
俺は貴族でもなんでもねえしな。
ただの大工の息子だよ。▼
軍にはいったのだって
大工よりかは稼げるってだけで。▼
世の中がどうなろうが
正直、知ったこっちゃねえ。▼
でも心配すんな。
仕事はきっちりやってやるからさ。▼
俺って、根は真面目なの。
ひひっ……▼

【3章】

[パイソン]
なんで俺が軍に入ったのかって?
あー……▼
フォルスに誘われたんだよ。
俺たち、幼なじみなんだ。▼
あいつは昔から
なーんか夢見がちでねえ……▼
大きくなったらソフィア騎士団に入るとか
無茶ばかり言ってやがったんだ。▼
騎士団なんてのは貴族の坊っちゃんの
遊び場だつってんのによ。▼
武勲をあげれば取りたててもらえるとか、
建て前に決まってんのに、なあ?▼
案の定、いくら手柄を上げたところで
平民の扱いなんて知れたもんだ。▼
金貨ニ、三枚でおしまいさ。
騎士なんて夢のまた夢だ。▼
それが、ドゼーのクーデターで
騎士団は事実上解体。▼
人手不足の解放軍じゃ、
ちょっと活躍すりゃあ幹部入りだ。▼
フォルスは大喜びしてっけど、
俺はなんだかなあ……▼
あーあ、もっと楽して生きるはず
だったのになあ……▼

【4章以降】

[パイソン]
おお、大将。
お疲れさん。▼
あんたも若いのによくやるよなあ……
とうとうリゲル帝国だぜ?▼
皇帝倒しちまったら、
このリゲルは実質あんたのもんだ。▼
すげえよなあ。
俺なら頼まれてもいらねえや。▼
自分以外のやつらの人生なんて
責任もてねえもん。▼
……なんだよ、その顔。
なんか言いたそうだな。▼
え? そんなこと言って、
頼まれたら結局やるんだろうって?▼
いやいや、それは買いかぶりすぎだわ。▼
根は真面目なのにって……
真面目だからだよ。▼
できないことは最初からやらない。
期待はもたせないの。▼
……大人だからね。▼

リュート

【3章】

[リュート]
俺とデューテは、
功名な魔道士の血をひいていてな。▼
生まれながらに魔道の素質には
恵まれていたのだ。▼
だが、デューテは
そのありがたみがわからぬようで……▼
俺より才能がありながら
ろくに修行もせず遊んでばかりだった。▼
きちんと学んでおけば
操られずにすんだかもしれぬのに……▼
いや、よそう。
いまさら言っても意味のないことだ。▼

【4章(前半)】

[リュート]
ああ、アルム。
なにか用か?▼
特に用事はないのか。
では話しかける必要はあるまい。▼
え?
そういうことではない?▼
……そうか、友人同士というものは
必要がなくとも会話を交わすものなのか。▼
それは失礼したな。
俺には友人とよべる者がいないのだ。▼
……ああ、村には同世代の者もいたが
特に親しくしていた者はいないな。▼
なぜといわれても……
必要を感じなかっただけだ。▼
でも、親しくしていた猫はいたぞ。
あいつは友人と呼んでもいい。▼
……そうだな。
たしかに人ではないな。▼
では、お前が人間の友人一号だ。
よろしく頼むぞ、アルム。▼

【4章(リゲル平野クリア後)】

[リュート]
俺たちの祖先は、英雄ソフィアの
一番弟子とも言われた女魔道士でな。▼
だから、俺より女のデューテに
より強く素質があらわれるという訳だ。▼
魔道の素質は血だ。
生まれ持った素質がなければ……▼
いくら修行をつんだところで
精霊の声も聞くことができぬ。▼
俺は、この素質を生かすことが
人生の義務だと考えている。▼
デューテにはとうてい
理解してもらえぬがな。▼

マチルダ

【3章】

[マチルダ]
なんだ、アルム。
私になにか用か。▼
……この話かたが気になる?
ああ……▼
私の父は
武勲の誉れ高い軍人でな。▼
幼いころから父に鍛えられてきたので
自然に口調がうつってしまった。▼
周囲の令嬢たちをみると、さすがに
変えるべきかとも思ったが……▼
なぜかみな、全力で止めるのでな。
このままにすることにしたのだ。▼

【4章前半】

[マチルダ]
アルム、君には兄弟はいるか?▼
いや、実家の妹たちが手紙をよこして
早く帰ってこいとうるさいのでな。▼
世間の兄弟というのは
どういうものか、聞いてみたかったのだ。▼
子供でもあるまいし、私ひとり
おらぬところでとも思うのだが……▼
クレアもクレーベには
ずいぶんと懐いているし▼
兄や姉が思う以上に、妹や弟というのは
上を慕うものなのかもしれんな。▼
……ああ、妹たちか?
全部で四人いる。▼
まあ、かわいいと言えば
かわいいが……▼
地獄のようにかしましいのは
問題だな。▼

【4章(リゲル平野クリア後)】

[マチルダ]
私とクレーベが親しくなったのは
ソフィア騎士団に入ってからなんだ。▼
それまでも、家同士の付き合いは
あったのだが……▼
クレアがクレーベに
近づかせてくれなくてな。▼
戦場で戦うクレーベは、
まるで神話に出てくる英雄のようで……▼
我が身も心もささげるのは
この人しかいないと思った。▼
それに、あんなに凛々しいのに
ふたりきりのときはけっこう……▼
……おっと。
これはしゃべりすぎだな。▼

デューテ

【3章】

[デューテ]
ねえねえ、アルムって
どこに住んでたの?▼
……えっ、ラムの村?
ど田舎じゃん!▼
なーんだ、つまんないの。
王都の話が聞きたかったのに。▼
ボク、大人になったら
絶対村を出るんだ。▼
そんで、都会的でステキな人と
恋に落ちるの……▼
え?
都会的ってどんなのかって?▼
んー、具体的にっていわれると
よくわかんないけど……▼
とにかく!
田舎はもうやなの!!▼

【4章(前半)】

[デューテ]
ボクらの村はねー、
ちょっとめんどくさくって。▼
魔道のこととか、本当は
内緒にしとかなきゃいけないんだって。▼
でもさ、
それってひどいと思わない?▼
せっかくすごい魔法が仕えるのに、
見せびらかすこともできないんだよ。▼
ボク、そんなのやだ!
自慢したーい、褒められたーい!▼
でも努力するのはいやー!
……ま、それはおいといて。▼
だから、なりゆきだけど
アルムたちといっしょになれて嬉しいんだ。▼
これからも、ボクが活躍したら
遠慮なくちやほやしてね!▼

【4章(リゲル平野クリア後)】

[デューテ]
ボクね、よく素質があるのに
もったいないって言われちゃうんだ。▼
でも別に、ボクがほしいって
言ったわけじゃないんだけどな。▼
だいたい、興味ないんだよね。
魔道にも戦うことにも。▼
お兄ちゃんみたいに、魔道を究める!
なんてふうにはなれないよ。▼
もちろん、
みんなの役に立てるのはうれしいよ?▼
でもさー、そのためだけに生きるってのは
ちょっとね……▼
もー、アルム!
さっさと戦争終わらせてよー!!▼
そしたら、ボクが好きなことやっても
誰も文句言わなくなるでしょ?▼

ティータ

【4章】

[ティータ]
私はね、リゲルの村の孤児院で育ったの。▼
あっ、でも
ちっとも寂しくなんてなかったのよ。▼
仲間がたくさんいたし、
シスターは優しかったし……▼
だから私も、大きくなったら
シスターになろうって決めてたの。▼
それで、たくさんの人を
助けてあげたいなあって……▼
え?
できてるじゃないかって?▼
ど、どうかな……
私ってそそっかしいでしょ?▼
この間も、教会の炊きだしで
パンを焼いたの。▼
そしたら、
なぜかコッチコチになっちゃって……▼
でも、みんな笑って食べてくれたの。▼
助けてもらってるのは
私のほうかもね。▼

【4章(リゲルの滝クリア後)】

[ティータ]
私が浜辺でジークを見つけたとき……
ひどい傷で、助からないかと思ったわ。▼
でも、どうしても生きてほしくて
一生懸命お世話したの。▼
だから、目を覚ましたときは
本当にうれしかった。▼
それから少しずつ
お話ししたり、お散歩したり……▼
ふたりで過ごす時間がとても幸せで、
私……好きになっちゃってた。▼
ジークは、自分は過去のない
欠落した人間だなんていうの。▼
でも私は、いまのジークがいれば
それでじゅうぶんよ。▼

【4章(リゲル城クリア後 )】

[ティータ]
……あら、アルム。
なにか用?▼
元気がないって?
そうね……▼
どうしても考えてしまうの。
ジークの記憶が戻ってしまったらって。▼
きっと家族とか……ううん、
もっと大切な人がいるかもしれない。▼
そういう人のもとに帰るのが
いちばんいいのよね……▼
私って、いやな人間だわ。
それでも思い出してほしくないの。▼
私、神さまにお仕えしているのに……
これじゃあばちがあたっちゃうね。▼

ジーク

【4章】

[ジーク]
ああ、アルムか。
もうすぐリゲル城だな……▼
このままでは私は、
ルドルフ陛下をこの手で討つことになる。▼
それを陛下がお望みだとしても、
果たして正しいことなのだろうか……▼
陛下は、君が
バレンシアを救う者だとおっしゃった。▼
その言葉の本当の意味を、私はまだ
理解していないのかもしれないが……▼
いまはただ信じるしかない。
頼んだぞ、アルム。▼

【4章(リゲルの滝クリア後)】

[ジーク]
私は、傷を負ってどこからか
このバレンシアに流れ着いたんだ。▼
私を見つけてくれたのがティータだ。
私は彼女に助けられた。▼
懸命に看病してくれて、
はげましてくれて……▼
どうして、見ず知らずの他人に
そこまでできるのか不思議だった。▼
しかし、だからこそ私は生きる気力を
取りもどすことができたのだ。▼
いまの私があるのは
ティータのおかげだ。▼
……まあ、たまに薬と間違えて
香辛料を傷に塗りつけられたりはしたがな。▼

【4章(リゲル城クリア後 )】

[ジーク]
私がどこから来たかだって?
さあ……考えたこともないな。▼
みなはアカネイア大陸ではないかと
噂しているようだが……▼
あまり、自ら過去をさぐろうとは
思わないんだ。▼
思い出そうとすると、心の中で
なにかがひっかかるというか……▼
どうやら、
あまりいい記憶はないらしい。▼
それでも、そうだな。
ひとつだけ…………▼
いや、やめておこう。
ティータを悲しませたくはない。▼

セリカ軍

→セリカ軍

DLCキャラ

→DLCキャラ

コメント

  • クレーべの最後の拠点会話ですが、竜の火口戦で戦闘しなかった場合は聞けないことを確認しました。 -- 2018-09-09 (日) 14:27:20

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 03 Jun 2019 10:51:05 UTC