ソレイユの親子会話

ラズワルド

[ソレイユ]
ねえ父さんっ。
今日は子どものためのお祭りだよね?▼
あたし、父さんにお願いごとが
あるんだけどなー。▼
[ラズワルド]
お願いごと?▼
あはは。
そんなに改まって言わなくても、▼
可愛い娘の言うことなら
僕は何でも聞いちゃうよ。▼
[ソレイユ]
言ったね。
それ、前言撤回は無しだからね。▼
[ラズワルド]
な、なに?
そんなに深刻な話なの?▼
ふふふ…でも大丈夫だよ。
僕はお父さんなんだからね。▼
ソレイユの好みの女の子を
たくさん連れて来いって言っても、▼
屋台のお菓子をお腹いっぱい
食べたいって言っても叶えてみせるよ。▼
[ソレイユ]
ありがとう!
さっすが父さん、頼もしーい!▼
でも、あたしのお願い事って言うのは
そういうんじゃないんだよね。▼
[ラズワルド]
へえ、そうなんだ。
じゃあ何かな?▼
[ソレイユ]
戦うのが終わったらさ、
父さん、みんなの前で踊ってよ!▼
[ラズワルド]
えっ。▼
[ソレイユ]
ほらほら、お店の人とかお客さんとか、
軍の人とかみーんな集めてさ!▼
あたし…
大勢の前で踊る父さんが見たいな!▼
[ラズワルド]
ええーっ!!
そ、それはちょっと恥ずかし…▼
[ソレイユ]
前言撤回は無しって言ったよね?▼
[ラズワルド]
うっ…▼
[ソレイユ]
大丈夫。
全然恥ずかしくないよ、父さん。▼
絶対絶対、ぜーったい素敵!
あたしが保証しちゃう!▼
昔はさ、秘境でよく踊りを
見せてくれたけど…▼
あたし、こっちに来てからはほとんど
戦場でしか父さんの踊りを見てないんだよね。▼
夜に何度か練習中なのを見たことあるけど、
それをずっと見られるのは嫌でしょ?▼
だからさ、今日は戦場じゃなくて
お祭りで踊る父さんが見たいな。▼
[ラズワルド]
! ソレイユ…▼
[ソレイユ]
もちろん一番いい席は母さんに譲るよ。
あたしはその隣。▼
ね? お願い父さん。
こんな機会めったにないし!▼
[ラズワルド]
…………▼
…わかったよ。
可愛い娘のお願いごとだもんね。▼
[ソレイユ]
やったー!!
父さん、だーーーーい好き!!▼
[ラズワルド]
あはは、ソレイユ。
そんな抱きついたら苦しいよ。▼
よし。やるからには
とっておきのを披露しちゃおうかな?▼
実はソレイユが生まれた日に考えた
お気に入りのやつがあるんだ。▼
[ソレイユ]
なにそれなにそれ!▼
[ラズワルド]
いつか成長した君と一緒に
踊りたいって思ってたやつ。▼
まだ誰にも見せたことないんだよ。▼
[ソレイユ]
あたしと…?▼
えっ。
じゃああたしも踊らなきゃいけないじゃない!▼
[ラズワルド]
そうだね! でも大丈夫。
ソレイユの振り付けはうんと簡単だから。▼
[ソレイユ]
あたしが踊りの才能ないって
赤子の頃からわかってたんだ!?▼
[ラズワルド]
ち、違うよ。▼
ソレイユの振り付けが簡単なのは、
踊る僕を一番近くで見てもらえるように。▼
[ソレイユ]
で、でも一番近くは母さんが…▼
[ラズワルド]
ソレイユ。
今日は子どもが主役のお祭りだよ?▼
だからそういうことは気にしないで、
僕と一緒に踊ろうよ。▼
それに安心して、他の日は全部…
僕は愛する妻のものだからさ!▼
[ソレイユ]
あはは、父さんと母さんは
いつまで経ってもラブラブだね!▼
じゃああたしもがんばるよ。
楽しみにしてるね、父さん!▼
[ラズワルド]
絶対忘れられない時間にしてみせるよ。▼
[ソレイユ]
うん!
早く一緒に踊りたいなーっ!▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[ソレイユ]
あの、母さん…
ちょっと聞いてほしいことがあるんだけど。▼
[フェリシア]
どうしたんですか?▼
[ソレイユ]
最近よく散々な目に遭うんだ。
肝心なときにドジっちゃって…▼
[フェリシア]
肝心なとき…
戦いの最中とかですか?▼
[ソレイユ]
ううん、違うよ。▼
あたしにとっての肝心なときっていうのは、
女の子を口説きまわすとき以外ないでしょ?▼
例えばね、実はさっき、賊がくる前に
金魚すくいしてる女の子を口説こうとしたんだ。▼
[フェリシア]
そ、そうなんですか。
まったく気付きませんでした…▼
そういうときは、光のような速さで
行動するんですね。▼
[ソレイユ]
そうそう!▼
でね、光のような速さで駆け寄るまでは
よかったんだけど…▼
足元に石があるのに気づかなくて、
思いっきりつまづいて、▼
金魚の入ってる桶にダイブしたんだ。▼
[フェリシア]
はわわ…
そのドジっぷり、私みたいですね!▼
[ソレイユ]
はぁ…そっか…
これ母さんの血かぁ…▼
女の子たち、大笑いしてくれたけど…
さすがにそこからお茶には誘えなくてさ、▼
服はなかなか乾かないし、
まいっちゃったよ…▼
あたしこれから一生誰とも
お茶できなかったらどうしようー…▼
[フェリシア]
そんな、落ち込まないでください。
大丈夫ですから。▼
確かに誰かとお茶をするのは
とんでもなく難しいことです。▼
私もラズワルドさんとお茶をするまで、
たいへん長い道のりでした…▼
[ソレイユ]
え、そうなの?▼
[フェリシア]
はい。カップを割り、ポットを割り。
時には茶葉をぶちまけました。▼
でもその度にあなたのお父さんは
笑顔で手伝ってくださいました。▼
私のような不束者にも
そんな人がいてくれたんです。▼
だから、あなたにもいつかきっと
お父さんのような女の子が現れますよ。▼
[ソレイユ]
と、父さんのような…?
女の子が…?▼
[フェリシア]
大丈夫ですよ、絶対!
自信を持ってください!▼
[ソレイユ]
…………▼
あはははは!
もう、母さんはほんとドジだなぁ。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ソレイユ]
ドジっていうか、なんていうか…▼
父さんみたいな女の子いたら
逆に声かけづらいよ!▼
[フェリシア]
は、はわわ…!
すみません!!▼
[ソレイユ]
いいよ、何か元気出ちゃった。
ありがとね、母さん。▼
[フェリシア]
いえ…▼
…よく考えてみたら、ソレイユがいちばん
ラズワルドさんみたいな女の子ですよね。▼
顔とかそっくりですし。▼
[ソレイユ]
そうだね。でもあたし、
母さんそっくりなトコもいっぱいあるよ。▼
髪とか、ドジなとこ以外にもね。▼
[フェリシア]
へえ、じっくり聞きたいです。▼
[ソレイユ]
…あ、待った。この話は長くなるから、
ささっと賊を倒しちゃわない?▼
そのあとで話そうよ。▼
[フェリシア]
いいですね。屋台をまわりながら、
ゆっくり聞かせてください。▼
[ソレイユ]
でもそれだと母さん、
焼きそばとかぶちまけたりしそうだから…▼
あたしもまた金魚の桶に
ダイブするかもしれないし。▼
神社の境内とか、落ち着いたところで話そうよ。
二人仲良く、腰掛けてさ。▼
[フェリシア]
はいっ!
そうしましょう!▼

アクア

[ソレイユ]
ララー♪ ララララー♪▼
[アクア]
あら、ソレイユ。
歌の練習かしら?▼
[ソレイユ]
!?
か、母さん!?▼
ちょちょちょちょ、ちょっとーっ!!▼
見てたの!?
聞いてたの!?▼
[アクア]
…え、ええ。しっかりと。▼
[ソレイユ]
も、ももももうーっ!
やめてよー!!▼
恥ずかしくて
顔からファイアが出ちゃうよ!!▼
[アクア]
大丈夫よ、安心して。
顔からファイアが出ることは絶対にないから。▼
[ソレイユ]
そういう問題じゃなくてーっ!!▼
[アクア]
ここまで恥ずかしがるあなたも
意外だけれど…▼
あなたが歌の練習をする子だったというのも、
とても意外だわ。▼
って、今の…歌よね?▼
[ソレイユ]
…………▼
うん。
もちろん当然、あれは歌だよ!▼
…そんなに音痴だった?▼
[アクア]
い、いいえ。
個性的な歌声だったと思うわ。▼
[ソレイユ]
あの…
母さんにだから言うね。▼
あたし、うまくなりたいの。
母さんみたいに歌がうまくなりたいの!▼
[アクア]
ソレイユ…?▼
[ソレイユ]
あたし、父さんと母さんの子でしょ?
ほんとならさ…▼
すっごい美声で歌いながら、
素晴らしい踊りを踊れてもいいと思うの。▼
でもあたし…
どっちもうまくできない。▼
二人の子なのに。
そういう血が流れてるはずなのに。▼
いろんな人に見て欲しい…歌と踊りで、
笑顔になってほしいって思ったけど…▼
うまくできなくって
落ち込んでばっかりなんだ。▼
ずっと前から母さんに相談したかった。
でも勇気が出せなくて…▼
[アクア]
……………▼
ごめんなさい…ずっと悩んでいたのね。
気づいてあげられなくて悪かったわ。▼
…でも、あなたは立派だわ。▼
私もラズワルドも得難かった、
表現者に必要なもの…▼
「自分を見て欲しい」と思う気持ちを、
あなたは既に持っているのだもの。▼
これは素晴らしいことよ。▼
[ソレイユ]
母さん…▼
[アクア]
心配しないで。
音痴は克服できるわ。▼
[ソレイユ]
えっ? 本当に!?▼
って、何気に今、
音痴って言ったよね。▼
[アクア]
いい?
あなたも言っていたけれど…▼
ソレイユには私とラズワルドの血が
流れているわ。▼
だから、才能はあるはずなの。
後はそれを花開かせるだけよ。▼
私もラズワルドも協力するわ。
あなたのために。▼
[ソレイユ]
わああ…ホントに!?▼
二人が協力してくれるなんて、
めちゃくちゃ期待しちゃうんだけど。▼
[アクア]
私を信じて、任せてちょうだい。▼
[ソレイユ]
ありがとう…!▼
[アクア]
とりあえずは歌の練習…
声帯の使い方からね。▼
そのためには箸と団子が必要なんだけど…▼
[ソレイユ]
箸と団子?▼
[アクア]
ええ。それを口にくわえて、
声帯の使い方を学ぶの。▼
[ソレイユ]
へえーっ!
それならどっちも屋台にあるよ!▼
[アクア]
それじゃ、賊を倒したら始めましょう。
もちろん歌の次は踊りの練習ね。▼
[ソレイユ]
わかった! 今日は歌って踊れる、
かっこいいあたしへの第一歩だね!▼
これから頑張っちゃうからよろしくね!
母さんっ!▼

カザハナ

[カザハナ]
ソレイユ。▼
[ソレイユ]
あっ、母さん!▼
[カザハナ]
今日は子どものためのお祭りだね。
母さんとしたいこととかある?▼
なかなかこういう機会ってなかったし、
今日はなんでも聞いてあげる。▼
[ソレイユ]
ほんとに?▼
うーん…
だったら手合わせをしたいな!▼
[カザハナ]
手合わせ?▼
屋台で何か食べたいとかじゃなくて、
手合わせ?▼
[ソレイユ]
うん。あたしね、ずっと前から
母さんと手合わせしたいって思ってたんだ。▼
なぜだかわかる?▼
[カザハナ]
さぁ…▼
[ソレイユ]
この際だから告白するよ。
あたし、強くてかっこいい女性になりたいんだ。▼
[カザハナ]
うん、それは知ってるよ。▼
[ソレイユ]
で、あたしにとっての強くてかっこいい女性って、
ずばり、母さんのことなの。▼
憧れの女性の強さを、体で味わってみたいって
ずっと思ってたんだ。▼
[カザハナ]
ふふ、うれしいこと言ってくれるね。▼
いいよ。本当に強くてかっこいい女性が
どういうものか、教えてあげる!▼
[ソレイユ]
えっ、今からやるの?
戦闘中だよ?▼
[カザハナ]
お祭りの和やかな雰囲気の中では戦えない。
やるなら今がいいわ。どさくさに紛れちゃうの。▼
[ソレイユ]
わかった。
じゃあ、さっそく行くよ!▼
はぁっ!!▼
[カザハナ]
はっ!▼
[ソレイユ]
とう!▼
[カザハナ]
それっ!▼
[ソレイユ]
うっ…▼
[カザハナ]
…いい勝負だったわ。
なかなかやるね。ソレイユ。▼
[ソレイユ]
お疲れさま!
母さんこそ、さすがだよ…▼
あぁ…手合わせできてよかった…
今、母さんがさらに輝いてみえるよ…▼
[カザハナ]
あたしもだよ。
あなたを見直した。▼
[ソレイユ]
あ。母さん、汗が…
キラキラ光ってとっても綺麗…▼
もうガマンできない。
今ここで抱きついちゃってもいいよね?▼
[カザハナ]
えっ?▼
っていうか、は!?▼
[ソレイユ]
ああ、もうダメ。▼
あたし、母さんにべた惚れしちゃったみたい。
今すぐ抱きついて頬ずりしたーい!▼
[カザハナ]
や、や、やだよ!
汗くさいし、絶対やだ!▼
[ソレイユ]
恥ずかしがることなんてないよ!
母と娘なんだからさぁ!▼
[カザハナ]
な、何するのよ!
くっつかないでよー!▼
手合わせできてよかったって思ってたけど…
前言撤回!▼
しばらくは手合わせはおあずけだよ!
逃げろ!▼
[ソレイユ]
待ってよー!
母さーーん!!▼

オロチ

[ソレイユ]
はぁ…▼
[オロチ]
どうしたんじゃ、ソレイユ。
ため息なぞついて。▼
[ソレイユ]
ああ、母さん。▼
[オロチ]
さては悩みごとじゃな?
母さんに話してみるといい。▼
今日は子どものためのお祭り。
気合を入れてなんでも解決してやるぞ。▼
[ソレイユ]
…あのね、実はあたし…わかるの。▼
[オロチ]
わかる、とは?▼
[ソレイユ]
最近、口説く前に脈ありか脈なしか
女の子を見ただけでわかるようになっちゃって…▼
[オロチ]
なんじゃと?▼
[ソレイユ]
しかも、それがかなりの的中率で…
これ内緒だよ。誰にも言ってないことだから。▼
[オロチ]
もしかしたら、わらわのまじないの血が
受け継がれたのかもしれぬな…▼
だとしたらよろこばしいことじゃ…
実によろこばしいことじゃ!▼
[ソレイユ]
最初はあたしもそう思ってうれしかったよ?
でもね、だんだん楽しくなくなってきちゃって。▼
[オロチ]
なに?
どういうことじゃ。▼
[ソレイユ]
…まず、脈ありの女の子は
口説きがいがないから、▼
脈なしの女の子ばっかり
口説くようになったんだ。▼
でもそうなると当然、口説いても口説いても
なびいてくれないわけでしょう。▼
そうこうしているうちに落ち込んで、
楽しくなくなってきちゃってさ。▼
あーあ。
こんな能力、なくなっちゃえばいいのに。▼
最近は、そんなことばっかり考えてるんだ。▼
[オロチ]
そ、そんな寂しいこと言わんでくれ…
どれ、母さんが真剣に解決法を考えてやろう。▼
…………▼
およ!?
いいことを思いついたぞ。▼
[ソレイユ]
なになに?▼
[オロチ]
うむ、簡単じゃよ。▼
脈なしの女の子の前で、
まじないをやってやればいいのじゃ。▼
女の子は皆、まじないが好き。
特に当たるまじないは大好物…▼
まじないを使えば、脈なしの子の心も
グッとたぐり寄せることができるじゃろう。▼
そなたはわらわの子。ちょっと学べば、
すぐにまじないを習得できるはずじゃ。▼
[ソレイユ]
か、母さん! 天才!!▼
[オロチ]
おお、笑顔が戻ったようで何よりじゃ。▼
そなたには花のような笑顔が良く似合う。
…昔のまじないの通りじゃな。▼
[ソレイユ]
なに、それ?▼
[オロチ]
結婚前にわらわとラズワルドの未来を
占ったことがあってのう。▼
その時に出たのじゃ。
わらわたちの未来は前途洋々、花盛りと。▼
今思えばそれは…ソレイユ。
そなたのことを差しておったのかも知れん。▼
[ソレイユ]
そ、そうなんだ…えへへ。▼
母さんの血を引くあたしも、
そんな風に当たるおまじないができるかな?▼
[オロチ]
わらわがついている。
きっと百発百中じゃ。▼
さて、そうと決まれば
ササッと賊を殲滅してしまおうではないか。▼
うまいものでも食べながら、
まじないの手ほどきをしよう。▼
[ソレイユ]
わーい! 母さん大好き!
あたし、母さんの子でよかった!▼
[オロチ]
うれしい言葉じゃのう。
今宵は素敵な祭りになりそうじゃ。▼

エリーゼ

[ソレイユ]
母さん、どこか見てみたい屋台とかある?
賊を倒したら、あたしがエスコートしてあげるよ。▼
[エリーゼ]
エスコート?▼
[ソレイユ]
うん。
二人で手を繋いで見てまわろうよ。▼
[エリーゼ]
…………▼
…な、何?
もしかしてあたしを口説いてるの?▼
[ソレイユ]
あはは、違うって。
今日は子どもの成長を願うお祭りでしょう?▼
だから、母さんの成長を願いながら、
お祭りを楽しもうと思っているんだ。▼
[エリーゼ]
…………▼
ん?どういうこと?
親はあたしで、子どもはあなただよ?▼
[ソレイユ]
いや、そうだけど。
でも母さんは子どもみたいなものじゃない。▼
[エリーゼ]
ちょ、ちょっとー!!▼
そんなことないもんそんなことないもん
そんなことないもんそんなことないもん!!▼
[ソレイユ]
あはは!▼
ほら、そういうところとか
完全に子どもだからね。▼
あたしのほうが親みたい。▼
[エリーゼ]
むーっ!!▼
[ソレイユ]
あたしは日々成長して、
強くてかっこいい女性になっていってるけど…▼
母さんはいつまでも子どもっぽいまま。▼
[エリーゼ]
もう、バカにしてるのーっ!?▼
[ソレイユ]
違うって。
そういう母さんが好きだよって言いたいの。▼
[エリーゼ]
ソレイユ…▼
…口説いてるの?▼
[ソレイユ]
だから、違うって!▼
せっかくの親子のお祭りだから、
いつも言えない気持ちが出ちゃっただけ。▼
あたしは母さんのことが
だーい好きだよ!▼
[エリーゼ]
…ありがとう!
なんかちょっと恥ずかしいけど…▼
…今みたいなことを言えるようになったところも、
あなたは日々成長しているって思うよ。▼
本当のこと言っちゃうと、
最近あなたのほうが大人だって思うことがあるし。▼
毎日毎日、強くてかっこいい女性に
なっていってるって思う。▼
[ソレイユ]
ほんと!?▼
ほんとにほんとにほんとにほんとにほんとに
ほんとにほんとにほんとにそう思うーーっ!?▼
[エリーゼ]
あれ?今のは子どもというか、
あたしみたいな言い方だったね。▼
[ソレイユ]
…コホン。
今のは見なかったことにして。▼
たまに、母さんみたいな感じが
出ちゃうことがあるんだ。▼
まあ、そんなことより、
どの屋台を見てまわりたいか決めておいてよね。▼
賊を瞬速で倒して、
母さんをエスコートするからさ。▼
[エリーゼ]
わかったわ。
楽しみにしてる。▼
[ソレイユ]
守ってみせるよ、母さん!
あたしの傍から離れないでね!▼

エルフィ

[エルフィ]
はぁ…▼
[ソレイユ]
どうしたの、母さん。
ため息なんかついちゃって。▼
可愛い顔が台無しだよ?▼
[エルフィ]
ソレイユ…
わたしね…▼
お腹が空いたの…
とてつもなく…▼
[ソレイユ]
や、やっぱりそうか。
そうかなとは思ったけど。▼
もう、仕方ないな。
さっき買ったお団子あげるから、食べて。▼
[エルフィ]
ありがとう…
ぱく…▼
…………▼
はぁ…
お腹空いた…▼
[ソレイユ]
ズコッ!▼
ちょ、ちょっと!普通一口で行く!?
しかもまだお腹減ってるって…▼
[エルフィ]
私はみんなを守りたい…
でも守るにはお腹が減りすぎている…▼
[ソレイユ]
わ、わかったよ。
じゃあさっき買ったリンゴ飴もあげる。▼
[エルフィ]
ありがとう…
ぱく…▼
…………▼
お腹空いた…▼
[ソレイユ]
ええええええ!!
もう!?▼
母さんの胃が底なしなのは知ってるけど、
日に日にひどくなってない?▼
[エルフィ]
かもしれない…▼
[ソレイユ]
…でもまあ実は、
あたしも同じなんだけどね。▼
[エルフィ]
えっ?▼
[ソレイユ]
黙ってたけどあたしも最近、
結構食べるようになってきてさあ…▼
だからこっそり食べ物を買って、
持ち歩いてたの。▼
[エルフィ]
まあ、そうだったの…
私の胃が受け継がれたのかしら…▼
[ソレイユ]
うん。そうかも。
でもこれってけっこう大変だよね。▼
だって女の子を口説いて、
お店に入ることができたとしてもだよ?▼
あたしはバクバク食べちゃって…
ちょっと相手に引かれちゃうことがあるし。▼
[エルフィ]
いいことだと思う…
女の子を口説く癖が直るかも…▼
[ソレイユ]
もう、そんなこと言わないでよ。▼
あ、そうだ。
そういえば、さっきの店主が言ってたよ。▼
賊を追い払ってくれたら
食べ放題にしてやるって!▼
[エルフィ]
…ほんと?▼
[ソレイユ]
うん、これは極秘情報。
あとで一緒に行こうよ!▼
[エルフィ]
ええ、絶対に行きましょう。
なんだか、不思議な力がみなぎってきたわ…▼
[ソレイユ]
だよね。
目の前にニンジンをぶら下げた気分!▼
[エルフィ]
賊…待ってて…
すぐに殲滅してあげるから…▼
[ソレイユ]
手加減しないよーっ!▼

ニュクス

[ソレイユ]
ねえ母さん。
今日は子どものためのお祭りだよね。▼
だから、賊を倒したら
母さんを独り占めしていい?▼
[ニュクス]
独り占め?
独り占めしてどうするの?▼
[ソレイユ]
おしゃべりしたいんだ。▼
[ニュクス]
…………▼
…あなた、口説くつもり?▼
[ソレイユ]
もう、違うよー。
あたしは、母さんともっと仲よくなりたいの。▼
[ニュクス]
仲は今もいいと思っているけど…
そう思っていたのは私だけ?▼
[ソレイユ]
ううん、違うんだよ。
そういうことじゃなくて!▼
今でも十分、仲がいい親子だと思っているよ。▼
でもあたしはもっともっと仲よくなって、
母さんの神髄に触れたいと思っているの。▼
[ニュクス]
…………▼
もう…やっぱり口説いてるじゃない。
遠回しに、かなりのこと言ってない?▼
[ソレイユ]
いやいやいや、違うんだって。▼
[ニュクス]
よくわからないわ。▼
[ソレイユ]
あたしね、強くてかっこいい
大人の女性になりたいんだ。▼
[ニュクス]
ええ、それは知っているけれど…▼
[ソレイユ]
だから、母さんに憧れてるんだよ。▼
[ニュクス]
…どうして私?
その理想とは正反対なのに。▼
みんながみんな、私のことを
子どもにしか見えないと言うのよ。▼
[ソレイユ]
そんなことないよ。
少なくともあたしはね。▼
母さんは確かに見た目は子どもだけど、
中身はすごくかっこいい大人の女性でしょ。▼
あたしにはわかるんだ。
母さんの心はあたしの理想そのものだって。▼
だから、もっともっと仲よくなって、
その神髄に触れてみたいの。▼
それがあたしにとって
一番の成長に繋がると思うんだ。▼
[ニュクス]
ソレイユ…
…うふふ、お世辞でもうれしいわ。▼
[ソレイユ]
お世辞じゃないよ。
いつも心からそう思ってる。▼
母さんは可愛くてきれいな、
あたしの自慢の母さんだって。▼
[ニュクス]
仕方ない子ね。
…わかったわ。▼
じゃあお祭りが再開したら、
たくさんおしゃべりしましょう。▼
そして、私の神髄とやらに触れてみて。▼
[ソレイユ]
ありがとう!
えへへ、すっごく楽しみだなー!▼
[ニュクス]
まったく…
貴方は女の心を開くのがうまいわね。▼
でもおかげで、楽しいお祭りになりそう。▼

カミラ

[カミラ]
ああ…ここにいたのね、
わたしの可愛いソレイユ。▼
[ソレイユ]
わーい!麗しの母さん!
母さんこそ、今日は一段と綺麗だね。▼
[カミラ]
とっても嬉しいわ…
ありがとう。▼
ねえソレイユ…
今日は子どもの成長を願うお祭りよ。▼
母さん、あなたの成長をたくさん願うわね。▼
[ソレイユ]
ありがとう!
あたし、また強くなったと思うんだ。▼
これから賊にきついお仕置きをして回るから、
成長っぷりをしっかり目に焼き付けてね!▼
[カミラ]
そうねえ…
うーん…▼
[ソレイユ]
あれ、母さんが不服そう。
どうして? これじゃ足りない?▼
母さんを狙う族たちをみぃんな、
殺しちゃえばいい?▼
[カミラ]
うふふ…それを見るのもいいけれど、
ソレイユが強いのはもう知っているもの。▼
わたしが知りたいのは別の成長…
そっちを目に焼き付けさせて?▼
[ソレイユ]
べ、別の成長って?▼
あ…ああ、体の事か!
脱げばいいの?▼
言っておくけど、あたしこう見えて
胸のほうは母さんのおかげで順調に…▼
[カミラ]
こら、違うわよ。
胸はしまいなさい▼
私が見たいのはあなたの中身…
心の成長よ。▼
あなた最近、女の子の口説き方が
うまくなったって聞いたわ。▼
[ソレイユ]
そ、そんな噂があるの!?▼
[カミラ]
素敵だわ…さすがは私のソレイユ。
今日はそっちの成長を見せてちょうだい?▼
[ソレイユ]
見せてって言われても…
どうすればいいの?▼
[カミラ]
簡単じゃない。
母さんを口説けばいいわ。▼
[ソレイユ]
えっ?▼
[カミラ]
…ほら。口説いてみなさい?▼
[ソレイユ]
………▼
な、なんだろう。このやりにくさ。
テストされてるみたいで、気持ちが萎える…▼
[カミラ]
ほら、早く…▼
「母さん、今日もセクシーね」とか、
素敵な言葉をかけてみて頂戴?▼
[ソレイユ]
…ちょっと待った。
母さん、ただ褒められたいだけじゃない?▼
[カミラ]
あら、バレちゃった?▼
[ソレイユ]
バレちゃった? じゃないよ!▼
褒められたいなら父さんに頼みなって。
どうしてあたしなのよっ!▼
[カミラ]
だって…
たまには別の刺激もほしいじゃない?▼
私、たまにはソレイユみたいな可愛い女の子に
思い切り褒められたいわ。▼
[ソレイユ]
もう、今日は子どもの成長を
願うお祭りであって、▼
母さんを褒めるお祭りじゃないんだからねっ!
ちゃんと、あたしの強さの成長を見て!▼
賊にきついお仕置きして回る
かっこいいあたしを見てよーっ!▼
[カミラ]
まったくもう…
あなたはお転婆さんね。▼
…わかったわ。
あとでじっくり見てあげる。▼
だからほら、今は母さんをたくさん褒めて?
あとで膝枕してあげるから。▼
[ソレイユ]
うわーん!
父さん、助けてーーーっ!!▼

ルーナ

[ソレイユ]
あ、母さんっ!
相変わらず可愛いねー。▼
[ルーナ]
…………▼
[ソレイユ]
あら? 返答なし?
まぁ、黙ってる顔も可愛いんだけどさ。▼
[ルーナ]
ソレイユ…あんた本当、
誰かさんそっくりに育ったわね。▼
[ソレイユ]
え? なんか言った?▼
[ルーナ]
別に。なんでもないわ。▼
ま、今日は子どもの成長を願うお祭りだもの。
そんなところも喜ぶべきよね。▼
ところでソレイユ。
あんたはどんな大人になりたいの?▼
[ソレイユ]
そうだなぁ。やっぱり、
母さんみたいな女性になりたいな。▼
母さんは可愛いし綺麗だし強いし、
たまに素直じゃないトコがまた魅力的で…▼
[ルーナ]
はいはい。お世辞はいいから、
真面目に答えなさいよ。▼
[ソレイユ]
真面目に答えてるよ!
それにお世辞でもない!▼
母さんは何でもできるし、
美人だし、言うこと無いよね。▼
いいなあ。
そんな風になれたらきっと…▼
もう誰も…あたしを、
母さんと比べたりしない。▼
[ルーナ]
比べる…?▼
[ソレイユ]
うん。秘境でね。
言われたことがあるんだ。▼
ソレイユは立派なお母様の
子なんだから…▼
きっとあの方のように、
何でもできる子になるに違いないって。▼
[ルーナ]
!!
そんなことが…▼
[ソレイユ]
だから母さんみたいな女性になれたら、
そんなことも言われなくなるのかなーってさ!▼
べ、別に、母さんに憧れてるとか、
そんなんじゃないんだから…▼
[ルーナ]
…………▼
ふふっ。素直じゃないわね。▼
[ソレイユ]
な、なによ、悪い!?▼
[ルーナ]
前言撤回よ。▼
誰かさんにそっくりって言ったけど、
あんたはあたしにそっくりね。▼
でも大丈夫よ。ソレイユはもう、
あたしより素敵な魅力がたくさんあるわ。▼
[ソレイユ]
そ、そんなこと…▼
[ルーナ]
あるわよ。▼
だって、あんたにはお父さん…
ラズワルドの血も入ってるんだし。▼
悔しいけど、あいつも結構
何でもこなすタイプだからね。▼
あんたの中にはあたしとラズワルドの
いいところが両方あるの。▼
それから…たぶん、
あたしの両親のいいところも。▼
[ソレイユ]
おじいちゃんとおばあちゃん?▼
[ルーナ]
ええ。二人とも強くてかっこよくて、
あたし、大好きだった…▼
あんたの中にはね、あたしやラズワルドや
たくさんの人の魅力が受け継がれてるの。▼
だから誰かと比べられるものじゃない。
そんなの気にしたらだめよ。▼
それ以上自分を卑下したら
あたしとご先祖様たちが許さないから。▼
[ソレイユ]
あはは、それは怖いなあ。▼
…うん、ありがとう母さん。
なんだか自分に自信が出てきたよ。▼
もっともっとかっこいい大人になるから、
楽しみにしてなさいよね!▼
[ルーナ]
あんたならできるわ。
あたし、信じてるから。▼
じゃ、ソレイユの元気が出たところで、
ちゃちゃっと賊を倒すわよ!▼
[ソレイユ]
終わったら一緒に
お買い物に行こうよ。▼
あたし、母さんのみたいな
綺麗な腕輪が欲しいな。▼
[ルーナ]
仕方ないわね、たくさん賊を倒せたら
特別に買ってあげてもいいわ。▼
[ソレイユ]
やったー!!
それじゃ、いってきまーす!▼
[ルーナ]
負けんじゃないわよ、ソレイユ。
言ってらっしゃい!▼

ベルカ

[ベルカ]
ソレイユ。
あなた、さっき女の子たちを口説いていたわね。▼
[ソレイユ]
うん、そうだよ。▼
っていうか、
こっそり口説いたのによく見てたね…▼
[ベルカ]
私は元・殺し屋よ。
殺し屋の目を侮らないで。▼
[ソレイユ]
かっこいーい!
さすがは母さん、お見逸れしました。▼
で、それがどうかしたの?▼
[ベルカ]
あなたに忠告があるのよ。▼
[ソレイユ]
忠告? 文句があるってこと?▼
別に、女の子を口説いたっていいじゃん。
悪いことしてるわけでもないんだし。▼
[ベルカ]
いいえ。女の子を口説くこと自体に
文句があるわけじゃないわ。▼
ただ、口説いているときの
あなたの目が危険なの。▼
[ソレイユ]
目が危険?▼
まあ、本気で狙ってるときは
そういう目にもなっちゃうのかな。▼
ナンパは狩りみたいなものだからね。
胸の中心を射貫くつもりで接しているんだ。▼
[ベルカ]
それ、例え話で言っているの?▼
[ソレイユ]
どういうこと?▼
[ベルカ]
あなたに目をつけられた女の子たちの
身の安全のために言うわ。▼
あなた、口説いているときの目が
殺し屋みたいになっているの。▼
[ソレイユ]
えええっ!?▼
[ベルカ]
私にはわかる。
あれは殺し屋の目。▼
特に、脈なしの女の子に対しては
かなり危険なオーラが出ていたわ。▼
[ソレイユ]
…そ、そうなの?▼
[ベルカ]
やっぱり。
こうなった以上、放っておけないわ。▼
あなたは私の血を引いてしまったの。
このままでは死者が出る可能性がある。▼
相手にしてくれない女の子の胸を、
あなたが本当の意味で貫くかもしれない!▼
[ソレイユ]
えーっ!?▼
[ベルカ]
賊を倒したら神社にきて。
殺意を抑える方法を教えるから。▼
これからも女の子を口説きたいなら…
女の子の命を奪いたくないなら…▼
真剣に考えなさい。▼
[ソレイユ]
…いくらなんでも大げさだよ。
あはは、ははは…▼
[ベルカ]
…………▼
[ソレイユ]
わ、わかったよ。▼
でもせめて、神社じゃなくて…
母さんとお茶を飲みながらがいい!▼
これは絶対、譲れないからね!▼
[ベルカ]
ふふ、仕方ないわね。▼
[ソレイユ]
わーい!
楽しみにしてるね!▼

ピエリ

[ソレイユ]
はー…▼
[ピエリ]
あれー? ソレイユ。
ため息なんかついて、どうしたの?▼
[ソレイユ]
ああ、母さん。▼
実はさっきそこの屋台で、
かわいい女の子たちを口説いてたんだ。▼
でも、せっかくうまくいきそうだったのに、
賊が来たせいで台無しになっちゃって。▼
あーあ、くやしいな…▼
[ピエリ]
そうなの…
ソレイユ、かわいそうなの…▼
[ソレイユ]
うう…それもこれも全部賊のせいだよ、
あーイライラする!▼
今すぐ賊をえいってやっちゃいたい!▼
そうじゃなかったら
他の誰でもいいから…!▼
[ピエリ]
だ、だめなのよ、ソレイユ!▼
[ソレイユ]
え…?▼
[ピエリ]
ダメなの…悪い人以外には、
えいってやっちゃダメなのよ。▼
殺された人にも家族がいるの…▼
その人が死んじゃったらきっと、
誰かが悲しい思いをするの。▼
[ソレイユ]
か、母さん?
うん、わかってる。▼
今のはちょっと勢いで言ってみただけというか
なんというか…▼
[ピエリ]
いやなの。
冗談でもダメなの…▼
ソレイユには、
ピエリみたいになってほしくないの。▼
[ソレイユ]
母さん…?▼
[ピエリ]
うう…ごめんなさいなの。▼
ソレイユはちょっとだけ、
ピエリの性格に似ちゃったの。▼
でもピエリと違ってソレイユには、
怒ってくれる大人がいるの。▼
ダメだよって言ってくれる人がいるの。▼
だから今ちゃんと、
殺したい気持ちを抑えられるようにしてほしいのよ。▼
[ソレイユ]
うん…わかった。▼
じゃあ、どうしたら効果的かな。
イライラしてどうしようもない時って…▼
[ピエリ]
深呼吸するの。
お花畑のことを考えるの。▼
そうしたらちょっとはおさまるのよ。▼
[ソレイユ]
ええと…深呼吸ね。
すーはー、すーはー。▼
…………▼
[ピエリ]
…………▼
[ソレイユ]
ありがとう! もう大丈夫だよ!▼
[ピエリ]
良かったの。▼
ピエリもまだ全部上手くはできないけど…
むやみに殺すのはガマンしてるの。▼
ラズワルドにそう教えてもらってから
気をつけるようにしてるのよ。▼
[ソレイユ]
いやー、ごめんね母さん。
あたしちょっと気が立ってたみたい。▼
でももう平気だから。
母さんが悲しむことは、もう絶対にしない。▼
[ピエリ]
うん!
ソレイユ、いい子いい子なの。▼
そうだ。ご褒美に、おうちに帰ったら
美味しい手料理を作ってあげるのよ!▼
美味しいものを食べたら
もっとイライラがおさまるの!▼
[ソレイユ]
わーい!
あたし、母さんの料理大好き!▼
でも母さんにばっかり働かせたくないから、
あたしもお手伝いするね。▼
母さんの白魚のような手に
傷がついたら大変だもん。▼
[ピエリ]
んもう、ソレイユったら。
お母さんをバカにしちゃいけませんよ。▼
[ソレイユ]
え? あはは、母さんのしゃべり方、
たまに大人っぽくなるよね。▼
[ピエリ]
変だった?▼
[ソレイユ]
ううん、すっごく可愛い!▼
[ピエリ]
そう…でもちょっと恥ずかしいの。
いつものピエリじゃないみたい。▼
[ソレイユ]
ほらほら、、恥ずかしがることなんてないよ。(原文ママ)
あたしはどんな母さんも大好きだから!▼
いつもの話し方も、
今の話し方も…▼
ちょっと子どもっぽいけど可愛いとこも、
強くて優しくて料理上手なとこも、▼
あたしはぜーんぶ大好き!▼
[ピエリ]
ソレイユ…▼
[ソレイユ]
絶対に遠くに行かないでね。
大好きな母さん…▼
ずっとずっと、あたしと一緒にいてね。▼
[ピエリ]
もちろんよ。▼
私はとっても強いから…
潰れたトマトにはならないわ。▼
ずっとずーっと、
ソレイユのそばにいる。▼
約束ね。▼
[ソレイユ]
うん、母さん!▼

シャーロッテ

[ソレイユ]
ねえ、母さん。
屋台にすっごくかわいい女の子がいたの。▼
[シャーロッテ]
ふぅん…それがどうしたの?▼
[ソレイユ]
絶対に逃したくないの。
あの子をものにする方法を教えて。▼
[シャーロッテ]
…は?▼
[ソレイユ]
だって母さん、
モテる方法いっぱい知ってるでしょ!?▼
いつも鏡の前でくねくねしながら練習をしてるの
知ってるんだから。▼
[シャーロッテ]
げっ! あ、あんた見てたの!?
マジで恥ずかしいんだけど!▼
ていうか、男を落とす方法ならともかく
相手が女の子じゃ勝手が違うわよ。▼
[ソレイユ]
そこをなんとかっ!▼
母さんのテクニックを
持ってすればなんとかなると思うの!▼
[シャーロッテ]
…まったくもう、
あんたって子は。▼
わかったわよ。
今日は子どものためのお祭りだし。▼
母親として
ひと肌脱いであげる。▼
[ソレイユ]
かーっこいーい!
さっすが母さん、頼もしいよ!▼
[シャーロッテ]
じゃあ、さっそくいくわよ。
例えば、そこに女の子がいるとする。▼
そしたらね…
こう行けばいいんじゃないの。▼
わあ~、素敵な髪ですね~!
絹が風になびいているのかと思いましたぁ~。▼
…………▼
[ソレイユ]
ど、どうしたの?▼
[シャーロッテ]
…違うわね。▼
よくわからないけど、何かがダメだわ!
男を落とす時と同じじゃないのかしら。▼
でも、今更やめるわけにもいかないわ。
母親の底力を見せてあげるっ!▼
ゴホン…▼
実は今日、あなたのためにお弁当を
作ってきたんですよ~! テヘッ!▼
…………▼
[ソレイユ]
ど、どうしたの?▼
[シャーロッテ]
また違う! これじゃモテない気がする!
なにがダメだというの…!?▼
相手の性別が違う…ただそれだけのことで
私の今まで培ってきたテクニックが無に…!?▼
[ソレイユ]
か、母さん!
もういいよ、ありがとう!▼
母さんに無理をさせるのも悪いし…
屋台の女の子のことは、忘れることにする。▼
それより今日は、
母さんを口説くことに集中させてくれない?▼
[シャーロッテ]
…え?▼
[ソレイユ]
ありがとう、母さん。▼
あたしのためにがんばってくれる姿、
すごく愛おしかった。▼
その仕草も視線も、すっごく素敵。
話すときに揺れる髪も綺麗で…▼
あたし、同じ金の髪を持てて
誇りに思うな。▼
[シャーロッテ]
へ? そ、ソレイユ…▼
[ソレイユ]
大丈夫。母さんが培ってきたものは全部、
無駄なんかじゃないよ。▼
だって母さんのおかげであたしは今日、
こんなにドキドキしちゃったから。▼
母さん。
このお祭りにいる誰より魅力的だよ…▼
[シャーロッテ]
…………▼
[ソレイユ]
か、母さん?▼
[シャーロッテ]
ふ、不覚にも…
ときめいてしまった…▼
なるほど…これを参考にすればいいのね。
我が娘ながら恐ろしいわ。▼
…たまには私も女の子に
声をかけてみようかしら?▼
[ソレイユ]
ホント!?
じゃあお祭りが終わったら…▼
[シャーロッテ]
あの境内に集合よ。▼
せっかくだからラズワルドも呼んで、
家族三人で女の子に声をかけまくるわよ。▼
誰が多くモテるか競争しましょ。▼
[ソレイユ]
わー! 楽しそう!
やろうやろうー!▼
[シャーロッテ]
ま、たぶん頂上争いは
あんたとあたしに決まってるけどね。▼
[ソレイユ]
う、うん…
そう思う…▼

モズメ

[ソレイユ]
ねえねえ母さん。
さっきの女の子、どこ行ったかな?▼
[モズメ]
さっきの女の子?
なんの話や?▼
[ソレイユ]
ほら、このお祭りにきてた子…
すごくかわいかったじゃない。▼
[モズメ]
…さあ、見とらんわぁ。▼
[ソレイユ]
あっちに行ったかな?
ちょっと口説いてくる!▼
[モズメ]
ちょっと! ちょっと待った!
口説くってあんた、そんなことより賊を退治せな。▼
[ソレイユ]
賊より女の子だよ!▼
かわいい女の子がいたら口説く!
それがあたしの信条だからね!▼
[モズメ]
はぁ…困った子やなぁ。▼
[ソレイユ]
…でも待って。
口説くにしても、手ぶらで行くのはあれかなぁ。▼
せっかくだから、お祭りで何か買ってこっか…
屋台に新鮮な野菜とか売ってなかったっけ?▼
[モズメ]
新鮮な野菜? ここはお祭りやで?
直売所ちゃうんやから。▼
[ソレイユ]
そっか…
じゃあどうしよう。▼
[モズメ]
せやけど、今の発想はなんかええなぁ。▼
[ソレイユ]
えっ?▼
[モズメ]
あんな、あたい…
女の子を口説くいうのはようわからんけど…▼
手土産に新鮮な野菜を検討するところ、
ええ趣味しとる。さすがあたいの子やな。▼
野菜の直売所はなくても、おいしそうな牛乳なら
売っていたような気がするわ。▼
[ソレイユ]
素敵ーっ!
新鮮な牛乳、いいじゃない!▼
[モズメ]
でも焦ったらあかん。いくらおいしそうでも、
産地はしっかり見ておいたほうがええ。▼
いい産地のほうが、
女の子のウケもええと思うわ。▼
[ソレイユ]
うふふっ。▼
[モズメ]
なんや、ソレイユ?▼
[ソレイユ]
いや、口説くときの手土産の話ができるなんて、
母さんも意外と話せるなーって思って。▼
なんかうれしくなってきちゃった。▼
[モズメ]
あんたが粋な手土産の話をしてくれたからや。▼
[ソレイユ]
お茶でもどうかな、母さん。
もう他の女の子はいいや。▼
今日は母さんと話したい気分になっちゃった!
このあと一緒に過ごさない?▼
[モズメ]
…………▼
えーっと…それって、
あたいを口説いとるの?▼
[ソレイユ]
ううん。娘からの提案だよ。
親子水入らずでお祭りを楽しみたいなって。▼
[モズメ]
それはええな。
今日は子どもの成長を願うお祭りやし。▼
けど、その前に賊退治やからな。▼
[ソレイユ]
もちろん。
かっこよく決めるよ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • エルフィとの会話でエルフィがしゃべったあとにエルフィがまたきてたのでソレイユに直しておきました -- 2019-10-05 (土) 12:28:23

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 05 Oct 2019 12:28:23 UTC