シャラの親子会話

ツクヨミ

[ツクヨミ]
シャラ、見てみろ!
楽しそうな出店がいっぱいだぞ!▼
[シャラ]
うふふ…子供ね。
こんなのではしゃぐなんて。▼
[ツクヨミ]
子どもではない!
父親に対してなんてことを言うんだ!▼
[シャラ]
父さん、ほらあそこ…
金魚が泳いでいるわよ…▼
[ツクヨミ]
ほう…小ちゃくて赤くて可愛いな。
これは欲しい! 欲しいぞ!▼
[シャラ]
…ちょろいわね。▼
[ツクヨミ]
なに!?
今度は聞き逃さなかったぞ、シャラ!▼
今、父親のことをちょろいと言ったな!
それはどういう意味だ!▼
[シャラ]
父さんの聞き間違いよ…
金魚がちょろちょろしてるって言ったのよ。▼
[ツクヨミ]
妙な真似をするでない。
金魚のことならいいのだが…▼
[シャラ]
楽勝ね…
簡単過ぎて面白くないわ…▼
[ツクヨミ]
楽勝とは私のことか!?
話をそらすのが楽勝という意味か!?▼
[シャラ]
いいえ…
金魚をすくうのが楽勝という意味よ。▼
勘違いして勝手に怒らないで…▼
[ツクヨミ]
むむむむ…
それはすまなかったな…▼
だが、シャラは金魚すくいが得意なのだな!
それならあとで何匹も取ってもらわねば!▼
[シャラ]
父さん、飼えるの?
ちゃんと面倒を見れる?▼
毎日、エサをあげて…
たまには水も交換しなきゃダメなのよ?▼
[ツクヨミ]
せ、戦場に出る場合もあるからな…
毎日の世話は難しいかもしれぬ…▼
だが、シャラが手伝ってくれるのなら
うちで飼うことも可能なはずだ!▼
[シャラ]
手伝い? 私が?▼
…まぁいいわ。
私も世話してあげる。▼
…秘術の生贄に使ってもいいなら。▼
[ツクヨミ]
あわわわ…!
やっぱり金魚すくいは中止だな!▼
他の出店で遊ぶことにしよう!▼
[シャラ]
…そう。
残念だわ。▼
[ツクヨミ]
シャラ、お前はもしかして…
あまり祭りが好きではないのか?▼
[シャラ]
ええ…
騒がしいのは苦手だから…▼
[ツクヨミ]
そうか…
なら、賊を退治したら帰るとするか…▼
[シャラ]
それはいや…▼
[ツクヨミ]
なぜだ?
祭りは苦手ではなかったのか?▼
[シャラ]
お祭りは苦手だけど…
父さんといられるのは…悪くないもの。▼
[ツクヨミ]
シ、シャラ…▼
[シャラ]
だから、早く賊を倒して
お祭りを再開させましょう…▼
[ツクヨミ]
ああ!
そうしよう、シャラ!▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私
+  マイユニット女性・あたし~だよ

フェリシア

[シャラ]
母さん、最近どうなの…▼
[フェリシア]
どうって…
何がですか?▼
[シャラ]
最近、おっちょこちょいに
拍車がかかってるんじゃないかしら…▼
[フェリシア]
…ああ…よくわかりましたね…
実はそうなんですよ…▼
おかげで方々にご迷惑をかけてしまって…
困ってるところなんです…▼
[シャラ]
うふふ…▼
[フェリシア]
…な、何を笑っているんですか?▼
[シャラ]
言わないわよ…▼
母さんに、よりおっちょこちょいになる
まじないをかけたなんてこと…▼
口が裂けても言えないわ…▼
[フェリシア]
な、なんですってーっ!?▼
[シャラ]
あっ、私ったら…
心の声が表に出てしまったみたい…▼
[フェリシア]
ちょっとー! シャラさん!?
どういうことですかーっ!?▼
[シャラ]
ふふふ…仕方ない…
全てを話すわ…▼
…私、カムイ様の
メイドの座を狙っているのよ…▼
でも、そこには母さんが陣取っている…▼
母さんを蹴落とすには、どうすればいいか…
ものすごく考えたの…▼
そこでひらめいたのが…▼
母さんがよりおっちょこちょいに
なるというまじないよ…▼
そうなればカムイ様も
母さんにあきれて…▼
[フェリシア]
そ、そんな陰湿なことを…
…あ、あなたって人は…▼
今すぐ解いてください!▼
[シャラ]
…わかったわ…
バレちゃったことだし、解いてあげる…▼
…………▼
…あれ?
はわわわわ…▼
[フェリシア]
どうしたんですか?▼
もしかして、解けなくなったとか
言わないでくださいよ…▼
[シャラ]
…………▼
…私の勘違いだったみたい…▼
[フェリシア]
えっ?▼
[シャラ]
まじないをかけたつもりだったんだけど、
そもそも、かかっていなかったみたいだわ。▼
[フェリシア]
…………▼
じ、じゃあ…私のおっちょこちょいに
拍車がかかっているという現実は…▼
[シャラ]
ええ、素の母さんっていうことね…▼
[フェリシア]
はわわわわーーーーーーーっ…▼
それはそれで、こたえますね…▼
でも、まじないをかけたつもりが
かかってなかっただなんて…▼
あなたもけっこうな
おっちょこちょいですよ?▼
[シャラ]
ええ…困ったわ…
母さんに似てきちゃったのかしら…▼
[フェリシア]
…まあ、とにかく。
私が今日お願いしたいことは決まりました。▼
あなたが陰湿な野望を抱かない、
まっすぐな子になるように願おうと思います。▼
[シャラ]
いや、そうじゃないわ…
これ以上、母さんに似ないようにって願って…▼
[フェリシア]
ダ、ダメですよ。▼
おっちょこちょいのほうがまだ
かわいげがあるんですからねっ!▼
さ、お互いおっちょこちょいに気をつけて、
戦闘に戻りますよ!▼

リンカ

[シャラ]
母さん…
炎の部族の秘伝調味料をわけてくれない?▼
その調味料をかけると…
嫌いなものも好きになるんでしょう?▼
[リンカ]
ふっ。
ツクヨミに聞いたのか。▼
ということは、
お前も好き嫌いが多いということだな。▼
[シャラ]
ええ。
特に人の好き嫌いが…▼
だから、私の嫌いな人に…
その調味料をぶっかけてやろうと思って…▼
[リンカ]
なに!?
それはダメに決まっているだろう!▼
[シャラ]
どうして?▼
もしかしたらその嫌いな人のことを…
好きになれるかもしれないじゃない…▼
[リンカ]
なるわけないだろう!
調味料をぶっかけられるんだぞ!?▼
[シャラ]
ダメもとでも試してみるわ…
どうせ嫌いな人だし…▼
[リンカ]
な、なかなか外道な考え方だな。▼
[シャラ]
でも、その調味料が効かないとなると…
とても困ってしまうわ…▼
[リンカ]
どうしてだ?▼
[シャラ]
私は集団行動が苦手なのに…
今は大勢と一緒に暮らしているでしょう…▼
だから、辛いときも多くて…▼
[リンカ]
なるほどな。
その気持ちはあたしにも理解できる。▼
[シャラ]
でも、今更…
秘境に一人で戻ることはできないわ…▼
また母さんたちと離れて暮らすなんて…
それは、寂しい気がするもの…▼
[リンカ]
シャラ…▼
焦らずに交流を続けていけばいい。
そのうちに自然とお前も溶け込めるようになる。▼
[シャラ]
…本当に?▼
[リンカ]
ああ。生粋の炎の部族である
このあたしですら溶け込めたんだ。▼
お前も孤高を重んじる炎の部族…
だが、調和を大事にする風の部族でもある。▼
お前は炎と風の部族の子…
今は皆でいることが辛くても、▼
いつかきっと、
皆との時間も大事にできるようになる。▼
[シャラ]
私は…炎と風…▼
[リンカ]
運がいいことに、
ここにはなかなかいい奴が揃っている。▼
仲間の力を認めていけば…
仲間もお前のことを認めていくはずだ。▼
今のあたしがそうであるように、な。▼
[シャラ]
ええ、がんばってみるわ…
二人のことを思うとできる気がする…▼
ありがとう、母さん…▼
手始めに、戦いが終わったら…
私と祭りを回ってくれるかしら…▼
[リンカ]
ああ、もちろんだ!▼

サクラ

[サクラ]
今日は子供の成長を祝うお祭りでしたのに…
こんなことになってしまい残念です。▼
[シャラ]
安心していいわ、母さん…
私は元々、お祭りには興味がないし…▼
[サクラ]
そ、そうなのですか?
こんなに賑やかで楽しそうなのに?▼
[シャラ]
賑やかで楽しそうな場所は苦手なの…
暗くて静かな場所の方が好きだわ…▼
[サクラ]
そ、そうでしたか…
それはその…ごめんなさい…▼
あなたをこんなところに
連れ出してしまって…▼
[シャラ]
謝らないで…
秘境の外は私にとってだいたい同じだし…▼
それに…
母さんと一緒にいるのは嫌いじゃないわ…▼
[サクラ]
シャラ…
私もシャラと一緒だとすごく幸せです!▼
今までは離れ離れに暮らしていましたから…
これからはできるだけ一緒にいましょうね。▼
[シャラ]
うふふ…そこまで言うのなら…
そうしてあげてもいいわ…▼
…あら? この匂いは…▼
[サクラ]
匂いですか?
くんくん…▼
とっても甘くていい匂い…
あんころ餅か何かでしょうか?▼
[シャラ]
あ、あんころ餅…
ごくり…▼
[サクラ]
あれ? もしかしてシャラは…
あんころ餅が好きなのですか?▼
[シャラ]
あんころ餅は別格…
あんなにおいしいものは他にないわ…▼
[サクラ]
ふふふ。
きっとツクヨミさんに似たんでしょうね。▼
[シャラ]
母さん、賊を退治しましょう…
一刻も早く、お祭りを再開させないと…▼
お餅…餅…あんころ餅…
ころころ甘い…あんころ餅…▼
邪魔をするやつは…
全員呪ってやるわ…▼
[サクラ]
ええっ!? じゃ、じゃあ、
シャラが呪わなくていいように、▼
私もがんばっちゃいますね!▼

アクア

[アクア]
シャラ。
あなた、どこか行きたいところとかない?▼
[シャラ]
行きたいところ…▼
…ああ、あるわ…
カムイの元に行きたい…▼
[アクア]
えっ?▼
[シャラ]
カムイの胸に
飛び込みたいわ…▼
[アクア]
…そ、そういうことじゃなくて…
私が言っているのは、旅の話なのよ。▼
[シャラ]
…旅?▼
[アクア]
そう。機会がなくて言い出せなかったけど、
実は、ツクヨミと旅の計画をしているの。▼
世の中が平和になったら
世界中を旅したいねって。▼
[シャラ]
へえ、それは知らなかったわ…▼
[アクア]
その話をし始めたのは
まだあなたが生まれる前だった。▼
だからそのころは二人で行くっていう
話だったんだけど…▼
でもあなたが生まれてからは、子どもを置いて
行くのもね…っていう話になって。▼
まあ、要は新婚旅行の計画が、
家族旅行の計画になったってことね。▼
だから、あなたも行きたい場所があれば
要望を聞きたいと思ったのよ。▼
[シャラ]
そうね…
行きたいところ…▼
…………▼
冥界とか?▼
[アクア]
死ぬ気なの?▼
[シャラ]
いいえ…
ただ、そこなら静かそうだと思って…▼
[アクア]
そ、そう…▼
わかったわ。
じゃあ静かな場所に行きましょう。▼
あなたは私に似て…
騒がしいのは苦手だものね。▼
[シャラ]
ええ…それに静かな場所なら…
母さんの歌がよく聞こえるじゃない…▼
私も…母さんほど上手くはないけれど…
一緒に歌ってみたい…▼
[アクア]
シャラ…▼
ええ。いつか家族で旅ができたら、
静かな場所で一緒に歌いましょう。▼
静かな場所で雄大な景色を見ながら…
きっと最高の思い出になるわ。▼
楽しみね、シャラ。▼
[シャラ]
ええ…
楽しみだわ…▼
私、それまでに歌の練習をしておく…▼
コーラスは呪術で呼び出した
ノスフェラトゥたちにまかせて頂戴…▼
[アクア]
…ツクヨミに頼みましょう。▼

カザハナ

[カザハナ]
今日は子どものためのお祭りだよね。
だからはい、プレゼント!▼
[シャラ]
これは…?▼
[カザハナ]
見ての通り、巾着だよ!▼
[シャラ]
ああ、いいわね…
ちょうどほしかったの…▼
[カザハナ]
…えっ?
シャラ、こういうのに興味あるんだ?▼
[シャラ]
実は今…
新たなおまじないを作っているのよ…▼
手合わせで負けた奴を
痛い目に遭わせるおまじないなんだけど…▼
そのためには燃やすものが必要で…▼
[カザハナ]
…………▼
…ちょっとちょっと!!
これは薪じゃないんだけど!?▼
それに手合わせで負けたんなら
潔く諦めなさい!▼
[シャラ]
だって悔しかったんだもの…
あいつ…許さないわ…▼
私が本気を出せば…
きっと勝てていたのに…▼
[カザハナ]
き、気持ちはわかるけどさあ…
ほんとにあなたって子は。▼
あのね、巾着は、あたしたち家族にとって
とっても大事なものなの。▼
二度と燃やすなんて言わないように、
しっかり話しておいてあげる。▼
[シャラ]
大事なもの…巾着が?▼
[カザハナ]
…巾着は、あたしとツクヨミの
思い出の品なの。▼
昔からよく、風の部族の人たちが
ツクヨミにいろいろ送ってきてくれていて…▼
その中に、巾着があったんだ。
でもツクヨミはいらないって言ってて…▼
それをあたしが譲り受けてね、▼
[シャラ]
ぶつぶつぶつぶつ…▼
[カザハナ]
ちょっと!
何、おまじないを始めようとしているの!?▼
まったく…せっかく我が家の
大事な話をしてるっていうのに!▼
[シャラ]
でも…おまじない以外に
いったいどうやって使えばいいのよ…▼
[カザハナ]
小銭とか小物を入れて持ち歩くのよ。▼
例えば、今日なんてバッチリだよ。
それを持って、お祭りの屋台を巡るの。▼
お祭りの雰囲気にぴったりだし、
すごくかわいく見えると思うよ。▼
[シャラ]
これを持ってお祭りを…▼
…あ、でもよく見ると…
この白い花の柄…なんか好き…▼
[カザハナ]
そうでしょう?▼
それは沙羅双樹の花だよ。
あなたに似合うと思って刺繍したんだ。▼
[シャラ]
そ、そう…▼
これを持って歩いたら、カムイ様に
かわいいって思ってもらえるかしら…▼
[カザハナ]
もちろんだよ。
あたしが保証する!▼
[シャラ]
…だ、だったら…いいわ…▼
[カザハナ]
うふふ。
あなたのそういうところ、かわいい。▼
じゃあ賊を倒したら、神社で待ち合わせね!▼

オロチ

[オロチ]
シャラ。
賊を倒したら薬草対決をせぬか?▼
[シャラ]
薬草対決…?
何よそれ…▼
[オロチ]
わらわたちは
とてもまじないを得意とする者。▼
いろいろと集めている薬草もあるじゃろう。▼
どちらがどれだけ豊富で貴重な薬草を
持っているか、勝負したいのじゃ。▼
[シャラ]
それ…
どこがおもしろいの…▼
[オロチ]
おもしろいぞ?
盛り上がること請け合いじゃ。▼
…実は結婚前、ツクヨミとも
薬草対決をしたことがあってのう。▼
互いにムキになって…▼
「暗夜と白夜の狭間でしか取れぬ
 貴重な薬草、ウシミツソウじゃ!」とか…▼
「これは風の部族のはずれにある崖でしか
 取れぬ薬草、ツムジグサだ!!」などと言い…▼
相当、白熱したものじゃ。▼
結局、あれをやったことで距離が縮まり、
わらわたちは結婚に至ったようなものでのう。▼
[シャラ]
そう…▼
[オロチ]
…今まで、そなたと親子水入らずの時間も
なかなかなかった。▼
だからたまには、そなたと一緒に
盛り上がりたいんじゃよ。▼
[シャラ]
ごめんなさい…
私は興味ないわ…▼
[オロチ]
そ、そんなこと言わんと…▼
[シャラ]
でも…カムイ様対決ならしたいわ…▼
[オロチ]
カムイ様対決とな?▼
[シャラ]
カムイ様関係のものでお互い、
集めているものがあるでしょう。▼
それで勝負するの…▼
[オロチ]
カムイ様関係のもので集めているもの?
そ、そんなものないが…▼
[シャラ]
そうなの…?
私はいっぱい持っているのに…▼
これはカムイ様の抜け毛…
これはカムイ様が使った箸…▼
ふ、ふふふふふ…
きっと白熱すると思うわ…▼
[オロチ]
な、何を集めておるんじゃ!
そんなもの、わらわは1つも持っておらん!▼
[シャラ]
そう…
残念ね…▼
じゃあ、カムイ様について
知っていること対決でもいいわ…▼
カムイ様は母さんの昔の主君の子…
興味ないはずないわよね…▼
[オロチ]
確かに、興味はあるが…
お前ほどではない。▼
もういい…もういいぞ…
その続きは、賊を倒してからにしよう…▼
[シャラ]
うふふ…対決してくれるのね…?▼
[オロチ]
いや…対決はせん。▼
ただひたすら、そなたの心の闇について
とことん聞かせてもらおう…▼
[シャラ]
心の闇…
私のカムイ様への思いが…心の闇…▼
まあ、いいわ。▼
聞いてくれるのならとことん話すわ…
なんだか楽しそうだし…▼
[オロチ]
むう。
難儀な親子水入らずになりそうだ…▼

ヒノカ

[ヒノカ]
祭りを楽しむのは
賊を全て殲滅してからだな。▼
シャラよ、気を抜くでないぞ。
敵はどこからでも襲ってくる。▼
[シャラ]
まかせておいて…
私もここで死ぬつもりはないわ…▼
[ヒノカ]
ふっ、なかなかにたくましく育ってくれたな。▼
長く離れ離れで暮らしていたから
お前の成長が心配だった。▼
しかし、そんな心配は杞憂だったな。
立派に成長してくれて、本当に嬉しく思う。▼
[シャラ]
そう…
母さんが嬉しいのならよかったわ…▼
[ヒノカ]
だが、秘境での暮らしは寂しかったであろう。
これからはずっと、お前のそばにいるからな。▼
[シャラ]
別に寂しくはなかったわ…
私にはオトモダチがたくさんいたし…▼
[ヒノカ]
お友だち?
それは誰のことだ?▼
[シャラ]
今ここで召喚してもいいけど…
お祭り、めちゃくちゃになるわよ…?▼
[ヒノカ]
そ、それは困ってしまうな…▼
[シャラ]
そうだ思い出した…
母さんにこの折り紙をあげる…▼
[ヒノカ]
これはずいぶんと大量だな。▼
[シャラ]
千枚あるわ…
全部にまじないを書いてあるの…▼
父さんとも千羽の鶴を折ったんでしょう?
だから、私も折りたいと思って…▼
[ヒノカ]
それで千枚ものの折り紙にまじないを…
大変なの労力だっただろうに…▼
[シャラ]
私とも一緒に…
鶴を折ってくれる?▼
[ヒノカ]
当たり前だ!
千羽でも万羽でも一緒に折ろう!▼
[シャラ]
よかった…
これでオトモダチが千人に増えるわ…▼
[ヒノカ]
…………▼
やはり、普通の折り紙で折ろうか…▼
[シャラ]
そう…残念…▼

セツナ

[シャラ]
母さんったら…
また落とし穴に落ちたのね…▼
[セツナ]
そう…▼
[シャラ]
誰も引っかからないのに…
どうして母さんだけ引っかかるのよ…▼
[セツナ]
これはきっと、天から授かった才能…
だからそんなに褒めないで…▼
[シャラ]
別に褒めてないわ…▼
とにかく、助けてあげる…
手を伸ばして…▼
[セツナ]
いや…▼
だって、戦いが終わるまで
こうしていたほうが…楽ちんだし…▼
[シャラ]
そ、そんなのダメよ…
カムイ様に白い目で見られるわ…▼
[セツナ]
別に、見られたっていいじゃない…▼
[シャラ]
変な人の娘だって思われたくないの。
だから早く…出るわよ…▼
[セツナ]
いやよ…▼
[シャラ]
ダメ…
ほら、手を伸ばして…▼
[セツナ]
ふんふん…ふふん…▼
[シャラ]
!?▼
何よ、この異様な怪音は…
ただの鼻歌のはずなのに…▼
鳥肌が立って…
母さんに近づけない…▼
[セツナ]
ふふ…これは私の必殺技…
近づかないでね…▼
[シャラ]
くっ…だったら私も…
ふふん…ふん…ふん…▼
[セツナ]
!?▼
ああ…体中に鳥肌が…
どうしてあなたもその鼻歌を…▼
[シャラ]
ふふ。親子の血じゃない?
やってみたら簡単だったわ…▼
ほら…やめてほしかったら
穴から出てくるのよ…▼
[セツナ]
ううっ…わかった…▼
私の負けよ…出る…▼
[シャラ]
はぁ…
やっと出てきてくれた…▼
[セツナ]
あなたにこんな気持ち悪い才能が
あったなんて…▼
[シャラ]
褒めてくれてうれしいわ…▼
[セツナ]
褒めてないけど…▼
親子の血って、ふしぎね…
そういえば私たち、話し方も似てる…▼
ねえシャラ…さっきの鼻歌…
実は楽しい鼻歌にも切り替えられるの…▼
私はその鼻歌がきっかけで…
ツクヨミと仲よくなれた…▼
[シャラ]
えっ…なによそれ…
カムイ様に使いたい…▼
お願い、それを教えてちょうだい…▼
[セツナ]
いいわ…今日は子どものためのお祭りだし…
あとで伝授してあげる…▼
[シャラ]
そう…うれしいわ…
じゃあそのためにも、賊はみんな呪わなきゃ…▼
[セツナ]
いってらっしゃーい…▼
…………▼
あれ? あの子落とし穴に落ちた…?▼

オボロ

[オボロ]
わざわざお祭りの日を狙うなんて…
本当に賊って最低ね!▼
[シャラ]
…………▼
[オボロ]
シャラと遊べる機会なんて
今まではあまり無かったし…▼
そんな特別な日を台無しにして、
絶対に許さないんだから。▼
[シャラ]
…………▼
[オボロ]
どうしたのよ、シャラ?
さっきから黙りこくっちゃってさ。▼
[シャラ]
…鬼。▼
[オボロ]
んんんっ!? ちょっとシャラ!
今、私のことをなんて言ったの?▼
[シャラ]
言ったのは私じゃない…
父さんが昔、言ってたの…▼
母さんは…
鬼のような形相になることがあるって…▼
[オボロ]
それってすっごく失礼な話よね!
私、こんな可愛い顔をしてるのに。▼
[シャラ]
…………▼
…そうですね。▼
[オボロ]
な、何よその言い方!?▼
もしかしてシャラも
私のことを鬼の形相だと思ってるの!?▼
[シャラ]
昔、偶然…
悪鬼を召喚したことがあるわ…▼
なぜか親近感を覚えたけど…
そういうことだったのね…▼
[オボロ]
そ、そういうことってどういうことよ!?▼
[シャラ]
安心して、母さん…▼
私だって、人相は良くない…
いつも魔王みたいな顔よ…▼
でも私はこの顔が好き…▼
父さんのような童顔にならなかったのは
母さんの鬼のような顔のおかげよ…▼
ありがとう…
今日はそれを伝えたかったの…▼
[オボロ]
う、うーん…▼
すごく嬉しいはずなんだけど…
なんか素直に喜べないわね…▼
[シャラ]
そう…? じゃあ感謝の気持ちは
着物で表そうかしら…▼
[オボロ]
あなた、着物が作れるの?▼
[シャラ]
ええ…秘境ではずっと
家の中にいたから…▼
まじないや裁縫をしていたの…
ノスフェラトゥの着物を繕った時は…▼
中々楽しかったわ…
うふふふふ…▼
[オボロ]
…………▼
[シャラ]
安心して…母さんには
お洒落な普通の着物を作ってあるの…▼
[オボロ]
本当? 楽しみだわ。
大切にするわね。▼
[シャラ]
祭りが終わったら…
まじないをかけて渡すわね…▼
[オボロ]
…それは要らないわ。▼
[シャラ]
はい…▼

カゲロウ

[カゲロウ]
シャラ、今日は子どものためのお祭りだな。
どう過ごすつもりだ?▼
[シャラ]
私はお祭りはいいわ…
おまじないの研究をする予定だから…▼
[カゲロウ]
…それはならぬ。
せっかくのお祭りなのだ。▼
子どもは子どもらしく、
お祭りを楽しむべきだ。▼
[シャラ]
嫌よ…▼
私の恩人である、カムイ様が
お祭りを楽しめって言うなら話は別だけど…▼
母さんに言われても従わないわ…▼
[カゲロウ]
くっ…
親の言うことよりもカムイ様か…▼
[シャラ]
当然でしょう…▼
[カゲロウ]
本当にカムイ様が言ったら
従うのだな?▼
[シャラ]
ええ、誓うわ…▼
[カゲロウ]
よし、わかった。▼
賊を倒したらさっそく
カムイ様にお願いしてみよう。▼
[シャラ]
ちょっと…本気?
そこまでする必要ないでしょう…▼
そもそも、あの人に
なんて言うの…▼
[カゲロウ]
「今日くらいは、親と一緒にお祭りを楽しめ」と
お前に言ってもらうつもりだ。▼
[シャラ]
…………▼
な、何よ…
母さん、私と一緒にお祭りを楽しみたいの?▼
[カゲロウ]
…ま、まぁ…そうだ…▼
[シャラ]
…………▼
もう…
かわいいわね…▼
だったらはっきり
そう言ってくれればよかったのに…▼
[カゲロウ]
…お前に断られることを想像したら…
怖くなってしまったのだ…▼
[シャラ]
そんなことないわ…
だから、はっきり言って…▼
そうしたら、命令じゃなくても従うわ…▼
[カゲロウ]
…………▼
…シャラ、今日の祭りは一緒に過ごさぬか?
たまには親子水入らず、過ごしたいのだ…▼
[シャラ]
うふふふ…いいわ…▼
その代わり、常にカムイ様が
見えるところを歩きましょう…▼
[カゲロウ]
何?▼
[シャラ]
ずっとカムイ様を眺めていたいの…
その姿を肴に、お祭りを楽しむわ…▼
[カゲロウ]
い、いいだろう…
隠密は得意だ。▼
[シャラ]
私もよ…
そこは母さんに似て、本当に良かった…▼
この点に関しては母さんに感謝ね。
うふ、うふふふふ…!!▼
[カゲロウ]
お前が楽しそうで、何よりだ…▼

エルフィ

[エルフィ]
シャラ…
あなた、今朝の訓練をサボったわね…▼
[シャラ]
いいえ…ちゃんとしたわ…▼
[エルフィ]
嘘よ…▼
[シャラ]
嘘じゃないわ…▼
[エルフィ]
嘘よ…
だって、顔にそう書いてある…▼
[シャラ]
どういうこと…▼
[エルフィ]
運動をして、しっかり汗をかいたら…
もっとさわやかな顔になるはずなの…▼
でもあなたは…
さわやかじゃない…▼
[シャラ]
仕方ないでしょう…
生まれつき、こういう顔なのよ…▼
…そもそも…
こういう顔に産んだのは誰よ…▼
[エルフィ]
…………▼
誰かしら?▼
[シャラ]
あなたよ…
私の目の前にいる母さんよ…▼
[エルフィ]
ああ、そうだったわね…
お腹がすいて思考が鈍ってたわ…▼
じゃあ母親として、
あなたはサボってないと信じてあげる…▼
でも、あなたがさわやかにならないのは…
きっと訓練の量が足りないんだわ…▼
[シャラ]
い、いや…
これ以上の訓練は無理よ…▼
[エルフィ]
泣き言はやめて…▼
そもそもわたしみたいに体を鍛えたいって
言い出したのは、あなたなのよ…▼
[シャラ]
そ、そうだけど…それにしても
これ以上やれるのは母さんくらいで…▼
[エルフィ]
そんなことないわ…
ツクヨミは、あなたの十倍も二十倍もやったわ…▼
[シャラ]
…えっ…
父さんが?▼
[エルフィ]
ええ…
まだ結婚する前のことだけど…▼
わたしに力で負けるのが
男として悔しいって言って…▼
陣営の周りを五十周…
腕立てとスクワットを千回ずつ…▼
あとは忘れちゃったけど…
とにかくすごくがんばったの…▼
最初は大変だと言って音を上げていたわ…
でも最後には余裕でできるようになっていた…▼
あなたにも彼の血が流れているのよ…
泣き言はやめて、努力してみて…▼
[シャラ]
わ、わかったわ…▼
じゃあ父さんと同じぐらいの量まで行けるように
がんばってみる…▼
だから…ご飯を沢山用意しておいて…
きっと沢山食べてしまうから…▼
[エルフィ]
わかったわ…▼
[シャラ]
ふふ…きっと、それぐらいやったら
すごい体になるわよね…▼
その体で、カムイ様の
視線を独り占めできるかしら…▼
うふふ、うふふふふ…▼
[エルフィ]
ふふ…▼

ニュクス

[ニュクス]
シャラ…あなた昨晩、
何か秘術を完成させたわね?▼
[シャラ]
別に…
何も完成させていないわ…▼
[ニュクス]
嘘ばっかり。
私にはお見通しよ、吐きなさい。▼
[シャラ]
げろげろ…▼
[ニュクス]
吐くってそういうことじゃないの。
ごまかそうとしても無駄よ。▼
言いなさい。
なんの秘術を作ったの?▼
[シャラ]
…………▼
愛の惚れ秘術よ…▼
[ニュクス]
愛の惚れ秘術?▼
[シャラ]
そう…
これ以上は言わないわ…▼
[ニュクス]
…………▼
もしやそれ…カムイに
使うつもりじゃないでしょうね…▼
[シャラ]
…えっ…▼
[ニュクス]
あなた…その秘術で
カムイの心を…▼
[シャラ]
べ、べ、べ、別に…
そんなんじゃないわ…▼
[ニュクス]
やめておきなさい。秘術で人の気持ちを
操っても幸せにはなれないわよ。▼
もしそれを誰かに使ったら、
私が意地でも解除するから。▼
[シャラ]
…………▼
くっ…なんという洞察力…
悔しいけど、その通りよ…▼
[ニュクス]
やっぱりね。
はぁ…未然に防げてよかった…▼
[シャラ]
いいわ…
じゃあ秘術は母さんに使う…▼
[ニュクス]
は? 私に?▼
[シャラ]
愛の秘術は好きな人に試すものよ…
私は母さんのことも大好きだから…▼
[ニュクス]
そ、そうだったの…
うれしいけど…でも私には無意味よ?▼
[シャラ]
どうして…▼
[ニュクス]
だって、私はすでに
誰よりもあなたのことが大好きだから。▼
[シャラ]
えっ…▼
[ニュクス]
何をびっくりしているのよ。
自分の娘を大好きじゃない親がいると思う?▼
[シャラ]
母さん…▼
…うれしいわ。▼
[ニュクス]
シャラ。賊を倒したら、
私と祭りの屋台を回りましょう。▼
こんな機会も滅多にないし、
おいしいものでも食べましょうよ。▼
もっと普通の呪術に使えそうな薬草だって
一緒に見てあげる。▼
もちろん、お金は私持ちで構わないわよ▼
[シャラ]
…わ、わかったわ…
じゃあ、お言葉に甘えて…▼
秘術のことを忘れちゃうくらい…
ベタベタさせてね…▼
[ニュクス]
まったく…あなたは甘えん坊なんだから。
いったい誰に似たのかしら?▼
でもいいわ、かわいいから。▼
今日はお母さんが、
ずっと傍にいてあげる。▼

モズメ

[モズメ]
盛大なお祭りやね、シャラ。
これならなんでも揃ってると思うわ。▼
[シャラ]
なんでも…?
秘術用の儀式用具も売っているかしら…?▼
[モズメ]
お、おめでたい日やからね…
それはちょっと売ってないんちゃうかな。▼
[シャラ]
そう…
残念ね…▼
[モズメ]
他に何か行きたい出店とかないん?▼
[シャラ]
別にないわ…▼
[モズメ]
ほんまに?
的当てとか輪投げとかたくさんあるんやよ?▼
[シャラ]
どれも興味ないわ…▼
でも、母さんと一緒ならどこでも行きたい…
私はそれだけで幸せだから…▼
[モズメ]
シャラ…▼
あなたには秘境暮らしで
うんと寂しい思いをさせたからな…▼
これからは好きなだけ
あたいに甘えてええからね?▼
[シャラ]
ありがとう、母さん…▼
じゃあ今度私に…
狩りのやり方を教えてちょうだい…▼
できれば生け捕りできる方法がいいわ…
その方が使い勝手がいいの…▼
[モズメ]
か、狩りのやり方ならいくらでも教えるけど…
獲物を何に使うかは教えてな。▼
生き物の命を扱う仕事やからね。
遊びでなんかさせへんよ。▼
[シャラ]
安心して、獲物を無駄にはしないわ…
ほとんどは人のためになることに使うし…▼
[モズメ]
それならええけど…
ほとんどっていうのが気になるわ…▼
[シャラ]
うふふふふ……▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • シャラ&フェリシアの親子でも娘をさん付けにしてます! あと、シャラってカムイ「様」ってつけますっけ?原文の通りですか? -- ハカナ(儚)? 2018-03-20 (火) 15:00:58
  • カムイは呼び捨てですね、多分。 -- 2019-09-26 (木) 12:24:39

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 26 Sep 2019 12:24:40 UTC