シグレの親子会話

アクア

[アクア]
…シグレ。
この間、あなたが書いた歌詞だけど…▼
[シグレ]
ああ、読んでもらえましたか?▼
[アクア]
ええ、でも…
少し…ピンとこなかったかも。▼
[シグレ]
えっ!?▼
うぅ…ショックです…
自信があっただけに…▼
ちなみに、参考までに…
どの辺りがだめでしたか?▼
[アクア]
そうね…
歌詞の主役の女性の描写かしら。▼
だって、あんな英雄的な女性、この世にいる?
非現実的すぎるわよ。▼
[シグレ]
ああ、そういうことですか。▼
でしたら母さん…俺は間違っていません。
だって、彼女は存在しますから。▼
俺は、その彼女の
ありのままの姿を書いたのです。▼
[アクア]
そうなの? そんな人がいるなら…
私、見てみたいわ。▼
[シグレ]
はい、いいですよ。
じゃあ今度、鏡を持ってきますね。▼
[アクア]
鏡?▼
[シグレ]
あの英雄的な女性は、母さんです。
俺は母さんのことを書いたんです。▼
[アクア]
わ、私の話だったの!?
全然心当たりがないけど…▼
[シグレ]
以前、俺のいた秘境が
敵に襲われたときのことですよ。▼
母さんは俺を助けにきて、
こう言ってくれましたよね。▼
「この子に手を出すことは許さない」
「狙うなら私を狙いなさい」って。▼
俺はあの母さんが大好きで、
そのかっこいい姿を歌詞にしたんです。▼
[アクア]
どういうこと?
私、そんなこと言っていた!?▼
[シグレ]
はい、言いましたよ。
俺はしっかり記憶しています。▼
[アクア]
そんな…
私、あのときは必死で…▼
それでつい、そんなことを
口走ってしまったのかしら。▼
[シグレ]
というわけで、あの人物は
ちゃんと実在するんです。▼
[アクア]
…………▼
…ごめんなさい…▼
そうとは知らず、ピンとこないとか
偉そうなことを言ってしまって…▼
恥ずかしくて…
穴があったら入りたい気分よ…▼
[シグレ]
いいえ、いいんですよ。
俺の歌詞の未熟さがいけないんです。▼
俺、もう一度、書いてみます。
そしたらまた見てください。▼
[アクア]
ええ、もちろんよ。
…でもシグレ。▼
この歌って、完成したら
みんなの前で発表するつもりなの?▼
[シグレ]
それは…
当然、そのつもりですけど。▼
[アクア]
だったら…私のことだってバレないように…
ボカした感じにしてもらえない?▼
なんか…恥ずかしくって…▼
[シグレ]
あはは、わかりましたよ。▼
でもまあ、わかる人には
わかってしまうと思いますけどね。▼
俺はその方がいいですけど。▼
だって…
母さんは、俺の自慢ですから。▼
[アクア]
まったく…この子ったら…▼
[シグレ]
…………▼
…母さん。ずっと俺の傍にいてくださいね。
もうどこにも行かないでください…▼
[アクア]
なあに?
声が小さくて、聞こえなかったわ。▼
[シグレ]
なんでもありません!▼
さあ、では早く賊を倒しましょう。▼
あの歌のようにかっこいい母さんの勇姿、
余すところなく見せつけてください!▼
[アクア]
わ、わかったわ…!▼

マイユニット

+  マイユニット男性・僕
+  マイユニット男性・俺
+  マイユニット男性・私

ジョーカー

[シグレ]
…………▼
[ジョーカー]
また空を見上げてるのか、シグレ。
スキだらけで危なっかしいぞ。▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい、父さん。▼
父さんがそばにいたから安心しちゃって…
つい油断してしまいました。▼
[ジョーカー]
俺だって常にお前を守れるわけではない。
油断するなら自軍の陣地だけにしろ。▼
…お前にもしものことがあったら、
俺はお前を絶対に許さんからな。▼
[シグレ]
…父さん。▼
[ジョーカー]
で、空を見上げて何を思っていた?
空には何も見当たらないぞ。▼
[シグレ]
そうなんです。
空には何もありません。▼
だからこそ、このどこまでも高い空に
吸い込まれていくような感覚になって…▼
はぁ…
やっぱり、空っていいですね。▼
[ジョーカー]
…何を言っているかさっぱりわからん。▼
[シグレ]
俺は夕方の、紅茶色をした空が好きです…
父さんを思い出すので…▼
[ジョーカー]
…………▼
そうか。▼
だがお前は天馬で飛び上がって、
空から地面を見る方が好きじゃないのか?▼
[シグレ]
そうですね。
それをすると、大抵の悩みは消えますから。▼
でも、地面から空を
こうして見上げるのもいいものですよ。▼
その魅力に、今、気づいたんです。▼
[ジョーカー]
どういうことだ?▼
[シグレ]
地面からなら、父さんと一緒に…
空を見上げることができますから。▼
[ジョーカー]
ふっ。
だが、俺はあまり空に興味がない。▼
[シグレ]
それでもいいんです。▼
大切なのは
同じ時間を共有することですから。▼
俺は父さんと…
もっと一緒に過ごしたいです。▼
[ジョーカー]
…なるほどな。
それなら俺にも興味がある。▼
今まで、あまり
お前をかまってやれなかったからな。▼
これからは時々…
一緒に空でも見上げるとするか。▼
[シグレ]
はい!
父さん!▼

スズカゼ

[シグレ]
父さん、
聞きたいことがあるんですけど…▼
[スズカゼ]
なんでしょうか?
答えられることならなんでも答えますよ。▼
[シグレ]
父さんはどうして、
母さんと結婚したんですか?▼
[スズカゼ]
なっ!? なななっ!?
どうしてそんなことが聞きたいのですか?▼
[シグレ]
仲間と話しているときに
親の馴れ初めの話になったんです。▼
でも、俺、話せませんでした。
あまり詳しく知らなかったので。▼
[スズカゼ]
そ、そうですか…
若い子たちの間ではそんな話題が…▼
[シグレ]
無理ならかまいませんけど…▼
[スズカゼ]
そ、そんなことはありませんよ。
別にやましい話ではありませんし。▼
それに今後、シグレが会話に
入れないのもかわいそうですからね。▼
[シグレ]
じゃあ、教えてくれますか?▼
[スズカゼ]
ええと、そうですね…
は、鳩が紡いだ恋、とでもいいましょうか…▼
[シグレ]
鳩ですか?
あの、空を飛んでいる鳩?▼
[スズカゼ]
いえ、やっぱり違いますね…▼
女中と漢方薬…
白い花にアクア様の涙の物語…▼
[シグレ]
父さん…
全然、わかりません。▼
[スズカゼ]
すみません…
やはり私には上手く話せません…▼
頭の中には鮮明に残ってはいるのですが、
言葉で表すとなるととても難しいです。▼
[シグレ]
ははは。
俺にもその気持ちはわかります。▼
空の素晴らしさを実感はできても、
言葉としては表現できませんから。▼
[スズカゼ]
理解してくれて嬉しいです。▼
馴れ初めを上手く
説明することはできませんでしたが…▼
これだけははっきりと言えます。▼
シグレは私とアクア様が
愛し合って生まれた大切な子供ですからね。▼
[シグレ]
父さん…
俺にはその言葉だけで充分です。▼
[スズカゼ]
これからもシグレの成長を
ずっとそばで見守らせてくださいね。▼
[シグレ]
ありがとうございます、父さん。▼

ツバキ

[ツバキ]
あっ、シグレー!
良かった、無事そうでー。▼
[シグレ]
父さん!▼
[ツバキ]
残念だよねー、この状況。
せっかくお祭り気分になってたのにさー。▼
[シグレ]
大丈夫ですよ。敵を全て倒せば、
お祭りも再開されるはずです。▼
[ツバキ]
それはそうなんだけどねー。
楽しみにしてた分、気分の落差がさー。▼
[シグレ]
父さんはお祭りが好きなんですね。
知りませんでした。▼
[ツバキ]
ただのお祭りなら別にいいんだけどさー。
今日は特別なお祭りでしょ?▼
子供の成長を祝い、更なる成長を願う…
そういうの今までできなかったからさー。▼
[シグレ]
父さん…▼
[ツバキ]
ま、本当は今更、
そんなことを願わなくてもいいんだけどねー。▼
シグレはもう充分、
立派に育ってくれてるからさー。▼
[シグレ]
そんな…俺なんかまだまだです…
何もかもが完璧な父さんに比べたら…▼
[ツバキ]
…………▼
シグレが俺を認めてくれているのは
素直に嬉しいと思うよ。▼
でも、俺と自分を比べる必要はないよ。
シグレにはシグレのいいところがあるし。▼
[シグレ]
ははは。
そうでしょうか…▼
[ツバキ]
それに俺だって、
完璧じゃないこともあるんだよー?▼
[シグレ]
えっ?
そうなんですか?▼
[ツバキ]
父親としての自分。
これは完璧だとは思えないな…▼
長い間、息子を秘境に閉じ込めちゃったし、
父親らしいこともあまりできなかった…▼
…むしろ、父親失格と言っていいかもね。▼
[シグレ]
そ、そんなことはありません!
父さんは…立派な父さんです!▼
秘境での暮らしだって、
俺の安全を考えてのことです。▼
俺はちゃんと理解していますから…
自分を父親失格だなんて…言わないでください。▼
俺の大好きな父さんのことを悪く言うのは、
父さん自身でも許しません。▼
[ツバキ]
シグレ…▼
ありがとう、シグレ。
もう二度と言わないと約束するよ。▼
[シグレ]
はい。▼
[ツバキ]
じゃ、お詫びとして…
今日は思いっきり一緒に遊ぼうー。▼
今まで聞けなかったシグレのわがまま、
なんでも聞いてあげるよー!▼
[シグレ]
ありがとうございます、父さん。▼
じゃあ俺、屋台の食べ物を
たくさんおねだりしちゃいますからね。▼
[ツバキ]
いいよー。
全部の屋台を完全制覇しちゃおうー!▼
[シグレ]
あはは、それは楽しみですねー!▼
ではそのためにも…
俺は賊の討伐に戻ります。▼
お祭りを完璧に再開させましょうね、
父さん!▼
[ツバキ]
うんっ!
それはもう、完璧にねー!▼

サイラス

[シグレ]
父さん、ちょっとお聞きしたいことが
あるのですが…▼
[サイラス]
ああ。いいぞ。
なんでも聞いてくれ。▼
[シグレ]
父さんは、母さんのどんなところを
好きになったのですか?▼
[サイラス]
ええっ!?▼
な、なんだよ、いきなり。
どうしてそんなことを知りたいんだ?▼
[シグレ]
理由は聞かないでください。
今は言えません。▼
[サイラス]
…言わなきゃ教えてあげられないぞ。
大事なことなんだからな。▼
[シグレ]
えー…▼
[サイラス]
えーってなぁ…▼
[シグレ]
…………▼
…わかりました。▼
実は今…歌を作っているんです。▼
その歌詞に、父さんが母さんに
どう惚れたかっていうところを入れたいんです。▼
[サイラス]
か、歌詞にか!?
それはまた、どうして…▼
[シグレ]
その曲を、二人の結婚記念日に
贈ろうと思うのです。▼
[サイラス]
結婚記念日…!
ああ、そういうことか…!▼
ありがとう。
お前って本当に優しい奴だな。▼
だったら、話すことにするよ。▼
[シグレ]
ありがとうございます。▼
[サイラス]
ええと、昔…俺は寝ている間に
魔物に襲われたことがあってな…▼
そこにアクアが現れて、
倒してくれたんだ。▼
そのときのアクアの顔が…
その…▼
[シグレ]
…………▼
[サイラス]
美しすぎたんだ…!▼
あの瞬間、俺の心は
みんな持ってかれたようなものでさ。▼
それ以来、今でも…
俺はアクアが大好きなんだ。▼
[シグレ]
なるほど。
ありがとうございます、参考になりましたよ。▼
でも…あはは。
聞いてるとちょっと照れくさいですね。▼
[サイラス]
そうだろ?
でも俺はもっと照れくさい気持ちだ。▼
…ちなみにさ。
アクアはなんて言ってたんだ?▼
[シグレ]
えっ?▼
[サイラス]
俺が好きになったポイントは今、話した通りだ。
でも、アクアは?▼
[シグレ]
あはは、気になるんですか?▼
[サイラス]
あ、当たり前だろう。▼
[シグレ]
こればかりは言えません。
歌になってのお楽しみということで。▼
[サイラス]
うぅ…気になる!
その歌はいつになったら聴けるんだ?▼
[シグレ]
ですから、次の結婚記念日です。▼
でも曲作りに難航したら、
さらに次の年になるでしょうが…▼
[サイラス]
な、何だよ! そんなの先すぎるだろ…
何とかして最短で仕上げるんだ!▼
[シグレ]
ええっ!?▼
…あ、でも今…
いい感じのメロディが浮かんできたような…▼
[サイラス]
本当か?
がんばれ! もっともっと浮かべろ!▼
よし、賊は俺に任せておけ!
お前は曲作りに集中するんだ! いいな!▼
[シグレ]
あはは、わかりました。
では父さん、頼みますね!▼
[サイラス]
さあ賊ども!
狙うなら俺を狙えーっ!▼

サイゾウ

[シグレ]
父さん、わたあめの屋台がありますよ。
お祭りが再開したら、一緒に食べませんか?▼
[サイゾウ]
わ、わたあめか…▼
[シグレ]
あ…!
父さんは甘味が苦手でしたね。▼
つい忘れていました…
すみませんでした。▼
[サイゾウ]
あ、謝る必要などない。
それに、食べないとは言っていない!▼
[シグレ]
じゃあ食べるんですか?▼
[サイゾウ]
…………▼
[シグレ]
…無理なんですね。▼
[サイゾウ]
…シグレよ。
俺のことは気にするな。▼
今日はせっかくの祭りなのだ。
お前の好きなことをやればいい。▼
俺は楽しんでいるお前の事を
背後から見守っている。▼
[シグレ]
そんなの嫌ですよ。
なんだか怖いですし。▼
俺は…父さんと一緒に楽しみたいです。▼
[サイゾウ]
そ、そうか…▼
確かに今まで俺は、
お前をあまりかまってやれなかった。▼
…よし、わかった。
甘味以外であれば。▼
[シグレ]
本当ですか?▼
[サイゾウ]
これもまた父としての勤め。
遠慮せずにやりたいことを言え。▼
背後ではなくお前の陰で、
にこやかに楽しんでやろう。▼
[シグレ]
わあ…! なら、むこうにあった
忍者屋敷に一緒に入りたいです。▼
[サイゾウ]
に、忍者屋敷!?▼
[シグレ]
はい。中に入ると忍者の人形が
お出迎えしてくれるんです。▼
壁が愉快にくるくると回り、
当たっても痛くない手裏剣を投げ、▼
わかりやすく書かれた
やさしい忍術の書を読み…▼
[サイゾウ]
おいやめろ!
そんな生ぬるい屋敷に入るな!!▼
どうせなら本物の
忍者屋敷に連れて行ってやる。▼
そこでは一瞬でもスキを見せれば
天井から槍が降ってくるぞ!!▼
[シグレ]
…………▼
[サイゾウ]
…違う。違うな。
ついムキになってしまった。▼
くるくる回る壁、いいではないか。
たのしい忍者屋敷…一緒に入ろうな…▼
[シグレ]
はいっ。▼
[サイゾウ]
今日くらいは…な。
楽しく…ほがらかに…お前と遊ぶぞ。▼
[シグレ]
嬉しいです。
ありがとうございます、父さん。▼

アサマ

[シグレ]
…あ。
と、父さん…▼
[アサマ]
シグレ。
後ろにある大きな袋はなんですか?▼
[シグレ]
…いや、その。▼
[アサマ]
おや?
この…きな臭い匂いは…▼
…………▼
私はダメな親ですねえ。
間違った教育をしてしまったようです。▼
[シグレ]
えっ?▼
[アサマ]
これは火薬の匂いです。
あなたは大量の火薬を隠していますね。▼
[シグレ]
ううっ…▼
[アサマ]
図星のようですね。
ほら、見せなさい。▼
[シグレ]
…………▼
[アサマ]
…なんとまあ、火薬がぎっしり。
よくこれだけの量の火薬を集めましたねえ…▼
あなた、この火薬で
何をしようとしていたのです?▼
賊の連中を一気に吹き飛ばすのですか?▼
それは違いますねえ。
だとしたら、私に隠す理由がありませんから。▼
つまり、導き出される答えは1つ。▼
あなたはこの火薬で反社会的な行いを
しようとしている…違いますか。▼
[シグレ]
それは誤解です!▼
俺はこの火薬で花火を
作ろうと思っていたんです。▼
[アサマ]
は、花火?▼
[シグレ]
はい。お祭りに合わせて
ドカーンと一発、打ち上げようと思って…▼
もちろん、花火のことは
十分に勉強してあります。▼
[アサマ]
…………▼
そ、そ、それはそれは…
大いなる誤解をしてしまいましたねぇ…▼
[シグレ]
いえ…びっくりするのも当然だと思います。▼
[アサマ]
しかし、花火とは…
ずいぶん思い切りましたねえ。▼
あなたは派手なこととは程遠い、
大人しい子だと思っていましたよ。▼
[シグレ]
最近、よく思うんです。
人はいつ死ぬかわからない。▼
だからやりたいと思ったことをやろうって。▼
[アサマ]
…………▼
…シグレ、それはいい考えかたですよ。
実に私好みです。▼
[シグレ]
本当ですか?▼
[アサマ]
よし、わかりました。▼
私も花火作りに
協力しようではありませんか。▼
[シグレ]
えっ、うれしいです。
助かります、ありがとうございます!▼
…あ。
でも、慎重に扱ってくださいね。▼
これだけの火薬が爆発したら
大変なことになりますから。▼
[アサマ]
あっはっは。
まあ、そうなったらそうなったです。▼
真っ黒焦げのおもしろ親子として
祭りの笑いを独占しようではありませんか。▼

ツクヨミ

[ツクヨミ]
シグレよ、今日は特別な祭りの日だ。▼
だから、祭りが再開したら
なんでも望みを言うがいい。▼
[シグレ]
ありがとうございます、父さん。
本当になんでもいいんですか?▼
[ツクヨミ]
ああ。
なんでもいいぞ。▼
子の成長を願い、祝う祭りだからな。
こんな日くらいはわがままを言え。▼
[シグレ]
じゃあ、はずれの方にあった…
お化け屋敷に入ってみたいです。▼
[ツクヨミ]
なに!?
お化け屋敷!?▼
…………▼
よし、わかった。
好きなだけ一人で入ってこい。▼
[シグレ]
俺は父さんと一緒に入りたいんですが…▼
[ツクヨミ]
あはは…私に気を使う必要などないぞ。▼
お化け屋敷は恐怖を楽しむ場所。
一人の方がより楽しめるだろう?▼
[シグレ]
いや、だから…
父さんと一緒じゃないと…▼
[ツクヨミ]
そうか…
それほどまでに父との同行を願うか。▼
お前のその気持ち、嬉しいぞ。
思わず涙が出てしまいそうだ。▼
だが、悲しいかな…▼
父は身長制限があるゆえ
お化け屋敷には入れぬのだ…▼
[シグレ]
ないですよ。
お化け屋敷に身長制限は…▼
[ツクヨミ]
…………▼
[シグレ]
…………▼
[ツクヨミ]
うっ…!!
ううう…!!!!▼
すまない、シグレ…!
父さんは、お化け屋敷が怖いんだ…!▼
本当に申し訳ない…
こんな、こんな不甲斐ない父親で…!▼
[シグレ]
や、やっぱり…▼
いいんですよ父さん。
俺が悪かったです。▼
じゃあ俺、父さんと一緒に
わたあめが…▼
[ツクヨミ]
いや! 妥協はよそう!
これ以上お前に我慢をさせたくはない。▼
私は大人として腹を括った。
…お化け屋敷、入るぞ。▼
但しひとつだけお願いがある。▼
[シグレ]
なんでしょう?▼
[ツクヨミ]
屋敷内では歌を歌っていてくれ…
そうすれば、怖くなくなるかもしれん。▼
[シグレ]
ははは。わかりました。
お安い御用ですよ、父さん。▼
[ツクヨミ]
頼んだぞ。
できるだけ、明るい曲でな。▼

ヒナタ

[ヒナタ]
シグレ!
今度、俺に歌を教えてくれないか?▼
[シグレ]
と、父さんに歌を…ですか?
そうです…ね…▼
[ヒナタ]
な、なんだよ、その言い方!
俺には歌は無理だってのか!?▼
[シグレ]
い、いえ!
そんなことはありません!▼
も、もちろん、
俺でよければご指導します。▼
[ヒナタ]
ははは!
ありがとうな、シグレ!▼
[シグレ]
歌は心ですからね、父さん。
上手い下手ではなく、心が重要なんです。▼
そのことを忘れずにがんばりましょう。
心、心です。わかりましたね、父さん?▼
[ヒナタ]
わ、わかった!▼
[シグレ]
ではまず、簡単な歌から始めましょう。▼
澄み渡る川の流れ…♪
煌く木漏れ日は永久に…♪▼
[ヒナタ]
ぼえぇぇぇぇぇぇ♪▼
[シグレ]
…父さん。▼
澄み渡る川の流れ、です。
誰もぼえぇ、とは歌っていませんよ。▼
[ヒナタ]
えっ!?
俺、ぼえぇって歌ってたのか!?▼
[シグレ]
…………
では、続けてみましょう。▼
煌く木漏れ日…♪▼
[ヒナタ]
ぼえぼえぼえぇぇぇぇ♪▼
[シグレ]
…すみません、父さん。▼
これ以上、続けてしまうと
俺の中の何かが壊れてしまいそうです…▼
[ヒナタ]
そ、それはやばいな!
わかったぜ、歌を教わるのはあきらめる!▼
[シグレ]
すみません、父さん…
俺が不甲斐ないばかりに…▼
[ヒナタ]
いや、本当のことを言うとさ、
歌を教わるのが目的じゃなかったんだ。▼
俺はお前と
少しでも一緒にいたかったからさ。▼
こんな妙なお願いをしたってわけだ。▼
[シグレ]
そうだったのですか…▼
[ヒナタ]
ほら、付き合わせちまったお礼にこれをやるよ。▼
白夜の山奥の清流にしか生えない、
滋養強壮によく効く野菜なんだぜ。▼
[シグレ]
これ、俺の大好物の野菜です…▼
父さん…
また今度、歌を一緒に歌いましょう。▼
上手く教えることは
できないかもしれませんが…▼
それでもまた…
俺は父さんに歌を教えたいです。▼
[ヒナタ]
ははは。
ありがとうな、シグレ。▼

タクミ

[タクミ]
賊の襲撃か。
これではせっかくの祭りが台無しだよ。▼
[シグレ]
俺、父さんと祭りを回るの
すごく楽しみにしてたのに…残念です。▼
[タクミ]
さっさと賊を退治して
祭りを再開させないといけないね。▼
[シグレ]
…………▼
[タクミ]
どうしたの、シグレ?
調子でも悪いのか?▼
[シグレ]
あの、父さん…
少し聞き辛いことを聞いてもいいですか?▼
[タクミ]
聞き辛いこと?
なに? 話してみなよ。▼
[シグレ]
父さんと母さんは…
血は繋がってなくても姉弟なんですよね。▼
その…結婚するとき…
何か抵抗はなかったのかな、って。▼
[タクミ]
なんだ。そんなことが聞きたかったのか。
別に大した質問じゃないね。▼
頭の固い連中からの抵抗はあったさ。
だが、そんなもの何も問題じゃなかった。▼
[シグレ]
どうしてですか?▼
[タクミ]
僕のアクアに対する気持ちは
確固として揺ぎ無かったから。▼
[シグレ]
ふふ。父さんは母さんを…
本当に愛しているんですね。▼
[タクミ]
ちょっ…照れくさいこと言うなよ。
まあ、その通りだけど。▼
そして、シグレが生まれてくれたことで…▼
僕たちの選択は間違ってなかった、
そう確信したよ。▼
[シグレ]
父さん…▼
俺も父さんたちの子として生まれて…
すごく幸せです。▼
この気持ちを歌にして、
今から父さんに…▼
[タクミ]
ええ!? 今はいいよ!
その、戦闘中だし!!▼
[シグレ]
そうですか…では賊を片付けた後で。▼
[タクミ]
うん…それならまあ、いいかな。
でも、もうこの話の続きはしないよ?▼
さすがにこれ以上続けたら、
顔から火が出てしまいそうだし…▼
[シグレ]
ははは。
わかりました、父さん。▼
今日は可愛い父さんの一面が見られて
とっても嬉しいですよ。▼

ニシキ

[シグレ]
…………▼
[ニシキ]
シグレ、空を見上げてどうしたんだい?
おいしそうなものでも浮かんでいるのかな?▼
[シグレ]
あはは。
空には雲しかありませんよ、父さん。▼
[ニシキ]
そうだよねぇ。
じゃあ、雲を眺めていたのかい?▼
[シグレ]
いえ、特にそういうわけでもないんですが…▼
[ニシキ]
じゃあ、ボーっとしていたわけだ。
戦闘中の余裕ってやつだね。▼
[シグレ]
す、すみません…▼
[ニシキ]
いいんだいいんだ。▼
シグレのそういうところ、
きっとボクに似たんだろうし。▼
[シグレ]
そうなんですね。
なら、この癖も嬉しいです。▼
[ニシキ]
でもまぁ、一応気をつけておくれよ。
シグレに何かあったら大変だからさ。▼
キミが元気に過ごしていてくれることが
ボクの心の平穏の絶対条件なんだからさ。▼
[シグレ]
父さん…
俺も同じです。▼
父さんが元気でいてくれないと、
空を飛んだとしても、心は晴れないでしょう。▼
[ニシキ]
ははは。大切な人が増えると
それだけ平穏を保つのが難しくなるんだねぇ。▼
でも、それでも…
大切な人が増える方がきっといいんだよね。▼
[シグレ]
はい…その方がいいです。
俺がいるのは大切な人たちのおかげですから。▼
それは父さんや母さんや…
この軍にいる仲間たち。▼
それからあの日、
秘境で死んでしまったみんなのおかげです…▼
[ニシキ]
シグレには、辛い思いを沢山させてしまったね。
でも、これからはボクがそばにいるから。▼
[シグレ]
ふふ…おかげでいつでも、
このふわふわの尻尾を触ることができます。▼
[ニシキ]
キミはボクの尻尾が好きだねぇ。▼
[シグレ]
父さんの毛並みは世界一ですから。▼
[ニシキ]
あはは、ありがとう。
いつでも枕にしていいよ。▼
早く2人で並んで
ボーっとできる世の中になるといいなぁ。▼
そのためにもがんばらなくちゃね。
シグレ。▼
[シグレ]
はい、父さん…▼

リョウマ

[シグレ]
父さん、ちょっといいですか?▼
[リョウマ]
なんだ?▼
[シグレ]
…………▼
ご、ごめんなさい…
やっぱり…なんでもないです…▼
[リョウマ]
おい、シグレ。
話しかけておいてそれはないだろう。▼
さあ、言え。
なんだ?▼
[シグレ]
…いえ、実は1つ…
頼みごとをしようと思ったのですが…▼
やっぱり…いいです…▼
[リョウマ]
ははは、まったく…
親子そろって…▼
[シグレ]
親子そろって…とは?▼
[リョウマ]
アクアも人に頼るのが苦手な質だ。
だから以前から何度も言ったものだ。▼
遠慮せず、俺を頼れとな。▼
[シグレ]
…………▼
では…その…言います…▼
今日ののど自慢大会…
家族で…その…合唱を…しませんか…▼
[リョウマ]
!?▼
[シグレ]
い、いえいえ…
やっぱり言うべきではありませんでしたね…▼
や、やっぱり無理ですよね。
第一王子が公衆の面前で歌うなんて…▼
[リョウマ]
…どんな歌を合唱するのだ?▼
[シグレ]
「健やかなる子ら」という歌です…▼
[リョウマ]
そのような歌は聴いたことがないが…▼
[シグレ]
ああ、俺が作詞作曲しました。
今日のために。▼
お祭りにきている全ての子どもたちの
健やかな成長を願う歌です。▼
[リョウマ]
…………▼
いいだろう、お前の心意気に惚れた。
俺も歌うぞ。
[シグレ]
えっ…▼
[リョウマ]
むしろ第一王子として絶対に歌うべき。
そんな気がしてきた。▼
[シグレ]
ほ、本当ですか?▼
[リョウマ]
ああ、男に二言はない。▼
[シグレ]
で、では…これが楽譜です。
父さんに歌ってほしいのは、こことここと…▼
[リョウマ]
わかった。
賊を蹴散らしつつ、目を通しておこう。▼
[シグレ]
よかったです…
楽しみにしています!▼
[リョウマ]
俺もだ。
いい祭りにしような。▼
[シグレ]
は、はい!▼

ハロルド

[シグレ]
父さん、逃げないでください!
今日こそ教えてくださいよ!▼
[ハロルド]
い、い、嫌だ! 絶対に言わないぞっ!
逃げろーっ!▼
[シグレ]
あっ! 父さん!
前! 落とし穴!▼
[ハロルド]
えっ!?
うわーーーーーーーーーーーっ!▼
[シグレ]
…………▼
…見事に落ちましたね…
でも、これでもう逃げられませんよ。▼
生まれて初めて、落とし穴に感謝です。▼
[ハロルド]
うぅ…▼
[シグレ]
父さん、いいじゃないですか。
教えてくださいよ。▼
プロポーズのとき、
どういう歌を母さんに贈ったのか。▼
その歌を聞かせてくれるだけでいいんです。▼
[ハロルド]
…い、いや…というかそもそも…
どうしてあの歌を聞きたいのだ?▼
[シグレ]
俺、父さんと母さんの結婚記念日に
曲を作って贈りたいと思ってるんです。▼
そのことを母さんに相談したら、
父さんの歌は聞いておくべきだと言われて…▼
[ハロルド]
…………▼
あ、あぁ…
そういう理由だったのか。▼
すまない…てっきり歌を聞いて
からかうのが目的かと思ってな…▼
[シグレ]
違いますよ。
尊敬する父さんにそんなことしません。▼
[ハロルド]
わ、わかった。
では…お前のために歌おう…▼
あー、あー…
ゴホン…▼
…少年が恋に落ちたのは…
少女の瞳が悲しげで儚くて…▼
そして何より美しかったから…▼
ちょ、ちょっと待った!▼
[シグレ]
どうしたんですか?
いい感じだったのに…▼
[ハロルド]
いや、何が悲しくて、
私は落とし穴の中でこの歌を…▼
せっかくだから、ちゃんと歌いたい。
まず、ここから引っ張り出してくれないか?▼
[シグレ]
絶対に逃げずに歌ってくれますか?▼
[ハロルド]
もちろんだ。
賊を倒して心を落ちつかせたら、歌うと誓う!▼
[シグレ]
わかりました。
では、はい! どうぞ!▼
[ハロルド]
ふぅ…助かった…
感謝する…▼
[シグレ]
では後ほど、神社あたりで待ち合わせを。▼
落とし穴に落ちたり荷馬車にひかれたり
しないように、用心してきてくださいね!▼
[ハロルド]
もちろんだとも!
神輿にだってひかれやしないさ!▼
[シグレ]
ならいいです。
俺も用心して…あっ。▼
[ハロルド]
なんということだ…
そこにも落とし穴があったとは。▼
シグレも待ち合わせに遅れぬよう、
気をつけてくれたまえよ。▼
[シグレ]
はい…気をつけます。▼

オーディン

[シグレ]
父さん。
弟子入り試験の続きをお願いします。▼
[オーディン]
…え?今やるのか?
戦闘中だぞ?▼
[シグレ]
でも、今、俺の体は
闇の力で暴走しかけています。▼
この最善たる状態で
試験を受けさせてください!▼
[オーディン]
…ふっ、ならば仕方ない。
いいだろう。思い切り暴走させてみろ!▼
[シグレ]
ありがとうございます!
今日は何を詠唱すればいいですか?▼
[オーディン]
そうだな…今日は…あぁ、
シンドラルゲーター・キンスメッソルでどうだ?▼
[シグレ]
シンドラルゲーター・キンスメッソル…▼
[オーディン]
これは反逆者たちを操る術で…
数ある俺の術の中でも五本の指に入る秀作だ。▼
無慈悲なウイニングメモリーや
悦楽のトラウリングと同様、▼
アクアとの思い出にも満ちているし…
お前にはいつか詠唱してもらおうと思っていた。▼
[シグレ]
わ、わかりました!▼
[オーディン]
…よし。
では手本を見せるぞ。▼
…出でよ…我が異端なる道化師たち…
闇の深淵より顔を覗かせるがいい…▼
いくぞ…必殺!
シンドラルゲーター・キンスメッソル!▼
[シグレ]
…す、すごいですね…
あまりの迫力に…言葉が出ません…▼
[オーディン]
だろうな。
さあ、お前もやってみろ。▼
[シグレ]
わかりました。
行きます!▼
…出でよ…我が異端なる道化師たち…
闇の深淵より顔を覗かせるがいい…▼
いくぞ…必殺!
シンドラルゲーター・キンスメッソル!▼
[オーディン]
…………▼
[シグレ]
…と、父さん?
ダメだったでしょうか…▼
[オーディン]
…いや。体躯に愉悦が充溢し…
言霊が亡失してしまっただけだ…▼
[シグレ]
えっ?▼
[オーディン]
平たく言うと、うれしさのあまり
言葉を失ってしまったってことだ。▼
[シグレ]
ということは…▼
[オーディン]
ああ、詠唱の試験・その四はクリアだ。
よくやったな!▼
[シグレ]
よかった…
ありがとうございます!▼
[オーディン]
しかし、気を抜くな。
まだ弟子入りが決定したわけではない。▼
お前の体に選ばれし者の紋章が出るまで
俺はお前の師匠になるつもりはない…▼
[シグレ]
体に紋章…▼
[オーディン]
なんてな。まあそれは別に出なくても
まったく気にするものではなくて…▼
[シグレ]
あ。でも最近、
体に変なアザが出てきましたよ。▼
[オーディン]
えっ!?▼
[シグレ]
それが何か…
妙な形をしていたような…▼
[オーディン]
な、な、なんだとーーーーーーっ!?▼
今すぐに見たい…早急に確認したいが…
…そ、そ、そ、その話はあとにしよう!▼
賊のいない平和な状態で、
じっくり見せてくれ!▼
[シグレ]
…わ、わかりました!▼
では弟子入りに期待を抱きつつ…
賊の殲滅に全力を注ぎます!▼
[オーディン]
じゃあ終わったら神社に集合だ!
楽しみにしてるからなーっ!▼

ゼロ

[ゼロ]
シグレ。
屋台で食べたいものはあるか?▼
せっかくの祭りだ。
好きなものを買ってやるぞ。▼
[シグレ]
本当ですか?
えっと…俺が食べたいのは…▼
うーん…
ちょっと考えさせてください。▼
…………▼
ああ…
肉の腸詰めなんか、イイですね。▼
ギンギンに膨れ上がった腸詰めから
汁がしたたり…▼
[ゼロ]
!?▼
[シグレ]
その旨みが舌を濡らすかと思うと、
考えるだけでゾクゾクしてきます…▼
[ゼロ]
ちょ、ちょっと待て!
お前…今の言葉遣いは何だ?▼
[シグレ]
えっ?
なんの話ですか?▼
[ゼロ]
なんの話って…▼
お前…今、言っただろ…▼
「腸詰めがイイ」とか…
「ゾクゾクする」とか…▼
[シグレ]
ほ、本当ですか!?
もしかしたら、無意識のうちに?▼
確かに最近、会話しているときとか…
ふと相手の顔を見ると、▼
なぜか白い目で見られていることが
ありますけど…もしかして。▼
[ゼロ]
おいおい…困ったな。
間違いなく俺の影響だ。▼
お前には、オレのようにはなってほしくないと
思っていたのに…▼
アクアだって、びっくりするぞ。▼
[シグレ]
そうでしょうね…▼
[ゼロ]
まあ、俺の言葉遣いの意味は
アクアには伝えてあるが…▼
お前が突然そんな話し方をしたら
家族会議待ったなしだろうな。▼
仕方ない、今夜二人で話し合おう。
戦闘も祭りも終わったら俺のところに来い。▼
[シグレ]
はい、わかりました。
場所はどうしましょう。▼
[ゼロ]
場所は…そうだな…▼
[シグレ]
祭りが終わった後なら、夜ですよね。
俺、月の見える場所がイイです。▼
今日は満月らしいですから。▼
[ゼロ]

シグレは月が好きなのか?▼
[シグレ]
はい、見ていると何故かとても
満たされた気分になるんです。▼
特に満月の下で歌うと声が澄んで、
素敵な気分になるんですよ…▼
[ゼロ]
…………▼
…シグレ。
話し合いはやめだ。▼
[シグレ]
ええっ!?▼
[ゼロ]
俺はお前が自分に似てしまうことを
嫌だと思っていた…▼
せっかくアクア似の綺麗なカオなのに、
俺みたいな中身は相応しくないからな。▼
でも俺に似てイイこともあったからな。▼
だから、そのままでいい。
お前は好きに生きろ。▼
[シグレ]
父さん…▼
でも俺、父さんと話したかったんです。
せっかくの機会なのに…▼
[ゼロ]
ふっ…わかったよ。
可愛い息子のおねだりだ。▼
祭りが終わったら集まって、
他愛のない話をしよう。▼
…大きな満月でも見ながらな。▼
[シグレ]
ありがとうございます、父さん。
俺、楽しみにしていますね。▼
ギンギンに膨れ上がった月を見ながら、
父さんとイイことするの。▼
[ゼロ]
…シグレ。
やっぱり少し考えようか。▼

ラズワルド

[シグレ]
ふんふん…
ここでこうして、くるっとターン…▼
[ラズワルド]
シグレ…
き、君…踊れるの!?▼
[シグレ]
と、父さん!?▼
見られてしまいましたか…
は、恥ずかしいです…▼
[ラズワルド]
びっくりだよ…
君…踊りに興味があったの?▼
[シグレ]
はい…実はそうなんです。
最近、こっそり練習したりしていて。▼
今度みんなの前で歌うときにも…
踊りをつけてみようかと思ってます。▼
[ラズワルド]
へえー!
それ、すっごくいいと思うな!▼
君は僕の息子だし、
きっといい踊りを披露できると思うよ!▼
[シグレ]
そう言ってもらえるとうれしいのですが…▼
いざ本番を前にすると、
恥ずかしいし、自信がなくなってきて…▼
[ラズワルド]
うん、わかるよ。
僕も前はそんな感じだったんだ。▼
[シグレ]
えっ、父さんが!?▼
[ラズワルド]
そうだね。でも、アクアのおかげで…
僕は自分の踊りに自信がもてるようになった。▼
[シグレ]
母さんのおかげで?▼
[ラズワルド]
いやー、アクアはすごい人でね。▼
ある日、踊りを見ただけで、
僕の自信のなさを指摘してくれたんだ。▼
それで僕は変わることができたんだ。
逆に開き直ったっていうのかな。▼
「僕を見て。この踊りを見て」って
思えるようになったのさ。▼
[シグレ]
「僕を見て。この踊りを見て」ですか…▼
[ラズワルド]
そう思うだけで、全然違うものだよ。
シグレもがんばってみて。▼
[シグレ]
はい、わかりました。▼
では俺もそのぐらいの気持ちで
みんなの前に立ってみようと思います。▼
[ラズワルド]
シグレなら、きっとできるよ。▼
それに、いい歌と踊りを披露できれば、
ナンパ成功率もかなり上がると思うし!▼
それをバネにがんばるんだ!▼
[シグレ]
いやー…
ナンパは俺、あんまり興味ないですから…▼
[ラズワルド]
あはは。僕の息子なら、
そろそろこの感覚にも目覚めるはずだよ。▼
可愛い女の子を見ると、
なんかこう、ドキドキしない?▼
[シグレ]
!! するかもしれません…▼
[ラズワルド]
そうだろ!?▼
[シグレ]
この美しい方を絵に描きたい…って!▼
[ラズワルド]
そっちか!▼
まあ、ナンパの方に興味が出てきたら、
いつでも言って。▼
腰を据えて相談に乗るからね!
もちろん、踊りの方も。▼
[シグレ]
はいっ。でもその前に…
賊をこの手で踊らせてきちゃいますね?▼
[ラズワルド]
頼もしいね。
僕も援護するよ!▼

ブノワ

[ブノワ]
シグレ、お前はよく空を飛んでいるな…▼
[シグレ]
ええ、父さん。
空はとても気持ちがいいですよ。▼
高いところにいると、
悩みが全てちっぽけに思えるんです。▼
[ブノワ]
そうか…
そういうものなのか…▼
…だが、怖くはないのか?
落ちたら死ぬんだぞ?▼
[シグレ]
怖いと思ったことはないですね。
落ちることもないと思いますし。▼
[ブノワ]
…………▼
…シグレ、これが何かわかるか?▼
[シグレ]
これは…お守りですか?
でも、すごくボロボロですね。▼
[ブノワ]
これは俺が握り締めていたものだ…
お前が空を飛んでいるのを見る度にな…▼
見ている方は気が気ではない…
毎回、心臓が縮みあがってしまう…▼
[シグレ]
そ、そんなに心配を
かけてしまっていたなんて…▼
すみません、父さん…
父さんの気も知らずに俺は…▼
[ブノワ]
かまわん…
俺が勝手に心配しているだけだ…▼
俺に気を使って…
飛ぶのを止める必要はない…▼
子供には子供の生き方がある…
俺はそれを遠くから見守るだけだ…▼
[シグレ]
父さん…▼
[ブノワ]
お前はアクアに似て…
とても勇敢に育ってくれた…▼
俺は…それがとても嬉しい…▼
[シグレ]
ふふ。ありがとうございます。
でも俺は父さんにも似ていますよ。▼
森で歌っていると、他の動物たちよりも
なぜか熊がいちばん寄って来ますから。▼
それでいつも、
仲良しになるんです。▼
[ブノワ]
ふっ…それは間違いなく、
俺に似たのだな…▼
[シグレ]
はい。歌うのはいつも、
「繋がりの歌」です。▼
[ブノワ]
それは…▼
[シグレ]
父さんと母さんの
思い出の歌ですよね。▼
戦いが終わったら、今日も空を飛んで…
俺はその歌を歌います。▼
大切な両親のことを思いながら。▼
[ブノワ]
…ああ。
楽しみにしている。▼
たまにはお守りを持たずに、
見守っていよう…▼

レオン

[レオン]
シグレ、少しいいかい?▼
[シグレ]
はい、何でしょう。▼
[レオン]
…………▼
…いや、やっぱりいいや。
忘れてくれ。▼
[シグレ]
いえ、言ってくださいよ。
気になってしまいます。▼
[レオン]
すまない。
でもなんだかその…▼
話して拒否されたらどうしようとか
そういうことを考えてしまってさ…▼
[シグレ]
父さん、何を言っているんですか。
俺が父さんを拒否すると思いますか?▼
だから、言ってみてください。▼
[レオン]
…………▼
…わかった。▼
…じ、実は今日…
お前に歌詞を渡したいと思っているんだ。▼
[シグレ]
歌詞?▼
[レオン]
…お前もアクアも歌が得意だろう。
でも、僕は違う。▼
だから少し…
アクアとシグレの親子関係に妬けてしまってね。▼
シグレがアクア似なことはわかってる。
でも…▼
僕もシグレの親なのに、
どうしてあんな風に接せないんだろう、って…▼
ずっとそう思っていたんだ。▼
それで僕も、シグレともっと親子らしく…
親しくなる道をいろいろ模索した。▼
そこで思い当たったのが、作詞だったんだ。▼
僕が作詞して、シグレに歌ってもらう。
これなら受け入れてもらえるかなって思って…▼
[シグレ]
父さん…▼
[レオン]
…その日から僕は日記を漁った。
結婚した日のこと、お前が生まれた日のこと…▼
いろんな家族の風景を思い出しながら、
お前に対する気持ちを綴ってみたんだ。▼
で、昨日、やっと完成したんだけどさ…
さっき見直したら、恥ずかしくなってきて…▼
こ、これは暗夜王国の…いや…
僕の家庭の恥さらしなのではと…▼
[シグレ]
は、恥だなんて
思わないでください!▼
[レオン]
え…▼
[シグレ]
とても興味があります。
ぜひ歌わせてください!▼
[レオン]
ほ、本当か?
まだ見てもいないのに?▼
[シグレ]
それがどれだけの思いで書かれたものなのか、
今の話だけでわかります。▼
ありがとうございます…父さん。▼
父さんが俺のことを、
そんな風に大切に思ってくださっていたなんて。▼
父さんの想いのこもった歌詞を歌うなんて、
考えただけでワクワクします…▼
だから、ぜひ!▼
[レオン]
わかった…
そう言ってもらえてうれしいよ。▼
でも、渡すのは賊を倒してからにしようかな。▼
今、渡したら…
戦いに集中できそうにないからね。▼
[シグレ]
あはは、わかりました。
ではあとで、楽しみにしていますからね。▼
歌詞を見たら…
すぐに曲を考えてみます。▼
[レオン]
ほ、本当か?
なんか…ドキドキしてくるな。▼
お前たちはいつも、
こんなに楽しい空気を共有していたのか…▼
[シグレ]
あはは、そうですよ。
そして今日からは、父さんも一緒です!▼
これからずーっと、
一緒ですよ!▼

フランネル

[フランネル]
シグレ! 祭りってやばいな!
お宝がそこら中に転がっているぜ!▼
[シグレ]
父さん…
またゴミ拾いをしているのですか?▼
[フランネル]
ゴミじゃねえよ!▼
ほら!
折れた焼き鳥の串!▼
[シグレ]
何が、ほら! なのかよくわかりません…▼
俺はそれよりも、この祭りの風景に
宝物のような風情を感じます…▼
石造りの灯篭が規則的に並ぶ姿、
一対の鳥居…歴史と浪漫を感じます。▼
[フランネル]
れ、れきし? ろまん?▼
俺はそっちのほうがよくわかんねえぜ。
ただの風景じゃねえか。▼
おかしいなぁ。
父子なんだからわかりあえると思ったのによ。▼
この焼き鳥の串はどう見たって
お宝だろ…▼
[シグレ]
父さんの感性は少し独特ですからね。▼
そういう意味では
父さんは芸術家肌なのではないのでしょうか?▼
[フランネル]
はっはっは!
まーなー!▼
ということは、シグレのそういう才能は
俺の血ってことになるな!▼
[シグレ]
確かに俺はよく絵を描きますし…
そうなのかもしれませんね。▼
[フランネル]
やっぱ姿は似ていなくても、
中身は似てくるもんなんだな。▼
け、けど別に、
すげえ嬉しいとか思ってねえし!?▼
[シグレ]
ははは。
父さん、尻尾振りすぎですよ。▼
[フランネル]
し、仕方ねえだろ!
勝手にこうなっちまうんだから!▼
[シグレ]
俺と似ていることを
そんなに喜んでくれるんですね…▼
俺も…すごく嬉しいです。▼
[フランネル]
へへ、もしお前にも尻尾があったら
今頃ぶんぶん振ってるんだろうな。▼
お前さ、危ないときや困ったときは
すぐに俺に言うんだぞ?▼
お前は俺の大切な息子だからな。
何がなんでも俺がお前を守ってやるから!▼
それから、俺の知らないところで
勝手に苦しむとかもナシだからな!▼
[シグレ]
はい…
ありがとうございます、父さん。▼

マークス

[マークス]
シグレ。
このあとは用事などあるか?▼
[シグレ]
いえ、特にないです。▼
[マークス]
そうか。ならば少し…
隊のことで相談したいことがあるのだ。▼
[シグレ]
わかりました。
また、おいしいものを食べながらですか?▼
[マークス]
そうだ。
ただ話し合っても、つまらんだろう?▼
[シグレ]
…もう。
本当に、父さんは優しい方ですね。▼
[マークス]
ん? 優しい?▼
[シグレ]
知っての通り、
俺は今、悩みを抱えています。▼
自分はどういう大人になっていけばいいのか…
そう考えるとわからなくなって…▼
それで俺の悩みが深くなってくると、
父さんは相談ごとを持ちかけてきます。▼
でも、その相談ごとは
すぐに終わってしまいますよね。▼
それで、あとは
おいしいものを食べながら…▼
父さんは俺のいいところを
遠回しに褒めてくれて…▼
[マークス]
…………▼
[シグレ]
…きっと父さんは
俺の気持ちを察してくれて…▼
励ます口実を作るために、ありもしない
相談ごとを持ちかけてくれたんですよね。▼
[マークス]
…………▼
[シグレ]
そういう父さんの優しさ、尊敬しています。
本当にすごい人だと思います。▼
[マークス]
…何を言っているのだ。
それは誤解だ、曲解するな。▼
私は本気でお前に相談したいことがある。
それだけのことだ。▼
[シグレ]
いいえ、わかってるんですよ。▼
今まで黙っていましたが…
実は、母さんから話は聞いているのです。▼
[マークス]
何?▼
[シグレ]
結婚前…母さんが落ち込んでいると、
父さんは軍議などの口実を作り…▼
母さんを連れ出してくれたって。▼
その度においしい料理をご馳走してくれて、
励ましてくれたって。▼
[マークス]
…………▼
まったく…お前たちには困ったものだ。
だから、それも彼女の誤解だ。▼
私は国のことを第一に考える人間。
そのような生ぬるい行いはしない。▼
[シグレ]
あはは。そういう言い訳をするところも
かわいいと、母さんが言っていました。▼
[マークス]
…いや、だから本当に…▼
[シグレ]
俺も母さんに同感です。
かわいいって思います。▼
[マークス]
なっ…▼
…まあいい。▼
とにかく、賊を倒したら
隊の作戦について相談させてもらう。▼
気を抜かずにいるのだぞ。▼
[シグレ]
わかりました。
お腹を空かせて、楽しみに待っていますね。▼
さて…では俺も、王子として…
民たちのために頑張って戦ってきます!▼
[マークス]
ああ、その勇姿、
しかと目に焼き付けておこう。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • ブノワの「握り諦めていた」というところって「握り絞めていた」の方の漢字じゃないんですね。 -- 2019-10-05 (土) 14:38:08

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 05 Oct 2019 14:38:09 UTC