Top > 会話集 > 支援会話 > ベルカ

ベルカの支援会話

マイユニット(男性)

マイユニット(女性)

ジョーカー

ジョーカーのページへ

スズカゼ

スズカゼのページへ

サイラス

サイラスのページへ

ハロルド

ハロルドのページへ

オーディン

オーディンのページへ

ゼロ

ゼロのページへ

カミラ

カミラのページへ

ルーナ

ルーナのページへ

ラズワルド

支援C

[ラズワルド]
やぁ、ベルカ!▼
[ベルカ]
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
こんな街角で何してるの?
ヒマなんだったらお茶でもしない?▼
[ベルカ]
うるさい…▼
[ラズワルド]
うるさいって…
そんなこと言わないでよ…▼
僕は君と少しおしゃべりしたいだけ。
君の笑顔が見たいんだ。▼
[ベルカ]
うるさいって言ってるでしょう…
本当に黙ってて…▼
[ラズワルド]
ええー…
僕のこと嫌いなの?▼
だとしたら少しだけチャンスをくれないかな。
きっと僕に興味を持ってくれると思うから!▼
[ベルカ]
あっ、気付かれた…▼
[ラズワルド]
どうしたの?
広場のほうをじっと眺めて…▼
あれ? あの女の人…
どこかで見たことがあるような…▼
ねえ、ベルカ。
もしかしてあの女の人を見張ってたの?▼
[ベルカ]
くっ…
逃げられた…▼
あなたのせいよ…▼
[ラズワルド]
えっ?▼
[ベルカ]
あなたのせいで逃げられたといったの。▼
…急いで追わなきゃ。▼
[ラズワルド]
…なになに?
どういうこと?▼
全然わからないんだけど…▼

支援B

[ラズワルド]
ねえ、ベルカ!▼
[ベルカ]
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
こないだはどうしちゃったの?▼
怖い顔で女の人を眺めて…▼
気付かれたとか逃げられたとか
言ってたけど…▼
[ベルカ]
…………▼
あの女は殺し屋よ。▼
[ラズワルド]
えっ?
こ、殺し屋?▼
[ベルカ]
…あいつは最近、
王族の殺しを企てているらしいの。▼
探して探して、やっと見つけて、
少しずつ距離を詰めていたのに…▼
あなたのせいで逃げられたのよ…▼
[ラズワルド]
ご、ごめん…▼
でも、それを見張ってたってことは、
ベルカ…▼
[ベルカ]
ええ、あいつを殺すつもりだった。
私も殺し屋だから…▼
[ラズワルド]
…………▼
[ベルカ]
あいつが殺しを成功させたら、
あなたのせいだから。▼
[ラズワルド]
そんな…▼
[ベルカ]
わかったら、もう私の邪魔をしないで。▼
(ベルカ退場)
[ラズワルド]
あ、ベルカ…!!▼
…困ったな。
なんとかできないかな…▼
…………▼
…ん?
でも、待てよ。▼
あの逃げた女の人…
どこかで見たことあるんだよね。▼
…いや、見ただけじゃない。▼
そうだ!
あの女性と僕は確か…▼
一緒にお茶をしたことがある!▼

支援A

[ベルカ]
ラズワルド。▼
[ラズワルド]
あっ、ベルカ。
どうしたの。▼
[ベルカ]
…私、あなたのことを見くびっていたわ。▼
まさか…
あの女殺し屋を捕まえるなんて…▼
[ラズワルド]
あはは。
別に大したことないよ。▼
[ベルカ]
いいえ。私はあいつの尾行すら
満足にはできなかった…▼
なのにあなたはいとも簡単に
あの女を捕まえたわ。▼
一体どんな技を使ったというの…▼
まさか、あなたも殺し屋…?▼
[ラズワルド]
ええっ!?
僕は殺し屋じゃないよ!▼
あの女の人とは一度、
お茶をしたことがあったからさ。▼
[ベルカ]
お茶?▼
[ラズワルド]
そう。
ナンパしたらついて来てくれたの。▼
だからまたお茶をしませんかって
近づいて…▼
油断したところを捕まえたんだよ。▼
[ベルカ]
…そう。
あの女はとんだ尻軽だったわけね。▼
[ラズワルド]
そ、そんなことはないよ。▼
お茶について来てくれる子は
みんないい子だし。▼
[ベルカ]
みんな…?▼
あなた、他にも不特定多数の女性と
交流をしているの?▼
[ラズワルド]
まあ、成功した時はね。▼
はぁ…それにしてもいくら殺し屋とは言え、
騙すなんて気が引けたなあ…▼
他にお茶をした子たちの中にも、
そういう子がいるのかなぁ…▼
[ベルカ]
…………▼
[ラズワルド]
ベルカ?▼
[ベルカ]
…ラズワルド。
私とお茶をしましょう。▼
[ラズワルド]
えっ!? もしやこれは、
ベルカからのデートの申し込み…▼
[ベルカ]
…違うわ。
情報収集に付き合ってもらうの。▼
男女二人連れだと怪しまれないし…
この町には他にも危険人物がいるもの。▼
お茶をしながら見張るのよ。▼
[ラズワルド]
えーっ?▼
せっかくのお誘いだけど、
そういうのに付き合うのは…ちょっと…▼
[ベルカ]
いいから。
きて。▼
[ラズワルド]
ええっ!?
ベ、ベルカ、力つよっ!?▼
で、でも…女の子から
こんなに強引に誘われるのって、▼
なんか新鮮でいいかも…▼

支援S

[ラズワルド]
ベルカ。▼
[ベルカ]
ラズワルド…どうしたの。▼
[ラズワルド]
この前のデート、楽しかったね。
誘ってくれてありがとう。▼
[ベルカ]
…あれはデートじゃない。
ただの情報収集よ。▼
[ラズワルド]
でも…ぜんぜん楽しくなかったって
わけじゃないよね?▼
[ベルカ]
…………▼
[ラズワルド]
そっか。ありがとう。▼
…ねえ、ベルカ。
いきなりだけど…▼
これを受け取ってくれないかな。▼
[ベルカ]
これは…指輪?▼
[ラズワルド]
そう、結婚指輪だよ。▼
ベルカ、僕と結婚してほしい。▼
[ベルカ]
…どうして…?▼
[ラズワルド]
どうして、って?▼
[ベルカ]
私なんかと結婚しなくても…
あなたのまわりにはたくさん女性がいる。▼
[ラズワルド]
それは誤解だよ。▼
確かに僕は
いろんな女の子に声をかける。▼
でも、いつも
こっぴどくフラれてるからね。▼
[ベルカ]
…………▼
…見る目のない女が多いのね。▼
[ラズワルド]
あはは。
そう言ってくれるのはベルカだけだよ。▼
最初は君のこと、すごく冷たい子だって…
そう思っちゃったけど、▼
今はすごく温かい眼差しで僕を見てくれる。▼
そういうところ…
たまらなく好きなんだ。▼
[ベルカ]
…ラズワルド…▼
[ラズワルド]
僕は君を一生愛するよ。
だから結婚してくれないかな。▼
[ベルカ]
…私なんかでよければ。▼
[ラズワルド]
ありがとう!
とってもうれしいよ!▼
[ベルカ]
でも、一つだけ条件がある…▼
[ラズワルド]
ん? なに?▼
[ベルカ]
私…あなたとお茶をして…
気付いたことがあるの…▼
飲食店の中にいる人たちが
みんな笑顔なこと…▼
家族や恋人や友達がいて…
とても、楽しそうだった…▼
あんな光景は、初めて見たの…▼
だから…
私も…▼
[ラズワルド]
…ベルカ?▼
[ベルカ]
情報収集が無くても…
たまには、あなたと町に出かけたい。▼
家族として…
手を繋いだり…話をしたり…▼
そういう普通のことを、
私もしてみたい…▼
[ラズワルド]
!! ベルカ…!▼
うん、お安い御用だよ!
これからもたくさんデートをしよう!▼
ベルカがおばあちゃんになっても、
お洒落なお店でお茶を飲もうね!▼
[ベルカ]
ありがとう…
ラズワルド…▼

ブノワ

支援C

[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
…何か用?▼
[ブノワ]
いや…
用というわけではないが…▼
お前は…
無口な奴だな、と思ってな…▼
[ベルカ]
…………▼
必要なことがあれば話す…
必要がなければ話さない…▼
ただ…
それだけのこと…▼
[ブノワ]
そうか…▼
[ベルカ]
それに…
無口なのはあなたも同じ…▼
[ブノワ]
同じではない…▼
俺は話をしたいが…
上手く話ができないのだ…▼
[ベルカ]
そう…
不器用なのね…▼
[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
でも…
私には関係ない…▼
[ブノワ]
そうだな…▼
[ベルカ]
じゃあ…
行くわ…▼
[ブノワ]
次は…▼
[ベルカ]
?▼
[ブノワ]
次に合うときは…
何か話題を用意しておく…▼
[ベルカ]
…好きにすればいい。▼

支援B

[ブノワ]
ベルカ…
お前は無表情だな…▼
[ベルカ]
…………▼
まさかとは思うけど…▼
今のが…
以前、用意すると言っていた話題?▼
[ブノワ]
…まずかったか?▼
[ベルカ]
いや…
別になんでもかまわない…▼
[ブノワ]
そうか…
では、会話をすることができるな…▼
[ベルカ]
…………▼
確かに私は無表情…
で、それがどうかした?▼
[ブノワ]
どうしたもこうしたも…
俺がそう思っただけだ…▼
[ベルカ]
そう…
なら、会話もこれでお終いね…▼
[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
…………▼
ブノワはどうして…
私と会話がしたいの?▼
[ブノワ]
理由などない…▼
[ベルカ]
理由もないのに、
私と会話をしたいの?▼
[ブノワ]
…おかしなことだろうか?▼
[ベルカ]
さあ?
私にはよくわからないけど…▼
[ブノワ]
ベルカは仲間だから…
それじゃダメか?▼
[ベルカ]
仲間だから…
会話をしたいということ?▼
[ブノワ]
ああ…
そうだ…▼
[ベルカ]
そんなの意味がないわ。▼
私は依頼さえあれば、
誰でも殺す女…▼
…たとえ仲間でも。▼
殺す可能性がある相手と
馴れ合いたくはないわ。▼
[ブノワ]
…………▼

支援A

[ブノワ]
ベルカ…
…元気か?▼
[ベルカ]
放っておいて…
迷惑なの…▼
[ブノワ]
迷惑…
何がだ?▼
[ベルカ]
そうやって私に…
必要もないのに話しかけてくることよ…▼
[ブノワ]
…………▼
…ベルカ。
…元気か?▼
[ベルカ]
今の私の話が聞こえなかった?▼
苦手なの。そういうの…
だから、放っておいて…▼
[ブノワ]
苦手か…▼
というより
慣れてないだけに見えるがな。▼
[ベルカ]
えっ?▼
[ブノワ]
だったら慣れればいい。▼
それに安心しろ。
俺は強い。▼
[ベルカ]
…どういうこと?▼
[ブノワ]
もし仮にだ。▼
俺の殺人依頼をお前が受けたとしても
簡単には殺されたりはしない。▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
…元気か?
…ベルカ。▼
[ベルカ]
…………▼
…ええ。
体に異常はないわ。▼
[ブノワ]
そうか…
それはよかった…▼
[ベルカ]
ふっ…
慣れればいいか…▼
確かにそうかもしれない…▼
私は…
今までとは違う環境にいるのだから…▼
[ブノワ]
では…
なんでもない会話を続けよう…▼
[ベルカ]
わかったわ…
ブノワ…▼

支援S

[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
鳥が…▼
[ベルカ]
ええ…
飛んだわね…▼
[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
…俺と結婚をしてくれないか?▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
俺は…
ベルカを愛している…▼
[ベルカ]
…………▼
私は…
誰かを愛したことがない…▼
[ブノワ]
…そうか。▼
[ベルカ]
…………▼
だけど…▼
ブノワが側にいると…
私の心はすごく落ち着いている。▼
[ブノワ]
俺も同じだ…▼
[ベルカ]
会話を交わさなくても…
ブノワが側にいるだけで嬉しい…▼
[ブノワ]
それも…
同じだな…▼
[ベルカ]
ブノワのことを考えると…
胸の鼓動が早くなる…▼
[ブノワ]
ああ…
俺もだ…▼
[ベルカ]
…………▼
…そうか。
これが誰かを愛するということなのね。▼
[ブノワ]
ああ…▼
[ベルカ]
私はブノワを愛し…
ブノワは私を愛してくれている…▼
[ブノワ]
ああ…▼
[ベルカ]
…………▼
[ブノワ]
…………▼
[ベルカ]
私…
ブノワと結婚する…▼
[ブノワ]
そうか…▼
[ベルカ]
誰かを愛し…
誰かに愛される…▼
私、よくわからないけど…
今、すごく幸せだと思う…▼
[ブノワ]
ああ…
俺もだ…▼
[ベルカ]
ありがとう…
ブノワ…▼

シャーロッテ

支援C

[シャーロッテ]
あら、ベルカじゃない。▼
[ベルカ]
…………▼
[シャーロッテ]
無視しないでよ。
そんなんじゃ男にモテないわよ。▼
[ベルカ]
…モテなくてもいいわ。
…興味ないもの。▼
[シャーロッテ]
強がっちゃって…
本当はモテたいくせに。▼
[ベルカ]
強がってなんかないわ…▼
そういうのが…
よくわからないだけよ…▼
[シャーロッテ]
そうなの。
人生、損してるわね。▼
[ベルカ]
私にとっては…
男とか女とか関係ないの…▼
殺す相手か…
殺さない相手…▼
それしか判断基準はないわ…▼
[シャーロッテ]
物騒なのね、ベルカって。▼
[ベルカ]
そうね…▼
[シャーロッテ]
でも、刃を突き立てるだけが…
男を殺す方法でもないのよ?▼
[ベルカ]
…そうなの?▼
[シャーロッテ]
そうよ。
もしよければ、教えてあげるけど?▼
[ベルカ]
…少しだけ興味が出てきたわ。▼

支援B

[シャーロッテ]
じゃ、刃物を使わずに
男を殺す方法を伝授してあげるわね。▼
[ベルカ]
ええ…
お願いするわ…▼
[シャーロッテ]
まずは胸元が開いた服を着ること。
これで大体の男たちはイチコロよ。▼
[ベルカ]
…それだけでいいの?▼
[シャーロッテ]
ええ。
男を殺すにはこれだけで十分。▼
[ベルカ]
…信じられないわ。▼
[シャーロッテ]
ふふふ。
そう思うなら試してみれば?▼
胸元が開いた服を着たベルカを見れば
男たちは必ず骨抜きになると思うわ。▼
[ベルカ]
骨抜き!?
初耳よ…そんな殺しの方法は。▼
でも、私は…
胸元が開いた服なんて持ってない…▼
この鎧はカミラ様のお下がりだけど…
今みたいに胸元は開いていないし…▼
[シャーロッテ]
あら、一着も持ってないの?▼
じゃあ、手作りのお弁当を
作ってあげるなんてどうかしら?▼
[ベルカ]
わかったわ…
毒を入れるのね?▼
[シャーロッテ]
ざ、残念だけど不正解ね。▼
お弁当に入れるのは真心よ。
私に振り向いてくれますようにってね。▼
[ベルカ]
真心!?
そんなもので本当に男を殺せるの?▼
[シャーロッテ]
もちろんよ。
信用しなさい。▼
私はその方法で何度も
男たちの心臓を鷲づかみにしてきたんだから。▼
[ベルカ]
心臓を鷲づかみ!?
まさか…手作り弁当でそんなことが…▼
弁当を食べている隙に爪を突き立てる…?
いや…それとも…▼
[シャーロッテ]
どう?
勉強になるでしょ?▼
[ベルカ]
…ええ▼
刃物や毒を使わないで…
人を殺せる方法があったなんて…▼
この世にはまだまだ…
私の知らない方法が沢山あるのね…▼

支援A

[ベルカ]
シャーロッテ…▼
[シャーロッテ]
あら、ベルカじゃない。▼
[ベルカ]
シャーロッテ…
あなた、私にウソを教えたわね?▼
[シャーロッテ]
そんなつもりはないけど?▼
[ベルカ]
胸元が開いた服では…
男を殺すことなんてできないわ…▼
手作り弁当で…
心臓を鷲づかみにすることも…▼
[シャーロッテ]
ああ、誰かに確認したのね。▼
[ベルカ]
ええ…
カミラ様に話したの…▼
[シャーロッテ]
それで、どんな反応だった?▼
[ベルカ]
笑われたわ…
大笑いよ…▼
[シャーロッテ]
ふふふ。
それはかわいそうにね。▼
[ベルカ]
…………▼
[シャーロッテ]
でも、考えてみなさいよ。▼
私が教えた方法で
男を虜にしちゃえば…▼
その男を殺したも
同然だと思うけど?▼
[ベルカ]
カミラ様も…
同じようなことを言っていたわ…▼
[シャーロッテ]
ほらね?
血を流さなくても男は殺せるのよ。▼
[ベルカ]
でも、私には…
その方法は向いていないわ…▼
暗闇に潜み…
標的の急所に刃を突き立てる…▼
そっちの方が簡単よ…
その方法なら慣れているし…▼
[シャーロッテ]
ま、そうみたいね。▼
[ベルカ]
だけど…
少しだけシャーロッテを見直したわ…▼
私とは違う方法だけれど…
男を殺す術に長けているとわかったから…▼
同じ殺し屋として…
敬意を表するわ…▼
[シャーロッテ]
ふふ。
でも、男どもには内緒よ?▼
女の子には秘密があった方が
モテるんだから。▼

レオン

支援C

[レオン]
ベルカ。
前から気になっていたことがあるんだが…▼
[ベルカ]
…何?▼
[レオン]
お前の殺しの技術は目を見張るものがある。
一体、誰から教わったものなんだ?▼
[ベルカ]
…貧民街で出会った人よ。
…その人も殺しを生業としていたわ。▼
[レオン]
なるほど。
その人がお前の師というわけか。▼
[ベルカ]
…ええ。▼
[レオン]
お前の実力を見るに、
相当な腕前を持った師だったんだな。▼
名はなんというんだ?▼
[ベルカ]
さぁ…
知らないわ…▼
[レオン]
…師の名前を知らないのか?▼
[ベルカ]
その人が教えてくれたのは…
殺しの技術だけだから…▼
[レオン]
…………▼
その師は今、どこで何をしている?▼
[ベルカ]
死んだわ。
私が殺したから。▼
[レオン]
!?▼
…なぜ、殺したんだ?▼
[ベルカ]
仕事を請け負ったら標的がその人だった。
だから、殺した。▼
ただそれだけのことよ。▼
[レオン]
…………▼

支援B

[レオン]
ベルカ。改めて聞く。
なぜ、お前は師を殺したんだ?▼
[ベルカ]
どうして、そんなことを聞くの?▼
[レオン]
知りたいからだ。
お前がどんな人間なのかを。▼
[ベルカ]
…………▼
前にも言ったはず…
その人を殺せという依頼を受けたからよ…▼
[レオン]
お前は自分の師でも
依頼を受ければ殺すのか?▼
[ベルカ]
ええ、そうよ…▼
依頼を受ければ
どんな人でも私にとってはただの標的…▼
[レオン]
理解できないな。
そもそも依頼を断るという道はなかったのか?▼
[ベルカ]
断る理由がなかったから…▼
[レオン]
もしかして…
お前はその師を憎んでいたのか?▼
[ベルカ]
いいえ…
あの人を憎いと思ったことはない…▼
[レオン]
ならばなぜ…
そうも平気でいられるのだ…▼
[ベルカ]
…その人だったから。▼
[レオン]
えっ?▼
[ベルカ]
依頼に感情を挟むな。
心を殺して標的に向かえ。▼
そして、仕事が終わったら
依頼のことは全て忘れろ。▼
そう教えてくれたのも…
その人だったから…▼
[レオン]
…………▼
[ベルカ]
依頼を受けたから殺す…
命令をされたから殺す…▼
私がやっていることは…
今も昔も何も変わらない…▼
[レオン]
今でも殺しの依頼があれば
お前は誰でも殺すのか?▼
その標的が仲間や友人だったとしても。▼
[ベルカ]
…………▼
そうね…
断る理由が見つからないわ…▼
[レオン]
…………▼

支援A

[レオン]
ベルカ、か…▼
[ベルカ]
………▼
レオン様は私が怖い?▼
[レオン]
どういう意味だ?▼
[ベルカ]
言葉通りの意味よ。▼
[レオン]
ふっ…▼
僕がどれだけお前に気を許そうと、
依頼があればあっさり殺すんだろ?▼
[ベルカ]
…そうかもしれないわね。▼
[レオン]
だが不思議なもので、
僕はお前に恐怖を抱いてはいない。▼
[ベルカ]
…どうして?▼
[レオン]
お前の主であるカミラ姉さんが、
僕を殺せと命じるはずがないからだ。▼
[ベルカ]
でも、私が主を変える可能性もある…▼
その新しい雇い主が
あなたを殺せと命じたならば…▼
[レオン]
なるほど。
だが、それでも僕はお前を恐れはしない。▼
[ベルカ]
………▼
[レオン]
お前を恐れるのは
僕の敵になってからでいい。▼
起こってもいない事態を恐れるほど、
僕も暇じゃないからね。▼
[ベルカ]
…起きてからでは遅いかもしれないわ。▼
[レオン]
ふっ…お前はどうしても
僕に恐れて欲しいようだな。▼
[ベルカ]
………▼
[レオン]
だが、今のお前は僕の味方だ。
味方を恐れる必要などない。▼
[ベルカ]
…そうね。▼
私は今はレオン様の味方…
だから、レオン様の敵を殺すわ…▼
[レオン]
ああ。
よろしく頼む。▼

支援S

[レオン]
ベルカ。
お前にも殺せない者はいるか?▼
[ベルカ]
そうね…
当然、私より強いものは殺せないわ…▼
[レオン]
そうではなく、
心情的に殺せない人物だ。▼
[ベルカ]
…いない、と思う。▼
[レオン]
そうか…▼
[ベルカ]
…どうしてそんなことを聞くの?▼
[レオン]
お前は命令があれば、
仲間であっても殺せると言ったな。▼
[ベルカ]
…ええ。
殺せると思うわ。▼
[レオン]
では、仲間以上の
関係性を築いた者ではどうだ?▼
[ベルカ]
…どういうこと?▼
[レオン]
家族だ。▼
[ベルカ]
………▼
[レオン]
家族を殺せ…
万が一、そう命令されたとしたら…▼
お前は、お前の家族を殺せるか?▼
[ベルカ]
…わからない。
私には家族がいたことがないから。▼
[レオン]
お前は今まで、
愛されることを知らずに生きてきた。▼
だから…
誰かを愛することもできなかったのだろう。▼
[ベルカ]
…そうかもしれないわね。▼
[レオン]
だから、お前が愛されることを知れば…
お前も誰かを愛することができると思う。▼
そして、愛するものを殺せなくなる。▼
[ベルカ]
レオン様…
何がいいたいの?▼
[レオン]
ベルカ。
僕と結婚してくれ。▼
[ベルカ]
…………▼
[レオン]
僕はベルカを愛している。
だから、僕がお前に愛を教えよう。▼
[ベルカ]
レオン様が…
私を愛してくれるの?▼
[レオン]
ああ。
そうだ。▼
[ベルカ]
私には…
愛というものがよくわからないわ…▼
でも、今のレオン様の言葉を聞いて…
少し、胸が暖かくなった…▼
[レオン]
そうか。▼
[ベルカ]
この気持ちが…
誰かを愛するということ?▼
…………▼
まだわからない…
これが愛という感情かどうか…▼
[レオン]
無理もない。
今まで知らなかった感情なのだから。▼
[ベルカ]
でも、私は…
レオン様と一緒にいたいと願っている…▼
[レオン]
それだけで充分だ。
僕もお前と一緒になることを願っているから。▼
ベルカ。
この指輪を受け取ってくれ。▼
そして…
僕と結婚してくれるね?▼
[ベルカ]
…はい。レオン様。▼

フランネル

支援C

[フランネル]
おーっ!
ベルカじゃねえか!▼
[ベルカ]
フランネル…▼
[フランネル]
なあなあ!
これ見てくれよ!▼
卵を丸呑みしてる途中のヘビだぜ!▼
さっきそこで捕まえたんだけどよ!
すげえかっこよくね!?▼
[ベルカ]
…………▼
[フランネル]
それからこっちは鳴き虫の抜け殻だ!
琥珀色で綺麗だろー!?▼
[ベルカ]
…………▼
[フランネル]
む。反応薄いなー、ベルカは!
ウンとかスンとか言ってくれよ!▼
[ベルカ]
…なれなれしい。▼
[フランネル]
なれなれしい?
それって俺のことか?▼
[ベルカ]
…他に誰かいると思う?▼
[フランネル]
まぁ、別に
なれなれしくてもいいじゃねえか。▼
迷惑をかけてるわけでもねえしよ!▼
[ベルカ]
迷惑で目障りだわ…▼
[フランネル]
はっはっは!
そんなわけねーじゃん!▼
[ベルカ]
…………▼
(ベルカ退場)
[フランネル]
って、おい!
どこ行くんだよ、ベルカー!▼
待てよー!
もっとお宝見ていけよー!▼

支援B

[フランネル]
よう!
ベルカ!▼
[ベルカ]
目障りで迷惑だわ…▼
[フランネル]
判断、早っ!▼
っていうか、
俺はまだ何も言ってねーし!▼
[ベルカ]
そのまま黙っていて…
聞く気はないから…▼
[フランネル]
ひでえな!
お前はひでえ奴だな!▼
[ベルカ]
そうよ…
その認識で間違ってないわ…▼
[フランネル]
ひねくれてんなー。
何を食ったらそんなにひねくれんだよ?▼
[ベルカ]
食べ物は関係ないわ…
ただ、生き方が違うだけ…▼
[フランネル]
どんな生き方してきたんだよ?▼
[ベルカ]
…………▼
標的を殺して…
お金を得て生きてきたわ…▼
[フランネル]
ふーん。
なるほどなー。▼
でも、それってよ…
俺とあんま変わんなくね?▼
[ベルカ]
…どういうこと?▼
[フランネル]
俺も獲物を狩って、
肉を食って生きてきたんだぜ?▼
お前と同じようなもんだろ。▼
[ベルカ]
私は人間を殺してきたの…▼
[フランネル]
俺だってそうだぜ?▼
毛皮を狙う悪党がよくきたんだよ。
全部、返り討ちにしてやったけどな。▼
[ベルカ]
…………▼
それでも…
私とあなたは違う…▼
[フランネル]
どこがだよ?▼
[ベルカ]
私は…
常に一人だった…▼
仲間や家族と呼べる存在など…
私にはいなかった…▼
[フランネル]
そっか。
それは確かに俺と違うかもな。▼
まぁ、でもよ、
今は一人じゃねえだろ?▼
[ベルカ]
…………▼
(ベルカ退場)
[フランネル]
あっ、どこ行くんだよ!?
ベルカ!▼
待てってばー!▼

支援A

[フランネル]
おっ!
ベルカ発見!▼
[ベルカ]
フランネル…▼
…………▼
[フランネル]
あれ?
今日はひでえこと言わないんだな。▼
[ベルカ]
なんでそんなに…
私に話しかけてくるの?▼
[フランネル]
なんでってそりゃ…
偶然、見かけたから?▼
[ベルカ]
…ふっ。▼
[フランネル]
おっ!
初めてベルカの笑う顔を見たぜ!▼
[ベルカ]
私に用もないのに…
話しかけてくる人は…▼
ここにくるまでは…
そんなにいなかった…▼
[フランネル]
そうなのか?▼
[ベルカ]
でも、ここには…
そんな人たちがたくさんいる…▼
フランネルみたいな人たちが…
たくさん…▼
[フランネル]
まぁ、ここには
いろいろなやつらが集まってるしな。▼
[ベルカ]
戸惑うばかりよ…▼
私は人と接点を持つことに…
慣れていないから…▼
どんな顔をしていいのかも…
どんな話をすればいいのかもわからない…▼
[フランネル]
そんなに難しく考えるなよ!
会話なんか適当でもいいんだからよ!▼
[ベルカ]
ふっ…▼
確かにフランネルの話は…
いつも大した話ではなかった…▼
[フランネル]
む、難しい話だってできるんだぜ!?
あえてしないだけでよ!▼
[ベルカ]
きっと、
いつまでたっても…▼
こういう環境に…
慣れることはないと思うけど…▼
そんなに悪い気分ではない…▼
[フランネル]
ってことは、
これからはどんどん話しかけていいんだな?▼
[ベルカ]
あなたなら…
かまわない…▼
でも…
少しは実のある話をして…▼
[フランネル]
ははっ!
まかせておけって!▼
[ベルカ]
ふふっ…
期待しておく…▼

支援S

[フランネル]
よう、ベルカ!
元気か!?▼
[ベルカ]
ええ…
体調は良好よ…▼
フランネルも元気そうね…▼
[フランネル]
ああ!
飯を食ったばかりだからな!▼
[ベルカ]
ふっ…
単純なのね…▼
[フランネル]
そ、そうだ!
お前に渡したいものがあったんだ!▼
[ベルカ]
…私に?▼
[フランネル]
い、いきなりで…
驚くかもしれねえけど…▼
こいつをさ…
受け取ってくれねえかな?▼
[ベルカ]
…指輪。▼
[フランネル]
ああ。
きっと似合うと思うんだ。▼
[ベルカ]
…………▼
[フランネル]
…気に入らなかったか?▼
[ベルカ]
いや…
戸惑っているの…▼
フランネルはどういうつもりで
この指輪を私にくれるの?▼
[フランネル]
理由なんか…
一つしかねえだろ。▼
男が女に指輪をやるってことは…▼
つまり…その…▼
俺はベルカと…
結婚したいってことだ!▼
[ベルカ]
…………▼
[フランネル]
…嫌か?▼
[ベルカ]
私と…結婚…▼
[フランネル]
ああ。
俺は本気だ。▼
[ベルカ]
私は依頼があれば…
誰でも殺す女よ…▼
[フランネル]
ああ。
わかってる。▼
[ベルカ]
たとえ対象者が…
顔見知りであったとしても…▼
躊躇なく殺せる女なのよ?▼
[フランネル]
それもわかってる。
けど俺、お前に殺されない自信あるし?▼
[ベルカ]
でも…▼
[フランネル]
好きになっちまったんだから…▼
お前が気にすることなんか全部…
俺にとっては問題じゃねえよ。▼
[ベルカ]
フランネル…▼
[フランネル]
俺はお前と一緒に生きたい。
それ以外はどうでもいい。▼
[ベルカ]
…………▼
[フランネル]
結婚しようぜ。
ベルカ。▼
[ベルカ]
ありがとう、フランネル。▼
[フランネル]
そ、それじゃ…▼
[ベルカ]
…ええ。
よろしくお願いします。▼
[フランネル]
やった!
ありがとな!!▼

マークス

支援C

[ベルカ]
…………▼
[マークス]
…ベルカ。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
ベルカ?▼
[ベルカ]
…マークス様。▼
[マークス]
集中して武器の手入れか。
感心だな。▼
[ベルカ]
何か用?▼
[マークス]
いや、用という用は無いのだが…
たまには会話する機会を持とうと思ってな。▼
[ベルカ]
そう…
でも、下手に私に近づかないほうがいいわ。▼
[マークス]
なぜだ。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
武器の手入れの邪魔ということか?▼
[ベルカ]
そうじゃないの。▼
[マークス]
では、なぜ?▼
[ベルカ]
言いたくないの。▼
あなたにはわからないかもしれないけど…▼
言ったら全てが崩壊するようなひと言が、
この世の中にはあるのよ。▼
[マークス]
どういう意味だ?▼
[ベルカ]
…………▼

支援B

[マークス]
ベルカ。
なんとなくだが察しが付いた。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
お前…
何者かに私の殺しを依頼されたのだな?▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
そうなんだな?▼
[ベルカ]
どうしてわかったの。▼
[マークス]
勘だ。
それで誰に依頼された?▼
[ベルカ]
…言えないわ。▼
[マークス]
…………▼
お前は標的であれば
顔見知りでも躊躇なく殺す。▼
お前に殺しの技術を教えた人間も
殺しているらしいな?▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
それほど冷酷さを持つなら話は早い。
私を殺すつもりなら今ここでやれ。▼
[ベルカ]
!?▼
[マークス]
なぜ躊躇する。
殺し屋ベルカはそんなものなのか。▼
はっきり言っておく。▼
私を殺すという仕事を
受けた時点でお前の負けだ。▼
なぜなら私は
絶対にやられることがないからだ。▼
私が死ねば暗夜王国は混迷を極めるだろう。
そんなことには絶対にさせない。▼
暗夜のためとあらば、
私は躊躇なくお前を切り捨てる。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
それとも闇討ちの方が得意か。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
いいだろう。
ならばいつでも襲いにくるがいい。▼
喜んで受けて立とう。▼
[ベルカ]
…………▼

支援A

[ベルカ]
…マークス様▼
[マークス]
ベルカ、やっとやる気になったのか。▼
[ベルカ]
そうではないの。
私は報告をしたかっただけ。▼
[マークス]
報告?▼
[ベルカ]
…依頼主を殺してきたわ。▼
[マークス]
っ!?▼
…なぜだ。▼
[ベルカ]
あなたを殺すことはできない…
そう思ったから。▼
この間のあなたの目…
あんな威圧感を覚えたのは初めて…▼
あれが国を背負うものの目…▼
暗夜王国の過去、現在、未来…
その全てが私に伝わってきた。▼
[マークス]
…………▼
惨めだな。▼
私に威圧されて尻尾を巻き、
それで依頼主を殺したというのか。▼
[ベルカ]
…違うわ。▼
それだけは断じて違う。▼
私の今の主はカミラ様…
あなたを殺せば主が悲しむから…▼
だから…できない。▼
私が依頼主にそう言うと、
奴は私に斬りかかってきた。▼
だから返り討ちにしたまで。▼
そもそも私は
依頼はされたけど受けてはいないわ。▼
[マークス]
…………▼
[ベルカ]
…今日で隊を去るわ。▼
[マークス]
なぜだ?▼
[ベルカ]
なぜって…
言われなくてもわかるでしょう。▼
[ベルカ]
依頼を受けなかったとは言え、
私はあなたを殺す可能性があった者よ。▼
[マークス]
その程度の理由では、
隊をやめることは認めん。▼
[ベルカ]
どうして…▼
[マークス]
私の命を狙っている者は
暗夜王国の中でもごまんといる。▼
しかし、彼らが国民である以上、
私はそういう者たちも受け入れるつもりだ。▼
それが王になるための覚悟だ。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
…それにお前と私は似ている。▼
[ベルカ]
えっ?▼
[マークス]
私は国のためならば
心を殺して仲間でも斬る。▼
だから私にはなんとなくわかるのだ。
お前の気持ちがな。▼
[ベルカ]
マークス様…▼
[マークス]
だから何も気にするな。
これからも力を貸してくれ。▼
[ベルカ]
…………▼
わかったわ。▼
これからも私は闘う。
暗夜王国のために…

支援S

[マークス]
あれ以外、私を狙いにこないのだな。▼
[ベルカ]
なんども言うけど…
私は依頼を受けたわけではないから。
[マークス]
そうか▼
だが、私の心臓は
すでにお前に射貫かれているようだ。▼
[ベルカ]
え…?▼
[マークス]
ベルカ、結婚してくれ。
これは誓いの指輪だ。▼
[ベルカ]
マ、マークス様…▼
[マークス]
お前は親に捨てられた。
その傷が疼くのならば、私が癒す薬となろう。▼
お前と二人で愛を育んでいきたい。
そう思っている。▼
[ベルカ]
気持ちはとても嬉しい。▼
でも、私は殺し屋などと呼ばれている者…
暗夜王国の王妃にはなれないわ…
[マークス]
だからこそいいのだ。▼
[ベルカ]
えっ?▼
[マークス]
光だけでなく闇も知っている者でないと、
暗夜王国の王妃は務まらない。▼
[ベルカ]
…………▼
[マークス]
どうした。
私は返事を待っているのだ。▼
[ベルカ]
わからない…▼
ただ、私のここ…
胸の中がざわめくの…▼
悪い意味ではない…
とても心地よく…心が踊っているの…▼
…………▼
マークス様…
一つ聞きたいことがある…▼
もし私が妻になったとして…▼
国のために私を殺すことを迫られたら…
その時は私を殺す?▼
[マークス]
…………▼
…ああ。▼
[ベルカ]
…よかった。▼
不要な心配だったわね。
それでこそマークス様…▼
あなたのとの結婚、喜んでお受けするわ。▼
[マークス]
ありがとう。
とても嬉しいぞ。
さっそくだが、これから貧民街に行こう。▼
[ベルカ]
貧民街へ?▼
いいえ、あそこはダメ。
あなたが行くようなところではないから…▼
[マークス]
お前の全てが知りたいのだ。▼
だからまずは手始めに
お前が生まれ、育った場所に行きたい。▼
[ベルカ]
…わかったわ。
…でも、驚かないでね。▼
[マークス]
何が起きても動じないつもりだ。
大切なお前が生まれた故郷だからな。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • マークスとの支援Aの橋は今日なのでは? -- ウナジとはさみ? 2015-10-15 (木) 19:25:35

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 16 Sep 2019 11:19:17 UTC