Top > 会話集 > 支援会話 > フローラ

フローラの支援会話

マイユニット(男性・僕)

支援C

[フローラ]
あら…?
カムイ様。▼
ジョーカーとフェリシアの姿が
見当たりませんが…▼
[カムイ]
うん、ちょっと外してもらっているんだ。▼
二人にはいつも頑張ってもらっているからね。
たまには休んでもらわないと。▼
[フローラ]
そうですか。では私が二人の分も
お世話させていただきますね。▼
えっと、まず…▼
あ、カムイ様。
少し髪が乱れていますよ。▼
[カムイ]
え、そうかな。▼
[フローラ]
髪がちゃんとしているだけでも
気が引き締まるというもの。▼
厳しい状況を打開するためには
身だしなみからしっかりなさらないと。▼
はい、直りました。▼
[カムイ]
すまないね。▼
[フローラ]
あ、お召し物に葉っぱがついていますね。
お取りしますので動かないでください。▼
[カムイ]
うん。▼
[フローラ]
はい、取れました。▼
あら、足もとも少し汚れていますね。
拭いますから動かないでください。▼
[カムイ]
わ、わかった。▼
[フローラ]
…………▼
はい、きれいになりました。▼
[カムイ]
ありがとう。▼
改めて思うけど…▼
君はジョーカーやフェリシアとは
また違ったタイプのメイドだよね。▼
[フローラ]
ありがとうございます。▼ 
あ、肩に埃が。
お取りしますね。▼
[カムイ]
あ、ありがとう。▼

支援B

[フローラ]
はぁ…▼
[カムイ]
あれ、フローラ。▼
こんなところに一人でしゃがみこんで…
どうしたんだい?▼
[フローラ]
カムイ様…すみません。
お恥ずかしいところをお見せしてしまい…▼
[カムイ]
悩みごとかい?
だったら相談に乗るよ。▼
[フローラ]
…………▼
ありがとうございます。
では、お言葉に甘えて…▼
ご存じの通り、私はメイドです。▼
主のために細やかに気配りをし、
すみやかに家事全般をこなす。▼
それが私の仕事です。▼
[カムイ]
そうだよね。
そして君はそれを完璧にこなしている。▼
とても優秀なメイドだと思うよ。▼
[フローラ]
ありがとうございます。▼
でもたまに、そんな自分に…
疲れてしまうのです。▼
[カムイ]
…なるほど。▼
[フローラ]
すみません。
やはりお話しするべきではありませんでした。▼
だって皆さんは私よりも
もっと大変な悩みを抱えているはず。▼
そんな中で不満も言わずに
頑張っておられるのに…▼
[カムイ]
いや、いいんだよ。
それで。▼
少なくとも僕は嬉しかったな。
君の本音を聞けて。▼
[フローラ]
えっ?▼
[カムイ]
優秀なメイドにも悩みがあるなんて
人間らしくていいじゃないか。▼
親近感を覚えるよ。▼
[フローラ]
カムイ様…▼
[カムイ]
とりあえず今日は仕事は終わり。
何も考えないでぐっすり眠るんだ。▼
いいね。▼
[フローラ]
…わかりました。▼
あ、その前に…▼
カムイ様の髪を直して
差し上げたいと思っているのですが…▼
[カムイ]
それもなし。
今日は終わりだよ。▼
[フローラ]
わかりました…▼

支援A

[フローラ]
カムイ様っ。▼
[カムイ]
フローラ。
とても明るい表情をしているね。▼
[フローラ]
カムイ様に話を聞いていただき、
何も考えずにぐっすり寝てみました。▼
そうしましたら、この通り…!
すっかり元気になりました。▼
[カムイ]
それはよかった。
やっぱり心が疲れていたんだね。▼
これからは、自分にもちゃんと
気遣いしてあげるんだ。▼
[フローラ]
カムイ様は
本当に優しいですね。▼
[カムイ]
いや、別にそんなこと…▼
フローラが元気になったなら、
僕はそれでじゅうぶんだからさ。▼
[フローラ]
カムイ様…▼

《吹雪が吹く音》
[フローラ]
…………▼
う、うぅ…!▼
[カムイ]
うわわわ、フローラ!?
吹雪が…! 吹雪が起きたよ!?▼
[フローラ]
ごめんなさい…▼
カムイ様の優しさに触れて、
私、嬉しくて…感激して、つい…▼
すぐにでも止めたいところなんですが、
もう少し、いいですか?▼
[カムイ]
えっ?▼
[フローラ]
この寒さを使って、高ぶった感情を
落ち着かせたいんです…▼
[カムイ]
そ、そういうことか…
わかった…▼
[フローラ]
…………▼
[カムイ]
…………▼
…まだかい?▼
[フローラ]
はい…
もう少し…▼
[カムイ]
…そ、そろそろいいかい?
た…体温が…落ちていく…▼
このままじゃ…▼
[フローラ]
…ああ、なんだか落ち着きました。▼
[カムイ]
よかったよ…
危ないところだった…▼
[フローラ]
申し訳ありません。
お恥ずかしいところばかりお見せしてしまい…▼
[カムイ]
そんなことないよ。
逆にもっともっと見せてほしい。▼
メイドじゃなくて素顔の部分も。▼
[フローラ]
ありがとうございます!▼
カムイ様はメイドにも
気遣いのできる立派なお方…▼
これからもめいっぱい
お仕えしたいと思います。▼

支援S

[フローラ]
カムイ様…
どうされたのですか?▼
[カムイ]
来てくれてありがとう。
ちょっと話したいことがあってね。▼
[フローラ]
話したいこと…ですか?
なんでしょう…▼
あ、その前に…
お飲み物はどうされます?▼
[カムイ]
飲み物は今はいいよ。
それより大事な話があって…▼
[フローラ]
あ、また髪が少し乱れていますね。▼
はい、直りました。▼
[カムイ]
あ、ありがとう…▼
[フローラ]
あ、マントにゴミが…▼
はい、お取りしました。
完璧ですね。▼
…で、お話とはなんでしょうか?▼
[カムイ]
…………▼
その…
もう、やめてくれないかな。▼
[フローラ]
?▼
何をですか?▼
[カムイ]
メイドをもう…やめてほしいんだ。▼
[フローラ]
!?▼
な…なんという宣告…▼
私は戦うことも苦手ですし、
気遣いしか取り柄のない人間です。▼
そんな私にメイドをやめろというのは…▼

《吹雪が吹く音》
[フローラ]
…………▼
[カムイ]
な、なんか肌寒くなってきたぞ…▼
[フローラ]
…メイドを…やめたら…
…もう…私…生きている意味がありません…▼
[カムイ]
ち、違うんだ、フローラ!▼
メイドをやめろっていうのは
そういう意味じゃないんだ!▼
僕が言いたいのは…▼
僕と結婚してほしい…
ってことなんだ!▼
[フローラ]
…えっ?▼
[カムイ]
今度からはメイドではなく、
僕の奥さんとして側にいてもらいたい。▼
これはその証だ。▼
[フローラ]
…指輪?▼
[カムイ]
ああ、君に受け取ってほしい。▼
[フローラ]
…………
…うっ!▼

《吹雪が吹く音》
[カムイ]
フ、フローラ!
また吹雪が始まったよ…!▼
[フローラ]
ごめんなさい!
でも私、嬉しくって!▼
感激し過ぎて!▼
もう止まりません!▼
[カムイ]
ということは…君の返事は…▼
[フローラ]
もちろんです!
もちろんお受けさせていただきます!▼
[カムイ]
よかった…▼
[フローラ]
私、がんばります!
いっぱいいっぱいがんばります!▼
[カムイ]
な、なんだ…
さらに吹雪が強くなってきた…▼
た、体温が落ちていく…目の前がぼんやりと…▼
でもなんだろう…
すごく…幸せな気分だ…▼
[フローラ]
はい…! 私も…▼
(モーション、CV有り。)
[フローラ]
私も、とても幸せです…
こんな温かい気持ちを知ってしまったら、もう…戻れません。
どうかこれから、よろしくお願いしますね…

マイユニット(男性・俺)

支援C

[フローラ]
あら…?
カムイ様。▼
ジョーカーとフェリシアの姿が
見当たりませんが…▼
[カムイ]
ああ、ちょっと外してもらっているんだ。▼
二人にはいつも頑張ってもらっているからな。
たまには休んでもらわないと。▼
[フローラ]
そうですか。では私が二人の分も
お世話させていただきますね。▼
えっと、まず…▼
あ、カムイ様。
少し髪が乱れていますよ。▼
[カムイ]
え、そうか。▼
[フローラ]
髪がちゃんとしているだけでも
気が引き締まるというもの。▼
厳しい状況を打開するためには
身だしなみからしっかりなさらないと。▼
はい、直りました。▼
[カムイ]
すまないな。▼
[フローラ]
あ、お召し物に葉っぱがついていますね。
お取りしますので動かないでください。▼
[カムイ]
ああ。▼
[フローラ]
はい、取れました。▼
あら、足もとも少し汚れていますね。
拭いますから動かないでください。▼
[カムイ]
わ、わかった。▼
[フローラ]
…………▼
はい、きれいになりました。▼
[カムイ]
ありがとう。▼
改めて思うけど…▼
お前はジョーカーやフェリシアとは
また違ったタイプのメイドだよな。▼
[フローラ]
ありがとうございます。▼ 
あ、肩に埃が。
お取りしますね。▼
[カムイ]
あ、ありがとう。▼

支援B

[フローラ]
はぁ…▼
[カムイ]
あれ、フローラ。▼
こんなところに一人でしゃがみこんで…
どうしたんだ?▼
[フローラ]
カムイ様…すみません。
お恥ずかしいところをお見せしてしまい…▼
[カムイ]
悩みごとか?
だったら相談に乗るぞ。▼
[フローラ]
…………▼
ありがとうございます。
では、お言葉に甘えて…▼
ご存じの通り、私はメイドです。▼
主のために細やかに気配りをし、
すみやかに家事全般をこなす。▼
それが私の仕事です。▼
[カムイ]
そうだな。
そしてお前はそれを完璧にこなしている。▼
とても優秀なメイドだと思うぞ。▼
[フローラ]
ありがとうございます。▼
でもたまに、そんな自分に…
疲れてしまうのです。▼
[カムイ]
…なるほど。▼
[フローラ]
すみません。
やはりお話しするべきではありませんでした。▼
だって皆さんは私よりも
もっと大変な悩みを抱えているはず。▼
そんな中で不満も言わずに
頑張っておられるのに…▼
[カムイ]
いや、いいんだ。
それで。▼
少なくとも俺は嬉しかった。
お前の本音を聞けて。▼
[フローラ]
えっ?▼
[カムイ]
優秀なメイドにも悩みがあるなんて
人間らしくていいじゃないか。▼
親近感を覚えるな。▼
[フローラ]
カムイ様…▼
[カムイ]
とりあえず今日は仕事は終わり。
何も考えないでぐっすり眠るんだ。▼
いいな。▼
[フローラ]
…わかりました。▼
あ、その前に…▼
カムイ様の髪を直して
差し上げたいと思っているのですが…▼
[カムイ]
それもなし。
今日は終わりだ。▼
[フローラ]
わかりました…▼

支援A

[フローラ]
カムイ様っ。▼
[カムイ]
フローラ。
とても明るい表情をしているな。▼
[フローラ]
カムイ様に話を聞いていただき、
何も考えずにぐっすり寝てみました。▼
そうしましたら、この通り…!
すっかり元気になりました。▼
[カムイ]
それはよかった。
やっぱり心が疲れていたんだな。▼
これからは、自分にもちゃんと
気遣いしてやるんだ。▼
[フローラ]
カムイ様は
本当に優しいですね。▼
[カムイ]
いや、別にそんなこと…▼
フローラが元気になったなら、
俺はそれでじゅうぶんだ。▼
[フローラ]
カムイ様…▼

《吹雪が吹く音》
[フローラ]
…………▼
う、うぅ…!▼
[カムイ]
うわわわ、フローラ!?
吹雪が…! 吹雪が起きたぞ!?▼
[フローラ]
ごめんなさい…▼
カムイ様の優しさに触れて、
私、嬉しくて…感激して、つい…▼
すぐにでも止めたいところなんですが、
もう少し、いいですか?▼
[カムイ]
えっ?▼
[フローラ]
この寒さを使って、高ぶった感情を
落ち着かせたいんです…▼
[カムイ]
そ、そういうことか…
わかった…▼
[フローラ]
…………▼
[カムイ]
…………▼
…まだか?▼
[フローラ]
はい…
もう少し…▼
[カムイ]
…そ、そろそろいいか?
た…体温が…落ちていく…▼
このままじゃ…▼
[フローラ]
…ああ、なんだか落ち着きました。▼
[カムイ]
よかった…
危ないところだった…▼
[フローラ]
申し訳ありません。
お恥ずかしいところばかりお見せしてしまい…▼
[カムイ]
そんなことないぞ。
逆にもっともっと見せてほしい。▼
メイドじゃなくて素顔の部分も。▼
[フローラ]
ありがとうございます!▼
カムイ様はメイドにも
気遣いのできる立派なお方…▼
これからもめいっぱい
お仕えしたいと思います。▼

支援S

[フローラ]
カムイ様…
どうされたのですか?▼
[カムイ]
来てくれてありがとう。
ちょっと話したいことがあってな。▼
[フローラ]
話したいこと…ですか?
なんでしょう…▼
あ、その前に…
お飲み物はどうされます?▼
[カムイ]
飲み物は今はいい。
それより大事な話があって…▼
[フローラ]
あ、また髪が少し乱れていますね。▼
はい、直りました。▼
[カムイ]
あ、ありがとう…▼
[フローラ]
あ、マントにゴミが…▼
はい、お取りしました。
完璧ですね。▼
…で、お話とはなんでしょうか?▼
[カムイ]
…………▼
その…
もう、やめてくれないか。▼
[フローラ]
?▼
何をですか?▼
[カムイ]
メイドをもう…やめてほしいんだ。▼
[フローラ]
!?▼
な…なんという宣告…▼
私は戦うことも苦手ですし、
気遣いしか取り柄のない人間です。▼
そんな私にメイドをやめろというのは…▼

《吹雪が吹く音》
[フローラ]
…………▼
[カムイ]
な、なんか肌寒くなってきたぞ…▼
[フローラ]
…メイドを…やめたら…
…もう…私…生きている意味がありません…▼
[カムイ]
ち、違うんだ、フローラ!▼
メイドをやめろっていうのは
そういう意味じゃない!▼
俺が言いたいのは…▼
俺と結婚してほしい…
ってことなんだ!▼
[フローラ]
…えっ?▼
[カムイ]
今度からはメイドではなく、
俺の奥さんとして側にいてもらいたい。▼
これはその証だ。▼
[フローラ]
…指輪?▼
[カムイ]
ああ、お前に受け取ってほしい。▼
[フローラ]
…………
…うっ!▼

《吹雪が吹く音》
[カムイ]
フ、フローラ!
また吹雪が始まったぞ…!▼
[フローラ]
ごめんなさい!
でも私、嬉しくって!▼
感激し過ぎて!▼
もう止まりません!▼
[カムイ]
ということは…お前の返事は…▼
[フローラ]
もちろんです!
もちろんお受けさせていただきます!▼
[カムイ]
よかった…▼
[フローラ]
私、がんばります!
いっぱいいっぱいがんばります!▼
[カムイ]
な、なんだ…
吹雪がさらに強くなってきた…▼
た、体温が落ちていく…目の前がぼんやりと…▼
でもなんだろう…
すごく…幸せな気分だ…▼
[フローラ]
はい…! 私も…▼
(モーション、CV有り。)
[フローラ]
私も、とても幸せです…
こんな温かい気持ちを知ってしまったら、もう…戻れません。
どうかこれから、よろしくお願いしますね…

マイユニット(男性・私)

支援C

[フローラ]
あら…?
カムイ様。▼
ジョーカーとフェリシアの姿が
見当たりませんが…▼
[カムイ]
はい、ちょっと外してもらっているんです。▼
二人にはいつも頑張ってもらっていますからね。
たまには休んでいただかないと。▼
[フローラ]
そうですか。では私が二人の分も
お世話させていただきますね。▼
えっと、まず…▼
あ、カムイ様。
少し髪が乱れていますよ。▼
[カムイ]
え、そうですか。▼
[フローラ]
髪がちゃんとしているだけでも
気が引き締まるというもの。▼
厳しい状況を打開するためには
身だしなみからしっかりなさらないと。▼
はい、直りました。▼
[カムイ]
すみません。▼
[フローラ]
あ、お召し物に葉っぱがついていますね。
お取りしますので動かないでください。▼
[カムイ]
はい。▼
[フローラ]
はい、取れました。▼
あら、足もとも少し汚れていますね。
拭いますから動かないでください。▼
[カムイ]
わ、わかりました。▼
[フローラ]
…………▼
はい、きれいになりました。▼
[カムイ]
ありがとうございます。▼
改めて思いますけど…▼
あなたはジョーカーさんやフェリシアさんとは
また違ったタイプのメイドですよね。▼
[フローラ]
ありがとうございます。▼ 
あ、肩に埃が。
お取りしますね。▼
[カムイ]
あ、ありがとうございます。▼

支援B

[フローラ]
はぁ…▼
[カムイ]
あれ、フローラさん。▼
こんなところに一人でしゃがみこんで…
どうしたんですか?▼
[フローラ]
カムイ様…すみません。
お恥ずかしいところをお見せしてしまい…▼
[カムイ]
悩みごとですか?
だったら相談に乗りますよ。▼
[フローラ]
…………▼
ありがとうございます。
では、お言葉に甘えて…▼
ご存じの通り、私はメイドです。▼
主のために細やかに気配りをし、
すみやかに家事全般をこなす。▼
それが私の仕事です。▼
[カムイ]
そうですよね。
そしてあなたはそれを完璧にこなしています。▼
とても優秀なメイドだと思いますよ。▼
[フローラ]
ありがとうございます。▼
でもたまに、そんな自分に…
疲れてしまうのです。▼
[カムイ]
…なるほど。▼
[フローラ]
すみません。
やはりお話しするべきではありませんでした。▼
だって皆さんは私よりも
もっと大変な悩みを抱えているはず。▼
そんな中で不満も言わずに
頑張っておられるのに…▼
[カムイ]
いえ、いいんですよ。
それで。▼
少なくとも私は嬉しかったです。
あなたの本音を聞けて。▼
[フローラ]
えっ?▼
[カムイ]
優秀なメイドにも悩みがあるなんて
人間らしくていいじゃないですか。▼
親近感を覚えますよ。▼
[フローラ]
カムイ様…▼
[カムイ]
とりあえず今日は仕事は終わりです。
何も考えないでぐっすり眠るんです。▼
いいですね。▼
[フローラ]
…わかりました。▼
あ、その前に…▼
カムイ様の髪を直して
差し上げたいと思っているのですが…▼
[カムイ]
それもなし。
今日は終わりですよ。▼
[フローラ]
わかりました…▼

支援A

[フローラ]
カムイ様っ。▼
[カムイ]
フローラさん。
とても明るい表情をしていますね。▼
[フローラ]
カムイ様に話を聞いていただき、
何も考えずにぐっすり寝てみました。▼
そうしましたら、この通り…!
すっかり元気になりました。▼
[カムイ]
それはよかったです。
やっぱり心が疲れていたんですね。▼
これからは、自分にもちゃんと
気遣いしてあげてくださいね。▼
[フローラ]
カムイ様は
本当に優しいですね。▼
[カムイ]
いや、別にそんなこと…▼
フローラさんが元気になったなら、
私はそれでじゅうぶんですから。▼
[フローラ]
カムイ様…▼

《吹雪が吹く音》
[フローラ]
…………▼
う、うぅ…!▼
[カムイ]
うわわわ、フローラさん!?
吹雪が…! 吹雪が起きましたよ!?▼
[フローラ]
ごめんなさい…▼
カムイ様の優しさに触れて、
私、嬉しくて…感激して、つい…▼
すぐにでも止めたいところなんですが、
もう少し、いいですか?▼
[カムイ]
えっ?▼
[フローラ]
この寒さを使って、高ぶった感情を
落ち着かせたいんです…▼
[カムイ]
そ、そういうことですか…
わかりました…▼
[フローラ]
…………▼
[カムイ]
…………▼
…まだですか?▼
[フローラ]
はい…
もう少し…▼
[カムイ]
…そ、そろそろいいですか?
た…体温が…落ちていく…▼
このままじゃ…▼
[フローラ]
…ああ、なんだか落ち着きました。▼
[カムイ]
よかったです…
危ないところでした…▼
[フローラ]
申し訳ありません。
お恥ずかしいところばかりお見せしてしまい…▼
[カムイ]
そんなことありませんよ。
逆にもっともっと見せてほしいです。▼
メイドじゃなくて素顔の部分も。▼
[フローラ]
ありがとうございます!▼
カムイ様はメイドにも
気遣いのできる立派なお方…▼
これからもめいっぱい
お仕えしたいと思います。▼

支援S

[フローラ]
カムイ様…
どうされたのですか?▼
[カムイ]
来てくれてありがとうございます。
ちょっと話したいことがあるんです。▼
[フローラ]
話したいこと…ですか?
なんでしょう…▼
あ、その前に…
お飲み物はどうされます?▼
[カムイ]
飲み物は今はいいですよ。
それより大事な話があって…▼
[フローラ]
あ、また髪が少し乱れていますね。▼
はい、直りました。▼
[カムイ]
あ、ありがとうございます…▼
[フローラ]
あ、マントにゴミが…▼
はい、お取りしました。
完璧ですね。▼
…で、お話とはなんでしょうか?▼
[カムイ]
…………▼
その…
もう、やめてくれませんか。▼
[フローラ]
?▼
何をですか?▼
[カムイ]
メイドをもう…やめてほしいんです。▼
[フローラ]
!?▼
な…なんという宣告…▼
私は戦うことも苦手ですし、
気遣いしか取り柄のない人間です。▼
そんな私にメイドをやめろというのは…▼

《吹雪が吹く音》
[フローラ]
…………▼
[カムイ]
な、なんか肌寒くなってきましたよ…▼
[フローラ]
…メイドを…やめたら…
…もう…私…生きている意味がありません…▼
[カムイ]
ち、違うんです、フローラさん!▼
メイドをやめろっていうのは
そういう意味じゃないんです!▼
私が言いたいのは…▼
私と結婚してほしい…
ってことなんです!▼
[フローラ]
…えっ?▼
[カムイ]
今度からはメイドではなく、
私の奥さんとして側にいてもらいたいんです。▼
これはその証です。▼
[フローラ]
…指輪?▼
[カムイ]
ええ、あなたに受け取ってほしい。▼
[フローラ]
…………
…うっ!▼

《吹雪が吹く音》
[カムイ]
フ、フローラさん!
また吹雪が始まりましたよ…!▼
[フローラ]
ごめんなさい!
でも私、嬉しくって!▼
感激し過ぎて!▼
もう止まりません!▼
[カムイ]
ということは…あなたの返事は…▼
[フローラ]
もちろんです!
もちろんお受けさせていただきます!▼
[カムイ]
よかった…▼
[フローラ]
私、がんばります!
いっぱいいっぱいがんばります!▼
[カムイ]
な、なんでしょう…
吹雪がさらに強くなってきました…▼
た、体温が落ちていく…目の前がぼんやりと…▼
でもなんでしょう…
すごく…幸せな気分です…▼
[フローラ]
はい…! 私も…▼
(モーション、CV有り。)
[フローラ]
私も、とても幸せです…
こんな温かい気持ちを知ってしまったら、もう…戻れません。
どうかこれから、よろしくお願いしますね…

マイユニット(女性・私)

支援C

[フローラ]
カムイ様。
ここが「願いの丘」です。▼
[カムイ]
うわぁ…
噂通り、たくさん紙が結ばれていますね。▼
[フローラ]
そうですね。▼
[カムイ]
えっと…
どうすれば願いごとが叶うんでしたっけ?▼
[フローラ]
まずは願いごとを紙に記し、
それを細くたたんで、このひもに結びます。▼
以上のことを合計三日行えば、
願いが叶うとされています。▼
[カムイ]
へぇー、すごいですね。▼
[フローラ]
はい。▼
…ですが、願いごとが叶うかどうかは
半信半疑くらいのほうがいいかと。▼
[カムイ]
いえいえ。
違うんですよ。▼
この丘のことに詳しいフローラさんが
すごいなぁって思ったんです。▼
[フローラ]
そういうことですか。▼
別にたいしたことはありません。
少々、下調べをしただけのことですから。▼
カムイ様のなさりたいことに
お手をお貸しするのが私の務めです。▼
[カムイ]
いつも本当にありがとうございます。▼
[フローラ]
とんでもありません。
さあ、紙と書くものはこちらにご用意が。▼
[カムイ]
ありがとうございます。▼

支援B

[カムイ]
これで願いの丘にやってきたのは
二日目ということになりますね。▼
[フローラ]
来ただけではダメですよ。
しきたりに沿ってお願いごとをしなければ…▼
[カムイ]
もう、フローラさんったら。
それくらいはわかってますよ。▼
[フローラ]
そうですよね。
要らぬ心配をして申し訳ありません。▼
さあ、紙と書くものはこちらに。▼
[カムイ]
ありがとうございます。▼
…あっ。▼
[フローラ]
どうしました?▼
[カムイ]
フローラさんもお願いしたらどうですか?
せっかくの機会ですし。▼
[フローラ]
いいえ、私はけっこうです。▼
[カムイ]
あまりこういうことを
信じないタイプなんですか?▼
[フローラ]
別にそういうわけではありませんが…▼
私が今ここですべきなのは、
お願いごとではありません。▼
カムイ様にお仕えすることです。▼
[カムイ]
そ、そうですか。▼
[フローラ]
さあ、私のことより、
お願いごとをなさってください。▼
[カムイ]
はい。
わかりました。▼
…………▼
…これでよし、と。▼
ちゃんとお願いごとを紙に書いて、
ひもに結びました。▼
あと一回で完了ですね。▼
[フローラ]
そういうことになりますね。▼
ですが、カムイ様が
この丘に来たいと仰るのは少し意外でした。▼
[カムイ]
どうしてですか?▼
[フローラ]
カムイ様に、
神頼みの願望があるなんて思いませんでしたから。▼
カムイ様は様々な困難に対して、
自力で打ち克ってこられた方ですので…▼
[カムイ]
確かに私は神頼みはしないタイプです。▼
でも世の中には自分の力では
どうにもできないこともありますし…▼
それで神様にお願いしようと
思い立ったんです。▼
[フローラ]
そうですか。
きっと、立派なお願いごとなんでしょうね。▼
[カムイ]
もう、そんなに私を
買いかぶらないでください。▼

支援A

[フローラ]
…………▼
[カムイ]
フローラさん。
何をしているんですか?▼
[フローラ]
カムイ様…!?
どうしてここに!?▼
[カムイ]
朝早くからコソコソ出ていったので
どうしたのかなと思ってついてきたんです。▼
でも行先が、この願いの丘だとは
思いませんでした。▼
やっぱりフローラさんにも、
お願いごとがあったんですね?▼
[フローラ]
…………▼
はい、
その通りです。▼
カムイ様とここにくる日は
必ず事前に下見をしていまして…▼
その際に…私なりのお願いごとを…▼
[カムイ]
えっ?
毎回、事前に下見を?▼
[フローラ]
はい。▼
敵から狙われないか。通路に問題はないか。
暑くないか。寒くないか…▼
全てを把握しておきたかったので…▼
[カムイ]
まさかそこまでしてくれていたなんて…▼
[フローラ]
いいえ。そこまでやってこそ
私の仕事だと思っていますので。▼
[カムイ]
それで、お願いごとは何を?▼
[フローラ]
…………▼
わかりました。
隠しごとを重ねたくないので白状します…▼
この紙を見てください。
私のしていたお願いごと…それは…▼
…カムイ様の願いが、
どうか無事に叶いますように、と。▼
[カムイ]
え…? 私の願いが叶うことが、
フローラさんのお願いごとなんですか?▼
[フローラ]
そうです。▼
[カムイ]
もう…フローラさんったら…
本当に私のことばかり…▼
すごく嬉しいですよ。
嬉しいですけど…▼
でも、もっと自分の幸せも考えてくださいね。▼
[フローラ]
いいえ。
私の幸せなんて、そんな…▼
[カムイ]
そう言うと思っていました。▼
…でも、これからはきっと
幸せなことがあると思いますよ。▼
[フローラ]
?▼
[カムイ]
だって、私のお願いごとは…▼
「フローラさんが幸せになりますように」
なんですから。▼
[フローラ]
ええっ!?▼
[カムイ]
フローラさんのお願いごとは
私のお願いごとが叶うこと。▼
私のお願いごとはフローラさんの幸せ。
巡り巡って幸せはあなたにたどり着くんです。▼
[フローラ]
そ、そんな…カムイ様…
やめてください。もったいないです。▼
[カムイ]
いつもフローラさんには本当に
お世話になっています。▼
だから、せめてもの恩返しです。▼
[フローラ]
カムイ様…▼
[カムイ]
さあ、一緒に紙を結びつけましょう。
フローラさんの素敵な未来のために。▼
[フローラ]
はい。
ありがとうございます…▼

マイユニット(女性・あたし~よ)

支援C

[フローラ]
カムイ様。
ここが「願いの丘」です。▼
[カムイ]
うわぁ…
噂通り、たくさん紙が結ばれてるわね。▼
[フローラ]
そうですね。▼
[カムイ]
えっと…
どうすれば願いごとが叶うんだったっけ?▼
[フローラ]
まずは願いごとを紙に記し、
それを細くたたんで、このひもに結びます。▼
以上のことを合計三日行えば、
願いが叶うとされています。▼
[カムイ]
へぇー、すごいわね。▼
[フローラ]
はい。▼
…ですが、願いごとが叶うかどうかは
半信半疑くらいのほうがいいかと。▼
[カムイ]
ううん。
違うの。▼
この丘のことに詳しいフローラが
すごいなぁって思ったのよ。▼
[フローラ]
そういうことですか。▼
別にたいしたことはありません。
少々、下調べをしただけのことですから。▼
カムイ様のなさりたいことに
お手をお貸しするのが私の務めです。▼
[カムイ]
いつも本当にありがとう。▼
[フローラ]
とんでもありません。
さあ、紙と書くものはこちらにご用意が。▼
[カムイ]
ありがとう。▼

支援B

[カムイ]
これで願いの丘にやってきたのは
二日目ということになるわね。▼
[フローラ]
来ただけではダメですよ。
しきたりに沿ってお願いごとをしなければ…▼
[カムイ]
もう、フローラったら。
それくらいはわかってるわよ。▼
[フローラ]
そうですよね。
要らぬ心配をして申し訳ありません。▼
さあ、紙と書くものはこちらに。▼
[カムイ]
ありがとう。▼
…あっ。▼
[フローラ]
どうしました?▼
[カムイ]
フローラもお願いしたらどうかしら?
せっかくの機会だし。▼
[フローラ]
いいえ、私はけっこうです。▼
[カムイ]
あまりこういうことを
信じないタイプなの?▼
[フローラ]
別にそういうわけではありませんが…▼
私が今ここですべきなのは、
お願いごとではありません。▼
カムイ様にお仕えすることです。▼
[カムイ]
そ、そうなの。▼
[フローラ]
さあ、私のことより、
お願いごとをなさってください。▼
[カムイ]
ええ。
わかったわ。▼
…………▼
…これでよし、と。▼
ちゃんとお願いごとを紙に書いて、
ひもに結んだわよ。▼
あと一回で完了ね。▼
[フローラ]
そういうことになりますね。▼
ですが、カムイ様が
この丘に来たいと仰るのは少し意外でした。▼
[カムイ]
どうして?▼
[フローラ]
カムイ様に、
神頼みの願望があるなんて思いませんでしたから。▼
カムイ様は様々な困難に対して、
自力で打ち克ってこられた方ですので…▼
[カムイ]
確かにあたしは神頼みはしないタイプよ。▼
でも世の中には自分の力では
どうにもできないこともあるし…▼
それで神様にお願いしようと
思い立ったの。▼
[フローラ]
そうですか。
きっと、立派なお願いごとなんでしょうね。▼
[カムイ]
もう、そんなにあたしを
買いかぶらないで。▼

支援A

[フローラ]
…………▼
[カムイ]
フローラ。
何をしているの?▼
[フローラ]
カムイ様…!?
どうしてここに!?▼
[カムイ]
朝早くからコソコソ出ていったから
どうしたのかなと思ってついてきたのよ。▼
でも行先が、この願いの丘だとは
思わなかったわ。▼
やっぱりフローラにも、
お願いごとがあったのね?▼
[フローラ]
…………▼
はい、
その通りです。▼
カムイ様とここにくる日は
必ず事前に下見をしていまして…▼
その際に…私なりのお願いごとを…▼
[カムイ]
えっ?
毎回、事前に下見を?▼
[フローラ]
はい。▼
敵から狙われないか。通路に問題はないか。
暑くないか。寒くないか…▼
全てを把握しておきたかったので…▼
[カムイ]
まさかそこまでしてくれていたなんて…▼
[フローラ]
いいえ。そこまでやってこそ
私の仕事だと思っていますので。▼
[カムイ]
それで、お願いごとは何を?▼
[フローラ]
…………▼
わかりました。
隠しごとを重ねたくないので白状します…▼
この紙を見てください。
私のしていたお願いごと…それは…▼
…カムイ様の願いが、
どうか無事に叶いますように、と。▼
[カムイ]
え…? あたしの願いが叶うことが、
フローラのお願いごとなの?▼
[フローラ]
そうです。▼
[カムイ]
もう…フローラったら…
本当にあたしのことばかり…▼
すごく嬉しいわ。
嬉しいけど…▼
でも、もっと自分の幸せも考えてちょうだい。▼
[フローラ]
いいえ。
私の幸せなんて、そんな…▼
[カムイ]
そう言うと思ってたわ。▼
…でも、これからはきっと
幸せなことがあると思うわよ。▼
[フローラ]
?▼
[カムイ]
だって、あたしのお願いごとは…▼
「フローラが幸せになりますように」
なんだから。▼
[フローラ]
ええっ!?▼
[カムイ]
フローラのお願いごとは
あたしのお願いごとが叶うこと。▼
あたしのお願いごとはフローラの幸せ。
巡り巡って幸せはあなたにたどり着くのよ。▼
[フローラ]
そ、そんな…カムイ様…
やめてください。もったいないです。▼
[カムイ]
いつもフローラには本当に
お世話になってるわ。▼
だから、せめてもの恩返しよ。▼
[フローラ]
カムイ様…▼
[カムイ]
さあ、一緒に紙を結びつけましょう。
フローラの素敵な未来のために。▼
[フローラ]
はい。
ありがとうございます…▼

マイユニット(女性・あたし~だよ)

支援C

[フローラ]
カムイ様。
ここが「願いの丘」です。▼
[カムイ]
うわぁ…
噂通り、たくさん紙が結ばれてるね。▼
[フローラ]
そうですね。▼
[カムイ]
えっと…
どうすれば願いごとが叶うんだったっけ?▼
[フローラ]
まずは願いごとを紙に記し、
それを細くたたんで、このひもに結びます。▼
以上のことを合計三日行えば、
願いが叶うとされています。▼
[カムイ]
へぇー、すごいね。▼
[フローラ]
はい。▼
…ですが、願いごとが叶うかどうかは
半信半疑くらいのほうがいいかと。▼
[カムイ]
ううん。
違うんだよ。▼
この丘のことに詳しいフローラが
すごいなぁって思ったんだ。▼
[フローラ]
そういうことですか。▼
別にたいしたことはありません。
少々、下調べをしただけのことですから。▼
カムイ様のなさりたいことに
お手をお貸しするのが私の務めです。▼
[カムイ]
いつも本当にありがとう。▼
[フローラ]
とんでもありません。
さあ、紙と書くものはこちらにご用意が。▼
[カムイ]
ありがとう。▼

支援B

[カムイ]
これで願いの丘にやってきたのは
二日目ということになるね。▼
[フローラ]
来ただけではダメですよ。
しきたりに沿ってお願いごとをしなければ…▼
[カムイ]
もう、フローラったら。
それくらいはわかってるよ。▼
[フローラ]
そうですよね。
要らぬ心配をして申し訳ありません。▼
さあ、紙と書くものはこちらに。▼
[カムイ]
ありがとう。▼
…あっ。▼
[フローラ]
どうしました?▼
[カムイ]
フローラもお願いしたらどう?
せっかくの機会だし。▼
[フローラ]
いいえ、私はけっこうです。▼
[カムイ]
あまりこういうことを
信じないタイプなの?▼
[フローラ]
別にそういうわけではありませんが…▼
私が今ここですべきなのは、
お願いごとではありません。▼
カムイ様にお仕えすることです。▼
[カムイ]
そ、そう。▼
[フローラ]
さあ、私のことより、
お願いごとをなさってください。▼
[カムイ]
うん。
わかったよ。▼
…………▼
…これでよし、と。▼
ちゃんとお願いごとを紙に書いて、
ひもに結んだよ。▼
あと一回で完了だね。▼
[フローラ]
そういうことになりますね。▼
ですが、カムイ様が
この丘に来たいと仰るのは少し意外でした。▼
[カムイ]
どうして?▼
[フローラ]
カムイ様に、
神頼みの願望があるなんて思いませんでしたから。▼
カムイ様は様々な困難に対して、
自力で打ち克ってこられた方ですので…▼
[カムイ]
確かにあたしは神頼みはしないタイプだよ。▼
でも世の中には自分の力では
どうにもできないこともあるし…▼
それで神様にお願いしようと
思い立ったんだ。▼
[フローラ]
そうですか。
きっと、立派なお願いごとなんでしょうね。▼
[カムイ]
もう、そんなにあたしを
買いかぶらないでよ。▼

支援A

[フローラ]
…………▼
[カムイ]
フローラ。
何をしているの?▼
[フローラ]
カムイ様…!?
どうしてここに!?▼
[カムイ]
朝早くからコソコソ出ていったから
どうしたのかなと思ってついてきたんだ。▼
でも行先が、この願いの丘だとは
思わなかったよ。▼
やっぱりフローラにも、
お願いごとがあったんだね?▼
[フローラ]
…………▼
はい、
その通りです。▼
カムイ様とここにくる日は
必ず事前に下見をしていまして…▼
その際に…私なりのお願いごとを…▼
[カムイ]
えっ?
毎回、事前に下見を?▼
[フローラ]
はい。▼
敵から狙われないか。通路に問題はないか。
暑くないか。寒くないか…▼
全てを把握しておきたかったので…▼
[カムイ]
まさかそこまでしてくれていたなんて…▼
[フローラ]
いいえ。そこまでやってこそ
私の仕事だと思っていますので。▼
[カムイ]
それで、お願いごとは何を?▼
[フローラ]
…………▼
わかりました。
隠しごとを重ねたくないので白状します…▼
この紙を見てください。
私のしていたお願いごと…それは…▼
…カムイ様の願いが、
どうか無事に叶いますように、と。▼
[カムイ]
え…? あたしの願いが叶うことが、
フローラのお願いごとなの?▼
[フローラ]
そうです。▼
[カムイ]
もう…フローラったら…
本当にあたしのことばかり…▼
すごく嬉しいよ。
嬉しいけど…▼
でも、もっと自分の幸せも考えて。▼
[フローラ]
いいえ。
私の幸せなんて、そんな…▼
[カムイ]
そう言うと思ってたよ。▼
…でも、これからはきっと
幸せなことがあると思うよ。▼
[フローラ]
?▼
[カムイ]
だって、あたしのお願いごとは…▼
「フローラが幸せになりますように」
なんだから。▼
[フローラ]
ええっ!?▼
[カムイ]
フローラのお願いごとは
あたしのお願いごとが叶うこと。▼
あたしのお願いごとはフローラの幸せ。
巡り巡って幸せはあなたにたどり着くんだよ。▼
[フローラ]
そ、そんな…カムイ様…
やめてください。もったいないです。▼
[カムイ]
いつもフローラには本当に
お世話になってるよね。▼
だから、せめてもの恩返しだよ。▼
[フローラ]
カムイ様…▼
[カムイ]
さあ、一緒に紙を結びつけよう。
フローラの素敵な未来のために。▼
[フローラ]
はい。
ありがとうございます…▼

フェリシア

支援C

[フェリシア]
姉さん…
ごめんなさい…▼
[フローラ]
ごめんなさいって…
なんの話?▼
[フェリシア]
姉さん…怒ってますよね?▼
[フローラ]
私が?▼
[フェリシア]
はい…▼
[フローラ]
いえ、何も怒ってないけれど…▼
[フェリシア]
嘘です。
私には怒っているように見えます。▼
もしかしたらですけど…
出撃の帰りに私が転んだことですか?▼
転んだ拍子に私の武器が姉さんの頭に
コツンと当たってしまいましたよね…▼
[フローラ]
コツンではなく、
ガツンという感じだったわ。▼
[フェリシア]
あ、あのことを怒ってるんですか?▼
[フローラ]
…確かにあれは痛かったわ。▼
でも別に怒ってなんかいないわよ。
あんなの、いつものことだし…▼
それに、フェリシアはあのあとすぐ
私のところに来て謝ってくれたし…▼
[フェリシア]
ほ、本当でしょうか…?▼
姉さん…
私たちは双子の姉妹です。▼
隠しごとをしても
隠しきれないものがあると思うのです。▼
ですから、もし私に対して怒ることがあれば
はっきり言ってくださいね。▼
[フローラ]
わかったわ、
もちろんそうする。▼
あなたは大切な妹だもの。
仲違いなんて、したくはないわ。▼

支援B

[フェリシア]
姉さん…
やっぱり姉さんは怒ってますよね。▼
[フローラ]
フェリシア…
さすがにしつこいわよ。▼
私は怒ってなんかいないって、
何度言えばわかるの?▼
[フェリシア]
いいえ、双子の私にはわかるんです…!
だから、その…ぶっちゃけてください。▼
[フローラ]
ぶっちゃけてって言われても…
言う事がないもの…▼
[フェリシア]
…わかりました。
では私のほうからぶっちゃけます。▼
姉さんは私と違って、
いつも冷静でなんでも器用にこなします。▼
私がドジをすれば厳しく叱ってくれたり、
ときには優しく慰めてくれたり…▼
この際ですからはっきり言いますけど…
そんな姉さんは、私にとって理想の人…▼
憧れの存在なんです…▼
[フローラ]
フェリシア…▼
[フェリシア]
ですが、一点だけ…
私には理解できないことがあります。▼
それは何度も言っているように、
たまに黙って怒ってしまうところなんです。▼
どんなときに姉さんが怒ってしまうか…
私にはなんとなくわかっています。▼
それは、武器を置いたあとです。▼
[フローラ]
武器を置いたあと?▼
[フェリシア]
はい。▼
私たちがまだ氷の部族の村に
いたころからずっとそうでした。▼
姉さんは戦いの稽古が終わると
しばらく私と話してくれなくなりました。▼
そして、それは今でも同じです。▼
出撃をしたあとの姉さんは…
なんだか怖いんです。▼
[フローラ]
…………▼
…なるほど。
そういう理由だったのね。▼
ねえフェリシア。
少し、時間を置いてから話さない?▼
その間に私なりに…
どうしてそう見えるのか、考えてくるから。▼
[フェリシア]
…はい。▼

支援A

[フローラ]
フェリシア。
やっとわかったわ。▼
あなたに、私が怒っているように
見えた理由…▼
[フェリシア]
! 本当ですか?▼
[フローラ]
まず、私は怒っているのではないわ。
これだけははっきり言っておくわね。▼
[フェリシア]
じゃ、じゃあどうして…▼
[フローラ]
普段のフェリシアはかなりのドジだわ。
だから姉として守ってあげようと思っているの。▼
でもひとたび武器を手にすると…
あなたはとても頼もしい戦士になる。▼
でも、私は…
フェリシアのような優秀な戦士ではない。▼
[フェリシア]
いえ、そんな…▼
[フローラ]
簡単に言ってしまえば…
私はそんなフェリシアに嫉妬していたの。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[フローラ]
戦場に立つと守る側と守られる側が逆転して、
姉として立場がなくなるというか…▼
よくわからなくなってしまうのよ。▼
それで出撃後はフェリシアのことを
避けたくなってしまったのかもしれないわ。▼
[フェリシア]
私はそんな姉さんを、
怒っていると勘違いしてたってことですか?▼
[フローラ]
そうだと思うわ。
私たちがフリージアにいた頃もそうだった…▼
稽古が始まると、族長である父さんに
褒められるのはフェリシアばかり。▼
だから私は稽古の時間が嫌だったの。▼
[フェリシア]
そんな…全然わかりませんでした…
ごめんなさい。勘違いしていて…▼
[フローラ]
いいえ。
むしろ感謝しているわ。▼
フェリシアが何度も言ってくれたおかげで
気付くことができたのだから…▼
心の中に閉じ込めていた、
嫉妬という名の負の感情に。▼
私は知らず知らずのうちに
フェリシアを傷つけていたのね。▼
ごめんなさい…
これからは私も、素直になろうと思うわ。▼
フェリシアへの気持ちを、
嫉妬ではなく憧れに変えて。▼
[フェリシア]
そ、そんな…
姉さんが私に憧れるだなんて…!▼
だって、姉さんこそ私の憧れで…!▼
[フローラ]
ふふ。まあいいじゃない。
私たちは双子…▼
お互いがお互いに同じような思いを抱いていても、
なんの不思議もないじゃない。▼
これからもよろしくね、フェリシア。▼
[フェリシア]
は、はい!▼
こちらこそ。不出来な妹ですが、
これからもずーっと、よろしくお願いしますね!▼

カンナ(女)(親子)

支援C

[カンナ]
あ、お母さん! お母さん!▼
[フローラ]
あら、カンナ。
どうしたんですか?▼
[カンナ]
あのね、あたしお母さんにお花を摘んできたの!
今日は黄色いお花を見つけたんだ!▼
[フローラ]
まあ、そうだったんですか。
うふふ、とても綺麗ですね…▼
[カンナ]
喜んでくれた?▼
[フローラ]
ええ、もちろん。
カンナはよくお花を摘んで来てくれますね。▼
[カンナ]
うん! だって、お花を見せたら、
お母さんが笑顔になるでしょ!?▼
あたしがもっと小さかったとき、
お母さんといっしょにお花を見つけてね、▼
そのときとっても喜んでくれたから、
お花を見たらお母さんに見せたくなるんだ。▼
[フローラ]
そうだったんですね。ありがとう、カンナ。
とっても嬉しいです。▼
ですが…実は一つお願いがあるんです。
聞いてもらえますか?▼
[カンナ]
ん? なーに?▼
[フローラ]
ええ。カンナも知っていると思いますが
お花も生きているんです。▼
だから、あまり摘んでしまうと
お花も苦しい思いをしているかもしれません。▼
[カンナ]
あ! そっか…▼
あたし、お花に悪いことしちゃった…
ごめんなさい。▼
[フローラ]
いえ、カンナが解ってくれたのなら
きっとお花も許してくれます。▼
これから軽々しく摘まないようにすれば
大丈夫ですよ…▼
[カンナ]
うん!▼
あ、でも…そうしたらお花を見つけても、
お母さんに見せられないね…▼
[フローラ]
大丈夫です。次に素敵なお花を見つけたら
その場所を教えて下さい。▼
二人でその場所まで見にいきましょう。▼
[カンナ]
いいの? お母さんに迷惑じゃない?▼
[フローラ]
迷惑なわけないでしょう?
楽しみにしておきますからね。▼
[カンナ]
うん! わかった! じゃあ次にお花を
見つけたら、一緒に見に行こうね!▼
約束だよ、お母さん!▼
[フローラ]
はい、約束です。▼

支援B

[カンナ]
ふっふふーん♪
お母さんとおでかけ、楽しいなー!▼
[フローラ]
ふふっ、そんなに喜んで貰えると
こっちまで嬉しくなってしまいますね。▼
[カンナ]
だって次にお花を見つけたときは
一緒に見に行こうって約束したでしょー?▼
すごく楽しみなんだもん!▼
…あっ、ここだよお母さん!▼
[フローラ]
あら、今日は水色の花ですか?▼
涼しげで優しい色ですね。
どことなく気品もあって…美しいです。▼
[カンナ]
うん! この色、とってもきれいでしょ?▼
色とか、咲いている様子とか…
お母さんに似てるなあって思ったんだ。▼
[フローラ]
えっ? 私に…ですか?▼
ふふっ、お花にたとえられるなんて
ずいぶんロマンチックですね…▼
少し恥ずかしいですが…嬉しいです。
ありがとう、カンナ。▼
[カンナ]
えへへっ、お花も大好きだけど、
あたし、お母さんの笑った顔がいちばん好き!▼
[フローラ]
あらあら。それを言うなら私だって…▼
お花も好きですけど、カンナの
喜ぶ顔はもっと好きですよ!▼
[カンナ]
そうなの?
うわぁ~! 嬉しいなぁ!▼
[フローラ]
あ、そうだ。今度カンナに
いいものを見せてあげましょう。▼
[カンナ]
いいもの? なあに?▼
[フローラ]
ええ。それは…▼
[カンナ]
あ、やっぱり見るまで内緒にしてて!
きっとその方がびっくりできそう!▼
[フローラ]
ふふ…それもいいですね。
じゃあ今度見る時までの秘密にしておきます。▼
[カンナ]
うん、すっごく楽しみだな~!▼

支援A

[カンナ]
お母さん! お花を見に行ったときに言ってた
あたしに見せたいものってなあに?▼
[フローラ]
ああ、カンナ。
はい。これのことですよ。▼
[カンナ]
とっても大きな本だね。▼
……わあ! なかにお花が貼ってあるよ!▼
[フローラ]
これは押し花といって、
お花を紙に挟んで乾燥させたものです。▼
全部カンナがくれたお花で
作ったんですよ。▼
[カンナ]
すごい! すごーい!
本当にすごくきれいだね!▼
あたし、こんなにいっぱい
お花をあげてたなんて思わなかったな。▼
[フローラ]
ええ。
私もこの間数えてみてビックリしました。▼
受け取るたびに押し花にしていたんですが…
うふふ…気がつけばこんなに…▼
[カンナ]
そうだったんだ…▼
お母さん…あたしのあげたお花を
こんなに大切にしてくれてありがとう。▼
[フローラ]
いいえ。私の方こそ、カンナから
温かい気持ちをたくさんもらいました。▼
この押し花たちは、その証…
こんな素敵な思い出が残せて嬉しいです。▼
[カンナ]
うん!▼
[フローラ]
先日はお花を摘みませんでしたが
思い出はしっかりと記憶に残っています。▼
これからも二人で色々な場所に行って
たくさんの思い出を作っていきましょうね。▼
[カンナ]
うん! あたし、お母さんのこと大好きだよ!
いつまでも一緒にいてね!▼
[フローラ]
はい、もちろんです。
私も大好きですよ、カンナ…▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • 個人的にフローラはとてもお気に入りのキャラです!!!!!! -- 通りがかりの者? 2015-11-13 (金) 17:06:37
  • ↑えsssちょtyy -- 2017-05-29 (月) 13:54:21
  • コメントでワロタw -- 2017-05-29 (月) 13:54:45
  • ↑↑↑わかる、支援Sにしたらマイルームの会話が可愛い -- 2019-03-09 (土) 08:42:15

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 09 Mar 2019 08:42:16 UTC