Top > 会話集 > 支援会話 > ニュクス

ニュクスの支援会話

マイユニット(男性)

マイユニット(女性)

ジョーカー

ジョーカーのページへ

スズカゼ

スズカゼ(暗夜)のページへ

サイラス

サイラスのページへ

ハロルド

ハロルドのページへ

エルフィ

エルフィのページへ

オーディン

オーディンのページへ

ゼロ

ゼロのページへ

ラズワルド

支援C

[ラズワルド]
ニュクス。
一人で何してるの?▼
[ニュクス]
ラズワルド…▼
…別に。特に何もしていないわ。▼
[ラズワルド]
もし時間があるならさ、
僕と町へ行かない?▼
素敵なお店を見つけたから、
一緒にお茶でもしようよ。▼
[ニュクス]
ごめんなさい…▼
あまり…人がいるところへは
行きたくないの…▼
[ラズワルド]
それなら仕方ないね。▼
じゃあ、今度は、
どこか隠れ家的なお店を探しておくよ。▼
あまりお客さんがいなくて、
知る人ぞ知る名店みたいなお店をね。▼
それなら僕とお茶をしてくれるかな?▼
[ニュクス]
ふふふ…
そこまでして私とお茶をしたいの?▼
[ラズワルド]
当たり前だよ。▼
可愛い子とお茶を飲んでいるときが
僕にとっては何よりも幸せな時間だからさ。▼
それで、ニュクスが笑顔になってくれたら
最高に幸せかな。▼
[ニュクス]
それなら…
私以外の子を誘ってあげて…▼
私は化け物よ…
可愛くなんかないから…▼
[ラズワルド]
ニュクス…?▼
[ニュクス]
ごめんなさい…
失礼するわね…▼
[ラズワルド]
…………▼

支援B

[ラズワルド]
ニュクス。▼
[ニュクス]
…何かしら?▼
[ラズワルド]
あれからさ、
新しいお店を見つけたんだ。▼
あまり人目につかない名店だから、
きっとニュクスも落ち着けると思うよ。▼
今から一緒に行かない?▼
[ニュクス]
ごめんなさい…
そんな気分じゃないの…▼
[ラズワルド]
ははは。
僕、嫌われちゃったかな?▼
[ニュクス]
違うわ…
貴方のせいじゃないの。▼
私はできるだけ、
人との関わりを持ちたくないだけ…▼
[ラズワルド]
もったいないなぁ。
そんなに可愛いのに。▼
[ニュクス]
やめてちょうだい。
私は化け物と呼ばれていた女よ…▼
貴方も私の犯した罪を知れば、
私を嫌悪することになるわ…▼
[ラズワルド]
犯した罪、ね…▼
ニュクスがどんな罪を犯したかは知らないけど…▼
罪を犯してない人なんて
この世にはいないんじゃないかな?▼
だから、自分のことを化け物だなんて…▼
そんな悲しいことを
言わなくてもいいと思うんだけどな。▼
[ニュクス]
罪の度合いによるわ…
私は相応の罪を犯してしまったから…▼
[ラズワルド]
…………
…僕も同じだとしたらどうする?▼
[ニュクス]
…貴方が?▼
[ラズワルド]
僕も人には知られたくないほどの
残酷な所業をしていたとしたら…▼
沢山の人を見捨てて、
死なせてしまっていたとしたら…▼
君は僕のことを…
化け物と呼ぶのかな?▼
[ニュクス]
…………▼
[ラズワルド]
あはは、ごめん。
変な質問だったね。▼
[ニュクス]
いえ、私は…▼
[ラズワルド]
僕の仕事は
女の子の笑顔を守ることなのに…▼
ごめんね、ニュクス。
今日は出直すことにするよ。▼
[ニュクス]
ラズワルド…▼

支援A

[ニュクス]
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
ニュクス。
どうしたの?▼
[ニュクス]
この間はごめんなさい…
貴方に嫌な思いをさせてしまったわ…▼
[ラズワルド]
そんな。僕の方こそごめんね…
君に暗い顔をさせちゃった。▼
[ニュクス]
…………▼
私は貴方を…
化け物と呼んだりしないわ…▼
[ラズワルド]
…………▼
[ニュクス]
たとえ、貴方が…
過去に何をしていたとしても…
貴方は私の仲間だから…
化け物なんて呼ばないわ…▼
[ラズワルド]
僕も同じだよ、ニュクス。▼
たとえ君が、
どんな罪を犯していたとしても…▼
僕は君を化け物だなんて呼ばないし、
思うことさえない。▼
僕にとっても、
君は大切な仲間だからね。▼
[ニュクス]
ありがとう…
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
と、いうことで…
これから一緒にお茶でもどうかな?▼
[ニュクス]
ふふふ…
いきなり話が変わるのね。▼
[ラズワルド]
うん。
やっぱりニュクスは笑顔の方がいいよ。▼
その笑顔を見れば
誰も君を化け物だなんて思わない。▼
[ニュクス]
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
ほら、笑って、笑って。
君には笑顔がとってもよく似合うよ。▼
[ニュクス]
ふふふ。
ありがとう、ラズワルド。▼
貴方って、優しいのね。
…見直したわ。▼
[ラズワルド]
お、お礼なんていいよ…▼
それに、そんなに見つめないで…
は、恥ずかしい…▼
[ニュクス]
あら、意外に恥ずかしがり屋さんなのね。
可愛いじゃない。▼
確かに、この顔を見れば誰も
化け物だなんて思わないわ。▼
[ラズワルド]
…………▼
[ニュクス]
…いいわ。
一緒にお茶に行きましょ。▼
そして、お互いの話をしましょう。▼
どんな過去があっても、
全て受け止めてあげるから…▼
貴方も、私の話を聞いて頂戴。▼
[ラズワルド]
…うん。もちろんだよ。▼

支援S

[ラズワルド]
ニュクス。
聞きたいことがあるんだけど。▼
[ニュクス]
ラズワルド。
何を聞きたいのかしら?▼
[ラズワルド]
この世にはさ、
変わらないものってあると思う?▼
[ニュクス]
それは私の体のことを言っているの?▼
[ラズワルド]
ご、ごめん!
そういう意味じゃなかったんだけど…▼
[ニュクス]
ふふふ、わかってるわ…
少しからかっただけよ…▼
[ラズワルド]
うう…失敗したな…
もうちょっと考えてから聞けばよかった…▼
[ニュクス]
ふふふ…
私は気にしてないわよ…▼
それで…
変わらないものがどうかしたの?▼
[ラズワルド]
僕、見つけちゃったんだよね。
この世で決して変わることがないものを。▼
[ニュクス]
それはどんなものなのかしら?▼
[ラズワルド]
僕が抱いている君への思いだよ。▼
[ニュクス]
…………▼
[ラズワルド]
ニュクス。
僕は君を愛してる。▼
どうか、僕と結婚してくれないかな?▼
[ニュクス]
変わらない思い、か…▼
[ラズワルド]
うん。
そうだよ。▼
[ニュクス]
どうして、その気持ちが…
この先も変わらないとわかるの?▼
[ラズワルド]
変わりようがないほど、
僕の心の内に大きく存在しているから。▼
[ニュクス]
…………▼
好きよ…
私もあなたのことが…▼
[ラズワルド]
ニュクス…▼
[ニュクス]
私の全てを捧げてもいいと思えるほど…
貴方のことを愛しているわ…▼
それでも…
貴方とは結婚できないの…▼
[ラズワルド]
え…▼
[ニュクス]
私の罪を…
貴方には背負わせたくないから…▼
[ラズワルド]
それは…この前言っていた
多くの人を殺した罪だね…?▼
[ニュクス]
ええ…▼
[ラズワルド]
僕に、君の罪は背負えないよ。
どれだけ背負いたくてもね。▼
それと同じように…
僕の罪だって、君には背負えない。▼
でも…支え合うことはできると思わない?▼
[ニュクス]
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
僕の使命は君を笑顔にさせることだ。
これから先もずっとね。▼
そして、僕を笑顔にしてくれる人も…
君以外にはありえないんだ。▼
[ニュクス]
…………▼
ふふ。まさか、こんな年下の子に
何も言い返せないなんてね…▼
[ラズワルド]
ニュクス。
どうか僕と結婚してほしい。▼
共に笑い合って生きていこう。
僕たちならそれができるよ。▼
[ニュクス]
…わかったわ。▼
ありがとう、ラズワルド…
私、貴方と結婚する。▼

ブノワ

支援C

[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
…さっきからずっと
私のことを見ているけれど…▼
そんなに私のことが気になるの?▼
[ブノワ]
…子供だ。▼
[ニュクス]
…そうね。▼
私は子供だわ。
少なくとも…見た目はね。▼
[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
まだ何か言いたいことでも?▼
[ブノワ]
…飴玉、欲しいか?▼
[ニュクス]
…………▼
あのね。私は見た目はこうだけれど、
精神はれっきとした大人なのよ。▼
[ブノワ]
そうか…▼
[ニュクス]
ええ…
そうなの。▼
[ブノワ]
…焼き菓子の方がよかったか?▼
[ニュクス]
…………▼
[ブノワ]
…遠慮するな。
…おいしいぞ。▼
[ニュクス]
そうね…
いただくわ。▼

支援B

[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
ブノワ。
私に何か用かしら?▼
[ブノワ]
俺に手伝えることがあれば…
遠慮なく言え…▼
[ニュクス]
ありがとう。▼
でも、どうしたの?
急にそんなことを言うなんて。▼
[ブノワ]
その体では…
不便なことも多いのではないか?▼
たとえば…
高い場所にあるものを取りたいときとか…▼
[ニュクス]
高い場所にあるものを取るときは、
台か何かを自分で用意するわ。▼
[ブノワ]
…そうか。▼
[ニュクス]
私のことを
心配してくれてるみたいだけど…▼
私はこの姿のままで、
もう長いこと生きてきたわ。▼
だから、ほとんどのことは
自分一人で解決できるの。▼
他の…
普通の大人たちと同じようにね。▼
[ブノワ]
…………▼
その呪いは…解けないのか?▼
[ニュクス]
わからないわ…▼
けれど、呪いを解く方法は
長い間見つけられずいるの。▼
[ブノワ]
そうなのか…▼
[ニュクス]
…仕方のないことよ。▼
この呪いは…
私に課せられた当然の罰だから。▼
[ブノワ]
その呪いが罰ならば…▼
犯してしまった…
罪があるということだな…▼
[ニュクス]
ええ…
そうね。▼
[ブノワ]
一生を子供の姿のまま…
過ごさなくてはいけない…▼
お前は…
それ程の罪を犯したのか?▼
[ニュクス]
そういうことになるわね。▼
[ブノワ]
…そうか。▼
[ニュクス]
…………▼
[ブノワ]
俺にできることがあれば…
なんでも遠慮なく言え…▼
[ニュクス]
…ありがとう。▼

支援A

[ブノワ]
ニュクス…
何か俺に手伝えることはあるか?▼
[ニュクス]
ふふ…
ブノワは優しい人なのね。▼
[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
でも、大丈夫よ。
前にも言ったけれど…▼
姿は子供でも、
大抵のことは一人でできるから。▼
だから、他の大人たちと
同じような扱いでかまわないわ。▼
[ブノワ]
普通の大人でも…
独りでできないことはある…▼
だから…
手を借りたいときは遠慮なく言え…▼
[ニュクス]
…確かにそうね。▼
じゃあ、せっかくだから…
部屋の掃除でも手伝ってもらおうかしら。▼
私一人だと…棚の上の方に手が届かないから…▼
[ブノワ]
…まかせておけ。▼
他には、何かないか?▼
[ニュクス]
ありがとう。
でも、それだけでじゅうぶんよ。▼
[ブノワ]
そうか…
だが、何かあればいつでも呼べ…▼
俺は、お前の力になりたい。▼
これは、子供に対しての
庇護欲を満たすような気持ではなく…▼
対等な…仲間への気持ちだ。▼
[ニュクス]
ブノワ…▼
[ブノワ]
大人だろうが、子供だろうが…
罪があろうが、なかろうが…▼
ニュクスは俺たちの仲間で…▼
仲間は…
助け合っていきてくものだ…▼
[ニュクス]
…ありがとう。
ブノワ。▼

支援S

[ニュクス]
…………▼
[ブノワ]
ニュクス…
何をしている?▼
[ニュクス]
ブノワ…▼
占いをしていたの。▼
[ブノワ]
…何を占っていた?▼
[ニュクス]
私の体のことを…▼
[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
自分の体のことを占うなんて…
ずいぶんと久しぶりだったわ…▼
でも、やっぱり…
結果は変わらなかった…▼
私はずっと…
この姿のままみたい…▼
[ブノワ]
そうか…▼
[ニュクス]
…………▼
[ブノワ]
どうして、久しぶりに…
そのことを占ったんだ?▼
[ニュクス]
それは…
ブノワと出会ってしまったから…▼
[ブノワ]
…どういうことだ?▼
[ニュクス]
気にしないで。▼
少し…
夢を見たかっただけよ…▼
[ブノワ]
夢…▼
[ニュクス]
私は子供の姿のまま、
ずっと変わらずに生きてきたわ。▼
最初こそ嘆きはしたけれど…
今はもう受け入れているつもりだった…▼
[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
でも、もし…
こんな呪われた姿ではなかったら…▼
もしも…
普通の大人としての姿になれたのなら…▼
今とは違う…
もっと幸せな生き方に…▼
たとえば…
結婚をして家庭を築くとか、ね…▼
[ブノワ]
…………▼
[ニュクス]
ごめんなさい。
意味のない空想を語ってしまったわ。▼
[ブノワ]
姿はそのままでも…
幸せになることはできる…▼
[ニュクス]
やめて…
今はそんな気分じゃないの…▼
私を…
甘いウソで癒そうとしないで…▼
[ブノワ]
甘いウソなどではない…▼
ニュクス…
俺と結婚してくれ…▼
[ニュクス]
…………▼
[ブノワ]
俺はお前を…
誰よりも愛している…▼
[ニュクス]
私は一生…
この姿のままなのよ?▼
[ブノワ]
それでもかまわない…▼
罪だろうが…
呪いだろうが…▼
俺は…
愛したお前の全てを受け入れる…▼
[ニュクス]
私の全てを…▼
[ブノワ]
だから、どうか…
俺と一緒になって欲しい…▼
[ニュクス]
…ありがとう、ブノワ。
私も貴方と…▼
ずっと一緒にいたいわ。▼

シャーロッテ

支援C

[シャーロッテ]
ニュクス。
不便よね、その体じゃ。▼
[ニュクス]
そうでもないわ…
長いことこうだから…▼
[シャーロッテ]
でも、その体じゃあ…
なかなか男の目はひけないんじゃない?▼
[ニュクス]
ふふふ。
貴方はそればっかりなのね。▼
[シャーロッテ]
そうだけど?
何か問題でもある?▼
[ニュクス]
ふふふ…
問題はないわ。▼
年相応の女の子らしい、
可愛げのある行動だと思うわよ。▼
[シャーロッテ]
うーん…
やっぱり違和感を感じるわ。▼
子供の体なのに、
大人びたことを言われちゃうと。▼
[ニュクス]
違和感を感じるのは私も一緒よ。
でも、仕方ないことだわ…▼
[シャーロッテ]
それはそうだけど…
なんとかならないのかしら?▼
[ニュクス]
無理よ…
私は大人の体にはなれないわ…▼
[シャーロッテ]
じゃあ、いっそのこと
子供を演じてみるのはどう?▼
[ニュクス]
…それで何かが変わるのかしら?▼
[シャーロッテ]
少なくとも、内と外とは一致するわね。▼
[ニュクス]
なるほど、それはそうね…▼

支援B

[シャーロッテ]
ニュクス!
ほら、がんばって!▼
[ニュクス]
やっぱり無理よ…
いきなり子供に戻れと言われても…▼
[シャーロッテ]
いいえ。
できるはずよ。▼
ニュクスだって、
昔は本当の子供だったんだから。▼
[ニュクス]
それはそうだけど…▼
[シャーロッテ]
それに、私が演技指導してあげてるんだから。
これ以上、心強い味方はいないでしょ?▼
[ニュクス]
ふふふ…
確かにそうね…▼
[シャーロッテ]
ほら、昔を思い出してみて。
子供を完璧に演じてみせるのよ。▼
[ニュクス]
…………▼
お菓子が…食べたいわ…▼
[シャーロッテ]
そんなんじゃダメ!
もっと、遠慮しないではじけるの!▼
[ニュクス]
…………▼
あのね…うんとね…
ニュクスと…いっぱい…遊んで欲しいの…▼
[シャーロッテ]
ふふふ。
その調子よ、ニュクス。▼
[ニュクス]
ニュクスね…おねえちゃんと遊べて…
すっごくたのしいの…▼
でも、帰っちゃうときは…
ちょっとだけ、さみしいよう…▼
[シャーロッテ]
やーん!
可愛いわよ、ニュクス!▼
[ニュクス]
…やっぱり止めましょう。
こんなことをしても意味がないわ。▼
[シャーロッテ]
ええええ!?
いい線いってたのに!▼
[ニュクス]
いくら子供の体だからといっても…
心を子供に戻すのは無理よ…▼
様々な経験を経て…
今の私がいるのだから…▼
[シャーロッテ]
そっか…
それもそうね…▼
[ニュクス]
ふふふ…
でも、面白かったわよ…▼
一瞬だったけれど、
体と心が一つになった感じがしたわ。▼
[シャーロッテ]
そう。
それならよかったわ。▼

支援A

[ニュクス]
ねえ、シャーロッテ。▼
男性の前で演じるのって、
疲れたりはしないのかしら?▼
[シャーロッテ]
もちろん、疲れるわよ。
男が求める可愛い女って面倒くさいもの。▼
純粋でおっとりしていて、
素直で誰に対しても礼儀正しい…▼
はぁ…▼
そんな完璧な女なんて、
現実にいるわけないっつーの。▼
[ニュクス]
ふふふ。
確かにそうかもしれないわね。▼
[シャーロッテ]
でも、仕方ないわ。
これもモテるためよ。▼
[ニュクス]
ありのままの貴方も…
充分、魅力的だと思うけれど…▼
[シャーロッテ]
確かに、自慢じゃないけど…
そう言ってくれる人も中にはいるわ。▼
でも、やっぱり多くの男たちは、
さっき言ったような女の子が好きなのよ。▼
だから、私はこれからも演じ続けるわ。
モテてモテてモテまくってやるんだから。▼
[ニュクス]
ふふふ。
そこまで言い切ると気持ちがいいわね…▼
[シャーロッテ]
ニュクスはどうなの?
何か別の人格を演じるときはある?▼
[ニュクス]
私は…
化け物を演じていたわ…▼
一人でひっそりと生きるために…▼
[シャーロッテ]
ニュクス…▼
[ニュクス]
いえ、演じていた
わけじゃないわね…▼
私は本当に…
化け物だったのかもしれないわ…▼
おぞましいこともしてきたもの…
数え切れないくらいに…▼
[シャーロッテ]
ニュクスは
化け物なんかじゃないわ。▼
ちょっと変わった女の子だけど…
ニュクスは私たちの大切な仲間よ。▼
[ニュクス]
シャーロッテ…▼
[シャーロッテ]
…って、ガラにもなく
恥ずかしいこと言っちゃったわ。▼
とにかく、私が言いたいのは
気にすんなってことよ!▼
[ニュクス]
ありがとう…
シャーロッテ…▼

レオン

支援C

[ニュクス]
…………▼
[レオン]
ニュクス。
こんなところで何をしているんだ?▼
[ニュクス]
レオン王子…▼
[レオン]
湖に膝まで浸かって…
まさか…泳ぐ気ではないよね?▼
[ニュクス]
ふふふ。
レオン王子も一緒に泳ぐ?▼
[レオン]
い、いや…
僕は遠慮しておくよ。▼
[ニュクス]
…冗談よ。▼
この湖に映る…
自分の姿を眺めていたの…▼
[レオン]
自分の姿を?
それなら鏡を使えばいいじゃないか。▼
[ニュクス]
鏡はあまりにも…
はっきりと映ってしまうから…▼
私にはこのくらいがちょうどいいの…
水面に映る淡い影を眺めている方がね…▼
[レオン]
…そうか。▼
でも、ほどほどにしておきなよ。
湖の側は冷えるから。▼
[ニュクス]
ふふふ。▼
レオン王子がこなかったら…
裸になっていたところなんだけどね…▼
[レオン]
そ、そうだったのか…
それは…危なかったな…▼

支援B

[レオン]
ニュクス。
やっぱりこの湖に来てたんだ。▼
[ニュクス]
レオン王子…▼
[レオン]
よかったよ。
服は身に着けていたままでいてくれて。▼
[ニュクス]
ふふふ…▼
レオン王子がもう少し遅くきていたら…
わからなかったわよ?▼
[レオン]
そ、そうか。
危ないところだったな。▼
また水面に映る自分の姿を見ていたのかい?▼
[ニュクス]
ええ。
そうよ。▼
…慣れないものね。▼
もう何十年も…
この姿のままで生きてきたというのに…▼
[レオン]
…………▼
[ニュクス]
今の私の姿と…
心に思い描いてしまう私の姿…▼
その差は…
いつまで経っても埋まることはない…▼
むしろ年を重ねていっただけ…
どんどんと差は開いていってしまう…▼
[レオン]
ニュクス…▼
呪いを解く方法はないのか?▼
[ニュクス]
やっぱり…貴方は、見抜いていたのね。
私が呪われていることを。▼
[レオン]
…ああ。▼
[ニュクス]
解く方法は、ないと思うわ。
とても強力な呪いだったから。▼
でも、例え…
何か方法があったとしても…▼
私はこの姿のままでいなくては
いけないのかもしれない…▼
[レオン]
なぜだ?▼
[ニュクス]
この姿は罰だから…
何もかもが幼すぎた…私の罰…▼
[レオン]
罰ならば償いの果てに
許されるときがくるかもしれない。▼
でも、罰は執行者が止めない限り
永遠に続いていくよ。▼
[ニュクス]
…………▼
[レオン]
お前を罰し続けている者は誰なんだろうね。▼
[ニュクス]
…………▼

支援A

[ニュクス]
レオン王子…▼
[レオン]
ニュクス。▼
[ニュクス]
この間、言っていたわよね…
私に罰を与えているのは誰なのかって…▼
[レオン]
ああ。言ったね。▼
[ニュクス]
私を罰し続けているのは…
私自身なのかもしれないわ…▼
[レオン]
…………▼
[ニュクス]
私は昔…自分の呪術の才に溺れ、
大量殺戮を繰り返してしまったの…▼
そして、ある日…▼
使用した呪いの代償で…
私の体は成長しなくなった…▼
[レオン]
なるほどね。▼
[ニュクス]
私も最初は血眼になって
解呪の方法を探したわ…▼
でも、時が経つにつれ…▼
私は思うようになったの…
この姿のままでいるべきだと…▼
[レオン]
…………▼
[ニュクス]
そんなことで
罪が償えるとは思っていないけど…▼
[レオン]
…………▼
ニュクス。目を閉じろ。▼
[ニュクス]
…どうしてかしら?▼
[レオン]
僕はニュクスの成長した姿を
心に思い描いて話すことにする。▼
[ニュクス]
レオン王子…▼
[レオン]
お前は充分、罰を受けた。
そろそろ違う生き方を考えてもいいと思う。▼
[ニュクス]
…………▼
[レオン]
それは簡単なことではないんだろう…
お前の生き方の問題だからね。▼
だけど、今だけは罰を忘れ…▼
大人のお前の姿を心に思い描き、
共に語り合おう。▼
…許されるはずだよ。
この程度の戯れで気を紛らすくらいはね。▼
[ニュクス]
ありがとう…
レオン王子…▼

支援S

[レオン]
ニュクス…
目は閉じているか?▼
[ニュクス]
ええ…
閉じているわ…▼
[レオン]
どんな光景が見える?▼
[ニュクス]
大人の姿の私が…
レオン王子と語り合っているわ…▼
湖の側で…
とても幸せそうに…▼
[レオン]
そうか…▼
[ニュクス]
レオン王子は
どんな光景を見ているの?▼
[レオン]
僕が思い描いている光景は
ニュクスのものとは少し違うな。▼
[ニュクス]
…そうなの?▼
[レオン]
湖の側で僕とニュクスが語り合っている。▼
でも、ニュクスの姿は
今と変わらぬ子供の姿のままだ。▼
[ニュクス]
…………▼
[レオン]
そのニュクスの横で
僕は幸せそうに微笑んでいる。▼
ニュクスも、
とても穏やかな顔をしているよ。▼
そして、僕たちの傍では…
幼い子供が笑っている。▼
[ニュクス]
子供…▼
[レオン]
ああ。
僕とニュクスの子供だ。▼
[ニュクス]
…………▼
レオン王子…
冗談にしては悪質よ…▼
私だってこんな姿をしているけど…
中身は大人の女のつもりよ…▼
女心を…
もてあそばないで…▼
[レオン]
冗談なんかじゃない。▼
ニュクス、目を開けて欲しい。▼
[ニュクス]
!!▼
レオン王子…
これは…指輪…▼
[レオン]
ニュクス、僕と結婚して欲しい。▼
[ニュクス]
…………▼
[レオン]
これは本気で言ってるんだ。
お前と幸せな家庭を築きたいと思っている。▼
[ニュクス]
…無理よ。▼
私はこの姿のままなのよ…
この先もずっと…▼
私は私がしたことを許せないし…▼
例え許せたとしても…
解呪の方法なんてない…▼
[レオン]
僕はそれでもかまわない。▼
ニュクスの呪いも償いも…
全てを受け入れて共に生きたい…▼
[ニュクス]
レオン王子…▼
[レオン]
ニュクス。
僕と結婚してくれ。▼
[ニュクス]
…わかったわ。
ありがとう、レオン王子。▼

フランネル

支援C

[フランネル]
おっ!
ニュクスじゃねえか!▼
[ニュクス]
フランネル…▼
[フランネル]
お前って、
相変わらず、小さい体してるな~。▼
ちゃんと肉食ってるのか?
肉食わないと大きくなれねえぞ?▼
[ニュクス]
…………▼
[フランネル]
なんだ?
もしかして肉、嫌いなのか?▼
なら、魚でもいいんじゃね?
っつか、食いもんならなんでもいいか。▼
[ニュクス]
二つ…
フランネルに言いたいことがあるわ。▼
[フランネル]
ん?
なんだ?▼
[ニュクス]
女性の体のことを
あれこれ言うのはよくないわ。▼
繊細な子もたくさんいるの。
少し気をつけなさい。▼
フランネルだって
女の子を傷つけたくはないでしょう?▼
もう少し、女心には気を遣って。▼
[フランネル]
あ、ああ…
そっか。▼
…なんかすまんかった。▼
[ニュクス]
そして、もう一つ…▼
私の体は…
どれだけ食べても大きくはならないの。▼
この姿は罰だから…▼
[フランネル]
罰? 何、言ってるんだ?
意味がわかんねえんだけど。▼
[ニュクス]
…………▼
フランネルには少し…
難しい話だったようね。▼
[フランネル]
な、なんかわからねえけど…
バカにされたのか、俺?▼

支援B

[フランネル]
おっ!
ニュクス!▼
[ニュクス]
フランネル…▼
[フランネル]
ほら、肉を持ってきたぞ!
好きなだけ食えよ!▼
[ニュクス]
…………▼
[フランネル]
なんだ?
嬉しくて感想も出ねえか?▼
よしよし。いっぱい食って、
早く大きくなるといいな!▼
[ニュクス]
…頭を撫でないで。▼
フランネル…私のために
色々と用意してくれたことは感謝するわ。▼
[フランネル]
感謝?
べ、別にお前のためなんかじゃねえし!▼
ただ、食いものが余ってたからだし!▼
[ニュクス]
でもね、前も言ったでしょ。▼
私はどれだけ食べようとも…
未来永劫、この姿のままなの。▼
[フランネル]
あっ!
もしかして…▼
[ニュクス]
そうなの。
わかってくれたみたいね。▼
[フランネル]
食った分が全部…
そのまんま外に出ちまうってことなのか?▼
[ニュクス]
…………▼
たとえそう思っても…
女性にそんなことを言うものじゃないわよ。▼
[フランネル]
す、すまねえ!▼
[ニュクス]
…呪いなの。▼
[フランネル]
呪い?▼
[ニュクス]
そう…
永遠に解けることのない呪い…▼
罪を犯してしまったの。
昔、まだ私が本当に子供だったときにね。▼
[フランネル]
そうだったのか…▼
そうとは知らず、色々と言っちまって…
すまなかったな…▼
そんなひどい呪いだったなんてな…
お前も辛いだろうによ…▼
[ニュクス]
気にしてないわ。
もう慣れてしまったし…▼
[フランネル]
でも、食ったもんが
全部、そのまんま出ちまう呪いなんだろ!?▼
[ニュクス]
…………▼
[フランネル]
そんなん、俺だったら耐えられねえぜ!▼
俺、よく食うからよ…
想像しただけで血の気が引いちまうよ…▼
[ニュクス]
私のことを理解してもらうには…
もう少し、時間と説明が必要なようね。▼

支援A

[ニュクス]
子供の頃から
呪術の才に長けていた私は…▼
好きなだけ、
禍々しい呪術を使っていたわ。▼
[フランネル]
…………▼
[ニュクス]
罪のない人々の命も…
たくさん奪ってしまった…▼
そして、あるとき…
自分が唱えた呪術の代償によって…▼
私の身は未来永劫、
変わらぬ姿になってしまったの。▼
…理解できたかしら?▼
[フランネル]
つまりだ…
お前は一生、子供の姿のまんまなんだな?▼
[ニュクス]
そうよ。
やっと理解してくれたようね。▼
[フランネル]
ああ、やっとわかったぜ。▼
しかし、とんでもねえ呪いだな。▼
食ったもんが全部そのまんま出ちまう呪いより
数倍タチが悪いぜ。▼
[ニュクス]
仕方ないわ。
それだけの罪を犯したのだから。▼
[フランネル]
でもよ、考えようによっちゃあ…
結構、羨ましい気もするぜ?▼
[ニュクス]
羨ましい?▼
[フランネル]
だってよ、
ずっと子供の姿のまんまなんだろ?▼
じゃあさ、一生、
バカなことやっても怒られねえじゃん!▼
もう大人なんだから、
しっかりしなきゃダメでしょ!▼
なーんて、うるさいことを
誰もお前に言わないだろうしさ!▼
[ニュクス]
…………▼
私はバカなことはしないわ。▼
[フランネル]
本当かよ!?
すっげえもったいねえな!▼
お菓子をどれだけ食べても、
誰もお前を怒らねえんだぜ!?▼
[ニュクス]
それは怒るべきよ。
食べすぎはよくないもの。▼
[フランネル]
そ、そうかもしれねえけどさ…▼
子供の内にしかできねえことを
お前はずっとやれるんだぜ!?▼
[ニュクス]
そんなことを言われても…
私、中身は立派な大人なのよ。▼
今更、子供みたいに
振舞っていいと言われても困るわ。▼
[フランネル]
そっか…
それじゃあダメかもな…▼
[ニュクス]
でも、羨ましいと言われたのは初めてだわ。
面白い子ね、貴方って。▼
[フランネル]
はっはっは!
お前も面白いぜ、ニュクス!▼
遊びたいときは
いつでも付き合ってやるからな!▼
[ニュクス]
ふふふ。
それはどうもありがとう。▼

支援S

[フランネル]
よう、ニュクス▼
[ニュクス]
あら、フランネル。▼
[フランネル]
突然だけどよ…
お前、欲しいものってあるか?▼
[ニュクス]
欲しいもの?
私に何かくれるのかしら?▼
[フランネル]
ち、ちげえよ!▼
ただの…なんでもない質問だ!
特に意味はねえ!▼
[ニュクス]
そうなの?▼
[フランネル]
で、何かないのかよ?▼
[ニュクス]
大人の体が欲しいわね。▼
[フランネル]
あっ…▼
[ニュクス]
ダメだったかしら?▼
[フランネル]
い、いや…
ダメじゃねえけどよ…▼
[ニュクス]
ふふふ。
困らせちゃったみたいね。▼
[フランネル]
…………▼
[ニュクス]
でも、大人の体さえあれば…▼
私も普通の人と同じような生活を
送ることができるもの…▼
[フランネル]
普通の生活ってのはどんなんだよ?▼
[ニュクス]
そうね…▼
自分で言っておいてなんだけど…
改めて聞かれると難しい質問ね。▼
でも、私が求めている…
普通の生活ということなら…▼
誰かを愛し、誰かに愛され…
しあわせな家庭を築く…▼
そんな生活がしてみたいかもしれない。▼
[フランネル]
それなら…
別に今のままでも大丈夫だろ!▼
[ニュクス]
…無理よ。▼
[フランネル]
なんでだよ?▼
[ニュクス]
だって、この体のままでは…▼
私が誰かを愛することはできても…
誰かに愛されることなんてないもの…▼
[フランネル]
お、俺は…▼
[ニュクス]
?▼
[フランネル]
俺はお前を…愛してるぜ!▼
[ニュクス]
!?▼
[フランネル]
体のこととか関係ねえよ!
俺は今のお前を愛してる!▼
だ、だから…
俺と結婚しようぜ!▼
[ニュクス]
フランネル…▼
[フランネル]
しあわせな家庭だろ?
そんなの俺にまかせておけよ!▼
俺、ずっとずっと
お前をしあわせにしてやるからよ!▼
この世に生まれてきて良かったって
いつも思えるぐらい、しあわせにしてやる!▼
[ニュクス]
フランネル…▼
…本当に私でいいの?▼
私…
ずっとこの姿のままなのよ?▼
貴方が年を取って、その姿を変えても…
私はずっと…!▼
[フランネル]
そんなの…
俺にとっては大したことじゃねえよ。▼
俺は、お前さえ側にいてくれれば…
それだけで大満足だ。▼
[ニュクス]
…………▼
…ありがとう。▼
[フランネル]
結婚しようぜ。
ニュクス。▼
[ニュクス]
…はい。
フランネル。▼

マークス

支援C

[ニュクス]
マークス王子。
もしかして悩みごとを抱えていない?▼
[マークス]
どうしたのだ、いきなり。▼
[ニュクス]
質問に質問で返すのはおかしいわ。
私が聞いているのよ。悩みごとがないかって。▼
[マークス]
いや、心配されるような悩みなどないが…▼
[ニュクス]
…………▼
本当かしら。
私にはわかるのよ。▼
[マークス]
…確か、お前は占いをやっていたな。▼
[ニュクス]
ええ、だから何?▼
[マークス]
なるほど、そういうことか。
悪いが、私は占いの結果など信じない。▼
[ニュクス]
…そう。 でも私は、占いの話を
しているのではないのだけれど。▼
[マークス]
そうか?▼
いずれにしてもだ。
私には悩みなどない。▼
次の出撃の準備をしなけばならない。
そろそろいいか?▼
[ニュクス]
わかったわ。
でも、これだけは約束して。▼
苦しくなってしまう前に
私のところに来るのよ。▼
[マークス]
…………▼
わかった。▼

支援B

[マークス]
ニュクス。
私が何に悩んでいるというのだ。▼
[ニュクス]
あらあら。
さっそく来たのね。▼
占いは信じないんじゃなかったの?▼
[マークス]
質問に質問で返すのか?▼
[ニュクス]
うふふ、そうよね。
ごめんなさい。▼
でもびっくりだわ。
貴方は来ないと思っていたから。▼
[マークス]
繰り返す。
私が何に悩んでいると思うのだ?▼
[ニュクス]
言ってしまっていいの?▼
[マークス]
構わん。▼
[ニュクス]
闘いについてよ。
貴方が悩んでいるのは。▼
[マークス]
闘い?▼
[ニュクス]
そう。
貴方は本当は人を殺めたくない。▼
でも闘いになれば
敵の命を否応なく奪うことになる。▼
その板挟みにあって、
苦しんでいるように見えるの。▼
[マークス]
…………▼
[ニュクス]
貴方はとても立派な人。▼
第一王子として
常に国を第一に考えて行動している。▼
でもね、そこが貴方の弱みでもあるの。▼
[マークス]
ほう。▼
[ニュクス]
大義のためならば自分の気持ちを
押し殺してもいいというわけではないのよ。▼
たまには本当の自分を
解放してあげないとね。▼
…以上よ。▼
[マークス]
なるほど。
で、そう思う根拠は何だ?▼
[ニュクス]
そこまで言わなきゃならないかしら?▼
[マークス]
…ふっ、やはり占いか。▼
繰り返すことになるが、
私はそういうものは信じない。▼
[ニュクス]
…そう。
そう思われるのは残念だわ。▼

支援A

[ニュクス]
マークス王子。
話があるの。▼
[マークス]
ニュクス、占いの話なら…▼
[ニュクス]
そうじゃないのよ。▼
貴方は言ったわ。
私の根拠は何かって。▼
貴方は占いだって決めつけたけど、
本当は違うの。▼
[マークス]
…言ってみろ。▼
[ニュクス]
…………
私と同じものを感じたからよ。▼
[マークス]
よくわからない。
私とお前が同じ?▼
[ニュクス]
暗夜王国の第一王子なら知っているでしょ。
私が化け物と呼ばれる理由は。▼
[マークス]
ああ。▼
[ニュクス]
特殊な血を引いているわけではないのに
ずっとこんな風に子どものような姿…▼
どうしてこんなことになったと思う?▼
[マークス]
いや、わからない。▼
[ニュクス]
…………▼
私は幼いころから呪術の才があって、
禍々しい術まで簡単に使いこなしていたの。▼
でも、それはまだ無邪気な子どもには
あまりに過ぎた力で…▼
私は遊び半分に術を使って、
大勢の人の命を奪ってしまったのよ。▼
体の成長が止まってしまったのは…
そのときの代償…▼
[マークス]
…………▼
[ニュクス]
自分のしたことの重さに耐えきれなくて、
死にたいって思ったこともある。▼
でも、逃げずに生きているのは、
いつか償いの方法を見つけるため…▼
でも、結局、私にできるのは
戦場で人を殺すことぐらい…▼
…やりきれなくなるわ。▼
償いのためにまた人を殺して、
その先に本当に救いはあるのかしら…▼
[マークス]
…………▼
確かにお前は私と似ているのかもな。▼
ニュクス、話がしたい。
少し時間はあるか?▼
[ニュクス]
ええ。
話ならいくらでも聞くわ。▼
こう見えて私は貴方よりも年上…
意外と聞き上手なんだから。▼

支援S

[ニュクス]
どうしたの、マークス王子。▼
[マークス]
お前に一つ、頼みごとがある。
暗夜王国の仲間入りをしてもらいたいのだ。▼
…王妃としてな。▼
[ニュクス]
えっ!?▼
[マークス]
驚くのも無理はない。
だが、私は本気だ。▼
その証に指輪を受け取ってもらいたい。▼
[ニュクス]
…………▼
うれしいけど…
でも、いいの?▼
私みたいなよそ者が…▼
[マークス]
暗夜王国には団結力がある。
だが、裏を返せば暴走状態に陥りやすい。▼
お前のような客観的な視点も必要なんだ。▼
それに度胸が据わっていて、
頭がよくて落ち着いている。▼
王妃として申し分ない。▼
そして何よりもまず、
私はお前のことが好きなのだ。▼
[ニュクス]
でも…私の過去は…▼
[マークス]
人を殺めた数で言えば、
私もさほど変わらないはず。▼
私たちにできる償いがあるとすれば、
それはこの戦いを次の世代に残さないことだ。▼
ニュクス。
二人で新しい時代の礎になろう。▼
[ニュクス]
…わかったわ。▼
貴方ほどの人物に
求婚されて断る理由もないし。▼
[マークス]
そうか。
うれしいぞ。▼
[ニュクス]
でも、私は呪いで成長が止まっているから…
年をとってもずっとこの姿のままよ。▼
それでも良いの?▼
[マークス]
ああ、構わない。▼
[ニュクス]
もしかして貴方…
これくらいの若さの女の子が好みとか…▼
[マークス]
馬鹿を言うな。▼
もしそうなら…
私は最初からお前に優しくできたはずだ。▼
[ニュクス]
ふふ。それもそうね。▼

モズメ

支援C

[モズメ]
…………▼
[ニュクス]
…モズメ。
そんなに私をじっと見て、どうしたの?▼
[モズメ]
あ!気づかれとったんやね…▼
本呼んでるみたいやったから、
邪魔せんようにしとったんやけど…▼
[ニュクス]
その視線だけでも充分気になるわ。
用があるならさっさと言ってちょうだい。▼
[モズメ]
え、ええと…その…
あたい、ニュクスさんに憧れとるんよ!▼
[ニュクス]
え…?▼
[モズメ]
だってニュクスさん、
いつも難しい本とか読んどるやろ?▼
あたいとそんなに歳が変わらん感じやのに…
すごいなあって思って…▼
[ニュクス]
…………▼
[モズメ]
その姿を見とったらすごいなあって
感心してしもうてな…▼
[ニュクス]
…これくらい、どういうことはないわ。
本を読むことが習慣化しているだけだし。▼
[モズメ]
けど、あたいみたいな田舎もんから見たら
やっぱりすごいと思うんよ。▼
なあ、あたいにも読書や勉強がちゃんとできる
コツとか教えてくれへんかな?▼
[ニュクス]
何故私が貴方にわざわざ教える必要が?
私は関わりたくないの。▼
[モズメ]
…!
そんな関わりたくないやなんて…▼
なんか…傷つくわぁ…▼
[ニュクス]
…………▼
はあ…しょうがないわね。▼
落ち込まれては後味が悪いし、
私の持ってる本を読ませてあげるわ。▼
[モズメ]
ほんまに!?▼
[ニュクス]
ええ。勉強や読書のコツなんて
知らないけど、▼
定期的に読めば、
読書の習慣くらい自然に…▼
[モズメ]
ひゃー!嬉しいわぁ!
ニュクスさんと一緒に読書やー!▼
[ニュクス]
…静かにしないと取り消すわよ。▼
[モズメ]
あ、ご、ごめんんさい…▼
[ニュクス]
勉強したいのなら、
そこの棚にある本を勝手に読めばいいわ。▼
[モズメ]
うん!
ありがとな、ニュクスさん。▼

支援B

[モズメ]
よーし!ニュクスさんから借りた
この暗夜の歴史書…▼
今日こそ読んでみせるで!▼
ええと…確かここから…▼
…………ぐぅ。▼
[ニュクス]
…………▼
[モズメ]
っは!あたい寝かけてた?
ダメダメ!今はちゃんと集中せんと!▼
[ニュクス]
モズメ…貴方って本当に
読書が苦手のようね。▼
私の天幕に押しかけて読ませろと
言ってきたくせに、すぐに寝てしまうだなんて。▼
[モズメ]
うう…ニュクスさん、ごめんな。
せっかく本を貸してくれたのに…▼
ちょっとこの本、あたいには内容が難しくて…▼
[ニュクス]
そうみたいね。▼
[モズメ]
けど、ニュクスさんみたいに
学のある人になりたい…▼
あたい、もう少しがんばるわ!▼
がん…ばる…………ぐぅ。▼
[ニュクス]
モズメ。一ついいかしら?▼
[モズメ]
へぇ!?…あ、何?▼
[ニュクス]
見ていてわかったわ。
私が読んでいる本は貴方には無理よ。▼
[モズメ]
そ、そんな…!
じゃあ、もう本は読ませてもらえへんの?▼
[ニュクス]
違うわ。初めから背伸びなんてせずに、
もっと自分にあった本から始めればいいの。▼
[モズメ]
自分に合った本?▼
あたい、本なんかほとんど読まんから
どれが合ってるかなんてわからんわ…▼
[ニュクス]
そうね…
それじゃあ、これなんかどう?▼
[モズメ]
わあ…!
これ、料理の本?▼
[ニュクス]
ええ。食物についての知識と、
その調理法が載っている本よ。▼
料理好きならきっと読めるわ。▼
[モズメ]
ニュクスさん…!▼
[ニュクス]
貴方にとっては宝物のような内容でしょ?▼
逆に、私にとってのその本は
退屈な内容だわ。▼
読書は自分の興味を広げるところから
始めればいいのよ。▼
[モズメ]
そうやね…これなら大丈夫や!
ありがとう。▼
[ニュクス]
まあ、本を多く読んでいるのだし
これくらいはしてあげるわよ。▼
それじゃあ今度こそちゃんと静かに読書を…▼
[モズメ]
うわぁ!このお料理めっちゃええわぁ!
あたいの知らん調味料もたくさんある!▼
あ、こっちの根菜は知らん種類やな…
暗夜の野菜なんやろうか…▼
[ニュクス]
読書も静かにできないのかしら…▼
でも…ちゃんと読めるものが
見つかって良かったと思うべきかしら…▼

支援A

[モズメ]
ニュクスさん、
ほんまにありがとうな。▼
[ニュクス]
急に何を言い出すの。▼
[モズメ]
この間からあたいに本を貸してくれるやろ?▼
そのおかげで、あたいもちゃんと本が
読めるんやなって自信が持てたんよ。▼
[ニュクス]
実際に読んだのはモズメでしょう?
私の力は関係ないわ。▼
[モズメ]
けど、あたいには分かっとる。▼
ニュクスさんがあたいに合った本を
ちゃんと探してくれたって…▼
[ニュクス]
え?▼
[モズメ]
だって、ニュクスさんの持ってる本に
料理の本なんて最初はほとんどなかったもん。▼
けど、今はそれがちょっとだけ増えとる…
これってあたいのためって思ってもええよね?▼
[ニュクス]
それは…▼
ただ単に私の最近の興味の対象が
モズメと同じ料理にも及んだだけでしょう?▼
[モズメ]
それでもええよ。
あたいが嬉しかったのは変わらんし。▼
[ニュクス]
…そう。▼
[モズメ]
ほんまにニュクスさんは気が利くし
難しい本も読めるしすごいお人やね!▼
あ、それでな!
あたい、ニュクスさんにお礼がしたいんよ。▼
[ニュクス]
特に何もしていないのだし、
別にお礼何ていらないわ。▼
[モズメ]
それじゃあ、あたいの気がすまんのよ。
だから、お願いや!▼
ニュクスさんの好きなお菓子とかあったら
あたい作ってみたいんよ。▼
[ニュクス]
…そこまで言うなら。
白夜のお菓子が食べてみたいわ。▼
[モズメ]
よっしゃ、それなら任せとき!▼
ニュクスさんに気に入ってもらえるよう
あたいがんばるわ!▼
[ニュクス]
ありがとう…モズメ。▼
…………▼
貴方は私をすごいと言ってくれたけれど…
本当にすごいのは貴方の方よ。▼
まだ少女なのに、
お料理上手で、気が利いて…▼
[モズメ]
えっ? 今、何て?▼
[ニュクス]
…いえ、何でもないわ。▼
貴方のお菓子、楽しみにしているわね。
モズメ。▼
[モズメ]
うん!ニュクスさんに
喜んでもらえるように、がんばるわ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • レオンとの会話B、「罰ならば償いの果てに」は「罪ならば償いの果てに -- 2019-02-13 (水) 16:30:27

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 13 Feb 2019 16:30:27 UTC