Top > 会話集 > 支援会話 > ディーア(子世代・暗夜)

ディーアの支援会話

ベロア

支援C

[ディーア]
あっ…
しまった…▼
せっかく作ったクッキーを…
落としちゃったじゃん…▼
[ベロア]
ひょい! ぱくっ!
もぐもぐもぐ…▼
[ディーア]
…おい。▼
[ベロア]
もぐもぐ…ごくん。
…わたしに何か用ですか?▼
[ディーア]
用も何も…
今…食べただろ?▼
[ベロア]
食べましたよ?
だって、落ちてましたから…▼
[ディーア]
いや…落ちてたからって…
食べちゃ駄目だろ…▼
[ベロア]
人を盗人みたいに言わないでください。
落ちていない物は勝手に食べません…▼
[ディーア]
違う違う…
そうじゃなくて…▼
落ちた物、食べちゃ駄目だろ…
汚いじゃん…▼
[ベロア]
安心してください。
落ちてすぐだったので大丈夫です。▼
[ディーア]
いや…
それはどうだろう…▼
[ベロア]
…うるさい人ですね。
しつこいですよ。▼
[ディーア]
いや…だって…
お前が落ちたの食べたから…▼
[ベロア]
それなら、その手に持ってる
綺麗なクッキーをくれればいいじゃないですか…▼
[ディーア]
なんでそうなるんだよ…
これはお前にあげるために作ったんじゃない…▼
[ベロア]
落ちている物食べるな…
落ちていない物は食べさせない…▼
あなたって…鬼ですね。
私の優しいパパとは、大違いです…▼
[ディーア]
…どうしてそうなる。
てか、なんで父親が出てくるわけ…?▼
[ベロア]
もう、いいです。
わたし、行きますから…▼
くんくん…
どこかに食べ物はないかしら…▼
[ディーア]
…………▼
やっぱ…あげれば良かったかな…
クッキー…▼

支援B

[ベロア]
くんくん…
くんくんくん…▼
[ディーア]
ん…?
ベロアか…▼
[ベロア]
えいっ。▼
[ディーア]
き、急に押すなよ…
何だってんだ…▼
[ベロア]
落とさないかな、と思ったんです。
…クッキー。▼
隠し持ってますよね?
匂いで分かるんです。▼
[ディーア]
確かに持ってるけど…
別に隠してない…▼
[ベロア]
えいっ。▼
[ディーア]
だから、押すなって…▼
[ベロア]
でも、落としていない物を奪ってしまったら、
わたしは盗人になってしまいますから…▼
[ディーア]
そんなことをしなくても…
あげるって…▼
[ベロア]
えっ?▼
[ディーア]
今日はお前の分も作ったんだ…▼
焼きたてだから…
落ちたのよりも美味しいと思うぞ…▼
[ベロア]
ひょい…ぱくっ…
もぐもぐもぐ…▼
…美味しいです。▼
[ディーア]
おお、しっぽがめっちゃ揺れてる…▼
喜んでくれたなら、
良かったぜ…▼
[ベロア]
ありがとうございます。
ディーアはいい人なんですね。▼
[ディーア]
落ちた物を食われるのは…
作った方としても不本意だからな…▼
ちゃんと焼いたのを…
食べてもらいたかっただけさ…▼
[ベロア]
何かお礼をしなくちゃいけませんね。
何がいいでしょうか…▼
[ディーア]
別にそんなこと気にするなよ…
こっちが好きでやっただけだし…▼
[ベロア]
いえいえ。
ほんの気持ちですから。▼
そうですね…
ティーカップなどはどうでしょうか?…▼
わたしの宝物の中に、
なかなかいい物があったはずです。▼
[ディーア]
それは嬉しいけど…
そんな上等なものは受け取れないよ…▼
[ベロア]
ちょっと待っててくださいね。
今、持ってきますから。▼
[ディーア]
なんか…悪いな…▼

(暗転)
[ベロア]
とってきました…!▼
[ディーア]
わっ。 早いな。▼
[ベロア]
素敵なティーカップなんですよ。
壊れ具合が芸術的で。▼
[ディーア]
…………▼
…壊れ具合?▼
[ベロア]
はい。底に丸く穴が開いていて、
取っ手も欠けているんです。▼
ここまで芸術的に壊れている物は
なかなかお目にかかれません…▼
[ディーア]
まあ、気持ちは嬉しいから…
…いいか。▼

支援A

[ディーア]
ベロア。
今…いいか?▼
[ベロア]
ディーア?
別にいいですけど。▼
[ディーア]
ちょうどお茶をいれたところなんだ…
一緒に飲まないか?▼
[ベロア]
嬉しいです…
お呼ばれしますね。▼
[ディーア]
ほら…
熱いから気をつけろよ…▼
[ベロア]
ありがとうございます。
いただきます…▼
きゃ…こぼしちゃいました。
…熱いです。▼
[ディーア]
だから、気をつけろと言ったのに…
火傷してないか?▼
[ベロア]
大丈夫です…
少ししかこぼしてませんから。▼
[ディーア]
待ってろ…
今、何か冷やすものを持ってくる…▼
[ベロア]
…すみません。▼

(暗転)
[ディーア]
…よし、これで大丈夫だろ。▼
[ベロア]
…………▼
[ディーア]
…どうした?▼
[ベロア]
ディーアは…
面倒くさがりだと聞いてました。▼
[ディーア]
まぁ、基本的にはそうだな…▼
[ベロア]
でも、わたしにクッキーを焼いてくれたり、
お茶に誘ったりしてくれます…▼
今だって…冷やすものをわざわざ
取りに行ってくれました。▼
わたしなんか放っておけばいいのに…
面倒くさくないんですか?▼
[ディーア]
自分が好きでやってることだからな…▼
[ベロア]
わたしのために働くことが、
ディーアは好きなんですか?▼
[ディーア]
まぁ、仲間のためなら…
面倒くさくないし…▼
というか、ベロアだってそうじゃん…
お前も面倒くさがりだって聞いてるぜ?▼
[ベロア]
そうですね。
わたしも基本、動きたくないですから。▼
[ディーア]
それなのに、この間は…
俺のために宝物持ってきてくれたじゃん…▼
[ベロア]
あ、あれは……
お礼がしたかったからです。▼
[ディーア]
そ、そうか…
そいつは…ありがとうな…▼
[ベロア]
…………▼
[ディーア]
…………▼
[ベロア]
…なんなのですか、この空気は?
すごく…恥ずかしい気がします。▼
[ディーア]
そ、そうだな。▼
[ベロア]
ディーアがいけないんです。
責任を取って空気を変えてください。▼
[ディーア]
じゃあ、お茶の続きでもするか…
ほら、今度はこぼすなよ…▼
[ベロア]
…ありがとうございます。
うん。やっぱり美味しいですね。▼

支援S

[ディーア]
ベロア…
ちょっと、いいか…▼
[ベロア]
ディーア?▼
[ディーア]
こんなのを見つけたからさ…
ベロアにあげようと思って…▼
[ベロア]
これは…ボロボロの毛布ですね。
…素敵です。▼
[ディーア]
…ベロアはこういうのが好きなんだろ?
…たまたま見つけたからさ。▼
[ベロア]
ありがとうございます。
とても嬉しいです。▼
[ディーア]
そっか…
喜んでもらえて良かったよ…▼
[ベロア]
でも…▼
くんくん…
くんくんくん…▼
…おかしいですね。
絶対におかしいです。▼
[ディーア]
…な、何がだ?▼
[ベロア]
ディーア。
この毛布はたまたま見つけたんですか?▼
[ディーア]
…そうだ。
…歩いていたら…たまたま見つけた。▼
[ベロア]
でも、この毛布からは…
ここから少し離れた土地の匂いがします。▼
[ディーア]
そ、そうなのか…
すごい嗅覚だな…▼
[ベロア]
くんくん…
くんくんくん…▼
間違いない…
この匂いは…お宝山の匂い…▼
お宝山は近くの住民が
不要になった物を捨てる場所…▼
そんなところ…
ディーアがたまたま歩くはずありません。▼
ディーア。
これはどういうことですか…?▼
[ディーア]
いや…
どうもこうも…▼
行ってきたんだよ…
お宝山に…▼
[ベロア]
どうして、ディーアが?▼
[ディーア]
そこになら、
ベロアが喜ぶ物がありそうだって聞いたから…▼
[ベロア]
わたしが喜ぶ物…
それを探しに行ったのですか?▼
どうしてそんなに面倒くさいことを…
ディーアらしくないですね。▼
[ディーア]
ベロアの喜ぶ顔が…
見たかったからに決まってるじゃん…▼
[ベロア]
!?▼
わ、わたしの喜ぶ顔…
そ、それは…▼
[ディーア]
俺はベロアの喜ぶ顔が…
いっぱい見たいんだよ…▼
これからもずっとな…▼
[ベロア]
…………▼
ディーアは
わたしの喜ぶ顔が見たいんですよね?▼
[ディーア]
ああ…
そうだよ…▼
[ベロア]
それなら、お宝山に行く必要はありませんよ。
もっと…簡単な方法がありますから。▼
[ディーア]
…その方法を教えてくれるか?▼
[ベロア]
ずっとわたしの側に…
ディーアが居てくれるだけでいいです…▼
それだけでわたしは…
嬉しいですから…▼
[ディーア]
なら…もう離れないぜ?▼
[ベロア]
ええ。
よろしくお願いします。▼

ルッツ

支援C

[ディーア]
おー、よしよし…
そんなに俺の珈琲が美味いか…▼
(ミシェルの鳴き声)
[ルッツ]
ミシェル!▼
[ディーア]
ルッツ…やっと来たか。▼
ミシェルのやつ…お前のこと待って
寂しそうにしてたぜ…▼
[ルッツ]
ご、ごめんミシェル!
お父さんとの話が長引いちゃって…▼
…あれ?
ミシェル、何飲んでるの?▼
[ディーア]
俺の入れた珈琲だ…▼
[ルッツ]
こ、コーヒー!?▼
[ディーア]
すげえな…
飛竜ってこんなん飲むんだな…▼
俺、全然知らなかったわ…▼
[ルッツ]
僕も知らなかったよ!▼
ミシェルは飲み物にすごくうるさくって、
キレイな川の水しか飲まないのに…▼
まさかこんな泥水みたいなものを…!▼
[ディーア]
泥水じゃねえし…▼
[ルッツ]
どうやって飲ませたの?
生肉か何か入れた?▼
[ディーア]
珈琲に生肉入れるわけないじゃん…
ミシェルが勝手に飲んだんだよ。▼
俺が珈琲入れてたら
こいつが唸りながら近づいてきてさ…▼
めっちゃよだれ垂らしてくるから
このままじゃ食われると思って…▼
俺よりも上手そうなものを献上したんだ…
とりあえず、バケツ一杯な。▼
[ルッツ]
へえ…ありがとう。ディーア。▼
ミシェルがこんなに
おいしそうな顔するの久しぶりに見たよ。▼
[ディーア]
いいってことよ…▼
[ルッツ]
でも…なんか悔しいな。
僕もミシェルにこんな顔させてあげたい!▼
そうだ…ディーア、
僕にコーヒーの入れ方を教えてよ!▼
[ディーア]
別にそんな頑張らなくても…
欲しいなら俺に頼めば良くね…?▼
[ルッツ]
ううん、ミシェルの相棒としては、
おいしいコーヒーを入れてあげたいし…▼
それに、コーヒーの入れられる騎士って
なんだかかっこいいじゃない?▼
[ディーア]
そうか…?▼
[ルッツ]
そうだよ!
絶対かっこいいって!▼
お願い、ディーア…教えてよ!
この通り!▼
[ディーア]
うわー…お前の後ろから
めっちゃミシェル見てくるじゃん…▼
断ったら殺すみたいな目で
すげえ見てくるじゃん…▼
もはや脅しじゃね…?▼
[ルッツ]
お願いします!
真剣に習いますから!▼
[ディーア]
わかった…わかったよ…
だからもう顔を上げろ…▼
ミシェルが今にも
俺めがけて飛び立ちそうだ…▼
俺まだ死にたくねえし…▼
これで命が助かるなら、
喜んで指導してやるよ。▼
[ルッツ]
やったー! ありがとう!
じゃあよろしくね、ディーア!▼
[ディーア]
ああ…▼

支援B

[ディーア]
違うな…
お湯はもっとゆっくりと注ぐんだ…▼
[ルッツ]
は、はい!▼
[ディーア]
粉全体に行きわたらせるようにしろよ…
上手く蒸らせないからな…▼
蒸らしたらさっきよりは勢いよく
湯を入れてもいい…▼
ただし、焦るなよ…▼
適量が抽出できたら、
珈琲をカップに移すぞ…▼
[ルッツ]
えっと、確か…
カップも温めておくんだよね?▼
[ディーア]
ああ…
珈琲の温度を下げないためにな…▼
[ルッツ]
わかったよ!
じゃあ…えいっ!▼
[ディーア]
えええ…
直火で温めるとか斬新すぎる…
焚き火にカップを入れるんじゃなくて、
カップにお湯を入れて温めるんだけど…▼
[ルッツ]
ご、ごめん!
すぐに取り出すから…▼
あ、熱っ!▼
[ディーア]
火の中に手を入れたら
熱いに決まってるじゃん…!▼
大丈夫か?
火傷してないか?▼
[ルッツ]
う、うん…大丈夫みたい。
熱かったけど、痕になってないし。▼
[ディーア]
良かったな…
お前やっぱ、運がいいぜ…▼
けど念のため…
水と薬を持ってきてやるよ…▼
[ルッツ]
ごめんね…
ディーア…▼

(暗転)

はぁ…
珈琲を入れるのって難しいね…▼
[ディーア]
そんなことないぜ…
最初はみんな、こんなもんだ…▼
慌てなければ誰にでもできる…▼
[ルッツ]
でも、僕…
どうしても焦っちゃって…▼
…やっぱり…やめようかな。▼
珈琲を入れられる騎士の方が
格好いいとは思うけど…▼
こんなに大変だとは思わなかったし…
僕には向いてないような気がする…▼
[ディーア]
…………▼
…諦めるのか?
それなら…俺も助かるな。▼
[ルッツ]
…え?▼
[ディーア]
これ以上、俺の貴重な時間を
ルッツのために割かなくていいんだからな…▼
[ルッツ]
…………▼
やっぱり僕、諦めない!
続けるよ!▼
だって、今やめたら…▼
ディーアが付き合ってくれた時間が
全部無駄になっちゃう!▼
[ディーア]
…そっか。▼
それなら俺も…
最後まで付き合ってやるよ。▼
[ルッツ]
うん!
お願いします、ディーア!▼

支援A

[ルッツ]
もうそろそろいいかな?▼
[ディーア]
いや、まだだ…
最善の瞬間を見逃すな。▼
[ルッツ]
…ここだ!
粉は十分に蒸れたはず!▼
[ディーア]
よし…
細心の注意を払って湯を注ぐんだ。▼
[ルッツ]
最後の一滴まで…
大切に注ぐ…▼
美味しくなーれ…
美味しくなーれ…▼
美味しくなーれ…
美味しくなーれ…▼
…できたよ!▼
[ディーア]
じゃあ温めたカップに移して…
さっそく、飲んでみるか。▼
[ルッツ]
うん!
ディーアから飲んでみてよ!▼
[ディーア]
わかった。
じゃあ、いただくぞ。▼
…………▼
…美味い。▼
[ルッツ]
本当に!?
じゃあ、僕も…▼
…………▼
…美味しい!
美味しいよ、ディーア!▼
珈琲って、こんなに美味しいものだったんだね!
やっとミシェルの気持ちがわかったよ…▼
[ディーア]
ああ。これなら合格だ。
どこに出しても恥ずかしくない。▼
[ルッツ]
でも、まだディーアと一緒じゃないと
こんなに美味しいのは入れられないけどね。▼
[ディーア]
その内に一人でも
入れられるようになるさ…▼
そうしたらいつでも、
ミシェルと一緒にお茶会ができるぜ…▼
[ルッツ]
ディーアのおかげだよ。
ありがとう!▼
[ディーア]
礼を言うのは俺の方だ。▼
今回のことで俺はルッツから
大切なことを学んだからな。▼
[ルッツ]
え?▼
[ディーア]
無理そうなことでも、諦めなかったら…
最後には上手くいくってことだ。▼
必死に何かに取り組むのも悪くない…
ルッツを見てたら…そう思ったぜ。▼
[ルッツ]
へへへ。
なんだか照れくさいな。▼
それに、ディーアがそんなこと言うなんて、
なんだか珍しいよね!▼
そうだ!▼
じゃあ、今度は僕が
ディーアに何かを教えてあげようか?▼
[ディーア]
例えば…?▼
[ルッツ]
そうだなー…
ミシェルの乗り方とかは?▼
[ディーア]
…それは遠慮しておく。▼
[ルッツ]
えー? どうして?
諦めなければなんでもできるよ?▼
[ディーア]
いや…
俺は生きることを諦めたくない…▼
[ルッツ]
ははは!
ディーアは大袈裟だなー!▼
[ディーア]
ははは…
大袈裟じゃないと思うぜ…▼

オフェリア

支援C

[ディーア]
喉が渇いたな。
珈琲でも入れるか。▼
[オフェリア]
くんくん...
とてもいい香りね。▼
[ディーア]
オフェリア。お前も飲みたいのか?
飲むなら入れてやるけど。▼
[オフェリア]
残念だけど...
今はそういう気分じゃないの。▼
今、私の体が真に欲しているのは、
生命の葉より生まれし、琥珀色の奇跡...▼
[ディーア]
なんだ、それ?
そんなもん、ねぇぞ...▼
[オフェリア]
私は珈琲じゃなくて、
紅茶が飲みたいってことよ。▼
[ディーア]
だったら最初からそう言えよ。
なんだよ、琥珀色の奇跡って...▼
じゃあ、紅茶を入れてやるよ。
準備するから少しまってろ。▼
[オフェリア]
待ち遠しいわ。
悠久の時かと惑うほどにね。▼
[ディーア]
ほら、入れたぞ。
熱いから気をつけろよ。▼
[オフェリア]
ありがとう。
いただくわね。▼
............▼
...こ、これは!?▼
[ディーア]
...どうした?
変な味だったか?▼
[オフェリア]
私の鼻腔をくすぐるこの香り...▼
まるで、幾千もの花びらが、
南風に乗っているかのよう...▼
...間違いないわ。▼
この紅茶こそ...
選ばれし者にふさわしい伝説の紅茶よ。▼
[ディーア]
はぁ? 伝説?▼
そんなに大袈裟なものじゃねえよ...
至って普通の紅茶じゃん。▼
[オフェリア]
伝説の紅茶を入れられるだなんて、
あなたは選ばれし者なのかも...!▼
[ディーア]
無視かよ...▼
[オフェリア]
素晴らしいわ、ディーア。
私はあなたの奇跡を祝福するわ。▼
けれど...その宿命に甘んじてはダメ。
これからも精進することね。▼
[ディーア]
...変わった奴だな、お前。▼

支援B

[オフェリア]
ディーア。
ごきげんよう。▼
[ディーア]
オフェリアか。
紅茶が飲みたくなったのか?▼
[オフェリア]
そのことなんだけど…
ふさわしくないと思わない?▼
[ディーア]
…何がだ?▼
[オフェリア]
真に価値があるものには、
真の名こそがふさわしい…▼
私はそう考えるわ。
ディーアはどう?▼
[ディーア]
…何が言いたいんだ?▼
[オフェリア]
もう。
なんでわからないのかしら。▼
私は、紅茶っていう名前が
地味で嫌だって言ってるのよ。▼
[ディーア]
はあ?▼
[オフェリア]
一口飲めば、
至福のときが訪れる奇跡の産物…▼
そんな素晴らしいものが、
紅茶なんていう地味な名前じゃあんまりよ。▼
[ディーア]
そんなこと言っても…
紅茶は紅茶じゃん。▼
[オフェリア]
だから、
私がふさわしい名前を考えてあげるわ。▼
そうね…
例えばこう…▼
琥珀色の奇跡…
<アンバーミラクル>なんてどうかしら?▼
[ディーア]
いや、どうって言われても…
っていうか、長くね?▼
[オフェリア]
気に入らないの?
じゃあ他には…▼
神々が注ぎ淹れし神秘の聖水…
<アメイジングホーリー>。▼
[ディーア]
注いだのは神々じゃないし。
俺だし。▼
[オフェリア]
大自然からの贈り物…
<ギフトフロムネイチャー>…▼
[ディーア]
言い辛いし、面倒くさい。▼
[オフェリア]
もう、そんなに文句を言うなら、
ディーアが考えればいいじゃない!▼
[ディーア]
いや、だから紅茶は紅茶だって
さっきから言ってるじゃん…▼
[オフェリア]
却下。
選ばれし感がないわ。▼
[ディーア]
なんだよ、選ばれし感って…▼
[オフェリア]
仕方ないわね…▼
じゃあ、次に会うときまでに考えておくわ。
とびっきり特別な名前をね。▼
せいぜい、楽しみにしていなさい。▼
[ディーア]
…面倒くさいな。▼

支援A

[オフェリア]
ディーア。
ごきげんよう。▼
[ディーア]
今日はどうしたんだよ?▼
[オフェリア]
天よりこぼれし乙女の涙…
<クライングスカイ>を頂けるかしら?▼
[ディーア]
まだそんなことを…▼
[オフェリア]
…ダメなの?
じゃあ…▼
星々の煌きの結晶水…
<スタークリスタル>が飲みたいわ。▼
[ディーア]
そんなものはねえ。▼
[オフェリア]
手強いわね。
ならば…▼
聖樹に宿りし元素の水…
<セイクリッドウォーター>を入れてくれる?▼
[ディーア]
…………▼
[オフェリア]
紅茶だよ! 紅茶!
紅茶が飲みたいの!▼
[ディーア]
紅茶な。それならまかせとけ。
ちょっと待ってろ…▼
[オフェリア]
もう!
なんでこうなるのよー!▼
[ディーア]
紅茶は紅茶だ。
それ以上でも、それ以下でもない。▼
[オフェリア]
でも、それじゃ…
選ばれし感がないんだもん。▼
[ディーア]
そんなものがなくても、
紅茶の美味さは変わらないだろ?▼
[オフェリア]
それはそうだけど…▼
[ディーア]
だったら紅茶は紅茶でいいじゃないか。
特別な名前なんか必要ない。▼
[オフェリア]
…つまんないの。▼
[ディーア]
なんだ?
まだ、駄々をこねるのか?▼
あんまり無茶を言うなら、
紅茶を入れてやらねえぞ…?▼
[オフェリア]
わ、わかったよう!
紅茶は紅茶でいい!▼
ディーアが入れてくれる紅茶は、
ほんとに美味しいから。▼
飲めなくなっちゃうのはごめんだよ。▼
[ディーア]
ふっ…
褒めてもらえて光栄だ。▼
そら、紅茶が入ったぞ。
熱いから気をつけろよ…▼
[オフェリア]
…ふぅ。▼
やっぱり、おいしいね。
ディーアの紅茶。▼
[ディーア]
そいつはよかった…
飲みたければいつでも入れてやるぜ。▼
[オフェリア]
ありがとう!
とっても嬉しい!▼

支援S

[オフェリア]
あっ、ディーアだ!▼
[ディーア]
オフェリア!?▼
[オフェリア]
どしたの?
そんなに驚いて…▼
[ディーア]
いや別に…
なんでもない…▼
[オフェリア]
ほんとに?
なんか、普段と違う気がするよ。▼
漆黒の獣が徘徊する迷宮…
深遠の闇に囚われてるんじゃない?▼
[ディーア]
…どういう意味だ?▼
[オフェリア]
何か悩みがあるんじゃない?
って聞いてるんだよ。▼
[ディーア]
まどろっこしいな…▼
[オフェリア]
とにかく言いたいことがあるなら言ってよ。
すっきりするかもしれないし。▼
[ディーア]
上手く伝えられる自信がないけど…
それでもいいか?▼
[オフェリア]
うん。いいよ!▼
[ディーア]
実は…
なんて言うか…▼
断ち切れぬ鎖に、
心を絡め取られているんだ。▼
[オフェリア]
…え?
た、断ち切れぬ鎖?▼
[ディーア]
誰にも秘密にしていた小箱が、
今にも開きそうっていうことだよ。▼
[オフェリア]
な、なるほどね。
ものすごく興味深い話だわ。▼
もうちょっと具体的に話をしてくれる?▼
[ディーア]
オフェリアは…
俺にとっての女神なんだ…▼
[オフェリア]
…………▼
えっ?▼
め、女神!?
わ、私が!?▼
[ディーア]
だけど、怖いんだ…
思いを伝えるのが…▼
手を伸ばしたら消えてしまうかもしれない…
まるで蜃気楼のように…▼
今の俺の心はまるで…
砂漠に埋もれた一枚の金貨だ…▼
[オフェリア]
ま、待って!
ディーア、ちゃんと説明してよ!▼
[ディーア]
俺は…
オフェリアのことを…▼
[オフェリア]
う、うん…▼
[ディーア]
荒涼とした大地に咲いた…
一輪の花のようだと思っている…▼
[オフェリア]
ま、まどろっこしいよ!
お願いだからはっきり言って!▼
[ディーア]
…わかった。▼
俺は…オフェリアのことが好きだ。
世界中の誰よりもな。▼
[オフェリア]
!!
そ、そんなにはっきり言わないでよ!▼
[ディーア]
どっちだよ…!?▼
[オフェリア]
えへへ…
でも、嬉しい…▼
[ディーア]
…え?▼
[オフェリア]
私もディーアとは…▼
夜空に浮かぶ月と星のように…
離れられない運命だと思ってたから…▼
[ディーア]
つまり?▼
[オフェリア]
そ、それは恥ずかしいから無理!▼
でも…
あなたになら、わかるでしょ?▼
ずっと一緒にいたディーアになら、
私の気持ち…わかるはずだもん。▼
[ディーア]
…ああ。
お前の気持ち、嬉しいよ。▼
[オフェリア]
ふふ。
じゃあ、これからはずっと一緒だね。▼
[ディーア]
ああ。
ずっと…一緒だ。▼

ソレイユ

支援C

[ソレイユ]
せいやっ!
はぁっ!▼
[ディーア]
…うるさい。
…人の昼寝の邪魔をするなよ。▼
[ソレイユ]
ん?
ディーア?▼
ごめんごめん。
起こしちゃった?▼
ちょっと剣の稽古をしてたんだけど…
もうちょっと静かにやるね。▼
[ディーア]
そうしてもらえると助かる…▼
[ソレイユ]
…昼寝もいいけど、
ディーアも一緒に稽古しない?▼
思い切り汗を流すと気持ちいいよ?▼
[ディーア]
俺は遠慮しとく…
自主練とか面倒くさいし…▼
[ソレイユ]
ディーアは相変わらずだね。
そんなんじゃ女の子にモテないよ?▼
[ディーア]
余計なお世話だ…▼
[ソレイユ]
ふぅ…
あたしも一休みしよっかな。▼
うわっ。
汗でびしょびしょだよ…▼
おいしょっと…▼
[ディーア]
ちょ、ちょ、ちょっと待て…
ソレイユ、ここで着替えるなよ…▼
[ソレイユ]
え? なんで?
汗かいてるから早く着替えたいんだけど。▼
[ディーア]
いいのか?
いろいろと見えちゃうぞ…▼
[ソレイユ]
そんなことか。
別にあたしは気にしないし。▼
[ディーア]
気にしろよ…
というか…俺の方が気になっちゃうし…▼
[ソレイユ]
あはは!
それなら見なければいいのに。▼
[ディーア]
そ、それはそうだけどさ…
いや…でも…▼
[ソレイユ]
仕方ないなー。
じゃあ、あっちで着替えてくるよ。▼

(ソレイユ退場)
[ディーア]
なんで俺が恥ずかしがるんだ。
普通、逆だろうよ…▼

支援B

[ソレイユ]
ええと…こうして…
ここがこう…それで…▼
…こう回ればいいのかな?
うーん…難しいな…▼
[ディーア]
…ん?
ソレイユか?▼
[ソレイユ]
きゃ、きゃあああああ!
で、ディーア!?▼
なんでなんで!?
なんでここにいるのよ!?▼
っていうか、今の見てた!?
ど、ど、ど、どうなのよ!?▼
[ディーア]
…落ち着けよ。
…ソレイユが慌てるなんて珍しいな。▼
[ソレイユ]
いいから早く答えて!
今の…見てたの?▼
[ディーア]
…ソレイユがクネクネ動いてたな。
…なんかの儀式か?▼
[ソレイユ]
違う!▼
踊りの練習だよ!▼
[ディーア]
そんなバカな。
あれが…踊り?▼
邪神を召喚する儀式にしか見えなかったぞ…▼
[ソレイユ]
うるさいなー!
だからこっそり練習してたんじゃない!▼
はぁ…▼
まさかディーアに見られるなんて…
恥ずかしくて死にそうよ…▼
[ディーア]
着替えを見られても平気なソレイユが…
踊りの練習は恥ずかしがるのか…▼
[ソレイユ]
は、恥ずかしいに決まってるじゃない!▼
踊りの練習を見られるくらいなら、
下着姿で外を走り回った方がマシだよ!▼
[ディーア]
どう考えても…
そっちの方が恥ずかしいと思うけどな…▼
[ソレイユ]
あたしってリズム感が絶望的にないのよ…
だから、秘密の特訓をしてたのに…▼
…責任取って。▼
[ディーア]
…は?▼
[ソレイユ]
ディーアが責任取って!▼
[ディーア]
責任って…なんの責任だよ?▼
[ソレイユ]
あたしの恥ずかしい踊りを
のぞき見た責任だよ!▼
[ディーア]
ええっ!?▼
別にのぞき見たというか…
たまたま見ちゃっただけだぞ…▼
[ソレイユ]
そんなの関係ないよ!▼
とにかく責任取って…
あたしの踊りの練習に付き合って!▼
[ディーア]
…面倒くさい。▼
[ソレイユ]
…ふーん。
そんなこと言っていいんだー?▼
ディーアがあたしの恥ずかしい姿を
のぞき見てたって言いふらしてもいいのー?▼
[ディーア]
…………▼
…わかった。
…仕方ない。付き合うよ。▼
[ソレイユ]
ほ、本当に!?
やったー!▼
じゃあ、さっそくよろしくね!▼
[ディーア]
…あーあ。
…大変なことになっちまったな。▼

支援A

[ディーア]
せーの…
1…2…1…2…▼
[ソレイユ]
はい! はい!
ははーい!▼
[ディーア]
回って…回って…
ピタッっと止まる…▼
[ソレイユ]
くるっ! くるっ!
せーの、キメっ!▼
はぁ…はぁ…▼
ど、どう? あたしの踊りは?
少しは上達したんじゃない?▼
[ディーア]
ああ…
なかなかよくなったと思うよ…▼
[ソレイユ]
や、やっぱり!?
自分でも手応えを感じてたんだ!▼
[ディーア]
邪神を召喚する儀式じゃなくて…
雨乞いの儀式くらいにはなったかな…▼
[ソレイユ]
…………▼
…それって上達してる?▼
[ディーア]
…多分。
…最初よりは?▼
[ソレイユ]
もう!
なんで疑問形!?▼
…って、ディーアに怒っても仕方ないよね。
上達しないのは…あたしのせいなんだから。▼
ごめんね…
なかなか踊りが上達しなくて…▼
ディーアがわざわざ
練習に付き合ってくれてるのに…▼
[ディーア]
そんなことは気にするな…▼
[ソレイユ]
でも、いつまでも下手なままで…
そろそろ、面倒くさくなったでしょ?▼
もし嫌になったら…
いつでもやめていいからね…▼
[ディーア]
確かに俺は面倒くさがりだけど…▼
仲間が努力してるときに
途中で見捨てたりしないし…▼
[ソレイユ]
ディーア…▼
[ディーア]
ソレイユは偉いじゃん…▼
自分の弱点を…
克服しようとしてるんだからさ…▼
頑張れよ…
上手くなるまで付き合うから…▼
[ソレイユ]
うん!
ありがとう!▼
ディーアがそう言ってくれるから、
どんどんやる気が出てきたよ!▼
[ディーア]
それじゃ…
練習を再開しますか…▼
[ソレイユ]
でも、その前に着替えていい?
汗いっぱいかいちゃったし!▼
[ディーア]
だ、だ、だから…
ここで着替えるなって…▼
[ソレイユ]
あはは! ごめんごめん!
あっちで着替えてくるね!▼

支援S

[ディーア]
1…2…1…2…
くるっとターン…▼
[ソレイユ]
はい! はい! ほほい!
からの…ターン!▼
はぁ…はぁ…▼
[ディーア]
お疲れ様…
ほら、冷たいお茶だ…▼
[ソレイユ]
ありがと。
で、どうかな? あたしの踊りは?▼
[ディーア]
独特の味が出てきたとは思う…▼
[ソレイユ]
遠回しじゃなくて
はっきりと言って欲しいんだけど。▼
[ディーア]
雨乞いの踊りから…
鳥の求愛ダンスに変わったかな…▼
[ソレイユ]
ううう…
それは上達とは言わないよね…▼
[ディーア]
そんなに落ち込むな…
やる気とめげない心はすごいと思うぞ…▼
[ソレイユ]
なぐさめてくれてありがと。▼
でも、これだけ練習してるのに
なかなか上手く踊れないものね。▼
はぁ…あたし…
やっぱり才能ないなー…▼
[ディーア]
練習なら俺が付き合ってやる…
上手く踊れるようになるまでな…▼
[ソレイユ]
あはは!▼
そんなこと言っていいのかな?
きっと後悔すると思うよ?▼
[ディーア]
…なぜだ?▼
[ソレイユ]
だって、あたしが上手く踊れるまで
練習に付き合ってくれるってことはさ…▼
ディーアはあたしの練習に、
一生、付き合うことになっちゃうよ?▼
[ディーア]
…別にそれでもかまわない。▼
[ソレイユ]
…え?▼
[ディーア]
一生、練習に付き合ってやる…
ソレイユの側で、ずっと…▼
[ソレイユ]
ん?▼
ちょ、ちょっと待って…
一生? 側で? ずっと?▼
そ、それって…▼
[ディーア]
俺じゃあ…ダメか?▼
[ソレイユ]
ダメじゃない!
全然、ダメじゃない!▼
あたしも…
ディーアのことが気になってたから…▼
嬉しい。
すごく嬉しい。▼
[ディーア]
そっか…▼
[ソレイユ]
あっ!
でもやっぱり、それじゃダメ!▼
[ディーア]
…なんでだ?▼
[ソレイユ]
だってそれだと…
あたしが上手く踊れるようになったら…▼
ディーアはどこかに…
行っちゃうってことでしょ?▼
[ディーア]
…安心しろ。
…それはない。▼
[ソレイユ]
それって、一生、あたしの踊りが
上手くならないと思ってるってこと?▼
[ディーア]
…………▼
[ソレイユ]
なんでそこで黙るの!▼
[ディーア]
はは。
今のは冗談だ。▼
上手く踊れるようになっても…
俺はソレイユの側にいつまでもいるさ…▼
[ソレイユ]
…うん。
ありがと。▼
じゃあ、踊りの練習を続けようかな。
ディーア、しっかり見ててよね!▼

エポニーヌ

支援C

[ディーア]
さて、やることはやったし。
後は俺がやんなくても大丈夫だろ。▼
どこか静かで暗い場所を探して、
全力でサボるとするか…▼
[エポニーヌ]
…こそこそ。
…じーっ。▼
[ディーア]
…ん?
視線を感じる…▼
[エポニーヌ]
…………▼
[ディーア]
おい…なんか用か?▼
[エポニーヌ]
っ!?▼
[ディーア]
っていうか。
なんでタルの中に入ってんだよ…▼
[エポニーヌ]
!?▼
[ディーア]
無視すんなよ、エポニーヌ。▼
[エポニーヌ]
あ、あたしに話しかけてるの?▼
[ディーア]
お前以外いないじゃん…▼
[エポニーヌ]
タルに隠れてるのは尾行の基本だからよ。
何かご意見でも?▼
[ディーア]
意見はないけど…
いったい誰を尾行してんだよ…?▼
[エポニーヌ]
そんなのディーアに関係ないでしょ。
放っておいてくれないかしら。▼
[ディーア]
まぁ、別にいいけどさ…
じゃあな…▼
[エポニーヌ]
…まさか、見つかっちゃうとはね。
さすがディーアっていうところかしら。▼
でも、こんなことで
落ち込んではいられないわ。▼
街で見つけたあのお兄さん…
果物屋のお兄さんと…▼
ディーアを仲良しにしたい!
どうしてもどうしても仲良しにしたい!▼
その作戦はまだ始まったばかりだから。
次はもっと慎重に尾行しなきゃ。▼
二人の恋を実らせることができるのは、
あたししかいないもの。▼

支援B

[ディーア]
よし、繕い物も終わったし…
珈琲でも淹れるかな…▼
[エポニーヌ]
じーっ…▼
[ディーア]
…エポニーヌも飲むか?▼
[エポニーヌ]
!?▼
また、見つかっちゃった…▼
[ディーア]
今日も誰かの尾行か?
もしかして…俺を尾行してるわけ?▼
[エポニーヌ]
そ、そんなわけないじゃない!
自惚れないでよね。▼
[ディーア]
あっそ…▼
で、珈琲は飲むのか?
飲むなら淹れてやるぞ。▼
[エポニーヌ]
…淹れてくれるなら、飲むしかないわね。▼
[ディーア]
じゃあ、そこに座って待ってろ…
今、美味いのを淹れてやるから。▼
[エポニーヌ]
そ、そういえば、ディーアって…
手先が器用なのね。▼
珈琲とか紅茶を淹れるのも上手いし、
繕い物だって、上手だったわよね。▼
[ディーア]
別にこんなの、誰でもできるだろ…▼
[エポニーヌ]
あ、あれぇ?
そう言えば…▼
街の果物屋のお兄さんの服が
ボロボロに破れてたような気がするわ。▼
[ディーア]
そうなのか?
客商売なのにそれじゃダメじゃん…▼
[エポニーヌ]
そうよね!
ディーアもそう思うわよね!?▼
だったら…ディーアが
直してあげればいいんじゃない?▼
[ディーア]
なんで俺が…?
知らない人なんだぜ?▼
[エポニーヌ]
今は知らない人でも、
それをきっかけに知り合えばいいのよ。▼
[ディーア]
俺は別に知り合わなくていい…
面倒くさいし。▼
…ほら、珈琲を淹れたぞ。
温かいうちに飲め。▼
[エポニーヌ]
あ、ありがとう…▼
…ごくごく。▼
あれ?
この珈琲、美味しいわね。▼
[ディーア]
お前、風邪ひいてるっぽいから。
温まるスパイスを入れてみたんだよ…▼
[エポニーヌ]
えっ?
確かにちょっと、喉が痛かったけど…▼
[ディーア]
尾行もいいけど、ほどほどにしとけよ。
体壊したら大変じゃん…▼
[エポニーヌ]
…ディーアって、
見かけによらず優しいのね。▼
[ディーア]
そりゃどうも…おかわりなら、
おだてなくても出してやるって…▼
[エポニーヌ]
そ、そんなんじゃないわよ!
もう、失礼な人ね。▼
[ディーア]
ふっ…
まぁ、なんでもいいさ。▼

支援A

[ディーア]
…………▼
[エポニーヌ]
ディーア。そんな顔して…
何かあったの?▼
[ディーア]
エポニーヌ…?▼

何かあったのはお前の方なんじゃねえの…?
木箱の中から登場だなんて普通じゃないぜ…▼
[エポニーヌ]
そ、そこはとりあえず気にしないで。▼

それよりも…
なんだか元気がないみたいじゃない。▼

朝からずっと見てたけど、
いつにも増して覇気が無いわよ。▼
[ディーア]
やっぱお前、俺を尾行してたのかよ…▼

…別に、大したことじゃない。
ちょっと、失敗しちまっただけだ。▼
[エポニーヌ]
失敗って…何をしちゃったの?▼
[ディーア]
…言いたくない。
思い出して更に落ち込むから。▼
[エポニーヌ]
そっか。
それなら言わなくてもいいわ。▼

でもね、例えどんな失敗をしたとしても、
ディーアなら大丈夫よ。▼

だから、元気を出しなさいって。▼
[ディーア]
褒めてくれるのはありがたいけど…
根拠も無いのに大丈夫って言われてもな…▼
[エポニーヌ]
失礼ね。
根拠ならあるわよ。▼

このところ、暇さえあれば
ディーアの尾行をしてたのよ?▼

今のあたしは、
ディーアのことならなんでも知ってる。▼

そうね…
ディーア博士といっても過言じゃないわ。▼
[ディーア]
そ、そうなのか?▼
[エポニーヌ]
そのあたしが言ってるのよ?
ディーアはどんなことがあっても大丈夫って。▼

ディーアには困難を乗り越える強さと
力を貸してくれる仲間たちがいるんだから。▼

だから、どんな失敗かわからないけど、
元気出しなさい!▼
[ディーア]
…博士がそう言うんじゃ、
元気を出さないわけにはいかないな。▼
[エポニーヌ]
そうよ。▼

ディーアが落ち込んでる姿は、
あたしも見たくないしね。▼
[ディーア]
でもさ…
なんで俺をそんなに尾行してるんだよ?▼
[エポニーヌ]
そ、それは秘密よ!
誰にも言えない秘密の花園なの!▼

そ、それよりも…元気が出たのなら、
街の果物屋さんにでも行けばいいじゃない。▼

そして…素敵なお兄さんと知り合って…
禁断の物語が始まって…うふふ…▼
[ディーア]
なに言ってるかよくわかんねえけど、
なんかお前のおかげで気が楽になったわ…▼

ありがとな。▼
[エポニーヌ]
ふふ…
あんなことや…こんなことも…▼
[ディーア]
…エポニーヌ。
おい、エポニーヌ。▼

ダメだ。
もう俺の声が聞こえてないらしい。▼

支援S

[ディーア]
…よし。
この花なら大丈夫だよな…▼
[エポニーヌ]
ちょっと、ディーア!▼
[ディーア]
おわっ…!? エポニーヌ?
なんでここにいるんだよ…▼
[エポニーヌ]
尾行してたに決まってるじゃない!▼
[ディーア]
まじかよ…
全然、気づかなかった…▼
[エポニーヌ]
そんなことより、
その摘んだ花をどうするつもり?▼
[ディーア]
こ、これか?
これは、その…▼
[エポニーヌ]
女の子にあげるんでしょ?▼
[ディーア]
ど、どうしてそれを…▼
[エポニーヌ]
誰?
誰にあげるの?▼
[ディーア]
いや…誰って…
それは…▼
[エポニーヌ]
この間、縫い物をしてあげた子?
あの子、優しそうだったものね。▼

それとも、茶葉を売ってた店員さん?
紅茶の話題で話が盛り上がってたし…▼
[ディーア]
す、すげぇ…
女関係が全部把握されてる…▼

まじでずっと俺を尾行してたのかよ…?▼
[エポニーヌ]
…ごめん。
こんなの気持ち悪いよね。▼

最初は違う目的で尾行してたのに…
でも…今は違う。▼

あたし…
ディーアのことが気になっちゃって…▼
[ディーア]
…え?▼
[エポニーヌ]
ディーアを見てたら、
どんどんディーアのことが好きに…▼

…でもね、もういいんだ。▼

その花、誰かにあげるんでしょ?▼

それなら…ディーアの中に、
あたしの居場所はないもの…▼
[ディーア]
そんなことねえよ…▼

…エポニーヌ。
この花を受け取って欲しい。▼
[エポニーヌ]
あ、あたしにその花を?▼
[ディーア]
エポヌーヌはいつも、
隠れながら俺の背後にいたけど…▼

これからはずっと
…俺の横で一緒に歩いて欲しいんだ。▼
[エポニーヌ]
ディーア…▼

…嬉しいわ。すごく。▼
[ディーア]
じゃあ、受け取ってくれるのか?▼
[エポニーヌ]
…もちろん。
ありがとう。▼

で、でも…なんであたしなの?
あたしよりいい子なんていっぱい…▼
[ディーア]
エポニーヌは
自分の魅力に気づいてねぇわけ…?▼
[エポニーヌ]
そ、そんなのわからないよ!▼
[ディーア]
やれやれ…▼

誰かを尾行すれば、
その人物の魅力には気付くのにな…▼

いっそのこと、
自分を尾行してみたらどうだ?▼
[エポニーヌ]
もう。
いじわる言わないでよ…▼
[ディーア]
ふっ…悪かったよ、エポニーヌ。▼

だからそんなヘソ曲げんな…
せっかく恋人同士になれるんだからよ…▼
[エポニーヌ]
うぅ…
仕方ないわね。▼

許してあげるから…
ずっと一緒に居てよね?▼
[ディーア]
ああ…
当然だろ…▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • 支援Sのディーアの台詞がエポヌーヌになっています -- 2018-09-15 (土) 02:54:59
  • ディーアとベロアのBのやつで「作った」だと思われるやつが「使った」になっていたので直しておきますね -- 2019-09-16 (月) 14:40:43

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 16 Sep 2019 14:41:21 UTC