Top > 会話集 > 支援会話 > タクミ(透魔)

タクミの支援会話

エリーゼ

支援C

[エリーゼ]
あ、タクミさんだ!
タクミさーん!▼
[タクミ]
あんたは…
暗夜のエリーゼ王女か。▼
[エリーゼ]
タクミさんを探してたの!
一緒に遊びましょ!▼
[タクミ]
え、なんで?▼
[エリーゼ]
だって遊びたいんだもん。▼
[タクミ]
なんだよ、その理屈は…?▼
[エリーゼ]
いいからいいから!
あたし、暗夜の遊び道具をもってきたのよ。▼
…これ、面白そうでしょ?▼
[タクミ]
ん…木造…いや象牙でできた
小さな立体物が沢山あるな。▼
あとこれは…盤面?▼
なるほど…これらの駒を使って、
盤上で対戦させる遊びか?▼
[エリーゼ]
うん、そう。このばんめんの上に
駒を配置して、それで敵を倒していくんだよ!▼
[タクミ]
へぇ…まるで白夜の将棋みたいだな!
なかなか面白そう…▼
って…違う違う!
乗せられてしまった…▼
僕はあんたと遊んだりしないぞ!▼
[エリーゼ]
ええ~!?
どーして? あそぼうよ~!▼
[タクミ]
駄目ったら駄目だ!
他の奴らを当たってくれ!▼
じゃ、じゃあな!▼
[エリーゼ]
あ、タクミさーん!▼
…ふーんだ、別にいいもーん!▼

支援B

[エリーゼ]
タクミさーん、タクミさーん!▼
[タクミ]
またか…
どうしてあんたは僕につきまとうんだよ。▼
しかも毎回毎回、
冷たくあしらってるっていうのに…▼
ちょっとは懲りたりしないのか?▼
[エリーゼ]
ぜんぜん~!
あたしはそんなこと気にしないもん!▼
それに今日は、タクミさんが玩具よりも
興味ありそうな物を持ってきたの。▼
[タクミ]
興味ありそうな物…?▼
[エリーゼ]
ほら、暗夜の本だよ。▼
あたしには正直
むずかしい本ばかりなんだけど…▼
タクミさんなら、
面白いと思ってくれるかなって!▼
[タクミ]
なになに…?▼
暗夜の歴史や風土、
それに文化について記録してある書籍か…▼
こっちは歴史上の偉人名鑑に…
暗夜の武具に関する専門書まで…!▼
た…確かにこれは白夜の人間にとって、
なかなか興味深いな…▼
[エリーゼ]
でしょでしょ!▼
[タクミ]
暗夜の情報を知ること以前に…▼
文化風習を描いた文献というのは、
単純に知識欲をそそられるものではある…▼
って…違う違う!▼
僕はあんたとは馴れ合わないって
決めてるんだ!▼
もうこういうことは止めてくれ!
この本も返すから!▼
[エリーゼ]
あうっ…!▼
あいたた…ちょっとタクミさん!
レディを突き飛ばさないでよ~!▼
[タクミ]
! す、すまない…▼
けど、何度言っても近づいてくる
エリーゼ王女が悪いんだからな!▼
ぼ…僕はもう行く!▼
[エリーゼ]
タクミさーん…▼

支援A

[タクミ]
あの…▼
[エリーゼ]
ん、なーに?▼
…って、タ、タクミさん!?▼
あなたから話しかけてくれるだなんて…びっくり。
あたしに何か用?▼
[タクミ]
ええと…その…▼
[エリーゼ]
あっ! わかった!
あたしと遊んでくれるのね!▼
ちょっと待ってて、
何か遊び道具を持ってくるから!▼
それとも一緒に本を読む?▼
あたしの大好きな童話を
いっしょに読みましょうか?▼
[タクミ]
ち、違う違う!
僕は…その…謝りに来たんだ。▼
[エリーゼ]
えっ? あやまり?
どういうこと?▼
誰が誰にあやまるの?▼
[タクミ]
ぼっ、僕があんたにだよ!▼
[エリーゼ]
なんで?▼
[タクミ]
なんでって…▼
僕はこの間、あんたの事を
突き飛ばしたじゃないか!▼
もちろんわざとじゃないけど…
さすがにあれは悪いかなと思ってたんだ…▼
[エリーゼ]
…………▼
[タクミ]
エリーゼ王女、その、やっぱり怒って…▼
[エリーゼ]
そんな事あったっけ?▼
[タクミ]
えっ…ええっ!?▼
[エリーゼ]
あたし、そんなの忘れちゃった!
えへへっ!▼
[タクミ]
そ、そうなのか…?▼
[エリーゼ]
そんなことよりもタクミさん!▼
せっかく訪ねてきてくれたんだから、
いっしょに遊びましょう!▼
あっ、そうだ! 今から暗夜の
焼き菓子と紅茶をふるまってあげるわ!▼
エリーゼおすすめのこうきゅうひんだから、
よく味わって食べてね!▼
[タクミ]
ええっ…?▼
[エリーゼ]
本当においしいのよ!▼
あれを食べればおしゃべりだって
はずむこと間違いなし!▼
ちょっと待っててね!▼
[タクミ]
あっ…行ってしまったか。▼
…………▼
まぁ…少しだけなら、
付き合ってやるかな…▼

支援S

[エリーゼ]
タクミさーん!
えへへ、また来ちゃった!▼
[タクミ]
エリーゼ王女…▼
[エリーゼ]
今日もお茶しながら、
楽しくお話しようよ!▼
[タクミ]
いや…今日は止めておくよ。▼
[エリーゼ]
そう? じゃあチェスでもする?
それとも暗夜のむずかしい本を読むの?▼
[タクミ]
いや…そっちも無理だ。▼
[エリーゼ]
えー?
もしかして忙しいの?▼
[タクミ]
いや、そういうわけじゃないけど…
今はそんな気分じゃないんだ。▼
[エリーゼ]
もしかしてタクミさん…
あたしのことが嫌いになったの?▼
[タクミ]
…………▼
[エリーゼ]
そ、そっか…
せっかく仲良しになれたと思ったのにな…▼
[タクミ]
いや、そういう意味じゃないんだ。
エリーゼ王女…よく聞いてほしい。▼
[エリーゼ]
え…?▼
[タクミ]
僕は最初、君のことを
わざとらしく煙たがってきた…▼
でも、こうして一緒に
時間を過ごすようになって、▼
僕はだんだん…
君に惹かれていったんだ。▼
僕は…女の子として、
エリーゼ王女のことが好きなんだよ!▼
[エリーゼ]
ええっ…!!▼
そ、そうだったの…でもあたし…
まだ好きとかよくわかんないよ。▼
[タクミ]
いや、いいんだ。でも僕はもう…
これまでのようには遊べない。▼
[エリーゼ]
ど、どうして!?▼
[タクミ]
エリーゼ王女の近くにいたら、
僕はこの気持ちが抑えられないからだよ。▼
今までみたいに…ただの友達みたいには、
もう遊べない。▼
[エリーゼ]
そんな…そんなのイヤだよ!
あたしタクミさんと、ずっと遊んでたいよ!▼
それが好きって気持ちなら、
あたしだってきっと…タクミさんが大好き!▼
大好きだからもっと遊びたいんだよ!▼
[タクミ]
…ありがとう。▼
君がそう言ってくれるなんて、
思いもしなかった。▼
でもやっぱり…
僕らは仮にも敵国の王族同士だから、▼
このまま一緒にいたら…
良く思わない人もきっといると思うんだ。▼
二人の間にはきっと様々な障害が
待ち受けていると思う…▼
[エリーゼ]
なにそれ。
タクミさんは…それでもいいの?▼
周りのことばっかり気にして、
あたしと遊ぶのを…▼
あたしの気持ちを…諦めちゃうの?▼
[タクミ]
も、もちろんそんなの…僕だって嫌だよ。▼
[エリーゼ]
じゃあ諦めないで受け止めてよ!
あたしはぜったいに諦めないよ!▼
[タクミ]
エリーゼ王女…▼
…………▼
よし、わかった。僕も男だ。諦めたりはしない。
さらってでも君を掴まえてみせる。▼
[エリーゼ]
タクミさん!▼
[タクミ]
たとえ二人の間にどんな障害が待ち構えて
いようとも、僕たちはずっと一緒にいよう。▼
そして二人で幸せになろう…!▼
[エリーゼ]
うん!
あたしこれからもずっとタクミさんの傍で、▼
タクミさんとお食事したり本を読んだり…
いっしょに遊んでたい!▼
これから誰かに何か言われちゃうことだって
あるかもしれないけど…▼
二人一緒なら、きっと何とかなるよ!▼
[タクミ]
ああ、もちろんだ。
これからずっと一緒だよ。▼
僕は絶対に君を離さないから。▼

カミラ

支援C

[タクミ]
…よし。
今日は調子がいいみたいだ。▼
[カミラ]
あら、タクミ王子。
みんなに隠れて弓の特訓中?▼
[タクミ]
か、カミラ王女。
別に僕は隠れてなどいません!▼
[カミラ]
うふふ…▼
じゃあ、どうしてわざわざ…
こんな森の中で特訓をしているのかしら?▼
[タクミ]
き、決まっています!
ここの方が集中できるからです!▼
[カミラ]
そう。
それなら別にいいんだけど…▼
うふふっ…▼
[タクミ]
な、なんでしょうか?
まだ僕に用事でもあるのですか?▼
[カミラ]
タクミ王子って…可愛いわね。▼
いつもどこか必死な感じがして…
思わず守ってあげたくなっちゃう。▼
[タクミ]
ぼ、僕はあなたに
守られるほど弱くはありません!▼
自分の身くらい自分で守れます!▼
それに、失礼ですよ!
男性に対して可愛いなどと言うのは!▼
[カミラ]
傷つけてしまったかしら?
ごめんなさいね、タクミ王子。▼
でも、本当に可愛いと思ったから…▼
[タクミ]
も、もういいです!
僕はこれで失礼します!▼
[カミラ]
うふふ…
またね、タクミ王子…▼

支援B

[カミラ]
こんにちは。
タクミ王子…▼
[タクミ]
カミラ王女ですか…▼
[カミラ]
あら、もしかしてお邪魔かしら?▼
[タクミ]
いえ、そういうわけではないのですが…▼
この際なので…
はっきりと言わせてもらいます。▼
[カミラ]
何かしら?▼
[タクミ]
僕はあなたのことを…
信用しているわけではありません。▼
[カミラ]
…………▼
[タクミ]
今はこうして同じ陣営に立っていますが、
たまたま成り行きでそうなっただけです。▼
あなたが本当に命を預けられる相手かどうか、
それはまだわかりません…▼
[カミラ]
そう…
不安なのね、タクミ王子は…▼
[タクミ]
ふ、不安など感じていません!
ただ、僕はあなたを警戒しているだけです!▼
[カミラ]
それも当然のことだとは思うけど…
やっぱり、少し寂しいわね。▼
[タクミ]
べ、別にあなただけの話ではありません。▼
僕は他人を初めから簡単には
信用しないというだけです。▼
[カミラ]
どうしたらあなたの…
警戒心を解くことができるのかしら?▼
[タクミ]
そ、それは…
僕にはわかりません。▼
[カミラ]
じゃあ、今度、一緒に…
湖畔でお弁当でも食べましょう。▼
[タクミ]
ぼ、僕とカミラ王女でですか!?
どうしてそんなことを…▼
[カミラ]
私たちが関係を築いていけば…
無用な警戒心もなくなるんじゃない?▼
それとも…▼
私と…
二人きりになるのは怖いかしら?▼
[タクミ]
ぼ、僕は怖くなどありません!▼
わ、わかりました!
今度、二人でお弁当を食べましょう!▼
怖くなんかない!
むしろ、望むところです!▼
[カミラ]
うふふ。
じゃあ、楽しみにしてるわね。▼

支援A

[カミラ]
はい…
あーんしてちょうだい。▼
[タクミ]
や、止めてください!
卵焼きくらい、自分で食べられます!▼
[カミラ]
それは残念…
食べさせてあげたかったのに…▼
[タクミ]
結構です!▼
[カミラ]
ふふふっ…▼
タクミ王子って本当に可愛いわね。
まるで弟が一人増えたようよ。▼
[タクミ]
そんなこと言われても
僕は全然、嬉しくありません。▼
可愛いだとか弟みたいだとか…
バカにされている気がします!▼
[カミラ]
ごめんなさい。
そんな気は本当にないのよ。▼
[タクミ]
ふんっ…
信じられませんよ。▼
[カミラ]
…本当にごめんなさい。▼
私、嬉しくって…
つい、調子に乗っちゃったわね…▼
[タクミ]
…嬉しい?
何が嬉しいのですか?▼
[カミラ]
タクミ王子と…
こうして一緒に仲良くできることが、ね…▼
[タクミ]
カミラ王女…▼
ぼ、僕も嬉しいと言えば…
嬉しいかもしれません…▼
[カミラ]
タクミ王子…▼
私のことを
警戒しているのではなかったの?▼
[タクミ]
もう警戒する必要もないでしょう。▼
これまであなたを見てきましたが…
裏切るような素振りなど見せたことがない。▼
充分、信頼に足る方だと
判断してもいいと思います。▼
[カミラ]
ふふふっ…
ありがとう、タクミ王子…▼
じゃあ、これも食べてくれるかしら?
はい、あーん…▼
[タクミ]
そ、そういうのは大丈夫です!
僕は子供ではないのですから!▼
[カミラ]
あら、残念だわ…
ふふふっ…▼

支援S

[タクミ]
か、カミラ王女!
少し僕に時間をいただけないでしょうか?▼
[カミラ]
あら、タクミ王子。▼
どうしたの?
そんな真剣な顔をして…▼
[タクミ]
は、はい…
少し緊張をしています…▼
[カミラ]
ふふふっ。▼
私が相手なのに
何を緊張することがあるのかしら?▼
[タクミ]
そ、それはそうなのですが…▼
[カミラ]
なんでも遠慮なく聞いてちょうだい。
答えられることは全て答えてあげるから。▼
[タクミ]
では…お聞きします。▼
あ、あの、カミラ王女は…
やはり、多くの男性から好かれますよね?▼
[カミラ]
ふふふっ…
どうしてそう思うのかしら?▼
[タクミ]
こ、こんなに美しくて、優しい女性など…
そうはいないと思いますから。▼
[カミラ]
そんなことないわよ。
私のことを買いかぶり過ぎね。▼
[タクミ]
いえ、買いかぶってなどいません!
僕は本当にそう思っています!▼
[カミラ]
タクミ王子…▼
[タクミ]
やはり、もうすでに…
意中の男性などがいるのですよね?▼
[カミラ]
そんなことはないわ。
今はこういう状況だしね。▼
[タクミ]
そ、そうでしたか…
少し安心しました。▼
[カミラ]
どうしてタクミ王子が
そんなことを心配するのかしら?▼
[タクミ]
あ、あの…
これを見ていただけますか?▼
[カミラ]
…指輪かしら?▼
[タクミ]
はい。
あなたに渡したくて用意しました。▼
[カミラ]
それって…▼
[タクミ]
カミラ王女。
どうか僕と結婚していただけませんか?▼
[カミラ]
タクミ王子…▼
[タクミ]
あなたから見たら、
僕はまだまだ頼りない存在かもしれません。▼
でも、あなたのためなら…
僕はどこまでも強くなってみせる!▼
[カミラ]
…………▼
[タクミ]
だから、どうか…
僕と結婚してください!▼
[カミラ]
タクミ王子…
今のあなた…すごく格好よかったわ。▼
まさか、あなたに…
こんなにたくましい一面があったなんてね。▼
[タクミ]
カミラ王女…▼
[カミラ]
その申し出…
喜んで受けさせてもらうわ。▼
あなたの成長を…
ずっと側で見守らせてね。▼
[タクミ]
ええ。
もちろんです。▼

レオン

支援C

[タクミ]
あんたはレオン王子…
暗夜王国の王族だな。▼
[レオン]
白夜王国のタクミ王子だね。
以後お見知りおきを。▼
[タクミ]
あ、ああ…▼
[レオン]
ただ…先に伝えておくと、
恐らく僕らはソリが合わないだろう。▼
[タクミ]
ふん…奇遇だな。
実は僕もそう思っていた。▼
[レオン]
なに…?▼
[タクミ]
その不遜な態度と
他人を見下したような視線…▼
僕にはあんたがいけ好かない奴だって、
最初からわかっていたさ。▼
[レオン]
…………▼
…いいだろう。▼
その愚かしいほどの子供じみた言動には
僕も反吐が出るところだ。▼
お前には金輪際近寄らない。
だからお前も決して僕に近づくなよ。▼
[タクミ]
ふん、言われるまでもないさ…▼
じゃあな!▼
[レオン]
…………▼

支援B

[レオン]
くっ、くっ…くそっ!
なんなんだ、皆してあんな言い方!▼
忌々しい!僕とあの王子…
タクミ王子が似た者同士だって?▼
しかも小馬鹿にしたようにせせら笑いながら、
「同じ王子同士だしやっぱり似るんだね!」▼
だと!?
皆は一体どこに目を付けているんだ!?▼
[タクミ]
レ…レオン王子。▼
[レオン]
タ…タクミ王子、そこにいたのか?▼
[タクミ]
あんたもみんなにそう言われたのか?
僕と似てるって…▼
[レオン]
そっちもそう言われたのか?
くっ…皆でバカにして!▼
[タクミ]
ああ…全くだ!▼
あんたと僕が似てるだなんて、天地が裂けてもありえない話だ!▼
[レオン]
もちろんだ!▼
…………▼
ち、ちなみに…
一つ聞いてもいいだろうか?▼
[タクミ]
なんだ?▼
[レオン]
皆から言われたんだ。▼
性格や話し方が似ている者同士は、
きっと趣味嗜好も似ていると…▼
[タクミ]
な、なに…?▼
[レオン]
タクミ王子…
好きな食べ物はなんだ?▼
[タクミ]
僕は味噌汁が好きだが…▼
[レオン]
ミソシル?▼
[タクミ]
ああ。
お湯に味噌やかつお節を入れて味付けし、▼
野菜や豆腐などの
具材を煮立てて食べるものだ。▼
[レオン]
なっ…▼
[タクミ]
それがどうかしたのか?▼
[レオン]
僕は…スープやシチューといった
食べ物が好きだ。要するに…▼
味付けしたお湯に肉や野菜を混ぜ込んだ
食べ物…つまり味噌汁に近い…▼
[タクミ]
な、なんだって?▼
[レオン]
じゃ、じゃあ好きな本は?▼
小説や随筆、詩集などの分野のうち
何が好きなんだ?▼
[タクミ]
本か…本は一通りは読むけど、
主に哲学書は好きだな。▼
過去の哲学者たちは今を生きる人間が
考えもつかないような理論を述べる。▼
それが僕にはとても興味深い…▼
[レオン]
な、なんてことだ…
それも同じだっていうのか!▼
[タクミ]
じゃあ好きな遊び…
趣味は何だ!?▼
[レオン]
僕は…チェスが好きだ。▼
チェスは盤上の上で駒を闘わせる、
戦略性のあるゲームだ。▼
[タクミ]
そ、それは…白夜で言うところの
将棋じゃないか!▼
[レオン]
タクミ王子はその…ショウギとやらが
好きなのか?▼
[タクミ]
好きも何も、
身内の中では一番得意だ。▼
なんと…ここまで似通っているなんて。▼
[レオン]
…………▼
[タクミ]
…………▼
なあ…レオン王子。▼
お互いあまり語り合いもせず、
邪推し合うのは良くないのかもしれないな…▼
[レオン]
奇遇だな…
僕も偶然そう考えていたところだ。▼
少しお互いの趣味嗜好の話を続けてみないか?▼
[タクミ]
あ、ああ…意外に通じ合えるところが
あるかもしれないからな。▼
[レオン]
万が一、意気投合するということも
無くはないからな。▼
あ、あははは…▼
[タクミ]
はははは…▼

支援A

[レオン]
タクミ王子。
この間貸したあの文献はどうだった?▼
[タクミ]
レオン王子!
ああ、あれは最高だったよ!▼
とても興味深く読むことができた…
あんな文献は初めてだよ。▼
[レオン]
だろう?
僕もあの文献はとても気に入っているんだ。▼
そうそう、君から教えてもらった
味噌スープのレシピは最高だったよ。▼
甘みと塩気…そして仄かに匂い立つ
肉と魚介の風味が食欲をそそるね。▼
[タクミ]
気に入ってくれて何よりだよ。▼
あれは、僕が一番好きな味噌汁の作り方なんだ。▼
今度はレオン王子が好きなスープの
作り方も教えてくれよ。▼
[レオン]
ああ、もちろんだよ。▼
それにしても…ちゃんと腹を割って
話してみるものだね。▼
お互いに嫌味を言ってたのが
嘘みたいだ。▼
[タクミ]
そうだね…ぜったい気が合わないと思ってたのに、▼
友情って不思議なものだよ。▼
でも、レオン王子。僕たちはこの縁を
ただの友情で終わらせてはダメだと思う。▼
[レオン]
ああ。奇遇だな…
僕もそう言おうと思っていたところだ。▼
この絆は白夜と暗夜…
両国の絆に影響を与えるものだと思う。▼
[タクミ]
暗夜と白夜はわかり合えるということを
王子同士が体現しているんだからね。▼
平和になったら、このことを民たちにも
広めたいと思っている。▼
[レオン]
ま、上手くいかなかったら
いつでも呼んでくれ。▼
その時は美味しいスープのレシピでも持って
駆けつけてあげるよ。▼
[タクミ]
ははは…
それでわかってもらえたらいいけど。▼
簡単な道のりじゃないかもしれないけど、
人々を守る仲間として…▼
世界を導いていけたらいいね。▼
[レオン]
そうだね。▼
これからもよろしく、タクミ王子。▼
[タクミ]
こちらこそ頼んだよ、レオン王子。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 20 Sep 2019 15:05:19 UTC