Top > 会話集 > 支援会話 > スズカゼ(白夜)

スズカゼの支援会話

リンカ

支援C

[スズカゼ]
リンカさん、少しいいですか?▼
[リンカ]
何か用か?▼
[スズカゼ]
実は先程、荷物運びを手伝った方から、
お礼にと菓子をいただいたのです。▼
[リンカ]
菓子を? こんなにか?
腕からこぼれ落ちそうじゃないか!▼
[スズカゼ]
はい。私だけではこの量を
食べきることは難しいので、▼
リンカさんにもお手伝いいただければと…▼
[リンカ]
ふん、そういうことか。
だがな…あたしは誰からの施しも受けん。▼
その菓子は他の者たちに渡せ。▼
[スズカゼ]
ですが、私の記憶では、
リンカさんにこそ必要だと思っていますが?▼
[リンカ]
…な、何故だ?▼
[スズカゼ]
以前、二人でいた時にリンカさんの
お腹の音が…▼
[リンカ]
!!
あのことはもう忘れろ!▼
でないと…▼
ぐぅ。▼
[スズカゼ]
…………▼
[リンカ]
い、今のは違う!
決して腹の虫ではないっ!▼
[スズカゼ]
…そうですね。
私は何も聞いていません。▼
菓子を受け取っていただければ、
それで十分です。▼
[リンカ]
ふ…ふん。
そこまで言うなら、もらってやる。▼
[スズカゼ]
ありがとうございます。▼
[リンカ]
だが今回だけだからな!▼
これからはこういったことで
あたしを呼び止めたら許さないぞ!▼
[スズカゼ]
承知しました。▼

支援B

[スズカゼ]
リンカさん。
また菓子があるのですが、如何ですか?▼
[リンカ]
スズカゼ…
話を聞いていなかったのか?▼
食べ物を渡す目的で話しかけるのは
やめろと言ったはずだ。▼
[スズカゼ]
ですが、私はやはりリンカさんに
差し上げたいのです。▼
[リンカ]
何故だ?▼
[スズカゼ]
リンカさんはおそらく、
たくさん食べる方だと思いますので。▼
共に捕虜として過ごした時も…
よくお腹の虫が鳴いていましたよね。▼
[リンカ]
うるさい!
お前には関係ないだろっ!▼
[スズカゼ]
リンカさんは何故そこまで、
たくさん食べることを隠そうとするのです?▼
[リンカ]
隠しているわけではない。
教える必要がないと言うだけのこと。▼
あたしは炎の部族の者として、
闘いに赴くことだけ考えているのだ!▼
[スズカゼ]
つまりは恥ずかしいのですね。▼
身体が資本の戦闘において、よく食べることを
恥じる必要はないと思いますが?▼
[リンカ]
くっ…!
別に恥じているわけでは…!▼
だがスズカゼ、
このことは他言するなよ。▼
[スズカゼ]
…承知しました。▼
ですがこの菓子は受け取っていただきます。▼
[リンカ]
なに?▼
[スズカゼ]
あなたの事情を知っている者であれば、
食べ物をお分けしても問題ないでしょう。▼
[リンカ]
あたしを餌付けでもしたいのか?
食べ物などでは釣られんぞ!▼
[スズカゼ]
食べきれない分をお分けできるので
私も助かるというだけなのですが…▼
[リンカ]
ふん…
まぁ気持ちだけは受け取っておこう…▼
[スズカゼ]
ありがとうございます。▼

支援A

[スズカゼ]
リンカさん。
先日はありがとうございました。▼
お礼を無駄にせずに済みましたよ。
リンカさんの食べっぷりは素晴らしいですね。▼
[リンカ]
ううっ…
結局また食料をもらってしまった…▼
[スズカゼ]
宜しければ今回もお願いします。▼
道案内のお礼にといただいたのですが…
中身は野菜のようですね。▼
[リンカ]
よくもまぁ、次々ともらってくるな…▼
[スズカゼ]
何度も断ったのですが、
聞き入れてくださらなかったのです。▼
[リンカ]
ここまでくるといっそ清々しいな。
本当にうらやまし…▼
…あ、いや。▼
[スズカゼ]
えっ?▼
[リンカ]
今のは決してうらやましいなどとは
言っていないからな。▼
[スズカゼ]
…やはり、よく食べるということを
皆さんにお話しされた方が良いと思いますよ?▼
そうすればいつでも満足に食べられます。▼
その方が闘いの時も
力が発揮できると思いますが…▼
[リンカ]
ふん…何と言われても、
あたしの誇りが許さない。▼
[スズカゼ]
…そうですか。▼
ではせめて、皆さんと話す回数を
増やされると良いと思います。▼
[リンカ]
どういうことだ?▼
[スズカゼ]
話す回数が増えれば、
それだけ様々な情報が入ってくるでしょう。▼
そうすれば、お裾分けをいただく機会も
できるのではないかと。▼
[リンカ]
その必要はない!▼
[スズカゼ]
では、私の手元からリンカさんへ、
効率的に食料をお渡しする仕組み作りを…▼
[リンカ]
そんな奇策も考えなくていいっ!▼
だが…協力し合えという話は一理あるな。
それについては善処しよう。▼
[スズカゼ]
私も応援していますね。▼
[リンカ]
ふん、別にスズカゼに
言われたからではないからな。▼
…とりあえず、野菜は置いていけ。▼
[スズカゼ]
承知しました。▼

支援S

[スズカゼ]
リンカさん…▼
[リンカ]
何だ、スズカゼ。
また食べきれない食料か?▼
[スズカゼ]
いいえ。今日はリンカさんに
お話があって参りました。▼
[リンカ]
話だと?▼
[スズカゼ]
ええ。▼
ですがリンカさん…その様子ですと私が
食料を持ってくることを期待されていましたね?▼
[リンカ]
ぎくっ。▼
[スズカゼ]
やはり…▼
ではお話はあとにしましょう。
先にリンカさんに何か食べていただいてから…▼
[リンカ]
い、いや…
そこまでしてもらわなくてもいいぞ?▼
あたしの空腹にお前が
責任を感じる必要は無いからな。▼
[スズカゼ]
いえ。私はあなたにいつも万全の状態で
いてほしいのです。▼
あなたが空腹であれば何かお持ちしたいですし、
疲れたのならばそれを癒して差し上げたい。▼
あなたが望むことを…
何でも叶えて差し上げたいのです。▼
[リンカ]
ど、どうしてそこまで…▼
[スズカゼ]
私は…あなたのことが好きなのですよ。▼
[リンカ]
…………▼
ええええっ!? な、何だとっ!?▼
[スズカゼ]
思えば…暗夜王国で捕虜として
共に過ごしたあの日から、▼
私はあなたのことを
見ていたのかもしれません。▼
私はリンカさんのことを愛しています。▼
[リンカ]
あ、あいっ、
愛しているだと!?▼
もしや…あたしに餌付けをしていたのも、
そういうわけだったのか?▼
[スズカゼ]
あはは…餌付けだなんて…
まだ言っているのですか?▼
言ったでしょう、私はあなたの望むことを
何でも叶えて差し上げたいと。▼
[リンカ]
…そうか。
そういうことなら…別にいい。▼
スズカゼのその優しさは…
あたしも嫌いじゃないんだ。▼
[スズカゼ]
では…私の恋人になってもらえますか?▼
[リンカ]
ああ。こんな大食らいの女で良ければ、
恋人にでも何にでもなってやる。▼
[スズカゼ]
ありがとうございます。▼
ですが自分をそのように卑下せずとも…
あなたは私の愛する御方なのですよ?▼
[リンカ]
おいっ! さっきからポンポンと
恥ずかしいことを言うなっ!▼
[スズカゼ]
これからはリンカさんの良いところを
たくさんお伝えしていきますよ。▼
覚悟しておいてくださいね。▼
[リンカ]
…うう。
ま、まぁ…よろしく頼むぞ、スズカゼ。▼
[スズカゼ]
はい、こちらこそ。▼

サクラ

支援C

[サクラ]
ううっ…
ど、どうしましょう…?▼
[スズカゼ]
サクラ様、どうされましたか?▼
[サクラ]
あっ、スズカゼさん。
ええと…なんでもないです。▼
[スズカゼ]
誤魔化そうとされても駄目です。
今、明らかに困っていましたよ?▼
[サクラ]
でも…スズカゼさんもお忙しいと思いますし、
お時間を取ってもらうのは…▼
[スズカゼ]
何をおっしゃるのです。▼
サクラ様が困っている状況で
無視することなど、私にはできません。▼
どうか話してくれませんか?▼
[サクラ]
…………▼
ええと…その…
お人形をなくしてしまったんです。▼
[スズカゼ]
人形…?▼
[サクラ]
はい。大切にしていたお人形が、
無くなってしまっていて…▼
私、どこにも動かしてなかったのに…▼
[スズカゼ]
それは大変です。
私も共に探しましょう。▼
[サクラ]
そ、そんな…いいんです!
私一人で探せますから…▼
[スズカゼ]
いいえ。探し物ならば
人数がいたほうが効率は上がります。▼
それにサクラ様の大切なものであれば、
一刻も早く見つけなければ。▼
[サクラ]
スズカゼさん…▼
[スズカゼ]
その人形…サクラ様が、幼い頃から大切に
していた、あの人形のことではないのですか?▼
[サクラ]
スズカゼさん…知っていたんですか?▼
[スズカゼ]
はい。ですからどうか、
私にも手伝わせてください。▼
[サクラ]
…ありがとうございます。▼
[スズカゼ]
ではサクラ様は引き続き、
心当たりのある場所を探してみてください。▼
私は見かけた人がいなかったか、
情報を集めて参りましょう。▼
大丈夫、きっとすぐに見つかりますよ。▼
[サクラ]
はい…よろしくお願いします!▼

支援B

[サクラ]
スズカゼさん…▼

この間は一緒にお人形を探してくれて、
ありがとうございました。▼

おかげですぐに見つかって…
本当に感謝しています。▼
[スズカゼ]
無事に見つかって、
私も安心しました。▼

ですが…まさか従者の一人が
ほつれた所を直そうと持ち出していたなんて…▼
[サクラ]
はい…スズカゼさんが色んな方に
聞いてくれたおかげです。▼
[スズカゼ]
あの人形…
今回のほつれた所だけでなく、▼

所々にあった傷も、
丁寧に直されているように見えました。▼

本当に大切にされているのですね。▼
[サクラ]
は、はい…▼
[スズカゼ]
昔は、遊ぶ時も寝る時も一緒だと言って、
片時も離さなかったとお聞きしていますし。▼
[サクラ]
ええ!? で、でもでも!
今は一緒に寝ていませんよ!?▼
[スズカゼ]
そうなのですか?▼

人形と共に眠るサクラ様…
とても愛らしいと思いますが。▼
[サクラ]
も、もう…からかわないでください!▼
[スズカゼ]
とんでもないです。
私は心の底からそう思っていますよ。▼
[サクラ]
…そうなんですか?▼
[スズカゼ]
ええ。▼
[サクラ]
ふふっ、ありがとうございます。
じゃあそういうことにしておいてあげますね。▼
[スズカゼ]
はい。▼

支援A

[サクラ]
スズカゼさん。▼

この間見つけてもらったお人形、
実は仲間の子達がいるんですよ。▼
[スズカゼ]
そうなのですか?▼
[サクラ]
はい。▼

前までこの四人だったんですが、
最近この子が増えて五人になりました。▼
[スズカゼ]
ふむ…これは確かに
素敵な造形ですね。▼

ですが…不思議な感覚です。
この人形…誰かに似ていませんか?▼
[サクラ]
うふふっ、そうなんです。▼

私のお人形たち…実は兄様や姉様と同じ髪色をしているんですよ。▼
[スズカゼ]
なるほど…ではこの人形は
カムイ様に似せてあるのですね。▼
[サクラ]
そうなんです。▼

寂しくなっても、このお人形たちがいれば
大切な兄様や姉様と一緒にいる気がして、▼

私は元気でいられるんです。▼
[スズカゼ]
なるほど…この人形には
そのような意味がこめられていたのですか。▼
[サクラ]
最初はタクミ兄様に子供っぽいって
言われちゃったんですけどね…▼
[スズカゼ]
タクミ様は本当はお優しい方ですから、
ちゃんとわかってくださっているはずですよ。▼
[サクラ]
リョウマ兄様とヒノカ姉様、
それからアクア姉様はこの話をした時、▼

とても嬉しいと笑ってくれました。▼

お人形を見ていたら、その時の顔も
ちゃんと思い出せるんですよ。▼
[スズカゼ]
そうですか。ならば、カムイ様も
喜んでいたのではないですか?▼
[サクラ]
はい。なんだか私の方が照れちゃうくらい、
とっても喜んでくれました!▼
[スズカゼ]
…素晴らしいきょうだい愛です。▼
[サクラ]
そ、そんなことないです…
でも、私は兄様と姉様たちが大好きなんです。▼

あと兄様たちのまわりにいるみんな…
今いっしょにいる人たちも…お城のみんなも…▼

みんなみんな大好きです!▼
[スズカゼ]
サクラ様…▼
[サクラ]
だから、ちゃんとお役に立てるように
これからもがんばります!▼

スズカゼさんのこともたくさん助けたいです!▼
[スズカゼ]
ありがとうございます…サクラ様。▼

私も全身全霊をかけて、
サクラ様たちをお守りいたしましょう。▼

共に助け合っていけば、
必ず皆で平和な世を迎えることができます。▼
[サクラ]
はい!▼

支援S

[スズカゼ]
サクラ様。こんにちは。▼
[サクラ]
あ、スズカゼさん!
ええと…こ、こんにちは…▼
[スズカゼ]
どうかされましたか?▼
[サクラ]
えっ…!? な、何がですか?▼
[スズカゼ]
いえ…少し様子がおかしいように見えたので、
何かあったのかと。▼

悩みごとがあるのでしたらお力になりますが?▼
[サクラ]
その…スズカゼさんは…
私のこと子供だと思っていますよね?▼
[スズカゼ]
私よりはさすがにお若いと記憶していますが、
もしや…その情報は間違いなのですか?▼
[サクラ]
い、いえ! そういうことじゃないんです!
この間、スズカゼさんにお人形の話をした時、▼

私って、スズカゼさんから見たら、
子供に見えるのかなぁと思ったんです…▼
[スズカゼ]
なるほど…
そういうことでしたら、答えは否です。▼

私はサクラ様を子供などと思っていません。
可愛らしくて素敵な女性だと思っていますよ。▼
[サクラ]
か、かわっ…!
それ、本当ですか…?▼
[スズカゼ]
…?
は、はい、もちろんです…▼
[サクラ]
それなら、一つお願いがあります。▼

スズカゼさん…
私の恋人になってくれませんか?▼
[スズカゼ]
サクラ様…一体何を…?▼
[サクラ]
スズカゼさんは私が困っているときは
いつも助けてくれました。▼

寂しい時は話を聞いてくれて…
捜し物にも付き合って下さって…▼

そんなスズカゼさんを見ていたら、私…
いつの間にか大好きになっていたんです。▼
[スズカゼ]
サクラ様…▼
[サクラ]
私、子供じゃないです。▼

スズカゼさんのこと一人の異性として、
好きなんです…だから…▼
[スズカゼ]
サクラ様。そのお気持ち、大変嬉しいです。▼

そこまで言われてしまっては、
私も覚悟を決めなければいけません…▼
[サクラ]
スズカゼさん…▼
[スズカゼ]
私もサクラ様の輝くような笑顔に
心惹かれておりました。▼

ですが…
サクラ様は白夜王国の王女。▼

この気持ちは一生秘めておく
つもりでおりましたが…▼

今のお言葉を聞いて私も決意しました。▼

私もサクラ様のことが好きです。▼

例え身分が違おうとも、
私はあなたの隣にいる男になりたい…▼
[サクラ]
スズカゼさん…!
私…とっても嬉しいです!▼
[スズカゼ]
私もですよ、サクラ様…▼

カザハナ

支援C

[カザハナ]
うんしょ…よいしょ…▼
[スズカゼ]
カザハナさん。
そんなに野菜を持ってどうされたんですか?▼
[カザハナ]
あっ、スズカゼ!▼
さっきまで収穫を手伝っててね。
今はそれを運んでるのよ。▼
[スズカゼ]
なるほど。ですが…かなりの量ですね。
私もお手伝いしましょう。▼
[カザハナ]
いいのいいの!
これはあたしが一人でやりたいの!▼
[スズカゼ]
何故ですか?▼
[カザハナ]
もっと強くなりたいから、
鍛錬に結び付けちゃおうと思って。▼
これだけ運べば体力がつきそうでしょ?▼
[スズカゼ]
とはいえ、いくらなんでも多すぎます。▼
時間もかかりますし、
少しだけでも手伝わせてください。▼
[カザハナ]
いや、だから要らないって…▼
[スズカゼ]
いいえ、こうなれば実力行使です。
半分持ちます。▼
[カザハナ]
ああっ! ちょっと!▼
半分とか言いながら
大半をスズカゼが持ってるじゃない!▼
[スズカゼ]
ふふっ、気のせいです。▼
[カザハナ]
そんなわけないよっ!▼
もう、かーえーしーてー!▼
[スズカゼ]
私を捕まえられたら考えます。
さぁ、参りましょう。▼
[カザハナ]
もう…! スズカゼの速さに
あたしが追いつけないの知ってるくせに!▼
[スズカゼ]
ではこうしましょう。▼
これから修行にお付き合いしますので、
このような無茶は控えてください。▼
[カザハナ]
えっ?▼
[スズカゼ]
修行をするならもっと適した鍛錬をすべきです。
一石二鳥だと思っていたことが、▼
実は二羽も得られないことなど
いくらでもあるのですから。▼
[カザハナ]
ええと…うん。わかった。
そうだね…急がば回れとも言うしね。▼
[スズカゼ]
そうです。では改めて…参りましょう。▼
[カザハナ]
うん、じゃあお願いね。▼

支援B

[カザハナ]
今日も充実した修行だったね!▼
付き合ってくれてありがと、スズカゼ!▼
[スズカゼ]
まさかカザハナさんがこれほどまでに、
修行に打ち込まれる方だとは思いませんでした。▼
[カザハナ]
あたしを甘く見ないでよね!▼
朝の鍛錬から、寝る前の素振りまで、
常に鍛えられるように考えてるんだから!▼
[スズカゼ]
ふふっ…むしろ、カザハナさんのひたむきさに
尊敬の念を抱いているくらいです。▼
本当に素晴らしい心構えですよ。▼
[カザハナ]
えへへ…ありがと。▼
[スズカゼ]
ですが、何故そこまで修行をされるのです?
カザハナさんは十分お強いと思いますが。▼
[カザハナ]
ううん。あたしなんてまだまだだよ。
もっと強くなってサクラを守らないと。▼
それに、女だからって
甘く見られたら嫌だもんね!▼
[スズカゼ]
ははは…大丈夫ですよ。
あなたにそのような事を言う方は誰もいません。▼
[カザハナ]
そりゃあ今はいないかもしれないけど…
昔、友達の男の子に言われたことがあるの。▼
女の侍なんて弱いに決まってる! って。▼
あたし、ほんとに悔しくって…!▼
[スズカゼ]
でも、カザハナさんは立派な侍に
なったではありませんか。▼
昔のことなど、
もう気にする必要はありませんよ。▼
[カザハナ]
うん…ありがと。▼
でも、言われたときに味わった気持ちだけは
今でもずっと残ってるんだよね▼。
だから、女だからってバカにされるのだけは
絶対に嫌。▼
強い侍になるのに男も女も関係ないってこと、
あたしが証明したいのよ。▼
[スズカゼ]
カザハナさんの思いの強さの発端は、
そこにあったということですね。▼
[カザハナ]
うん。でも今のあたしを
いちばん突き動かすのは…▼
サクラ様をお守りすることよ。▼
[スズカゼ]
はい、そうでしょうね。
ですがカザハナさん、お気をつけください。▼
その気の強さはカザハナさんにとって
強みでもあり、弱みにもなり得るものです。▼
戦闘中…
どうか無茶をしないでくださいね。▼
[カザハナ]
心配性だなぁ、スズカゼは!
それくらいわかってるよ。▼
[スズカゼ]
ですが…▼
[カザハナ]
あ! 私、見回りの当番があるんだった。
それじゃあもう行くね!▼
付き合ってくれてありがと、スズカゼ!▼
[スズカゼ]
うーん。本当にわかってもらえたのか…
少し心配ですね。▼

支援A

[スズカゼ]
カザハナさん…先日言った私の言葉を
覚えていますか?▼
[カザハナ]
あ…ええと、戦闘中に熱くなって
無茶をしないように…だっけ?▼
[スズカゼ]
そうです。それなのに、今日の闘いでは
単身で敵に突っ込んでいったそうですね。▼
[カザハナ]
…だってあいつら、あたしを見た途端、
女だから楽勝だって顔したのよ!?▼
すごく悔しかったんだもん!▼
[スズカゼ]
ですが、カザハナさんの単身の突撃により、
陣内の指揮が崩れる可能性がありました。▼
何より…皆さんはカザハナさんを
とても心配していましたよ。▼
[カザハナ]
う、うん…ごめんなさい。▼
[スズカゼ]
まあ、熱くなるなと言っても
難しい方がいることは、▼
これまでの経験で嫌というほど
わかってはいるんですがね…▼
[カザハナ]
へ?どういうこと?▼
[スズカゼ]
私の兄も熱くなりやすい傾向がありまして…
過去に何度も肝を冷やしたことがあります。▼
[カザハナ]
ああ、なるほど…▼
[スズカゼ]
ですから、カザハナさんの気の強さを
見た時、放っておけなくなっていました。▼
[カザハナ]
そうだったんだ…ごめんねスズカゼ。
心配かけちゃって。▼
[スズカゼ]
いいえ。ですが、他の方たちも皆…
カザハナさんのことを心配していたんです。▼
そのことを忘れずに闘いに臨んでください。▼
[カザハナ]
…うん、わかったよ。▼
[スズカゼ]
それじゃあ傷の手当てをしましょうか。▼
かすり傷程度のようですが、
放っておいても良いものではありませんからね。▼
[カザハナ]
うん。じゃあお願い。
こんな怪我は早く治してもっと強くならないと!▼
[スズカゼ]
ですが、怪我が治るまでは自粛ですよ?▼
[カザハナ]
わかってるよ!▼
あのさ…治ったらまた、
修行に付き合ってもらってもいいかな?▼
スズカゼと一緒ならあたし、
熱くなり過ぎず済みそうだから。▼
[スズカゼ]
ふふ…わかりました。
その時は、ぜひまた。▼
[カザハナ]
わーい、楽しみにしてるね。スズカゼ!▼

支援S

[スズカゼ]
カザハナさん。
少しお話があります。▼
[カザハナ]
ん? そんなにかしこまっちゃって…
どうしたの、スズカゼ?▼
[スズカゼ]
ここ最近、
あなたの修行の相手をしてきて… ▼
強さを求めるカザハナさんの想いは
とても大きいものだと知りました。▼
[カザハナ]
うん…▼
[スズカゼ]
ですが…今の私は、私自身の手で
カザハナさんを守りたいと思っています。▼
[カザハナ]
守りたい…あたしを?▼
[スズカゼ]
はい。
あなたを守らせてくれというのは、▼
カザハナさんにとっては
気に入らない言葉かもしれません…▼
ですが…
私は、あなたが好きなんです。▼
[カザハナ]
えっ…▼
[スズカゼ]
恋人として傍にいられるのなら
一生あなたのことを支え…▼
そして守っていきたい。
そう思っています。▼
[カザハナ]
そ、そんな…!▼
すっ、スズカゼが…
あたしのことを好きだなんて…嘘でしょ!?▼
[スズカゼ]
いいえ。私は本気です。▼
それとも私のこの想いは、
カザハナさんにとって迷惑ですか?▼
[カザハナ]
…………▼
ううん…そんなことない。
とっても嬉しいよ…▼
[スズカゼ]
カザハナさん…!▼
[カザハナ]
毎回修行に付き合ってくれて、
相談に乗ってくれるスズカゼのこと…▼
あたしもいつの間にか、
好きになっちゃってたの。▼
だから…こんなあたしでいいなら、
あたしをあなたの恋人にしてほしい!▼
[スズカゼ]
はい…! カザハナさん…!
もちろんです…!▼
[カザハナ]
えへへ、ありがとう!▼
あ、あとね。守らせてって言ってた件、
あれは心配しなくても大丈夫!▼
[スズカゼ]
どういうことですか?▼
[カザハナ]
あたしもスズカゼを守り返すから。▼
お互い助け合って、守り合うのが
恋人らしいでしょ?▼
[スズカゼ]
ふふっ…そうですね。
ありがとうございます、カザハナさん。▼
それでは、
これからもよろしくお願いします。▼
[カザハナ]
うん! よろしくねっ!▼

サイゾウ

支援C

[スズカゼ]
兄さん…
今お時間よろしいですか?▼
[サイゾウ]
スズカゼか。
ああ、構わん。▼
[スズカゼ]
兄さんは昔から父上の仇を討とうと
尽力されてきましたが、▼
その事について…
少しお伺いしておきたいと思いました。▼
[サイゾウ]
…なんだ?▼
[スズカゼ]
確かに父上の仇を討ちたいという
想いは理解できます。▼
しかし私には兄さんがあそこまで
息巻いておられた理由が、▼
何か別にあるのではないかと…
考えておりました。▼
[サイゾウ]
どういう意味だ?▼
[スズカゼ]
父上の仇を討つという想いとは別に…
そしてリョウマ様をお守りするとも別に…▼
兄さんがそこまで闘志を燃やし、
敵を根絶やしにするために…▼
修羅の如く戦い続ける理由があるのではと
考えていたのです。▼
[サイゾウ]
…さすがスズカゼだな。
伊達に俺の弟を何年も続けていない。▼
俺は復讐とリョウマ様を守ることが全てだ…▼
だが…お前が言うように、
別の理由もあるにはある。▼
[スズカゼ]
やはり…▼
[サイゾウ]
だが誰かに聞かせるほどの話ではないのだ。
つまりお前が気にすることでもない。▼
…このことは忘れろ。
俺はもう…行くぞ。▼
[スズカゼ]
兄さん…▼

支援B

[サイゾウ]
スズカゼ…そこで何をしている?▼
[スズカゼ]
兄さんに決闘を申し込みます。▼
[サイゾウ]
なんだと?▼
[スズカゼ]
先日の件…
私はやはり知りたいのです。▼
兄さんの胸の内につかえているものを。▼
それが兄さんをずっと悩ませているのなら、
どうにかして救い出したい…!▼
だから私がこの闘いに勝ったら、
どうか…教えてもらえませんか?▼
[サイゾウ]
…………▼
決闘して、俺に勝てると思うのか?▼
[スズカゼ]
いえ…それは無理でしょう。▼
ですがこれは…
私の意志を示すことに意義がある。▼
私が兄さんを救いたいという…覚悟です。▼
[サイゾウ]
…その刀をしまえ、スズカゼ。▼
[スズカゼ]
えっ?▼
[サイゾウ]
教えてやる…
俺が何を考えていたのかを。▼
[スズカゼ]
は、はい…お願いします。▼
[サイゾウ]
俺はフウマ公国を怪しみ
一人であの国へ潜入したことがある。▼
その時に…フウマ公国が父を殺したと
確証を得ることができたのだ。▼
と同時に…俺は父の仇を討つことに失敗し、
返り討ちに遭い、この片目を失った。▼
[スズカゼ]
そ、そんな…▼
[サイゾウ]
ちょうどお前が長い間、
忍びの里を離れていたときだったからな。▼
フウマ公国でやられた傷だとは…
あえて誰にも教えなかったのだ。▼
理由はわかるか?▼
[スズカゼ]
い、いえ…▼
[サイゾウ]
話したくなかったんだ…▼
この傷は父の仇を討てなかったばかりか、
俺の力不足であるという証に他ならんからな。▼
これは自分の人生において、
最も恥ずべき過去なのだとな…!▼
[スズカゼ]
も、申し訳ありません…兄さん。▼
私は…あなたの心の傷を
抉るようなことをしてしまったのですね。▼
私なりの覚悟があったとはいえ
やはり聞くべきではなかった…▼
…何と浅はかだったのでしょう。▼
[サイゾウ]
いや、隠していたのは
俺のただの憐れな自尊心だ。▼
こんな情けない話は、
俺の心に留めておきたかっただけだ…▼
[スズカゼ]
兄さん…▼
[サイゾウ]
これでわかったろう?▼
お前がそこまでして知りたいと思うほどの
話ではなかったということだ。▼
さぁ…もうそこをどいてくれ。▼
[スズカゼ]
は、はい…▼
兄さん…▼

支援A

[スズカゼ]
兄さん…先日の話ですが。▼
[サイゾウ]
俺の過去の傷を抉るのは
もう勘弁してくれ…▼
[スズカゼ]
い、いえ…違うんです。▼
むしろ私は…
自分が情けないのです…!▼
[サイゾウ]
…どういうことだ?▼
[スズカゼ]
兄さんは昔から独り父上の仇を討つために
必死でした…▼
周りの者たちはもう…仇を討つことも諦め、
手を引いていたというのに!▼
そして…同じく何もしなかった私も…
同類です。▼
[サイゾウ]
スズカゼ…▼
[スズカゼ]
兄さんの右目…
それは確かに恥ずべき傷痕です。▼
[サイゾウ]
…………▼
[スズカゼ]
でもそれは兄さんにとってだけではない。
私も…そして一族全員が恥ずべき傷痕です。▼
[サイゾウ]
スズカゼ…お前…▼
[スズカゼ]
これまで重荷を兄さん一人に背負わせてしまい、
本当に申し訳ありません…▼
私は…いえ私たちはこれから心を入れ替え、
必ず5代目サイゾウの片目となり、▼
支えていくことをお誓い致します…!!▼
[サイゾウ]
スズカゼ…ありがとう。
俺はお前のような弟を持てて幸せだ。▼
これからも…至らぬ兄の支えとなってくれ。
頼むぞ。▼
[スズカゼ]
私こそ、兄さんにそのような言葉を頂き、
とても嬉しいです…!▼
これからもあなたのために、
闘い続けると約束します。▼

オロチ

支援C

[オロチ]
さて。
今日は薬草でも探しに行くかのう…▼
[スズカゼ]
…オロチさん。▼
[オロチ]
うわっ!
…な、なんだスズカゼか。▼
急に背後から声をかけるでない。
刺客でも現れたかと思うたわ。▼
[スズカゼ]
申し訳ございません。軍議の時間が変更に
なったことを伝えて回っているのです。▼
[オロチ]
それなら気配を消さずに話しかけよ。
心臓が止まるかと思ったではないか…▼
[スズカゼ]
それは失礼いたしました。
…ですが、私は忍び。▼
相手の死角から静かに話しかけるのが癖なので、
そのご要望に応えるのは難しいです。▼
[オロチ]
なんじゃ、諦めるのが早いのう!
もう少し善処してみる気持ちはないのかえ?▼
[スズカゼ]
ありません。
任務が第一ですので。▼
[オロチ]
むうう…相変わらず生真面目で
面白みのない男よの…▼
こんな奴にいちいち驚かされるなど、
わらわの誇りが許さぬ。▼
…よし、
こうなったらスズカゼよ!▼
わらわはそなたの気配を察知できるように
なってやろうぞ!▼
[スズカゼ]
え?▼
[オロチ]
この機会にスズカゼの気配を消す技術を、
わらわが越えてやろうではないか。▼
名付けて気配察知術の会得じゃ…!▼
[スズカゼ]
そうですか。
では、私は一体何を?▼
[オロチ]
そなたは何もせずとも良い。
いつも通り、背後から声をかけるのじゃ。▼
[スズカゼ]
それでいいのですか?▼
[オロチ]
ああ。そなたの気配を読むなど造作もない。
すぐに察知してやるから覚悟しておれ。▼
[スズカゼ]
…わかりました。オロチさんがそこまで
言うのでしたら、それに従いましょう。▼
[オロチ]
うむ。よろしく頼むぞ。▼

支援B

[オロチ]
はぁ…なんだか少し
疲れておる気がするのう。▼
それもこれも、全てスズカゼのせいじゃ…▼
[スズカゼ]
…オロチさん。お呼びですか?▼
[オロチ]
のわあああああっ!▼
[スズカゼ]
ああ、申し訳ございません。▼
今回も気配を察知して
いただけなかったようですね。▼
[オロチ]
ううっ…嫌味か…!?
じゃが、悔しいがそのとおりじゃ…!▼
[スズカゼ]
ふむ…
最近オロチさんの心臓が心配になってきました。▼
オロチさんの察知術の修行に
付き合うようになってからというものの…▼
私はオロチさんを
驚かせてばかりですから。▼
そのせいでお疲れなのでしょう?▼
[オロチ]
くぅっ…! うるさいのう!▼
わらわではそなたの気配は
永遠に読めぬとでも言いたいのか!▼
[スズカゼ]
いいえ。そういう訳ではないのですが…
これ以上は止めた方が良いと思いますよ。▼
精神に負担をかけては、
修行の意味もありません。▼
[オロチ]
これはわらわから言い出したこと。
簡単に引き下がることはできん。▼
[スズカゼ]
…わかりました。
それでは私から一つご提案があります。▼
[オロチ]
提案…?▼
[スズカゼ]
はい。これから私は常に、
鈴をつけておきます。▼
オロチさんはその鈴の音で、
私の気配を察知する訓練をすれば良いのです。▼
[オロチ]
ほう! なるほどのう!
鈴であれば、わらわにもよく聞こえるぞ!▼
そこから徐々に慣らしていけば
良いという訳じゃな。▼
[スズカゼ]
はい…とは言え、戦闘中は外しますので
陣内での生活時のみになりますが…▼
[オロチ]
良い良い! では、鈴の音を聞き取り、
見事スズカゼを捉えてみせよう!▼
次こそ、話しかけられる前に、
そなたの方を振り返ってやるぞ。▼
さぁ、早く鈴をつけるのじゃ!▼
[スズカゼ]
ふふっ、オロチさんが元気になったようで
良かったです。▼
では、鈴を用意しますのでしばしお待ちを。▼
[オロチ]
ふむ、頼むぞスズカゼ!▼

支援A

[スズカゼ]
…………▼
[オロチ]
なんじゃ、スズカゼ。わらわに何か用か?▼
[スズカゼ]
!!
素晴らしいです、オロチさん。▼
私が話しかける前から
気配を読まれていたようですね。▼
[オロチ]
ふふん! 鈴のおかげで、
スズカゼの気配はもう把握済みじゃ!▼
これならもう鈴がなくても
気づけるであろうな!▼
[スズカゼ]
ふふっ、確かにそうかもしれませんね。
オロチさんの努力の結果です。▼
[オロチ]
そうじゃろうそうじゃろう!▼
ふっふっふ…これでいつでもスズカゼを
捕まえて遊ぶことができるのう。▼
[スズカゼ]
え?
私を捕まえて遊ぶ…とは?▼
[オロチ]
ふはははっ! 今まで驚かされておった
お返しに、わらわの遊び相手になってもらう!▼
そのためにそなたの気配を読めるように
なりたかったと言っても過言ではないわっ!▼
[スズカゼ]
そうだったのですか。▼
オロチさん…私はあなたがそういった
性格だったことを失念しておりました。▼
[オロチ]
今更気付いても遅いのう!
わらわは楽しいことが好きなのじゃ!▼
[スズカゼ]
…ですがそれは無理でしょう。▼
[オロチ]
何じゃと?▼
[スズカゼ]
気配を読まれていても、いざとなったら
私は逃げ切る自信があります。▼
素早さには自信がありますからね。▼
[オロチ]
ああ。確かにそうじゃった…▼
[スズカゼ]
ですがオロチさんとの訓練、
とても充実したものでした。▼
私も勉強になりましたよ。▼
私自身の気配とはどのようなものなのか…
そして察知するにはどうすれば良いのか…▼
今後に活かせると思っています。▼
[オロチ]
な、なんじゃ? 勉強?▼
いや、そういうことじゃなくてのう…!
わらわはそなたを使ってただ遊びを…▼
[スズカゼ]
ふふっ、ではまた。▼
[オロチ]
なに!?
話の途中でいなくなるか、普通!?▼
し、しかもあっという間に消え失せおって…!
うぬぬ…!!▼
待てー! スズカゼーーー!
わらわを舐めるでないぞーーー!▼

支援S

[オロチ]
はぁ、はぁ…スズカゼ!▼
今日こそそなたをわらわの手で
捕まえてみせるぞ!▼
[スズカゼ]
これは…オロチさん。▼
先日から私を見かけるたびに
追いかけてきますが…▼
お身体は大丈夫ですか?
動悸は激しくありませんか?▼
[オロチ]
老人に対する台詞のように言うでない!
わらわは口調ほどに年老いておらぬぞえ!▼
まったく…そんなことを言う暇があるなら、
大人しくわらわに捕まえられよ。▼
[スズカゼ]
それはお断りします。
私にも誇りと言うものがありますので。▼
[オロチ]
誇り…じゃと?
それは忍びとしての誇りのことかえ?▼
[スズカゼ]
いえ、男としての誇りです。▼
オロチさん。私はあなたに
追いかけられるのではなく…▼
…追いかけたいのです。▼
[オロチ]
は?
…どういうことじゃ?▼
[スズカゼ]
あなたは気づいていないようですが、
私はオロチさんのことをお慕いしているのです。▼
[オロチ]
な…な、何じゃと!?▼
[スズカゼ]
想い人に追いかけられながら
告白するなんて、格好がつきません。▼
それに私のことを追いかけなくとも、私は
いつでもあなたのお傍にいたいと思っています。▼
[オロチ]
そのようなことを急に言われても
驚くであろうにっ!▼
ええい!
そなたには驚かされてばかりじゃ!!▼
[スズカゼ]
ふふっ…そうやって賑やかなオロチさんを
ずっとお慕いしていました。▼
[オロチ]
え…?▼
[スズカゼ]
周りの方たちまで元気にしてしまう
オロチさんの明るい性格がとても好きです。▼
私はいつまでもその笑顔を見ていたいのです。
どうか、私の恋人になってくれませんか…?▼
[オロチ]
そ、それは…うーむ…▼
[スズカゼ]
うつむかれてしまいまいたが、
大丈夫ですか?▼
[オロチ]
…わかった、わかったぞ!▼
[スズカゼ]
えっ?▼
[オロチ]
ふふん、喜べスズカゼよ!▼
わらわがそなたを追いかけていた理由…
それはわらわも好意を持っていたからじゃ!▼
なるほど…ようやくスッキリしたわい。▼
[スズカゼ]
そ、そうなのですか?▼
[オロチ]
…そうか、ならばわらわも己の気持ちに
正直にならねばのう…▼
わらわをそなたの恋人にしてくれ。▼
[スズカゼ]
はい、もちろんです。▼
あなたからその言葉が聞けて…
とても嬉しいですよ。▼
[オロチ]
これからは、わらわが人生の伴侶として
そなたと共に生きていこうぞ。▼
[スズカゼ]
はい、よろしくお願いします。▼
[オロチ]
うむ、良い返事じゃ。▼

ヒノカ

支援C

[スズカゼ]
ヒノカ様、失礼いたします。▼
サクラ様からの書簡をお届けに
参りました。▼
[ヒノカ]
ああ、スズカゼか。ありがとう。▼
[スズカゼ]
いいえ。書簡の受け渡しを行うことも
私の大切な任務の一つですから。▼
それに、ご姉妹間での書簡を
預けていただく栄誉…▼
とても誇らしく思っています。▼
[ヒノカ]
ふふっ、そうか。▼
[スズカゼ]
はい。こちらになります。▼
[ヒノカ]
サクラからの書簡は絵巻物のようで、
なかなかに読み応えがある。▼
今回は良いことがあったからか、
文体も軽やかに思えるな。▼
[スズカゼ]
良いことですか。
それは何よりです。▼
[ヒノカ]
きれいな花畑を見つけたらしい。
そのことを楽しげに書いているぞ。▼
そういえばスズカゼが書簡を受け取った時、
サクラの様子はどんな感じだったろうか?▼
[スズカゼ]
…いつにも増して満面の笑顔で、
いらっしゃったような気がします。▼
直接お話ししたいけれど、
書きとめて感動を形に残したい…▼
ともおっしゃっていました。▼
[ヒノカ]
そうか。
まるでその様子が目に浮かぶようだな。▼
ありがとう、スズカゼ。
これからも頼むぞ。▼
[スズカゼ]
ええ。手紙のやり取りを拝見するだけで、
お二人の仲むつまじさはよくわかります。▼
こちらも心が温まりますし、
これからも尽力させていただきます。▼
[ヒノカ]
スズカゼは大げさだな。
そんな大層なものではないぞ。▼
[スズカゼ]
ふふふ…そうですね。
承知しました。▼

支援B

[スズカゼ]
ヒノカ様、本日もサクラ様からの
書簡をお持ちいたしました。▼
[ヒノカ]
ああ、ありがとう、スズカゼ。▼
ふむ…▼
[スズカゼ]
どうかされましたか?▼
[ヒノカ]
サクラの奴、悩みごとがあるようだ。▼
[スズカゼ]
確かに今日のサクラ様は、
少し顔色も優れなかったように思います。▼
[ヒノカ]
それは心配だな…▼
[スズカゼ]
ですが、サクラ様はヒノカ様に対しても
気を遣われる面があります。▼
ご心配な場合は直接、
お話しされたほうが良いかもしれませんね。▼
[ヒノカ]
そうだな…お前の言う通りだ。
時間を見つけ次第、サクラに会いに行こう。▼
[スズカゼ]
はい。それが一番かと思います。▼
私がもっと…
お力になれればいいのですが…▼
[ヒノカ]
スズカゼ?
何か言ったか?▼
[スズカゼ]
…いえ、何でもありません。▼
ヒノカ様は今回もお返事を書かれますか?▼
[ヒノカ]
ああ。
少し待ってくれ。▼
[スズカゼ]
かしこまりました。▼

支援A

[ヒノカ]
スズカゼ、少しいいか?▼
[スズカゼ]
はい、何かご用でしょうか、ヒノカ様。▼
[ヒノカ]
先日、サクラが悩んでいたという件だが
無事解決した。▼
[スズカゼ]
それは良かったです。▼
[ヒノカ]
スズカゼの言った通り、
直接話をして良かった。▼
助言、感謝するぞ。▼
[スズカゼ]
いいえ、
お二人の絆が強かったからこそです。▼
私など言葉をかけるくらいしかできません。
先日は己の無力さを…痛感しました。▼
[ヒノカ]
それは違うぞ、スズカゼ。▼
[スズカゼ]
えっ?▼
[ヒノカ]
確かに私とサクラは姉妹であるし、
仲が良いことも否定はしない。▼
だがな、今回はスズカゼに言われたから、
きちんと直接話そうと思ったのだ。▼
[スズカゼ]
ヒノカ様…▼
[ヒノカ]
私は、お前からサクラの様子を聞くまでは、
急いた気持ちになっていなかった。▼
スズカゼのおかげで
サクラの悩みも早く解決したのだ。▼
私たちはいつも、お前に助けられている。▼
[スズカゼ]
…ありがとうございます、ヒノカ様。▼
そのお言葉、とても嬉しく思います。▼
[ヒノカ]
ああ。
これからも私たちに力を貸してくれ。▼
[スズカゼ]
はい。
このスズカゼ、力を尽くしてまいります…!▼
宜しければ忍びの力を活かし、
常に様子をお伺いすることも可能ですよ。▼
[ヒノカ]
つ、常に?▼
[スズカゼ]
そうすれば、何か起きたときに
早急に対応ができますでしょう?▼
もちろん立ち入った行動は
いたしませんので、ご安心ください。▼
[ヒノカ]
いや…常には困るな…▼
[スズカゼ]
そうですか。▼
[ヒノカ]
私は今のままでいいと思うぞ。
気持ちだけもらっておこう。▼
[スズカゼ]
かしこまりました。
では、そのようにお願いいたします。▼
[ヒノカ]
ああ。
今後もよろしく頼む。▼

支援S

[スズカゼ]
ヒノカ様。サクラ様からの書簡です。▼
[ヒノカ]
ああ…ありがとう…▼
[スズカゼ]
ヒノカ様、どうされました?
元気がないように思いますが…▼
[ヒノカ]
…悩みごとがあってな。▼
[スズカゼ]
それは大変です。
よろしければお話くださいませんか?▼
私で良ければ、お力になりますよ。▼
[ヒノカ]
実はな…
私には気になる人がいるのだ。▼
[スズカゼ]
…それは思い人ということですか?▼
[ヒノカ]
そうだ。その者にどうやって想いを
伝えれば良いか、考えていてな…▼
[スズカゼ]
そうだったのですか。▼
ですが…ヒノカ様ほど素晴らしい方ならば、
どのようなお言葉で伝えても大丈夫でしょう。▼
きっとヒノカ様の想いも届きます。▼
[ヒノカ]
…それは本当だな?▼
[スズカゼ]
はい。▼
[ヒノカ]
…………▼
では思い切って伝えることにしよう。▼
その想い人とは…
スズカゼ、お前のことだ。▼
[スズカゼ]
え…!?▼
[ヒノカ]
スズカゼはいつでも親身になって
話を聞いてくれただろう?▼
その優しさにいつの間にか
私は惹かれていったのだ…▼
お前さえ良ければ、私の恋人として、
これからの人生を共に歩んでくれないか?▼
[スズカゼ]
ヒノカ様…▼
そのお言葉…とても嬉しく思います。▼
実は私は先程まで…
ヒノカ様の想い人の話を聞き、▼
自分の気持ちを抑えることに必死でした…▼
[ヒノカ]
スズカゼ…▼
[スズカゼ]
ですが…
その正体が自分だとわかった途端、▼
嬉しい気持ちで胸がいっぱいになりました。▼
我ながら現金なものです。▼
[ヒノカ]
…スズカゼも私のことを
好いてくれていたのか?▼
[スズカゼ]
はい…強くてお優しいヒノカ様のこと…
私はいつも目で追っていました。▼
失礼なこととわかっていながら、
お慕いしていたのです…▼
[ヒノカ]
そうか…ではこれからは、
恋人として私を支えてくれるか?▼
[スズカゼ]
もちろんです。私はいつまでも
ヒノカ様を支えていきます。▼
愛しています、ヒノカ様。▼
[ヒノカ]
あはは…
急に言われると照れるものだな…!▼
[スズカゼ]
私はヒノカ様への気持ちを
素直に口にしただけです。▼
[ヒノカ]
スズカゼめ…
相変わらず実直過ぎる奴だな。▼
こうなったら私ももっと、
お前を愛し抜いてやるからな!▼
[スズカゼ]
はい。よろしくお願いいたします。▼

セツナ

支援C

[スズカゼ]
さて、今日の訓練はこのくらいで…▼
[セツナ]
…スズカゼ。▼
[スズカゼ]
!?
セツナさん?▼
[セツナ]
今日の軍議の開始時間、少し遅れる…
その連絡に来た…▼
[スズカゼ]
そ、そうでしたか。ありがとうございます。
急に話しかけられたので驚きましたよ。▼
[セツナ]
ああ…
それ、よく言われる…▼
[スズカゼ]
私は忍びですから、これでも気配には
敏感な方だと思っていたのですが…▼
どうやらセツナさんの方が
一枚上手のようですね。▼
[セツナ]
そんなことない…
ただ、ぼーっとしてるだけ…▼
[スズカゼ]
そんな謙遜されなくてもいいですよ。▼
仮にそうだとしても、その特性を活かして
忍ぶ技術を向上させたら良いかもしれません。▼
[セツナ]
忍ぶ技術…▼
[スズカゼ]
そうです。隠密行動などもできるようになれば、
ヒノカ様に楽をさせてあげられるでしょうしね。▼
[セツナ]
…それなら、やってみたい。▼
スズカゼ…
私に教えて…▼
[スズカゼ]
えっ?▼
[セツナ]
ヒノカ様の役に立つなら…
がんばってみたい…▼
[スズカゼ]
…わかりました。
私でよろしければ、お手伝いしましょう。▼
[セツナ]
ありがとう…
よろしく…▼
[スズカゼ]
はい、こちらこそよろしくお願いします。▼

支援B

[スズカゼ]
では、セツナさんに
忍ぶ技術を会得していただくため…▼
まずは気配を瞬時に消す
練習をしましょう。▼
[セツナ]
わかった…▼
[スズカゼ]
とは言っても、セツナさんは
すぐに習得できそうですね。▼
先日も既に気配を消されていましたから。
では少し移動しましょう。▼

(セツナ消える)

あれっ!? セツナさん!?
ど、どこへ…!?▼
目を離した一瞬で、
セツナさんが消えた…!?▼
まさかこんなに早く気配の消し方を
会得されるだなんて…!▼
[セツナ]
スズカゼ、違う…
助けて…▼
[スズカゼ]
セツナさん。
もしや…その藪の中にいるのですか?▼
[セツナ]
キノコを見つけて近づいたら…
突然…網が降ってきた…▼
[スズカゼ]
ああ、それは狩猟用の罠ですよ。▼
そういえばセツナさんは
よく罠にかかるのでしたね…▼
[セツナ]
注意力がないって…
よく言われる…▼
[スズカゼ]
ですが、これでは気配を消す練習を
している場合ではありませんね。▼
まずはその罠にかからないようにしなければ…
はい、この手を取ってください…!▼
[セツナ]
ありがとう…▼
[スズカゼ]
ふぅ…抜け出せましたね。▼
…ではまず、
罠から抜け出る練習をしましょうか?▼
[セツナ]
そんな練習あるの…?▼
[スズカゼ]
見たところ、このような簡易的な罠は
コツさえわかれば簡単に出られますよ。▼
[セツナ]
スズカゼ…
あなたって真面目…▼
[スズカゼ]
私はセツナさんと共に修行すると
お約束しました。▼
最後までお付き合いするのは当然です。▼
では、参りましょう!▼
[セツナ]
うん…わかった…▼

支援A

[セツナ]
スズカゼ…▼
[スズカゼ]
ああ、セツナさん。
罠抜けの方法は会得できましたか?▼
[セツナ]
うん…
網からなら抜け出せる…▼
気づくのは、まだ無理だけど…▼
[スズカゼ]
そうですか。
罠というものは様々な種類がありますからね。▼
罠を事前に見破ったり、
他の罠も抜けられるようにならなければ、▼
不十分と言えるでしょう。▼
[セツナ]
でも、私にしてはとても進歩した…
気がする…▼
[スズカゼ]
それならば良いのですが…▼
[セツナ]
教えてもらったお礼に鹿肉をあげる…
さっき取ってきた…▼
[スズカゼ]
これはわざわざありがとうございます。
セツナさんが狩ったのですか?▼
[セツナ]
ええ…
狩りをするのは得意だから…▼
[スズカゼ]
では、セツナさんは今後、
罠に対する対応策ではなく、▼
弓矢の技術の向上を目指したほうが
良いのかもしれませんね…▼
[セツナ]
…なぜ?▼
[スズカゼ]
共に過ごして感じたのですが…
あなたはきっと、▼
弱点克服よりも特技強化に
重点を置いた方が良いと思います。▼
忍びの技術はともかく、
弓の技術は一流なのですから、▼
そこを更に高めていくほうが良いのではと
考えたのですよ。▼
[セツナ]
よくわからないけど…
スズカゼがそう言うなら、そうする…▼
[スズカゼ]
では、その点も踏まえて今後の修行内容を
考えていきましょう。▼
[セツナ]
これからもよろしく…▼
[スズカゼ]
はい、承知しました。▼

支援S

[セツナ]
あの…
スズカゼ…▼
[スズカゼ]
どうしましたか、セツナさん?▼
[セツナ]
最近…スズカゼを
私の修行に付き合わせてばかりで…▼
少し、申し訳ない…▼
[スズカゼ]
ああ、そのことですか。▼
これは私が望んでやっていることなので、
心配されなくても大丈夫です。▼
それに最近、私はセツナさんの傍に
いないと調子が出ないのです。▼
[セツナ]
どういうこと…?▼
[スズカゼ]
セツナさんは未だに
罠にはまることが多いでしょう?▼
目を離した隙にまたどこかで
助けを求めているのではと心配なんです。▼
[セツナ]
ごめん…▼
[スズカゼ]
ですので、私はセツナさんが隣にいないと
不安で…▼
…………▼
[セツナ]
…スズカゼ?▼
[スズカゼ]
…ふむ、そうか。なるほど…▼
セツナさん。私は今から変なことを
言ってしまいますが、お許しください。▼
[セツナ]
えっ?▼
[スズカゼ]
どうやら私は、セツナさんのことを
お慕いしているようです。▼
[セツナ]
!!▼
[スズカゼ]
今の話でようやく考えが至りました。▼
セツナさんが傍にいないと不安な理由…
私は常にあなたと共にいたいのです。▼
危なっかしいセツナさんを
私が守ってあげたいと思っているのです。▼
[セツナ]
スズカゼ…▼
[スズカゼ]
駄目でしょうか?▼
[セツナ]
ううん…
私もスズカゼと一緒にいるのは好き…▼
でないと、
修行も続かなかったと思う…▼
私もスズカゼといつまでも一緒にいたい…▼
[スズカゼ]
ありがとうございます。▼
では、これからは恋人として
あなたを支え、そして守っていきますね。▼
[セツナ]
嬉しい…
ありがとう、スズカゼ。▼
これからもよろしく…▼

オボロ

支援C

[オボロ]
よしっ! これで整理は終わったわね。▼
[スズカゼ]
こんにちは、オボロさん。
食糧庫で何をされているのですか?▼
[オボロ]
あ、スズカゼ。今は備蓄の整理をしてたの。
ほら、すっきりしたでしょ?▼
[スズカゼ]
確かに。オボロさんはいつも
せっせと動き回っていて働き者ですね。▼
[オボロ]
そ、そうかな?
自分がしたかっただけなんだけど…▼
[スズカゼ]
ん? 今何か…
小さい影が動きませんでしたか?▼
[オボロ]
え? そう?
私には何も見えなかったけど…▼
!!
きゃあああああーーーーっ!!!!▼
[スズカゼ]
…! オボロさん!?▼
[オボロ]
いいいいい、今っ、
足の傍を何かが横切ったぁぁぁぁ!!▼
[スズカゼ]
オボロさん、大丈夫ですよ。
落ち着いてください。恐らくネズミでしょう。▼
[オボロ]
ええっ…?
ネ、ネズミ?▼
[スズカゼ]
はい。ここは食糧庫ですからね。
住みついていても不思議はありません。▼
[オボロ]
そう…▼
[スズカゼ]
ですが…困りました。
どうにかしないと兵糧に被害が出ます。▼
[オボロ]
…………▼
[スズカゼ]
オボロさん…?▼
[オボロ]
ふふふ…それなら食糧を守るために、
私が捕まえてあげるわ!▼
見てなさいよ、ネズミ!
私を驚かせたことを後悔させてやるんだから!▼
[スズカゼ]
…オボロさんが
とてもやる気に満ち溢れています。▼
[オボロ]
あら、他人事みたいなこと言ってるけど、
スズカゼにも協力してもらうわよ。▼
[スズカゼ]
私もですか?▼
[オボロ]
もちろん! スズカゼだって
このまま泣き寝入りなんて嫌でしょ!▼
二人で協力して、
ネズミを退治してみせましょう!▼
[スズカゼ]
食糧が狙われているのは確かです。
わかりました。私も力を貸しましょう。▼
[オボロ]
ありがとう、スズカゼ!
それじゃあさっそく作戦会議よ!▼
[スズカゼ]
はい、わかりました。
二人でネズミを一網打尽ですね。▼

支援B

[オボロ]
…ねえ、スズカゼ。▼
どうしてネズミは私の罠に引っかからないのかしら?▼
[スズカゼ]
食糧庫の隙間に仕掛けているのですが、
上手くかわされてしまっているのです。▼
相手はかなり…手ごわいですね。▼
[オボロ]
ううっ…これじゃあ負けっぱなしだわ!
どうにかしないと!▼
[スズカゼ]
そうですね。何か良い策があれば
いいのですが…あっ!▼
[オボロ]
えっ?なになに?
何か思いついたの?▼
[スズカゼ]
忍びとして得た知識の中に、
痺れ薬を混ぜた団子を作る方法があるのです。▼
それをネズミ用に改良すれば
良いかもしれません。▼
[オボロ]
いいじゃない、それ!
早速作ってみましょうよ!▼
[スズカゼ]
ええ。痺れ薬は在庫分があるので、
団子の材料だけ調達してきましょう。▼
…ちょうど手持ち分が確か…
はい、これが痺れ薬です。▼
気づかれないようにうまく配合されています。▼
[オボロ]
少し香りがする…何だか美味しそう…▼
[スズカゼ]
食欲を刺激しやすいように、
中に鰹節の粉末を入れています。▼
[オボロ]
なるほど、確かに使えそうね。
一瞬私も食べたくなったわ。▼
[スズカゼ]
えっ?
そ、それはいけません!▼
[オボロ]
冗談よ。スズカゼったら真に受けちゃって、
生真面目なのね。▼
[スズカゼ]
…オボロさん、意地が悪いですよ。▼
[オボロ]
はいはい、ごめんなさい。
じゃあ団子を作りましょうか。▼
[スズカゼ]
ええ、それが先決でしたね。
では早速調理場へと向かいましょう。▼
[オボロ]
ええ。▼

支援A

[オボロ]
スズカゼー!ちょっと聞いて!
無事にネズミを捕まえられたのよ!▼
[スズカゼ]
ああ、オボロさん。それは良かったです。▼
[オボロ]
スズカゼに教わった痺れ薬入りのお団子が
効果てき面だったみたいね。▼
ありがとう、スズカゼ。
これもあなたのおかげだわ。▼
[スズカゼ]
いいえ、これはたまたまですよ。▼
ですが、こうしてオボロさんに
お礼を言われるなんて、役得ですね。▼
[オボロ]
…そ、そんなこと言わないで!
こっちが照れちゃうじゃない。▼
でも今みたいなことを頻繁に言ってるから、
女の人に言い寄られるんじゃないの?▼
[スズカゼ]
何のことですか…?▼
[オボロ]
あ、あはは…自覚がないのも困るわね。▼
やっぱり天然たらしっていうのは
本当だったんだわ。▼
[スズカゼ]
それは誤解です。
私はそんなことを言われたことありません。▼
[オボロ]
まあまあ、本人に伝わらない
噂というのもあるからね。▼
それに私はいいと思うわよ。女性の人たちに
嫌われるより好かれた方がいいに決まってるわ。▼
[スズカゼ]
それはそうかもしれませんが…▼
[オボロ]
とにかく、ネズミ問題が解決したから
ひと安心ね。▼
[スズカゼ]
ええ、そうですね。
これで食料庫の備蓄は守られました。▼
[オボロ]
そうね。でもまたネズミが出たときは
もっと素早く解決したいものね。▼
今回一筋縄ではいかなかったし…▼
[スズカゼ]
確かに。害虫などでは同じ罠ではだんだんと
効かなくなってくると聞いたことがあります…▼
次は痺れ団子も効かなくなってしまうかも
しれませんね…▼
次はもっと効率的かつ的確に仕留められるよう、
このスズカゼも力を尽くしましょう!▼
[オボロ]
あ…うん。
スズカゼってやっぱり真面目ね。▼

支援S

[オボロ]
あ、スズカゼ。
この間のお礼にお団子を作ったの。▼
食べてもらえない?▼
[スズカゼ]
この間のお礼…ですか?▼
[オボロ]
ええ。
ネズミ退治の時のお礼よ。▼
あの時は食べられないお団子だったでしょ?
せっかくだから食べられるのを作ってみたの。▼
[スズカゼ]
ああ。そういえばオボロさんは
痺れ団子を作りながら、▼
美味しそうだと連呼していましたね。▼
[オボロ]
ちょっと…!
人を食いしん坊みたいに言わないでよ。▼
[スズカゼ]
え?ですがこれは事実…▼
[オボロ]
それ以上言ったらあげないわよ!
ほら、大人しく食べて!▼
[スズカゼ]
はい、わかりました。
では、お一ついただきます。▼
!!
これは…!美味ですね。▼
[オボロ]
そう、それは良かったわ。▼
[スズカゼ]
はい、とても。▼
ですが、私にお礼など
されずとも良かったのですよ?▼
[オボロ]
いいの。
私がしたかっただけだから。▼
それにスズカゼは、いつも女の人から
何かもらっているじゃない。▼
[スズカゼ]
あれは…断っているのですが、
皆さん聞き入れてくださらないのです。▼
[オボロ]
じゃあ私からお礼されるのは嫌?▼
[スズカゼ]
いいえ。オボロさんからのお礼は
とても嬉しいですよ。▼
[オボロ]
そ、そう…▼
…………▼
それって…私のこと、
意識してくれてるって思っていいの?▼
[スズカゼ]
どういうことですか?▼
[オボロ]
私…スズカゼと色々話してみて、
真面目で優しい人なんだなって思ったの。▼
何があっても一緒に悩んでくれるし、
からかっても大真面目に応えてくれるし…▼
ずっと傍にいられたら…
楽しいだろうなあって思ったの。▼
[スズカゼ]
オボロさん…▼
[オボロ]
今日のお団子も、
お礼だなんて言い訳をしたけど…▼
本当は、スズカゼと一緒にいる口実を
作るためだったのよ。▼
だから、スズカゼがもし…私のことを少しでも
意識してくれてるなら、とっても嬉しい…▼
[スズカゼ]
…ありがとうございます、
オボロさん。▼
今の言葉…
あなたの気持ちが十分伝わりました。▼
…どうやら私も、オボロさんのことが
好きになっていたようです。▼
[オボロ]
▼えっ…?
[スズカゼ]
あなたの真摯な気持ちに、
私は胸を打たれました。▼
気づくのが遅くなってしまって
申し訳ないのですが、▼
…これからは恋人として、
お傍にいてもいいでしょうか?▼
[オボロ]
うん…私、嬉しい。
私もスズカゼの傍にいたい…!▼
[スズカゼ]
ふふっ、それなら私たちは
今から恋人同士ということですね。▼
不束者ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。▼
[オボロ]
うふふ。不束者だなんて…
やっぱりスズカゼは真面目ね。▼
ええ…こちらこそよろしくね!▼

カゲロウ

支援C

[カゲロウ]
スズカゼ、少し良いか。▼
[スズカゼ]
カゲロウさん。
どうしましたか?▼
[カゲロウ]
お前の兄、サイゾウはいくら言っても
すぐに熱くなる。▼
あの傾向を改善する策はないものか?▼
[スズカゼ]
何かカゲロウさんとぶつかる
ことでもあったのですか?▼
[カゲロウ]
サイゾウは闘いに対する考え方が、
私と随分異なるんだ。▼
歩み寄れる部分もあるにはあるが、
なかなかに難しい時もある。▼
[スズカゼ]
しかし、カゲロウさんは兄さんの
良き理解者でもあると思います。▼
カゲロウさんと兄さんの二人だからこそ、
上手く調和がとれているように見えますし、▼
共にリョウマ様を支えている姿は、
私からすればとても頼もしく映ります。▼
[カゲロウ]
私は、双子の弟であるお前の方が、
奴の感情を上手くいなしているように思うがな。▼
[スズカゼ]
いいえ、そんなことはありませんよ。▼
私と兄さんは、普通の兄弟よりも
少し距離があるように思うのです。▼
それは今まで、互いのことを
あまり話さなかったせいだと思いますが…▼
[カゲロウ]
それは当然のこと。
私たちは忍び…▼
たとえ双子の兄弟であれど、
情報をみだりに教えるなど愚の骨頂だ。▼
[スズカゼ]
それもそうなんですが…▼
あ、そういえば私たちも、昔馴染みであるのに
あまり深く話をしたことがありませんね。▼
[カゲロウ]
そういえば、そうだな。▼
[スズカゼ]
では、カゲロウさん。
今度私の話に付き合ってくれませんか?▼
もちろん忍び同士として、
話せる範囲で構いませんので。▼
[カゲロウ]
スズカゼがそこまで言うのであれば、
考えておこう。▼
[スズカゼ]
はい。よろしくお願いいたします。▼

支援B

[カゲロウ]
スズカゼ。▼
私と話がしたいと言っていた件だが…
一体何を話したいのだ?▼
[スズカゼ]
例えば…昔の話などでしょうか。▼
[カゲロウ]
昔の話か…
私は幼い頃から王城にいたが、▼
お前たち双子は一人前の忍びとなってから
参内していたのだったな。▼
[スズカゼ]
ええ。ですが王城には
幼い頃に何度か訪れたことがありますよ。▼
[カゲロウ]
そうか…では私たちの出会いはその頃か。▼
[スズカゼ]
はい。そう考えれば私たちの付き合いも
随分と長く感じられますね。▼
[カゲロウ]
昔からスズカゼは三人の中で
一番落ち着いていたように思う。▼
私はその冷静な部分を尊敬していた。▼
[スズカゼ]
私も以前からカゲロウさんの素晴らしい体術を
見習えたらと思っていました。▼
[カゲロウ]
そうか…それは光栄だ。▼
[スズカゼ]
私は素早さには自信があるのですが、
体術が苦手で…▼
特に、懐に入り込まれると弱いので、
カゲロウさんの身のこなしには憧れますよ。▼
[カゲロウ]
スズカゼ…
私にそのようなことを言って良いのか?▼
味方とはいえ、己の弱みを
むやみに話すなど自滅行為だぞ。▼
[スズカゼ]
はい。でも…仲間の皆さんには
お話しておいた方がいいかと思ったんです。▼
[カゲロウ]
何故だ?▼
[スズカゼ]
今回の行軍の折、
私は様々な方と話す機会がありました。▼
そしてその中で、仲間同士が信じて協力する
ということの大切さを知ったのです。▼
[カゲロウ]
協力?▼
[スズカゼ]
はい。相手を信じるためには
己のことを隠していてはならない…▼
互いの強み弱みを知り、支え合うことで
想像以上の力を生み出すことがある。▼
これが、今回の闘いで私が学んだことなのです。▼
[カゲロウ]
…なるほどな。
スズカゼの考え、理解した。▼
真に互いを信じ闘うことができれば、
これほど強い軍もいないだろう。▼
…私も善処したいものだ。▼
[スズカゼ]
そう言っていただけて嬉しいです。▼
こういう風に、
これからも話ができれば良いですね。▼
[カゲロウ]
ああ。
これからもよろしく頼む。▼
[スズカゼ]
はい。こちらこそ。▼

支援A

[カゲロウ]
スズカゼ。互いのことをもっと話そうと
言っていた件だが、今いいか?▼
[スズカゼ]
はい、構いません。カゲロウさんから
話しかけてもらえるとは嬉しいですね。▼
[カゲロウ]
私も少しは歩み寄らねばと感じたまで。
気にする必要はない。▼
[スズカゼ]
でも、時間を割いてくださって
ありがとうございます。▼
そういえば…カゲロウさんは普段
何をして過ごしていらっしゃるのですか?▼
[カゲロウ]
戦が無い時も、基本的に任務や
鍛錬を行っているが…▼
空いた時間があれば、
静かに茶や書を楽しんでいることが多いな。▼
[スズカゼ]
それは知りませんでした。▼
私には特に誇れる趣味もないので、
兄さんと鍛錬をするくらいでしょうか。▼
[カゲロウ]
サイゾウとの鍛錬か…それは少し興味がある。
どのようなことをしているんだ?▼
[スズカゼ]
そうですね。気心しれた間柄とはいえ、
いつも鍛錬の際は真剣勝負です。▼
いつも白熱し過ぎて生傷が耐えませんよ。▼ (※原文ママ)
[カゲロウ]
ふっ…目に浮かぶようだ。▼
[スズカゼ]
カゲロウさんさえ良ければ歓迎しますよ。▼
[カゲロウ]
ふむ、興味はあるが…
お前たち兄弟の貴重な時間だ。▼
邪魔はしないでおこう。▼
[スズカゼ]
そうですか…▼
[カゲロウ]
たまには、こうして話すのも悪くないな。▼
やはり、スズカゼの言う通り、
闘いばかりに目を向けず、▼
仲間との絆というものも大事にして
いかねばならぬようだな。▼
[スズカゼ]
はい。これからは我々忍びだけでなく、
周りの方々との絆も大切にしていきましょう。▼
[カゲロウ]
ああ、承知した。▼

支援S

[スズカゼ]
カゲロウさん。▼
[カゲロウ]
スズカゼ。▼
[スズカゼ]
今日もカゲロウさんのことを
聞いても良いですか?▼
[カゲロウ]
ああ、構わないが…
何故そこまで私ばかりを?▼
最近はやけに頻繁な気がするが…▼
[スズカゼ]
そ、それは…▼
[カゲロウ]
…?▼
[スズカゼ]
それは、私が…カゲロウさんのことを
もっと知りたいと思っているからです。▼
[カゲロウ]
そうか…すまない。▼
私はまだスズカゼに、己の情報を
話しきれていなかったか。▼
[スズカゼ]
いえ、そういう意味ではなく…▼
あの…急なことで
驚かれるかもしれませんが、私は…▼
…カゲロウさんのことが好きなのです。▼
[カゲロウ]
…!?
そ、それは真か?▼
[スズカゼ]
はい。私はこれまでカゲロウさんの
凛とした強さに惹かれていました。▼
でも、こうしていろいろ話すうちに、▼
ふとした時に見せるあなたの笑顔や
何気ない仕草が愛おしく思うようになってきて…▼
気付けば、あなたを愛で追うように
なってしまっていました。▼
[カゲロウ]
スズカゼ…▼
[スズカゼ]
私は仲間としてではなく、一人の女性として
あなたのことをもっと知りたい…▼
この私の想いに応えてもらえませんか、
カゲロウさん…!▼
[カゲロウ]
…………▼
スズカゼの想い…確かに受け取った。
私の気持ちは…お前と同じだ。▼
[スズカゼ]
では…!▼
[カゲロウ]
ああ、闘う時はもちろん、
柔軟な考えを持つお前を私は尊敬していた。▼
それは昔も今も変わらぬ…そのスズカゼからの
告白に私が喜べぬ訳がない。▼
[スズカゼ]
…その言葉を聞いてとても嬉しいです。
ありがとうございます、カゲロウさん。▼
[カゲロウ]
ふっ、礼を言うのは私の方だ。
この私を選んでくれて感謝する。▼
これからはずっと…愛するお前と生きていくと約束しよう。▼
[スズカゼ]
はい。あなたのことは、
必ず守り通してみせます。▼

共通ユニット

スズカゼ(共通)のページへ

暗夜ユニット

スズカゼ(暗夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • サイゾウの原文ママ表記の部分、特に漢字間違い等無いように思います。 -- 2015-07-19 (日) 16:07:09
  • ↑「哀れな」と勘違いしてました。すみません、消しました。 -- 2015-07-19 (日) 18:04:58

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 09 May 2019 11:13:13 UTC