Top > 会話集 > 支援会話 > ジョーカー(暗夜)

ジョーカーの支援会話

ギュンター

ギュンターのページへ

エリーゼ

支援C

[エリーゼ]
あっ!
ジョーカーだ!▼
[ジョーカー]
これはエリーゼ様。
今日もお元気そうで何よりです。▼
[エリーゼ]
あのね、ジョーカー。
たまには一緒に遊ばない?▼
[ジョーカー]
遊び、ですか?
というと?▼
[エリーゼ]
そうね!
鬼ごっことかはどうかしら?▼
[ジョーカー]
これは驚きました。▼
そのような遊びは
すでにご卒業していたと思っていましたが…▼
[エリーゼ]
た、たまにだからいいの!
ね、やろう!▼
あたしが逃げるから、
ジョーカーは鬼をやってね!▼
それ!
逃げろー!▼
[ジョーカー]
…………▼
[エリーゼ]
も、もう!
なんで追いかけてきてくれないの?▼
[ジョーカー]
申し訳ありません。
私は鬼ごっこは卒業していまして…▼
[エリーゼ]
むー!▼
じゃあ、なんの遊びならいいの?▼
[ジョーカー]
そうですね…
かくれんぼはいかがでしょうか?▼
エリーゼ様はお隠れになってください。
私が鬼となり、探しますので。▼
[エリーゼ]
わかった!
じゃあ、隠れるね!▼
[ジョーカー]
…………▼
さて…
自分の仕事を続けるかな。▼

支援B

[エリーゼ]
ジョーカー!
今日も一緒に遊ぼう!▼
[ジョーカー]
…わかりました。
では、かくれんぼにいたしましょう。▼
[エリーゼ]
かくれんぼはダメ!▼
ジョーカー、
全然、見つけてくれないんだもん!▼
この間だって、何時間も
あたしを見つけられなかったでしょ?▼
[ジョーカー]
はっはっは。
エリーゼ様は隠れるのがお上手ですからね。▼
[エリーゼ]
とにかく、今日はかくれんぼは嫌なの!
他の遊びを一緒にしましょ!▼
[ジョーカー]
しかし、私は
かくれんぼ以外の遊びを知らないので…▼
[エリーゼ]
そうだ!
近くのお花畑に行きましょう!▼
[ジョーカー]
申し訳ありません。
私はお花畑を卒業しておりまして…▼
[エリーゼ]
そんなの関係ないもん!
さ、一緒に行くわよ!▼
[ジョーカー]
…………▼
[エリーゼ]
これをこうして…
あれ、こうするんだっけ?▼
[ジョーカー]
花冠を作っているのですか?▼
[エリーゼ]
うん!久しぶりだから上手くできないけど…▼
[ジョーカー]
そうですか。
では、私はこのへんで失礼しますね。▼
[エリーゼ]
なんでよー!?
さっき、きたばかりでしょ?▼
[ジョーカー]
いえ、エリーゼ様お一人でも
充分、楽しそうに遊ばれているので…▼
[エリーゼ]
ダメ!
ジョーカーも一緒にいて!▼
[ジョーカー]
…かしこまりました。▼
[エリーゼ]
もうすぐできあがるからね。
できたらジョーカーにあげるね。▼
[ジョーカー]
私に花冠を?▼
[エリーゼ]
うん!▼
ジョーカーはいつも優しいし、
あたしと一緒に遊んでくれるから!▼
[ジョーカー]
…………▼
私も花冠を作りましょう。
エリーゼ様に差し上げるために。▼
[エリーゼ]
本当に?
やったー!▼
[ジョーカー]
ふっ。
でも、私の方が作るのは上手いですよ。▼
[エリーゼ]
えへへ!
あたしだって負けないもん!▼

支援A

[エリーゼ]
ジョーカー!
今日も一緒に遊んでくれる?▼
[ジョーカー]
申し訳ありません。
今日は業務に追われていまして…▼
[エリーゼ]
えー。
遊べないの?▼
[ジョーカー]
はい。
残念ながら。▼
[エリーゼ]
ジョーカーのお仕事が終わるまで
側で待ってちゃダメ?▼
[ジョーカー]
エリーゼ様…
あまりわがままを言わないでください…▼
[エリーゼ]
…ごめんなさい。▼
[ジョーカー]
いえ。
わかっていただければかまいません。▼
[エリーゼ]
でもね…でも…▼
[ジョーカー]
エリーゼ様?▼
[エリーゼ]
あたしだって…
ちゃんとわかってるんだよ?▼
今は遊んでいられるような
状況じゃないってことくらい…▼
[ジョーカー]
…………▼
[エリーゼ]
毎日、誰かと戦って…
毎日、誰かが傷ついてる…▼
あたしだって、自分で
みんなと一緒にいるって決めたんだから…▼
今更、逃げ出したり、
文句を言ったりしないよ…▼
でも、そんな時だから…
あたしはみんなと笑顔でいたいの。▼
少しの間だけでも、みんなと遊んで、
笑い合ったりしたいの…▼
[ジョーカー]
なるほど。
エリーゼ様のお気持ちはわかりました。▼
…仕方ありませんね。
一緒に遊びましょう。▼
[エリーゼ]
本当に!?▼
でも、お仕事は大丈夫なの?▼
[ジョーカー]
さぼります。▼
ですから、一緒に遊びに行きますが…
怒られときも一緒ですよ?▼
[エリーゼ]
わかった!
あたしも一緒に怒られてあげる!▼
[ジョーカー]
ふっ。
それなら心強いですね。▼
[エリーゼ]
ありがとう!
ジョーカー!▼

支援S

[エリーゼ]
はぁ…▼
[ジョーカー]
エリーゼ様。
どうかなされたのですか?▼
[エリーゼ]
ジョーカー…▼
あたしって…
子供っぽいかな?▼
[ジョーカー]
はい。▼
それはもう、
全力で子供っぽいと思います。▼
[エリーゼ]
も、もう!
そんなにはっきり言わなくてもいいのに!▼
[ジョーカー]
聞かれたのでお答えしたまでです。▼
それで、エリーゼ様は
そのことを気にされているのですか?▼
[エリーゼ]
うん。
ちょっとね…▼
あたしだって女の子なんだから…
もっと大人の女性に見られたいよ…▼
はぁ…▼
[ジョーカー]
外見は難しいかもしれんませんが…
内面でなら大丈夫だと思いますよ。▼
現に私は…
エリーゼ様を大人の女性として見ています。▼
[エリーゼ]
ほ、ほんと?▼
[ジョーカー]
はい。私は…
エリーゼ様を愛していますからね。▼
[エリーゼ]
…え?
あ、あたしを…愛してる…▼
そ、それって…
友だち仲間としてってこと?▼
[ジョーカー]
まさか。
一人の女性として愛しているのです。▼
[エリーゼ]
わ、わわわ…
そ、そ、そ、そうだったんだ…▼
[ジョーカー]
実は指輪も用意していました。
いつでもお渡しできるように、と。▼
さすがに今日、お伝えすることに
なるとは思っていませんでしたけどね。▼
[エリーゼ]
つ、伝える?
あたしに何を伝えるの?▼
[ジョーカー]
エリーゼ様。
どうか私と結婚してください。▼
[エリーゼ]
け、結婚!?▼
[ジョーカー]
あなたの純粋な心に
私はいつも癒されていました。▼
[エリーゼ]
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
…返事を聞かせてください。▼
[エリーゼ]
そんなの決まってるよ…▼
あたしもジョーカーのことが好き。
だから…結婚しようね。▼
[ジョーカー]
エリーゼ様…▼
[エリーゼ]
ありがとう、ジョーカー。
あたしを大人として見てくれて。▼
それから、あたしを…
…愛してくれて。▼
[ジョーカー]
はい。この先もずっと……
愛し続けると誓います。▼

エルフィ

支援C

[ジョーカー]
なっ!?
お、お前、何を食べている!?▼
[エルフィ]
もぐもぐ…
…お菓子よ?▼
[ジョーカー]
お菓子よ、じゃない!
それはカムイ様に用意したものだぞ!▼
[エルフィ]
そうだったの?
でも、置いてあったから…▼
それに、わたし…
特訓終わりでお腹も空いてて…▼
…もぐもぐ。▼
[ジョーカー]
た、食べるのを止めろ!▼
[エルフィ]
でも、このお菓子…
美味しいから手が止まらないわ…▼
もぐもぐ…▼
[ジョーカー]
こ、このままでは、
全部、無くなってしまう!▼
ちっ!
手が止まらないなら力ずくで止めるぞ!▼
ぐおおおおおおおっ!▼
[エルフィ]
もぐもぐ…▼
[ジョーカー]
び、びくともしないだと!?▼
[エルフィ]
あなたでは止められないわ。
わたし、力だけは自信があるから…▼
[ジョーカー]
くっ…▼
茶菓子が…
全て無くなってしまった…▼
[エルフィ]
ごちそうさまでした…
本当に美味しかったわ…▼

支援B

[エルフィ]
ふんっ!
ふんふんっ!▼
[ジョーカー]
水の入ったタルで、
お手玉をしているのか…▼
そんなバカみたいな特訓をしていれば、
腹が空くのも当然か…▼
[エルフィ]
ジョーカー…▼
もしかして…
お菓子を持ってきてくれたの?▼
[ジョーカー]
バカめ。
持ってくるはずがないだろう。▼
この間の茶菓子だって、
お前のために用意したものではないしな。▼
[エルフィ]
悲しいわ…
ものすごく悲しい…▼
[ジョーカー]
た、タルを握り潰すな!▼
[エルフィ]
ごめんなさい…
つい、手に力が入っちゃって…▼
[ジョーカー]
お前はそんな無茶な特訓を
毎日、飽きもせず続けているのか?▼
[エルフィ]
そうよ…▼
仲間を守るために…
もっと強くなりたいから…▼
[ジョーカー]
ほう。
仲間のために、か。▼
[エルフィ]
仲間の身を守る…
たとえ、この命に代えても…▼
それが…
わたしの仕事だから…▼
[ジョーカー]
つまり、お前は…
仲間のためなら死ねる、と?▼
[エルフィ]
そうね…
迷いはないわ…▼
[ジョーカー]
俺のためには死ぬなよ。
迷惑だからな。▼
[エルフィ]
…迷惑?▼
[ジョーカー]
ああ。大迷惑だ。▼
考えても見ろ。
命懸けで守られる側のこともな。▼
もし、俺を守るためにお前が死んだら…
一生、お前のことを忘れられなくなる。▼
そんな重荷を背負うのはごめんだ。
だから、俺のために死ぬことは許さん。▼
[エルフィ]
…………▼

支援A

[エルフィ]
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
エルフィか。
茶菓子ならないぞ。▼
[エルフィ]
今日はお菓子はいらないわ…
話があってきたから…▼
[ジョーカー]
ほう、めずらしいな。
で、話とはなんだ?▼
[エルフィ]
この間、言ってたわよね?
俺のためには死ぬなって…▼
[ジョーカー]
ああ、言ったな。▼
そんな重荷を背負って
生きていくのはごめんだからな。▼
[エルフィ]
でも…
そんなこと言われても困る…▼
ジョーカーはわたしの仲間だから…▼
仲間の命は…
わたしの命に代えても守りたい…▼
[ジョーカー]
…………▼
なら、死なないように俺を守れ。▼
[エルフィ]
私が死なないように…▼
[ジョーカー]
俺を守ろうとするのはかまわん。
だが、それでお前が死ぬことは許さん。▼
[エルフィ]
簡単に言ってくれるけど…
なかなか難しいことだと思うわ…▼
[ジョーカー]
別に難しいことではない。▼
お前は今までもそうしてきたではないか。▼
ここに生きて立っているのがその証だ。▼
[エルフィ]
そうね…▼
[ジョーカー]
わかったな?
お前は死なないように俺を守れ。▼
[エルフィ]
…………▼
この身に代えても
仲間の命は私が守る。▼
その気持ちは今も変わらないけど
なるべく頑張ってみるわ。▼
私も死なないように
ジョーカーの命を守ってみせる…▼
[ジョーカー]
ふっ。それならいい。▼

支援S

[エルフィ]
美味しいわ…
いくらでも食べられる…▼
[ジョーカー]
当たり前だ。
俺が作った茶菓子だからな。▼
[エルフィ]
ありがとう…
わたしのために作ってきれくれて…▼
[ジョーカー]
ふっ。▼
この程度のことなら、
毎日、用意してやってもいいぞ。▼
[エルフィ]
じゃあ…
毎日、作って欲しいわ…▼
[ジョーカー]
…いいだろう。
ただし、条件がある。▼
[エルフィ]
条件…
何かしら?▼
[ジョーカー]
俺と結婚しろ。
そうすれば茶菓子を毎日作ってやる。▼
[エルフィ]
…………▼
[ジョーカー]
ど、どうした?
茶菓子が毎日食べたいのだろう?▼
[エルフィ]
…食べ物でわたしを釣る気?▼
[ジョーカー]
ふっ。
冗談だろ?▼
茶菓子作りなど、
数多くある俺の魅力の一つに過ぎん。▼
[エルフィ]
…確かにそうね。▼
ジョーカーはよく冷たい態度を取るけど
本当は誰よりも仲間思いだったりする。▼
…とても魅力的な人だと思うわ。▼
[ジョーカー]
そ、そうか…▼
そんなに真面目に
応えられるとは思っていなかったぞ…▼
[エルフィ]
でも、結婚は駄目。▼
[ジョーカー]
ええっ!? なぜだ!?▼
[エルフィ]
わたしと結婚したいのなら、
ちゃんと言って欲しい…▼
お菓子とかでごまかさないで…▼
[ジョーカー]
そ、それは…▼
[エルフィ]
わたしは大食いで…
怪力の持ち主だけど…▼
…女の子なのよ?▼
[ジョーカー]
…そうだな。すまなかった。▼
非礼を詫び、今一度、正式に申し込もう。▼
[エルフィ]
…………▼
[ジョーカー]
エルフィ。
俺はお前を愛している。▼
だから、どうか俺と結婚をして欲しい。
お前と生涯を共にすると、ここに誓おう。▼
[エルフィ]
はい…
よろしくお願いします…▼
でも…
お菓子のことも忘れないで…▼
毎日…
わたしのために作ってね…▼
[ジョーカー]
ふっ。
食べ過ぎない程度にならな。▼

ニュクス

支援C

[ジョーカー]
…………▼
[ニュクス]
…何か用かしら?▼
[ジョーカー]
ニュクス…▼
暗夜と白夜…
両国民から化け物と恐れられる女…▼
[ニュクス]
…………▼
[ジョーカー]
どんな姿かと思ってみれば、
ただのガキだったとはな。▼
[ニュクス]
…がっかりさせたかしら?▼
[ジョーカー]
まぁ、噂の真相などは
得てして想像の範疇を下回るものだ。▼
[ニュクス]
ふふふ。
そうかもしれないわね。▼
でも、その判断は早いかもしれないわ。▼
私は見た目は子供でも…
中身は恐ろしい化け物かもしれないわよ?▼
[ジョーカー]
ふっ。
それなら多少は面白くなる。▼
だが、今のお前はどう見ても
大人びた口をきく、ただの生意気なガキだ。▼
到底、化け物とは思えない。▼
[ニュクス]
この姿のままで、
もう何十年も生きていたとしても?▼
[ジョーカー]
ああ、大した驚きはないな。▼
[ニュクス]
面白いのね、貴方って。▼

支援B

[ニュクス]
ジョーカー。▼
[ジョーカー]
ニュクス、か。▼
こんなところを一人で出歩くな。
敵に襲われても知らないぞ。▼
[ニュクス]
ふふふ。▼
私の能力を知っているくせに…
意地でも私を子供扱いするのね。▼
[ジョーカー]
お前の見た目が悪い。
ガキにしか見えないからな。▼
[ニュクス]
そんなことを言われても困るわ。▼
私はこの先も
ずっとこの姿のままなのよ?▼
[ジョーカー]
…………▼
[ニュクス]
そして、私はこれからも…
人々に化け物と呼ばれ続けるの。▼
[ジョーカー]
ちっ。
くだらんな。▼
[ニュクス]
ふふふ。
そんな顔をしなくても大丈夫よ。▼
化け物と呼ばれるのはかまわないわ。
その方が私も都合がいいの。▼
[ジョーカー]
化け物あつかいされた方がいいのか?
俺には理解できんな。▼
[ニュクス]
昔、罪を犯した私は…▼
子供の姿のままで
一生を生きるという罰を受けたわ。▼
[ジョーカー]
…………▼
[ニュクス]
でもね、罰と償いは違う。▼
私は自分の犯した罪を償わなくてはいけない。▼
[ジョーカー]
なるほどな。
それで、お前の罪とは?▼
[ニュクス]
…………▼
[ジョーカー]
言いたくないならいい。
では、お前の償いとは?▼
[ニュクス]
…人と関わらないこと。
それが私の償いだと思っているわ。▼
[ジョーカー]
人との繋がりを断ち、
生きていくことが償い、か。▼
[ニュクス]
そうよ。
それが私の償い。▼
人との繋がりを無闇に増やしてしまえば…▼
また、私の中の化け物が…
暴れてしまうかもしれないから…▼
[ジョーカー]
その身に罰を受けただけは物足りず、
自分で償いまで課するとはな…▼
お前は本当にバカなガキだ。▼
[ニュクス]
そうね…
そうかもしれないわ…▼
[ジョーカー]
…ガキの身には重過ぎる。▼
辛くなったら…
捨てられる方はさっさと捨ててしまえ。▼
[ニュクス]
…………▼

支援A

[ジョーカー]
ニュクス。▼
[ニュクス]
ジョーカー。
何かしら?▼
[ジョーカー]
やはり俺にはお前が化け物とは思えん。▼
確かにお前はガキの姿のままだ。
そして、それはこの先も変わらないのだろう。▼
[ニュクス]
…ええ。▼
[ジョーカー]
しかし、お前が戦場で
仲間たちと共に戦う姿を見ていると…▼
俺は…
お前を化け物だとは思いたくない。▼
お前を化け物扱いする奴らにも、
反吐が出そうなほどむかついてくる。▼
[ニュクス]
ふふふ。▼
[ジョーカー]
何がおかしい?▼
[ニュクス]
最初から思っていたけれど…
ジョーカーは優しい人なのね。▼
[ジョーカー]
ちっ。
くだらないことを…▼
俺はただ…
ガキが苦労する姿なんか見たくないだけだ。▼
[ニュクス]
私は中身は大人よ?▼
[ジョーカー]
…それでもだ。▼
[ニュクス]
そう…▼
貴方も…
子供のときに苦労したのね…▼
だから、私が苦労する姿を見るのが辛い。
…違うかしら?▼
[ジョーカー]
…………▼
[ニュクス]
ありがとう。
ジョーカー。▼
貴方の気持ちは嬉しいわ。
でも、私なら大丈夫だから。▼
私はこの先も…
償い続けたいの…▼
いつか自分が…
自分を許せるときがくるまで…▼
[ジョーカー]
…ふん。
そこまで言うなら勝手にしろ。▼
だが、何か手を貸して欲しいときは言え。
ガキが遠慮なんかするんじゃないぞ。▼
[ニュクス]
ええ、わかったわ…▼

支援S

[ジョーカー]
ニュクス。
この戦いが終わったらどうするつもりだ?▼
[ニュクス]
前の生活に戻るわ。
人目を避けて一人で生きるつもりよ。▼
[ジョーカー]
犯した罪に対する償いか。▼
[ニュクス]
ええ、そうね。▼
[ジョーカー]
いつまで償い続けるつもりだ?▼
[ニュクス]
それはわからないわ。
もしかしたら、一生かもしれないわね。▼
[ジョーカー]
…そんなことは許さん。▼
[ニュクス]
ふふふ。
どうして許してくれないのかしら?▼
[ジョーカー]
お前が一生を一人で過ごすと…
俺が幸せになれないからだ。▼
[ニュクス]
…どういうことかしら?▼
[ジョーカー]
俺は…
お前を愛してしまった。▼
[ニュクス]
…………▼
[ジョーカー]
俺はお前と結婚したいと思っている。▼
[ニュクス]
…面白い人ね。
こんな私をわざわざ選ぶなんて。▼
[ジョーカー]
ああ。
自分でもそう思っている。▼
[ニュクス]
…本気なのよね?▼
[ジョーカー]
ああ。
本気だ。▼
[ニュクス]
…………▼
私は過去に…
多くの罪のない人たちを殺したわ…▼
[ジョーカー]
…………▼
[ニュクス]
自らの呪術の才に溺れ…
遊び半分で人を殺し続けた…▼
そして、ある日…▼
自分で発した呪いの代償で…
私はこの姿のままで生きることになったの。▼
[ジョーカー]
なるほどな。
それがお前が罪…呪いを受けた理由か。▼
[ニュクス]
そうよ。▼
きっと、私の償いは終わることがないわ。
それほどの罪を犯してしまったのだから。▼
[ジョーカー]
…………▼
[ニュクス]
私の償いの人生に…
貴方を巻き込むわけにはいかないわ…▼
[ジョーカー]
ニュクス。
お前が罪を償い続けるのはかまわん。▼
だが、そのために、
自分の幸せを犠牲にする必要はない。▼
[ニュクス]
…………▼
[ジョーカー]
だから、俺と共に生きろ。▼
[ニュクス]
いいのかしら…
私が貴方と共に生きても…▼
[ジョーカー]
いいに決まっている。
俺がそう望んでいるんだ。▼
[ニュクス]
ありがとう…
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
俺と結婚してくれるな?▼
[ニュクス]
ええ…
もちろんよ…▼

カミラ

支援C

[ジョーカー]
カミラ様。▼
[カミラ]
ジョーカー。▼
今までありがとう。
カムイの面倒を見てくれて。▼
カムイがこうして無事なのも。
あなたが常に側にいてくれたからよ。▼
[ジョーカー]
ありがとうございます。▼
[カミラ]
でも、これからは
カムイの面倒は私が見るわ。▼
だから、あなたは
他の者たちのことを気にかけてあげてね。▼
[ジョーカー]
…………▼
いえ。これ以上、カミラ様に
ご負担をおかけするわけにはいきません。▼
カムイ様のことは
これからもずっと、私におまかせください。▼
[カミラ]
…………▼
聞こえなかったかしら?
カムイは私が面倒を見るわ。▼
[ジョーカー]
結構です。
カムイ様には私一人で充分ですので。▼
[カミラ]
…カムイを独り占めする気なの?▼
[ジョーカー]
さて?
仰ってる意味がわかりかねます。▼
[カミラ]
くっ…
あなたにカムイは渡さないわよ…▼

支援B

[カミラ]
ジョーカー。
カムイの洗濯物を洗ったわね?▼
[ジョーカー]
はい。
丁重に手洗いいたしましたが?▼
[カミラ]
カムイのことは私がやると…
この間、言ったはずよね?▼
[ジョーカー]
カミラ様、御冗談を。▼
暗夜王国の第一王女であるカミラ様に
洗濯などをさせるわけにはいきません。▼
[カミラ]
…もう一度、言うわね。▼
カムイの身の回りのことは
全て私がやりたいの。▼
[ジョーカー]
失礼ながら言わせていただきます。
カムイ様の世話役は私でございます。▼
ですので、カムイ様のことは
全て私におまかせくだされば、と。▼
[カミラ]
…………▼
[ジョーカー]
…………▼
[カミラ]
カムイは私のきょうだいよ。
あなたには渡さないわ。▼
[ジョーカー]
カムイ様は私の主です。▼
いかにカミラ様といえど…
お譲りすることはできません。▼
[カミラ]
むむむ…▼
[ジョーカー]
…………▼
[カミラ]
あなたにカムイの
何がわかるっていうの!?▼
私はカムイと一緒に
お風呂に入ったこともあるのよ!▼
[ジョーカー]
ふっ。私だって
お背中をお流ししたことがあります。▼
[カミラ]
子供の頃に、
一緒のベッドで寝たこともあったわ!▼
[ジョーカー]
カムイ様が眠れぬ夜は
二人で一晩中、語り明かしたものです。▼
[カミラ]
わ、私の言うことを聞きなさい!
カムイの世話は私がするわ!▼
[ジョーカー]
大変申し訳ありませんが…
私はカムイ様の言うことしか聞きません。▼
よって、カムイ様のお世話も、
今までと変わらず、私が行います。▼
[カミラ]
くっ…
くやしい…▼

支援A

[カミラ]
ジョーカー。▼
[ジョーカー]
カミラ様。▼
[カミラ]
あなた、相当…
カムイのことが好きなのね。▼
[ジョーカー]
はい。▼
カムイ様は私に
居場所を与えてくれたお方です。▼
一生、お仕えしたいと思っています。▼
[カミラ]
そう…
そこまでカムイのことを…▼
[ジョーカー]
カミラ様も相当、
カムイ様のことを愛されているかと…▼
[カミラ]
ええ。カムイと一緒にいると
安らぎを感じるの。▼
[ジョーカー]
そのお気持ち、わかります。▼
私もカムイ様の優しさに
何度となく救われてきましたから。▼
[カミラ]
…………▼
あなたも私も…
カムイのことを大切に思っている。▼
それなら…
私たちが争う必要はないわね。▼
[ジョーカー]
そうですね。▼
[カミラ]
今まであなたには、
辛く当たってしまったわね。▼
ごめんなさい。▼
[ジョーカー]
私の方こそ。
失礼な態度をとってしまい…▼
本当に申し訳ありませんでした。▼
[カミラ]
一緒に守っていきましょう。
私たちの大切なカムイを。▼
[ジョーカー]
はい。
この命に代えてもお守りします。▼

支援S

[ジョーカー]
…………▼
[カミラ]
めずらしいわね。▼
あなたがそんな顔をして
落ち込んでいるなんて。▼
[ジョーカー]
カミラ様…▼
[カミラ]
話してみなさい。
聞いてあげるから。▼
[ジョーカー]
…………▼
初めて…
負の感情を抱いてしまいました…▼
カムイ様に対して…▼
[カミラ]
まあ…あなたがカムイに?
どうしてそんなこと…▼
[ジョーカー]
嫉妬です。
嫉妬をしてしまったのです。▼
カミラ様の…
寵愛を受けているカムイ様に…▼
[カミラ]
! ジョーカー…
それは…▼
[ジョーカー]
分をわきまえない
思いだとはわかっています。▼
ですが…この思いは…
隠し通せる自信がありません。▼
[カミラ]
…………▼
[ジョーカー]
愛しています。
カミラ様。▼
私と…
結婚をしていただけないでしょうか?▼
[カミラ]
結婚…▼
[ジョーカー]
指輪もご用意いたしました。
ぜひ、受け取っていただきたい。▼
[カミラ]
どうやら、本気みたいね。▼
[ジョーカー]
はい。▼
冗談でこんなことを言えるほど、
私は器用ではありません。▼
[カミラ]
…………▼
私は暗夜王国の第一王女よ。
それでもかまわないのね?▼
[ジョーカー]
あなたと一緒にいられるのであれば、
私はどんな困難も乗り越えてみせます。▼
[カミラ]
ふふふ。
頼もしいわね。▼
じゃあ…一つだけ約束をして。
それが私との、結婚の条件よ。▼
[ジョーカー]
…なんでしょうか?▼
[カミラ]
私たちは戦の中にいるわ。
いつ命を落とすかわからない時の中にいるの。▼
でもね、もしこれからの闘いで
私とカムイが同時に危機に瀕したら…▼
あなたはカムイの臣下として、
あの子を優先して守ってちょうだい。▼
[ジョーカー]
! それは…▼
…………▼
はい。わかりました。▼
[カミラ]
そう。いい子ね…▼
[ジョーカー]
ですが、そのお言葉、
そっくりそのままお返ししたします。▼
もし私とカムイ様が
同時に危機に瀕したら…▼
[カミラ]
もちろん、カムイを守るわ。
例えあなたを亡くしたとしても。▼
[ジョーカー]
…ふふっ。
それなら、安心ですね。▼
[カミラ]
…ジョーカー。
その指輪をちょうだい。▼
私は…
あなたと結婚するわ。▼
[ジョーカー]
ありがとうございます。
カミラ様。▼
[カミラ]
ふふっ。
一緒に幸せになりましょうね。▼
私たち、きっと気が合うわ。▼
だって二人とも…カムイのことを
こんなに愛しているんですもの。▼
[ジョーカー]
はい。でも…私はあなたのことも
愛しています。▼
あなたはカムイ様の
次に大切で…▼
そして私の、最も愛する人ですよ。
カミラ様…▼
[カミラ]
ええ、それでいいの。
私の可愛いジョーカー。▼
私もあなたを、愛しているわ…▼

ルーナ

支援C

[ルーナ]
これとこれをちょうだい!
後、あそこにあるのも全部買うわ!▼
[ジョーカー]
バカみたいに
買い物をしている女がいたかと思えば…▼
ルーナだったか。▼
[ルーナ]
ちょっと、ジョーカー!
バカみたいってどういうことよ!▼
[ジョーカー]
見て感じたことを言ったまでだ。▼
で、そんなに大量の
ツボを買ってどうする気だ?▼
ツボ屋でも始める気か?▼
[ルーナ]
な、何に使うのかなんていうのは…
買った後に考えればいいことじゃない!▼
[ジョーカー]
なるほど。
本当にバカな買い物をしていたんだな。▼
[ルーナ]
し、仕方ないじゃない…
目に付いちゃったんだから…▼
っていうか、自分のお金なんだから、
何を買おうがあたしの勝手でしょ!▼
[ジョーカー]
そうだな。好きにしろ。
俺には微塵も関係のないことだ。▼
で、その大量のツボは
どうやって運んで帰るんだ?▼
[ルーナ]
えっ?
そ、それは考えてなかったかも…▼
もしかして、一緒に運んでくれようとして…
あたしに声をかけてくれたの?▼
[ジョーカー]
…………▼
[ルーナ]
ジョーカー…
あ、ありがとう…▼
な、なんて…
絶対に言わないんだからね!▼
[ジョーカー]
言わなくていい。
ツボを運ぶ気はさらさらないからな。▼
では、俺は帰る。
まぁ、自分でなんとかするといい。▼
[ルーナ]
はぁ!? ひ、ひどい!
あたしのありがとうを返しなさいよ!▼

支援B

[ルーナ]
この間はひどい目にあったわ!
全部あんたのせいよ!▼
[ジョーカー]
ほう。
俺が何かしたか?▼
[ルーナ]
か弱い女の子を見捨てて、
一人で先に帰っちゃったじゃない!▼
あれだけの大量のツボを
あたし一人で持ち帰ったんだからね!▼
[ジョーカー]
俺には関係ないな。
お前が好きで買ったんだろ?▼
[ルーナ]
そ、それはそうだけど…
手伝ってくれてもよかったじゃない!▼
[ジョーカー]
手伝いなどいらないはずだ。▼
なぜなら、お前は…
か弱い女などではないからな。▼
[ルーナ]
失礼ね!
あたしが女の子じゃないって言うの!?▼
[ジョーカー]
そうではない。
か弱くはない、と言っただけだ。▼
[ルーナ]
え…▼
[ジョーカー]
お前は強い女だ。
違うか?▼
[ルーナ]
そ、そうよ!▼
あたしは強いわ!
他の誰にも負けないくらい!▼
[ジョーカー]
そうだ。▼
戦場でのお前は、
目を見張る活躍ぶりだしな。▼
俺はお前の強さを認めている。▼
[ルーナ]
そ、そうなの?▼
[ジョーカー]
そんなお前には手助けなど必要ない。
俺はそう判断したまでだ。▼
現にお前は一人で、
あの大量のツボを持ち帰ったのだからな。▼
[ルーナ]
う、うん…▼
で、でも何か違う気がする!
話をはぐらかしてるんじゃないの!?▼
[ジョーカー]
ふっ。
さすがにバレたか。▼
[ジョーカー]
お前を助けなかったのは、
ただ、面倒くさかっただけだ。▼
[ルーナ]
も、もう少しで
また感謝しちゃうところだったわ!▼
[ジョーカー]
だが、お前の強さを認めているのは本当だ。▼
[ルーナ]
ふ、ふんだっ!
またそんなこと言っちゃって!▼
み、認めてくれてありがとう…
なんて、絶対に言わないんだからね!▼

支援A

[ルーナ]
ジョーカー。
編み物をしているの?▼
[ジョーカー]
ああ。
これも執事の仕事の一つだからな。▼
[ルーナ]
すごく綺麗に編めるのね。
ちょっと感心しちゃうかも。▼
[ジョーカー]
俺のことを尊敬したければ、
いくらでも尊敬していいんだぞ?▼
[ルーナ]
そ、尊敬なんかしないわ。▼
だって、あたしの方が
編み物だって上手だもの!▼
[ジョーカー]
やれやれ…▼
お前はなんでも
一番でなければ気が済まないのか?▼
[ルーナ]
当たり前じゃない!
一番じゃなければ意味ないわ!▼
[ジョーカー]
俺には理解できんな。
一番であることになど興味がない。▼
だが、お前は一番になるためなら、
どんな努力も苦ではないらしいな。▼
[ルーナ]
そうよ。
努力なくしては一番になれないもの。▼
[ジョーカー]
ふっ。▼
真っ直ぐというか、単純というか…
まぁ、実にお前らしいな。▼
[ルーナ]
な、何よそれ!?
またあたしをバカにしてるの!?▼
[ジョーカー]
いや、素直に感心しただけだ。▼
[ルーナ]
そ、そうなの?
それなら別にいいけど…▼
[ジョーカー]
よし。
編み物はこれで終わりだ。▼
[ルーナ]
すごい…
本当に上手なのね。▼
[ジョーカー]
正直になれ。
俺のことを尊敬してもいいんだぞ?▼
[ルーナ]
そ、尊敬なんかしてあげないわ!▼
でも、尊敬はしてあげないけど…
あんたの編み物の腕は認めてあげる。▼
だから、あたしに感謝しなさいよね!▼
[ジョーカー]
ふっ。
面白い奴だ。▼

支援S

[ジョーカー]
ルーナ。
お前は一番にこだわるんだったな。▼
[ルーナ]
そうよ。
それがどうかしたの?▼
[ジョーカー]
喜べ。
新たにお前は一番になったぞ。▼
[ルーナ]
え?
あたしが一番に?▼
そ、それは嬉しいけど…
全然、心当たりがないわ…▼
[ジョーカー]
わからんのか?
では、教えてやる。▼
[ルーナ]
うん。
あたしは何で一番になったの?▼
[ジョーカー]
お前は一番…
俺に愛されてる女だ。▼
[ルーナ]
…………▼
…え?▼
[ジョーカー]
ルーナ。
俺と結婚しろ。▼
[ルーナ]
ちょ、ちょっと待ってよ!
全然、意味がわからないわ!▼
あ、あたしが一番…
ジョーカーに愛されてる?▼
[ジョーカー]
そうだ。▼
嬉しくはないのか?
お前が好きな一番だぞ?▼
[ルーナ]
い、一番なのは好きだけど…
ジョーカーがあたしを愛してるって…▼
[ジョーカー]
お前の真っ直ぐな心に
ひかれてしまったらしい。▼
だから、俺と結婚しろ。
俺にはお前しか考えられない。▼
[ルーナ]
や、やっぱりちょっと待って!▼
さっきから黙って聞いてれば…
ジョーカーだけが好き放題しゃべって…▼
あたしにも少ししゃべらせなさいよ!▼
[ジョーカー]
そうだな。
では、話を聞かせてくれ。▼
[ルーナ]
た、確かにあたしは一番が好きだけど…▼
だからっていきなり…▼
俺に一番、愛されてる女だ…
って言われても全然、嬉しくないわよ!▼
というか、一番愛されてるって何よ!?
二番や三番もいるってことなの!?▼
[ジョーカー]
いや…
俺にはお前だけだ。▼
[ルーナ]
それならそうで、
無理やりに一番とか言わなくていいわよ!▼
もっとちゃんと…
普通に、気持ちを込めて言って欲しい…▼
[ジョーカー]
…………▼
ルーナ。
俺はお前を愛している。▼
だから、俺と結婚してくれないか?▼
[ルーナ]
ほ、ほらね?
最初から素直にそう言えばいいのよ!▼
そうすれば、あたしだって…
素直に嬉しいって思えるんだからさ…▼
[ジョーカー]
なら、俺と結婚してくれるんだな?▼
[ルーナ]
…はい。
よろしくお願いします。▼
[ジョーカー]
ああ。
共に生きていこう。▼

ベルカ

支援C

[ジョーカー]
ベルカ。
お前、殺し屋をやっていたそうだな。▼
[ベルカ]
…それが何か問題なの?▼
[ジョーカー]
いや、問題など何もない。
ただ、お前に依頼をしたいと思ってな。▼
[ベルカ]
…冗談は好きではないわ。▼
[ジョーカー]
冗談などではない。
俺はお前に殺しの依頼をしたいんだ。▼
請け負ってくれるか?▼
[ベルカ]
…一応、話だけは聞く。▼
[ジョーカー]
最近、害虫どもが
保管してある食い物を荒らしていてな。▼
お前に、そいつらを一匹残らず
殺してもらいたい。▼
[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
どうした?
請け負ってはくれないのか?▼
[ベルカ]
…冗談は嫌いだと言ったはずよ。▼
[ジョーカー]
わからない奴だな。
俺は真剣にお前に頼んでるんだ。▼
相手が害虫だろうが殺しは殺しだ。
むしろ、人を殺すよりも簡単だと思うがな。▼
[ベルカ]
…………▼
…あなた、目障りだわ。▼

支援B

[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
ベルカ。
どうだ、気は変わらないか?▼
[ベルカ]
ジョーカー…▼
…私は害虫の駆除などできない。
…人の殺し方しかわからないから。▼
[ジョーカー]
…………▼
[ベルカ]
本当にわからないの…
人を殺す術以外は…▼
それしか学んでこなかったし
それ以外を学ぶ必要もなかった…▼
[ジョーカー]
ふっ。
随分と偏った教育を受けてきたんだな。▼
どこで生まれれば、
そのような生き方になるんだ?▼
[ベルカ]
それもわからない…
物心ついたときにはすでに貧民街にいた。▼
そこで出会った大人たちから学んだことが…
今の私を形作る全て…▼
[ジョーカー]
だから、人は殺せても、
害虫の殺し方はわからないというわけか…▼
お前は面白い奴だな。▼
[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
安心しろ。
害虫の件はもうお前には頼まない。▼
仕方ないから…
俺が自分でなんとかするとしよう。▼
[ベルカ]
それなら…▼
最初から私になど…
頼まなければよかったのに…▼
[ジョーカー]
俺がやりたくない仕事を
お前に頼んでいただけだ。▼
何か問題でもあったか?▼
[ベルカ]
ふふっ…
何も問題はないわ…▼
人がやりたくないことを引き受けるのが…
私の仕事だから…▼

支援A

[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
いつにも増して暗い顔をしやがって。
こっちまで気が滅入ってしまう。▼
[ベルカ]
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
いつも笑っていろとは言わんが、
もう少しマシな顔はできないのか?▼
[ベルカ]
それはあなたも同じでしょ?▼
[ジョーカー]
冗談を言うな。
俺はいつでも爽やかな顔をしているぞ。▼
[ベルカ]
ふっ…
そう思ってるのはあなただけよ…▼
[ジョーカー]
ちっ。
で、何かあったのか?▼
[ベルカ]
…少し、怖いの。▼
[ジョーカー]
ほう。
それは興味深いな。▼
お前ほどの腕を持つ者が、
一体、何を恐れるというんだ?▼
[ベルカ]
自分が変わってしまいそうな気がして…▼
[ジョーカー]
どういうことだ?▼
[ベルカ]
今も昔も私がやっていることは同じ…▼
依頼を受け、誰かを殺す…
命令を受けて、敵を殺す…▼
どちらも同じこと…
やっていることは昔から何も変わらない…▼
それなのに…
ここにいると…▼
いつか、
それができなくなりそうで…▼
今までの私でいられなくなるような…
そんな気がするの…▼
[ジョーカー]
ここにいたら、
嫌でも他の者たちと絡むことになるからな。▼
人との出会いが
お前の心境を変化させているんだろ。▼
[ベルカ]
そうだと思う…▼
[ジョーカー]
で、その今までのお前というやつには…
それほどの価値があるものなのか?▼
[ベルカ]
…どういうこと?▼
[ジョーカー]
もし、今までのお前というやつに
価値を見出すことができないのならば…▼
そんなものは喜んで捨てて
変化を受け入れてしまえばいい。▼
それだけの話だ。
変化を恐れる必要などない。▼
[ベルカ]
…ふふっ。
それもそうね。▼
少し、この流れに…
身をまかせてみるのもいいかもしれない…▼
ありがとう…
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
ふん。
礼などいらん。▼

支援S

[ジョーカー]
ベルカ。▼
[ベルカ]
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
ん?▼
今日はどことなく…
お前の顔が明るく見えるな。▼
[ベルカ]
本当に?
自分ではよくわからないわ…▼
[ジョーカー]
もしや、俺に会えたのが嬉しいのか?▼
[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
正直に言っていいんだぞ。▼
[ベルカ]
正直に言うと…
そうかもしれない…▼
[ジョーカー]
ふっ。▼
お前が俺の冗談に乗っていくるとは。
今日は本当に機嫌がいいようだな。▼
[ベルカ]
…冗談は苦手よ。▼
[ジョーカー]
では、もっとお前の機嫌をよくしてやろう。▼
ベルカ。
俺と結婚しろ。▼
[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
おかしいな。
逆に機嫌が悪くなってしまった。▼
[ベルカ]
最低な冗談ね…
少しも笑えない…▼
[ジョーカー]
冗談ではない。
俺は本気で言っている。▼
[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
人との出会いが自分を変化させている…
お前はそう言っていたな?▼
[ベルカ]
ええ…
言ったわ…▼
[ジョーカー]
俺も同じだ。▼
お前と出会ったことで、
俺の中に新たな感情が生まれた。▼
それは…
お前を愛するという気持ちだ。▼
[ベルカ]
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
俺はこの変化を受け入れた。
だから、こうして求婚をしているんだ。▼
[ベルカ]
…………▼
[ジョーカー]
もう一度、言う…
ベルカ、俺と結婚をしろ。▼
[ベルカ]
あなたと結婚したとしても…
私はすぐには変われないわ…▼
これからも人を寄せ付けないと思うし…
優しく微笑みかけることもできない…▼
それでも…
私と結婚をしてくれるの?▼
[ジョーカー]
ああ。
何も問題ない。▼
時間はたっぷりとあるんだ。
変化を急ぐ必要はない。▼
だが、側にはいさせろ。
お前の変化を、俺も共に楽しみたいからな。▼
[ベルカ]
ジョーカー…▼
[ジョーカー]
ベルカ。
俺と結婚してくれるな?▼
[ベルカ]
ええ…
よろしくお願いします…▼

ピエリ

支援C

[ピエリ]
あっ!
ジョーカーなの!▼
[ジョーカー]
ピエリか。
面倒くさい奴に会ってしまったな。▼
[ピエリ]
あのね、ピエリ喉が渇いちゃったの!
だから、紅茶を入れて欲しいの!▼
[ジョーカー]
断る。
茶が飲みたければ自分で入れろ。▼
[ピエリ]
なんで断るの!?
ジョーカーは執事なの!▼
家の執事たちは、
みんなピエリの言うこと聞いたの!▼
[ジョーカー]
俺はお前の執事ではない。
カムイ様だけの執事だ。▼
[ピエリ]
嫌なの!
そんなのずるいの!▼
ピエリの言うことも聞いてなの!
今すぐピエリのために紅茶を入れてなの!▼
[ジョーカー]
ふっ。
絶対に断る。▼
[ピエリ]
ひぐっ…ひぐっ…
うええええええええん!▼
紅茶を入れてくれないと、
その辺にいる人を殺しちゃうの!▼
[ジョーカー]
好きにしろ。
俺には微塵も関係のないことだ。▼
だが、仲間を殺せば、
お前はすぐさまここを追放されるだろうな。▼
いや、追放などでは済まされないか。
もしかしたら、処刑になるかもしれないな。▼
[ピエリ]
そ、そんなの嫌なの!▼
ピエリ、殺すのは好きだけど
殺されるのは大っ嫌いなの!▼
[ジョーカー]
なら、あきらめることだな。
紅茶も人殺しもな。▼
[ピエリ]
ふぇぇぇぇぇぇん!
ジョーカーのバカぁぁぁぁぁ!▼

支援B

[ピエリ]
あっ…
ジョーカーなの…▼
[ジョーカー]
ピエリ、か。▼
[ピエリ]
こ、こないでなの!
ピエリ、ジョーカー嫌いなの!▼
[ジョーカー]
それはそれは…
残念でしかたないな。▼
[ピエリ]
そうやって、
ピエリのことをバカにして…▼
やっぱり嫌い!
嫌い嫌い嫌いなの!▼
[ジョーカー]
ふっ。
とことん嫌われたものだな。▼
[ピエリ]
だって、ジョーカー…
ピエリに全然、優しくないんだもの!▼
紅茶だって入れてくれないし、
人殺しだってダメだって言うし!▼
ジョーカーなんて大っ嫌い!▼
[ジョーカー]
俺はお前のことを嫌いではないぞ。▼
[ピエリ]
…え?▼
[ジョーカー]
むしろ、兵士としては
非常に高い評価をしている。▼
お前の殺しの腕は確かだからな。▼
[ピエリ]
そうなの?
やっぱりジョーカーもそう思うの?▼
[ジョーカー]
ああ。▼
お前が大泣きしながら
敵を殲滅する姿は目を見張るものがある。▼
[ピエリ]
えへへ~。
ピエリってそんなにすごいの?▼
[ジョーカー]
少なくとも…
戦場でのお前は存在価値があるな。▼
[ピエリ]
やっぱり、ピエリ…
ジョーカーのこと好きなの!▼
[ジョーカー]
さっきまでは嫌っていたのにか?▼
[ピエリ]
だって、ピエリのことを
いっぱいいっぱい褒めてくれるから!▼
そういうジョーカーは大好きなの!▼
だから、これからも…
ピエリのことをいっぱい褒めてね!▼
[ジョーカー]
ふっ。
単純な奴だな。▼

支援A

[ピエリ]
うんうん!
やっぱり美味しいの!▼
[ジョーカー]
当たり前だ。
俺が入れた紅茶なんだからな。▼
[ピエリ]
ジョーカー!
ありがとなの!▼
[ジョーカー]
ふっ。
今回はたまたまだ。▼
[ピエリ]
お礼に今度は、
ピエリがお料理を作ってあげるの!▼
[ジョーカー]
お前に料理ができるのか?▼
[ピエリ]
えっへっへ~。
ピエリ、実はお料理が大得意なの!▼
特に包丁さばきは、
みんなに褒められるのよ?▼
だって、材料のお肉を切るのも、
人を斬るのもそんなに変わらないの。▼
[ジョーカー]
いや、それはどうかと思うがな…▼
[ピエリ]
美味しいお料理を作ってあげるから、
楽しみに待ってるといいの!▼
[ジョーカー]
ふっ。
お前は不思議な奴だな。▼
[ピエリ]
不思議?
ピエリって不思議なの?▼
[ジョーカー]
ただのわがままな子供かと思えば、
戦場ではずば抜けた力を見せる。▼
人を殺すことしかできなかと思えば、
料理を作ることもできるという…▼
実に不思議な奴だ。▼
[ピエリ]
別に何も不思議じゃないのよ?▼
[ジョーカー]
そうか?▼
[ピエリ]
怖くて泣いちゃうのもピエリなの。
人を殺すのが好きなのもピエリなの。▼
どれも全部、本当のピエリなの。
だから、何も不思議じゃないの。▼
[ジョーカー]
全部、本当のピエリ、か。▼
ならば、あるがままを
受け入れるしかないのだろうな。▼
[ピエリ]
そうなの!
それがいいと思うの!▼
ジョーカーは、
ピエリの全部を受け入れるの!▼
[ジョーカー]
ふっ。
骨が折れそうだな。▼

支援S

[ピエリ]
どうなの?
早く感想を聞かせるの!▼
[ジョーカー]
…美味い。▼
[ピエリ]
やったー!
ピエリのお料理、褒められたの!▼
[ジョーカー]
驚いたぞ。
本当に料理が得意だったんだな。▼
[ピエリ]
えっへっへ~。
ピエリのこと見直したの?▼
[ジョーカー]
そうだな。
人殺しと料理の腕は認めざるをえないな。▼
[ピエリ]
やったの!
またまた褒められちゃったの!▼
[ジョーカー]
こんなに美味い料理が作れるのなら、
お前はきっといい奥さんになるだろうな。▼
[ピエリ]
うんうん。
ピエリもそう思うの。▼
[ジョーカー]
…………▼
ピエリ、よく聞け。▼
[ピエリ]
何をなの?▼
[ジョーカー]
俺はお前に惚れてしまった。▼
[ピエリ]
惚れたって…▼
ピエリのことを、
好きになっちゃったってことなの?▼
[ジョーカー]
ああ。
そうだ。▼
お前の純粋な心に
ひかれてしまったのだ。▼
まぁ…
危うげな純粋さではあるがな…▼
だから、俺と結婚をしてくれないか?▼
[ピエリ]
わかった!
ピエリ、ジョーカーと結婚するの!▼
[ジョーカー]
そ、そんなに簡単に返事をしていいのか?▼
[ピエリ]
いいの。▼
だって、ジョーカーと結婚したら…▼
身の回りのお世話とかを
全部、やってくれると思うの。▼
掃除も、洗濯も、お裁縫も…
全部、全部、やってくれるの。▼
紅茶だって
飲みたいときに入れてくれると思うの。▼
だから、ピエリ…
ジョーカーと結婚するの!▼
[ジョーカー]
俺はお前の執事になるわけじゃねえ。
お前の夫になるんだ。▼
[ピエリ]
それはわかってるの。▼
でも、家事をしてくれる旦那さんも
世の中にはいっぱいいるのよ?▼
ジョーカーも
きっとそうなると思うの。▼
[ジョーカー]
それはそうかもしれんが…▼
[ピエリ]
それに勘違いしないんで欲しいの。▼
ピエリはジョーカーのことが好きなの。
だから、結婚したいと思ったの。▼
家事とかはあくまでおまけなの。▼
もちろんお料理はピエリがするの。
だから他のことを手伝ってくれればいいのよ。▼
[ジョーカー]
そうか。
安心したぞ。▼
なら、俺と結婚してくれるな?▼
[ピエリ]
うん!
よろしくお願いしますなの!▼

シャーロッテ

支援C

[シャーロッテ]
あっ!
ジョーカーさ〜ん!▼
[ジョーカー]
シャーロッテ、か。
何か用か?▼
[シャーロッテ]
あの、私〜、
できればでいいんですけど〜。▼
今度、美味しい紅茶の入れ方を、
ジョーカーさんから教わりたいなって…▼
[ジョーカー]
ああ。
別にかまわない。▼
[シャーロッテ]
本当ですか〜?
でも、ご迷惑じゃないです〜?▼
[ジョーカー]
迷惑は迷惑だが、
紅茶の迷惑なら許容範囲だ。▼
[シャーロッテ]
わあ、ありがとうございますぅ!▼
えへへ〜。
ジョーカーさんって優しいんですねっ。▼
[ジョーカー]
ふっ。▼
[シャーロッテ]
…あれぇ?
何かおかしいですか?▼
[ジョーカー]
いや…
なんと言えばいいかわからんが…▼
お前からは…
嘘の匂いがぷんぷんする。▼
[シャーロッテ]
う、嘘の匂いってなんですか?
私、ちょっとわからないです〜。▼
[ジョーカー]
まあ、お前が誰を騙そうが
興味はないがな。▼
[シャーロッテ]
だ、騙すなんてそんな〜。
ひ、ひどいですよ〜。▼
私、怒っちゃいますよぉ?
ぷんぷんっ!▼
[ジョーカー]
うぜえ…▼

支援B

[シャーロッテ]
ジョーカーさ~ん。
こんにちは~。▼
[ジョーカー]
シャーロッテ、か。▼
[シャーロッテ]
あの、この間、、
お話したことなんですけどぉ…▼
[ジョーカー]
ああ。
紅茶の入れ方の指導だったな。▼
[シャーロッテ]
はい。
ぜひ、よろしくお願いします~。▼
なんなら、今からでもかまいませんよ?▼
二人っきりで…
時間もたっぷりありますし…▼
[ジョーカー]
わかった。
今から教えてやる。▼
[シャーロッテ]
うふふ。
ありがとうございます。▼
[ジョーカー]
…ん?
蜂が飛んでいるな。▼
[シャーロッテ]
きゃあ~!
怖いです~!▼
[ジョーカー]
お前のすぐ後ろだ。▼
[シャーロッテ]
え、え~?
どこですか~?▼
私、全然、わからないんですけど~。
早く、早くやっつけてください~。▼
[ジョーカー]
自分で何とかしろ。▼
[シャーロッテ]
私、無理です~、無理ですから~。▼
[ジョーカー]
知るか。▼
[シャーロッテ]
そんな~、私、怖いです~、
早く、早く…▼
早くなんとかしなさいっての!
この役立たずっ!▼
私が刺されたらどうするつもりよ!?
あんた責任取れんの!?▼
[ジョーカー]
ふっ…やはりな。▼
[シャーロッテ]
あ、ああああ!?▼
ち、違うんです~!
今のはちょっとした発作で…▼
[ジョーカー]
お前がどんな理由で
別人格を演じているのかは知らんが…▼
そんなお粗末な芝居で
俺を騙すのは無理だ。▼
[シャーロッテ]
くっ…
どうやらそうみたいね…▼
私の負けよ。▼

支援A

[ジョーカー]
シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
ジョーカーさん…▼
もうバレてる相手に
一切、こびたりしないわよ。▼
[ジョーカー]
ああ。それがいい。▼
[シャーロッテ]
はぁ…
上手くいくと思ってたんだけどね…▼
[ジョーカー]
どうして男にこびる?▼
[シャーロッテ]
そんなの決まってるじゃない。
男にモテるためよ。▼
[ジョーカー]
ふっ。
真っ直ぐな理由だ。▼
[シャーロッテ]
だって、モテないより、
モテた方が絶対にいいでしょ?▼
男なんて少し色目を使えば
すぐに優しくしてくるんだから。▼
[ジョーカー]
確かにそうかもしれないな。
俺以外の男は単純だからな。▼
[シャーロッテ]
はぁ…
でも、少し疲れちゃったかも…▼
今回みたいに、
失敗することも多いしね…▼
やっぱり、昔みたいに…
腕一本で出世を狙う方がいいのかな…▼
私、こう見えても強いのよ?
男がひくから、実力は隠してるけど。▼
[ジョーカー]
そうだろうな。それに…▼
俺はお前の
男にこびる生き方は評価してる。▼
[シャーロッテ]
はあ?ウソでしょ?▼
[ジョーカー]
いいや。男にこびるのも、
立派な処世術の一つだ。▼
恥じる必要も、止める必要もない。
このままその術を磨けばいい。▼
[シャーロッテ]
…ふふ。
そんな風に言われたのは初めてかも。▼
…でも、そうよね。
これも私の武器の一つなんだもんね。▼
この世界で生き延びていくための…▼
[ジョーカー]
ああ。▼
[シャーロッテ]
ふふふ。
ありがとうね。▼
やっぱり似た者同士、わかり合えるのかしら。▼
[ジョーカー]
似た者…?▼
[シャーロッテ]
ええ。あなたも主君以外の人には
とっても冷たいでしょう?▼
相手を選んで態度を変える点に関しては
私とおんなじエキスパートってことよ。▼
[ジョーカー]
…一緒にするな。
俺とお前は、全然、似ていない。▼

支援S

[ジョーカー]
シャーロッテ。
お前に話がある。▼
[シャーロッテ]
どうしたの?▼
[ジョーカー]
もう、これ以上モテようとするな。
男にこびるのも今は後禁止だ。▼
[シャーロッテ]
いきなり何よ?▼
この間まではあなただって、
立派な処世術だって言ってくれたのに。▼
[ジョーカー]
お前にモテられては俺が困る。▼
[シャーロッテ]
なんでよ?▼
[ジョーカー]
俺がお前に惚れてしまったからだ。▼
[シャーロッテ]
…え?▼
えええええ!?▼
[ジョーカー]
それだけじゃない。
結婚もしたいと思っている。▼
[シャーロッテ]
ちょ、ちょっと待ってよ!
一人で勝手に進んでいかないで!▼
だ、大体なんで…
急に私のことを好きになったのよ?▼
[ジョーカー]
急にじゃない。
俺はお前を評価してるといったはずだ。▼
お前の生き方に好感を持っていた。
お前に好意を抱くようになっても不思議はない。▼
理解できたか?▼
[シャーロッテ]
わ、私はまだ…
何がどうなってるのか理解できてないわ!▼
[ジョーカー]
簡単な話だ。▼
俺がお前に惚れて、求婚した。
以上だ。▼
[シャーロッテ]
そ、そんなことはわかってるわよ…▼
で、でも…
まだ頭が混乱しちゃってるわ…▼
[ジョーカー]
無理も無い。
だが、俺の言うべきことは言った。▼
後はお前次第だ。▼
[シャーロッテ]
そ、そんなこと言われても…▼
[ジョーカー]
俺のことは嫌いか?▼
[シャーロッテ]
…ううん。
嫌いじゃないわ。▼
[ジョーカー]
では、好きなのか?▼
[シャーロッテ]
そ、そうね…
好き…だと思うわ…▼
[ジョーカー]
なら、決まりだ。
俺と結婚しろ。▼
[シャーロッテ]
もう…
強引過ぎるわよ…▼
[ジョーカー]
多少、強引になるのは仕方が無いことだ。▼
なぜなら、
お前ほどの女は他にいないからな。▼
もたもたしていたら、
すぐに誰かに奪われてしまう。▼
[シャーロッテ]
…ふふ。
嬉しいこと言ってくれるのね。▼
わかったわ…
結婚しましょう…▼
でも、モテようとするのはやめないわ。
味方は多い方がいいに決まってるもの。▼
[ジョーカー]
ちっ。
…仕方ないな。▼
だが、愛するのは俺だけと誓え。
それなら、お前が男にこびるのも許してやる。▼
[シャーロッテ]
約束するわ。
私が愛するのはあなただけよ。▼

共通ユニット

ジョーカー(共通)のページへ

白夜ユニット

ジョーカー(白夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • ジョーカーとシャーロッテの支援間違ってますね。BAがなくていきなりSの会話になってます -- a? 2015-09-24 (木) 19:36:15

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 15 Sep 2019 13:10:22 UTC