Top > 会話集 > 支援会話 > サイラス(暗夜)

サイラス(暗夜)の支援会話

エリーゼ

支援C

[サイラス]
エリーゼ様。例の件、
全て無事に終わりました。▼
地下街の民たちも
当分飢えずにすむでしょう。▼
[エリーゼ]
すごい!
ありがとう、サイラス!
でも、ごめんね。
大変なこと頼んじゃって。▼
[サイラス]
いいんですよ。
これも民のためですから。▼
[エリーゼ]
そうだ、サイラス。
何かお礼をさせて。▼
[サイラス]
お礼なんていいですよ。
当然のことをしたまでですから。▼
[エリーゼ]
そんなこと言わないで。
ほら。▼
[サイラス]
うーん…そうですか…
じゃあ…▼
…こんなのはどうですか?▼
一日だけ俺の妹になってください。▼
[エリーゼ]
え?▼
[サイラス]
エリーゼ様とカムイを見て、
いいなーって思ってたんですよ。▼
[エリーゼ]
そ、そんなことでいいの?▼
[サイラス]
ええ。なんか
楽しそうじゃないですか。▼
[エリーゼ]
わかった。全然いいよ!▼
[サイラス]
ありがとうございます!▼
[エリーゼ]
…でも、妹になるって…
具体的にどういうこと…?▼
[サイラス]
そ、そうですね…
言われてみれば…▼
せっかくですので、
ちょっと考えさせてください。▼

支援B

[エリーゼ]
サイラス!
こないだのこと考えてきた?▼
[サイラス]
ええ、考えましたよ。
例えばこんなのはどうでしょう。▼
[エリーゼ]
なになに? 早く言って!
ワクワク、ワクワク!▼
[サイラス]
すばり、ケンカをするのです。▼
[エリーゼ]
ケ、ケンカ!?
どうして!?▼
[サイラス]
俺…きょうだいゲンカって
したことなくて…▼
それにケンカするほど
仲がいいって言いません?▼
[エリーゼ]
…………▼
なんか違うと思う…▼
だって…せっかくきょうだいに
なったのにケンカするなんて嫌…▼
もっと楽しいことがいいな。▼
[サイラス]
そ、そうですよね…▼
[エリーゼ]
他にはないの?▼
[サイラス]
は、はい。
あまりいいアイデアが浮かばなくて…▼
[エリーゼ]
そっか…
なら仕方ないかなぁ…▼
[サイラス]
逆に、エリーゼ様だったら
どんなのがいいですか?▼
カムイとエリーゼ様の間で
きょうだいらしかったこととか…▼
[エリーゼ]
そうね…
一緒に寝てもらったことかな!▼
[サイラス]
一緒に寝る…ですか?▼
[エリーゼ]
そう。どう?▼
[サイラス]
どうって…いやいやいやいや…▼
それはまずいんじゃないですか?▼
[エリーゼ]
どうして?▼
[サイラス]
だってそれは…▼
[エリーゼ]
一緒に寝るのが楽しくないって言うなら、
あたしにはよくわからないかも…▼
[サイラス]
そんな…▼

支援A

[サイラス]
エリーゼ様。▼
[エリーゼ]
サイラス!▼
[サイラス]
一日だけきょうだいになる件ですけど、
覚悟を決めてきましたよ。▼
では、一緒に寝ましょう。▼
[エリーゼ]
ほんと?▼
[サイラス]
ええ。場合によっては俺は
いろんな人から非難を浴びるでしょう。▼
暗夜の兵に囲まれて、
縛り上げられる可能性もあります。▼
でもやり遂げてみせましょう!
エリーゼ様がそうおっしゃるなら!▼
そういう覚悟でやってきました。▼
[エリーゼ]
…………▼
そのことなんだけど…▼
[サイラス]
ええ。
どうしたのです?▼
[エリーゼ]
なんか違うかなーって感じがしたの。▼
[サイラス]
…え?▼
[エリーゼ]
だってほら…おにいちゃんって言っても
いろんなおにいちゃんがいるでしょ。▼
マークスおにいちゃんとは
一緒に寝たことないし…▼
だったらサイラスとも、
違うことしたほうが楽しいかなーって。▼
ごめんね…
せっかくやる気になってもらえたのに…▼
[サイラス]
い、いえ…▼
いろいろ複雑ですが、
とにかくわかりました。▼
[エリーゼ]
あなたとは何をしたらきょうだいっぽくて
楽しくなるんだろう…▼
うーん…
難しいわね…▼
[サイラス]
そうですよね…▼
[エリーゼ]
あ、こうなったら
みんなに聞いてみる?▼
せっかくだからお菓子とか紅茶とか用意して、
みんなで考えてみるの。▼
そしたら多分、おにいちゃんとは
こんなことをして楽しかったとか…▼
おねえちゃんとは
こんなことして遊んだとか…▼
いろんなお話が聞けると思うんだ!▼
[サイラス]
いいかもしれませんね。▼
[エリーゼ]
じゃあさっそく
みんなのところに行こう!▼
[サイラス]
はい!▼

支援S

[サイラス]
エリーゼ様。
先日はありがとうございました。▼
みんなとのティータイムは
本当に楽しかったです。▼
とてもいい思い出になりました。▼
[エリーゼ]
ほんとかな…▼
本当はなんかもっと二人で
できることが見つかればよかったけど…▼
結局わからずじまいだったよね…▼
[サイラス]
いいんですよ。
きょうだい関係はもういいんです。▼
[エリーゼ]
もういいって、どういうこと?▼
[サイラス]
今度はエリーゼ様と
夫婦関係になりたいんです。▼
[エリーゼ]
…………▼
…え?▼
…………▼
あ、わかった。
また一日だけってことだよね?▼
今度はきょうだいじゃなくて
一日だけ夫婦になるっていうことよね?▼
それだったら別に…▼
[サイラス]
いえ、違うんですよ。
体験ではなくて、本当の意味でです。▼
[エリーゼ]
そ、そんな!?▼
[サイラス]
あなたのことは
ずっと前から気になっていました。▼
そして最近は、好きという気持ちを
抑えられなくなりました。▼
だから、一緒に寝ると言われたときはもう…
いろんな呵責にさいなまれて…▼
[エリーゼ]
そ、そうだったんだ…▼
[サイラス]
結婚してください、エリーゼ様。
そして、この指輪を受け取っていただきたい。▼
[エリーゼ]
わぁ…素敵な指輪ね!▼
でも…▼
[サイラス]
でも…なんですか?
俺とは結婚無理なんでしょうか…▼
[エリーゼ]
ううん。
あなたは優しくて誠実で素敵な人。▼
でも、あたしたちはきょうだいとして
共通の楽しみを見つけられなかったし、▼
そんな二人が
夫婦になって大丈夫なのかなーって…▼
[サイラス]
それならご心配なく。▼
あなたを好きという気持ちを
抑えなくてもいいなら…▼
楽しいことはいくらでも浮かびます。▼
[エリーゼ]
そうなの?▼
[サイラス]
俺はあなたとは親しくなりすぎては
いけないと思っていたんです。▼
俺たちはあまりに身分が違いますから…▼
だから、本当はやりたいことも
いっぱいあったんです。▼
[エリーゼ]
そうだったんだ!
だったら心配ないよね!▼
末長くよろしくね、サイラス!▼

エルフィ

支援C

[エルフィ]
サイラス…
一つ、質問があるの。▼
[サイラス]
なんだ?▼
[エルフィ]
あなたはどうしてこの軍にいるの?▼
[サイラス]
ん…?
どういう意味だ?▼
[エルフィ]
私は親友であり主君でもある
エリーゼ様のためにここにいる…▼
毎日エリーゼ様のことを考え…
エリーゼ様のために悩み…▼
エリーゼ様のためにたくさん食べ…
エリーゼ様のために特訓を重ねている…▼
[サイラス]
そ、そうか。
噂どおり…すごい思いの強さだな。▼
[エルフィ]
ええ。▼
エリーゼ様を守るという思いの強さなら、
誰にも負けないつもりよ…▼
でもわたしと違って、
あなたは誰の部下でもない。▼
だからこの軍にいる理由を知りたいの…▼
[サイラス]
ああ、そういう話か。
だったら俺もお前と同じだ。▼
[エルフィ]
…え?▼
[サイラス]
俺がなんのためにここにいるのか。▼
それは、
カムイのためだ。▼
俺も、カムイのことを考え、
カムイのために訓練している。▼
カムイを助け、カムイを守る。
それくらいの気持ちだ。▼
俺たちは似た者同士だな。▼
[エルフィ]
…………▼
[サイラス]
な、なんだよ…
その不服そうな沈黙は…▼
[エルフィ]
いえ…▼
あなたがわたしと
同じというのが違う気がしたから…▼
[サイラス]
ど、どういうことだ。▼
対象人物が違っても、
俺だって強い思いを…▼
[エルフィ]
ごめんなさい。
悪気はないの…▼
でもなんだか…
わたしたちは違う気がする…▼
[サイラス]
エルフィ…?▼

支援B

[サイラス]
おい、エルフィ。▼
[エルフィ]
なにかしら…?▼
[サイラス]
この間の話だけど…
どうして俺とお前は違うんだ?▼
[エルフィ]
…わからない。
ただなんとなくそう思ったから…▼
[サイラス]
なんとなくって…▼
俺だってカムイのために
必死に頑張ってるんだぞ?▼
[エルフィ]
わたしにそんなことを言われても…▼
[サイラス]
…よしわかった。
だったら次の出撃時によく見てくれ。▼
俺がどれだけ
カムイのことを思っているか…▼
戦いっぷりでよくわかるはずだ。▼
[エルフィ]
…………▼
別に、いい…▼
[サイラス]
ええっ!?▼
[エルフィ]
わたしは、あなたを
見ることはできない…▼
だって、出撃時はエリーゼ様を
全身全霊守ることで忙しいから…▼
[サイラス]
そ、そんなこと言わないでくれ。
それじゃ俺の気持ちがおさまらないだろ…▼
[エルフィ]
…………▼
そう…わかった…
そこまで言うなら、見ることにするわ…▼

支援A

[エルフィ]
サイラス…
あなたの戦いぶりを見せてもらった…▼
そして…
わたしたちの違いがわかった気がする…▼
[サイラス]
…それは、なんだったんだ?▼
[エルフィ]
近くでよく見て、わたしの鎧を…▼
[サイラス]
!▼
[エルフィ]
次に、この体を見て…▼
[サイラス]
鎧も手も足も…
なんという数の傷だ…▼
[エルフィ]
人を守るということは、傷を負うこと。
わたしはそう思っていた…▼
でも、あなたにはこういう傷が
ほとんどない。▼
それがわたしとあなたの違いだったの…▼
あなたは強い。
でも、わたしはそうじゃない。▼
[サイラス]
…なるほどな。
でも、やっぱり俺たちは同じだと思うぞ。▼
誰かを守りたいという気持ちが
まず一番大事なはずだ。▼
強いか弱いか。どうやって守るか。
それはまた別の問題だろ?▼
[エルフィ]
わたしたちの
根っこは同じということね。▼
[サイラス]
そう。そういうことだ。
やっとわかってもらえたようだな。▼
そこで、だ。
今度、こういう戦い方をしてみないか?▼
まず、お前はエリーゼ様を守るように前に立つ。▼
その前にカムイが立ち、
さらにその前に俺が立ってカムイを守る。▼
これならお前の傷もかなり減ると思うんだ。▼
[エルフィ]
…………▼
遠慮しておくわ。
前が見えなくて、邪魔だから…▼
[サイラス]
あ、あぁ…
そうか、そうだよな。▼
[エルフィ]
それよりも…▼
わたしもあなたみたいに強くなる。
もっともっと訓練を積んで…▼
[サイラス]
そうだな。
お互いに頑張ろうぜ。
大切な者のために。▼
[エルフィ]
ええ。
頑張りましょう…▼

支援S

[サイラス]
エルフィ。
よく来てくれたな。▼
[エルフィ]
サイラス…▼
[サイラス]
まずお前に礼を言わせてくれ。▼
誰かを守るということ…
誰かのために死んでもいいと思うこと…▼
お前と出会えたことで
その意味をもう一度考えることができた。▼
[エルフィ]
お礼なんて言わないで…▼
あなたにそんなに想われて、
カムイ様も幸せだと思うわ…▼
[サイラス]
…だといいんだけどな。▼
…あ、そうだ。▼
カムイの他にもう一人、
死んでも守りたいと思える人ができたんだ。▼
[エルフィ]
へえ。
あなたにしては、珍しいわね…▼
いったい、誰なの…?▼
[サイラス]
それは…お前だ。▼
[エルフィ]
…え。▼
…………▼
それは、困るわ…▼
[サイラス]
ええっ!?
ど、どうしてだ…!?▼
[エルフィ]
この間も言ったけど…▼
わたしの前に立たれたら、
前が見えなくて邪魔になりそうだから…▼
[サイラス]
ああ…い、いや、
そうじゃないんだ。▼
こないだはそういう意味で言ったけど、
今日のはそうじゃない!▼
[エルフィ]
どういうこと…
よくわからないわ。▼
[サイラス]
わかった。
お前にもわかりやすく言おう。▼
男らしく、はっきりとな。▼
…………▼
エルフィ、これを受け取ってくれ。
結婚指輪だ。▼
お前に結婚を申し込みたい。▼
お前のことを守りたいんだ。
命を代えても…▼
[エルフィ]
!! そういうこと…▼
わかった…
受け取るわ…▼
[サイラス]
…………▼
う、嬉しいが…
やけにあっさりなんだな?▼
[エルフィ]
だって、あなたは強いし、
いい人そうだし…▼
わたしがエリーゼ様を守る邪魔をしないなら、
喜んで指輪を受け取るわ。▼
[サイラス]
そ、そうか…お前とエリーゼ様の
邪魔にならなければいいんだな?▼
[エルフィ]
そう…それがとても大事…▼
[サイラス]
わかった・・・その約束は守る。▼
お前も守るし、お前との未来も、
みんな守ってやるぜ!▼
[エルフィ]
ありがとう…▼
わたしも、
エリーゼ様を守る片手間に…▼
あなたのことも、守ってあげる…
この身に代えても、ね。▼

ニュクス

支援C

[サイラス]
ニュクス。
ちょっと聞きたいことがあるんだが…▼
[ニュクス]
何?▼
[サイラス]
お前…
本当は俺より年上って本当か?▼
[ニュクス]
ああ、その話…▼
[サイラス]
いや、答えたくなければ答えなくていい。▼
女性に年齢のことを聞くなんて
マナー違反にも程があるからな。▼
[ニュクス]
いえ、別に問題ないわよ。▼
確かに私は貴方より年上のはず。
多分…かなり上かも。▼
[サイラス]
し、信じられない話だな…▼
その原因が呪いっていうのも本当なのか?▼
[ニュクス]
ええ、そうよ。
呪いのせいで成長が止まってしまっているの。▼
[サイラス]
…ニュクス、水くさいぞ。
どうして今まで黙っていた?▼
[ニュクス]
どうしてって…▼
みんなの前で発表するようなことでもないし…▼
[サイラス]
まあ…それはそうだが。▼
しかし、いろいろ大変だろう。
成長が止まっていると…▼
[ニュクス]
まあね。
でも、こればかりは仕方ないわ。▼
[サイラス]
仕方ないなんて言うな。
諦めたら終わりだぞ?▼
[ニュクス]
えっ?▼
[サイラス]
俺がなんとかしてみせる。▼
困ってる仲間を
見過ごすわけにはいかないからな。▼
[ニュクス]
でも…▼
[サイラス]
呪いの解き方を調べている。
ちょっと待ってろよ!▼

支援B

[サイラス]
ニュクス、探したぞ。▼
[ニュクス]
あら、サイラス。▼
[サイラス]
お前の呪いを解く方法を求めて
いろんなところを走り回ってみた。▼
[ニュクス]
…解決法なんてなかったでしょう?▼
[サイラス]
いいや、それがあったんだ。▼
[ニュクス]
えっ、ほんとに?▼
[サイラス]
ああ、これを見ろ。▼
[ニュクス]
これは…▼
[サイラス]
街で見つけた薬だ。▼
[ニュクス]
呪いを解く薬が街に売っていたの??▼
[サイラス]
ああ。
世の中、進歩したもんだな。▼
[ニュクス]
ちょっと見せてもらえる?▼
[サイラス]
もちろんだ。
見るだけじゃなくて、さっそく使ってみろ。▼
[ニュクス]
へぇ…粉末状の薬なのね…▼
って、サイラス!▼
[サイラス]
なんだ?▼
[ニュクス]
この薬の袋には「呪縛から開放される」って
確かに書かれてあるけど…▼
ほら、ここをよく見て。▼
その前に「頭痛の」ってあるじゃない…▼
これはただの頭痛薬よ!▼
[サイラス]
…………▼
なんてことだ…俺としたことが…▼
[ニュクス]
おかしいと思ったのよ…
粉末の薬を飲んで呪いが解けるなんて…▼
でも、もういいのよ、サイラス。
これは簡単に解決する問題じゃないから。▼
[サイラス]
いや、ダメだ!▼
仲間が困っているんだ。
俺はあきらめないぞ!▼

支援A

[サイラス]
ニュクス…今度こそ手に入れたぞ!
これを見ろ!▼
[ニュクス]
なにこの…毒々しい液体は…▼
[サイラス]
草木の根っこに、ノスフェラトゥの爪、
飛竜の糞に…▼
あとは…言いにくいものも少々…▼
それらを混ぜ合わせて液状にしたものだ。
これを飲めばいろんな呪いが解けるらしいぞ!▼
[ニュクス]
ちょ、ちょっと待って…
そもそも糞とか入っているんでしょ?▼
あと言いにくいものも少々って…
それなんなのよ!▼
[サイラス]
いや、聞かないほうがいい。
飲めなくなる。▼
[ニュクス]
!?▼
[サイラス]
でも本に書いてある通りに作ってみた。
多分、効くと思うぞ。
[ニュクス]
…ごめんなさい。
…飲めそうもないわ。▼
[サイラス]
!?▼
…いや。
…まあ、そうだよな…▼
[ニュクス]
いいのよ、サイラス。▼
何かを飲めば解ける呪いじゃないことは
私が一番わかっているのよ。▼
だってこの呪いはある意味…
私が自分でやったことだから…なさい。
…飲めそうもないわ。▼
[サイラス]
何?▼
[ニュクス]
ああ、やっぱり知らなかったのね。▼
私は幼いころから呪術が得意で、
まがまがしい術をいくつも使いこなしていたの。▼
それで調子に乗ってしまったのね。▼
私は自分の術を制御できなくなって、
大勢の人の命を奪ってしまったの。▼
この呪いは、そのときの代償なのよ。▼
[サイラス]
そんなことがあったのか…▼
[ニュクス]
私のために貴方が奔走してくれるのは
とても嬉しいけど…▼
いろいろ複雑なの…
わかるでしょ?▼
[サイラス]
…そうか、▼
…でも俺は諦めないぞ。▼
[ニュクス]
えっ?▼
[サイラス]
償いの方法は他にもあるはずだ。
呪いを解いたあとでそれを一緒に考えよう。▼
[ニュクス]
…ありがとう、サイラス。
その言葉だけでも十分うれしいわ。▼

支援S

[サイラス]
ニュクス。
待ってたぞ。▼
[ニュクス]
どうしたの?
そんな花束を持って…▼
[サイラス]
お前へのプレゼントだ。▼
[ニュクス]
あら、嬉しい。
ありがとう。▼
[サイラス]
過去からの解放…
それがこの花の花言葉だ。▼
[ニュクス]
へえ…▼
[サイラス]
これも受け取ってもらいたい。
結婚指輪だ。▼
[ニュクス]
…えっ?▼
[サイラス]
ニュクス、俺と結婚してくれ。▼
[ニュクス]
…………▼
[サイラス]
結婚して二人で考えよう。
どうやったら呪いが解けるか…▼
どうしたら罪が償えるのか…▼
俺は全身全霊でお前の支えになりたいんだ。▼
[ニュクス]
…………▼
ありがとう、サイラス。
喜んで受け取るわ。▼
[サイラス]
?▼
[ニュクス]
どうしたの、そんな顔をして…▼
[サイラス]
いや…すまない。
すんなりだったから拍子抜けしてしまって…▼
[ニュクス]
ああ、そういうことね。
実は私は占いもできるのよ。▼
そしたらね、
最近こんな結果が出たの。▼
…まず、私の前に優しくて
誠実な男性が現れる。▼
その男性の優しさと底知れぬ尽力で
償いの道が見えてきて…▼
少しずつ私の呪いが消失していくって…▼
[サイラス]
本当か!▼
[ニュクス]
ええ。その人を逃したら
私は終わりだって暗示まで出ていたわ。▼
そして今日…
あなたの話を聞いて確信したの。▼
その男性がサイラスのことだって。
つまり、断る理由なんてどこにもないのよ。▼
[サイラス]
そ、そうだったのか…▼
だったら、今すぐみんなに知らせよう。
そして一刻も早く正式に結婚してしまおう。▼
[ニュクス]
どうして?▼
[サイラス]
だって…他に男が現れて、
俺と同じことを言い出したら困るから…▼
[ニュクス]
あはは。
そんなの大丈夫よ。▼
占いには「底知れぬ尽力」って出ていた。▼
私の呪いを解くために
間違えて頭痛薬を持ってきてくれたり…▼
得体の知れない毒々しい液体を作って
持ってきてくれたり…▼
そこまで尽くしてくれるのは
きっとあなたしかいないと思うから…▼

カミラ

支援C

[カミラ]
サイラス、ちょっといいかしら。
頼みたいことがあるの。▼
[サイラス]
なんでしょうか、カミラ様。▼
[カミラ]
カムイに伝えてもらいたいのよ。
私がどれだけ愛しているかって…▼
[サイラス]
えっ?▼
さすがの溺愛っぷりという感じですが…
ご自分で伝えられては?▼
[カミラ]
もちろん自分では伝えているのよ。▼
[サイラス]
ならそれで十分のような気が…▼
[カミラ]
ダメなの…▼
なんて言えばいいの…
その…慣れっていうのかしら…▼
最近は私が伝えても
響いていないような気がするのよ…▼
だから、もっとこう…
多角的に行きたいの。▼
[サイラス]
多角的に…ですか…▼
わかりました。
でしたら引き受けましょう。▼
でも具体的に
なんて言えばいいんですか?▼
[カミラ]
そうね…▼
「あなたは私の可愛い子」
「愛しているわ」▼
これでお願い。
私が言っていたって伝えて。▼
[サイラス]
…………▼
[カミラ]
サイラス?
どうかした?▼
[サイラス]
い、いえ…なんでもありません。▼
わかりました。
それでは伝えておきますね。▼

支援B

[サイラス]
カミラ様、伝えておきましたよ。▼
[カミラ]
ありがとう。
どうだった?▼
[サイラス]
知ってる、といった感じでしたね。▼
まあ、予想通りではありましたが…▼
[カミラ]
そう…▼
[サイラス]
そんな寂しそうな顔しないでください。
これはいいことじゃないですか。▼
カミラ様の気持ちが
伝わっているからこその反応ですよ。▼
[カミラ]
…………▼
サイラスは覚えているかしら…▼
昔、カムイが
お城に幽閉されていたときのこと…▼
あなたとカムイが
一緒に遊んでいるところに、▼
私がお菓子を焼いて持っていったの。▼
[サイラス]
ああ、懐かしいですね。
あのときは紅茶も淹れてくださいましたよね。▼
[カミラ]
よく覚えているのね。
そう、そのときのことよ。▼
私が持ってきたお菓子を見て
あなたたちはすぐに駆け寄ってきたわ。▼
で、問題はそのあとに起きた…▼
私がお菓子を手に取って▼
カムイに、
あーんって食べさせてあげた。▼
次にあなたにも、
あーんって食べさせてあげたの。▼
するとカムイは顔を赤くして言ったわ。
「カミラ姉さんは誰の姉さんなの?」って…▼
[サイラス]
ええ。覚えています。▼
俺にも同じように接したあなたに、
カムイがヤキモチを焼いたんですよね。▼
[カミラ]
そう。
だから私はカムイを抱きしめて言ったの。▼
「あなたは私の可愛い子」
「愛しているわ」って…▼
今でもあの日のことを思い出して、
かわいそうなことしたなって後悔するわ。▼
[サイラス]
なるほど…▼
だから何度も愛しているという
気持ちを伝えたくなるんですね…▼
…でも、心配は
いらないんじゃないですか?▼
[カミラ]
どうして?▼
[サイラス]
どうしてって…
カムイも子どもじゃないんですから。▼
[カミラ]
ダメよ。▼
カムイがいつどこで
ヤキモチを焼いているかわからないわ。▼
私は二度とカムイに
あんな悲しい思いはさせたくないの。▼
…ねえ、サイラス。
また言ってきてくれる?▼
[サイラス]
またですか?▼
[カミラ]
「あなたは私の可愛い子」
「愛しているわ」▼
ただ言うんじゃなくて
心に響くようにお願いね。▼
[サイラス]
わ、わかりました…▼

支援A

[サイラス]
カミラ様、伝えてきましたよ。▼
心に響くように、背後で曲を
演奏してもらいながら言ってみました。▼
[カミラ]
ありがとう。
それでカムイの反応は?▼
[サイラス]
背後の曲にはやや食いついていましたが…
残念ながら同じでしたね。▼
やっぱりもう心配はいらないんですよ。▼
[カミラ]
そうかしら…▼
[サイラス]
そうですって。▼
…………▼
それより、カミラ様…▼
カムイよりももっと…
その言葉を欲している人が…▼
[カミラ]
えっ?▼
[サイラス]
カミラ様の愛情のこもった言葉を
かけてもらいたい人がいるんです。▼
[カミラ]
それは誰?
レオン? エリーゼ?▼
まさか…マークスお兄様?▼
[サイラス]
違います。
思い切って言ってしまうと…それは…▼
俺です。▼
[カミラ]
えっ?▼
[サイラス]
俺には共に育ったきょうだいがいません。
だから俺はずっと…▼
あなたとカムイの
関係がうらやましかったんですよ。▼
[カミラ]
サイラス…▼
[サイラス]
すみません…
変なことを言ってしまって。▼
こんなこと、言うべきじゃなかったですよね。▼
[カミラ]
い、いえ。
いいのよ。▼
まさかそんなことを思っているなんて、
全然、気付かなかったから…▼
私の方こそ、
なんだかごめんなさいね。▼
[サイラス]
いえ…▼
[カミラ]
…で、私はどうしてあげればいいのかしら。▼
あなたにはいろいろと無理を言ったし…
できたらその気持ちに応えてあげたいわ。▼
[サイラス]
いえ、そのような…
お忘れください。▼
で、では俺はこれで失礼します。▼
[カミラ]
サイラス。▼
[サイラス]
え…?▼
[カミラ]
あなたは私の可愛い子。
愛しているわ…▼
[サイラス]
!!
カミラ様…▼
[カミラ]
いいえ。カミラ姉さんよ。
そう呼んでみて。▼
[サイラス]
…………▼
カミラ…姉さん…▼
[カミラ]
うふふ。いい子ね。▼
今この時だけは私…
幼い頃から一緒の、あなたのお姉さんよ。▼
…ね、サイラス?▼
[サイラス]
…!!
ありがとうございます。▼
カミラ姉さん…▼

支援S

[サイラス]
カミラ様。
先日はありがとうございました。▼
なんだか、
ひどいわがままを聞いていただいて…▼
[カミラ]
いいのよ、
あれくらいで喜んでもらえるなら。▼
ただ、あの様子をカムイに
見られていなければいいのだけれど…▼
[サイラス]
…そ、そうですか。▼
でも、もうご安心ください。
二度と姉の愛情がほしいなんて言いません。▼
ただ…▼
[カミラ]
ただ?▼
[サイラス]
ただ、カミラ様から…
妻としての愛情はいただきたいです。▼
[カミラ]
えっ?▼
[サイラス]
唐突ですみませんが…▼
もしよければ
これを受け取ってもらいたいと思います。▼
[カミラ]
…こ、これ、結婚指輪じゃないの。▼
[サイラス]
そうです…▼
あなたと姉と弟の関係を体験できて、
本当にうれしかったです。▼
でも、同時にわかってしまった…
俺が望んでいるのは、姉以上のあなただと。▼
俺は姉としてのあなたではなく、
一人の女性としてのあなたに憧れていたんです。▼
[カミラ]
サイラス…▼
[サイラス]
俺たちは地位が違いすぎます。
だから指輪は頑張ってみました。▼
[カミラ]
…………▼
[サイラス]
やっぱり…俺ではダメでしょうか?▼
[カミラ]
ダメというか…▼
…………▼
カムイのことが心配なのよ…▼
[サイラス]
またヤキモチを
焼かないかどうかってことですか?▼
[カミラ]
そう…▼
[サイラス]
だったら心配ありませんよ。
もうカムイには話してありますから。▼
[カミラ]
えっ?▼
[サイラス]
カムイは全力で応援してくれています。▼
[カミラ]
そう、なの…▼
だったら…ありがたく受け取るわ。▼
[サイラス]
ありがとうございます…
最高の気分です…▼
…あっ。
でも、これからは…▼
カムイに愛情を伝えるのは
ほどほどにしてくださいね。▼
俺がヤキモチを
焼いちゃうかもしれませんから。▼
[カミラ]
…………▼
うふふ。そうね…▼
[サイラス]
え…
なんですか。今の妙な間は。▼
[カミラ]
それは…その件だけは
もうちょっと考えさせてもらっていい?▼
[サイラス]
えーっ?▼
[カミラ]
うそよ。▼
もちろんこれからは…
あなたを一番に考えるわ。▼
だから、その上でなら…カムイに
愛情を伝えてもいいでしょう?▼
[サイラス]
…仕方ありません。
…わかりましたよ。▼
これからもカムイのことは
カミラ様の好きなようになさってください。▼
それでも俺は最高の幸せ者ですから!▼

ルーナ

支援C

[ルーナ]
ねえサイラス、
あんたって努力の天才なの?▼
[サイラス]
…たしかに俺は、努力は惜しまないタイプだ。
ただ、天才じゃないけどな。▼
[ルーナ]
まったく…あんたみたいな人って
謙遜するから面倒よね。▼
[サイラス]
面倒って…▼
しかも謙遜じゃなくて、
俺は本当に天才じゃ…▼
[ルーナ]
ああ、そうですか。▼
でもあたしは知ってるのよ。
あんたが努力の天才だってことをね。▼
いろんな人がそう言ってるの。
めんどうくさいからさっさと認めなさい。▼
[サイラス]
ま、まあ…
そこまで言うならそれでもいいが…▼
で、俺が努力の天才だったら
どうしたっていうんだ?▼
[ルーナ]
確かめてあげるわ。▼
[サイラス]
は?▼
[ルーナ]
あんたが本当に努力の天才なのか、
このあたしの目で見極めてあげる。▼
少なくとも、あたしより怠けてるようなら
とても努力の天才と呼べないわよね。▼
これは勝負よ。あんたの努力とやらが、
本物かどうか試してあげるわ。▼
[サイラス]
なんか…すごくめんどくさいことに
巻き込まれたような…▼
[ルーナ]
はぁ?なんか文句ある?▼
[サイラス]
いや…勝負する理由がよくわからないんだが。▼
[ルーナ]
何よ、逃げる気?▼
[サイラス]
いや、逃げるわけじゃないが…▼
[ルーナ]
あたしからの勝負、
もちろん受けて立つわよね?▼
[サイラス]
うっ…
ああ、わかった…わかったよ。▼
…勝負するのが一番、
手っ取り早そうだしな。▼
[ルーナ]
そう。じゃあ後日
勝負の申し込みに来るから。▼
首を洗って待ってなさいよ?▼
[サイラス]
ああ…▼

支援B

[ルーナ]
サイラス、よく来たわね。
怖気づいて来ないかと思ったわ!▼
[サイラス]
正直、面倒だとは思ったが…▼
俺は受けた勝負から
逃げ出したりはしない。▼
[ルーナ]
いいこと言うじゃない。
じゃあさっそく勝負その一を始めるわよ。▼
[サイラス]
勝負その一って…
一度じゃ終わらないのか?▼
[ルーナ]
当たり前でしょう!?
勝負といったら三本勝負が基本じゃない!▼
[サイラス]
そ、そうなのか…
まあそれならそれでいいぞ。▼
[ルーナ]
勝負その一の内容は…
ずばり、剣の素振りよ!▼
ルールは簡単。▼
二人で一緒に素振りして、
先にへばったほうが負け!▼
[サイラス]
…意外に地味だな。▼
[ルーナ]
な、なんでよ!?
あんた、バカじゃないの!?▼
努力といったら地味!
地味といったら努力!▼
そんなこともわかんないの!?▼
[サイラス]
…そうか。
まあ、言われてみれば同感だ。▼
[ルーナ]
じゃあさっそく準備して。▼
始めるわよ!▼
一!▼
[サイラス]
二!▼
[ルーナ]
三!▼
六二七!
…なかなかやるわね。▼
[サイラス]
六二八!
…お前こそ。▼
[ルーナ]
六二九!
…無理しなくていいのよ?▼
[サイラス]
六三〇!
笑わせるな、まだ準備運動の段階だ。▼
[ルーナ]
六三一!
…奇遇ね、あたしもよ!▼

支援A

[ルーナ]
サイラス…
この間はなかなかの勝負だったわね。▼
[サイラス]
ああ。
次の朝まで振り続け…▼
結局、終わったのは
出撃の指示が出たときだったな。▼
[ルーナ]
そう。
つまり引き分けってこと。▼
[サイラス]
…で、勝負その二なんだけど…▼
その前に聞きたいことがある。▼
どうしてお前は
努力の天才にこだわるんだ?▼
[ルーナ]
あたしは…▼
[サイラス]
なんだよ、言えよ。▼
[ルーナ]
…わ、わかったわよ。
知りたいっていうなら教えてあげる。▼
あたしは…
自分の能力に自信がなかったからよ…▼
[サイラス]
自身がない?
嘘だろ?▼
[ルーナ]
嘘じゃないわ。
実はあたし、苦手なことばかりなの。▼
なのに、死んじゃった母さんが
けっこうすごい人でね…▼
あたしはいつも母さんと比べられて
母親と違って出来が悪いって言われて…▼
それが悔しくて…▼
[サイラス]
努力するしかなかった、ということか。▼
[ルーナ]
他の人には言わないでよね。▼
[サイラス]
ああ、言わない。▼
[ルーナ]
さてと。じゃ、そろそろ
勝負その二を始めましょう。▼
[サイラス]
いや。
勝負はもういい。▼
世界一の努力の天才はお前に譲る。▼
[ルーナ]
えっ?▼
[サイラス]
話を聞いてわかったんだ。▼
お前は苦手なことが多いと言った。
でも俺は違う。▼
自分で言うのもなんだが、
なんでもそつなくできてしまう質でな。▼
つまり、お前のほうが
努力の天才ってことだ。▼
[ルーナ]
た、確かに、言われてみればそうかも…
でもダメよ、そんなの…▼
そんなこと言わないで、
決着がつくまでお願い!▼
話し合いで勝敗が決まるなんていやなのよ!▼
[サイラス]
そ、そこまで言うならわかったよ…
じゃあ、次の勝負はなんなんだ?▼
[ルーナ]
次の勝負はずばり…持久走よ!▼
[サイラス]
…まあいい。▼
それじゃ、また朝まで走り続けるか!▼
[ルーナ]
のぞむところよ!▼

支援S

[サイラス]
ルーナ。
この間の勝負も壮絶だったな。▼
[ルーナ]
あんたの体力には恐れ入ったわ。
二人でうんと遠くまで走っていっちゃって…▼
[サイラス]
カムイが出撃の指示を出したのに
俺たちが見当たらなかったらしいな。▼
[ルーナ]
それで、あたしたちが怒られて勝負終了。
結果はまたしても引き分けってこと。▼
[サイラス]
改めて、すごいよ。
お前って奴は…▼
今日はそんな真の努力の天才に
これを渡そうと思ってな。▼
[ルーナ]
これは?▼
[サイラス]
開けてみてくれ。▼
[ルーナ]
…えっ?これって…▼
[サイラス]
そう、結婚指輪だ。▼
[ルーナ]
け、結婚って、あんた…▼
[サイラス]
…俺は本気だ。
ルーナ、結婚してほしい。▼
[ルーナ]
…………▼
…ダメよ。▼
[サイラス]
えっ、どうして…▼
[ルーナ]
どうしてって…
あたしは別の場所に帰らなきゃいけないし…▼
[サイラス]
別の場所に帰る?▼
どういうことだ?
お前の出身は暗夜じゃないのか?▼
[ルーナ]
そこに行くことになっても…
あんた、ついてこれる?▼
[サイラス]
…………▼
いいさ。▼
俺は努力の天才だからな。
できないことは何もない。▼
[ルーナ]
サイラス…▼
[サイラス]
それくらいお前に惚れているんだ。
女性としても人としても。▼
[ルーナ]
わかった。
じゃあ、受け取るわ。▼
[サイラス]
…あれ、意外だな。▼
[ルーナ]
何が?▼
[サイラス]
いや、意外とすんなりだったから…▼
[ルーナ]
そ、それは…
断ったらあんたがかわいそうだし…▼
こんなすごい指輪を
買った努力も認めてあげたいし…▼
努力の天才としては
あんたの努力を無駄にしたくなかったのよ。▼
[サイラス]
そうか。
優しいんだな、お前は。▼
[ルーナ]
…………▼
あのね。▼
[サイラス]
なんだ?▼
[ルーナ]
一つ言っておきたいことがあるの。
子どもができても一番はあたしにしてね。▼
[サイラス]
えっ?▼
[ルーナ]
自分の子どもなんだから溺愛してもいいわ。
でも、あたしのことはもっと溺愛して。▼
約束できる?
できないなら指輪は返しちゃうけど…▼
[サイラス]
…ふっ。▼
とことん溺愛してやるさ。
俺の愛をなめるなよ!▼

ベルカ

支援C

[サイラス]
ベルカ…
ちょっといいか。▼
[ベルカ]
…何?▼
[サイラス]
…いや、気のせいかもしれないから
聞き流してもらっていいんだが…▼
お前、悩みごとでもあるのか?▼
[ベルカ]
別に…▼
[サイラス]
そ、そうだよな。
気のせいだったみたいだ。すまない。▼
[ベルカ]
…どうしてそう思ったの。▼
[サイラス]
いや、なんというか…
深刻そうな顔をしてるから。▼
[ベルカ]
…それ、よく言われるわ。▼
怒ってるの、とか…
悲しいことでもあったのか、とか…▼
でも、別にそういうわけじゃない。▼
私は感情というものが薄いから…
きっとそう見えるだけ。▼
[サイラス]
えっ?
感情が薄いってどういうことだ?▼
[ベルカ]
よくわからない…
でも、きっとそうなのよ…▼
[サイラス]
…………▼
それは問題だぞ。
悩みごとがあるより問題だ。▼
[ベルカ]
…そうなの?▼
[サイラス]
当たり前だ。大問題だ。
だってそれじゃ、生きてて楽しくないだろ?▼
よし、俺が何とかしてやる。
仲間が困っているのは見過ごせないからな。▼

支援B

[サイラス]
では始めよう。
気を楽にして俺の話を聞いてくれ。▼
[ベルカ]
わかった…▼
[サイラス]
あのな…▼
ぷぷ…▼
この間、ハロルドがな…▼

(一時暗転)

はぁ…はぁ…
ダメか…▼
[ベルカ]
…………▼
ダメって?▼
[サイラス]
だって、今のは
ハロルドの笑い話、百連発だぞ!?▼
俺がいろんな人に聞いてまわった
渾身の取材の結果だぞ!?▼
俺自身が爆笑しながら集めたんだぞ!?
それが、全然おもしろくないのか!?▼
[ベルカ]
…………▼
おもしろいという感覚がわからない…▼
[サイラス]
…え?▼
[ベルカ]
ハロルドも苦労してるな、とは思う。
でもそれくらいで…▼
[サイラス]
…なんということだ。▼
いったい、お前に何があったんだよ?
生まれつきなのか?▼
[ベルカ]
…よくわからない。▼
でも子どものころ貧民街で言われたのは…
感情が薄いのは親のせいだってこと…▼
[サイラス]
親のせい?
よかったら、話してくれないか?▼
[ベルカ]
…………▼
それは…▼
[サイラス]
そうか。
そうだよな。▼
いや、いいんだ。誰にでも言いたくないことの
一つや二つあるもんだ。▼
とにかく俺は次の手を考えるからな。
され…どんな方法がいいか…▼
[ベルカ]
…………▼

支援A

[ベルカ]
サイラス…
親のことだけど…話す…▼
[サイラス]
…えっ? いいのか?▼
[ベルカ]
…ええ。▼
私の親は…
多分、私のことを愛していなかった…▼
[サイラス]
愛していなかったって…
どうして?▼
[ベルカ]
物心ついたころには
親に捨てられていたから…▼
そのあと私は一人で
貧民街で生きてきたの…▼
初めて仕事で人を殺したのは…
十歳に満たない年齢のときだったわ。▼
[サイラス]
そんな子供が…
殺しの仕事ができるものなのか…▼
[ベルカ]
私は貧民街で…
師匠と呼べる人に出会ったの。▼
その人は私に様々な殺しの技術と
一人で生きていく術を教えてくれた…▼
[サイラス]
その人は今どこに?▼
[ベルカ]
…私が殺したわ。▼
[サイラス]
えっ?▼
[ベルカ]
その人を殺すように依頼されたから…▼
[サイラス]
そんな…どうして…▼
[ベルカ]
断る理由がなかったから…▼
[サイラス]
…うっ。
…ううっ。▼
[ベルカ]
サイラス…泣いてるの?▼
[サイラス]
ああ。泣いてる。▼
[ベルカ]
どうして、サイラスが泣くの?▼
[サイラス]
お前の境遇を聞いてたら…
悲しくなってきたんだ。▼
[ベルカ]
…私はサイラスがうらやましい。▼
[サイラス]
えっ?▼
[ベルカ]
サイラスみたいに笑ったり泣いたりできたら
どんなにいいだろうと思う。▼
悲しいという気持ちがもっと強ければ…
私も師匠を殺さなかったかもしれない…▼
[サイラス]
…ベルカ。▼
わかった。
絶対に俺がなんとかしてやる!▼
たとえ何年かかっても…!▼
[ベルカ]
…サイラス。▼
…ありがとう。▼

支援S

[ベルカ]
サイラス…▼
[サイラス]
ベルカ、待ってたぞ。▼
今日はお前にプレゼントを持ってきた。
受け取ってくれ。▼
[ベルカ]
これは…何?▼
[サイラス]
開けてみればわかる。▼
[ベルカ]
…え。これって…▼
[サイラス]
結婚指輪だ。▼
[ベルカ]
…………▼
[サイラス]
結婚してほしい。▼
そして、俺がお前に
一生かけて感情を教えてやる。▼
俺みたいに、普通に泣いたり笑ったり
できるようになるさ。▼
[ベルカ]
…………▼
[サイラス]
…………
…ベルカ?▼
[ベルカ]
…………▼
[サイラス]
…ベルカ、泣いてるのか?▼
[ベルカ]
…わからない。
これが泣くってことなの?▼
私、悲しいの?
悲しくて泣いているの?▼
[サイラス]
どうだろうな。
人は嬉しいときにも涙を流したりするが。▼
[ベルカ]
…嬉しいときにも。▼
ありがとう、サイラス。
私、結婚する…▼
[サイラス]
ほんとか?▼
[ベルカ]
正直、この涙の意味が
私にはまだよくわからない…▼
でも、サイラスの側にいたら、
いつかきっと理解できそうな気がする。▼
[サイラス]
ああ。任せておけ。▼
[ベルカ]
もし、サイラスのように
泣いたり笑ったりできるようになったら…▼
私、師匠のために泣いてもいい?
後悔と償いの涙を流してもいいの?▼
[サイラス]
もちろんだ。
お前の涙が枯れるまで抱きしめていてやる。▼
[ベルカ]
…ありがとう、サイラス。▼

ピエリ

支援C

[サイラス]
ピエリ。
二人で話すのは初めてだな。▼
お前の噂は聞いたことがある。▼
[ピエリ]
噂ってなんなの?
ピエリ、そんなに有名人じゃないはずなの。▼
[サイラス]
自覚がないのか?▼
[ピエリ]
わからないの。
説明してなの。▼
[サイラス]
お前は昔から、家の従者とかに
色々とひどいことをしてきたとか…▼
[ピエリ]
…それが、噂になっているの?
理由がわからないの。▼
[サイラス]
わからないのか?
…驚きだな。▼
[ピエリ]
なぜ驚くの?
やっぱり理由がわからないの。▼
理由を教えてほしいの!▼
[サイラス]
といわれても、俺から
話していいものやら…▼
[ピエリ]
うう。そんな。
理由を知りたい知りたい知りたいの!▼
ふぐ…ふぐ…
ふぇーん!!▼
[サイラス]
といってもな…
やれやれ、どうしたものか。▼

支援B

[ピエリ]
イライライライライラ!
イライライライライラなのっ!!▼
[サイラス]
ピエリ…▼
[ピエリ]
あ、サイラスなの!
あなたなんて大嫌いなの!▼
あなたに理由を教えてもらえなくて
すごくイライラしているの!▼
[サイラス]
…………▼
そのことだが…
お前の事をマークス様と話してみた。▼
マークス様はお前のことを
かなり目にかけているようだ。▼
…はっきりとはおっしゃられなかったが
俺より買っておられるようでもあった。▼
[ピエリ]
よくわからないの。
つまりどういうことなのっ!?▼
[サイラス]
…あまり迷わせることを
言わない方がいいのだろうということだ。▼
余計なことを言ってすまなかった。
あの時した話は忘れてくれ。▼
[ピエリ]
…なんだかすっきりしないけど
忘れてくれと言うなら忘れてあげるの。▼
[サイラス]
そうか。すまないな。▼
[ピエリ]
ふん、なの!
忘れてあげるけど、許さないの!▼
あなたなんて大嫌いなの!▼
[サイラス]
行ってしまったか…▼
しかし、マークス様の役に立っているとはいえ
あの残虐性はなんとかしなければな。▼
従者という抵抗できない者へ
向けられるならなおさらだ。▼
さて、どうしたものか…▼

支援A

[ピエリ]
イライライライライラ
イライライライライラなのっ!▼
サイラスに言われたことが
まだ頭から抜けないの!▼
出撃して敵をたくさん倒しても
ちっとも物足りないの!▼
[サイラス]
ピエリ…
改めて謝りにきた。▼
[ピエリ]
謝っても許さないの!▼
[サイラス]
だろうな。
そう言うと思った。▼
だから覚悟を決めてきたんだ。
…さあ、俺を切り刻め。▼
[ピエリ]
えっ?▼
[サイラス]
俺を切り刻んで気が晴れるなら
好きなだけやるがいい。▼
[ピエリ]
ほ、本当にいいの?▼
[サイラス]
ああ。
男に二言はない。▼
[ピエリ]
わ、わかったの…▼
えいっ!
えいえいっ!▼
[サイラス]
…………▼
[ピエリ]
ずるいの!
サイラスは防御してるの!▼
防御したら血しぶきが見られないの!▼
[サイラス]
ははは。▼
だったら防御を解かせるくらい
うまく切り込んでくるしかないぞ。▼
さあ、やってみろ。▼
[ピエリ]
うーん…わかったの!
行くの!▼
はぁ…はぁ…
疲れたの…▼
[サイラス]
たいした腕だ。
マークス様が贔屓にする気持ちもよくわかる。▼
[ピエリ]
ピエリ、不思議な気持ちなの…▼
あなたから血しぶきを出せなかったのに
ピエリ、とてもすっきりしているの…▼
[サイラス]
そうだろう。▼
血しぶきなどなくても、
人は汗をかくとすっきりするもんなんだ。▼
[ピエリ]
そうなの?
すごい発見なの…▼
[サイラス]
そうだ。これからは家の従者たちにも…▼
[ピエリ]
わかったの。
従者たちとも汗をかくようにするの。▼
[サイラス]
それがいい。▼
[ピエリ]
でも、サイラスも
ピエリの汗をかく相手をするの。▼
[サイラス]
ああ。この程度でよければ、
いつでも相手になるぞ。▼
[ピエリ]
ありがとうなの!
ピエリ、サイラス大好きなの!▼

支援S

[ピエリ]
サイラス。
なんの用なの?▼
[サイラス]
よく来てくれた。
話したいことがあるんだ。▼
実はお前の家に行って
父親と話をしてきた。▼
[ピエリ]
な、何を話したの?
もしかして、ピエリの悪い話とか…▼
[サイラス]
そうじゃない。
結婚の意向を伝えてきたのだ。▼
[ピエリ]
…え?結婚?▼
?▼
ピエリ、なんだかよくわからないの。▼
[サイラス]
簡単に言おう。
俺はお前のことが好きだ。▼
だから結婚したい。
そう思っている。▼
[ピエリ]
えーーーーっ?▼
サイラスは、ピエリのこと
嫌いだったんじゃないの?▼
[サイラス]
そんなことはない。▼
[ピエリ]
…そうなの?
なら良かったの。▼
サイラスがピエリのこと嫌いじゃなくて…
ピエリ嬉しいの!▼
[サイラス]
そうか。
…ピエリ、なんだか最近素直になったな。▼
[ピエリ]
そうなの?
ピエリ、自分ではよくわからないの。▼
[サイラス]
そんな風に素直なピエリを見てると、
なんだか愛しくてたまらなくなってきてな。▼
そこで、挨拶を…となったわけだ。
迷惑だったか?▼
[ピエリ]
そんなことはないの。▼
ピエリに優しくしてくれるサイラスは
好きなの。▼
[サイラス]
本当か?▼
[ピエリ]
そうなの!▼
でも結婚したら…
家事とかしなきゃダメなんでしょ?▼
[サイラス]
それは心配要らないさ。▼
家事は従者がやってくれる。
俺の家にも従者はたくさんいるからな。▼
[ピエリ]
そ、そうなの?▼
[サイラス]
ああ。
ただし、ひどいことをしちゃ駄目だぞ。▼
[ピエリ]
分かっているの。
サイラスの従者とも一緒に汗を流すの。▼
それから、サイラスには毎日
ピエリがお料理を作ってあげるの。▼
[サイラス]
それならなんの問題もない。
じゃあ、マークス様に伝えにいこう。▼
[ピエリ]
マークス様に話したらどうなるの?▼
[サイラス]
きっと喜んでくれるさ。▼
[ピエリ]
そうなの?
それならピエリも嬉しいの!▼
サイラス、好きなの!
今までで一番、だーーーい好きなの!▼
[サイラス]
ああ、俺もだよ。▼

シャーロッテ

支援C

[シャーロッテ]
サイラスさ~ん!▼
[サイラス]
お前は…シャーロッテだったか?▼
[シャーロッテ]
そうです~!▼
名前を知っていてくださったなんて…
感激です~!▼
てへっ!▼
[サイラス]
…………▼
[シャーロッテ]
あ、今…
すごいことに気づきましたぁ~!▼
サイラスさんの目の色と髪の色って、
同じなんですね。▼
すごく素敵だと思います~!▼
キュン!▼
[サイラス]
…………▼
それでなんの用だい。▼
[シャーロッテ]
お忙しいところすみません!
一つお聞きしたいことがあったのです~。▼
サイラスさんは、カムイ様の
ご親友って本当ですか~?▼
[サイラス]
ああ、そうだ。
あいつのためならこの命を捧げてもいい。▼
それくらいの仲だ。▼
[シャーロッテ]
あぁ…▼
[サイラス]
いきなり倒れてどうしたんだ。
具合でも悪いのか?▼
[シャーロッテ]
…ご、ごめんなさい。
あまりに素敵で卒倒してしまいました。▼
そうだ!▼
今度、サイラスさんのために
お弁当を作ってきますね~!▼
[サイラス]
…どうしてそういう話の流れになるんだ。
俺にはお前に弁当を作ってもらう理由がない。▼
[シャーロッテ]
理由ならあります!▼
だって私のこと…
サイラスさんに知ってもらいたいから…▼
[サイラス]
…………▼

支援B

[シャーロッテ]
サイラスさ~ん!
お弁当、作ってきました~!▼
[サイラス]
そうか、助かるぞ。
ちょうど腹を空かせていたところだ。▼
[シャーロッテ]
あ、あの~。
その前に一つ確認してもいいですか~?▼
[サイラス]
ああ。▼
[シャーロッテ]
サイラスさんはカムイ様の親友だって
言っていたじゃないですか~。▼
[サイラス]
そうだ。
しつこい奴だな。▼
[シャーロッテ]
でも噂だと、カムイ様は
そう思っていなかったって…▼
[サイラス]
えっ?▼
[シャーロッテ]
正確に言いますと、サイラスさんが
カムイ様と久々に再会されたとき…▼
カムイ様はサイラスさんを
覚えていなかったそうですね。▼
それって…
事実関係はどうなんですか?▼
[サイラス]
俺とカムイは幼いころからの
知り合いなんだが…▼
俺は頻繁に王城を
出入りできるわけではなかったからな。▼
だからカムイが俺のことを
覚えていなくても不思議ではない。▼
しかし、今、俺とカムイが
親友なのは間違いではないぞ。▼
[シャーロッテ]
ストーーーップ!▼
[サイラス]
な、なんだ?▼
[シャーロッテ]
頻繁に王城を出入りできない?
サイラスさんは王族じゃないんですか~?▼
[サイラス]
ああ、王族ではない。▼
[シャーロッテ]
…………▼
ちっ!▼
あー弁当なんか作って損した。
損どころか大損よ。▼
[サイラス]
え?▼
[シャーロッテ]
親友っていうからてっきり王族だと思ったのに。
違うなんて。▼
もしかしたら親友ってのも怪しいかも。
そうなったら、あなた、価値ゼロよ。▼
[サイラス]
シャ、シャーロッテ…?▼
[シャーロッテ]
王族じゃないなら弁当はあげないから。
その辺の草でも食ってな。▼
[サイラス]
まあ、確かに俺は王族ではないが…▼
一応、こう見えて貴族だ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
…………▼
え、え~っ!?▼
すごいじゃないですか~!▼
さぁ、サイラスさん。
早くお弁当、食べてみてくださいよぅ~!▼
[サイラス]
…………▼

支援A

[サイラス]
シャーロッテ。
ちょっといいか。▼
[シャーロッテ]
…な、なんですか~?▼
[サイラス]
まじめに話したい。
お前は心に問題を抱えているようだからな。▼
[シャーロッテ]
…えっ?
も、問題ですかぁ~?▼
[サイラス]
そうだ。
お前は突如として人格が入れ替わる。▼
あれはどう見ても問題だ。
しかも深刻な。▼
でも、恥じることはない。▼
自分の心としっかりと向き合えば
きっと問題は解決することだろう。▼
俺は仲間を見捨てることができない性分だ。
だからとことんまで付き合ってやる。▼
[シャーロッテ]
…………▼
[サイラス]
そこに座ってくれ。
まずは幼少期の話から聞かせるんだ。▼
[シャーロッテ]
…へっ?▼
[サイラス]
なぜそのような心を持つに至ったのか…
俺が本気で突き止めてみせる。▼
だから安心して、語ってみてくれ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
…わ、わかったわよ。▼
[サイラス]
まず、生まれは?▼
[シャーロッテ]
私は普通の家に生まれたわ。
普通って言っても裕福ではなかったけど。▼
[サイラス]
そのことに対して不満は?▼
[シャーロッテ]
不満っていうか…たまに見かける
王族の華やかな姿にあこがれたのは確かよ。▼
ああいう生活がしたい…
家族に楽をさせたい…▼
そんな一心で武器の腕を磨いて
王城の兵士にまで上り詰めたの。▼
[サイラス]
…なるほどな。
少し見えてきた。▼
今の地位よりも上に行くには、
戦場で武勲を上げなければならない。▼
だが誰よりも武勲を上げようと思えば、
戦場で女を捨てなければならなくなる。▼
本来、女らしい性格のお前にとって
それは苦痛だったのだろう。▼
そのジレンマが歪んだ二重人格を生み出した。
どうだ?俺の読みは?▼
[シャーロッテ]
ま、まあ…
そんなところかもしれないわね。▼
[サイラス]
だとしたら…
俺の中でお前の好感度は上がった。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[サイラス]
俺も腕一本で王城騎士まで上り詰めた者…
お前の立場には共感できる。▼
[シャーロッテ]
そ、そう…▼
[サイラス]
よし。
ではもう一度、幼少期からだ。▼
[シャーロッテ]
えっ?
まだ話すの?▼
[サイラス]
当然だ。
今度はもっと細かく具体的に聞いていく。▼
一緒に心の闇をあぶりだそう。
さあ、語ってくれ。▼

支援S

[シャーロッテ]
来たわよ。
話ってなに?▼
また昔の話をしなきゃならないの?▼
[サイラス]
いや、今日はいい。▼
というより…
今日は俺の話を聞いてくれ。▼
[シャーロッテ]
えっ?
私が聞くの?▼
[サイラス]
そうだ。
だが、その前に…▼
これを受け取ってくれ。▼
[シャーロッテ]
これ…指輪?▼
[サイラス]
シャーロッテ。
俺と結婚してほしい。▼
[シャーロッテ]
…………▼
えぇぇぇぇぇぇぇ!?▼
[サイラス]
もし、お前さえよければ…だが。▼
[シャーロッテ]
…………▼
い、いいに決まってるじゃない。▼
貴族とか抜きにしても
あなたは素敵な人だし…▼
[サイラス]
それは嬉しい言葉だな。▼
[シャーロッテ]
でも、本当にいいの?
私の二重人格って問題は解決してないんだよ。▼
[サイラス]
それについても考えが変わった。▼
お前は別に問題を抱えていない。
だから、今のままでいい。▼
裏表のある性格…
それもまたお前の魅力の一つだ。▼
[シャーロッテ]
それって誉めてるの?▼
[サイラス]
もちろんだ。▼
真っ直ぐに生えた木は美しいが、
複雑に絡み合った蔦もまた美しい。▼
人間の魅力というもんは幅広いからね。▼
[シャーロッテ]
…私が複雑に絡み合った蔦だってこと?▼
[サイラス]
複雑な人間ほど味わい深い。▼
シャーロッテとなら、
一生側にいても飽きないだろう。▼
[シャーロッテ]
わ、わかったわ…▼
こんなふつつか者ですが…
よろしくお願いします…▼
きっとあなたを退屈させないわ。▼
[サイラス]
ああ。
年老いて死ぬまで楽しませてくれ。▼
俺もお前を楽しませられるよう、
努力しよう。▼

共通ユニット

サイラス(共通)のページへ

白夜ユニット

サイラス(白夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • サイラスの最後の台詞がピエリになってますw -- 2015-10-01 (木) 19:39:48
  • ベルカとサイラスの支援Sが一番好き -- 2019-10-09 (水) 12:20:51

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 09 Oct 2019 12:20:52 UTC