Top > 会話集 > 支援会話 > サイゾウ(透魔)

サイゾウの支援会話

ベルカ

支援C

[サイゾウ]
お前が…
暗夜の殺し屋ベルカだな。▼
[ベルカ]
…何か用?▼
白夜の忍び…サイゾウ。▼
[サイゾウ]
ほう…?
お互い名前は既に聞き知っているようだな。▼
[ベルカ]
ええ…白夜のサイゾウの名は、
暗夜にも知れ渡っている。▼
次期王の忠実なる家臣…
そして、凄腕の暗殺者だと。▼
[サイゾウ]
お前のほうこそ、
幼いながらも殺すことに躊躇いをもたぬ、▼
冷酷な殺人兵器の少女と
噂に聞いていたぞ。▼
[ベルカ]
…そう。▼
あなたは…
どれぐらい殺したの?▼
[サイゾウ]
なんだその質問は。
…お前は覚えているのか?▼
[ベルカ]
殺し屋の仕事を始めた頃は
数えるのが日課だった。▼
でもカミラ様に拾われてからは…
数えるのを止めた。▼
それが自分にとって良いのか悪いのかは
わからない…▼
ただ、転機ではあったのだと思う。▼
[サイゾウ]
そうか。▼
[ベルカ]
…私は答えたわ。
あなたはどうなの?▼
[サイゾウ]
俺は…逆に忘れられない。▼
覚えていたくなくても…
忘れようとしても…▼
殺した人間たちの顔も数も…
心の中にくっきりと刻み込まれているんだ。▼
[ベルカ]
…そう。▼
[サイゾウ]
敵国の殺し屋と暗殺者がこうして
手を組むというのも何かの縁だ。▼
お互い守るべき主君がいることも同じだ…▼
ベルカ。
これからよろしく頼む。▼
[ベルカ]
ええ。▼

支援B

[サイゾウ]
ベルカは殺し屋時代、
独りで仕事をこなすことが多かったのか?▼
[ベルカ]
ええ、もちろんよ。
仲間など不要でしかなかったわ。▼
でも…カミラ様に拾われて
軍人になってからは…▼
特攻部隊の隊長として、
大勢で敵を殺すことのほうが多くなった。▼
…あなたは?▼
[サイゾウ]
俺はいまだに独り隠密として
行動することのほうが多いな。▼
[ベルカ]
そう…
隠密行動は骨が折れるでしょう。▼
[サイゾウ]
ああ。
特に覚えているのは…あの一件だな。▼
数年前のことだが…暗夜王国に潜入し、
侯爵貴族を殺した事があった。▼
[ベルカ]
…………▼
[サイゾウ]
俺に課せられた任務は、暗夜王都の
東に位置する街にいる貴族の暗殺…▼
あれは骨の折れる仕事だった…
任務をこなしたは良いものの、▼
直後に複数の手練れに囲まれ…
そしてその貴族の家族にも目撃されて、▼
狂気の顔で恨みごとを言われたな…▼
それで…▼
[ベルカ]
…………▼
[サイゾウ]
…?
ベルカ、どうした?▼
[ベルカ]
その貴族の名は…ボルド。▼
[サイゾウ]
なぜその名を知っている!?▼
[ベルカ]
…そう。
彼を殺したのは…あなただったの。▼
[サイゾウ]
どういう意味だ?
あの男のことを知っているのか?▼
[ベルカ]
いえ…今更言っても仕方ないことね。
忘れて…▼
(ベルカ退場)
[サイゾウ]
お、おい…待て!
ベルカ!!▼
…………▼
一体どういうことなんだ…?▼

支援A

[サイゾウ]
ベルカ…この間の話だが。▼
[ベルカ]
あれはもう忘れてほしいと
言ったはずよ。▼
[サイゾウ]
そうはいかん。
悪いが…調べさせてもらったぞ。▼
[ベルカ]
…!!▼
[サイゾウ]
お前はボルドの家族に依頼されて…▼
俺にボルド殺害を依頼した
白夜の諸侯スルガを手にかけた…▼
[ベルカ]
…………▼
[サイゾウ]
スルガ一族はすぐまた俺に
暗殺依頼を出してきた…▼
そして俺は…ボルドの家族を…▼
[ベルカ]
もういい…もう、止めて。▼
[サイゾウ]
お前が耳を塞ぐ理由は…▼
自分のしてきたことがいかに空虚なことかを
知りたくないからか? 目を背けるためか?▼
[ベルカ]
…………▼
[サイゾウ]
だがそれは俺とて同じことだ。
まったく…やり切れんな。▼
これはただの…悪循環でしかない。▼
怨恨の名の連鎖が続く
地獄絵図のようだな…▼
[ベルカ]
そうね…その通りだわ。▼
[サイゾウ]
だがそれを終わらせるのが…
この戦争なのだろう?▼
こんな血で血を洗い続けるだけのバカげたことは
…もう終わりにしなければならない。▼
お前もそう思わないか?▼
[ベルカ]
ええ。そのために今、
我々は手を取り合っている。▼
[サイゾウ]
そうだ。一刻も早くこの負の連鎖を
終わらせて、世界に平和を取り戻そう。▼
そのためにお前も協力してくれ。▼
[ベルカ]
わかった…最善を尽くす。▼

支援S

[サイゾウ]
ベルカ、少し話をしてもいいか?▼
[ベルカ]
なに…?▼
[サイゾウ]
この前平和な世界を取り戻すためにと、
共闘を誓い合ったが…▼
もう一つお前と誓い合いたいことがある。▼
[ベルカ]
もう一つ?▼
[サイゾウ]
ああ。所詮は汚れた生き方しか
できなかった二人だ…▼
仮に平和な世界を作れたとしても、
我らの仲間たちの生き方とは…▼
大きな隔たりがあるだろう?▼
[ベルカ]
そうね…▼
[サイゾウ]
しかし…だからこそ
二人だけの安らぎの場が欲しい…▼
そうは思わないか?▼
[ベルカ]
安らぎの場所?▼
…どういうこと?▼
[サイゾウ]
一緒に生きよう、ベルカ…▼
俺とお前で共に生きて、
二人だけの心休まる場所を作っていきたい。▼
[ベルカ]
サ、サイゾウ…!▼
[サイゾウ]
たとえ誰が俺たちのことを殺し屋と蔑もうとも…
世界が俺たちを拒もうとも…▼
俺は…俺だけはお前を裏切りはしない。
必ず傍にいると誓おう。▼
[ベルカ]
…………▼
こんな感情が…
私にもまだあったのね。▼
私も…その安らぎを知りたい…▼
[サイゾウ]
必ず作れるさ、二人ならな。▼
[ベルカ]
そうね。
私…あなたの傍にいるわ。▼
[サイゾウ]
ああ。誰が俺たちを否定しようとも、
俺たちだけは互いを認め合おう。▼
[ベルカ]
…ええ。▼

ラズワルド

支援C

[サイゾウ]
…気に入らん。▼
[ラズワルド]
ん? なにが?▼
[サイゾウ]
…お前のことがだ。▼
なぜ貴様のような奴が
マークス王子の臣下なのだ。▼
[ラズワルド]
うーん…▼
僕が優秀だからかな?▼
[サイゾウ]
ふざけるな!▼
次期国王に使える優秀な臣下とは…▼ (※原文ママ)
由緒ある五代目サイゾウである
この俺のような者のことを言うのだ。▼
[ラズワルド]
由緒ある、ねぇ。▼
リョウマ王子って、
そういうのを気にする方なの?▼
[サイゾウ]
おのれ!
俺の主君を愚弄する気か!▼
[ラズワルド]
そ、そんなつもりはないけどさ…▼
[サイゾウ]
本当に…心底わからん。
なぜお前がマークス王子の臣下なのか。▼
そもそも貴様はどこから来た。
どうやって王族に取り入った?▼
[ラズワルド]
そ…それは…
ええと…▼
[サイゾウ]
……………▼
ええい、まどろっこしい…!▼
はあっ!▼
[ラズワルド]
ええっ!
ど、どうして斬りかかってくるの!?▼
[サイゾウ]
剣技や闘いのクセで
ある程度の出自はわかるからな…▼
闘いを通し、
貴様の素性を暴いてやる!▼
[ラズワルド]
ぶ、物騒すぎるよ!▼
[サイゾウ]
ほう…今のを避けたか。
だが、これはどうだ!?▼
…はあっ!▼
[ラズワルド]
うわっ!?▼
[サイゾウ]
逃げるな。
喉を裂かれたいか?▼
[ラズワルド]
…ちょ、ちょっと。
目が本気なんだけど…▼
[サイゾウ]
さあ…死にたくないなら反撃しろ。▼
[ラズワルド]
い、痛い…!
そんなに強く掴まないで…!▼
反撃しろって言われても、
こんなにがっちり捕まえられてたら無理だよ…!▼
かくなるうえは…▼
…あ! リョウマ様だ!▼
[サイゾウ]
なに!?
どちらに…!!▼
[ラズワルド]
引っかかったね、サイゾウ!
よし、今のうちに…!▼
[サイゾウ]
くっ…貴様、卑怯だぞ!▼
[ラズワルド]
卑怯なのはどっちだよ!▼
いきなり襲い掛かってくるなんて…
仲間同士でこういうのはやめよう!?▼
ほら、今日はもう解散!
…じゃあね!▼
[サイゾウ]
…逃げたか。
心底、見下げた根性だな。▼
あんな奴と俺が同じ立場の臣下など、
断じて認めんぞ…▼

支援B

[サイゾウ]
…ラズワルド。▼
[ラズワルド]
ひっ!? サイゾウ!?▼
[サイゾウ]
情けない声を出すな。
仲間を怖がるとは軟弱者め。▼
[ラズワルド]
前みたいに襲われたら怖がりもするよ!
で、何? 僕に何の用なの?▼
[サイゾウ]
俺と勝負をしろ。▼
[ラズワルド]
殺す気満々じゃないか!▼
[サイゾウ]
殺す気などない。▼
ただ、貴様が俺と同じ…
次期国王の臣下だというのが納得いかん。▼ 
軟弱かつどこの馬の骨かわからん貴様と
由緒正しき5代目サイゾウが同列など、▼
あってはならんことなのだ。▼
[ラズワルド]
え、偉そうすぎる…!▼
[サイゾウ]
不服ならこの俺と勝負をし、
貴様の実力を見せろ。▼
[ラズワルド]
話はわかったけど…
やっぱり仲間内で闘うのって良くないよ。▼
平和的な勝負じゃダメかな…?▼
[サイゾウ]
例えば?▼
[ラズワルド]
ナンパ対決とか。▼
[サイゾウ]
ふざけるな!
誰がそんなことをするか!!▼
[ラズワルド]
まあまあ。
いい? ナンパっていうのはね…▼
初対面の人に好感をもたれる力が要るんだ。
それって次期国王の臣下として大事だよ。▼
臣下が嫌な奴だと、
王様も悪く見えちゃうでしょ?▼
[サイゾウ]
…納得はいかんが、
まあ一理あるかもしれんな。▼
[ラズワルド]
でしょ? じゃあ決まり!▼
僕がいかに優秀な人物か、
ナンパ勝負を通じて見せてあげるよ!!▼
……………▼
…サイゾウみたいな無愛想な忍び相手なら
きっと僕の圧勝だし…▼
[サイゾウ]
何か言ったか?▼
[ラズワルド]
なーんにも!
さ、行こ行こ!▼

(暗転)
[サイゾウ]
……………▼
[ラズワルド]
……………▼
[サイゾウ]
…俺の圧勝だったのだが。▼
[ラズワルド]
知ってるよ!!▼
なんで!?
なんでなの!?▼
どうして顔を半分隠した強面の奴に
僕が負けるのか全然納得いかないよ!▼
ミステリアスさ!? 媚びない感じ!?
それともその逞しい体つきですかね!?▼
[サイゾウ]
中身の差ではないのか?▼
[ラズワルド]
なにーーーーーーー!?▼
…はっ! でも僕は前に、顔半分隠した男と
強面の男にナンパ対決で負けている…▼
つまりその2つを兼ね備えたサイゾウに
敵う可能性なんて…▼
…最初からなかったんだ…!
[サイゾウ]
何をぶつぶつ言っているんだこいつは。▼
[ラズワルド]
うっ…!
ううう…! ぐすっ…▼
[サイゾウ]
おい、泣くな。
容易く涙を見せるなど、男の恥だぞ。▼
[ラズワルド]
うう…
どうせ僕は恥ずかしい奴ですよ…▼
[サイゾウ]
……………▼
…安心しろ。
こんなものは勝負のうちに入らん。▼
よく考えれば女を引っ掛ける能力など、
次期王の臣下として何の役にも立たぬ。▼
暗夜風に言ってやるならノーカウントだ。▼
[ラズワルド]
そ、そう…?▼
[サイゾウ]
勝負は改めて行おう。
それまでには泣き止んでおけ。▼
[ラズワルド]
うん…ありがと。
君って案外優しいんだね。▼

支援A

[サイゾウ]
……………▼
[ラズワルド]
いたいた、サイゾウ!
次の勝負、いつにする?▼
次こそ僕の実力を見せ付けて、
君をぎゃふんと言わせてやるんだからね!▼
[サイゾウ]
……………▼
ぎゃふん。▼
[ラズワルド]
へ?▼
[サイゾウ]
実力を見せ付けられたと思ったから
ぎゃふんと言ってやったのだ。喜べ。▼
[ラズワルド]
喜べって…
まだ何にも勝負してないけど…▼
…あ、もしかしてこの前僕が
奇跡的にナンパに成功したの見てた!?▼
[サイゾウ]
違う!
この前の戦闘だ。▼
[ラズワルド]
この前の戦闘…?▼
[サイゾウ]
ああ。
貴様はリョウマ様をお守りしただろう。▼
姿の見えぬ兵の奇襲…
俺も周りの者も不意を突かれた瞬間、▼
突如お前が現れて、
リョウマ様の背後に迫った敵を斬り捨てた。▼
[ラズワルド]
ああ、あの時のことか!
リョウマ王子、お怪我がなくてよかったよ。▼
[サイゾウ]
…リョウマ様の臣下として礼を言う。
本当に助かった。▼
[ラズワルド]
どういたしまして。▼
僕、化け物と闘うのは慣れてるから、
気にしないで。▼
[サイゾウ]
そうなのか?▼
[ラズワルド]
うん、ちょっとね。
故郷で色々あってさ。▼
[サイゾウ]
なるほど…
ではその剣技は故郷のものなのだな。▼
俺は幼いころから暗夜白夜問わず
様々な技を学んできたが…▼
あんな闘い方があるとは知らなかった。▼
敵を翻弄する動きと攻撃…
悔しいが、目を奪われるほどだった。▼
マークス王子はきっと、
その腕を買われたのだな。▼
[ラズワルド]
そ、そんなに褒められると恥ずかしいよ。▼
[サイゾウ]
…図らずもこの一件で、
貴様の実力はわかった。▼
このサイゾウと同じ、次期国王の臣下として
相応しいと認めてやろう。▼
[ラズワルド]
あはは。
偉そうなのは変わらないんだ。▼
[サイゾウ]
当然だ。お前がどこの馬の骨だか
わからんという点は変わらんからな。▼
…また、勝負をするぞ。
貴様は俺の好敵手だ。▼
貴様の全てを暴くまで…
俺は決して、諦めん。▼
[ラズワルド]
…うん。
覚悟しておくよ。▼
じゃ、また街に繰り出して、
ナンパ対決でもする?▼
[サイゾウ]
ふっ…
望むところだ。▼

シャーロッテ

支援C

[サイゾウ]
むっ、そこにいるのは…▼
暗夜の…
[シャーロッテ]
あら、どなたですかぁ?▼
私に声をかけるなんて、
そんな、困ってしまいますぅ~…▼
って…あんたかよ。
あーあ、声色変えて損した。▼
[サイゾウ]
なんだ、それがお前の地声か。
実は…口が悪かったんだな?▼
[シャーロッテ]
だからなんだっての?▼
一言とはいえ媚び売ったのが
あんたで、ホント失敗だわ~。▼
[サイゾウ]
なぜそう思う?▼
[シャーロッテ]
だってアンタって白夜王家に仕える
ただの忍者でしょ?▼
辛気臭いし暗いし…服もやぼったいし…
あんまりお金も持ってなさそうだし…▼
地位もそれほど高くなさそうで…▼
[サイゾウ]
ふっ…▼
[シャーロッテ]
はぁ? なんで笑ったのよ?▼
[サイゾウ]
俺は次期白夜王リョウマ様の…
直属の臣下だ。
地位という点では並みの王城兵の
比較にならん。▼
[シャーロッテ]
えっ…▼
[サイゾウ]
人を見た目で判断するとは
浅はかだな…▼
[シャーロッテ]
…………
そ、そうだったんですかぁ~。
なるほど、よく見れば素敵な佇まいです~!
能ある鷹は爪を隠すって言いますものね~!
さすが、見事な隠しっぷりで…▼
[サイゾウ]
もう遅いぞ。▼
[シャーロッテ]
そうですよね。▼
[サイゾウ]
ふふ…
お前のその態度、なかなかに面白い。▼
人には裏表があるものだが、
ここまで来ると清々しいな…▼
[シャーロッテ]
な、なんですって~~!! ムカつくわね~!!▼
私のお眼鏡に適わなかったことに
もうちょっとイラつくくらいしなさいよ!▼
[サイゾウ]
ははは…どうでも良いな。
どうでも良過ぎて笑えてくる。▼
[シャーロッテ]
きぃ~~!!なんてやな奴!!▼

支援B

[シャーロッテ]
ふんふんふ~ん。
悦ばせるには~まず胃袋からってね~!▼
…でもこのスープは…もう少しスパイスを
入れたほうが良いかな?▼
ちょっと刺激的なくらいが
クラクラするってなもんよ~うふふ!▼
[サイゾウ]
うむ…なかなかに美味いが、
確かにもう少し胡椒を足してもいいな。▼
[シャーロッテ]
おわぁぁーーーっ!!▼
あ、あんたいきなり
驚かせるんじゃないわよ!!▼
というかどこから現れたの!?
勝手につまみ食いしてんじゃないわよーっ!▼
[サイゾウ]
イチイチうるさい奴だな…▼
俺は忍びなのだから
突然現れることには長けている。▼
[シャーロッテ]
なによそれ…▼
[サイゾウ]
ズズズ…うん。
だが本当に美味いぞ。口は悪いがな。▼
[シャーロッテ]
あら~ありがとうございますぅ☆▼
…じゃないわよ!!▼
あんたに食べさせる物じゃないんだから、
勝手に食べないで!▼
[サイゾウ]
軍の資金と食料で作った料理を
俺が食べて何がいけないのだ?▼
[シャーロッテ]
ぐっ…!▼
[サイゾウ]
もしや私的な理由で食料を
使っているわけではないだろうな?▼
[シャーロッテ]
あは、あははは…ま、まさかぁ!
そんなわけないじゃないですかぁ~!▼
[サイゾウ]
なら良かろう▼
[シャーロッテ]
ちっ…!▼
[サイゾウ]
しかし口は悪いが、作るメシは本当に美味い。
これがお前の本性というやつなんだろうな。▼
[シャーロッテ]
ふ、ふん…うっせぇなぁ…
悪い!?▼
[サイゾウ]
最初は意外だと思ったが…
まぁ自然体でお前らしいんじゃないか。▼
[シャーロッテ]
えっ…?▼
[サイゾウ]
むしろ本性を知ってしまうと声色変えるお前が、
気色悪く思えてかなわん…▼
できるだけ俺の前ではあの声は止めてくれ。
じゃあな。▼
[シャーロッテ]
む、ムカーッ!!!▼
あの陰険忍者、一体何様のつもり!?▼

支援A

[シャーロッテ]
ほらよっと!
炊事洗濯お手の物ってね!▼
これで洗濯物は大体片付いたわね~。▼
じゃあ次は…▼
[サイゾウ]
ほう…これはまた慎ましやかに働くものだな。
口は悪いのに。▼
[シャーロッテ]
おわあああ!?▼
…またあんたかよ!▼
ここまで来るともはや
作為的な嫌がらせに感じるんだけど…▼
[サイゾウ]
何の事だ?俺はたまたま通りかかっただけだが。▼
[シャーロッテ]
ああーーーもう! 私のこの
女性らしさをちゃんと見ていくれる、▼
見るからに「かっこいい殿方」は
どこかにいらっしゃらないのかしら!!▼
私のことを高く評価してくださる、
「かっこいい殿方」は!▼
…なんであんたばっかり見てるのよ!!▼
[サイゾウ]
俺で悪かったな…▼
[シャーロッテ]
ったく…私の女子としての才覚を見せつけたいのは、▼
あんたみたいな陰湿で陰険な
忍者じゃないんだからね!▼
誰も見てくれないなんて
ホント最悪!▼
[サイゾウ]
そうか…だが。▼
お前が料理や家事で
軍に貢献していることは、▼
誰も見ていなくても…
俺がちゃんと見ているぞ。▼
[シャーロッテ]
え…?▼
[サイゾウ]
もちろん口が悪いこともな。▼
[シャーロッテ]
き、キイーッ!!
だから、てめーは一言多いんだよ!!▼
[サイゾウ]
ふふっ…そいつはすまなかったな。▼
[シャーロッテ]
笑うんじゃないわよ!
ますますバカにされてるみたいでしょうが!▼
[サイゾウ]
じゃあどうすればいいだ?▼
[シャーロッテ]
もう何も言わなくてもいいから、
さっさとこの場から消えて!!▼
[サイゾウ]
承知した。
じゃあまたな、裏表女。▼
[シャーロッテ]
ふぅ…全くもう…
嫌になるわ…▼
でもあいつ…
ちゃんと見てるって言ってくれた。▼
ま、まぁ…見た目ほど
嫌な奴じゃないのかもね。▼
見た目ほどにはね!!!▼

支援S

[サイゾウ]
おい、シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
おわっ!? な、何よ突然!▼
[サイゾウ]
俺と付き合え。▼
[シャーロッテ]
付き合え? はぁ?
どこに付き合えばいいのよ?▼
買い出しにでも行くの?▼
[サイゾウ]
そういう意味じゃない。
俺の…恋人になれ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
は……はあああああ!!!?▼
な、な、な…!!
何をバカなことを言ってるのよ!!▼
突然気でおかしくなったの、あんた!?▼
[サイゾウ]
何が不満だ?▼
お前が家事や炊事で軍に貢献しているところを、
きちんと見ていたのは俺だ。▼
つまりお前の良い所は俺しかみていない。
ならば俺がお前をもらってやるのは当然だ。▼
[シャーロッテ]
ちょ、ちょっと待ちなさい!
何勝手に決めてんのよ!!▼
[サイゾウ]
何が気に食わない?
地位も申し分ないはずだぞ。▼
次期国王直属の臣下など、探してもそうはいない。▼
[シャーロッテ]
だとしても、これまでのアンタの
私に対する横柄な態度は何なのよ!?▼
好きな女性に対するものとは
とうても思えないわ!▼
[サイゾウ]
別に横柄な態度を取ったつもりなどない。▼
口が悪いくせに何でもそつなくこなす
面白い奴だと思っていたぞ。▼
[シャーロッテ]
く、くっ…ま、マジなの?▼
[サイゾウ]
ああ、本気だ▼
お前の全てを理解してやるんだから、
四の五の言わずさっさと俺の嫁になれ。▼
[シャーロッテ]
アンタって人は…どこまでも…!
そ、それが横暴だって言ってんだよ…!▼
[サイゾウ]
お前は俺が嫌いなのか?▼
[シャーロッテ]
き、嫌いじゃないわよ…▼
その…ちゃんと私の努力を見てくれてたのは…
嬉しかったし…▼
それに国際結婚にも…
憧れてたし…▼
[サイゾウ]
では何の問題もあるまい。▼
[シャーロッテ]
ううっ…でもアンタの言いなりになるのは、
なんか釈然としないのよーっ!!▼
[サイゾウ]
俺の言いなりになっていろ。
そうすれば必ず幸せにしてやるから。▼
[シャーロッテ]
えっ…ええっ…!?▼
…………▼
わ、私こういう強引なのに
案外弱いのかも…▼
は、はい…わかり…ました…▼
[サイゾウ]
じゃあ最後に名前を呼んでくれ。▼
[シャーロッテ]
はぁ!?▼
[サイゾウ]
お前はこれまで一度も俺の名前を
呼んでくれていない。▼
…それが心残りだった。▼
[シャーロッテ]
えっ…そうだっけ?
うふ…うふふふふ。▼
[サイゾウ]
なんだ…?▼
[シャーロッテ]
なんだぁ、結構可愛いところもあるんじゃない。
うふふふ、いいわよ。呼んであげる。▼
[サイゾウ]
た、頼む。▼
[シャーロッテ]
サイゾウ…これから私を…絶対に…幸せにしてくださいね?▼
[サイゾウ]
ああ、もちろんだ。だが…その声色は止めろと言ってるだろ。▼
[シャーロッテ]
き、キイイーーッ!!
なんで最後にまたそういうこと言うのよ!!▼
この陰険忍者―!!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • 「次期国王に使える優秀な臣下とは…」は誤字ではなく、ゲーム中でそうなっています。 -- 2015-07-26 (日) 09:54:59
  • 顔半分隠した男=ジェローム、強面の男=ブレディ -- 2015-07-26 (日) 11:19:34
  • ↑↑別に決まりごとではありませんが、「原文ママ」と入れておくと、ゲーム内表記の誤字と分かりやすいですよ。 -- 2015-07-26 (日) 11:41:28
  • ↑ありがとうございます! -- 2015-07-26 (日) 12:54:01
  • サイゾウとの支援A最後のほう、「どうすればいいだ」になってます。原作はどうか分かりませんが、なんかドニを思い出します -- 2019-08-06 (火) 11:06:42

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 06 Aug 2019 11:06:42 UTC