Top > 会話集 > 支援会話 > グレイ(子世代・透魔)

グレイの支援会話

イグニス

支援C

[グレイ]
よし、後は卵をかきまぜながら
砂糖を入れて…と。▼
[イグニス]
…………▼
[グレイ]
ん…人の気配?
おい、そこにいるのは誰だ!?▼
[イグニス]
俺だ、イグニスだ。▼
[グレイ]
なんだ、驚かせるなよ。
何か用か?▼
[イグニス]
いや、何でもない。▼
[グレイ]
何でもないわけないだろ。
ものすごい視線を感じたぜ?▼
[イグニス]
…………▼
[グレイ]
あ、もしかして菓子の焼ける匂いに
誘われてやってきたのか?▼
だが出来上がるまでもう少し時間がかかる。
待っててくれ。▼
[イグニス]
いや…俺は別に
菓子が食べたいわけじゃない。▼
[グレイ]
そうなのか?▼
じゃあなんだ?
調理場にある別の食材でも取りに来たとか?▼
[イグニス]
いや…そういうわけでもない。▼
[グレイ]
じゃあ何だよ? 通りかかっただけなら、
そこで突っ立ってる必要もないだろ?▼
[イグニス]
ああ、そうだな…
邪魔したな…▼
[グレイ]
…………▼
視線があからさまに
菓子のほうを向いていたが…▼
あいつ、案外強情だな?
それとも何か別の理由があったのか?▼

支援B

[グレイ]
よし、いい生地ができた。
今日の焼き菓子も成功間違いなしだな。▼
あとはこの型で生地を抜いて…▼
ん?
そこに立ってるのは…▼
[イグニス]
…俺だ、イグニスだ。▼
[グレイ]
またお前かよ。▼
[イグニス]
ああ。▼
…………▼
[グレイ]
おい、だからなんで突っ立ってるんだよ?
菓子が欲しいならそう言えよ。▼
別に大人の男が甘い物を欲しがったって、
俺は笑ったりしない。▼
むしろ大歓迎だ。▼
[イグニス]
いや…菓子は別に、欲しくない。▼
[グレイ]
とか言いながら、目線はしっかり
菓子の方を見てるじゃねえか。▼
別に理由があるなら教えてくれよ。
ジロジロ見られてると気になるだろ。▼
[イグニス]
…………▼
俺は、その…お前が作る菓子の
形を見ていたんだ。▼
[グレイ]
…形?▼
[イグニス]
ああ。俺が持っている
お守りやぬいぐるみ…▼
お前の作る菓子は…それによく似ていた。
だから目が離せなかったんだ…▼
[グレイ]
それはつまり…
お前は可愛い小物が好きで、▼
俺が作る菓子がそれに似ていたから
気になったってことか?▼
[イグニス]
…ああ。▼
[グレイ]
な、なるほど。▼
確かに焼き菓子は動物の形を象ったり、
木や果物の形になってることが多い。▼
現に今から使う抜型も、
うさぎの形だしな…▼
[イグニス]
そう、そのうさぎ…
とても愛らしいな…▼
[グレイ]
ったく、そういう事ならさっさと言えよ。
抜型ぐらいいつでも見せてやるのによ。▼
[イグニス]
しかし、大の男が可愛いものに
興味があると言うのは…▼
はばかられるものがあるだろう。▼
[グレイ]
別にいいんじゃねえか?
大の男が菓子好きでも、小物好きでも。▼
さっきも言ったが、俺はそんなことで
お前のことを笑ったりはしない。▼
[イグニス]
そうか…▼
[グレイ]
ま、可愛いものが好きなら
これからは思う存分見ていけよ。▼
俺の芸術的な菓子の完成品を、
心行くまで堪能するがいいさ。▼
ほら、うさぎの抜型を使うぞ。▼
[イグニス]
…お、おおお…
生地がうさぎの形になった…▼
なんて愛らしいんだ…▼

支援A

[イグニス]
…………▼
[グレイ]
イグニス…▼
[イグニス]
なんだ?グレイ。▼
[グレイ]
確かに俺は菓子を作る様子を見ていても
いいって言ったけどよ…▼
お前あれ以来、俺が菓子を作るとき、
毎回見に来てるよな…?▼
[イグニス]
…ダメだったか?▼
[グレイ]
いや…ダメじゃないけどよ。
飽きもせずによく来るなと思ってな。▼
[イグニス]
飽きるわけがない…▼
菓子に使う抜型はどれも愛らしいからな…
いくら見ても見足りないほどに。▼
[グレイ]
けどよ…菓子っていうのは、食べてみて
本当の素晴らしさがわかるんだぞ。▼
お前いつも見てばかりで
全く食べようとしないじゃないか。▼
[イグニス]
そうだったか…?▼
[グレイ]
そうだよ!▼
毎回毎回、出来上がりを確認したら
さっさと帰りやがって!▼
まさか見た目は好きだけど、味は不味そう
だとか思ってるんじゃないだろうな?▼
[イグニス]
すまん、そんなことは思っていない。
だが…俺は…▼
[グレイ]
…?▼
[イグニス]
こんな可愛い物を食べるなんて…
俺には…できない。▼
[グレイ]
はぁ?▼
[イグニス]
このうさぎや猫を象った焼き菓子…▼
この可愛らしい物を食べるなんて
残酷なことは…俺には絶対できない。▼
[グレイ]
お、おいおい…
お前どんだけ心優しいんだよ…▼
そもそもこいつら、生きてないからな?
ただの小麦粉や砂糖の集合体だからな?▼
[イグニス]
いや、ダメだ。それでも無理だ。
耐えられない。▼
[グレイ]
…………▼
くっ…そこまで言うなら無理にでも
食べさせてやるぜ。▼
[イグニス]
なに!?▼
[グレイ]
作った当人としては食べてもらわなきゃ、
作り甲斐ってもんがないんだよ!▼
それっ!!▼
[イグニス]
くっ…ぐぬぬ!
猫の菓子が俺の口元へ…!?▼
[グレイ]
ほらよっ!!
さぁ、食べろ!!▼
[イグニス]
むぐぐ…!▼
!!!▼
もぐ…もぐもぐ…▼
な、なんという芳醇な甘み…
これがあの焼き菓子の味なのか?▼
[グレイ]
ああ。
どうだ、美味いか?▼
[イグニス]
…………▼
あ、ああ。美味い。
そうとしか言えない。▼
俺の口の中で散った
猫ちゃんには申し訳ないが…▼
グレイの腕前、さすがと言うしかない。▼
[グレイ]
へへっ。
その言葉ありがたくもらっとくぜ。▼
まぁお前の人の良さみたいなものは
今回のことでよくわかったよ。▼
これからもよろしくな、イグニス。▼
[イグニス]
ああ、こちらこそ…▼

ソレイユ

支援C

[ソレイユ]
うーん……▼
[グレイ]
どうした、ソレイユ?
何か用か?▼
[ソレイユ]
この甘い香り…
そして脇腹に輝く魅力的なお菓子…▼
なるほどね…こりゃあ軍の女の子たちが
メロメロになるわけだよ…▼
[グレイ]
なんだ?
人のことをじろじろと…▼
もしかして、菓子が欲しいのか?▼
なら特別に分けてやるよ。
ほら、とっておきの砂糖菓子。▼
[ソレイユ]
わーい! ありがとー!
あたしこのお菓子大好きー!▼
…って違う!!▼
グレイ、あたしは君に聞きたいことがあるの!▼
君はこのお菓子で、
軍の女の子たちをたぶらかしてるんだね!?▼
[グレイ]
はぁ!?
どういうことだよ!▼
[ソレイユ]
最近、あたしがお話をする女の子たちが
揃いも揃ってグレイの話をするんだよ。▼
いや…
正確にはグレイのお菓子の話をね。▼
グレイお菓子は魅惑のお菓子…
食べると幸せな気分になれるって…▼
[グレイ]
そんなに褒められてるのか。
そりゃ光栄だな。▼
[ソレイユ]
悔しい…▼
[グレイ]
ん?▼
[ソレイユ]
目の前にいるのはあたしなのに、
女の子たちの頭にあるのは君のお菓子!!▼
悔しい…
ものすごい敗北感だよ…!▼
一緒にお茶をして楽しいって言われても、
幸せになれるなんてあたし言われたこともない!▼
あたしはお菓子以下の存在ってこと!?
小麦粉より砂糖よりあたしは下なの!?▼
[グレイ]
めんどくさい奴だなお前は!▼
[ソレイユ]
こうなったら、
あたしもグレイの真似をする!▼
[グレイ]
真似?▼
[ソレイユ]
そう。あたしもお菓子を作る。
そしてグレイみたいに配り歩く。▼
そしたらあたしも、
女の子たちを幸せにできるでしょ?▼
[グレイ]
ほう…俺の技術を盗むってことか。
いいぜ、受けてたってやる。▼
だが、菓子作りはそう簡単なことじゃないぞ。
それを壊さず持ち歩くのもな。▼
容易に真似ができると思うなよ?▼
[ソレイユ]
ふふん。
好きなだけ強がりを言うといいよ。▼
女の子たちの人気を独占できるのは
今のうちなんだからね。▼
せいぜい、覚悟しておいて。▼

支援B

[ソレイユ]
うわ――――ん!!
グレイ――――――!!▼
[グレイ]
な、何だソレイユ…▼
おわっ!? 焦げ臭い!
止まれ、それ以上近づくな!▼
[ソレイユ]
ちょっとこれ見てよー!▼
[グレイ]
これは…消し炭か?▼
[ソレイユ]
違うよ!
昨日グレイ作ってた焼き菓子!▼
[グレイ]
なに?
あれがどうなったらこうなるんだ?▼
[ソレイユ]
こっちが聞きたいよ!▼
グレイが作ってるのを見て
同じようにやったのに…▼
甘い香りをまとって
お菓子を配り歩くはずが、▼
実際は焦げた香りをまとって
炭を配り歩く有様だよー…!▼
[グレイ]
失敗したやつを配り歩くなよ…▼
[ソレイユ]
だって勿体ないと思って。▼
[グレイ]
はぁ…
とにかくそれはもう捨てろ。▼
お前が配ってるのは炭じゃなくて恥だ。
それから、菓子を隠す場所も悪い。▼
関節部分に仕込んだら、
動くたびに菓子がバラバラになるぜ?▼
[ソレイユ]
あ、ホントだ…
炭が粉になってる…▼
[グレイ]
そんなんじゃ、菓子で女の子を
幸せにするなんて夢のまた夢だな…▼
[ソレイユ]
うぅ…
そうかも…▼
[グレイ]
…………▼
…ソレイユって、
結構抜けてるんだな。▼
戦場で見る限りではお前、
かなり頭が切れるやつかと思ってたんだが。▼
[ソレイユ]
え、そうなの?▼
[グレイ]
ああ。菓子の腕前はともかく…
闘いの腕前は相当なものだ。▼
少なくとも俺はそう感じたぜ。
実際、俺はソレイユに何度も助けられた。▼
お前は気づいちゃいないかも
しれないけどな▼
だから別に、無理して菓子で
人を幸せになんかしなくたって…▼
お前はお前のやり方で、
もう人を幸せにできてると思うぜ。▼
[ソレイユ]
グレイ…▼
[グレイ]
それでもやっぱり、
菓子を作りたいか?▼
[ソレイユ]
…うん!▼
[グレイ]
わかったよ…じゃあ特別に、
俺が菓子作りを教えてやる。▼
お前には戦場での借りがあるからな。▼
[ソレイユ]
ほ、ほんと!?
ありがとう、グレイ!!!!▼
あたし、君のことを誤解してた…
君は素晴らしい男だよーっ!!▼
[グレイ]
ぎゃ―――――――!
抱き着くな!▼
焦げ臭さがうつる!
炭が服につく!!▼
早く着替えてこい!!
一刻も早く!!▼
[ソレイユ]
わ、わかった。
じゃあすぐに脱いじゃうね!▼
[グレイ]
ここで脱ぐな―――――!!▼
くっ…! こんなことに忍術は使いたくないが、
今回ばかりは仕方ない…▼
…ふんっ!!▼
[ソレイユ]
あれ?
グレイ、いなくなっちゃった。▼
グレイー??▼
…あ、後ろの方から焦げ臭い香りが。
そっちに逃げたんだね…グレイ▼

支援A

[ソレイユ]
できたー!
できたよ、グレイ!▼
焼き菓子、すっごくいい匂い…!!▼
[グレイ]
おめでとう。
やっと成功したな。▼
あとはこれを冷まして袋に詰めて、
服の中に仕込めば完了だ。▼
[ソレイユ]
うーん、見れば見るほど
あたしが作ったとは思えない出来だよ。▼
これであたしも女の子たちに
喜んでもらえるのかな?▼
[グレイ]
ああ。
これで軍の女たちはお前に惚れこむさ。▼
[ソレイユ]
ほんと?
お世辞じゃなくって!?▼
[グレイ]
もちろんだ。俺が保証してやる。
俺が女だったらきっとお前にメロメロだ。▼
…って、それは何かおかしいか。▼
[ソレイユ]
あはは、ありがとう、グレイ!▼
…でも、グレイの真似をするのは
これっきりにするね。▼
[グレイ]
? なんでだよ。
せっかく頑張ったのに。▼
[ソレイユ]
一緒にお菓子を作ってわかったんだ、
グレイ自身の魅力がね。▼
君って冷たそうに見えて案外優しいし、
実は面倒見だっていいよね。▼
あたしにグレイの話をした
女の子たちはきっと…▼
グレイのお菓子じゃなくて、
グレイのことが好きだったんだよ。▼
だったらあたしが形だけ真似しても、
グレイには敵わないでしょ?▼
[グレイ]
へぇ…やけに褒めてくるな。
さては俺に惚れたか?▼
[ソレイユ]
あはは、まっさかー!
魅力がわかるのと好きになるのは違うよ。▼
それに残念だけど、
グレイは女の子じゃないもん。▼
そう簡単に好きにはなれないなー。▼
[グレイ]
ふっ…お前らしいな。▼
[ソレイユ]
ありがとね、グレイ。▼
お菓子作りに付き合ってもらって、
大事なことがわかったよ。▼
この前グレイが言ってくれた通り…▼
あたしはあたしのやり方で
女の子を幸せにしちゃうことにする!▼
[グレイ]
ああ、そうしたほうがいい。
お前らしいのが一番いいさ。▼
偽った自分を好きになってもらったって、
何も意味もないからな。▼
[ソレイユ]
じゃあこれ、今日のお礼だよ。
受け取ってくれる?▼
[グレイ]
ん? なんだこれ?▼
…!!
まさか、こいつは…!!▼
[ソレイユ]
そ。町で一番人気のお菓子屋さんの
限定焼き菓子。▼
[グレイ]
お、俺のために調達してくれたのか!?▼
ソレイユ…!!
お前、いい奴だな…!!▼
俺はもうお世辞抜きに、
今だけお前にメロメロだ…!!▼
[ソレイユ]
えへへ、ありがと。
早朝から並んだ甲斐があったよ。▼
女の子に、これぐらいの笑顔で
喜んでもらえるように頑張ろうっと。▼
もちろん、誰かの真似じゃなく…
あたしのやり方でね。▼

支援S

[グレイ]
ソレイユ。▼
[ソレイユ]
あ、グレイ!
どしたのー?▼
[グレイ]
最近、女性陣から
お前の良い噂をよく聞くぞ。▼
ソレイユと出かけると楽しいってな。▼
[ソレイユ]
え! ほんと!?▼
[グレイ]
ああ。評判の菓子の店にも詳しいし、
行先にも飽きがこないって言ってたな。▼
[ソレイユ]
あはは、それはグレイのおかげかも。▼
あの限定焼き菓子を買いにいった時、
他のお店にも回ったからね。▼
[グレイ]
女性陣だけじゃなく、
男性陣からも評判も聞く…▼
ソレイユは強くて可愛い、ってな▼
[ソレイユ]
そうなの?
でもそっちはそんなに気にならないなー。▼
[グレイ]
…………▼
俺は、気にする。▼
このままじゃ、
誰かに盗られてしまいそうでな。▼
[ソレイユ]
盗られる…?▼
!!
グレイ、もしかして…▼
[グレイ]
…………▼
[ソレイユ]
あたしに自分のお株を
奪われるのが嫌なの?▼
[グレイ]
違う!▼
[ソレイユ]
そうだよね。もうあたし、
グレイの真似はしてないし。▼
いやー、焦った焦った。▼
[グレイ]
くっ…! お前には遠回しな
物言いは通用しないんだったな。▼
あのな…ソレイユ。
聞いてほしい話がある。▼
[ソレイユ]
なに?▼
[グレイ]
俺は、お前が好きだ。▼
[ソレイユ]
!! ええっ…!?▼
[グレイ]
いまソレイユのことを
いいなと思っている奴らより早く、▼
俺はお前のことが好きだった…▼
恥知らずなところも、
少し抜けてるところも…▼
戦場で気丈に立ち回るところも全部、
大好きなんだ…▼
[ソレイユ]
グレイ…▼
[グレイ]
俺はあいつらに、
ソレイユを盗られたくない。▼
俺の恋人に、なってくれないか…?▼
[ソレイユ]
そんな…
こ、困るよ…▼
[グレイ]
どうしてだ。俺が女じゃないからか。▼
[ソレイユ]
ううん…グレイが男だから…▼
だってあたし…
男の人に、こんな気持ちなるの…▼
…はじめてなんだもん。▼
[グレイ]
! それって…
俺のことが好きってことか?
[ソレイユ]
…うん。
…好き、だよ…▼
[グレイ]
ソレイユ…!▼
[ソレイユ]
うう…告白って恥ずかしい…!
今まで生きてきていちばん恥ずかしいよ…▼
[グレイ]
ふっ…俺の前で着替えようとした奴が
よく言うぜ。▼
だが、ありがとう…ソレイユ。
俺は今まで生きてきて、いちばん嬉しい。▼
それから、いちばん幸せだ。▼
[ソレイユ]
…ほ、ほんと?
[グレイ]
ああ。▼
[ソレイユ]
…そ、そっか。えへへ
あたしも…嬉しい。▼
どんな女の子に喜んでもらった時よりも、
嬉しいかも…▼
[グレイ]
その言葉は光栄だな。▼
それじゃソレイユ。
俺の恋人になってくれるか?▼
[ソレイユ]
うん…喜んで。
グレイ…▼

エポニーヌ

支援C

[グレイ]
さて、軍内を出入りしていたのはあの商人か。▼
随分と若い男のようだが、
なかなかの商才を持っているらしいな…▼
だが、間者の疑いがある以上、
監視は怠れない。▼
職業柄、町の色んな場所に行ってるみたいだが、
俺の尾行はまけないぜ…▼
[エポニーヌ]
うふふっ…うふふふ…▼
[グレイ]
ん? あそこの物陰にいるのはエポニーヌか?▼
[エポニーヌ]
うふふふ…あの商人さん、やっぱりいいわね。
男性客との距離が限りなく近いわ…!▼
商人さんの物憂げなカオと息遣いに
客の青年も心を動かされているみたい…▼
じゃないとあんなに和気あいあいと
話なんかしないわよねぇ…▼
[グレイ]
………………▼
[エポニーヌ]
ああっ!
今、お互いの目が合ったわ!▼
あの一瞬の中で相手の感情に気づき…
そして触れ合う心…▼
いい…すごくいいわ…!
たまらなくゾクゾクきちゃう…▼
[グレイ]
おい。▼
[エポニーヌ]
!? きゃあああ!!▼
ぐ、グレイ!? いきなり背後から
声なんてかけないでよ!▼
[グレイ]
悪い。けど、何を熱心に
見てるのか気になってな。▼
一体何を見てたんだ?▼
[エポニーヌ]
えっ? そ、それは…▼
[グレイ]
もしかして…あの商人か?▼
[エポニーヌ]
!?
な、なんで知ってるの?▼
[グレイ]
エポニーヌの視線を追ったらわかるさ。▼
けど、あの商人の監視は
俺一人で十分なはず…▼
エポニーヌまで駆り出さなくても
いいと思うんだが…▼
[エポニーヌ]
なんだかよくわからないけど
あたしは何もしてないわよ?▼
別に、変な空想もしてなんか…▼
[グレイ]
は? 空想?▼
[エポニーヌ]
あなたには関係ないでしょ。▼
とにかくあたしは何もしてないし
グレイに話すことはないから。▼
それじゃ失礼するわ!▼
[グレイ]
あ、おい!
…行っちまった。▼
俺と同じで、商人の監視をしてるのかと
思ったが、どうやら違ったみたいだな…▼
なら、あいつは結局何をやってたんだ?▼

支援B

[グレイ]
あの商人に間者の疑いがかけられてから
しばらく見張りを続けているが、▼
今のところ怪しい動きはないみたいだな。▼
…あ。▼
[エポニーヌ]
ふふふ…
今日もあの商人さんは爽やかね!▼
ああ…そんな色っぽいカオしちゃって。
あの笑顔に何人の殿方が心奪われたのかしら…▼
今日もたくさんの男性客と
めくるめく会話を繰り広げて…▼
[グレイ]
おい。▼
[エポニーヌ]
!? きゃあああ!!▼
グレイ! 後ろから声かけないでって
前にも言ったでしょ!?▼
[グレイ]
ああ、悪いな。けど、前回みたいに
逃げられたくないからな。▼
[エポニーヌ]
え? 逃げるって?▼
[グレイ]
この間は何してるのか聞いたら逃げただろ?
今日はきちんと話してもらうぜ。▼
エポニーヌはどういう理由で
あの商人を監視してるんだ?▼
[エポニーヌ]
…監視?▼
[グレイ]
ああ。▼
[エポニーヌ]
あたし、監視なんてしてないわよ。▼
[グレイ]
はぁ? さっきまで穴があきそうなほど
あの商人を凝視してただろ。▼
[エポニーヌ]
あれは別に監視じゃないわ。
ええと……そう、人間観察よ!▼
あたしはただ、あの人が色んな男の人と
話してるのを見て楽しんでるだけ。▼
[グレイ]
…なんだかよくわからない答えだな。▼
それじゃあ、あの商人に間者の疑いが
かけられてるってのも知らないのか?▼
[エポニーヌ]
間者? 何言ってるのよ。
あの人はそんなことしないわ。▼
[グレイ]
なんでそう言い切れるんだよ。▼
[エポニーヌ]
だって、あの人…
変な素振りなんて全くしていないもの。▼
朝は早朝から仕入れに出かけているし、
お昼は接客しているから空いた時間もないわ。▼
ちなみに夜は、遅くまで在庫確認と
帳簿記入で忙しいみたいよ。▼
[グレイ]
…………▼
[エポニーヌ]
なによ。▼
[グレイ]
お前…任務でもないのにそこまで
張り付いてたなんて、相当ヒマなんだな。▼
[エポニーヌ]
ぐっ…!▼
[グレイ]
だが、今の話は十分な証言だ。
これは検討する必要があるだろうな。▼
[エポニーヌ]
あ、ああそう。それならその件は
グレイに任せて、あたしは失礼するわね!▼
[グレイ]
って、あ! おい!▼
……ったく、また逃げられたな。▼

支援A

[グレイ]
おい、エポニーヌ。▼
[エポニーヌ]
ああ、グレイ。▼
[グレイ]
この間話していた商人のことなんだが…
無事、間者の疑いは晴れたぜ。▼
[エポニーヌ]
え? ほんとに?▼
[グレイ]
ああ。エポニーヌの証言もあったし、
その裏づけを取ったらあっさりだ。▼
[エポニーヌ]
ふぅん…
疑いが晴れたのなら良かったわ。▼
[グレイ]
ああ。あんたの暇つぶしも
役に立ったってことだな。▼
[エポニーヌ]
暇つぶしじゃないわよ。
あれはあたしの生きる糧なの。▼
[グレイ]
生きる糧? 人間観察と称して
丸一日他人に張り付いてる行動がか?▼
[エポニーヌ]
そ、そうよ。
でも、なんだかひどい言われようね…▼
[グレイ]
いや。俺は褒めてるんだぜ?▼
あれだけの長期間、標的に気づかれずに
ずっと監視していられた技術は相当だ。▼
あんなこと、並の人間じゃ難しい。
さすがは義賊だな。▼
[エポニーヌ]
あなたも毎回背後から声をかけてきたし、
十分すごいと思うわよ。▼
まあ、心臓には悪かったけど。▼
[グレイ]
ははっ、そうか。▼
[エポニーヌ]
背後に立たれたときは驚きが
勝ってたから気づかなかった。▼
でもこれって、グレイの忍びの技術が
すごいってことでしょ?▼
[グレイ]
まあな。
あんたに褒められるのも悪くない。▼
[エポニーヌ]
でも、これからは
あたしに話しかけるんじゃなくて、▼
男友達とでも談笑しててちょうだい。▼
その方が、あたしの空想が膨らんで
楽しいのよね…▼
[グレイ]
ん? エポニーヌ?
何をぶつぶつ言ってるんだ?▼
[エポニーヌ]
なんでもないわ。▼
ちょっと色々考えてただけよ。
うふふふ…▼
[グレイ]
…………▼
技量があるのは認めるが、
やっぱりエポニーヌは変なヤツだな。▼

支援S

[グレイ]
なあ、エポニーヌ。
一緒に菓子屋にでも行かないか?▼
[エポニーヌ]
ええ?そんなの男友達と行きなさいよ。▼
どうして急にあたしなんか誘うの?▼
[グレイ]
それは…
あんたに興味があるからだよ。▼
変なヤツだけど尾行の腕は確かだし、
もっと色々知ってみたいと思ったんだ。▼
[エポニーヌ]
それはどうも。▼
でもあたし、タダであなたに自分のことを
教えてあげるほど、安い女じゃないから。▼
[グレイ]
なら報酬として、
俺がおすすめする菓子をやるぜ。▼
ほら、これすごく美味いんだぞ?▼
[エポニーヌ]
え? い、いらないわよ…
というか、あたしに付いてこないで。▼
[グレイ]
…なんだよ、つれないな。▼
あんたの話、面白くて好きだから、
こんなに話しかけてるんだぜ?▼
[エポニーヌ]
あー、そう。
あたしの話がねえ…▼
…え? 今…なんて?▼
[グレイ]
だから、あんたの話は
面白くて好きだって言ったんだよ。▼
変なこと言ってるからよくわかってはいないが、
あんたが笑ってる顔を見てるのは楽しい。▼
[エポニーヌ]
! ほ、ほんとに…!?▼
ど、どうしよう…あたしの話が面白いって…
好きだなんて…言ってくれてる…!?▼
それって、グレイも同じ趣味ってことなの?
それはイイわ…良すぎて昇天しちゃいそう…!▼
[グレイ]
あんたとならもっと仲良くなれると
思うんだ。だから話を…って、ん?▼
おい、エポニーヌ? 聞いてるか?▼
[エポニーヌ]
ああっ! こんな近くに
あたしの仲間がいたなんて!▼
あたし、幸せすぎて死んじゃいそう!▼
[グレイ]
う、うわっ!!
お、おいいきなり抱きつくなよ…!▼
さっきまでつれなかったのに、
どういう風の吹き回しだ…?▼
[エポニーヌ]
もう。あたしの話が聞きたいってことなら
早く言ってよね!▼
それなら別に、男だからって
邪険にしないわ!▼
思えばあたし、前々からグレイは
わかってくれる気がしてたの…▼
あたしの話をいつでも聞いてくれてたし。▼
[グレイ]
お、おい…顔が近いぞ。
そ、そんな目で見るな…▼
[エポニーヌ]
あたし、グレイとだったら
上手くいきそうな気がする…▼
これからは一緒に楽しく、
お出かけとかしましょうね?▼
[グレイ]
あ、ああ。▼
ええと…なんだかわからないが、
こいつ、こんなに可愛げのある奴だったのか…?▼
もしかして俺は…
エポニーヌのことが好きなのか?▼
[エポニーヌ]
うふふ。あたしもグレイのこと好きよ。
仲間ができて、とっても嬉しい…▼
[グレイ]
そ、そうか…それなら俺たちは
仲間であり恋人同士ってヤツになるのか…▼
それも楽しそうだし、
もっと仲良くなれればそれでいいよな。▼
よし。
よろしく頼むぜ、エポニーヌ。▼
[エポニーヌ]
ええ、これからはたくさんお話しましょうね!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 15 Sep 2019 15:23:49 UTC