Top > 会話集 > 支援会話 > ギュンター

ギュンターの支援会話

マイユニット(男性・僕)

支援C

[カムイ]
ギュンター。
何をしているんだい?▼
[ギュンター]
おや、カムイ様…▼
[カムイ]
…ん?▼
その紙は何?
一面にびっしり黒い丸が書かれてるけど…▼
[ギュンター]
ははは。
見られてしまいましたか。▼
なんでもありません。
ちょっと思い出に浸っておりましてな。▼
[カムイ]
思い出?
紙に丸を書くのが?▼
[ギュンター]
私の変わった趣味でございます。▼
[カムイ]
そ、そうなんだ…▼
真面目なギュンターにも、
変わった趣味なんてあるんだね。▼
[ギュンター]
真面目だから変わった趣味がないとは
言い切れませんな。▼
[カムイ]
まあ、確かにそうだね。▼
…あれ? でも待てよ。
そういえば…▼
昔、僕がまだ小さい頃は…
ギュンターは変わり者っていうか、▼
おかしな行動が多いって
評判だったような…?▼
[ギュンター]
あはは。
そんなこともあったかも知れません。▼
苦い思い出ですな。▼
[カムイ]
もちろん、今はそんなことないけどね。
昔、城の召使いたちが言っていたんだよ。▼
[ギュンター]
カムイ様は、その頃のことを
よく覚えてらっしゃるのですかな?▼
[カムイ]
うーん。
いや、あんまり覚えてないな…▼
[ギュンター]
そうですか。
ならば、そのほうがいいでしょう。▼
[カムイ]
ギュンター…?▼

支援B

[カムイ]
ギュンター。▼
[ギュンター]
カムイ様。
どうされましたかな。▼
[カムイ]
ギュンターの昔の行動のことだけど、
召使たちが言っていた話を思い出したんだ。▼
[ギュンター]
ほう。
そうですか。▼
[カムイ]
召使たちが言っていた
ギュンターのおかしな行動は二つで…▼
一つは深夜に歩き回ることだった。▼
ギュンターは夜中に起き出して、
城の中を徘徊していたんだよね。▼
[ギュンター]
ははは、懐かしいですな。
それでもう一つは?▼
[カムイ]
二つ目は食事だって言ってた。▼
[ギュンター]
ああ…▼
[カムイ]
ギュンターは二人前以上の
料理を注文しては食べきれなくて…▼
家に料理を持ち帰ることになるんだけど、
懲りずに何度も二人前を注文してたって…▼
[ギュンター]
…ふむ。
そうでしたな。▼
[カムイ]
…深夜徘徊とひどい物忘れ。
…なんか…ちょっと心配になるんだけど…▼
[ギュンター]
いえ、ご心配には及びません。
今はもうそんなことはありませんので。▼
[カムイ]
…本当に?▼
[ギュンター]
はい。▼
[カムイ]
…ギュンター、僕に何か隠してない?▼
この間の黒い丸だらけの紙も気になるし…▼
[ギュンター]
ご心配いただきありがとうございます。
カムイ様はお優しい方ですな。▼
ですが、この胸に秘めた思いは
誰にも言うまいと決めたこと…▼
[カムイ]
そ、そうなんだ。
だったらいいんだ。▼
ごめん。
なんか無理に聞き出そうとしたみたいで。▼
[ギュンター]
いえ、いいのです。▼
誰にも言えない秘めた思いではありますが…▼
…やはり、カムイ様には
ぜひ聞いていただきたい。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ギュンター]
日を改めて話したいと思います。
そのときは時間をいただけると幸いです。▼
[カムイ]
う、うん。わかった。▼

支援A

[ギュンター]
私の昔の行動のことですが…
真実をお話しいたしましょう。▼
[カムイ]
うん…▼
[ギュンター]
暗夜に連れてこられたばかりの
カムイ様はひどく怯えておられました。▼
北の城塞に一人隔離され、
食事も囚人のような粗食…▼
私はカムイ様の世話役として、
ガロン様に何度も待遇改善の提言をしました。▼
しかし、聞き入れてもらえず…
私は仕方なく策を講じたのです。▼
それが食事の件です。▼
[カムイ]
まさか…食べきれない料理を
持ち帰ったのは…▼
[ギュンター]
そうです。▼
カムイ様にも暗夜の美味を
味わっていただきたかったのです。▼
おいしいものを口にされ、
あなたが初めて笑顔になられたとき…▼
私は思わず嗚咽を漏らしたものでした。▼
[カムイ]
それじゃ深夜に歩き回ってたのは…▼
[ギュンター]
カムイ様がちゃんと
寝付けていらっしゃるか心配で…▼
城の者の目を盗んでは、あなたの元へと行き、
一緒に寝させていただいていたのです。▼
カムイ様は私が隣に横たわると、
シクシク泣くのをおやめになり…▼
やっと安らかに眠られるのでした。▼
[カムイ]
…………
…そうだったんだ。▼
それじゃ、あの紙の黒い丸は?▼
[ギュンター]
カムイ様が暗夜にこられて、
初めて笑顔を見せてくださったあの日…▼
私は紙に印を書いたのです。▼
それからずっとカムイ様が笑うたびに
黒い丸を書き続けていきました。▼
もちろん、
今はそんなことはしておりません。▼
カムイ様は当り前のように
笑顔を見せてくれるようになりましたから。▼
[カムイ]
…ギュンター。▼
僕はギュンターのことを
ずっと父親のように思ってきた。▼
でも、それがどうしてなのか…
よくわからなかったんだ。▼
…でも今やっとわかったよ。▼
ギュンターはずっと僕のことを、
見守っていてくれていたんだね。▼
[ギュンター]
…………▼
[カムイ]
ありがとう、ギュンター…▼
こんなにもギュンターに思われて…
その気持ちを僕はどう返したらいいのか…▼
[ギュンター]
では、一つお願いがあります。▼
最後にとびきり大きな黒い丸を
この老いぼれに書かせてください。▼
[カムイ]
えっ?
大きな黒い丸って…僕はどうすれば?▼
[ギュンター]
簡単なことです。▼
この長い戦いが終わったときに…
とびきりの笑顔を見せてくれればいいのです。▼
[カムイ]
わかったよ、ギュンター。
この戦いに必ず勝って、最高の笑顔を見せる。▼
そう約束するよ。▼
[ギュンター]
はい。
約束ですぞ。▼

マイユニット(男性・俺)

支援C

[カムイ]
ギュンター。
何をしているんだ?▼
[ギュンター]
おや、カムイ様…▼
[カムイ]
…ん?▼
その紙は何だ?
一面にびっしり黒い丸が書かれているが…▼
[ギュンター]
ははは。
見られてしまいましたか。▼
なんでもありません。
ちょっと思い出に浸っておりましてな。▼
[カムイ]
思い出?
紙に丸を書くのがか?▼
[ギュンター]
私の変わった趣味でございます。▼
[カムイ]
そ、そうなのか…▼
真面目なギュンターにも、
変わった趣味なんてあるんだな。▼
[ギュンター]
真面目だから変わった趣味がないとは
言い切れませんな。▼
[カムイ]
まあ、確かにそうだな。▼
…ん? でも待て。
そういえば…▼
昔、俺がまだ小さい頃は…
ギュンターは変わり者というか、▼
おかしな行動が多いと
評判だったような…?▼
[ギュンター]
あはは。
そんなこともあったかも知れません。▼
苦い思い出ですな。▼
[カムイ]
もちろん、今はそんなことはないが。
昔、城の召使いたちが言っていたんだ。▼
[ギュンター]
カムイ様は、その頃のことを
よく覚えてらっしゃるのですかな?▼
[カムイ]
うーん。
いや、あまり覚えてないな…▼
[ギュンター]
そうですか。
ならば、そのほうがいいでしょう。▼
[カムイ]
ギュンター…?▼

支援B

[カムイ]
ギュンター。▼
[ギュンター]
カムイ様。
どうされましたかな。▼
[カムイ]
ギュンターの昔の行動のことだが、
召使たちが言っていた話を思い出した。▼
[ギュンター]
ほう。
そうですか。▼
[カムイ]
召使たちが言っていた
ギュンターのおかしな行動は二つで…▼
一つは深夜に歩き回ることだった。▼
ギュンターは夜中に起き出して、
城の中を徘徊していた、と。▼
[ギュンター]
ははは、懐かしいですな。
それでもう一つは?▼
[カムイ]
二つ目は食事だと言っていた。▼
[ギュンター]
ああ…▼
[カムイ]
ギュンターは二人前以上の
料理を注文しては食べきれなくて…▼
家に料理を持ち帰ることになるんだが、
懲りずに何度も二人前を注文していたと…▼
[ギュンター]
…ふむ。
そうでしたな。▼
[カムイ]
…深夜徘徊とひどい物忘れ。
…なんだか…ちょっと心配になるんだが…▼
[ギュンター]
いえ、ご心配には及びません。
今はもうそんなことはありませんので。▼
[カムイ]
…本当か?▼
[ギュンター]
はい。▼
[カムイ]
…ギュンター、俺に何か隠してないか?▼
この間の黒い丸だらけの紙も気になるし…▼
[ギュンター]
ご心配いただきありがとうございます。
カムイ様はお優しい方ですな。▼
ですが、この胸に秘めた思いは
誰にも言うまいと決めたこと…▼
[カムイ]
そ、そうなのか。
だったらいい。▼
すまん。
なんだか無理に聞き出そうとしてしまって。▼
[ギュンター]
いえ、いいのです。▼
誰にも言えない秘めた思いではありますが…▼
…やはり、カムイ様には
ぜひ聞いていただきたい。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ギュンター]
日を改めて話したいと思います。
そのときは時間をいただけると幸いです。▼
[カムイ]
あ、ああ。わかった。▼

支援A

[ギュンター]
私の昔の行動のことですが…
真実をお話しいたしましょう。▼
[カムイ]
ああ…▼
[ギュンター]
暗夜に連れてこられたばかりの
カムイ様はひどく怯えておられました。▼
北の城塞に一人隔離され、
食事も囚人のような粗食…▼
私はカムイ様の世話役として、
ガロン様に何度も待遇改善の提言をしました。▼
しかし、聞き入れてもらえず…
私は仕方なく策を講じたのです。▼
それが食事の件です。▼
[カムイ]
まさか…食べきれない料理を
持ち帰ったのは…▼
[ギュンター]
そうです。▼
カムイ様にも暗夜の美味を
味わっていただきたかったのです。▼
おいしいものを口にされ、
あなたが初めて笑顔になられたとき…▼
私は思わず嗚咽を漏らしたものでした。▼
[カムイ]
それじゃ深夜に歩き回ってたのは…▼
[ギュンター]
カムイ様がちゃんと
寝付けていらっしゃるか心配で…▼
城の者の目を盗んでは、あなたの元へと行き、
一緒に寝させていただいていたのです。▼
カムイ様は私が隣に横たわると、
シクシク泣くのをおやめになり…▼
やっと安らかに眠られるのでした。▼
[カムイ]
…………
…そうだったのか。▼
それじゃ、あの紙の黒い丸は?▼
[ギュンター]
カムイ様が暗夜にこられて、
初めて笑顔を見せてくださったあの日…▼
私は紙に印を書いたのです。▼
それからずっとカムイ様が笑うたびに
黒い丸を書き続けていきました。▼
もちろん、
今はそんなことはしておりません。▼
カムイ様は当り前のように
笑顔を見せてくれるようになりましたから。▼
[カムイ]
…ギュンター。▼
俺はギュンターのことを
ずっと父親のように思ってきた。▼
でも、それがどうしてなのか…
よくわからなかったんだ。▼
…だが今やっとわかった。▼
ギュンターはずっと俺のことを、
見守ってくれていたんだな。▼
[ギュンター]
…………▼
[カムイ]
ありがとう、ギュンター…▼
こんなにもギュンターに思われて…
その気持ちを俺はどう返したらいいのか…▼
[ギュンター]
では、一つお願いがあります。▼
最後にとびきり大きな黒い丸を
この老いぼれに書かせてください。▼
[カムイ]
えっ?
大きな黒い丸って…俺はどうすれば?▼
[ギュンター]
簡単なことです。▼
この長い戦いが終わったときに…
とびきりの笑顔を見せてくれればいいのです。▼
[カムイ]
わかった、ギュンター。この戦いに必ず勝って、
最高の笑顔を見せてやる。▼
そう約束するぜ。▼
[ギュンター]
はい。
約束ですぞ。▼

マイユニット(男性・私)

支援C

[カムイ]
ギュンターさん。
何をしているんですか?▼
[ギュンター]
おや、カムイ様…▼
[カムイ]
…ん?▼
その紙は何です?
一面にびっしり黒い丸が書かれていますが…▼
[ギュンター]
ははは。
見られてしまいましたか。▼
なんでもありません。
ちょっと思い出に浸っておりましてな。▼
[カムイ]
思い出?
紙に丸を書くのが、ですか?▼
[ギュンター]
私の変わった趣味でございます。▼
[カムイ]
そ、そうなんですか…▼
真面目なギュンターさんにも、
変わった趣味なんてあるんですね。▼
[ギュンター]
真面目だから変わった趣味がないとは
言い切れませんな。▼
[カムイ]
まあ、確かにそうですね。▼
…あれ? でも待ってください。
そういえば…▼
昔、私がまだ小さい頃は…
ギュンターさんは変わり者というか、▼
おかしな行動が多いと
評判だったような…?▼
[ギュンター]
あはは。
そんなこともあったかも知れません。▼
苦い思い出ですな。▼
[カムイ]
もちろん、今はそんなことありませんけど。
昔、城の召使いたちが言っていたんです。▼
[ギュンター]
カムイ様は、その頃のことを
よく覚えてらっしゃるのですかな?▼
[カムイ]
うーん。
いや、あんまり覚えていませんね…▼
[ギュンター]
そうですか。
ならば、そのほうがいいでしょう。▼
[カムイ]
ギュンターさん…?▼

支援B

[カムイ]
ギュンターさん。▼
[ギュンター]
カムイ様。
どうされましたかな。▼
[カムイ]
ギュンターさんの昔の行動のことですが、
召使たちが言っていた話を思い出しました。▼
[ギュンター]
ほう。
そうですか。▼
[カムイ]
召使たちが言っていた
ギュンターさんのおかしな行動は二つで…▼
一つは深夜に歩き回ることでした。▼
ギュンターさんは夜中に起き出して、
城の中を徘徊していたんですよね。▼
[ギュンター]
ははは、懐かしいですな。
それでもう一つは?▼
[カムイ]
二つ目は食事だと言っていました。▼
[ギュンター]
ああ…▼
[カムイ]
ギュンターさんは二人前以上の
料理を注文しては食べきれなくて…▼
家に料理を持ち帰ることになるんですが、
懲りずに何度も二人前を注文していたと…▼
[ギュンター]
…ふむ。
そうでしたな。▼
[カムイ]
…深夜徘徊とひどい物忘れ。
…なんか…ちょっと心配になるんですけど…▼
[ギュンター]
いえ、ご心配には及びません。
今はもうそんなことはありませんので。▼
[カムイ]
…本当ですか?▼
[ギュンター]
はい。▼
[カムイ]
…ギュンターさん、私に何か隠していませんか?▼
この間の黒い丸だらけの紙も気になりますし…▼
[ギュンター]
ご心配いただきありがとうございます。
カムイ様はお優しい方ですな。▼
ですが、この胸に秘めた思いは
誰にも言うまいと決めたこと…▼
[カムイ]
そ、そうなんですか。
だったらいいんです。▼
すみません。
なんか無理に聞き出そうとしたみたいで。▼
[ギュンター]
いえ、いいのです。▼
誰にも言えない秘めた思いではありますが…▼
…やはり、カムイ様には
ぜひ聞いていただきたい。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ギュンター]
日を改めて話したいと思います。
そのときは時間をいただけると幸いです。▼
[カムイ]
は、はい。わかりました。▼

支援A

[ギュンター]
私の昔の行動のことですが…
真実をお話しいたしましょう。▼
[カムイ]
はい…▼
[ギュンター]
暗夜に連れてこられたばかりの
カムイ様はひどく怯えておられました。▼
北の城塞に一人隔離され、
食事も囚人のような粗食…▼
私はカムイ様の世話役として、
ガロン様に何度も待遇改善の提言をしました。▼
しかし、聞き入れてもらえず…
私は仕方なく策を講じたのです。▼
それが食事の件です。▼
[カムイ]
まさか…食べきれない料理を
持ち帰ったのは…▼
[ギュンター]
そうです。▼
カムイ様にも暗夜の美味を
味わっていただきたかったのです。▼
おいしいものを口にされ、
あなたが初めて笑顔になられたとき…▼
私は思わず嗚咽を漏らしたものでした。▼
[カムイ]
それじゃ深夜に歩き回ってたのは…▼
[ギュンター]
カムイ様がちゃんと
寝付けていらっしゃるか心配で…▼
城の者の目を盗んでは、あなたの元へと行き、
一緒に寝させていただいていたのです。▼
カムイ様は私が隣に横たわると、
シクシク泣くのをおやめになり…▼
やっと安らかに眠られるのでした。▼
[カムイ]
…………
…そうだったんですね。▼
それじゃ、あの紙の黒い丸は?▼
[ギュンター]
カムイ様が暗夜にこられて、
初めて笑顔を見せてくださったあの日…▼
私は紙に印を書いたのです。▼
それからずっとカムイ様が笑うたびに
黒い丸を書き続けていきました。▼
もちろん、
今はそんなことはしておりません。▼
カムイ様は当り前のように
笑顔を見せてくれるようになりましたから。▼
[カムイ]
…ギュンターさん。▼
私はギュンターさんのことを
ずっと父親のように思ってきました。▼
でも、それがどうしてなのか…
よくわからなかったんです。▼
でも…今やっとわかりました。▼
ギュンターさんはずっと私のことを、
見守っていてくれていたんですね。▼
[ギュンター]
…………▼
[カムイ]
ありがとうございます、ギュンターさん…▼
こんなにもギュンターさんに思われて…
その気持ちを私はどう返したらいいのか…▼
[ギュンター]
では、一つお願いがあります。▼
最後にとびきり大きな黒い丸を
この老いぼれに書かせてください。▼
[カムイ]
えっ?
大きな黒い丸って…私はどうすれば?▼
[ギュンター]
簡単なことです。▼
この長い戦いが終わったときに…
とびきりの笑顔を見せてくれればいいのです。▼
[カムイ]
わかりました、ギュンターさん。▼
この戦いに必ず勝って、
最高の笑顔をお見せします。▼
そう約束しますね。▼
[ギュンター]
はい。
約束ですぞ。▼

マイユニット(女性・私)

支援C

[カムイ]
ギュンターさん。
こんなところにいたんですね。▼
[ギュンター]
カムイ様…▼
[カムイ]
見かけないから心配したんですよ。
さ、みんなのところに行きましょう。▼
[ギュンター]
いえ、私のような年寄りは
一人のほうが落ち着くのです。▼
[カムイ]
そうですか…▼
[ギュンター]
ところでカムイ様…
これに見覚えはございますかな?▼
[カムイ]
この球は…▼
! 昔よく投げて遊んだ球ですね?
うわあ、懐かしいです。▼
[ギュンター]
年季が入っていますが、
その分いい味が出ておりますでしょう?▼
[カムイ]
はい。ギュンターさん、
まだ持っていて下さったんですね。▼
[ギュンター]
もちろんです。
これは大切な、思い出の品ですからな。▼
この球を作ったのは、私が貴方に
お仕えし始めた年のこと…▼
二人でよくこの球を投げ合いましたな。▼
[カムイ]
そうでしたね。
ほんとに、懐かしいです…▼
[ギュンター]
いかがですかな。
また、久々にやりませんか。▼
[カムイ]
はい! いいですね。▼
[ギュンター]
ではその時までに、この球を磨いて参ります。
楽しみにしておりますぞ。▼
[カムイ]
私もです。▼

支援B

[カムイ]
ギュンターさん、来ましたよ。▼
[ギュンター]
お待ちしておりましたぞ。
もう準備運動はすんでおります。▼
[カムイ]
私もです。
じゃあさっそく始めましょう。▼
ええと…
距離はどれくらいだったでしょうね。▼
[ギュンター]
ざっと剣五本分くらいだったかと。▼
[カムイ]
じゃあ、こんなところですかね。▼
[ギュンター]
ですな。
では、行きますぞ。▼
[カムイ]
はい!▼
[ギュンター]
…では投げます。▼
えい。▼
[カムイ]
ここですね!▼
[ギュンター]
おお。
相変わらず、がっちり捕られますな。▼
[カムイ]
うふふ…▼
ギュンターさんは昔から、私が捕りやすいように
やさしく投げてくれましたね。▼
[ギュンター]
そしてカムイ様は、
私が捕りにくい球を投げてこられました。▼
[カムイ]
そうでしたね。例えばこんな感じで…
えい!▼
[ギュンター]
おっ!
なんというスピード!▼
[カムイ]
速くなりましたか?▼
[ギュンター]
もちろんですとも。
速すぎて心臓が飛び出るかと…▼
昔ならまだしも…今のカムイ様が
本気を出されたら…私はお手上げですな。▼
…それ。▼
[カムイ]
えい!▼
[ギュンター]
いい球です。▼
今やっても、なかなか楽しめますな。▼
[カムイ]
そうですね。▼
会話をしなくても、投げ合っているだけで
こう…気持ちが通じ合うというか…▼
[ギュンター]
その通りです。
不思議なものですな。▼

支援A

[カムイ]
今日も来ましたよ、ギュンターさん。▼
[ギュンター]
来られると思ってました。
さっそくやりますかな?▼
[カムイ]
もちろんです。▼
いつ投げて来られても、
バシッと捕まえちゃいますよ?▼
[ギュンター]
…では、えい。▼
[カムイ]
はいっ! さすがギュンターさん。
いいコントロールです。▼
…でも、おもしろいですね。
この球が元はムチだったなんて…▼
[ギュンター]
ふふっ、そうです。
革製のムチを使って作ったんですな。▼
[カムイ]
また話してくれませんか?
私の覚えていない、昔話を…▼
[ギュンター]
もちろんですとも。
では、投げながら…▼
…あの日のガロン王は、いつもに輪をかけて
虫のいどころが悪かったのです…▼
そんなガロン王が、
私に革製のムチを手渡して言いました。▼
言うことを聞くようになるまで、
このムチでカムイ様を叩き続けろと。▼
[カムイ]
いつも思うのですが、そのころの私は
そんなに聞き分けがなかったのですか?▼
[ギュンター]
いいえ。そういうわけではなく…
ただ、心を閉じておられるようでした。▼
それがガロン王は
気に入らなかったのでしょう。▼
…私はムチを手に、カムイ様の
いらっしゃる城塞へと向かいました。▼
そしてカムイ様のお顔を眺め…▼
ガロン王のムチを
グシャグシャに丸めてやったのです。▼
そして、できあがったのがこの球でした。▼
[カムイ]
あはは。いつ聞いても笑えます。
まさかの行動ですよね。▼
[ギュンター]
いくらムチで打っても
カムイ様の心は開かない。▼
別の方法にすべきだと思ったのです。▼
そして試しに、
カムイ様のもとへ球を転がすと…▼
[カムイ]
私は拾って投げ返した…▼
[ギュンター]
はい。
それをまた私がカムイ様へと放り…▼
[カムイ]
私が取ってまた返した。▼
ただその繰り返しなのに
とても楽しかった…▼
[ギュンター]
…懐かしいですな。
…本当に。▼
[カムイ]
…いつからでしょう。▼
私はギュンターさんのことを
本当の父親のように思っていました…▼
[ギュンター]
…………▼
もったいないお言葉…▼
…あっ。▼
[カムイ]
珍しいですね。
球を捕り損ねるなんて。▼
[ギュンター]
…申し訳ありません。▼
涙で目の前が曇ってしまったようです。▼
[カムイ]
もう…涙腺が緩くなってしまったのですか?
今、手巾を持って行きますね。▼

支援S

[カムイ]
ギュンターさん、来ましたよ。
今日もさっそくやりましょう。▼
[ギュンター]
はい。ただ…今回は少し、
趣向を変えてみようかなと思いましてな。▼
[カムイ]
へえ、どんな風にですか?▼
[ギュンター]
カムイ様は、
覚えてらっしゃいますかな?▼
球を捕れなかったほうが言うことを聞く。
そんな遊びをしていたことを…▼
[カムイ]
もちろん覚えています。
白熱しましたよね。▼
例えば勉学をしたくないときなど、
その遊びをギュンターさんに申し込んでました。▼
[ギュンター]
そういうときのカムイ様は
本当に難しい球を投げてこられた…▼
今日はまさに、あれをやりたくて
お呼びしたのです。▼
[カムイ]
いいですよ。
やりましょう!▼
[ギュンター]
では、まずは私から。
それっ!▼
[カムイ]
きゃっ!▼
[ギュンター]
思い切り高く投げましたぞ。
捕れますかな?▼
カムイ様は普通に投げると
容易に捕りますが…▼
こういう風に高く舞い上がったものは
なかなか捕れませんでしたからな。▼
[カムイ]
…………▼
…あっ!▼
捕れませんでした…▼
[ギュンター]
あははは。
あの頃と変わっていませんな。▼
[カムイ]
はい…悔しいです。▼
[ギュンター]
では、カムイ様に
答えていただきたい質問がございます。▼
[カムイ]
いいですよ。
何でも言ってください。▼
[ギュンター]
カムイ様は今…
お慕いしている方などおられるのですかな?▼
[カムイ]
えっ!?
な、なんですか、その質問は…▼
[ギュンター]
約束は約束ですぞ。
答えていただきたい。▼
[カムイ]
わ、わかりました…▼
…………▼
そんな人はいません…▼
[ギュンター]
そうですか。▼
では、私などいかがですかな?▼
[カムイ]
は、はい?▼
[ギュンター]
私はあなたを一人の女性として
お慕いしておりました。▼
[カムイ]
えっ?
ギュ、ギュンターさん?▼
[ギュンター]
この思いは墓場まで
持っていこうと思っていましたが…▼
…あなたへの思いをどうしても
抑えられなくなってしまったのです。▼
…………▼
これですっきりしました。▼
さあ、カムイ様。
私の申し出を断ってください。▼
私の申し出はあくまで冥土の土産。▼
カムイ様にはいずれ
素晴らしい男性が現れることでしょう。▼
私は思いを伝えられただけで満足です。▼
[カムイ]
…………▼
ギュンターさん。
もう一度、球を投げてもらえますか。▼
[ギュンター]
えっ?▼
[カムイ]
もし、私が捕れなかったら…
またギュンターさんの言うことを一つ聞きます。▼
ただし、今度はもっとはっきり…▼
結婚してくれ、と言ってください。▼
[ギュンター]
カムイ様…▼
[カムイ]
さあ、勝負ですよ、ギュンターさん!
また高い球を投げてください!▼
[ギュンター]
わかりました。▼
私のありったけの思いを込めて、
どこまでも高く投げて見せましょう!▼
(モーション、CV有り。)
[ギュンター]
ふふっ、やはり捕れませんでしたな。
では、約束通り私の言うことを聞いていただきます。
どうか…私と結婚をしてください。

マイユニット(女性・あたし~よ)

支援C

[カムイ]
ギュンター。
こんなところにいたのね。▼
[ギュンター]
カムイ様…▼
[カムイ]
見かけないから心配したのよ。
さ、みんなのところに行きましょう。▼
[ギュンター]
いえ、私のような年寄りは
一人のほうが落ち着くのです。▼
[カムイ]
そう…▼
[ギュンター]
ところでカムイ様…
これに見覚えはございますかな?▼
[カムイ]
この球は…▼
! 昔よく投げて遊んだ球ね?
うわあ、懐かしいわ。▼
[ギュンター]
年季が入っていますが、
その分いい味が出ておりますでしょう?▼
[カムイ]
ええ。ギュンター、
まだ持っていてくれたのね。▼
[ギュンター]
もちろんです。
これは大切な、思い出の品ですからな。▼
この球を作ったのは、私が貴方に
お仕えし始めた年のこと…▼
二人でよくこの球を投げ合いましたな。▼
[カムイ]
そうだったわね。
ほんとに、懐かしいわ…▼
[ギュンター]
いかがですかな。
また、久々にやりませんか。▼
[カムイ]
ええ! いいわね。▼
[ギュンター]
ではその時までに、この球を磨いて参ります。
楽しみにしておりますぞ。▼
[カムイ]
あたしもよ。▼

支援B

[カムイ]
ギュンター、来たわよ。▼
[ギュンター]
お待ちしておりましたぞ。
もう準備運動はすんでおります。▼
[カムイ]
あたしもよ。
じゃあさっそく始めましょう。▼
ええと…
距離はどれくらいだったかしら。▼
[ギュンター]
ざっと剣五本分くらいだったかと。▼
[カムイ]
じゃあ、こんなところね。▼
[ギュンター]
ですな。
では、行きますぞ。▼
[カムイ]
ええ!▼
[ギュンター]
…では投げます。▼
えい。▼
[カムイ]
ここね!▼
[ギュンター]
おお。
相変わらず、がっちり捕られますな。▼
[カムイ]
うふふ…▼
ギュンターは昔から、あたしが捕りやすいように
やさしく投げてくれたわね。▼
[ギュンター]
そしてカムイ様は、
私が捕りにくい球を投げてこられました。▼
[カムイ]
そうだったわね。例えばこんな感じで…
えい!▼
[ギュンター]
おっ!
なんというスピード!▼
[カムイ]
速くなったかしら?▼
[ギュンター]
もちろんですとも。
速すぎて心臓が飛び出るかと…▼
昔ならまだしも…今のカムイ様が
本気を出されたら…私はお手上げですな。▼
…それ。▼
[カムイ]
えい!▼
[ギュンター]
いい球です。▼
今やっても、なかなか楽しめますな。▼
[カムイ]
そうね。▼
会話をしなくても、投げ合っているだけで
こう…気持ちが通じ合うというか…▼
[ギュンター]
その通りです。
不思議なものですな。▼

支援A

[カムイ]
今日も来たわよ、ギュンター。▼
[ギュンター]
来られると思ってました。
さっそくやりますかな?▼
[カムイ]
もちろんよ。▼
いつ投げて来られても、
バシッと捕まえちゃうわよ?▼
[ギュンター]
…では、えい。▼
[カムイ]
はいっ! さすがギュンター。
いいコントロールね。▼
…でも、おもしろいわね。
この球が元はムチだったなんて…▼
[ギュンター]
ふふっ、そうです。
革製のムチを使って作ったんですな。▼
[カムイ]
また話してくれない?
あたしの覚えていない、昔話を…▼
[ギュンター]
もちろんですとも。
では、投げながら…▼
…あの日のガロン王は、いつもに輪をかけて
虫のいどころが悪かったのです…▼
そんなガロン王が、
私に革製のムチを手渡して言いました。▼
言うことを聞くようになるまで、
このムチでカムイ様を叩き続けろと。▼
[カムイ]
いつも思うんだけど、そのころのあたしは
そんなに聞き分けがなかったの?▼
[ギュンター]
いいえ。そういうわけではなく…
ただ、心を閉じておられるようでした。▼
それがガロン王は
気に入らなかったのでしょう。▼
…私はムチを手に、カムイ様の
いらっしゃる城塞へと向かいました。▼
そしてカムイ様のお顔を眺め…▼
ガロン王のムチを
グシャグシャに丸めてやったのです。▼
そして、できあがったのがこの球でした。▼
[カムイ]
あはは。いつ聞いても笑えるわ。
まさかの行動よね。▼
[ギュンター]
いくらムチで打っても
カムイ様の心は開かない。▼
別の方法にすべきだと思ったのです。▼
そして試しに、
カムイ様のもとへ球を転がすと…▼
[カムイ]
あたしは拾って投げ返した…▼
[ギュンター]
はい。
それをまた私がカムイ様へと放り…▼
[カムイ]
あたしが取ってまた返した。▼
ただその繰り返しなのに
とても楽しかった…▼
[ギュンター]
…懐かしいですな。
…本当に。▼
[カムイ]
…いつからかしら。▼
あたしはギュンターのことを
本当の父親のように思っていたわ…▼
[ギュンター]
…………▼
もったいないお言葉…▼
…あっ。▼
[カムイ]
珍しいわね。
球を捕り損ねるなんて。▼
[ギュンター]
…申し訳ありません。▼
涙で目の前が曇ってしまったようです。▼
[カムイ]
もう…涙腺が緩くなっちゃったの?
今、手巾を持って行くわね。▼

支援S

[カムイ]
ギュンター、来たわよ。
今日もさっそくやりましょう。▼
[ギュンター]
はい。ただ…今回は少し、
趣向を変えてみようかなと思いましてな。▼
[カムイ]
まあ、どんな風に?▼
[ギュンター]
カムイ様は、
覚えてらっしゃいますかな?▼
球を捕れなかったほうが言うことを聞く。
そんな遊びをしていたことを…▼
[カムイ]
もちろん覚えてるわ。
白熱したわよね。▼
例えば勉学をしたくないときとか、
その遊びをギュンターに申し込んでたわね。▼
[ギュンター]
そういうときのカムイ様は
本当に難しい球を投げてこられた…▼
今日はまさに、あれをやりたくて
お呼びしたのです。▼
[カムイ]
いいわよ。
やりましょう!▼
[ギュンター]
では、まずは私から。
それっ!▼
[カムイ]
きゃっ!▼
[ギュンター]
思い切り高く投げましたぞ。
捕れますかな?▼
カムイ様は普通に投げると
容易に捕りますが…▼
こういう風に高く舞い上がったものは
なかなか捕れませんでしたからな。▼
[カムイ]
…………▼
…あっ!▼
捕れなかったわ…▼
[ギュンター]
あははは。
あの頃と変わっていませんな。▼
[カムイ]
ええ…悔しいわ。▼
[ギュンター]
では、カムイ様に
答えていただきたい質問がございます。▼
[カムイ]
いいわよ。
何でも言ってちょうだい。▼
[ギュンター]
カムイ様は今…
お慕いしている方などおられるのですかな?▼
[カムイ]
えっ!?
な、なんなの、その質問は…▼
[ギュンター]
約束は約束ですぞ。
答えていただきたい。▼
[カムイ]
わ、わかったわ…▼
…………▼
そんな人はいないわよ…▼
[ギュンター]
そうですか。▼
では、私などいかがですかな?▼
[カムイ]
は、はい?▼
[ギュンター]
私はあなたを一人の女性として
お慕いしておりました。▼
[カムイ]
えっ?
ギュ、ギュンター?▼
[ギュンター]
この思いは墓場まで
持っていこうと思っていましたが…▼
…あなたへの思いをどうしても
抑えられなくなってしまったのです。▼
…………▼
これですっきりしました。▼
さあ、カムイ様。
私の申し出を断ってください。▼
私の申し出はあくまで冥土の土産。▼
カムイ様にはいずれ
素晴らしい男性が現れることでしょう。▼
私は思いを伝えられただけで満足です。▼
[カムイ]
…………▼
ギュンター。
もう一度、球を投げてもらえるかしら。▼
[ギュンター]
えっ?▼
[カムイ]
もし、あたしが捕れなかったら…
またギュンターの言うことを一つ聞くわ。▼
ただし、今度はもっとはっきり…▼
結婚してくれ、って言ってちょうだい。▼
[ギュンター]
カムイ様…▼
[カムイ]
さあ、勝負よ、ギュンター!
また高い球を投げて!▼
[ギュンター]
わかりました。▼
私のありったけの思いを込めて、
どこまでも高く投げて見せましょう!▼
(モーション、CV有り。)
[ギュンター]
ふふっ、やはり捕れませんでしたな。
では、約束通り私の言うことを聞いていただきます。
どうか…私と結婚をしてください。

マイユニット(女性・あたし~だよ)

支援C

[カムイ]
ギュンター。
こんなところにいたんだね。▼
[ギュンター]
カムイ様…▼
[カムイ]
見かけないから心配したんだよ。
さ、みんなのところに行こう。▼
[ギュンター]
いえ、私のような年寄りは
一人のほうが落ち着くのです。▼
[カムイ]
そう…▼
[ギュンター]
ところでカムイ様…
これに見覚えはございますかな?▼
[カムイ]
この球は…▼
! 昔よく投げて遊んだ球だね?
うわあ、懐かしいよ。▼
[ギュンター]
年季が入っていますが、
その分いい味が出ておりますでしょう?▼
[カムイ]
うん。ギュンター、
まだ持っていてくれたんだね。▼
[ギュンター]
もちろんです。
これは大切な、思い出の品ですからな。▼
この球を作ったのは、私が貴方に
お仕えし始めた年のこと…▼
二人でよくこの球を投げ合いましたな。▼
[カムイ]
そうだったね。
ほんとに、懐かしいよ…▼
[ギュンター]
いかがですかな。
また、久々にやりませんか。▼
[カムイ]
うん! いいね。▼
[ギュンター]
ではその時までに、この球を磨いて参ります。
楽しみにしておりますぞ。▼
[カムイ]
あたしもだよ。▼

支援B

[カムイ]
ギュンター、来たよ。▼
[ギュンター]
お待ちしておりましたぞ。
もう準備運動はすんでおります。▼
[カムイ]
あたしもだよ。
じゃあさっそく始めよう。▼
ええと…
距離はどれくらいだったかな。▼
[ギュンター]
ざっと剣五本分くらいだったかと。▼
[カムイ]
じゃあ、こんなところかな。▼
[ギュンター]
ですな。
では、行きますぞ。▼
[カムイ]
うん!▼
[ギュンター]
…では投げます。▼
えい。▼
[カムイ]
ここだね!▼
[ギュンター]
おお。
相変わらず、がっちり捕られますな。▼
[カムイ]
うふふ…▼
ギュンターは昔から、あたしが捕りやすいように
やさしく投げてくれたね。▼
[ギュンター]
そしてカムイ様は、
私が捕りにくい球を投げてこられました。▼
[カムイ]
そうだったね。例えばこんな感じで…
えい!▼
[ギュンター]
おっ!
なんというスピード!▼
[カムイ]
速くなったかな?▼
[ギュンター]
もちろんですとも。
速すぎて心臓が飛び出るかと…▼
昔ならまだしも…今のカムイ様が
本気を出されたら…私はお手上げですな。▼
…それ。▼
[カムイ]
えい!▼
[ギュンター]
いい球です。▼
今やっても、なかなか楽しめますな。▼
[カムイ]
そうだね。▼
会話をしなくても、投げ合っているだけで
こう…気持ちが通じ合うというか…▼
[ギュンター]
その通りです。
不思議なものですな。▼

支援A

[カムイ]
今日も来たよ、ギュンター。▼
[ギュンター]
来られると思ってました。
さっそくやりますかな?▼
[カムイ]
もちろんだよ。▼
いつ投げて来られても、
バシッと捕まえちゃうよ?▼
[ギュンター]
…では、えい。▼
[カムイ]
はいっ! さすがギュンター。
いいコントロールだね。▼
…でも、おもしろいね。
この球が元はムチだったなんて…▼
[ギュンター]
ふふっ、そうです。
革製のムチを使って作ったんですな。▼
[カムイ]
また話してくれないかな?
あたしの覚えていない、昔話を…▼
[ギュンター]
もちろんですとも。
では、投げながら…▼
…あの日のガロン王は、いつもに輪をかけて
虫のいどころが悪かったのです…▼
そんなガロン王が、
私に革製のムチを手渡して言いました。▼
言うことを聞くようになるまで、
このムチでカムイ様を叩き続けろと。▼
[カムイ]
いつも思うんだけど、そのころのあたしは
そんなに聞き分けがなかったの?▼
[ギュンター]
いいえ。そういうわけではなく…
ただ、心を閉じておられるようでした。▼
それがガロン王は
気に入らなかったのでしょう。▼
…私はムチを手に、カムイ様の
いらっしゃる城塞へと向かいました。▼
そしてカムイ様のお顔を眺め…▼
ガロン王のムチを
グシャグシャに丸めてやったのです。▼
そして、できあがったのがこの球でした。▼
[カムイ]
あはは。いつ聞いても笑えるよ。
まさかの行動だよね。▼
[ギュンター]
いくらムチで打っても
カムイ様の心は開かない。▼
別の方法にすべきだと思ったのです。▼
そして試しに、
カムイ様のもとへ球を転がすと…▼
[カムイ]
あたしは拾って投げ返した…▼
[ギュンター]
はい。
それをまた私がカムイ様へと放り…▼
[カムイ]
あたしが取ってまた返した。▼
ただその繰り返しなのに
とても楽しかった…▼
[ギュンター]
…懐かしいですな。
…本当に。▼
[カムイ]
…いつからだろう。▼
あたしはギュンターのことを
本当の父親のように思っていたよ…▼
[ギュンター]
…………▼
もったいないお言葉…▼
…あっ。▼
[カムイ]
珍しいね。
球を捕り損ねるなんて。▼
[ギュンター]
…申し訳ありません。▼
涙で目の前が曇ってしまったようです。▼
[カムイ]
もう…涙腺が緩くなっちゃったの?
今、手巾を持って行くね。▼

支援S

[カムイ]
ギュンター、来たよ。
今日もさっそくやろうよ。▼
[ギュンター]
はい。ただ…今回は少し、
趣向を変えてみようかなと思いましてな。▼
[カムイ]
へえ、どんな風に?▼
[ギュンター]
カムイ様は、
覚えてらっしゃいますかな?▼
球を捕れなかったほうが言うことを聞く。
そんな遊びをしていたことを…▼
[カムイ]
もちろん覚えてるよ。
白熱したよね。▼
例えば勉強したくないときとか、
その遊びをギュンターに頼んだなあ。▼
[ギュンター]
そういうときのカムイ様は
本当に難しい球を投げてこられた…▼
今日はまさに、あれをやりたくて
お呼びしたのです。▼
[カムイ]
いいよ。
やろう!▼
[ギュンター]
では、まずは私から。
それっ!▼
[カムイ]
わわっ!▼
[ギュンター]
思い切り高く投げましたぞ。
捕れますかな?▼
カムイ様は普通に投げると
容易に捕りますが…▼
こういう風に高く舞い上がったものは
なかなか捕れませんでしたからな。▼
[カムイ]
…………▼
…あっ!▼
捕れなかった…▼
[ギュンター]
あははは。
あの頃と変わっていませんな。▼
[カムイ]
うん…すっごく悔しい。▼
[ギュンター]
では、カムイ様に
答えていただきたい質問がございます。▼
[カムイ]
いいよ。
何でも言って。▼
[ギュンター]
カムイ様は今…
お慕いしている方などおられるのですかな?▼
[カムイ]
えっ!?
な、なに、その質問…?▼
[ギュンター]
約束は約束ですぞ。
答えていただきたい。▼
[カムイ]
わ、わかった…▼
…………▼
そんな人、いないよ…▼
[ギュンター]
そうですか。▼
では、私などいかがですかな?▼
[カムイ]
ええっ?▼
[ギュンター]
私はあなたを一人の女性として
お慕いしておりました。▼
[カムイ]
えっ?
ギュ、ギュンター?▼
[ギュンター]
この思いは墓場まで
持っていこうと思っていましたが…▼
…あなたへの思いをどうしても
抑えられなくなってしまったのです。▼
…………▼
これですっきりしました。▼
さあ、カムイ様。
私の申し出を断ってください。▼
私の申し出はあくまで冥土の土産。▼
カムイ様にはいずれ
素晴らしい男性が現れることでしょう。▼
私は思いを伝えられただけで満足です。▼
[カムイ]
…………▼
ギュンター。
もう一度、球を投げてくれない?▼
[ギュンター]
えっ?▼
[カムイ]
もし、あたしが捕れなかったら…
またギュンターの言うことを一つ聞くよ。▼
ただし、今度はもっとはっきり…▼
結婚してくれ、って言ってね。▼
[ギュンター]
カムイ様…▼
[カムイ]
さあ、勝負だよ、ギュンター!
また高い球を投げて!▼
[ギュンター]
わかりました。▼
私のありったけの思いを込めて、
どこまでも高く投げて見せましょう!▼
(モーション、CV有り。)
[ギュンター]
ふふっ、やはり捕れませんでしたな。
では、約束通り私の言うことを聞いていただきます。
どうか…私と結婚をしてください。

ジョーカー

支援C

[ギュンター]
ふむ。
やはり、まだまだだな。▼
こんな紅茶では、
私を満足させることなどできぬぞ。▼
[ジョーカー]
ちっ。
相変わらず文句ばかり言うジジイだな。▼
あんたが飲みたいって言うから
わざわざ入れてやったのによ…▼
[ギュンター]
文句ではない。
指導だ。▼
[ジョーカー]
もう、あんたの指導なんか必要ねえ。
俺をいつまでも子供扱いするな。▼
[ギュンター]
そういう口は、まともに紅茶を
入れられるようになってからきくがいい。▼
[ジョーカー]
ちっ。
あんたこそ口の減らないジジイだぜ。▼
[ギュンター]
その反抗的な態度…
お前は昔から変わらんな。▼
ふむ。
やはりもっと指導が必要なようだな。▼
[ジョーカー]
なっ!?
ほ、本気で言ってるのか!?▼
[ギュンター]
お前には年長者を敬う心が必要だ。▼
厳しく教えてやろう。
昔のようにな…▼
[ジョーカー]
や、止めろ!
かんべんしてくれ!▼
あんたの指導は…
もう二度と受けたくねえ!▼

支援B

[ギュンター]
…………▼
[ジョーカー]
なんだよ?
人の顔をじろじろ見やがって…▼
[ギュンター]
少し思い出していた…
お前が王城にやってきたときのことをな。▼
[ジョーカー]
ちっ。
くだらないことを思い出しやがって…▼
[ギュンター]
使用人として、
暗夜の王城に来たお前は…▼
一人では床も磨けぬほど、
何もできないただの小僧だったな。▼
[ジョーカー]
…仕方ねえだろ。
一応、お坊ちゃんだったんだからよ。▼
[ギュンター]
しかし、お前は
自分の持てる全ての力を使って精進した。▼
[ジョーカー]
結果は…同じだったけどな。▼
[ギュンター]
…………▼
[ジョーカー]
いくら必死になったとしても…▼
今までできなかったことが
急にできるようになるわけじゃねえ。▼
[ギュンター]
やがて、皆から疎まれ…
お前は王城でも、居場所を無くした。▼
[ジョーカー]
ああ、そうだ。▼
だが、そんなときに俺は…
カムイ様に出会ったんだ。▼
何もできなかった俺を…あの方は
自分の世話役にと任命してくれたんだ。▼
[ギュンター]
居場所を失くし絶望するお前と、
ご自身のお姿を重ねられたのだろうな。▼
[ジョーカー]
それからの俺は幸せだった。▼
カムイ様が俺に
居場所を与えてくれたからな。▼
ただし、あんたのしごきだけは別だ。
思い出すだけでむかついてくるぜ。▼
[ギュンター]
骨が折れたぞ。▼
無能な若造を
優秀な執事へと成長させるのはな。▼
[ジョーカー]
ほう。▼
[ギュンター]
どうした?▼
[ジョーカー]
今、認めたよな?
俺が優秀な執事だということを。▼
[ギュンター]
…………▼
主に対する忠誠心。
主から受けた恩に報いるための努力。▼
その二つだけは認めてやろう。
それ以外はまだまだ精進するがいい。▼
[ジョーカー]
ふん。
素直じゃねえジジイだ。▼

支援A

[ギュンター]
ジョーカー。▼
[ジョーカー]
なんだよ?
また、説教か?▼
[ギュンター]
…………▼
これからも…
お前はカムイ様を守っていけ。▼
[ジョーカー]
言われなくてもわかっている。
今更、どうしたっていうんだ?▼
[ギュンター]
いや…特に深い意味などはないが…▼
それでも、約束しろ。
お前はカムイ様を守るのだ。▼
どんな敵が襲ってこようとも、だ。▼
[ジョーカー]
ああ。わかったぜ。▼
変なジジイだな。
とうとうお迎えが近いのか?▼
[ギュンター]
ふっ…▼
世間では
できの悪い子ほど可愛いと言うが…▼
お前のことはいつまで経っても
可愛いとは思えないな。▼
[ジョーカー]
ちっ。俺がいつ、
あんたの子になったっていうんだ?▼
[ギュンター]
ふっ…
それもそうだな…忘れてくれ。▼
[ジョーカー]
…………▼
ジジイ、本当に大丈夫か?▼
どこか具合が悪いなら…
さっさと言えよ。▼
勝手に死なれたら…
後に残された俺が苦労するんだからな。▼
[ギュンター]
安心しろ。
お前が一人前になるまでは死にきれん。▼
恥を残してこの世を去るなど…
騎士としてあるまじき行為だからな。▼
[ジョーカー]
ふっ。▼
それだけ減らず口がきければ、
後、百年は生き続けそうだな。▼
[ギュンター]
お前が一人前になるには、
百年では全く足らんと思うがな。▼
[ジョーカー]
上等だ。
こっちは何百年でも付き合ってやるぜ。▼
[ギュンター]
それは…骨が折れるな。▼

カンナ(男)(親子)

支援C

[カンナ]
ねえ、お父さん。
ちょっと相談してもいい?▼
[ギュンター]
おお、カンナ。どうしたのだ?▼
[カンナ]
お母さんがね
ずっと僕のこと子供扱いするんだよ。▼
[ギュンター]
当然だろう。お前はカムイの
子供なのだから。▼
[カンナ]
そうじゃなくて!▼
僕ももう大きくなったんだから
お母さんの力にもっとなれるってことだよ。▼
それなのに、カンナは遊んでていいのよ
って言われてばっかりなんだ…▼
[ギュンター]
なるほど。お前はカムイに
もっと頼りにされたいと思っているのか?▼
[カンナ]
そう! 僕、お母さんのために
何かしてあげたいんだ。▼
どうやったらお母さんを
喜ばせてあげられるかな?▼
[ギュンター]
ふむ…そうだな。▼
私の場合は誠心誠意、
身の周りのお世話をして差し上げているが…▼
[カンナ]
うーん、それでお母さんは喜ぶの?▼
[ギュンター]
ああ、いつもお礼を言って下さる。▼
それから…私自身の健康に気を使うのも
喜んでくださるぞ。▼
一分一秒でも長生きして
少しでも長く同じ時を過ごせるようにとな…▼
[カンナ]
そ、そうなんだ…▼
[ギュンター]
おっと…これはお前には
参考にはならない話だったな…▼
[カンナ]
何か他にお母さんにすっごく喜んでもらえる
方法があるんじゃないかな?▼
[ギュンター]
すごく喜んでもらえる方法…か。▼
[カンナ]
あ、そうだ!
お父さん、それなら僕と勝負してみない?▼
[ギュンター]
勝負…?▼
[カンナ]
うん。僕とお父さん、どっちがお母さんを
喜ばせてあげられるか勝負するの。▼
色々試してたら一番喜ぶ方法が
見つかるかもしれないでしょ?▼
お母さんからたくさん「ありがとう」って
言われた方が勝ちだよ。▼
[ギュンター]
ふむ、親子で勝負か…面白い。
わかった。受けて立とう。▼
[カンナ]
ホント? わーい!▼
[ギュンター]
ああ。だが私もカムイの夫…
彼女のことを誰よりもお慕いしている▼
たとえ相手が我が子と言えど
負けるつもりはないから…そのつもりでいろ。▼
[カンナ]
うん。正々堂々と勝負だね!▼
[ギュンター]
ふふ…そうだな。
よろしく頼むぞ。▼

支援B

[カンナ]
ねえ、お父さん。この間言ってた
お母さんを喜ばせる勝負のことだけど、▼
お父さんは今どのくらいお母さんに
ありがとうって言われたの?▼
[ギュンター]
そうだな…▼
あれから普段通りのことしかしていないが
カムイからのお礼の数は多いぞ。▼
そら…これが覚え書きだ。
お礼を言われるたびにチェックを記しておいた。▼
[カンナ]
わあ…たくさん!▼
いつもと同じことしてるだけで、
こんなに喜んでもらってるの?▼
[ギュンター]
ふふ…今まで意識していなかったが、
数えてみると意外と言って頂いているものだ。▼
カムイからの信頼の証と思うと
なかなか悪い気はしないな。▼
[カンナ]
むー…でも僕だって負けてないもん!▼
ほら、僕も数えておいたんだ!
合計はええと…▼
[ギュンター]
ほう…私と同数のようだな。
なかなかやるではないか、カンナ!▼
[カンナ]
あっ、本当だ!
えへへ、でもきっと追い抜かすよ!▼
毎日ずっとお母さんの傍にいて
いっぱいお手伝いしてるもん。▼
[ギュンター]
お手伝い?
お前も身の周りのお世話をしているのか?▼
[カンナ]
うん。お父さんの話を聞いて…
ちょっと参考にさせてもらったんだ!▼
[ギュンター]
そうか…
ちなみに何を手伝ったのだ?▼
[カンナ]
ええと、朝はお布団を干してー、▼
お昼はご飯作ってるお母さんの横で
お野菜を切ってー、▼
夜はお風呂掃除をしてるんだよ!▼
[ギュンター]
ふうむ。それで…カムイは
喜んでおられたのか?▼
[カンナ]
うん! いっぱいありがとうって
言ってもらえたよ!▼
[ギュンター]
そうか、それは良かったな。▼
ふふふ…いつの間にか
お前も大きくなったものだ。▼
[カンナ]
えっ?▼
[ギュンター]
少し前まではお前も小さくて…▼
布団を干したり野菜を切ったりする
姿など想像することもできなかった。▼
カンナを子供扱いしていたのは、
私も同じだったのかもしれん。▼
[カンナ]
えへへ! 僕、たくさん練習したんだよ。
だからもう何でもできるんだ。▼
[ギュンター]
そうやって努力をしている姿が
カムイも嬉しかったと思うぞ。▼
[カンナ]
あ、そういえば僕、
ありがとうって言われた数よりも▼
すごいって褒められた数の方が
多かったかも…▼
[ギュンター]
やはりカムイも
お前の成長に感心されたようだな。▼
[カンナ]
そっか…えへへ、じゃあ明日からも
たくさんお手伝いしようっと!▼
お父さんには負けないからね!▼
[ギュンター]
これはうかうかしてはおられんぞ…
私も負けじと頑張るとしよう。▼

支援A

[カンナ]
むー…▼
[ギュンター]
どうした…カンナ?▼
[カンナ]
あ、お父さん…▼
[ギュンター]
何をそんなにふくれている…▼
先日私との勝負に勝ってからというもの、
ずっと機嫌が良かったではないか?▼
[カンナ]
あのね、今日も僕、
お母さんのお手伝いしてたの。▼
そしたら、お手伝いは嬉しいんだけど、
もっと甘えてほしいって言われて…▼
また子供扱いされちゃったんだ…▼
僕、ちゃんとお手伝い
できてなかったのかな?▼
[ギュンター]
…なんだ、そういうことか。▼
そんなに落ち込むな。
お前に落ち度があったわけではない。▼
[カンナ]
でも、お母さんからは
お手伝いよりも甘えてほしいって…▼
[ギュンター]
いや…カムイは、▼
お前が成長していくことを嬉しく思う一方で
少し寂しさを感じておられたのだ。▼
[カンナ]
寂しさ…?▼
[ギュンター]
ああ、親というものは、子供が大きくなって
自分を頼りにされなくなると、▼
寂しさを感じてしまうものなのだ。▼
[カンナ]
うーん、ちょっと僕には難しいかも…▼
[ギュンター]
ふふ…そうだろうとも。
カンナ、それならば良い提案がある。▼
手伝いは今まで通りつづけて…
その上で時々一緒に寝て欲しいと頼むんだ。▼
そうしておけば、カムイはきっと
嬉しく思って下さるだろう。▼
[カンナ]
で、でも…▼
[ギュンター]
カンナはカムイと
一緒に寝るの嫌なのか?▼
[カンナ]
ううん! そんなことないよ!▼
ただ…お母さんと一緒に寝ると、
ずっと甘えたくなっちゃうんだ…▼
[ギュンター]
…いや、それでいい。▼
むしろ、それが良いのだ…
だってお前は私たちの子供なんだからな。▼
[カンナ]
お父さん…▼
[ギュンター]
心配などしなくても、お前は
立派に成長してくれている。▼
だから…少し甘えてくれるくらいで
ちょうど良いのだと思うぞ。▼
[カンナ]
うん…ありがとう、お父さん!
これからはそうするね!▼
[ギュンター]
では今夜は二人が一緒に寝ることを
カムイにお伝えしておこう。▼
[カンナ]
あっ!
それならお父さんも一緒に寝ようよ!▼
[ギュンター]
なにっ? い…いや、私は…▼
[カンナ]
だって僕、お母さんだけじゃなくて、
お父さんにも甘えたいもん!▼
家族みんなで一緒に寝たいよ。ダメ?▼
[ギュンター]
……ふう…しょうのない奴だな。
わかった、私も共に寝るとしよう…▼
[カンナ]
わーい、やったー!▼
[ギュンター]
ふふふ…家族みんなで寄り添って寝るなど…
いつ以来のことであろうな…▼
このような幸せを…
もう、二度と失いたくないものだ…▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • どれもいい話だった -- 2018-12-27 (木) 08:32:48

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 27 Dec 2018 08:32:49 UTC