Top > 会話集 > 支援会話 > キヌ(子世代・透魔)

キヌの支援会話

フォレオ

支援C

[キヌ]
あっ、フォレオだ!
何してるの!?▼
[フォレオ]
こんにちは、キヌ。
今はお裁縫をしていたところですよ。▼
[キヌ]
お裁縫!?
わぁー! いいなぁ!▼
[フォレオ]
もしよかったら、
キヌも一緒にやりますか?▼
布地もたくさんありますし、
道具だってお貸ししますよ。▼
[キヌ]
やったー!
やるやるやるー!▼
[フォレオ]
うふふ。
では一緒にやりましょう。▼
[キヌ]
うん!
ありがとう、フォレオ。▼
で、お裁縫って何!?
何をすればいいの!?▼
[フォレオ]
…え?
お裁縫を知らないのですか?▼
[キヌ]
あはは。
実は知らないんだよね!▼
[フォレオ]
そ、そうですか…
それなのにあんなに喜んでいたんですね…▼
[キヌ]
アタシにもわかるように簡単に説明してね。
難しく教えてくれてもわからないからね。▼
[フォレオ]
わ、わかりました…
簡単にですね。▼
ええと、お裁縫というのは…▼
布地を切ったり、縫ったりして、
新しいお洋服を作ったりすることです。▼
[キヌ]
この布を切ればいいの!?
なーんだ、そんなの簡単だよ!▼
ほら、ビリビリビリー!
こっちも、ビリビリビリー!▼
[フォレオ]
そ、そんなに乱暴に切ってはダメです!▼
あああ…
布地が全部、切れ端になっていく…▼
[キヌ]
あー、すっきりした!
お裁縫って楽しいね、フォレオ!▼
[フォレオ]
ううう…
こんなのはお裁縫ではありません…▼

支援B

[キヌ]
あっ、フォレオ!▼
[フォレオ]
キヌ…
こ、こんにちは。▼
[キヌ]
あれ、今日は元気がないね?
ちゃんとご飯は食べたの?▼
[フォレオ]
ご飯は頂きましたが…▼
[キヌ]
あああああ!
また、お裁縫をやってるんだね!▼
[フォレオ]
ぎくっ…▼
そ、そうですね…▼
[キヌ]
アタシもやるー!
布をいっぱい切るよ!▼
[フォレオ]
だ、ダメです!
切ってはいけません!▼
[キヌ]
あれ?布を切っちゃダメなの?
お裁縫なのに?▼
[フォレオ]
いえ、布を切るには切るのですが、
でたらめに切ってはいけません。▼
ちゃんとどういう風に切るかを
考えて切らないとダメなんです。▼
でないと、この間みたいに…
布が無駄になってしまいますからね…▼
[キヌ]
…………▼
もしかして、この間、アタシ…
やっちゃいけないことをしちゃった?▼
[フォレオ]
…そうですね。▼
用意していた布が…
全部ダメになってしまいましたから…▼
[キヌ]
ごめんなさい、フォレオ!▼
アタシ、お裁縫のこと知らなくて…
ノリノリで布を切っちゃったよ…▼
[フォレオ]
気にしないでください。
ちゃんと説明できなかった僕が悪いんです。▼
[キヌ]
ううん!
フォレオは悪くないよ!▼
…そうだ!
いいこと思いついた!▼
[フォレオ]
いいこと、ですか?▼
[キヌ]
フォレオ!
この間の布をアタシにちょうだい!▼
[フォレオ]
それは別にかまいませんが…
全て細かい切れ端になっていますよ?▼
[キヌ]
うん! それで大丈夫!
全部、アタシにちょうだい!▼
アタシ、頑張ってみるから!
期待して待っててちょうだい!▼
[フォレオ]
う、うん…
何をするつもりなのでしょうか?▼

支援A

[キヌ]
フォレオ!
できたよ!▼
[フォレオ]
キヌ?
できたって…何がでしょうか?▼
[キヌ]
だから、ついにできたんだってば!
お待たせしちゃってごめんね!▼
[フォレオ]
は、はい…
それで…何ができたんですか?▼
[キヌ]
そんなの決まってるじゃない!
お布団だよ! お布団!▼
[フォレオ]
お布団…
すみません。話が見えないです…▼
[キヌ]
あっ、そっか。
ちゃんと説明しないとわからないよね!▼
ほら、アタシ、フォレオの大切な布を
ビリビリに破いちゃったでしょ?▼
それで、その布は
使いものにならなくなっちゃったよね?▼
[フォレオ]
はい。
そうでしたね。▼
でも、その布の切れ端は、
キヌが全部持っていきましたよね。▼
[キヌ]
そうなの!
それでこのお布団ができたってわけ!▼
[フォレオ]
な、なるほど…
どういうことでしょうか?▼
[キヌ]
だから、あの布の切れ端を、
アタシがちゃんと有効活用したの!▼
[フォレオ]
ああ!
そういうことだったんですね!▼
[キヌ]
あのね、大きな袋に
切れ端を詰め込んだだけなんだけど…▼
もこもこのふわふわで…
寝心地は本当に抜群なんだよ!▼
これが完成してからは、
アタシ、ずっとこのお布団で寝てるもん!▼
[フォレオ]
そうですか。
それはよかったです。▼
[キヌ]
フォレオ。
大切な布をダメにしちゃってごめんね。▼
これで許してとは言わないけど…▼
切っちゃった布は
アタシが絶対に無駄にはしないから。▼
[フォレオ]
キヌ…▼
一生懸命、ダメになった布を
再利用する方法を考えてくれたんですね。▼
ありがとうございます。
僕、嬉しいです。▼
[キヌ]
えへへ…
フォレオもこのお布団で寝てみる?▼
[フォレオ]
そうですね。
せっかくだから寝てみたいですね。▼
[キヌ]
うんうん!
きっと気に入ってくれると思う!▼
[フォレオ]
うふふ。
今晩、寝るときが楽しみになりました。▼

支援S

[キヌ]
フォレオってさー、
本当に服を作るのが好きだよねー。▼
[フォレオ]
うふふ。
そうですね。▼
キヌも作ってみますか?▼
[キヌ]
あはは。▼
そんなに細かい仕事は
アタシには無理だよー。▼
きっと、針を持った手がプルプルして
いろいろなところを刺しちゃうと思う。▼
[フォレオ]
うふふ。
それは危険ですね。▼
[キヌ]
でもさ、そういうのアタシも
できるようになった方がいいのかな?▼
[フォレオ]
どうしてですか?▼
[キヌ]
だって、将来、お母さんになったとき、
お裁縫ができなかったら格好悪くない?▼
[フォレオ]
うふふ。
別にそんなことはありませんよ。▼
[キヌ]
そうかなー?▼
[フォレオ]
お裁縫はできないけど
立派なお母さんはたくさんいますよ。▼
[キヌ]
あっ、確かにそうだね!▼
[フォレオ]
それに、キヌがお裁縫できないのなら…▼
お裁縫ができる旦那さんを
見つければいいと思います。▼
[キヌ]
おおおお!
フォレオって頭いいね!▼
それなら、アタシがお裁縫できなくても
なんにも問題ないもんね!▼
[フォレオ]
たとえば…
僕なんかもお裁縫は得意ですし…▼
[キヌ]
そっか!
じゃあ、フォレオと結婚しようかな!▼
[フォレオ]
ほ、本当ですか!?▼
[キヌ]
あっ、でもやっぱりダメだ。▼
[フォレオ]
ど、どうしてですか!?▼
[キヌ]
だって、結婚って
お互いに愛し合ってなきゃダメでしょ?▼
アタシはよくっても、
フォレオの気持ちがあるからさ―。▼
[フォレオ]
…………▼
僕はキヌが好きですよ…?▼
[キヌ]
え!?
そうなの!?▼
[フォレオ]
はい、好きです。
大好きです。▼
[キヌ]
そ、それじゃあアタシたち…
結婚…できるね!▼
[フォレオ]
そうですよ。
結婚できちゃいます。▼
だから…
僕と結婚を前提に、お付き合いしてください。▼
[キヌ]
うん!
いいよー!▼
[フォレオ]
あ、ありがとうございます…!
僕、嬉しいです…!▼
[キヌ]
アタシも嬉しいよ。
フォレオのこと、大好きだもん!▼
[フォレオ]
キヌ…▼
[キヌ]
それに、これでアタシがお母さんになって、
お裁縫できなくても安心だからね。▼
[フォレオ]
うふふ。▼
そうですね。
お裁縫は僕が担当しますよ。▼
[キヌ]
じゃあ、アタシは遊ぶのを担当するね!
フォレオの分まで思いっきり遊ぶから!▼
[フォレオ]
あ、遊ぶときは…
僕も一緒に遊びたいです…▼
[キヌ]
あっ、そっか!
じゃあ、遊ぶときは一緒に遊ぼうね。▼
フォレオとアタシと、アタシ達の子供。
みんなでいっぱい遊ぼうね!▼
[フォレオ]
はいっ。▼

イグニス

支援C

[キヌ]
わぁい!
ぴょんぴょんぴょーん!▼
[イグニス]
…なぜ、飛び跳ねている?▼
[キヌ]
えっ?
飛び跳ねると面白いでしょ?▼
[イグニス]
…そうか?▼
[キヌ]
すっごく面白いよ!
イグニスも飛んでみよーよ!▼
ほら!
ぴょんぴょんぴょーん!▼
[イグニス]
そこまで言うなら…
…ぴょん。▼
[キヌ]
ねー?▼
[イグニス]
いや、ねーと言われても…
俺にはわからない。この面白さが…▼
[キヌ]
えーっ!?
わかんないの!?▼
イグニス、大丈夫!?
もしかして、具合悪いの?▼
[イグニス]
いや…
むしろ、絶好調だ…▼
[キヌ]
なのに飛び跳ねるのが面白くないの?
それって絶対に大丈夫じゃないよ!▼
[イグニス]
…そうなのか?▼
[キヌ]
そうだよ!
だって、こんなに面白いんだよ?▼
ほら、ぴょんぴょんぴょーん!
イグニスももう一回、飛んでみてー!▼
[イグニス]
…ぴょん。
…いや、やはり面白くない。▼
[キヌ]
あっちゃあー…
それ、絶対に具合悪いよ!▼
[イグニス]
そうか…
では、医療班に相談してみよう…▼
[キヌ]
うんうん!▼
イグニス!
お大事にね!▼
[イグニス]
ああ…
ありがとう…▼

支援B

[イグニス]
おい、キヌ…
そんなに引っ張るな…▼
[キヌ]
早く早く!
こっちなんだってば!▼
[イグニス]
だから…
何がこっちなんだ?▼
[キヌ]
あのね、
とっても面白そうなこと聞いたの!▼
だから、イグニスと行こうと思って!
もうすぐ着くと思うよ!▼
[イグニス]
…面白いこと?▼
[キヌ]
あのね、あのね!
あっちにお化け屋敷があるんだって!▼
[イグニス]
!?▼
[キヌ]
もう使われていないお屋敷があって、
その中からうめき声が聞こえるんだって!▼
そんなの聞いちゃったら、
行くしかないよねー!▼
でしょでしょ?
絶対、面白いに決まってるもん!▼
[イグニス]
…………▼
[キヌ]
あれ?
どうして止まったの、イグニス?▼
疲れちゃった?
でも、もう少しで着くよ?▼
[イグニス]
俺は遠慮しておく…▼
[キヌ]
えーっ!?
なんで!?▼
[イグニス]
お化け屋敷へは行かない…
そんなの時間の無駄だからな…▼
[キヌ]
そんなことないって!
絶対面白いよー!▼
[イグニス]
絶対面白くない…
そう、断言する…▼
[キヌ]
まだ着いてもいないんだよ?
とにかく行ってみようよー!▼
[イグニス]
行かない…
俺はここから動かない…▼
…キヌは怖くないのか?
…お化けがいるかもしれないんだぞ?▼
[キヌ]
怖いってどういうこと?
アタシよくわからないんだよね。▼
[イグニス]
そうか…
キヌは怖いもの知らずなんだな…▼
[キヌ]
イグニスはお化け屋敷が怖いの?▼
[イグニス]
…バカな。
…俺はお化けなど怖くない。▼
[キヌ]
そっか! じゃあ、
無理やり連れて行っちゃうからね!▼
えーい!
よいしょーっと!▼
[イグニス]
ぐぬぬぬぬ…
お、俺は動かないぞ…▼
死んでも動かないからな…
や、やめてくれぇ…▼

支援A

[キヌ]
あはははは!
変な虫つーかまーえたっ!▼
はい!
イグニスにあげる!▼
[イグニス]
!?
な、何を考えてるんだ…▼
そ、そんなものは捨ててしまえ…▼
[キヌ]
えー?
いらないの?▼
[イグニス]
キヌ…
お前は本当に怖いもの知らずだな…▼
[キヌ]
そうなのかな?▼
前にも言ったけど、
アタシ、怖いってよくわからないんだよねー。▼
[イグニス]
羨ましいな…
怖いという感情がないなんて…▼
[キヌ]
イグニスは怖がりなの?▼
[イグニス]
…………▼
そうだな…
俺は怖がりだ…▼
[キヌ]
お化けとか虫が怖いの?▼
[イグニス]
ああ…
心底、怖い…▼
それに、敵と戦うのも怖いし…
仲間が傷つくのも怖い…▼
[キヌ]
ふむふむ…
怖いものだらけなんだね。▼
でもさ、怖がってばかりじゃ、
何もできなくない?▼
この間だって結局、
お化け屋敷に行かなかったし…▼
もしかしたら、
ものすごく面白かったかもしれないんだよ?▼
[イグニス]
いや…
お化け屋敷は絶対に面白くない…▼
だが、キヌの言い分も一理ある。▼
怖がってばかりでは、
前に進めなくなってしまう…▼
…俺はどうすればいいんだろう。▼
[キヌ]
…大丈夫だよ!▼
[イグニス]
…キヌ?▼
[キヌ]
イグニスにはアタシがついてるんだから、
なんにも怖くないって!▼
お化けが出たら蹴っ飛ばしてあげるし、
強い敵が現れたら守ってあげる!▼
っていうか、仲間たちもいるんだからさ!
怖いことなんてなんにもないよ!▼
[イグニス]
…ふっ。
キヌが俺を守ってくれるのか…▼
[キヌ]
うん!
だって、イグニスは大切な仲間だからね!▼
[イグニス]
ふっ…
それなら何も怖くはないな…▼
[キヌ]
あはは!
アタシにまかせてよ!▼
[イグニス]
心強い仲間が側にいてくれて…
嬉しく思う…▼
そんな大切な仲間を守るために…
俺ももっと強くならなくてはな…▼
[キヌ]
うん!
一緒に強くなろうね、イグニス!▼
[イグニス]
ああ…▼

支援S

[キヌ]
ねーねー、イグニスってさー、
お化けが怖いんだよね?▼
[イグニス]
ああ…そうだな…▼
[キヌ]
それってさー、
どんなお化けでも怖いの?▼
例えば優しいお化けとかは?
優しいお化けなら怖くないんじゃない?▼
[イグニス]
優しいお化け、か…
いや、むしろそっちの方が怖い気がする…▼
なんか親しげに近付いてきそうで…▼
[キヌ]
じゃあ、陽気なお化けは?
明るくて楽しいお化けなら大丈夫でしょ?▼
[イグニス]
それも嫌だな…
どこか狂気を感じてしまいそうだ…▼
[キヌ]
そっかー。
やっぱり、お化けの時点でダメなんだね。▼
[イグニス]
そうだな…
お化けの時点でダメだ…▼
というか…
お化けなど存在しない!▼
この世には!▼
[キヌ]
それはそうだよ。
お化けはあの世に存在してるんだから。▼
…あっ、じゃあさ、
アタシがお化けになったらどうかな?▼
[イグニス]
…どういうことだ?▼
[キヌ]
うん。▼
アタシが死んじゃったとき、
お化けになってイグニスに会いにくるの。▼
それならイグニスも怖くないんじゃない?
だって、アタシだし。▼
[イグニス]
そんな状況は考えられない…
キヌは俺が守る…▼
絶対に死なせはしない…▼
[キヌ]
あはは。
ありがとう、イグニス。▼
でもさ、生き物は必ず死んじゃうでしょ?
永遠に生きていくことなんて無理だもん。▼
だから、アタシが寿命で死んじゃったときに、
お化けになってイグニスに会いにくる場合ね。▼
それならイグニスは怖くない?
ちょっと想像してみてよ。▼
[イグニス]
…………▼
俺は…
キヌのことが好きなんだ…▼
[キヌ]
えっ?▼
[イグニス]
だから…
たとえ冗談だとしても…▼
キヌが死んだときのことなど…
想像したくはない…▼
[キヌ]
イグニス…▼
今のって…
もしかして愛の告白?▼
[イグニス]
そ、そうだな…
愛の告白になってしまったな…▼
[キヌ]
何もこんな話のときに
言わなくたっていいのに。▼
[イグニス]
…すまない。俺もそう思う…▼
[キヌ]
でも、アタシもイグニスのこと好きだよ。
だからすごく嬉しい。▼
[イグニス]
キヌ…▼
[キヌ]
アタシのことずっと好きでいてね。
アタシもイグニスがずっと好きだから。▼
[イグニス]
ああ…
もちろんだ…▼
[キヌ]
えへへ、ありがと!
二人でいたら、もうなんにも怖くないよ!▼
[イグニス]
そうだな…▼

ベロア

支援C

[キヌ]
ベロアー!ベロアー!▼
[ベロア]
.............▼
[キヌ]
ベロア? 聞こえてないの?▼
[ベロア]
...聞こえています。
ただ返事をしたくなかっただけです。▼
[キヌ]
えー! どうしてー?▼
[ベロア]
だって...キヌはいつも
わたしを遊びに誘ってくるじゃないですか。▼
[キヌ]
えっ、ダメなの?▼
[ベロア]
はい...
キヌは激しい遊びが好きでしょう?▼
高いところから飛び降りたり...
木から木へ飛び移ったり...▼
でも、わたしはそういうの、
好きではありません...▼
[キヌ]
でもベロア、アタシと一緒に
遊んでみれば楽しさがわかるはずだよ!▼
[ベロア]
いいえ、そうは思えません...
あなたとわたしは似ていないんですよ。▼
[キヌ]
そんなことないよ!▼
アタシとベロアは
似てるところもちゃんとあるよ!▼
まずは大きな耳と尻尾!▼
[ベロア]
それは耳や口があることを
お揃いというぐらい乱暴です...▼
狐と狼を一緒にしないでください...▼
[キヌ]
あ、そうそう!
狐と狼もそう!▼
ベロアは狼になれるでしょ?
それでアタシは狐になれるでしょ?▼
アタシは妖狐でベロアはガルー!
ほら、二人とも変身できるところが似てるよ!▼
[ベロア]
............▼
[キヌ]
狼と狐になって
一緒に遊ぶのってたのしそうでしょ?▼
[ベロア]
いえ...別に。
わたしは一人でいる方が楽なんです。▼
それに変身できる仲間ということなら、
わたしにはパパがいるのでそれで十分です。▼
[キヌ]
そ、そんな~!▼
[ベロア]
それじゃ、わたしはこれで...▼
[キヌ]
............▼
あーあ、ベロア行っちゃった...▼
むーっ! どうしたらベロアを
説得できるのー!?▼

支援B

[キヌ]
ベロアー! ベロアってばー!
遊ぼうよー!▼
[ベロア]
…………▼
[キヌ]
ぶー!
また聞こえない振りしてる!▼
[ベロア]
わたしは忙しいんです…
少し静かにしてもらえますか?▼
[キヌ]
えっ、忙しいの?▼
でもベロア、
ずっと下を見てるだけじゃない?▼
[ベロア]
ええ、毛玉が落ちていないか探してるんです。▼
ふわふわで少しゴミがついているものが
あれば、最高なんですけど…▼
なかなか良いものは
見つかりませんね…▼
[キヌ]
毛玉探しよりも、アタシと一緒に
崖から駆け下りる方が絶対楽しいよ!▼
今もアタシ、何度も崖から駆け下りて、
遊んでたんだよ!▼
すごい速さで
ドキドキワクワクするんだよ!▼
[ベロア]
いいえ。毛玉を見つける方が
何倍も楽しいです。▼
色んな角度から毛玉を眺めていると
時間を忘れちゃうくらいですから…▼
[キヌ]
はぁ…やっぱり今日もベロアは
一緒に遊んでくれないんだね。▼
アタシ、帰ろうかな…▼
[ベロア]
…!?▼
キヌ…ちょっと待ってください。▼
[キヌ]
えっ?▼
[ベロア]
その後ろ姿…!
尻尾を見せてください。▼
[キヌ]
いいけど…どうしたの?▼
[ベロア]
け、毛玉が…!
毛玉がたくさんついています…!▼
[キヌ]
毛玉?▼
[ベロア]
はい。しかも小枝や葉っぱまで…
たくさんついてるじゃないですか!▼
湿った小枝や腐り掛けの葉っぱ!
それに石の破片まで!!▼
ああっ!
キヌの尻尾には宝物が眠っています…!▼
[キヌ]
ええと…そうなの?▼
あっ…▼
ずっと一人で崖から駆け下りてたから、
その時に色々ついちゃったのかもね。▼
[ベロア]
キヌ…良かったらこの毛玉を、
わたしにくれませんか?▼
あと、今日どこで遊んでいたのか、
ぜひ教えてください。▼
[キヌ]
うん、いいよ…▼
って、ああっ!!
もしかして一緒に遊んでくれるの!?▼
[ベロア]
…ええ、そうですね。▼
こんな素敵なものが手に入るなら、▼
キヌと一緒に遊ぶのも悪くないかもしれません…▼
[キヌ]
わーい! やったぁ!!
ありがとう、ベロア!▼
[ベロア]
いいえ、別に…▼
それより早く…一刻も早く、
その場所へ連れてってください。▼
[キヌ]
うん! 任せといて!▼

支援A

[キヌ]
ベロア! 崖から駆け下りるのって
とっても楽しいよね!▼
[ベロア]
…まあ、思っていたよりは。▼
[キヌ]
そっか! ベロアにそう言ってもらえて、
アタシも嬉しいな!▼
[ベロア]
ですが駆け下りた後に、▼
尻尾についた小石や虫の死骸を
拾うことが一番好きですね。▼
[キヌ]
えへへ、そっか!
うん、それでもいいと思うよ!▼
それってこれからも
一緒に遊べるってことだよね。▼
[ベロア]
はい、もちろんです…▼
[キヌ]
ふふっ、ベロアと遊べるようになって
アタシとっても嬉しいなー!▼
[ベロア]
キヌは屈託ない性格なので、
仲良くしている人は他にもいますよね…?▼
どうしてわたしと遊ぶことに
それほどこだわっていたのですか…?▼
[キヌ]
だって変身できるヒトって
ほとんどいないから。▼
やっぱりアタシたちは
普通の人間じゃないし、▼
気持ちを全部理解し合える
ベロアと仲良しになりたかったんだ…!▼
[ベロア]
そうですか、その気持ちは
確かにわたしにもありました…▼
ありがとうございます…キヌ。
遊ぼうと何度も声をかけてくれて。▼
[キヌ]
ううん!▼
でもそこまでベロアに言われると
何だか照れちゃうな!▼
あっ…!▼
[ベロア]
どうしたんですか?▼
[キヌ]
そういえば…アタシとベロアって
この辺も似てるよね?▼
[ベロア]
ん? どこですか?▼
[キヌ]
ほらここ! 髪のこの部分!
一房だけ色が違うよ!▼
[ベロア]
はい…
ここだけは、ママと同じ色をしているんです…▼
[キヌ]
アタシもアタシも!
これっておそろいだよね!▼
[ベロア]
本当ですね…
これは確かにおそろいと言えますね。▼
なんだか…不思議な偶然です。▼
[キヌ]
うん、素敵だね!
アタシたちの友情の証って感じだもん!▼
[ベロア]
ふふっ、そうですね。▼
では、この証に誓って
これからも仲良くしましょう。▼
[キヌ]
うん、よろしくね、ベロア!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 15 Sep 2019 15:43:18 UTC