Top > 会話集 > 支援会話 > キサラギ(子世代・白夜)

キサラギの支援会話

マイユニット(男性)

マイユニット(女性)

カンナ(女)

カンナ(女) のページへ

ディーア

ディーアのページへ

ゾフィー

ゾフィーのページへ

ミドリコ

ミドリコのページへ

シノノメ

シノノメのページへ

キヌ

支援C

[キサラギ]
キヌー!
今日は森の奥にある湖に行こう!▼
[キヌ]
うん、いいよ!
遊ぼ遊ぼー!▼
[キサラギ]
よーし!▼
じゃあ、中間地点の
一本杉まで競争だよ!▼
早く着いたほうが今日獲った獲物を一つ、
負けたほうからもらえるってことで、どう?▼
[キヌ]
獲物って…狩りの獲物ってこと?▼
[キサラギ]
狩りで獲った動物でも、
野山に実ってた果物でもどっちでもいいよ。▼
[キヌ]
うん、わかった!▼
[キサラギ]
それじゃあ位置について…
用意…▼
出撃!!▼
[キヌ]
しゅつげきー!
あはははっ!▼
[キサラギ]
はぁ…はぁ…▼
[キヌ]
はぁ…はぁ…▼
アタシの勝ち?
それともキサラギの勝ち?▼
[キサラギ]
うーん…同時だったよね。
だから引き分けかな?▼
[キヌ]
えー!じゃあ勝負はどうするの?▼
[キサラギ]
勝負は勝負だから、
お互いに今日の収穫を交換するってことで。▼
[キヌ]
はーい、了解~!▼
ん…?▼
[キサラギ]
キヌ、どうしたの?▼
[キヌ]
ほら、キサラギ…見て。
あそこに人がいる…▼
四、五…六人。▼
[キサラギ]
あっ…本当だ…こんな森の中で
何をしているんだろう?▼
[キヌ]
声かけてみよーか。
おーい…▼
…ぶっ!?
キサラギ、どうして口を塞ごうとするの?▼
[キサラギ]
何だか変な感じがするんだ。▼
[キヌ]
そうなの…?
確かに兵士とかじゃないみたいだね…▼
[キサラギ]
うん、そうだね。▼
もうじき日が暮れるし、
今日はもう帰ろう。▼

支援B

[キサラギ]
おーい、キヌ?
キヌー?▼
キヌ…どこに行ったんだろう?▼
森の中を走っていたら
はぐれちゃったのかな…?▼
…………▼
あっ!あいつら…
この間この辺をうろついていた人たちだ。▼
なにしてるんだろう…▼
!!
キヌがあいつらに捕まってる!?▼
[賊]
へへへっ…妖狐の噂を聞きつけて来てみたが、
本当にいるとは思わなかったぜ。▼
女のくせになかなか強かったが、
この痺れ薬のおかげで身動きとれまい…▼
見ず知らずの人間からもらった食べ物を、
不用意に口にするなと親に言われなかったのか?▼
へへへっ…高く売れそうだぜ…!▼
[キヌ]
むー!むーーー…!▼
[キサラギ]
待てっ!!
お前たち、もしかしたら密猟者だな!?▼
[賊]
なっ!?
くそっ…妖狐の仲間か!?▼
[キサラギ]
この間からこの辺をうろちょろしてたのは、
キヌを誘拐するためだったんだな…!▼
[賊]
くそっ!お前ら、やっちまえ!!▼
[キサラギ]
キヌ…大丈夫?▼
[キヌ]
うん、平気…▼
助けてくれて、ありがと…▼
[キサラギ]
痺れ薬がまだ効いてるんだから、
安静にしているんだよ。▼
[キヌ]
ごめん、キサラギ…
アタシ…アタシ…▼
[キサラギ]
もう大丈夫だよ、密猟者たちは
僕が全員やっつけたから。▼
さぁ早くみんなの所に帰ろうね。▼
[キヌ]
う、うん…▼

支援A

[キヌ]
はぁーあ…▼
[キサラギ]
あっ、キヌ。
今日も森に行こうよ!▼
[キヌ]
キサラギ…
うん、そうだね…▼
[キサラギ]
どうしたの?何だか元気ないけど…▼
もしかしてこの間誘拐されそうになったこと、
気にしてるの…?▼
[キヌ]
まあね…でも、
前にも同じようなことがあったし、▼
アタシのことを狙おうとする人たちがいるのは、
特にもう気にならないんだ。▼
それよりもさ…▼
[キサラギ]
それよりも…?▼
[キヌ]
この前アタシ…あの人たちのことを信用して、
油断して食べ物を食べちゃって…▼
アタシってホント間抜けだなぁって…▼
[キサラギ]
…………▼
[キヌ]
前にキサラギがあの人たちは
怪しいって言ったのに、▼
すっかりその事も忘れちゃってたんだ…▼
[キサラギ]
キヌ…▼
[キヌ]
だから怖くなったとかじゃなくて
ちょっとアタシ自身にうんだりしちゃってたの。▼
えへへ…
これからもっと色々考えなきゃダメだね!▼
いくら優しそうでも、知らないヒトに
近づかないようにするとかさ!▼
[キサラギ]
キヌ…僕は、
そのままのキヌで良いと思うよ。▼
[キヌ]
え…!でもまた騙されちゃったら、
みんなに迷惑かけちゃうでしょ?▼
[キサラギ]
ううん、騙すほうが悪いんだよ!
キヌは純粋なキヌのままでいてほしいな。▼
純粋で人見知りしないのが、
君の良い所なんだから。▼
[キヌ]
キサラギ…!▼
[キサラギ]
しれに今度悪い奴が君を騙そうとしたら、
ちゃんと僕が守ってあげるから。▼
それならいいでしょう?▼
[キヌ]
う、うん…わかった!▼
じゃあアタシ、これからもヒトのこと
大好きなままでいいってことだよね?▼
[キサラギ]
うん、そうだよ。▼
[キヌ]
ありがと、キサラギ!▼
じゃあアタシが騙されないように
一緒にいてくれる?▼
[キサラギ]
うん、もちろんだよ!▼
[キヌ]
わぁ…!
キサラギ、だーい好き!!▼

支援S

[キヌ]
あー、キサラギ!
今日も一緒に遊びに行こうよ!▼
[キサラギ]
あ、キヌ…
う、うん…そうだね…▼
[キヌ]
あれれ?
キサラギ…元気ない?▼
この前はアタシが元気なかったけど、
今度はキサラギが元気無くなっちゃった?▼
[キサラギ]
ええと…違うんだ。
この前キヌのことは守るって言ったけど…▼
さらわれそうになった君を
怖い目に遭わせてしまったこと、▼
ずっと後悔してて…▼
[キヌ]
でもキサラギはちゃんと助けてくれたよ?▼
アタシを助けてくれたとき、
すっごくカッコ良かった~!▼
[キサラギ]
そう言ってくれてとても嬉しいよ…
でも僕は割り切れないんだ…▼
[キヌ]
キサラギ…▼
[キサラギ]
…よし!▼
[キヌ]
えっ?▼
[キサラギ]
このモヤモヤを解決するためにも、
ここで僕は決意を伝えるよ!▼
[キヌ]
ええと…どういうこと?▼
[キサラギ]
僕は…キヌのことが好きなんだ!▼
[キヌ]
え?アタシもキサラギが好きだよ…?
だって仲間だしお友達でしょ?▼
[キサラギ]
うん、それはもちろんそうだけど…
仲間としての好きじゃなくて…▼
女の子としてキヌが好きなんだ!
これから一生傍にいて欲しいんだ!▼
[キヌ]
キサラギ…そ、それって…
恋人ってこと?▼
[キサラギ]
うん、そうだよ!
キヌには僕のお嫁さんになってほしい!▼
そうすればもう二度と離れないから、
君をずっと守り続けられるでしょ!?▼
[キヌ]
キサラギ…▼
うん!嬉しい…!
アタシ、キサラギのお嫁さんになる!▼
[キサラギ]
キヌ…!ありがとう、これでちょっとホッとしたよ…▼
[キヌ]
キサラギ…ありがとう。
告白してくれてアタシも嬉しいよ…!▼
[キサラギ]
これからはもっと嬉しいことが
沢山あるはずだよ。二人一緒ならね!▼
[キヌ]
うん!
うふふふっ…とっても楽しみだね!▼

ヒサメ

支援C

[キサラギ]
あっ、ヒサメ!▼
[ヒサメ]
キサラギ…
な、何かご用でしょうか?▼
[キサラギ]
ご用でしょうかって…
そんな畏まった話し方しないでよ。▼
もっと普通に話して! 普通に!▼
[ヒサメ]
私は誰にでもこんな話し方ですよ。
別にキサラギが特別なわけではありません。▼
[キサラギ]
そう? なら良かった!▼
僕ね、ヒサメと仲良くしたいんだ。
父上とヒナタさんみたいにさ!▼
[ヒサメ]
タクミさんと私の父さんのように…?▼
うーん…
それは…いかがなものでしょうか?▼
[キサラギ]
えっ?
何か問題ある?▼
[ヒサメ]
だって、あの二人は
主君と臣下の関係でしょう?▼
むしろ私の父さんのほうが、
距離感を理解できていないと言いますか…▼
主君に対して馴れ馴れしすぎると思いますよ。
あれは見習うべきではないと思います。▼
[キサラギ]
そ、そんなことないよ!
二人とも強い絆で結ばれてるって感じがするよ!▼
[ヒサメ]
そうでしょうか?▼
私はもっとお互いの立場というものを
わきまえて行動すべきだと思うのですが。▼
[キサラギ]
たとえば?▼
[ヒサメ]
そうですね…父さんはタクミさんと
一緒に食事を取り、▼
あろうことかタクミさんがいる前で、
何杯もお代わりをしている始末。▼
[キサラギ]
いいじゃない、別に。▼
[ヒサメ]
それに二人で一緒に風呂へ行き、▼
なんとタクミさんと
背中を流し合っているそうです。▼
ああ…嘆かわしい。▼
[キサラギ]
それもいいじゃないか、別に!▼
[ヒサメ]
いいえ、そうはいきません。▼
臣下であれば、
まずは主君の食事の毒見をし…▼
そして主君が食べ終えた後、
人知れず早急に食事を済ませるのが責務です。▼
それに風呂に入り、
主君の背中を流すなどもっての外。▼
常にお傍で刀を持ち控え、
無防備な主君の護衛に務めるべきかと。▼
[キサラギ]
…………▼
ヒサメも、僕に対して
そんな感じにしたいの?▼
[ヒサメ]
まあ、父親同士の主従関係を考えれば、
それもやぶさかではありませんね。▼
[キサラギ]
う、うう~っ! 違うよ!
ヒサメは全然わかってないよ!▼
そんなんじゃ僕たちは
親友になんてなれないよ!!▼
(キサラギ退場)
[ヒサメ]
し、親友…?▼
なぜ…
いきなり親友……?▼

支援B

[ヒサメ]
キサラギ…
今、よろしいでしょうか?▼
[キサラギ]
ヒサメ…▼
[ヒサメ]
この前はすみません。
なんだかあなたの気分を害してしまったようで。▼
[キサラギ]
ううん、僕のほうこそ自分の考えを
押し付けるようなこと言っちゃってごめんね…▼
でも、できれば僕のことは主君としてじゃなく、
友達として扱ってほしいな。▼
父さん同士の主従関係なんて、
この際関係ないじゃない。▼
[ヒサメ]
…………▼
[キサラギ]
あっ…もちろん、
無理にとは言わないけど。▼
ごめん…僕また君に
一方的な考えを言っちゃった。▼
[ヒサメ]
…いいえ。▼
キサラギは私と仲良くしたいと
言ってくれているのですから、▼
私は友達として、
それに応えたいと思っています。▼
[キサラギ]
ヒサメ…! 僕嬉しいよ!
ありがとう!!▼
[ヒサメ]
いえ、礼には及びません。▼
すぐにというのは難しいかもしれませんが、
私もあなたと距離を縮めたいと思っています。▼
実は既にその方法を…
父さんから聞き出して参りました。▼
[キサラギ]
ヒナタさんから?▼
[ヒサメ]
ええ。父さんがタクミさんと
口論などされた際…▼
どのようにして仲直りをされたのか
聞きました。▼
そんなときはいつも二人は、
将棋をしていたそうです。▼
[キサラギ]
将棋?
あの盤の上で駒を動かす遊び?▼
[ヒサメ]
はい。何でもタクミさんは将棋をするのが
とてもお好きなようで…▼
父さんはいつもそれに付き合っていたと
言っておりました。▼
[キサラギ]
そうなんだ…!▼
[ヒサメ]
ええ、ですから
私たちも将棋をしてみませんか?▼
[キサラギ]
えっ!? しょ、将棋…かあ。
正直僕、頭使うことは得意じゃないんだけど…▼
でも、ヒサメがせっかくヒナタさんから
聞いて来てくれたことなんだもんね!▼
うん、わかったよ。
じゃあやってみよっか!▼
[ヒサメ]
ありがとうございます。▼
では、あちらに用意しておりますので…
さぁ、どうぞ。▼
[キサラギ]
はーい!▼

支援A

[キサラギ]
やぁ、ヒサメ!▼
[ヒサメ]
キサラギ。▼
[キサラギ]
この間の将棋は面白かったねー!▼
途中で僕たちの性格のことに気づいて、
お互い笑いが止まらなくなったし。▼
[ヒサメ]
ふふふっ…ええ、そうですね。
思い出しただけでまた笑ってしまいます。▼
[キサラギ]
途中からヒサメが熱中し出して、
僕が飽き始めちゃって…▼
これって何かに似てないかって話してた時、
二人一緒に気づいたんだよね。▼
[ヒサメ]
はい。私はどちらかというと
タクミさんの趣味嗜好に近く…▼
[キサラギ]
すぐに飽きちゃう僕は
ヒナタさんのほうに似てるってことにね!▼
[ヒサメ]
ふふふっ。▼
[キサラギ]
あはははっ。なんだか父と息子の性格が
逆転しちゃったみたいだよね。▼
[ヒサメ]
でもあの後でキサラギも
将棋の面白さに目覚めて、▼
かなり熱中していましたよね。▼
[キサラギ]
うん。ちょっとした駆け引きが出てくると、
狩りみたいで楽しくなってきちゃって。▼
あれは盤上の遊びだって侮っちゃダメだね。
戦闘の時にも役立ちそう!▼
[ヒサメ]
そうですね…私も敵側の思考を読むというのは、
剣術にも活きてくる気がしています。▼
[キサラギ]
えへへー…▼
[ヒサメ]
どうしたんですか、キサラギ?
私の顔を見てニヤニヤして…▼
[キサラギ]
僕ら少しだけ、
距離が縮まった気がしない?▼
[ヒサメ]
ええと…どうでしょうか?▼
[キサラギ]
ふふふ、そう照れなくてもいいってば。
絶対に仲良くなってきてるって!▼
やっぱり父親同士があれだけ仲が良いから、
息子同士だって友達になれるんだよ!▼
[ヒサメ]
そうかもしれませんね。▼
もし、キサラギを主君として扱っていれば
こんな関係にはなれなかったと思います。▼
あなたがこうして歩み寄ってくれたから…▼
私はキサラギを身近な存在として
自然と考えられるようになりました。▼
これが…友人というものなのかもしれません。▼
[キサラギ]
うん、きっとそうだよ!▼
よーし! じゃあこれからは、
親友になれるように二人でがんばろう!▼
[ヒサメ]
ふふ…親友には、なりたいから
なれるようなものではありませんよ。▼
でも、私とあなたとなら、遠くない未来に…
そうなれるような気がしています。▼
これからもよろしくお願いしますね、キサラギ。▼
[キサラギ]
うん、よろしくね!
ヒサメ!▼

ミタマ

支援C

[キサラギ]
あっ、ミタマ!
僕と一緒に…▼
[ミタマ]
外出を 勧める人は 嫌いなり。▼
[キサラギ]
ううっ、まだ何も言ってないよ!▼
[ミタマ]
でも、どうせわたくしを山にでも
誘うおつもりだったのでしょう?▼
[キサラギ]
そ、それはそうだけど…▼
[ミタマ]
お断りいたしますわ。
室内で 歌を詠むこと 至上なり。▼
[キサラギ]
うーん、
どうしても外出したくないの?▼
[ミタマ]
ええ。
だって意味がありませんもの。▼
[キサラギ]
なら意味があればいいんだよね?▼
うーん、うーん…
あっ! そうだ!▼
ミタマの天幕の中を前に見させてもらったとき、
お花を沢山置いてたよね!▼
[ミタマ]
そうですわね。
花は雰囲気を作るのに最適ですから。▼
見ていると、創作意欲がわいてきますの。
花に関する句も多いんですのよ。▼
[キサラギ]
なるほど…
それなら花を見に行こうよ!▼
[ミタマ]
花…ですの?▼
[キサラギ]
山の中にすごく綺麗な花畑があるのを
知ってるんだ。▼
それを見れば、室内の生け花よりも
よっぽど創作意欲が湧いてくるはずだよ!▼
[ミタマ]
な、なるほど…▼
花畑 部屋の中には 持ち込めず…▼
出るしかありませんが、
悩ましいですわね…▼
[キサラギ]
あははっ、悩むぐらいなら行こうよ!
はい、決まりだね!▼
[ミタマ]
ううっ…
まだ出かけると決めたわけでは…▼
[キサラギ]
よーしっ!
じゃあ準備は僕に任せて!▼
[ミタマ]
…………▼
回答を 言うことできず 相手去る…▼

支援B

[キサラギ]
ほらほら!
ミタマ、もう少しで花畑に到着だよ!▼
[ミタマ]
はぁ…はぁ…▼
体力の 限界を知り 息切らす…
我が心には 後悔ばかり…▼
[キサラギ]
そんなこと言わないで!
あと少しなんだからさ…!▼
[ミタマ]
えぇ~…▼
[キサラギ]
ほらっ! 見えてきたよ!
ここが君に教えたかったところだよ!▼
[ミタマ]
…!▼
こ、これは…!!▼
[キサラギ]
ね、すごいでしょ?
この時期はとっても綺麗なんだ。▼
色んな花々が一斉に咲き誇るんだよ!▼
[ミタマ]
あっ…ええと…▼
あまりの美しさに言葉が浮かびませんわ…
歌を詠むことを忘れてしまうほどに…▼
[キサラギ]
えへへ…そうなんだ~。
そう言ってもらえて嬉しいな。▼
[ミタマ]
友人の…心配りに…感謝する…▼
キサラギ…ありがとうございます。▼
よもや現世にこのような美しい
場所があろうとは…▼
わたくし…感動致しました。▼
[キサラギ]
ううん、こちらこそ!▼
さ、もっと近くで見てみなよ。すっごくいい香りだよー!▼
[ミタマ]
ええ、もちろん…!▼
咲き誇る 花々を手に 目指すのは…
新たなる歌 詠むことなりや…▼

支援A

[ミタマ]
キサラギ…
今少しよろしいでしょうか?▼
[キサラギ]
あ、うん。いいよ。
どうしたの?▼
[ミタマ]
花畑 同行の誘い 申し出る…▼
[キサラギ]
ああ、またあの花畑に行きたくなったんだね。
もちろん、一緒に行こう。▼
[ミタマ]
ありがとうございますわ。キサラギ…▼
[キサラギ]
そうだ。あの山には花畑以外にも
面白いところが沢山あるんだよ。▼
狩猟の穴場とか魚が沢山獲れる川とか、
虹の見られる滝とかね!▼
[ミタマ]
………………▼
あの時の 花々が見たい それだけよ…▼
[キサラギ]
あはは…そ、そうだったね。▼
ミタマが外出するのは、
あくまで花を見るためだもんね。▼
それでも外に出るようになったのは、
健康的でとても良いと思うよ。▼
僕はいつでも付き合うからさ。▼
[ミタマ]
そうですの…感謝いたしますわ。▼
ですが、世話になりっぱなしなのも
わたくしの美徳に反しますので、▼
次はお弁当ぐらいは
ご用意させていただきますわ。▼
[キサラギ]
わあ、ありがとう!▼
あの花畑でお弁当を食べたら、
それはきっと気持ちいいだろうね。▼
今回は山歩きがてら、
昼食を取ることにしよう!▼
[ミタマ]
ええ、そうしましょう。▼
外出が 楽しみになる 我が心…▼
あなたには負けましたわ。
キサラギ…▼

支援S

[キサラギ]
あっ、ミタマ。▼
[ミタマ]
キサラギ…▼
何度も山歩きに付き合っていただき、
本当に感謝しておりますわ。▼
幾度なく 山歩きの供 ありがとう…▼
[キサラギ]
ううん、お礼なんて別にいいよ。
僕たちは仲間なんだからさ。▼
[ミタマ]
そうですか…▼
[キサラギ]
うん。この間出かけたときだって、
ミタマがお弁当を作ってくれて嬉しかったし。▼
でもさ、二人きりでお弁当持って
花畑に行くなんて…▼
傍からみたらまるで、逢引みたいだよね!▼
[ミタマ]
あ、逢引…▼
ええっ!? 逢引ですって!?
な、なんたる破廉恥な…!▼
[キサラギ]
えっ? どうしたの?
突然顔を真っ赤にして…?▼
あっ…!!
ええと、別にそういう意味じゃなくて…!▼
[ミタマ]
…………▼
[キサラギ]
いや…ううん。
隠すのは男らしくないね。▼
ごめん、ミタマ。
僕は君と、逢引したいなって思うよ。▼
[ミタマ]
キサラギ…?▼
[キサラギ]
僕はミタマのことが好きなんだ…▼
あの時、一緒に出掛けてから、
なんだかミタマが可愛く思えちゃってさ。▼
叶うなら、恋人同士になりたいなって
そう思ってる。▼
[ミタマ]
え…▼
[キサラギ]
あはは…ごめんね。
会話の流れで告白しちゃったけど…▼
ミタマの気持ち…
聞かせてもらってもいいかな?▼
[ミタマ]
わ、わたくしの気持ち…ですか?▼
自らの…気持ちはいつも 海の底…
すくい上げるは… 愛しき人ぞ…▼
[キサラギ]
え!? ええと…
それって、どういう意味?▼
[ミタマ]
自分の気持ちは自分でもわからない…
海に沈んでいるようなものですわ…▼
でもそれをすくい上げてくれる人こそが…
自分が大事だと想っている人なのです。▼
そう…わたくしにとっては…
キサラギ、あなたなのでしょうね。▼
[キサラギ]
じゃあ答えは…!▼
[ミタマ]
ええ、わたくしの好きという気持ちを
教えてくれてありがとうございます…▼
わたくしも…
あなたのことをお慕いしておりますわ。▼
キサラギ…▼
[キサラギ]
う、うん!
ああ、良かった…!▼
何だか変な告白になっちゃったから、
良い返事をもらえるかドキドキしちゃったよ…▼
[ミタマ]
うふふ…わたくしのほうこそ、
意外な申し出に驚きましたわ…▼
でも…ありがとうございます。
わたくし、とても幸せですわ。▼
[キサラギ]
ううん、こちらこそありがとう!▼
また一緒に、あの花畑に行こうね。
今度は…恋人同士として!▼
[ミタマ]
ええ。喜んで。▼

マトイ

支援C

[マトイ]
キサラギ、戦況についての
報告書を取りに来たわよ。▼
[キサラギ]
あっ…ああっ!
しまった…まだ書いてないや…▼
狩りに行って、帰ってきてからじゃダメ?▼
[マトイ]
ダメよ。
ちゃんと済ませてからにしなさい。▼
[キサラギ]
そんなー! お願いだよ…!
今回だけ…ねっ?▼
[マトイ]
じゃ、手合せしてあなたが勝ったら
今回だけ見逃してあげるわ。▼
[キサラギ]
ええっ。それってもうほとんど
マトイがが勝ったようなものじゃないか!▼
[マトイ]
あら、やってみないとわからないわよ。
嫌なら諦めて報告書を書きなさい。▼
[キサラギ]
あっ! そうだ!▼
なら弓の勝負をしよう!
これなら勝てる気がするよ!▼
[マトイ]
弓だけの勝負?
それはキサラギが有利すぎるわ。▼
[キサラギ]
大丈夫、ちゃんと公平になるように、
僕はマトイの二倍の距離をとって射つよ。▼
あと、十回射つうち一回でも僕が
的に当てられなかったら…▼
その時点で僕の負け。▼
それならどう?
十分、君に分があるでしょ?▼
[マトイ]
まぁそれなら…▼
[キサラギ]
やった!
あと、勝負は三回勝負ね!▼
早速始めよう!▼
(一時暗転)
[キサラギ]
そ、そんなぁ…負けた…!▼
しかも三回目は同じ条件で
勝負して負けた…!!▼
[マトイ]
ふふふっ…あたしの学習能力を
舐めちゃダメよ。▼
[キサラギ]
すごい…すごいね、マトイ!
あっという間にマトイに追いつかれちゃったよ!▼
マトイって本当に天才なんだね!!▼
[マトイ]
そ、そんなことは…▼
[キサラギ]
実は僕…君みたいな競い合える
仲間が欲しかったんだ!▼
だからお互いに負けないように、
これからもがんばろうね!▼
[マトイ]
ええ…そうね。
じゃあ狩りは諦めるってことで良いのかしら?▼
[キサラギ]
うん、もちろん! だから報告書を終わらせたら、
弓の勝負の続きをしようよ!▼
[マトイ]
わ、わかったわ。▼
あなたがちゃんと報告書を書いてくれる
気になったのは良かったわ…▼

支援B

[キサラギ]
マトイー!!
探したんだよー!▼
[マトイ]
キサラギ…どうしたの?
息を切らして?▼
[キサラギ]
今度軍の中で、
弓の模擬選が行われるらしいんだよ。▼
僕もそれに参加しようと思って…!▼
[マトイ]
弓道の模擬選…なるほど。
みんなの力を切磋琢磨させるということかしら。▼
妙案だと思うわ。
さぞかし、強者が競い合うんでしょうね…▼
[キサラギ]
もちろんマトイも出るよね?▼
[マトイ]
ええっ?
なんであたしが…!?▼
[キサラギ]
だって僕と同じくらいの実力があるじゃないか!▼
あんなに弓が上手なのに、
出ないなんて勿体ないよ!▼
[マトイ]
でもあたしは別に
弓の実力試しには興味ないし…▼
[キサラギ]
上手な人が出ないと意味がないよ?▼
みんなの実力をぶつけ合って、
高めあうことに意味があるんだから!▼
[マトイ]
わっ…わかったわよ。
出るわ、出ればいいんでしょ?▼
[キサラギ]
わーい!
やったね!▼
よーし! 今度こそ負けないよ、マトイ!
優勝してみせるのは僕だからね!▼

(キサラギ退場)
[マトイ]
…行っちゃったわね。▼
ま、勝負するからには
あたしも負けるつもりはないわ。▼
さっそく弓の訓練と…
大会で勝つための対策の検討を始めましょ。▼

支援A

[キサラギ]
よーしっ!!
当たったーー!!▼
これで僕の優勝だっ!▼
[マトイ]
ふぅ…あたしの負けよ。▼
何とか決勝まで来たけど、
やっぱりキサラギにはかなわなかったわね。▼
[キサラギ]
やった! マトイにも勝てて、
ようやく雪辱も果たせたよ!▼
[マトイ]
優勝おめでとう、キサラギ。▼
[キサラギ]
えへへ…でも…マトイ。
まさか手を抜いていたりはしなかったよね?▼
[マトイ]
そんなことしてないわ。
どうしてそう思うの…?▼
[キサラギ]
だって最近僕はずっとマトイのことを、
振り回しちゃっていた気がするから…▼
だから今回見せ場を僕に譲って
くれたんじゃないかって思っちゃって。▼
[マトイ]
何言ってるの。
もちろん手は抜いてないわ。▼
あたしにはあなた程の
弓の才能はないから…▼
ここ一番では勝利の女神は
微笑んでくれなかったって事よ。▼
[キサラギ]
じゃあ本当に僕の実力で
優勝したんだね?▼
[マトイ]
当然じゃない。▼
優勝したことを
もっと素直に受け取りなさい。▼
[キサラギ]
そ、そうだね…!
うん、ありがとう、マトイ!▼
わーい! とっても嬉しいよー!
天才のマトイに勝ったぞー!▼
[マトイ]
おめでとう、キサラギ。▼
あなたの笑顔を見てたら、
なんだかあたしも嬉しくなってきちゃったわ。▼

支援S

[キサラギ]
マトイ!▼
[マトイ]
キサラギ…どうしたの?
そんなに真剣な顔をして…▼
[キサラギ]
この間の模擬戦で
僕は君に勝ったよね?▼
[マトイ]
ええ…
それがどうかしたの?▼
[キサラギ]
もし君に勝ったら
伝えようと思っていたことがあるんだ。▼
その…聞いてくれる?▼
[マトイ]
ええ。なに?▼
[キサラギ]
実は…僕は…その…
マトイのことが…好きなんだ!▼
[マトイ]
えっ、ええっ!?▼
[キサラギ]
ずっと君のことが好きだったけど
何だかずっと自分に対して自信が持てなくて…▼
だから僕は弓で勝負して君に勝てたら、
君と対等な立場に立てる。▼
そうなったら君に告白できる…
そう思ってたんだ!▼
[マトイ]
そ、そうだったの。
だから本気の勝負にこだわっていたのね…▼
[キサラギ]
うん!▼
[マトイ]
うふふっ…そんなこと
気にする必要なんてないのに。▼
[キサラギ]
えっ?▼
[マトイ]
だってあたしもあなたのこと、
好きだったのよ。▼
[キサラギ]
ええええっ!?▼
[マトイ]
きっと…あなたと一緒に
時間を過ごしているうちに、▼
いつの間にか、純粋で真っすぐな
あなたに惹かれていたみたい…▼
[キサラギ]
そうだったんだ…▼
[マトイ]
ええ、だからもちろん告白もお受けするわ。
これからも…よろしくね、キサラギ。▼
[キサラギ]
う、うん…!
これから僕たちは恋人同士なんだね!▼
とってもうれしいよ!
今まで生きてきて、いちばんうれしい!▼
[マトイ]
うふふ…あたしもよ。▼
ありがとう…キサラギ。
これからはあたしたち、ずっと一緒ね。▼

シャラ

支援C

[キサラギ]
あ、シャラだ!
元気?▼
[シャラ]
元気かどうかと訊かれたら…普通よ。▼
[キサラギ]
そうか~。
シャラ少し顔色悪いもんね。▼
[シャラ]
ちっ…失礼な奴。▼
だから普通だと言っているでしょ…
妙なこと言うと呪うわよ…▼
[キサラギ]
あはは、ごめんごめん。▼
あ、今から山歩きにでも行こうかなって
思ってたんだけど、一緒にどう?▼
[シャラ]
嫌よ…面倒だし。▼
[キサラギ]
そうか、残念~!
じゃあまたね!▼
[シャラ]
…………▼
待って。▼
[キサラギ]
え、なになに?▼
[シャラ]
…貴方、あの辺りには
行くことがあるかしら?▼
[キサラギ]
あの辺りって?▼
[シャラ]
この…山の地図の…
…この辺りよ。▼
[キサラギ]
んー…▼
ああ、あの断崖絶壁の周辺か~。▼
[シャラ]
…知っているのね。▼
[キサラギ]
うん。最近よく行くよ。▼
この辺りには鹿が生息してるから、
狩り場としてはなかなか上等なんだ。▼
[シャラ]
そう…
この谷底にね…▼
まじないに必要なとても貴重なキノコが
生えているのだけど…▼
貴方、取ってきてくれないかしら?▼
[キサラギ]
いいよー!
そんなの楽勝、楽勝!▼
じゃあ行ってくるね!▼
[シャラ]
ええ、期待しているわ。
行ってらっしゃい…▼
…………▼
とは言いながらも…大丈夫なのかしら。▼

支援B

[キサラギ]
あ、シャラだー!▼
[シャラ]
キサラギ…
この前は本当に驚いたわ…▼
貴方…あの特殊なキノコを
難なく手に入れてくるんだもの…▼
[キサラギ]
あはは、
あんなの楽勝だって言ったでしょ?▼
僕、あの辺りは何度も行ってるから、
もう庭みたいなものだよ。▼
[シャラ]
断崖絶壁を庭と称するなんて…
なんて子なの…▼
[キサラギ]
それで今日も山に出かけようと思うんだけど、
シャラも一緒に行ってみる?▼
[シャラ]
今日…?
雨が降っているけど…それでも行くの?▼
[キサラギ]
全然大丈夫だよ。▼
雨の日の山はまた別の顔を見せるからね。
それがむしろ楽しみなんだよ。▼
[シャラ]
そ、そう…
でも、私は遠慮しておくわ…▼
…そうだ。雨の日にだけ
発生するという藻草のことを知っている?▼
[キサラギ]
ううん、何それ?▼
[シャラ]
この間…貴方が出かけた絶壁の近くに
底なし沼があるでしょう?▼
その沼の岸辺に…雨の日にだけ、
異常発生する種類の藻らしいの…▼
[キサラギ]
ふぅん…?▼
[シャラ]
あれもまじないをするのに重宝する、
とてもありがたい素材なんだけど…▼
もし良かったら採ってきてくれないかしら…?▼
[キサラギ]
あ、うん。いいよ。
じゃあ行ってくるね~。▼
[シャラ]
ええ、行ってらっしゃい…▼
この分だと今回もまた難なく採ってきて
くれそうね…うふふふ、楽しみだわ。▼

支援A

[シャラ]
キサラギ…▼
[キサラギ]
あっ、シャラ。
どうしたの?▼
[シャラ]
この前のことなんだけど…▼
貴方、あの藻草を採ったせいで
泥だらけになって帰ってきたでしょう…?▼
[キサラギ]
あはは。あの時はかっこ悪い姿
見せちゃったね。▼
[シャラ]
その…私、謝りたくて。▼
[キサラギ]
謝る?▼
[シャラ]
ええ。キノコの次は藻草と…
貴方に何度もまじないの素材を▼
採りに行ってもらったにもかかわらず…▼
私…まだ貴方に一度も、
お礼を言えてなかったわ。▼
だからごめんなさい…
そして、ありがとう…▼
[キサラギ]
なんだ、そんなこと。
そんなの全然気にしなくてもいいのに。▼
仲間なんだから当然だよ。▼
[シャラ]
私…貴方があまりにも簡単に
あの入手困難な素材を採ってくるものだから、▼
少し調子に乗ってしまっていたの…
純粋な貴方に対して意地悪が過ぎたわ…▼
[キサラギ]
えっ? そうだったの?
でも、僕にはよくわからないや。▼
[シャラ]
うふふ…そうなのね。▼
純粋な子…
こちらが心配になるぐらいだわ…▼
[キサラギ]
でも今度はぜひ一緒に、
山に遊びに行ってほしいな。▼
元々一緒に行きたくて声をかけてたんだよ。▼
[シャラ]
…キサラギ。
ええ、もちろんよ。▼
今度こそはぜひ一緒に生かせてちょうだい…
色々と案内して欲しいわ…▼
[キサラギ]
うん、もちろんだよ!▼
あはは、何だか楽しみだな~!
シャラと山に遊びに行くの!▼
[シャラ]
ええ、私も楽しみよ…
山は霊魂の集う場所…▼
禍々しい気に満ちた場所なんかがあると…
とても嬉しいのだけれど…▼
うふふ、うふふふふふ…▼
[キサラギ]
えっ?
シャラ、何か言った?▼
[シャラ]
うふふふっ…何でもないわ。
こっちの話よ…▼

支援S

[キサラギ]
シャラ…▼
[シャラ]
キサラギ…どうしたの?▼
もしかして、また山に行くつもり…?
それなら少し、待っていて…▼
私も欲しい素材があるから、
準備をして一緒に行くわ…▼
[キサラギ]
あっ、ええと…
今日は山に行く話じゃないんだ。▼
[シャラ]
あら、そうなのね…残念。
じゃあ、私に何か用…?▼
[キサラギ]
う、うん…その…▼
これまで僕はシャラと一緒に山に行きたくて、
声をかけてたって言ってたじゃない?▼
[シャラ]
そうね…
それがどうかしたの…?▼
もしかして、私が貴方を体裁よく利用して
お使いをさせたこと…▼
…やっぱり怒っているのかしら?▼
[キサラギ]
ち、違うんだ!
そういうつもりじゃなくて…その…▼
ちょっとだけ、話を聞いてもらってもいい?▼
[シャラ]
…? ええ…▼
[キサラギ]
ありがとう。▼
僕ね…最初はほんとに、
一緒に山に行きたいだけだった。▼
シャラとはあんまり話したことなかったから、
仲良くなれたらいいなーって。▼
でも…でもね。
一緒に山に行ってくれるようになって、▼
シャラとたくさんお話するようになって…
気付いたらね、君のこと…▼
…好きになってたみたいなんだ。▼
[シャラ]
えっ…!?▼
[キサラギ]
僕は、シャラが好きだよ。
だから、できるならこの先もずっと…▼
君と一緒にいたいなーなんて、
思ってるんだ…▼
[シャラ]
キサラギ…▼
[キサラギ]
もし良かったら…
答えを聞かせてくれないかな?▼
[シャラ]
…………▼
…もちろん貴方の想い、
ありがたく受け取るわ。▼
[キサラギ]
ええっ!? ホント!?▼
[シャラ]
当たり前じゃない…
私のためにあんなに大変なことをして、▼
素材を採りに行ってくれた人の好意を
無下になんてできるわけないわ…▼
それに、私にとっても…▼
貴方と過ごす時間は…
悪くないものだったから…▼
[キサラギ]
シャラ…!
そ、そうだったんだね…!▼
やった〜、ありがとう!▼
[シャラ]
でも、それならそうと早く言って
ほしいぐらいだったわ…▼
貴方に女が近づかないよう呪いをして…
無駄に素材を消費してしまったもの…▼
[キサラギ]
そっかぁ、ごめん…
…って、▼
シャラ、
そんなことしてたの!?▼
[シャラ]
ええ。悪い…?▼
[キサラギ]
ううん、そこまで想ってくれて嬉しいよ!
消費したぶんの素材はまた採りに行こう!?▼
[シャラ]
うふふ…
貴方って本当に純粋ね…▼
でも、私はそんな貴方が好きだわ。
これからはずっと一緒よ…▼
山に行くときも、
必ず連れていって頂戴…▼
[キサラギ]
うん、もちろんだよ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 17 Sep 2019 14:32:57 UTC