Top > 会話集 > 支援会話 > アサマ

アサマの支援会話

マイユニット(男性)

マイユニット(女性)

フェリシア

フェリシアのページへ

アクア

アクアのページへ

リンカ

リンカのページへ

サクラ

サクラのページへ

カザハナ

カザハナのページへ

ツバキ

ツバキのページへ

オロチ

オロチのページへ

ヒノカ

ヒノカのページへ

セツナ

支援C

[アサマ]
おや、セツナさん。
買い物からの帰りですか?▼
[セツナ]
ええ、そうよ…▼
[アサマ]
今日は何も失敗していないですか?▼
また買う食材の分量を
間違えていないでしょうね?▼
[セツナ]
大丈夫…▼
買うものはヒノカ様が紙に書いてくれたし、
お店の人にも確認してもらったもの…▼
[アサマ]
はぁ…まるでお子様が初めて
出かける買い物のようですね。▼
[セツナ]
そ、そんな…お子様のように
可愛げがあるなんて言われても…▼
[アサマ]
…あなたには相変わらず
嫌味が通じないですね。▼
まぁでもそこが面白いと言えましょう。▼
[セツナ]
今日は私、食事当番…
夕飯が楽しみ…▼
[アサマ]
そうなんですね…えっ!?
あなたが食事当番!?▼
[セツナ]
ええ、そうだけど…▼
[アサマ]
な、なんと…あれだけの被害に遭いながら、
あなたに食事を作らせるとは…▼
今日の当番を決めた人は、
相当な覚悟をお持ちのようですね…▼
[セツナ]
そ、そんなに褒めなくても…▼
[アサマ]
ふふっ、こういう表現でも伝わらないなんて、
あなたもなかなか手ごわい人だ。▼
[セツナ]
ありがとう…▼
[アサマ]
…………▼
…まぁいいでしょう。▼
とりあえず、買い物から無事に
帰ってきた旨だけは、▼
ヒノカ様にご報告しておきましょうか。▼

支援B

[アサマ]
はぁ…
先日のセツナさんの料理…▼
正直、食べられたものでは
ありませんでした…▼
あんなものを毎日食べさせられたら、
この身が持ちませんね…▼
彼女が当番になる日があまり回ってこないよう、
一筆したためるべきでしょうか…▼
むっ…こ、この危険な匂いは…もしや?▼
[セツナ]
アサマ…どうしたの?
まだ料理の途中…▼
もしかして美味しそうな
匂いに釣られて…?▼
[アサマ]
ええと…匂いに釣られてというのは
その通りなのですが…▼
美味しそうというよりもむしろ、
恐ろしそうという感じで…▼
[セツナ]
そんなに期待してるの…▼
[アサマ]
あの…ここまで嫌味が通じないと
もはやわざとのようにも思えるのですが…▼
[セツナ]
期待してくれている人がいることは、
作るほうにとっても励みになる…▼
[アサマ]
普段なら、その話が全く通じないところは
とても面白くて笑えるのですが、▼
今回ばかりは命に関わりますから
ちゃんと言わせてもらいます。▼
とにかく人間の料理を作って下さいね。▼
[セツナ]
人間の料理…それは裏を返せば、
人間が作れる限界を超えた料理…?▼
[アサマ]
あ、いえ…
どうしてそうなるんですか?▼
妙な曲解はしなくても、
一向に構わないのですが…?▼
[セツナ]
アサマの声援、受け取った…▼
現状に甘んじず、新たな高みを目指せと
いうこと…▼
どーんと、私に任せて…▼
[アサマ]
ああ…私の嫌味が
伝わらないどころか、▼
どんどん予想外の誤解へと
飛躍しております…!▼

支援A

[セツナ]
アサマ。
この間の料理…どうだった…?▼
[アサマ]
驚くべきことに…
とても美味しかったです。▼
一口食べた瞬間、
神仏が起こした奇跡を感じましたよ…▼
あんな料理…
今まで食べたことがない味でとても新鮮でした。▼
[セツナ]
ありがとう…▼
[アサマ]
それにしても…
あんな凄い料理が作れるのに、▼
どうしてこれまでの当番の時は
その才能を見せつけようとしなかったのです?▼
最初から作っていれば
私の評価も違ったと思いますよ。▼
[セツナ]
あの時あなたに…人間の限界を超えた
料理を作って欲しいと言われて…▼
あの言葉に…
目覚めさせられたの。▼
私の中に眠っていた…料理の怪人…▼
[アサマ]
…………▼
とても気になりますが、
この際怪人には触れないことにしましょう。▼
具体的にはどんな風に
料理したんですか?▼
[セツナ]
…これまで私は料理をするときに、
ああすれば美味しくなるかもしれないとか、▼
これは面白い食べ合わせだとか、
色々考えながら調理していたんだけど…▼
[アサマ]
色々考えて…? あなたが…?
何と恐ろしい…▼
[セツナ]
でも…今回アサマに言われて…
人間を超えるためには余計なことは考えず、▼
ただ黙々とこなして
いかなくてはダメだと思ったの…▼
つまり無心…
アサマのような修験者的に言えば…▼
悟りを開いたような…
無の境地…▼
[アサマ]
つまりいつも何も考えていないあなたが▼
いつにも増して何も考えずに、
料理し続けた結果ということなんですね…▼
[セツナ]
そうしたらあの料理が
出来上がったの…▼
[アサマ]
なるほど…まさか私の嫌味が
そんな奇跡を呼び起こすとは…▼
しかし修行する身として言わせてもらうと、
確かに無心になることによって、▼
色々と開眼できることはあります。▼
今回はそれが効果的に働いたという
ことなんですね。▼
どちらにしろ美味しい料理が食べられるのは、
素晴らしいことです!▼
セツナさん。これから料理をするときは
ぜひ常に無心であるよう心がけてください。▼
ぜ ひ !▼
[セツナ]
ええ、わかった…▼
たまには、そうする…▼

支援S

[セツナ]
アサマ…ちょっといい?▼
[アサマ]
ええ、なんでしょうか?
もしかしてまた料理当番をされるんですか?▼
[セツナ]
いえ…その…▼
[アサマ]
料理されるのでしたら、ぜひまた
無の境地で作っていただきたいものです。▼
そうすればきっとまた、
あの素晴らしい味になると思いますよ。▼
[セツナ]
あの…その…
実はそれ…違うの…▼
[アサマ]
えっ!?▼
[セツナ]
無心になって料理をしたから美味しい料理が
できたって前に言ったけど…▼
実は私…あなたに美味しい料理を
食べて欲しい一心で…がんばって作ったの。▼
[アサマ]
えええっ!?▼
[セツナ]
ああ…ついに言ってしまった…▼
[アサマ]
な、なんと…!
で、ではあなたは…▼
[セツナ]
ええ、私は…
アサマのことが好きなの…▼
[アサマ]
な、な、何という…▼
あなたはやはり変わった人です。
変わりすぎていてわけがわからないです。▼
あれだけ嫌味を言いまくった私を
好きになるなんて、おかしいのではないですか?▼
[セツナ]
ほめてくれて、うれしい…▼
[アサマ]
ああ…やはり嫌味は通じませんか。▼
ですが、私のように口の悪い人間には
これぐらい器の広い女性でないと、▼
とても同じ道を歩けないでしょうね。▼
同じヒノカ様という
主君の下で働いていたのは…▼
セツナさんと共に歩みなさいという
御仏の啓示だったのでしょう。▼
[セツナ]
アサマ、それって…▼
[アサマ]
ええ。悔しいですが…
私もあなたのことが好きみたいです。▼
それも…屈辱的なことに、
以前からずっとね。▼
ですから…あなたが望むのなら、
結婚して差し上げても構いませんよ。▼
[セツナ]
ありがとう…アサマ。▼
私…うれしい…▼
[アサマ]
ええ。私もですよ。▼
あなたは私が、必ず幸せにしましょう。
御仏に誓ってね。▼
[セツナ]
…? へんなの…
そんなこと言うなんて…▼
いつものアサマじゃないみたい…▼
[アサマ]
ふふっ。あなたの前だと、
私も多少は素直になれるようです。▼
では、これからもお互いを支え、
ヒノカ様をお守りしていくとしますか。▼
[セツナ]
ええ…!▼

ツクヨミ

支援C

[アサマ]
ツクヨミさん…探しておりましたよ。▼
[ツクヨミ]
お前は、アサマか?
この私に何の用なのだ。▼
[アサマ]
はっはっは。
噂通り、偉そうな物言いですね。▼
聞いてますよ、ツクヨミさん。▼
あなたは幼いながらも高位に就き、
毅然として相応しくあろうと努力していると。▼
[ツクヨミ]
それが、何だというのだ。▼
[アサマ]
その大人っぽく振る舞おうとする姿勢が、
私にとってはとても魅力的でしてね…▼
[ツクヨミ]
…ほう…▼
[アサマ]
そういう大人ぶる子供を見ると
私はどうしても、▼
子供らしいところを指摘して、
からかいたくなってきちゃうんですよ…!▼
[ツクヨミ]
…………▼
[アサマ]
聞いてますよ。
あなたはとても怖い話が嫌いだと。▼
だからこれから私があなたにとっておきの、
怖い話を…って、▼
!? む、向こうから突然
竜巻がやってくる…!?▼
な、なぜこの時に…?▼
[ツクヨミ]
ふふふ…お前がそうやって私をからかいに
やってくることは予想済みだ。▼
こうなる時を予見し、
私は自らに防御のまじないをかけた。▼
その名も「私をからかおうとする大人を
竜巻で吹き飛ばす」まじないだ!!▼
[アサマ]
ぐぐぐ…!
な、なんですって…?▼
[ツクヨミ]
驚くのはそのぐらいにして、
さっさと逃げた方が身のためだぞ。▼
ここにいれば、あの竜巻はじきに追ってくる。
お前を標的としてな!▼
[アサマ]
な、なんということでしょう…
そんな準備をされていたとは…!▼
くっ…悔しいですが私の負けです…▼
[ツクヨミ]
ふん…私を子供とバカにしようとするなど
愚かな行為と知れ。▼
これに懲りて二度とそのような
浅はかな考えはせぬことだな。▼
ははははっ!!▼
[アサマ]
こ、今回は完敗でしたが…
私は諦めませんよ…!▼

支援B

[アサマ]
ツクヨミさん、お待ちなさい。▼
[ツクヨミ]
なんだ…またお前か。
懲りぬ奴だな。▼
[アサマ]
ふふ…私は一瞬の快楽を求めることには、
一切の妥協をしない男なのですよ。▼
[ツクヨミ]
いい大人が聞いて呆れるな。▼
[アサマ]
ふん、どうとでも言いなさい。▼
今日は怖い話ではなく、あなたが嫌いな
食べ物…人参を持ってきましたよ。▼
[ツクヨミ]
な、なに…っ!?▼
[アサマ]
ふふふっ…怖い話は聞いてもらうまでに
時間がかかりますが、▼
嫌いな食べ物なら一目で反応してしまうはず!
しかも知り得た情報によると、▼
あなたは人参を食べるのはもとより、
見るだけで泣き出すくらいに苦手とのことです。▼
さぁ、この袋一杯に詰め込んだ人参を
今あなたの目の前に…▼
…って、この前の竜巻が目の前に!?▼
うわあああっ!▼
[ツクヨミ]
ホッ…た、助かった。
アサマよ、我がまじないを侮るなかれ。▼
[アサマ]
はあ、はあ…
なんとか避けられたようです…▼
ですが、なんという発動の速さ…
そして人参はきっちり吹き飛ばすという技術。▼
これはあなたの実力を
如実に物語っていると言えましょう。▼
[ツクヨミ]
ふふん…当然だ。▼
[アサマ]
こうなれば、こちらも反撃です。
あなたのまじないを更に返して見せましょう。▼
[ツクヨミ]
なっ…なんだと!?▼
[アサマ]
これは、私が霊山修行で獲得した
強大な力を込めた呪符です。▼
これさえあれば、まじない返しなど
いとも容易い!▼
さあーいきますよ!▼
[ツクヨミ]
くっ、くそっ!!▼
[アサマ]
…………▼
おや…何も発動しない?▼
[ツクヨミ]
…………▼
どうしたのだ?▼
[アサマ]
そ、そうか…これは霊山に住まう
高名なる神より授かりし符。▼
邪な用途では発動条件が
満たされないということですか…▼
[ツクヨミ]
ふっ…ふふふ、ふはははっ!
なるほど、滑稽なことだな、アサマ!▼
策を弄して、
策に溺れるとはこのことよ!▼
[アサマ]
くっ…またしても。
私はやられっぱなしということですか…▼
み、見ていなさい…ツクヨミさん!
いつか吠え面かかせてやりますから!▼
[ツクヨミ]
ふっ…あやつめ。
大人のくせに半べそかいておったな。▼
あそこまで行くと少々哀れになってきたな…▼

支援A

[ツクヨミ]
アサマ。▼
[アサマ]
…あ、ツクヨミさん。
な、何でしょうか…?▼
[ツクヨミ]
ふん。大人のくせに随分としょぼくれた顔を
しておるな。▼
[アサマ]
ええ。先日はあなたのせいで
散々な目に遭ってしまいましたから。▼
[ツクヨミ]
…あれは自業自得だろうが。▼
[アサマ]
何ですか、ツクヨミさん。
愚かな私をバカにしに来たんですか?▼
[ツクヨミ]
い、いや…この間はさすがに
私もやり過ぎたかと思ってな。▼
今日はその…この前は悪かったと…▼
…うぐっ!?▼
な、なんだ!? アサマに近づいた瞬間、
か、身体が動かなくなった!?▼
[アサマ]
ふふふっ…ふふふっ。
ツクヨミさん、罠にかかりましたね。▼
これは私に近づくと身動きが取れなくなる
呪法です。▼
[ツクヨミ]
な、なんだと!!?▼
まずい…この近距離では
こちらのまじないが発動させられぬ!▼
[アサマ]
動けなくなるのは
僅かな時間ではありますが…▼
あなたに怖い昔話を聞かせるぐらいの
余裕はありますよ…?▼
[ツクヨミ]
ひっ…!
や、止めろーーーっ!!!▼
[アサマ]
いいえ、止めません。
この時をどれほど夢見たことか…!▼
さぁ、私のとっておきの
子供をからかうお時間の始まりです!!▼
[ツクヨミ]
や、やめ、止めてくれーーーっ!!▼

(暗転)

うっ…ひっく、ぐすっ…!
わ、私は…泣いてなどおらぬぞ!!▼
白夜に伝わる怪談を…
み、耳元で聞かされても…▼
ううっ…ううっ…泣いてなどおらんぞぉ!!▼
[アサマ]
いや~。満足、満足。▼
ベソをかくあなたが見られて、
私は大満足でした…。あはははは。▼
[ツクヨミ]
ううっ…ううっ…!!
こ、この人でなしめぇぇぇ~!!▼
[アサマ]
はい、どうぞ。▼
[ツクヨミ]
ぐすっ…ううっ…
これは…▼
これは、栗ようかんではないか!▼
[アサマ]
ええ、ツクヨミさんがお好きだと聞きまして。▼
[ツクヨミ]
も、もらっても…良いのか?▼
[アサマ]
ええ、どうぞ。▼
子供と戯れた後は、お菓子をあげるのが
大人の嗜みというやつですからね。▼
[ツクヨミ]
なんだと? 私は子供ではないぞ!▼
で、でもそうだな…▼
折角くれるといっているのだから…
貰わねば失礼にあたるな。▼
では…早速いただくとしよう。▼
もぐもぐ…▼
わあ…! これは美味だな!
この甘さが何ともいえん…!▼
[アサマ]
やっぱりお子ちゃまなんですねぇ…▼
[ツクヨミ]
何か言ったか?▼
[アサマ]
いえいえ、まだあるので
たんと召し上がってくださいね。▼
[ツクヨミ]
わぁ…! 礼を言うぞ、アサマ!▼

オボロ

支援C

[オボロ]
天幕の整理整頓、終了っと!
随分と綺麗になったわ。▼
う~ん、清々しい! やっぱりこうして見ると
整理されてる方が気分がいいわ。▼
皆が集まる場所だからこそ、
こうして定期的に掃除しておかなきゃね。▼
[アサマ]
…………▼
[オボロ]
あっ、そうだった。
これから皆の防具の手入れもしなくちゃ。▼
だいぶガタが来てたのもあったから、
今回は念入りにしておこうっと…▼
[アサマ]
…………▼
[オボロ]
わっ…!!▼
ア、アサマ…?
あなたいつからそこにいたの?▼
[アサマ]
だいぶ前からですよ。▼
あなたが恥ずかしい独り言を
言い始めた頃から、ここにいました。▼
[オボロ]
な、なんで声かけないのよ!▼
しかも…「恥ずかしい」って何よ!?
別に私、恥ずかしいことなんて言ってないわ!▼
[アサマ]
いえいえ…恥ずかしいったら
ありゃしませんでしたよ。▼
「あれをこうしなくちゃね」と嬉々として、
「あれをすれば皆が喜ぶ」とニヤニヤ笑い…▼
そうやって仲間たちに媚を売って喜ぶ様は、
私からすればとても気持ち悪く思えましたね。▼
[オボロ]
な、な、なっ…▼
な ん で す っ て ! ?▼
[アサマ]
くっ…な、なんという形相…?
そして邪悪なる気配!?▼
まるで閻魔の類ではありませんか…!▼
こ、こんな妖気を放つ生身の人間が
存在していただなんて…!?▼
ここにいては私の身が危ない…!
失礼します…!▼
[オボロ]
コラーッ!! アサマーッ!!
待ちなさーいっ!!!▼

支援B

[オボロ]
ふんふ~ん。▼
[アサマ]
オボロさん、どうしたのですか?
気持ち悪い鼻歌なんて歌って。▼
[オボロ]
気持ち悪くなんかないわよ!
なんであなたそういう風に突っかかるの!?▼
[アサマ]
ふむ…この机の上に並べられた衣装は、
王族の方々のものですか?▼
しかもかなり煌びやかな物が揃っていますね。▼
[オボロ]
ええ。これは式典用の衣装よ。
今度着ていく服の見立てを頼まれているの。▼
これってとっても名誉なことなのよ?
私の感性を認められているのだもの!▼
[アサマ]
それで先程から、
気持ち悪い鼻歌を歌っていたんですね…▼
[オボロ]
せめて「上機嫌な」くらいに言ってよ!▼
[アサマ]
ああ、嫌だ嫌だ。
そうやって王族の方々に媚を売って、▼
平和になったときに目をかけて
もらおうとでも思ってるんですかね…▼
浅ましいったらありゃしませんね。▼
[オボロ]
アサマ…▼
も う い っ ぺ ん …
言 っ て み な さ い ?▼
[アサマ]
くっ…これは生ける閻魔の気配…!
ここにいては殺されてしまいます…!▼
り、離脱します…!▼
[オボロ]
ちょっと待ちなさい!▼
[アサマ]
嫌です。▼
[オボロ]
怒らないから、待ちなさいってば!!▼
ほら、さっきの顔はもうやめたから。▼
[アサマ]
…おお、閻魔の気配が消えました。▼
はい、待って差し上げましたよ。
何か私に言いたい事があるのですか?▼
[オボロ]
アサマさあ…人に怒られるのがわかってて、
どうしてそういうことばかり言うの?▼
[アサマ]
えっ…?▼
ええと…それは…そうですね。
改めて言われてしまうと答えに困りますね…▼
[オボロ]
ええー? なにか僧侶らしい
理由でもあるのかと思ってたわ。▼
じゃあこれってただの性格?
人が腹を立てるのを見るのが面白いとか?▼
[アサマ]
もちろん面白半分ではあるのですが…▼
確かに何かもっと根源的な、大いなる理由が
私の心の内にあるのやもしれません…▼
むむむっ…これは難問です。▼
[オボロ]
あ、あはは…
なんか考え込んじゃったわね。▼

支援A

[オボロ]
あ、アサマ。▼
[アサマ]
…………▼
[オボロ]
アサマ! アサマってば!▼
[アサマ]
ああ、オボロさんですか。
ごきげんよう。▼
[オボロ]
どうしたの、アサマ。
いつになくボーっとして。▼
[アサマ]
先日あなたからいただいた
質問なのですが、▼
やはりまだ私には、
答えがよくわからないのです…▼
[オボロ]
ん? それって…ああ。▼
どうして怒られるとわかっていても、
人に嫌味を言い続けるのかって話?▼
[アサマ]
ええ、あれ以来ずっと
考えているんですが…▼
[オボロ]
あれならもう、私、
大体想像がついちゃってるわ。▼
[アサマ]
え…!? 高尚な僧侶である
私でさえ至れなかった答えに、▼
見るからに考えの浅そうなあなたが
行き着いたというのですか!?▼
[オボロ]
こいつ、失礼すぎる…!▼
[アサマ]
ぜ、是非その答えを教えてください。
とても興味があります。▼
[オボロ]
えー、どうしよっかなー?
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ?▼
それに、いつもあなたには
嫌味言われてきたからねー。▼
腹いせに秘密にしておこうかしらー?
うふふっ。▼
[アサマ]
そんな…焦らさないでください…!
後生ですから…!▼
[オボロ]
仕方ないわ、教えてあげる。▼
簡単な話よ、アサマ。▼
あなた…要するにそういうやり方でしか、
他人と交流することができないんでしょ?▼
決して本心で言っているわけじゃなくて、
そういう風に軽口を叩くことがアサマなりの、▼
仲間たちと心を繋ぐやり方なんじゃ
ないのかなって…そう思ったわ。▼
[アサマ]
こ、心を繋ぐ…ですか?▼
そんな高尚なことをしているつもりは、
全く無いんですが…▼
[オボロ]
そうやって照れ隠ししなくても平気よ。
誰にも言ったりしないから。▼
[アサマ]
別に照れてなどいません。
羞恥心など邪魔な感情ですから。▼
ですが、一体どうして
そういう結論になるんですか?▼
しかもそんなにも自信ありげに。▼
[オボロ]
だって小さい頃にうちの近くに住んでた
やんちゃないじめっ子と、▼
アサマの言動がそっくりなんだもの。▼
本当は寂しいのに素直になれなくて、
仲良くなりたい子に嫌味ばっかり言う子…▼
まさにそんな感じだったわ。▼
[アサマ]
な、なるほど…そう言われてしまうと、
納得せざるを得ませんねぇ…▼
ふむ…そうですか。確かにそういった解釈も
ありなのかもしれませんね…▼
[オボロ]
ええ、そう考えてみると
新たな自分が見えてくるかもよ。▼
[アサマ]
ふふっ…
まぁそういうことにしておきましょう。▼
ありがとうございます、オボロさん。▼
[オボロ]
な、なによ…あなたが礼を言うだなんて、
珍しいわね…▼
[アサマ]
私だって、恩を感じた時は
礼の一つぐらい申し上げます。▼
まあ、浅い考えのあなたにしては、
なかなかいい答えでしたよ。▼
[オボロ]
あなた…▼
ほ ん っ と 一 言 多 い わ ね …▼
[アサマ]
ひいっ! またしても閻魔が!▼

支援S

[アサマ]
オボロさん、よろしいでしょうか?▼
[オボロ]
アサマ、どうかしたの?▼
[アサマ]
先日の私が怒られることをわかっていて、
あえて嫌味や悪口を言おうとする▼
理由についてですが…▼
[オボロ]
ああ、私が素直になれないいじめっ子の
軽口だって答えたやつね。▼
…それがどうかしたの?▼
[アサマ]
あの後も考えていたのですが…
結果的に言うと異なるようです。▼
[オボロ]
ええっ!?
そうなの…?▼
私、自信あったんだけどなぁ…▼
[アサマ]
素直になれない…という意味では
確かにこのとおりなのですが、▼
あなたの前にいる私という人間は…
何のことはない。▼
好きな相手だから単純に虐めたくなって
しまっただけなんですよ。▼
[オボロ]
えっ…
ええーーっ!!!?▼
す、好きな相手ってもしかして…私?▼
[アサマ]
ええ、好きな子ほど
虐めたくなるという奴です。▼
まさか自分が大人になってまで
そんなこと無意識のうちにするなんて、▼
思っても見ませんでしたけどね…
でもこれは揺るぎない事実です。▼
[オボロ]
アサマ…▼
[アサマ]
嫌味を言ったことは謝りますが…▼
どうかそれを私の好意だと
受け取ってもらいたいんです。▼
[オボロ]
…………▼
え、ええ…わかったわ。
意外なことで正直びっくりしちゃったけど…▼
私もあなたが悪い人じゃないってことは、
十分理解できているもの。▼
あなたからの告白、受けることにするわ。▼
[アサマ]
オボロさん…
ありがとうございます。▼
嫌味を言い続けて良かったです。あなたへの
気持ちに気づくことができたんですから。▼
[オボロ]
ちょ、ちょっと! 二人は恋人なんだから、
もうそういうのは止めてもらうわよ!▼
[アサマ]
ええ、そうですね。
ふふふっ…わかりましたよ。▼
しかしあなたの幼い頃の話に出てきたという
幼いいじめっ子も…▼
もしかしたら、あなたのことが
好きだったのかもしれませんね…▼
[オボロ]
ふふっ、そうかもしれないわね。▼

カゲロウ

支援C

[アサマ]
ああ、カゲロウさん。
ちょうどあなたにお話しておきたいことが
あったんですよ。▼
[カゲロウ]
何用か…?▼
[アサマ]
どうしてあなたはそんな恰好をして、
男性を誘惑しようとするのですか?▼
[カゲロウ]
誘惑だと?
そんなつもりは毛頭ない。▼
この衣装は忍びであり、
くノ一である者にとっての正装だ。
侮辱する気なら許さぬぞ。▼
[アサマ]
まさか。
侮辱する気などありませんよ。▼
ただ、そんなに胸元を開けていたら…
特に男性陣にとっては、▼
誘惑されている以外の、
何物でもないのではと心配になりましてね。▼
[カゲロウ]
むっ…そうなのか?▼
確かに思い返してみれば、
この服を着ているときは、▼
特に男性陣の視線が集中しているような
気がしていたが…ま、まさか…!▼
[アサマ]
ええ、皆あなたの胸元を見ながら
ドキドキしていたということですよ。▼
[カゲロウ]
くっ…だがこの衣装は
くノ一としての伝統であり、▼
身軽さ、機能性、防御力を備えた
欠かすことのできぬ装備…!▼
例え何と言われようと、
手放すわけにはいかぬ!▼
…失礼する!▼
[アサマ]
あはは、真面目な方をからかうのも、
また一興ですねえ。▼

支援B

[アサマ]
やぁやぁ、カゲロウさん、
ご機嫌いかがですか?▼
[カゲロウ]
くっ…アサマか。▼
[アサマ]
おや?どこへ行くのです?
カゲロウさーん?▼
私と目を合わせた途端、
隠れようとするだなんて非道いではないですか。▼
[カゲロウ]
うるさい…私は今、
あまり人目につきたくないのだ。▼
[アサマ]
そんな、カゲロウさんらしくもない。
ここは自軍の陣営内なんですから、▼
いつものように堂々としていれば
いいじゃないですか?▼
どーんと胸を張ってね。▼
[カゲロウ]
アサマ…
お前はわざと言っているのか!?▼
あんなことを言われた後で、
そんなふうに堂々と往来を歩けるものか!▼
[アサマ]
ははは、やはり私があなたの衣装について
指摘したこと、気にされていたんですね?▼
[カゲロウ]
きっ…気にしてなどおらぬ…が、▼
あんなことを言われたお前の前では、
少し反応してしまうというだけだ。▼
だからこれ以上、余計なことを言うな。
さもなくば…!▼
[アサマ]
あは、はは…カゲロウさん?▼
他人の首元にクナイを突き付けるのは、
や、止めてもらえませんかね…?▼
[カゲロウ]
ほう…お前でもさすがに命は惜しいか。▼
では一つ条件がある…▼
[アサマ]
条件?▼
[カゲロウ]
私はこの衣装を誇りに思っている。▼
胸元など気にしておらぬし、
ましてや恥ずかしくもない。▼
だが…今度そういう気持ちに陥る危険が
まったくないとは言い切れん。▼
[アサマ]
はあ…▼
[カゲロウ]
だから、そうなった時のために、
何か対策を練っておこうと考えた。▼
その相談に乗ってもらえぬか?▼
[アサマ]
ええ…それは構いませんが、
いい加減この首元のクナイをですね…▼
[カゲロウ]
では、協力するのだな?▼
但しお前が、いつものように他人を
馬鹿にしたような案しか出さぬ時は…▼
その時は覚悟しておけ!▼
[アサマ]
わ、わかってますよ…!
協力いたします…!▼
まさか味方に殺されるわけには
いかないですからね。ははは…▼

支援A

[カゲロウ]
アサマ。
先日の相談だが、覚えているか?▼
[アサマ]
ええ、もちろん。▼
胸元が開いて恥ずかしい気持ちを
どうすればいいかというやつですよね?▼
[カゲロウ]
戯けたことを言うな。
以前も断ったが、今の私は気にしてなどおらぬ。▼
今後の…もしもの時にという話だ。▼
[アサマ]
ええ、わかってますよ…まあ要するにですね、
ものは考えようだと思うんですよ。▼
[カゲロウ]
む…どういう意味だ?▼
[アサマ]
逆に、女性であることを誇示できれば、
気恥ずかしさなど無くなると思うんです。▼
[カゲロウ]
女性であることを誇示…?
どういう意味だ?▼
[アサマ]
くノ一である以上、戦闘をすることもあれば、
敵陣への潜入捜査をすることもある。▼
その時、女性であることをもっと利用すれば、
敵も油断するはずなのでは?▼
[カゲロウ]
それは先日お前が男性を誘惑すると
言っていたのと同じではないか?▼
[アサマ]
いえいえ、誘惑は利己的なものでしょう。▼
私が今言っているのは、
あくまで戦闘に勝つため…▼
そして任務を成功させるために、
敵を油断させることが大事と言っているんです。▼
[カゲロウ]
なるほど…▼
[アサマ]
あなたは前に言いましたよね。
その衣装は、くノ一の伝統…▼
そして身軽さや機能性を重視した
欠かせない装備だと。▼
それに女性らしさを誇示することを
理由の一つに加えれば、▼
使命感がより増すでしょう?▼
その強固な目的意識さえあれば、
羞恥心なんて生まれないと思うんです。▼
[カゲロウ]
ふむ、若干言いくるめられている気もするが、
お前の言うことが間違いとは言えぬな…▼
[アサマ]
ははは、
人の忠告は素直に聞くものですよ。▼
私もクナイで首を刺されたくないですから、
真面目なことしか言っていないつもりです。▼
[カゲロウ]
そんな状況すら…
お前は楽しんでいるように感じられるがな。▼
ふっ…まあいい。
その助言、素直に受け取っておくとする。▼
さすがは僧侶だ。
たまにはマシなことを言うのだな。▼
[アサマ]
はい、ありがとうございます。▼
ではそのまま、どーんと胸を張って
陣地にお戻りください。▼
[カゲロウ]
…その物言いさえなければ、
もっと良かったのだが…▼

支援S

[アサマ]
いやいや、カゲロウさん。
今日も魅力的な衣装を着ていらっしゃいますね。▼
[カゲロウ]
ああ、そうだろう。▼
[アサマ]
おや…もう恥じらわないのですか?
面白くないですねえ。▼
[カゲロウ]
面白くないとはなんだ。▼
お前がこの前、羞恥心を感じる必要など
ないよう相談に乗ってくれたのだろう…▼
それともなんだ?
お前はあんな会話をした後で、▼
私の胸元をジロジロ見るつもりなのか?▼
[アサマ]
平たく言えばそうなります。▼
だってあなたの女性としての魅力に
私は惹かれてしまっているのですから。▼
[カゲロウ]
な、なに…?▼
[アサマ]
要するにあなたの女性的なところに惹かれて
意識してドキドキしていたのは…▼
他ならぬ私だったというわけなんですよ。▼
[カゲロウ]
な、なんだと…っ!?▼
[アサマ]
だからこうして言いに来ました。▼
カゲロウさん…
私の恋人になってください。▼
[カゲロウ]
そ、そういうことだったのか…!
ならばさっさとそちらを先に言え…!▼
どうせ私の悶々と悩む姿を
楽しんでいたのだろう?▼
[アサマ]
もちろん。あたふたするカゲロウさんを
観察するのは一興でしたよ。▼
[カゲロウ]
くっ…お前という奴は…!▼
…………▼
だが…ふん、もういい。わかった。▼
[アサマ]
えっ?▼
[カゲロウ]
私もお前にそう言われて
嬉しかったことは事実…▼
それはお前に
惹かれていたからに他ならない。▼
[アサマ]
で、では…?▼
[カゲロウ]
その申し出…受け入れよう。
私も…嬉しく思う。▼
[アサマ]
ああ、良かった。▼
ではこれからはいつでも、臆面なく
カゲロウさんの胸元を覗けるということですね!▼
[カゲロウ]
痴れ者が!!
それとこれとは全く別問題だ!!▼

ニシキ

支援C

[アサマ]
よいしょっと…▼
[ニシキ]
ねえねえ、アサマ。
どうして笠なんてかぶっているんだい?▼
今、雨なんか降っていないよ?▼
[アサマ]
これはこれはニシキさん。▼
この笠は今から必要になるんですよ。
通り雨が来ますから。▼
[ニシキ]
えっ? …通り雨?
でも、雲なんて一つも…▼
…………▼
って、うわわーーっ!
ほんとに外に雨が降ってきたよ!!▼
[アサマ]
ふふ、そうでしょう?
まあ、通り雨なのですぐに止みますがね。▼
[ニシキ]
どうしてそんなことがわかるんだい?▼
[アサマ]
ああ、それは私が御仏の声を
聞くことができるからですよ。▼
[ニシキ]
ミホトケ?▼
[アサマ]
まあ、神様のようなものですよ。▼
私は多くの山で修業を積んだことで、
そのような神通力を会得したんです。▼
[ニシキ]
す、すごいよ…!
アサマってすごいんだね!▼
ボク、キミみたいなヒトには
はじめて出会ったよ!▼
…あ、話してる間に、
ホントに雨が止んできたね。▼
ということはアサマは…やっぱり
本当に仏様の声が聞こえるのかい…!?▼
[アサマ]
ふふふ…これも修行の成果です。▼
[ニシキ]
うわー!
なんだかボク感動してしまったよ!▼
今度、仏様が何か言ったら
ボクにも教えてくれないかい?▼
[アサマ]
ええ、いいですよ。▼
[ニシキ]
うん、約束だからね。
その時を楽しみにしているよ!▼

(ニシキ退場)
[アサマ]
やれやれ…ニシキさんはお馬鹿さんですね。
今の話、本当に信じたのでしょうか?▼

支援B

[ニシキ]
ねえアサマ。この間言っていた
仏様の声のことなんだけど…▼
あれってボクも聞けるように
なることはできるのかな?▼
[アサマ]
おや、ニシキさん。
そんなに御仏の声を聞きたいのですか?▼
それならば…そうですね。▼
私のように修行をしてみると、
聞けるようになるかもしれません。▼
大丈夫、信じる者は救われます。
もちろん私もお手伝いいたしますよ。▼
[ニシキ]
わあ…やったー!!
ありがとう! アサマ!!▼
[アサマ]
ではちょうどすぐ近くに滝がありますし、
滝行でもしますかね。▼
[ニシキ]
えっ? …滝行?
なんだい、それ?▼
[アサマ]
滝に長時間打たれながら、
無心に祈り続ける修行ですよ。▼
[ニシキ]
え…ええーーーっ!?
そんなことしたらびしょ濡れになってしまうよ!▼
寒いし、風邪もひくかもしれないし…
大変そうだね…▼
[アサマ]
ふふふ…修行と言うものは
大変に決まっています。▼
やる前から文句を言っていては
御仏に近づくことなどできませんよ?▼
[ニシキ]
そうか…わ、わかったよ…
ボク、頑張ってみる。▼
[アサマ]
ふ…ふふっ…
この辺が潮時ですかね。▼
[ニシキ]
え、どういう意味だい?▼
[アサマ]
…本当にあなたはお間抜けさんですね。
この話、本気で信じちゃっていたんですか?▼
[ニシキ]
へっ?▼
[アサマ]
御仏の声なんて聞こえる訳ないですよ。
あれは私の嘘なんですから。▼
[ニシキ]
ええ!? そうだったの!?▼
[アサマ]
はい。この間、雨を察知したのは、
雲の動きを読んでいたからですよ。▼
山の天気は変わりやすいので、
簡単には読めないと言われていますが、▼
幼い頃から山で修業をしていた私にとっては、
あんなことは造作もないのですよ。▼
[ニシキ]
ううっ…じゃあ仏様の声というのは…▼
[アサマ]
私は聞いたことがありませんねえ。▼
[ニシキ]
ボクを騙したんだね!?
ひどいよー!! アサマーーーッ!!!▼
[アサマ]
あははは、すみません。▼
ニシキさんの反応が
あまりにも純粋だったもので…つい。▼

支援A

[ニシキ]
アサマ…少しいいかい?▼
[アサマ]
おや、ニシキさんですか。▼
先日あれだけの目に遭っていながら、
また私に騙されに来たんですか?▼
[ニシキ]
そのことだけど…ボクはやっぱり、
アサマのことをすごいと思うんだ。▼
[アサマ]
どういうことですか?▼
[ニシキ]
だって天気が読めたのは、アサマが本当に
修行してたから身に付いたものだろう?▼
それならその修行を乗り越えたアサマは、
ちゃんと力を得ているということだからね。▼
[アサマ]
…………▼
[ニシキ]
それに、滝行みたいな辛い修行を
やってきたことは事実なわけだろう?▼
[アサマ]
ええ、まぁ…▼
[ニシキ]
…うん。それじゃあやっぱり、
アサマはすごいよ!▼
それだけ修行をしてたら、いつかホントに
仏様の声が聞こえるかもしれないね。▼
その時は、
今度こそボクに教えて欲しいな!▼
[アサマ]
…ニシキさん。▼
あなたはからかいがいのある面白い人だと
思っていましたが…▼
実は私にとって、
最も苦手な部類の人かもしれません。▼
[ニシキ]
えっ? どういうことだい?▼
[アサマ]
私の嫌味も通じず、あまつさえ
素直に褒めてくるなんて…▼
…どうも調子が狂います。▼
[ニシキ]
んー…それじゃあ、もっと
ボクをからかって鬱憤を晴らすかい?▼
[アサマ]
…それもいいですね。
このまま終わるなんて面白くない。▼
また近いうちにからかって差し上げましょう。▼
[ニシキ]
あはは! からかって差し上げるだなんて言い方、
聞いたことがないよ。▼
[アサマ]
そうやって笑っていられるのも今のうちです。
今に目にもの見せてあげますから、▼
覚悟していてくださいね?▼
[ニシキ]
わーい、楽しみだなー。▼

モズメ

支援C

[アサマ]
おや、そこにいるのはモズメさんですか?
こんにちは。▼
[モズメ]
あ、あんたは…アサマさん!?
ひぃぃ、こっち来んといて…!!▼
[アサマ]
えっ?
何を怯えているのですか?▼
[モズメ]
あたい、噂で聞いたことがあるんや…▼
あんたは目の合うた人を片っ端から
いじり倒して遊ぶ、▼
悪名高いお坊さんやってな…!▼
[アサマ]
あらっ?
私ってそんなに悪名高いんですか?▼
[モズメ]
せやで…どうせあたいのことも、
田舎もんってバカにするに決まってるんや!▼
[アサマ]
ほう…そうですか、そうですか。
私は悪名高かったのですか…▼
それはとても面白い話です。
ありがとうございます、モズメさん。▼
[モズメ]
へっ…?
あ、あわわっ…!!▼
自分が悪名高いことをそんな面白がるなんて、
あんた…やっぱり変わった人なんやわ!▼
せやけど…
あたいは一筋縄ではいかへんで!▼
いじられる前に、
あんたの前から逃げたるわ!▼
[アサマ]
あっ、モズメさーん?▼
あらら…逃げちゃいましたねぇ。
なかなか面白い方です。▼

支援B

[アサマ]
あら、また会いましたね。
これは奇遇ですね、モズメさん。▼
[モズメ]
ひええっ…!!
アサマさん、なんでここに!?▼
[アサマ]
そりゃ怯えるあなたが楽しいから
追いかけてきたんですよ。▼
[モズメ]
ほな、奇遇とちゃうやん!▼
[アサマ]
あははは、良い突っ込みですねぇ。
さてさて、どうしますか?モズメさ~ん。▼
[モズメ]
あわわっ…ど、どないしよ…?▼
[アサマ]
そういえばモズメさんは、私にどういう風に
バカにされると思っていたんですか?▼
[モズメ]
ど、どういう風にって…▼
せやなぁ、あたいは田舎もんやし、
言葉遣いが訛ってるとか…オドオドしてるとか、▼
あとは地味な服装で垢抜けへんとか…
そんな風に言われるんちゃうかなって…▼
[アサマ]
ふむふむ、なるほど。
では私はそういう事を言えば良いわけですね。▼
[モズメ]
ああっ!し、しもたーー!!
わざわざバラしてしもうたで…!!▼
[アサマ]
ふふふっ。私にそう言われたくなければ、
あなたにできることは逃げることのみ。▼
さぁて…どうしますか~?▼
[モズメ]
ど、どうするもこうするも…あんたの言う通り
逃げるしかあらへんやんかーーー!▼
[アサマ]
ふふふっ…
逃がしませんよぉ~。▼
お待ちください、モズメさーん!▼

支援A

[モズメ]
はぁ…はぁ…▼
[アサマ]
はははっ。モズメさん、どうしたんですか?
息が切れてますよ。▼
このままだと私に追いつかれちゃいますよ?▼
[モズメ]
も、もう、あかん…
足が棒みたいになってきてしもた…▼
アサマさん、この辺で堪忍してー!!▼
[アサマ]
あははは、嫌です。▼
[モズメ]
はぁ…はぁ…▼
さすがに
そうは問屋はおろさへん、か…▼
で、でも…あんた…
なんで悪口は言わへんの…?▼
会うたびに楽しそうに追いかけてばかりで…
肝心の嫌味は全然言わへんような…?▼
[アサマ]
ええ、まあ。▼
あなたの被害妄想がすこぶる面白かったので、
あえて何も言わずに付きまとってみました。▼
[モズメ]
…な、なんやってー!!?▼
そ、それじゃあ元々何も言うつもりは
無かったってことなん?▼
[アサマ]
ええ、そうですよ。▼
それにあなたが私に関する
どんな悪評を聞いたのか知りませんが…▼
私は無下に
軽口を叩いたりはしませんよ。▼
そうですね…言うなれば、
鋭利過ぎる突っ込みはすれども、▼
人を貶めるだけの悪口は
言わないという感じですね。▼
[モズメ]
そ、そうやったんやね…
えろう、すまんかったわ…アサマさん。▼
あたいが勝手に
噂を曲解してたみたいやな…▼
[アサマ]
あははは、全然気にしませんよ。
私はこれはこれで楽しめましたし。▼
[モズメ]
せやけど、相変わらずあんたは…
変な人なんやなぁ。▼
人を追いかけ回してそんな楽しそうにするん、
あんたが初めてやわ。▼
[アサマ]
ふふふ。そういうあなたも、実は少し
追いかけられることを楽しんでらしたでしょう?▼
私としてはお互い様という感じですけどね。▼
[モズメ]
ふふ、そうかもしれんなぁ。▼

支援S

[アサマ]
おや、モズメさん。▼
[モズメ]
ああ、アサマさん。
あんたを探しとったんや。▼
[アサマ]
何でしょう?▼
[モズメ]
あんたに感謝せなあかんと思てな…▼
[アサマ]
え?▼
[モズメ]
あたい…あんたの噂を勝手に悪評やって
勘違いしとったんやけど…▼
ほんまは、みんなが話を面白くするために
色々尾ひれをつけとったみたいなんや。▼
そのことを確認するために
色んな人に話しかけてみたら…▼
あんまり話さへんかった人とも仲良うなれて、
次第にみんなと打ち解けられてん。▼
[アサマ]
ほう…▼
[モズメ]
これはアサマさんのおかげやと思ってな。
ほんまに、おおきに。▼
[アサマ]
なるほど、それは何よりですが…
ちょっと面白くないですねぇ。▼
[モズメ]
へっ?▼
[アサマ]
だって本当は私があなたと
仲良くなりたかったのに…▼
あなたは皆と仲良くなってばかり…
これは嫉妬せずにはいられませんよ。▼
[モズメ]
あたいと…仲良く?▼
[アサマ]
ああ…ええと…言うのが恥ずかしくて
少し誤魔化しましたが…▼
私は…あなたが…
好きだから仲良くしたいんです。▼
[モズメ]
!!▼
ア、アサマさん…▼
[アサマ]
あなたとの追いかけっこが
思いのほか楽しかったせいでしょうか…▼
悔しいですが…いつしか私は、
あなたに惹かれていることに気づきました。▼
だからこれからは、
恋人としてもっと仲良くなりたいんです。▼
いかがでしょう?▼
[モズメ]
う、うん…ええよ。
あたいもあんたの事、好きやし。▼
追いかけられてる時も…
なんかドキドキしてしもてなあ。▼
あれって、ほんまは捕まることと違うて
あんたにドキドキしてたんやと思う…▼
[アサマ]
ははは。追いかけっこで惹かれあうだなんて、
まるで子供のようですね。▼
[モズメ]
せやな。けど…あたい、幸せやで。
村のみんなも、きっと喜んでくれると思う。▼
こんなあたいやけど…
これからよろしゅう頼むわ。▼
[アサマ]
ええ、もちろん。▼
こちらこそ宜しくお願いしますね、
モズメさん。▼
いつか村の皆様に
ご報告できる日が来たら…▼
あなたの村があった場所で、
心を込めて経を唱えさせていただきましょう。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 22 May 2019 09:17:39 UTC