オープニングシナリオ

[エクセライ]
レ、レンハに任せていた大陸南部の連中が

裏切りやがりましたわ!▼

数十万の兵が、帝都の周囲を

取り囲んで……いやああっ!▼
[ヴァルハルト]
うぬが育てた怨念が

ここへ来て吹き出したということだ。▼
[エクセライ]
ご、ご存知でしたの!?

レンハのこと…▼
[ヴァルハルト]
知らぬと思うておるのが

うぬの甘いところよ。▼

人は皆、自分の手のひらで踊る

駒かなにかだと勘違いしておろう。▼

うぬがペレジアのインバースとかいう女と

通じておることも▼

己の手を汚すことなく【炎の台座】を

奪う機会を狙っておることも▼

すべて知っておる。▼
[エクセライ]
ヒイイイッ!

そ、そこまで、し、知っていながら、▼

なぜ、なんで、どうして

黙っていらっしゃったの!?▼
[ヴァルハルト]
我はすべてを受け入れる。

身体に忍び入る毒であろうとな。▼

受け入れたうえで、

我はすべての上に君臨する。▼
[エクセライ]
そ、そのようなことを言って……

ばばば、バッカじゃないですか~!?▼

ヴァルハルト様は今、敗戦の将!

負けようとしているんですのよ!?▼

ア、アタシはごめんだわ!

負けると分かってて逃げないなんて!▼
[ヴァルハルト]
戦わずして逃亡する者を我は許さぬ。▼
[エクセライ]
ひ、ひひひいっ!?▼
[ヴァルハルト]
戦わずして降伏する者を我は許さぬ。▼
[エクセライ]
ひぃぃぃっ!!

おおおお、お許しを!!▼
[ヴァルハルト]
我は負けぬ!

聖王を継ぐ者を倒し、人の王となる!▼

我が覇道、未だ潰えず!▼

うぬも野望を胸に抱く者ならば

戦って勝ち取って見せいっ!!▼
(ヴァルハルト退場)
[エクセライ]
う……うぬぬぬっ……!!▼
[セルバンテス]
さて…このセルバンテスも

もうひと働きしてこようかの。▼
(セルバンテス退場)
[エクセライ]
す、好き勝手言ってくれちゃって!

な、なんなのよぅ!!▼

アタシだって男の子なんですからねっ!!

やるときゃ、やるんだから!!▼

み、みみみ、見てらっしゃい!!

やってやるんだから!!▼

戦闘中

1ターン目開始前(男性、僕)

[クロム]
ヴァルハルトは王座だ。

逃げも隠れもしない、ということか。▼
[ルフレ]
この状況でも、配下の兵が

誰ひとり降参しようとしない。▼

みんな、ヴァルハルトを

心の底から信じているみたいだ。▼
[クロム]
それが、ヴァルハルトの器か。▼
[ルフレ]
大きい、な…▼
[クロム]
ああ。

だが――負けられん!▼

1ターン目開始前(男性、俺)

[クロム]
ヴァルハルトは王座だ。

逃げも隠れもしない、ということか。▼
[ルフレ]
この状況でも、配下の兵が

誰ひとり降参しようとしない。▼

みなさん、ヴァルハルトを

心の底から信じているみたいだ。▼
[クロム]
それが、ヴァルハルトの器か。▼
[ルフレ]
大きい、な…▼
[クロム]
ああ。

だが――負けられん!▼

1ターン目開始前(女性、私)

[クロム]
ヴァルハルトは王座だ。

逃げも隠れもしない、ということか。▼
[ルフレ]
この状況でも、配下の兵が

誰ひとり降参しようとしていません。▼

みなさん、ヴァルハルトを

心の底から信じているみたいですね。▼
[クロム]
それが、ヴァルハルトの器か。▼
[ルフレ]
大きい、ですね…▼
[クロム]
ああ。

だが――負けられん!▼

増援時

[敵兵士]
増援部隊、準備を急げ!

ヴァルハルト様と共にあれ!▼

vsセルバンテス

戦闘前

[セルバンテス]
我は不敗の将セルバンテス!

見事この首取ってみせい!▼

戦闘後

[セルバンテス]
最期まで…あのお方のもとで戦えた…

なんと…幸せなことよ…▼

vsエクセライ

戦闘前

[エクセライ]
カン違いしないでよね! アタシは

戦う力がないわけじゃないってこと!▼

戦闘前(サイリ)

[エクセライ]
ソンシンの王女! あんたとレンハのせいで

こんなことになっちゃったじゃないの!▼

き~~~っ! くやしい!

どう責任とってくれんのよ~!▼
[サイリ]
見ていてください、兄上…

兄上の無念は、この私が……▼

エクセライ……斬る!▼

戦闘後

[エクセライ]
きぃっ…! くやしい…!▼

vsヴァルハルト

戦闘前

[ヴァルハルト]
戦を決するは力のみ!

見せてみよ、我を凌駕する力か!▼

戦闘前(クロム)

[クロム]
ヴァルハルト!▼
[ヴァルハルト]
来たか、聖王を継ぐ者。▼
[クロム]
覚悟は、いいな?▼
[ヴァルハルト]
覇王として生きる覚悟ならば、

生まれた瞬間に決めておる。▼
[クロム]
…あんたは、間違えたんだ。

やり方を。▼

そこを間違えなければ、

俺たちは同じ道を歩けたかもしれない。▼

姉さんも俺も、そしてあんたも…

人を信じる点では通じ合うものがあった。▼
[ヴァルハルト]
同じ道? 通じ合う?▼

馬鹿を言うな!▼

覇道とは、ただひとりで歩むからこそ

覇道というのだ!▼

仲良く歩ける程度の速度で、

神を超えることなどできぬ!!▼

人は、我が歩いた道に続いて

神を超えていけばいいのだ!!▼

そうすれば、もはや争いも無い!

我の力の前にすべて一つとなる!▼
[クロム]
それのどこが平和だ!

そんなのはただの支配じゃないか!▼

力に怯えて何もできなくなる世界を作って

何が平和だ! 争う必要がないだ!▼

力以外で人をまとめ上げてこそ!

みんなが安心して暮らす世界を作ってこそ!▼

本当の王だろう!▼

道に沿わぬ者を切り捨てるやり方では

人をまとめ上げる王にはなれない!▼
[ヴァルハルト]
貴様には、それができるのか!

エメリナには、それができたのか!▼

人をまとめ上げるとは、生ぬるいきれいごとで

成せることではなかろう!▼
[クロム]
きれいごとも言えない世界に

本当の平和などあるものか!▼

今ならばわかる! なぜ姉さんが

苦しみながら理想を貫こうとしたのか…▼

夢や理想を打ち捨てた者に

真の王の資格はない!▼
[ヴァルハルト]
ならば貴様が、貴様の器で

それを示して見せろ!!▼

我を飲み込むだけの器で、

己の理想を貫き通してみよ!!▼
[クロム]
そうさせてもらう!!▼

戦闘後

[ヴァルハルト]
見事なり、聖王を継ぐ者…

そして…その精強なる兵たちよ…▼

我が覇道……

ここに尽きたり!▼

戦闘終了

戦闘終了1

[フレデリク]
クロム様。▼

城内のすべての兵がようやく、

降参に応じました。▼
[クロム]
そうか…▼

すべての争いをなくすため、

自らの命を懸けた姉さんと――▼

すべての争いに自らの力で勝利を収め、

人を導こうとしたヴァルハルト…▼

やり方は正反対だが、

多くの人に光を見せた。▼

ヴァルム帝国の兵が最後まで

誰ひとり降伏しなかったのが▼

それを証明している気がする。▼
[ルキナ]
最後に、お父様になにかを

託していったように見えました。▼
[クロム]
あぁ…また、重いものを

受け取ったような気がするな。▼

とにかく、戦争は終わった。

しばらくゆっくり考えるとしよう。▼

戦闘終了2

[サイリ]
クロム殿、感謝致す。

あなた方のおかげで戦争は終わった。▼

ヴァルハルトが持っていた

我がソンシンの【碧炎】の宝玉…▼

これは、クロム殿に

預かっていただきたい。▼
[クロム]
良いのか?▼
[サイリ]
うむ。 巫女様が仰られた

ギムレーなるものの話もある…▼

クロム殿のもとに

宝玉を集めておくのが最善であろう。▼
[クロム]
わかった、礼を言う。▼
[クロム]
みんな、出発の準備は良いな?▼

ヴァルム大陸での戦いは終わった。

だが、俺たちにはまだやるべきことがある。▼

では、帰ろう!

俺たちのイーリスへ――!▼

セーブ

クリア後(男性、僕)

[クロム]
………………▼
[ルフレ]
クロム。

どうしたんだ、こんなところで?▼
[クロム]
少し考え事を……な。▼
[ルフレ]
懐かしいな…この場所。▼

クロムに助けられて、自警団のみんなと

初めて会ったのがここだった。▼

僕にはその前の記憶がないから、

すごく……大事な思い出なんだよ。▼
[クロム]
そうだったな。▼

お前と出会ってからはずっと、

戦いの連続だったような気がするよ。▼
[ルフレ]
望んだ戦いなんて、

ひとつもなかった。▼

いつも戦うことに迷って、

立ち止まって、振り返って。▼

それでもクロムは先頭に立って、

たくさんの人の想いを背負ってきた。▼
[クロム]
お前がいた。

仲間がいてくれた。▼
[ルフレ]
これからもずっといるさ。▼
[クロム]
残る【黒炎】の宝玉の行方は、

今フレデリクに調べてもらっている。▼

【覚醒の儀】はナーガの炎をその身に浴び、

精神と肉体の苦痛に耐えることで▼

神竜ナーガの力を

授かることができる……らしい。▼

もし耐えられなければ

命を落とすそうだが…▼
[ルキナ]
命を落とす…?

あの、大丈夫なのでしょうか…▼
[クロム]
聞いていたのか。

あまりいい趣味とは言えないな。▼
[ルキナ]
お行儀の悪いことをしてしまい、

申し訳ありません、お父様……▼

声をかけようと思ったんですけど

おふたりのあいだに入りづらくて…▼
[クロム]
まあいい。心配するな、ルキナ。

俺はどんな苦痛だろうと耐えてみせる。▼
[フレデリク]
クロム様、失礼致します。▼
[クロム]
何かわかったのか?▼
[フレデリク]
いえ、手掛かりはありませんでしたが…

ペレジア王より知らせが届きました。▼

ペレジアが持つ【黒炎】の宝玉を

クロム様に返還したい、と。▼
[クロム]
なに……▼
[フレデリク]
我々が【黒炎】を求めていることを

嗅ぎつけたようです。▼

ペレジア城へクロム様を招待し、そこで

返還の儀を行いたいとの話ですが…▼

クロム様を狙う罠である可能性は

十分にあります。▼
[クロム]
ああ。ペレジア王ファウダー…

あの男は信用できない。▼

だが…そうだな。

招きに応じると伝えてくれ。▼
[フレデリク]
よろしいのですか?▼
[クロム]
ああ。姉さんの心を継ごうという者が、

話し合いを拒絶するわけにはいかない。▼

それに何より、奴が【黒炎】について

どこまで知っているのか吐かせたい。▼

おそらく戦いになる。皆には

戦闘準備をさせておいてくれ。▼
[フレデリク]
炎の台座はいかがされますか?

置いて行くことも考えられますが…▼
[クロム]
いや、俺が持とう。奴らがこちらを

見張っているなら…盗まれる危険がある。▼

ペレジア王ファウダー…

奴の狙いを確かめるぞ。▼

クリア後(男性、俺)

[クロム]
………………▼
[ルフレ]
クロム。

どうしたんだ、こんなところで?▼
[クロム]
少し考え事を……な。▼
[ルフレ]
懐かしいな…この場所。▼

クロムに助けられて、自警団のみんなと

初めて会ったのがここだったな。▼

俺にはその前の記憶がないから、

すごく……大事な思い出だ。▼
[クロム]
そうだったな。▼

お前と出会ってからはずっと、

戦いの連続だったような気がするよ。▼
[ルフレ]
望んだ戦いなんて、

ひとつもなかった。▼

いつも戦うことに迷って、

立ち止まって、振り返って。▼

それでもクロムは先頭に立って、

たくさんの人の想いを背負ってきた。▼
[クロム]
お前がいた。

仲間がいてくれた。▼
[ルフレ]
これからもずっといるさ。▼
[クロム]
残る【黒炎】の宝玉の行方は、

今フレデリクに調べてもらっている。▼

【覚醒の儀】はナーガの炎をその身に浴び、

精神と肉体の苦痛に耐えることで▼

神竜ナーガの力を

授かることができる……らしい。▼

もし耐えられなければ

命を落とすそうだが…▼
[ルキナ]
命を落とす…?

あの、大丈夫なのでしょうか…▼
[クロム]
聞いていたのか。

あまりいい趣味とは言えないな。▼
[ルキナ]
お行儀の悪いことをしてしまい、

申し訳ありません、お父様……▼

声をかけようと思ったんですけど

おふたりのあいだに入りづらくて…▼
[クロム]
まあいい。心配するな、ルキナ。

俺はどんな苦痛だろうと耐えてみせる。▼
[フレデリク]
クロム様、失礼致します。▼
[クロム]
何かわかったのか?▼
[フレデリク]
いえ、手掛かりはありませんでしたが…

ペレジア王より知らせが届きました。▼

ペレジアが持つ【黒炎】の宝玉を

クロム様に返還したい、と。▼
[クロム]
なに……▼
[フレデリク]
我々が【黒炎】を求めていることを

嗅ぎつけたようです。▼

ペレジア城へクロム様を招待し、そこで

返還の儀を行いたいとの話ですが…▼

クロム様を狙う罠である可能性は

十分にあります。▼
[クロム]
ああ。ペレジア王ファウダー…

あの男は信用できない。▼

だが…そうだな。

招きに応じると伝えてくれ。▼
[フレデリク]
よろしいのですか?▼
[クロム]
ああ。姉さんの心を継ごうという者が、

話し合いを拒絶するわけにはいかない。▼

それに何より、奴が【黒炎】について

どこまで知っているのか吐かせたい。▼

おそらく戦いになる。皆には

戦闘準備をさせておいてくれ。▼
[フレデリク]
炎の台座はいかがされますか?

置いて行くことも考えられますが…▼
[クロム]
いや、俺が持とう。奴らがこちらを

見張っているなら…盗まれる危険がある。▼

ペレジア王ファウダー…

奴の狙いを確かめるぞ。▼

コメント

  • セルバンテスとサイリの先頭会話(笑)があるよ -- まじっくりん? 2013-08-13 (Tue) 04:58:14

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 26 Jul 2019 23:36:54 UTC