Top > ファイアーエムブレム 覚醒 > 会話集 > 章別会話 > 絆の収穫祭戦闘中会話(男性)

戦闘マップ・男性

クロム&フレデリク

会話1

[フレデリク]
クロム様!▼
[クロム]
どうした、フレデリク。

そんなに息を切らして。▼

何かあったのか?▼
[フレデリク]
えぇ、実はこの街に関する施設で

非常に重要な話を耳にしまして…▼
[クロム]
重要な施設…?

なんだそれは?▼
[フレデリク]
この街にある噴水の

伝説を知っていますか?▼
[クロム]
いや、知らないが…▼
[フレデリク]
ご存知ないなら、それでも構いません。

さあ、一緒に参りましょう。▼
[クロム]
な、何だ、引っ張るな。

一体、何の伝説があるんだ?▼
[フレデリク]
実はですね…噴水に一緒にコインを

投げ込んだ二人には、▼

強固な絆がもたらされ、

一生添い遂げられるそうなのです。▼
[クロム]
そ、添い遂げる!?▼
[フレデリク]
さぁクロム様、私と一緒にコインを

投げ込みましょう!▼

大丈夫、

コインは沢山用意してございます。▼
[クロム]
待て、落ち着けフレデリク。

それは、おそらく男女のための伝説だ!▼

普通は夫婦とかそういった関係の者が

行うことではないのか?▼
[フレデリク]
いえいえ、そんなめっそうにもございません。

夫婦とは対等なもの。▼

私はクロム様と対等だなどと、

そんな大それた事は考えておりません。▼
[クロム]
えーっと…

対等とかそういう意味ではなく…▼
[フレデリク]
主人と従者、王と騎士、君主と下僕、

なんでも良いのです。▼

私はクロム様との絆が欲しい…

ただそれだけなのです!▼

…そう。先ほど出会ったお二人にも

負けないほどの絆が!▼
[クロム]
あぁ…なるほど。お前、まだ

さっきの奴らと張り合っていたんだな。▼

負けず嫌いなのは良いが、

あまり度が過ぎると疲れるぞ?▼

とりあえず頭を冷やせ。

今は化け物の討伐が先だ。▼
[フレデリク]
あっ…クロム様!

どちらへ行かれるのですか!?▼

お待ちください、クロム様!▼

会話2

[フレデリク]
はぁ…▼

結局、コインを一緒に

投げてはいただけなかったどころか、▼

度が過ぎた負けず嫌いだと

呆れられてしまった気がします…

私はあくまでクロム様の臣下の一人として、

堅実な絆を結びたかっただけなのに…▼

どうしたら、

この想いが伝わるものか…▼

…ん? あんな所に弓兵が?

しかもクロム様を狙っている…!▼

例えまだ張り合っていたのかと

何度呆れられようと、

クロム様の御身は私が…

私が必ずお守りします!▼
[フレデリク]
クロム様、伏せて下さい!

ぐっ…!▼
[クロム]
!!

…フレデリク!▼
[フレデリク]
クロム様、

お怪我はありませんか?▼
[クロム]
あぁ、俺は大丈夫だ。

それよりお前こそ、その傷…!▼
[フレデリク]
こんなもの、

大したことはありません。▼

クロム様をお守りできた

喜びの方が勝ります。▼
[クロム]
すまん、フレデリク…

だが、痛むならすぐに言うんだぞ?▼
[フレデリク]
では…クロム様…

ひとつお願いが…▼
[クロム]
どうした? 救護班の所に連れていくか?

回復役を連れてくるか?▼
[フレデリク]
…いいえ。先ほどのコインを一緒に

投げていただけませんか?▼
[クロム]
お前、まだそれを…▼
[フレデリク]
違うのですクロム様…▼

私は決してあの方々と

張り合いたいがために、▼

このようなことを

申し上げているわけではありません。▼

私はこの戦いでクロム様を最後まで

お守りできるよう、▼

平和になった後も、クロム様を

傍で支え導けるよう、王家の騎士として、▼

主君と一生を添い遂げるという

絆が欲しかっただけなのです…▼
[クロム]
…………フレデリク。▼

…ふっ。

まったく、しょうがない奴だ。▼

なら、さっさと行くぞ。

すぐに投げられるようコインを用意しておけ。▼
[フレデリク]
ありがとうございます、クロム様。

どこまでも御一緒させて頂きます…▼

クロム&ヴェイク

会話1

[ヴェイク]
よぉ、クロム。ちょっといいか?

お前に言っときてぇことがあんだよ。▼
[クロム]
どうしたんだ、改まって…?

稽古の相手なら後にしてくれ。▼
[ヴェイク]
おうよ!

今日こそコテンパンに…▼

…って、違う!

俺様はな…

お前にむかついてんだよ!▼
[クロム]
なに…?▼
[ヴェイク]
確かにお前は仲間としちゃ頼れるさ。

腕は立つし、仲間からの信頼も厚い。▼

俺様と違って真面目だし、

その上、これと決めた時は絶対引かねぇ。▼

俺様が自信を持って勝っていると言えるのは、

このワイルドな格好良さぐらいのもんだ。▼
[クロム]
それを自分で言うか…?▼
[ヴェイク]
だからこそ…そんなお前に俺様は

むかついてんだよ!▼

どんだけ修行を積んだって、

お前は俺様の一歩先をいきやがる!▼

追いかけたって追いつける気がしねぇ!

ふざけんなよ!▼

昔は大した差はなかったハズだ!

それが…それが…くそっ!▼
[クロム]
…別に、俺はお前と差をつけたとか

思ったことは無いが。

お前、考え過ぎなんじゃないか?▼
[ヴェイク]
か、考え過ぎだぁ?▼

くーっ、そのクールなあしらい方も

余計にむかつくぜ。▼

こんだけ好き勝手言われてんだから、

そろそろ言い返して来いよ!▼
[クロム]
…………▼

すまん。今は戦闘中だ。

後で話し合おう。▼
[ヴェイク]
おい! 待てよコラ!

待てっつってんだろ!▼

…くそっ!

俺様なんか眼中にねぇってことかよ…?▼

会話2

[ヴェイク]
どりゃぁぁっ!▼
[クロム]
むっ!?▼
[クロム]
…いきなり斬りかかってくるとは

お前らしいやり方だな。▼
[ヴェイク]
色々考えたけどよ…

やっぱコレで決めるのが一番だ!▼
[クロム]
わかった…来い。▼
[ヴェイク]
そのすました顔がむかつくって

言ってんだろ!▼

おらおらおらおら!▼
[クロム]
くっ…!▼
[ヴェイク]
はぁっ…はぁっ…!▼
[クロム]
どうした…?

…もう気は晴れたか?▼
[ヴェイク]
…ったく、相変わらずお前はそうやって、

上から目線で嫌みったらしいよな。▼
[クロム]
そんなつもりはない。▼

…だがせっかくだから、

こっちも改めて言っておくぞ。▼

俺はお前を信頼している。

こうして対等に渡り合えるからこそ、だ。▼

お前の実力は、俺が一番

よくわかっているつもりだ。▼

だからお前が俺のことをどう思うとも

俺はお前を…お前の強さを信頼している。▼
[ヴェイク]
クロム…▼
[クロム]
一体何度、こうして稽古の相手を

してきたと思ってるんだ?▼
[ヴェイク]
へっ…! お前が俺様を

信頼してるだぁ?▼

そんなこと…

最初からわかってんだよ。▼
[クロム]
そうか。なら、また何度でも挑んでこい。

気が済むまで付き合ってやるから。▼
[ヴェイク]
…バーカ。逆だろ。▼

対等だってんなら今度はお前の方から

俺様に勝負を挑んでこいってんだ。▼
[クロム]
…ふっ。

それもいいかもしれないな。▼
[ヴェイク]
はっはっは!

よっしゃ! 祭りの余興は決まりだな!▼

とっとと雑魚共を

片付けちまおうぜ!▼
[クロム]
ああ…そうだな!▼

クロム&ガイア

会話1

[クロム]
ほう…これも菓子なのか。

随分と可愛らしく、ふわふわしているが。▼

ん…? こっちのは何だ…?

何かのお守りか?▼
[ガイア]
おい、クロム。

何やってるんだ?▼
[クロム]
あぁ、祭りの屋台を見ていた。

珍しいものが色々あるものだな。▼
[ガイア]
そうか?

こんなの、どこの祭りでも見かけるが。▼

…そうか、お前、王族だもんな。

庶民の祭りはあまり知らないってことか。▼
[クロム]
ああ、恥ずかしながら

その通りかもしれないな…▼
[ガイア]
いいぜ、そういうことなら、

俺が色々教えてやるよ。▼

どんな食い物が美味いとか、

何が面白いとかな。▼

俺は色んな祭りを見てきたからな。

そういうのには詳しいんだ。▼

任せとけって。▼
[クロム]
そうか、それは助かる。▼

話には聞いていたが、

自国以外の祭りには▼

実際に自分で訪れる機会が

なかったんだ…▼

…………? なんだ?

広場の向こうが騒がしいな。▼
[兵士]
スリだー!

俺の財布が盗まれた!▼
[兵士]
お、俺のもねぇ!▼
[クロム]
…混乱に乗じてのスリか。

タチが悪いな。▼
[ガイア]
…………▼
[クロム]
…?

どうした、ガイア?▼
[ガイア]
い、いや…なんでもない。

ちょっと用事を思い出した。じゃあな。▼
[クロム]
…………?▼

会話2

[クロム]
なぁ…ガイア、

さっきのことだが…▼
[ガイア]
…………▼
[クロム]
…!

待て、ガイア!▼
[クロム]
どこだ?

確か、こっちの方に…▼

ガイア…まさか…?▼

…くっ。いや! 何を考えてるんだ。

俺があいつを信頼しなくてどうする!▼
[ガイア]
よっ。

神妙そうな顔してどうした?▼
[クロム]
うぉっ!? ガ、ガイア…

お前、その…▼
[ガイア]
さっきのスリなら捕まえて

兵士に引き渡しといてやったぞ。▼
[クロム]
なに…?▼
[ガイア]
盗賊のことは

盗賊に聞けってな。▼

こういう時、どこに逃げるかとか、

大体俺にはわかるんだ。▼
[クロム]
そ、そうだったのか…▼
[ガイア]
なんだ? まさかお前、

俺のことを疑ってたのか?▼
[クロム]
いや、そんなことはない!

俺はお前のことを信頼している!▼

しかし、だからこそ…▼
[ガイア]
はははっ。

悪い悪い。▼

さっきはわざと思わせぶりな態度を

取ったからな。▼
[クロム]
わざと…?▼
[ガイア]
ちょっとお前を

からかってみたくってな。▼

良かったよ、

いきなり泥棒呼ばわりされなくて。▼

俺のこと信じてくれて嬉しかったぜ。

ありがとな。▼
[クロム]
ははは…なんだ…

お前も人が悪いな。▼

おかげで今日は

どっと気疲れしたぞ…▼
[ガイア]
それは悪かったな。

騙した詫びはさせてもらうぜ。▼

今日の祭りは

全部俺のおごりってことで、どうだ?▼
[クロム]
そうだな…まぁ、妥当な所だ。

だが覚悟しろよ?▼

おごりだと言うのなら、お前の言う

美味しいものね店は全て回るからな?▼
[ガイア]
いいぜ、任せとけ。なんなら夜は

盛り場にも連れてってやるぞ。▼
[クロム]
い、いや…

それは遠慮する…▼

フレデリク&ヴィオール

会話1

[ヴィオール]
ふぅむ…このひとときが

私の心を癒やしてくれるというものだ…▼
[フレデリク]
ヴィオールさん、何をしているのですか!?

こんな所で危ないですよ!▼
[ヴィオール]
見ての通り

紅茶をたしなんでいるのだが。▼
[フレデリク]
戦場でティータイムとは、

余裕ですね…▼
[ヴィオール]
貴族たる者、どんな時でも

優雅さを忘れてはいけないからね。▼

そうだ。

フレデリクくんも一杯いかがかな?▼
[フレデリク]
ちょうど喉は

渇いてはいたのですが…▼

あ…この香り、フェリア産のものですね。

私もこの茶葉は好きですよ。▼
[ヴィオール]
…そうかい。

ふぅむ…▼
[フレデリク]
な、何か?▼
[ヴィオール]
…君は有能な騎士だ。▼
[フレデリク]
ありがとうございます。▼
[ヴィオール]
それに、香りだけで

紅茶の銘柄を当てるという▼

教養も持ち合わせている。

実に素晴らしい!▼
[フレデリク]
い、いきなりどうしたのです?▼
[ヴィオール]
君主たるこのヴィオール…

是非とも君を、▼

我が臣下として

スカウトしたい!!▼
[フレデリク]
それは、

引き抜きという意味ですか?▼
[ヴィオール]
そうとも。悪い話ではないはずだよ。

我が領地が復興した暁には、▼

君の給金を今の倍以上に

引き上げると約束しよう。▼
[フレデリク]
どんな条件を出されても

それは無理なご相談ですよ、ヴィオールさん。▼
[ヴィオール]
なんと…

それは何故かね?▼
[フレデリク]
私の家系は先祖代々

イーリス王家一筋でございますので。▼
[ヴィオール]
一筋…?▼
[フレデリク]
えぇ。

イーリス王家一筋、です。▼
[ヴィオール]
二回言ったね…▼

それはどうしても私の元に

来たくないという意思表示なのか…▼

まぁいい。▼

これしきで諦める私ではないよ。▼

また誘いに来るから、懲りずに

話に付き合ってくれたまえ!▼
[フレデリク]
…何度お誘いいただいても、

私の意志は変わらないのですが…▼

会話2

[ヴィオール]
待ちたまえフレデリクくん!

先程の話の続きをしようではないか!▼
[フレデリク]
ヴィ、ヴィオールさん!?

なんですか、いきなり!?▼
[ヴィオール]
とぼけても無駄だよ!

君を我が臣下にしたいという話だ!▼

嫌だと言うなら、その剣で

私を斬り捨てるがいい!▼
[フレデリク]
な…っ!▼
[ヴィオール]
聞こえなかったかね?

嫌なら私を斬り捨てろと言ったのだよ!▼
[フレデリク]
はぁ…あなたも懲りないお一人だ。

私はイーリス王家一筋だと、あれほど…▼
[ヴィオール]
君がイーリス王家一筋だから

何だと言うのだね?▼

私の調査によれば、今の台詞で

心動かされぬ者はいないという。▼

さぁさぁ、フレデリクくん!

嫌だと言うなら…!▼
[フレデリク]
…承知しました。

そこまで言われては仕方ありませんね。▼
[ヴィオール]
なんと! ようやく

誘いを受ける気になったのかね?▼
[フレデリク]
…ご覚悟を。▼
[ヴィオール]
えっ!? ちょ…ちょっと君、待ちたまえ!

これは言葉のあやというものでだね…!▼
[フレデリク]
はぁっ!▼
[ヴィオール]
う、うわぁー!?▼
[ゾンビ]
グァァァァ…!▼
[フレデリク]
ふぅ。

危ないところでしたね。▼
[ヴィオール]
な、何だ…客人が来ていたのか…

君も人が悪いな…▼
[フレデリク]
こうしてお助けすることはできます。

ですが…▼

あなたの臣下にはなれません。

そのお気持ちだけ頂いておきます。▼
[ヴィオール]
…どうしてもかね?▼
[フレデリク]
申し訳ありませんが…▼
[ヴィオール]
ふむ…仕方がないね。▼

では、君とはティータイムを

共に過ごす仲、ということで手を打つかな。▼
[フレデリク]
ええ、それなら何なりと。

今後もよろしくお願いします。▼

フレデリク&ヘンリー

会話1

[ヘンリー]
お祭りって、楽しそうだね~。

あちこちすっごく派手になってる~。▼
[フレデリク]
確かにきれいな飾り付けですね。

見ているだけで、気分が高揚してきます。▼
[ヘンリー]
へぇ~。フレデリクでも、

お祭りでウキウキしたりするんだ?▼
[フレデリク]
えぇ、もちろんです。▼
[ヘンリー]
じゃあさ、お祭りが再開したら、

踊ったり食べたりみんなと一緒に騒ぐの?▼
[フレデリク]
いえ、それはしませんね。▼
[ヘンリー]
え~、どうして?▼
[フレデリク]
私の使命は

皆さんの安全を守ることです。▼

このような場所だからこそ心は浮つき、

本意ではない衝突も起こり得ます。▼

そのような事態を防ぎ、

この街の治安を守るべく▼

私は奔走するのです!▼
[ヘンリー]
ふ~ん。なんか、大変そう!

それに面倒くさそうだね~。▼
[フレデリク]
いえ、まさか!

面倒など、とんでもありません!▼
[ヘンリー]
だって、お祭り自体は

楽しまないんでしょ?▼
[フレデリク]
いいえ、

そんな事はありませんよ。▼

迷子のお子さんがいれば

ご両親を捜します。▼

屋台が倒れそうになっていたら

支え、直します。▼

酔っぱらいがケンカをしていたら

仲裁します。▼

…これが、騎士たる

私の祭りの楽しみ方なのです!▼
[ヘンリー]
…………▼
[フレデリク]
どうです?

おわかり頂けましたか?▼
[ヘンリー]
…うーん~。

ど、どうなんだろ~?▼
[フレデリク]
あ、あら…?

ヘンリーさんにはお気に召しませんでしたか?▼

私の騎士としての

お祭りの楽しみ方…▼

会話2

[フレデリク]
…まぁ、こんなものですね。

ようやく直せました。▼
[ヘンリー]
ねぇねぇ、フレデリク。

何してるの~?▼
[フレデリク]
出店の支店が傾いていたので、

直していました。▼

すぐに直ったので良かったです。▼
[ヘンリー]
ふぅん…またみんなのために

働いてたんだ~。▼

ねぇフレデリク。

さっきの話なんだけどさ…▼
[フレデリク]
なんでしょう?▼
[ヘンリー]
フレデリクって、お祭りの時だけじゃなくて

普段からずっとみんなに気を配ってるよね。▼

そんなに色々とお世話することの、

一体何が楽しいの~?▼
[フレデリク]
ど、どういうことでしょうか…?▼
[ヘンリー]
汗水垂らしてバタバタと

忙しくしちゃってさ~。▼

まるで苦労すること自体が

快楽みたいだよ~?▼
[フレデリク]
快楽…

確かにそうかもしれません。▼
[ヘンリー]
へぇ、ほんとにそうなんだー…▼
[フレデリク]
えぇ。

私は皆様のお役に立つために▼

この体を酷使する事が

生きがいのようなものですから。▼
[ヘンリー]
まるで…闇魔法だね~。▼
[フレデリク]
えっ?▼
[ヘンリー]
闇魔法ってね~▼

肉体への大きな負担の代わりに、

大きな力を発揮できるものなんだよ~。▼

そう考えると

フレデリクって一見聖者のようだけど、

内に秘めているものは

僕と同じなのかもしれないね~。▼
[フレデリク]
な…なるほど

確かにそれは…面白い例えですね。▼
[ヘンリー]
あははは、でしょ~?▼

良かったら闇魔法…

そして闇の真髄、教えてあげようか?▼

生半可な精神の人だったら

闇に取り込まれて、▼

戻ってこれなく

なっちゃうかもしれないけど…▼

フレデリクなら大丈夫だよね?▼
[フレデリク]
や、闇に取り込まれるですって!?

それはちょっと…▼
[ヘンリー]
さ~て、何から教えてあげようかな~。

楽しみにしててね、フレデリク~!▼
[フレデリク]
あぁ…既に聞いていらっしゃいません…

これは腹を括るしかないのでしょうか…▼

どうかその時は

お手柔らかにお願いしますね…▼

ヴィオール&リベラ

会話1

[ヴィオール]
ごきげんよう、リベラくん!▼
[リベラ]
あ…ヴィオールさん。

どうされましたか?▼
[ヴィオール]
この戦が終わって祭りが再開されたら、

私と二人で見て回る気は無いかい?▼

高貴なる貴族と、神に仕える美男子の

組み合わせは、さぞ目をひくだろうからね。▼
[リベラ]
…………▼
[ヴィオール]
私たちなら、きっと人気者になれるよ。

悪い話ではないだろ? リベラくん。▼
[リベラ]
すみません、私は今そんな気分にはなれないようです…▼
[ヴィオール]
なんと! どこか具合でも悪いのかい?

何やら元気がないようだが。▼
[リベラ]
いえ。私は今…

自らの無力を嘆いているのです。▼
[ヴィオール]
無力…? リベラくんは立派に

戦っていると思うが?▼
[リベラ]
そうではありません。

実は先ほど、この異界の住民で…▼

重い病に冒されている

老夫婦にお会いしたのです。▼

二人はとてもお辛そうで、私としても

何とかして差し上げたかったのですが…▼

しかし、あの病に効く薬はとても高価で、

私などが手を出せるものではありません。▼
[ヴィオール]
…だから、

君は自分を無力だと?▼
[リベラ]
えぇ…戦いで敵を倒せても、

病に伏す方々を救うことはできません。▼

ああ、神よ…

私はどうすれば良いのでしょう…▼
[ヴィオール]
なるほど…承知したよ。

だがそのまま神に祈れば良いだろう。▼

きっと君の事を見守ってくれている

神が救ってくれるのではないかな?▼
[リベラ]
そ、そんな…それは幸運を

待つだけのようなものではないのでしょうか?▼
[ヴィオール]
おっと、それは信心そのものに対する

批判ではないかね?▼
[リベラ]
そ、そうでした。申し訳ありません。▼

神への祈りがあってこその

救いを考えるのが私のすべきこと…▼
[ヴィオール]
まぁ私はとやかく言うつもりはないがね。▼

…………▼

さて、少し野暮用を思い出した。

失礼させてもらうよ。▼
[リベラ]
…………▼

会話2

[リベラ]
神よ…▼
[ヴィオール]
リベラくん。▼
[リベラ]
あ…ヴィオールさん。

用事は、もう済んだのですか?▼
[ヴィオール]
あぁ、済ませてきたよ。

さぁ、リベラくん。これを受け取りたまえ。▼
[リベラ]
これは…!?

例の薬ではありませんか!▼

どうしてあなたがこれを!?▼
[ヴィオール]
なあに。貴族である私ならば、色々なツテを

駆使すれば手には入るものなのさ。▼
[リベラ]
いえ、ですが

このような高価なものを…!▼
[ヴィオール]
遠慮することはない。▼

早く例の老夫婦のもとへ

持って行ってあげるといい。▼
[リベラ]
…………▼
[ヴィオール]
ん? な、なんだい?

そんなにこちらをじっと見て。▼
[リベラ]
あなた、大層高価なナイフを

お持ちでしたよね?▼
[ヴィオール]
…………▼
[リベラ]
確か、一族に代々伝わるものだと

伺いましたが…▼

あのナイフを、どうされたのですか?

身につけていらっしゃらないようですが。▼
[ヴィオール]
はて?

どこかで落としたかな?▼
[リベラ]
あなたもしや…!▼
[ヴィオール]
まあ、さして大事な

ものでもなかったからね。▼

無いなら無いで全く構わないさ。

では、失礼するよ。▼

君は一刻も早く、その薬を

届けてあげたまえ。▼
[リベラ]
あっ…ヴィオールさん!▼

ヴィオールさん…やはり、この薬のために

ご自分のナイフを売ってしまわれたのですね。▼

あんなに大事そうに持っていらしたナイフを、

いともたやすく手放して…▼

ああ…真に高貴であるというのは、

あなたのような人を指すのですね…▼

ヴェイク&ロンクー

会話1

[ヴェイク]
これが異界の祭りかー!

随分と盛大にやるもんだな。▼

とっとと屍兵を片付けて楽しみたいもんだぜ。

なぁ、ロンクー。▼
[ロンクー]
話しかけるな。

今…敵の様子を見ている。▼
[ヴェイク]
ったく…

相変わらす精が出るこって。▼

だけどよ、そんなに

肩肘張ってばかりなのも良くないぜ。▼

程良く力を抜かないとな。

メリハリが大事ってよく言うだろ?▼

よし、祭りが再開されたら、

一緒に見て回ってうまいもん食おうぜ!▼
[ロンクー]
興味ないな…

俺は強くなりたい。それだけだ。▼
[ヴェイク]
あんだよ…人がせっかく言ってやってんのに、

辛気くせぇのは性に合わねぇぜ。▼

お前、いっつもそんなんじゃ、

皆に嫌われちまうぞ。▼

そういえばお前、

女が苦手だって聞いたことあるな。▼

まったく、信じられねぇよ。

普通、女が苦手な男なんてありえねぇだろ。▼

俺様には到底理解できねぇな。▼
[ロンクー]
どうとでも言え。俺はお前に

理解してもらうつもりなど毛頭無い。▼
[ヴェイク]
へいへい、そういうと思ったよ。

相変わらず冷たいこった。▼

…けど、なんで女が苦手なのかは

気になるんだよなぁー。▼

あ。もしかして、昔の女に

こっぴどく振られたとかか?▼
[ロンクー]
…そんなわけがあるか。▼
[ヴェイク]
じゃあ、

なんで女が苦手なんだよ?▼
[ロンクー]
…付き合いきれん。

放っておいてくれ…▼
[ヴェイク]
は?言えねぇのか?▼

…あ!! じゃあもしかしてお前、

そういうことか…!?▼
[ロンクー]
…? まさかお前

妙な勘違いをしているのではないだろうな。▼

いいか?

俺が女が苦手なのは…▼
[ヴェイク]
こ、こうしちゃいられねぇ!

みんなにロンクーの本性を伝えねぇと!▼

おおーい!

みんな聞いてくれ~!▼
[ロンクー]
お、おい待て貴様!

何を触れ回るつもりだ!?▼

くそっ…!

厄介なことになったぞ…!▼

会話2

[兵士]
お前、あの話を知ってるか?▼
[密偵]
ああ、聞いたぜ。

でも、あのロンクーさんがまさかな…▼
[兵士]
そうか? あの目つき、敵じゃなくて

俺たちを狙ってたとしたら…▼
[密偵]
おいおい、それはさすがに…▼
[ロンクー]
…………▼
[兵士]
わっ、ロ、ロンクーさん!

し…失礼しますっ!▼
[ロンクー]
おい、ヴェイク。▼

貴様が撒き散らした噂で、

俺の評判はガタ落ちだぞ。▼

どうしてくれるんだ。▼
[ヴェイク]
いやー、すまんすまん。

まさか、こんなに広まるとはな。▼
[ロンクー]
そこに座れ。

剣の錆びにしてやる。▼
[ヴェイク]
悪かったって。ほれ、この通り。

ちゃんと後でフォローはしとくからよ。▼
[ロンクー]
…本当だろうな。▼
[ヴェイク]
まーかしとけ。

ばっちりフォローするって約束するぜ!▼

第一、あの噂を流したのだって、

ちゃんと意味がある。▼
[ロンクー]
意味…だと?▼
[ヴェイク]
ああ。お前そうやって戦いのこと

ばっかり考えてるからさ。▼

仲間連中と

あんま溶け込んでないだろ?▼

こうやって話題を作ってやれば、

少しは距離も縮まるんじゃねぇかなって…さ。▼
[ロンクー]
百歩譲ってそうだとしても、

他にやり方はなかったのか…?▼
[ヴェイク]
まぁ、あるだろうな。▼
[ロンクー]
貴様…!▼
[ヴェイク]
でもよ、多少強引なことしないと

お前なかなか話してくれねぇだろ?▼

たとえケンカになったって、

俺様はお前との絆ってやつを深めたいんだよ。▼
[ロンクー]
……▼

…勝手にしろ。▼
[ヴェイク]
よーし、それじゃ今からみんなの誤解を

解きに行くか。▼

お前も一緒に来いよ!

ほらほら、肩組もうぜ!▼
[ロンクー]
待て、近付くな!▼

今、二人で肩など組んで行けば、

誤解は解けるどころか…!!▼

ソール&カラム

会話1

[カラム]
ソールはすごいね…▼
[ソール]
えっ?

突然どうしたの、カラム?▼
[カラム]
さっきの見ていたよ…▼
[ソール]
あ、ああ。ケンカしている人達を

仲裁してた時の話だね。▼

避難してる時に、町の人が

急にケンカを始めちゃったからさ。▼

まぁでも…

よくあることじゃないかな。▼

混乱してる時って、

どうしてもトラブルが起きやすいし。▼

それに僕、なんか昔から仲介とか仲裁役の

役回りが多いんだよね…▼
[カラム]
うん…僕もこれまで何度か

そういう場面を見た気がするよ…▼

…やっぱり

頼られてるんだろうね。▼
[ソール]
いやいや、

頼られる存在っていうのは、▼

クロムやルフレみたいな人を

言うんじゃないかな。▼

僕はなんていうか…みんなの間に入って

スムーズにするというか、調整役みたいな?▼

逆に僕自身がみんなを引っ張っていくのは、

ちょっと苦手だったりするしね。▼
[カラム]
でも…それにしたって、

みんなのなかで▼

きちんと自分の役割をこなせるのは

すごいと思うよ。▼
[ソール]
そ…そうかな?

そんなに褒められると照れちゃうなぁ。▼
[カラム]
…ほんと、僕とは大違いだよ。

僕もソールみたいになれないかなぁ…▼

会話2

[カラム]
ね、ソール。

さっきの話なんだけど…▼
[ソール]
ああ、僕が調整役だってこと?▼
[カラム]
うん…できれば、僕もそういう役目も

担えるようになりたいな…って。▼
[ソール]
えっと…どうだろう?▼
[カラム]
えっ…

僕には無理ってこと…?▼
[ソール]
あ、いや…

そういう意味じゃないんだ。▼

人にはそれぞれ一番上手く

できる役割があるんじゃないかな?▼

だから、無理に難しいことをやらなくても

いいんじゃないかと思ってさ。▼

僕だって、最初から調整役をやりたくて

やってるわけじゃないし。▼
[カラム]
え? でも…

それならどうして調整役を…?▼
[ソール]
いつの間にかなんとなく

これが自分の仕事なんだろう…って感じかな?▼

実際、

性に合ってるとは思うしね。▼
[カラム]
そうなんだ…▼
[ソール]
それにカラムには、闘いの時に

みんなを守る重要な役割があるじゃないか。▼

まずはそこを極めるのが

一番じゃないかな。▼

僕は闘いについては特別誰かより

秀でているものとかないから、▼

…むしろ君の方が

羨ましいくらいだよ。▼
[カラム]
そ、そんなことないよ…

僕なんて…▼
[ソール]
謙遜なんて必要ないよ。

僕は君のことを尊敬してるんだから。▼
[カラム]
そっ、尊敬!?

な、何を言ってるの…?▼

そんなの僕の方が

百倍尊敬してるよ…!▼
[ソール]
…あははっ。なんだか僕らお互いを

褒め合って、まるで無い物ねだりだね。▼

でも…悪い部分を指摘し合うことも

必要かもしれないけど、▼

こうして良い部分を教え合うのも、

いいんじゃないかな。▼

それが、僕たちの絆を強めることにも

繋がると思うし。▼
[カラム]
うん…そうだね。▼

でも、やっぱり僕の方が

ソールを尊敬してるよ。▼

こんな風に、

話をまとめられるんだから。▼
[ソール]
ありがとう。

この戦いが終わったら、▼

僕も君の尊敬できるところ、

いっぱい話してあげるね。▼

ソール&ドニ

会話1

[ドニ]
はぁ…このお祭りは…

すごいべ…▼
[ソール]
ぼーっとしちゃってどうしたの、

ドニ?▼
[ドニ]
いやぁ…おらの村でも

祭りはあったけど、▼

こんなに大きくはなかったから

装飾に見惚れてただ。▼

早く屍兵を倒して、

祭りを楽しみたいだべ~。▼
[ソール]
へぇ~、そうなんだ。

僕はあまりお祭りって行った事ないんだ。▼
[ドニ]
それはもったいないべ!

すごく楽しいべ~。▼
[ソール]
あ、もしかして…!▼
[ドニ]
…な、なんだべか?▼
[ソール]
そういう村のお祭りって、若い娘さんたちと

仲良くなるチャンスがあるんだろう?▼

素敵な恋の思い出とか、

あるのかい?▼
[ドニ]
そ、そんなの無いべ…!▼
[ソール]
本当に…?▼
[ドニ]
た、確かに

男女で踊ったりしただ…▼

でも、おら…あまり積極的に

なれなかったんだべ…▼

そうだべ…あの時は気恥かしくて、

結局何も無かったんだべ…▼
[ソール]
あはは! 淡い思い出ってやつだね。

ドニのいい話が聞けたな~。▼
[ドニ]
お、おらのことはもういいべっ!▼

…あっ!

逆にソールさんは、どうなんだべ?▼
[ソール]
え? 何が?▼
[ドニ]
昔、女の子と仲良くした思い出話とか

ないだべか?▼
[ソール]
ええっ!?

そ、そういうのは…▼
[ドニ]
ソールさんは見た目も良いし、

何もないハズがないべ!▼

おらも話したんだから、

ソールさんからも教えて欲しいだ!▼
[ソール]
ご、ごめん! 何もない…かな?

…じ、じゃあ!▼
[ドニ]
あっ…!

ソールさん、待つだ!▼

むぅ~、

あれは絶対何かあるべ…▼

会話2

[ドニ]
ソールさん!▼
[ソール]
わっ、ド、ドニ!?▼
[ドニ]
もう逃がさないべ。

さっきの話を教えて欲しいだべ。▼
[ソール]
もー…

だから何もないって…▼
[ドニ]
ソールさん、その挙動っぷりは

言わずもがなだべ…▼

いい加減に観念して

白状するだよ。▼
[ソール]
う…うう、わかったよ…

みんなには黙っておいておくれよ。▼
[ドニ]
もちろんだべ!▼
[ソール]
昔…僕がまだ

子どもの頃のことなんだけどね。▼

一回だけ、友達に連れられて

お祭りに行ったことがあったんだ。▼

そのお祭りでも、ドニの所と同じで

女の子と踊る機会があってね。▼
[ドニ]
それで、

好きな子と踊れたんだべか?▼
[ソール]
いいや。行く途中で、僕の友達が

好きな子がいるんだって告白してきてね。▼
[ドニ]
まさか…▼
[ソール]
そう。僕が気になってたのと

同じ子だったんだよ。▼

僕も悩んだけどね…

やっぱりその友達のことも大事だった。▼

だから踊る相手を譲ってしまったんだ。

それ以来、お祭りは行ってないかな…▼
[ドニ]
やっぱりソールさんは優しいだ…

憧れてしまうべ…▼
[ソール]
いやいや、

両方失う勇気がなかっただけだよ。▼
[ドニ]
わかっただ! この戦いが終わったら、

おらが一緒に踊るだ!▼

おらのこと、その子だと思って

踊ってくれればいいべ!▼
[ソール]
い、いや、それはちょっと…▼

カラム&ドニ

会話1

[カラム]
…あのー、ドニ。▼
[ドニ]
ありゃ、カラムさんだべか。

どうしただ?▼
[カラム]
僕、どうしても

気になってることがあって…▼
[ドニ]
おらでわかることなら、

何でも聞くだ。▼
[カラム]
ありがとう。

じゃあ早速質問させてもらうけど…▼

どうしてドニはいつも…

鍋を被ってるの?▼
[ドニ]
ええっ?

…そんなことだか?▼

これは…

カラムさんの鎧と同じだべ。▼

防具として使ってるだけだべ。▼
[カラム]
それはわかるけど…でも、それならそれで、

もうちょっとちゃんとした兜の方が…▼

お金無くても、

クロムたちに頼めば…▼
[ドニ]
…だ、大丈夫だべ。▼

これは村にいた頃から、

ずっと使ってた鍋なんだべ。▼

ちょっと

恥ずかしい話なんだべが…▼

この鍋を被ってると、

なんだかちょっと安心するんだべ。▼
[カラム]
なるほど…▼

じゃあドニにとっての

お守りみたいなものなんだね。▼
[ドニ]
そ、そうだべな…

そうかもしれないべ。▼

…あっ、カラムさん!

あんなところにも化け物がいるだ!▼

よーし、

おらが成敗してやるべー!!▼

(ドニ退場)

[カラム]
そ、そっちに化け物はいないんだけど…

なんだか怪しいな…▼

もしかして…

あの鍋の下にはすごい秘密が…?▼

そうだ…存在感が薄い僕なら…

気づかれずに近付いて外せるかも…▼

よーし…

抜き足、差し足…▼

(カラム消え、入れ違いにドニ現れる)

[ドニ]
ああ…

さっきはちょっとドキドキしたべ…▼

(カラム現れる)

[カラム]
よし…

気づいてない、気づいてない…▼

そーっと、そーっと…▼

…今だっ!▼

会話2

[カラム]
ご、ごめんね、ドニ…▼
[ドニ]
カラムさん酷いべ…▼
[カラム]
まさか、鍋の下の髪がそんな

大変なことになっていただなんて…▼

ひどい寝癖というか、

爆発というか、その…▼
[ドニ]
ううっ…

どうせ大きな毛玉とでも思ってるんだべ…!▼
[カラム]
そっ、そんなことはないよ…▼

でも、そう言われて

思い出してみると…▼

…うっ、くくっ。▼
[ドニ]
…………▼
[カラム]
あっ、ごめん…

本当にごめん…!▼
[ドニ]
はぁ…おら、昔から

巻き毛でモサモサだったんだべ…▼

これでも水で濡らしたり、

薬を塗ったり、色々やってみたんだべ…▼

でも、どうにもならねぇだ…▼
[カラム]
…でも、巻き毛って

そんなに気にすることかな…?▼
[ドニ]
カラムさんにはわからないべ。▼

ここのみんなは、王様の血筋だったり

騎士様だったり、偉くて立派な人が多いべ?▼

そんな人たちの横に立つのに、▼

こんなチリチリのクルクル頭は

野暮ったすぎるんだべ!▼
[カラム]
ううん、そんなことないよ…

目立つし、個性的でいいと思う…▼

僕からすれば羨ましいぐらいだよ…▼

でも、君は君なりに

気を遣ってたんだね…▼

このことは誰に言わない。約束する…

ふたりだけの秘密にしよう。▼
[ドニ]
!! 恩に着るべ!▼

…あ、でもおらだけ秘密を

知られているのは不公平だべな…▼

それじゃ、カラムさんの秘密も一つ、

教えるべ!▼
[カラム]
ええっ!?

そ、そんなの無いよ…!▼
[ドニ]
人は誰しも何かしら秘密も持つもんだべ!

さぁさぁ、いいから教えるべ〜!!▼
[カラム]
か、勘弁して…!▼

ロンクー&グレゴ

会話1

[ロンクー]
はぁ…▼
[グレゴ]
おいおい、

どうしたロンクー!▼

祭りの場だってのに、

しかめっ面なんかしやがって!▼
[ロンクー]
祭りか…祭りは、苦手だ。▼
[グレゴ]
祭りが苦手? んな奴、初めて見たぜ。

なんでまた?▼
[ロンクー]
騒がしいのは好かん。▼
[グレゴ]
はぁ~? 大勢でワイワイ騒ぐのが

祭りの醍醐味じゃねーか!▼
[ロンクー]
祭りが再開されれば、この広場にも

人が溢れ出るのだろう?▼

はぁ…想像しただけで憂鬱だ。

一刻も早く帰りたい…▼
[グレゴ]
なんだぁ? やけに嫌がるな。▼
[ロンクー]
まったく、何故このような場に

来てしまったのか…▼
[グレゴ]
ははっ、今更そんなことでくよくよ

悩んでても仕方ねーだろ?▼

もーっと楽しんで行こうぜ!▼
[ロンクー]
無理だ。

どう考えても楽しめそうにない。▼
[グレゴ]
あのなぁ…お前、お堅すぎんだよ。

遊びだって重要な人生経験だぞ?▼
[ロンクー]
人生経験?▼
[グレゴ]
おうよ、普段の経験が

戦いに活きてくることだってあるだろ?▼

人としてお前を一人前にするのも

人生の先輩たる俺の務めってもんだ!▼

そもそもバジーリオさんだって、

世界を旅して見聞を広めろと▼

お前を送り出したんだろ?▼

それなら、祭りも楽しんでみる

努力をしなくちゃな!▼
[ロンクー]
ほう…なるほど。

見聞を広める、か。▼

そう言われれば、

一理あるかもしれんな…▼

会話2

[ロンクー]
グレゴ、

祭りについて聞きたいのだが。▼
[グレゴ]
おー、何だぁ?

何でも聞いてくれ!▼
[ロンクー]
俺は、こういった場所で一体どのような

見聞を広めるべきだ?▼
[グレゴ]
そうだな…まず、祭りが再開されたら、

その騒ぎの中に溶け込んでみろ。▼

住民たちと交流し、

彼らが何を祭り、何を感謝しているのか…▼

その気持ちを

理解することは大事だぞ。▼
[ロンクー]
なるほど、

それらを聞いて回ればいいんだな。▼
[グレゴ]
聞いて回るっつったって、真面目な顔して

訪問しろって話じゃねーぞ?▼
[ロンクー]
…?

ではどうすれば話を聞けると言うのだ?▼
[グレゴ]
簡単なことだ。要は、一緒に飲んで食って

ゲラゲラ笑い合えばいいってことさ!▼
[ロンクー]
酒は好かん…

剣の腕が鈍る。▼
[グレゴ]
なにぃ!?

下戸ってか…!?▼

と言うかお前、女だの祭りだの酒だの

苦手なものが多すぎねぇか!?▼

そんなんで人生楽しいのか!?▼
[ロンクー]
…余計なお世話だ。

好かんものは好かん。▼
[グレゴ]
んー…じゃあ、

他に溶け込む方法が必要だな。▼

あー、そうだ。▼

確かお前、野菜の皮むきとか

得意じゃなかったか?▼
[ロンクー]
…それがどうした。▼
[グレゴ]
じゃあ決まりだな!

その刃物捌きの腕を活かして、▼

料理人連中の輪に入るんだ!

そっちの手伝いをしながら、▼

飲んで食ってゲラゲラ

笑い合えばいいってことだ!▼
[ロンクー]
…途中から言っていることが

先ほどとまったく同じだぞ。▼
[グレゴ]
はっはっはっ、

気にすんな!▼
[ロンクー]
…ふっ。▼
[グレゴ]
おー? お前が笑うなんて珍しいな。

どうした?▼
[ロンクー]
いや…たまには、そういうのも

面白いかもしれんと思ってしまってな。▼

俺にそう思わせるなど、

大したものだ。▼
[グレゴ]
そうだろ? 俺で良けりゃー

人生の楽しみ方をもっと教えてやるぜ?▼

なんなら祭りが再開したら

一緒に回ってみるか?▼

俺が祭りの良さをわかりやすーく

解説してやってもいいぜ。▼
[ロンクー]
…考えておく。▼
[グレゴ]
なんだ? 断らないってことは了承と取るぜ。

お前も素直じゃないねー。▼
[ロンクー]
はっきり断ってもいいのか。▼
[グレゴ]
まぁそう言うなって!

絶対に楽しませてやるからよ。▼

いやー祭りの再開が

楽しみだなぁ。▼
[ロンクー]
はぁ…どちらにしても断らせる

つもりは無いのか…▼

…でもまぁ、たまにはこういのも
良いかもしれん…▼

リヒト&グレゴ

会話1

[グレゴ]
あー、参ったなあ…▼
[リヒト]
グレゴさん、

どうかしたの?▼
[グレゴ]
おーう、リヒト! ちょっと聞いてくれよ。

さっき祭りに来てたヤツらが避難してただろ?▼
[リヒト]
うん!

大きな混乱もなくて良かったね!▼
[グレゴ]
それがなぁ…大きな混乱が

あったというか…▼
[リヒト]
え、何があったの?▼
[グレゴ]
避難中のおばちゃんがな、

祭り前だっつーのにもう酔っぱらっててよ。▼

その…

結婚してくれって言われちまった。▼
[リヒト]
わぁ、求婚!?

すごいじゃない、グレゴさん!▼
[グレゴ]
おいおい、

何がすごいんだよ!▼
[リヒト]
すごいよ!だって、初対面の人に

いきなり言われたんでしょ?▼

やっぱり大人のオトコの

魅力ってやつなのかな…?▼
[グレゴ]
ふふふっ…

やっぱりそう思っちまう?▼

…違うって!

相手は酔っぱらいだぞ!?▼
[リヒト]
あはは!

でもすぐに断ったんでしょ?▼
[グレゴ]
それがあの人諦めきれねぇみたいで、

また後で返事を聞きに来るからって…▼
[リヒト]
ええっ~!?▼
[グレゴ]
あー、参った…

まさか異界の人に求婚されるとはなー。▼
[リヒト]
この際、異界に留まってみるのも

いいんじゃないの?▼
[グレゴ]
おーいおい、

冗談はよしてくれよ。▼

…ったく。

他人事だと思いやがって…あ。▼

いい事を思いついたぜ!

リヒト、お前も協力してくれ!▼
[リヒト]
な、なんだろう…

やな予感がするなぁ。▼

会話2

[リヒト]
んもー!

グレゴさんったらひどいよー!▼
[グレゴ]
はっはっは!

いやー、すまんすまん! くくっ…!▼
[リヒト]
僕に女装させて、

ニセモノの恋人に仕立て上げるだなんて!▼

あんまりだよ!

子供扱いされるよりひどいよ!!▼
[グレゴ]
くくっ…いいじゃねーか、

似合ってたぜ?▼
[リヒト]
良くないってば!▼
[グレゴ]
だーってよ。

お前の顔見てたら、▼

こいつ実は…女装似合うんじゃ? って

思っちまったんだよ。▼
[リヒト]
思いつきとノリでそういう事しないでよ!

僕はちっとも面白くなかったんだから!!▼
[グレゴ]
ははっ、そう怒んなって!

祭りにその場のノリはつきものだろ?▼

でもまぁ…おかげで

上手く断れて助かったよ。ありがとな。▼
[リヒト]
もー…▼
[グレゴ]
でもなぁ、ほんと様になってたよな。

声も高いから全然疑われてなかったし。▼

細かい仕草もすげぇ女っぽくて、

不覚にもドキッとしちまったぜ?▼
[リヒト]
ちょ、ちょっと!

冗談は顔だけにしてよねー!▼
[グレゴ]
おーいおい、この男らしい顔を

冗談扱いするなんてひでぇ奴だなー?▼

でもまぁ、今のは冗談が過ぎたな。

俺が悪かった。ほら、この通り。▼
[リヒト]
…本当にそう思ってるの?▼
[グレゴ]
おう、思ってるぞ。▼
[リヒト]
もーっ…

じゃあ、撤回してあげる。▼
[グレゴ]
お? 今の仕草、妙に女っぽかったぞ。

実はノリノリだったんじゃねーか?▼
[リヒト]
グレゴさんーーー!!▼

リヒト&ヘンリー

会話1

[ヘンリー]
ねぇねぇリヒト、

闇魔法に興味ない~?▼
[リヒト]
えぇっ、どうして?▼
[ヘンリー]
だって君も

魔法の高みを目指す者でしょ?▼

色々な魔法を

勉強しておいた方がいいんじゃないの~?▼
[リヒト]
僕は基本の火・風・雷でいいよ。

一番しっくり来るんだ。▼
[ヘンリー]
あはは! それは闇魔法の

いいところを知らないからだよ~。▼
[リヒト]
闇魔法のいいところ…

うーん、浮かばないけど何かあるの?▼
[ヘンリー]
どんな物にも、いいところは

必ずあるものだよ~?▼

例えそれが…闇という言葉を

持つものであってもね~。▼
[リヒト]
そ、そっか…そうだよね…

ごめん、僕…失礼なこと言ったね。▼
[ヘンリー]
あははっ、

謝る必要はないよ~。▼

闇魔法がどんな目で見られているのかは、

わかってるつもりだしね~。▼
[リヒト]
それで闇魔法の良いところって…

どんなところなの?▼
[ヘンリー]
闇魔法はね…快感なんだ。▼
[リヒト]
快感…?▼
[ヘンリー]
うん。体への負担と引き替えに

強大な闇の力を手に入れるっていう快感。▼

例えばさ、

すっごく高価なものを買った時…▼

こんなにお金を

使っちゃったーっていう罪悪感と、▼

欲しい物を手に入れた快感が

同時にこみあげてくるでしょ~?▼

あんな感じに近いかな~。▼
[リヒト]
そ、そうなんだ…▼
[ヘンリー]
そう。それに…良いものも悪いものも

等しく全て真っ黒に塗り潰すあの感覚は、▼

基本の魔法では到底味わえない。

敵を倒す感触も全然違うんだよ…?▼

だからさ…リヒトも試してみようよ。

君なら素質があると思うんだけどなぁ~。▼
[リヒト]
いや…僕はちょっと…▼
[ヘンリー]
それにね、

闇魔法が使えるようになったら、▼

リヒトはきっと大人っぽく

見えるようになると思うんだ~。▼
[リヒト]
!! ほ、ほんとに?

大人…大人かぁ。▼

確かに闇魔法って

少し大人っぽいかも。▼

そう言われちゃうと、

ちょっぴり気になるなぁ…▼

会話2

[リヒト]
ヘンリーさん!

さっきの話なんだけどさ…▼

僕…やっぱり闇魔法に

興味が出てきたかもしれない!▼
[ヘンリー]
わあ、本当に~?▼
[リヒト]
うん。ちょっとだけ…

ちょっとだけ試してみたいかなぁって。▼
[ヘンリー]
わかった。

じゃあ力になるよ~。▼

今から僕の闇の力を、

少しだけリヒトに分けてあげる~。▼
[リヒト]
ありがとう!

僕はどうすれば良いの?▼
[ヘンリー]
はい、僕と両手を合わせて~。▼
[リヒト]
うん!▼
[ヘンリー]
そのままじっとしててね~。

下手に動くと死んじゃうかもしれないから。▼
[リヒト]
わ…わかった。▼
[ヘンリー]
それじゃ、いくよ~。

え~い!▼
[リヒト]
うわっ…変な感じ…

なんかこう重苦しいっていうか、▼

気分が落ち込んでくる感じが

するんだけど…これ大丈夫なの?▼
[ヘンリー]
うん、最初は誰でもそんな感じだよ~。

慣れると普通になるから少し我慢してね~。▼

それじゃあ

まだまだいくよ~?▼
[リヒト]
…あっ!? い、痛い…!

なんか急に体が痛くなってきた…!▼
[ヘンリー]
えっ、痛い?▼
[リヒト]
うん…全身が軋む感じで痛い…!

こ、これも我慢してたら普通になるの?▼
[ヘンリー]
ん~…おかしいなぁ。

最初は気分が落ち込むことがあっても、▼

体が痛むようなことは

ないはずなのに~…▼

…っ!!! うわぁっ!?▼
[リヒト]
えっ…ど、どうしたの?

急に手を離したりして…▼
[ヘンリー]
魔法が反発して

引き離されちゃったみたい~。▼

どうやらリヒトは、闇魔法と

あまり相性が良くないみたいだね~。▼
[リヒト]
えぇっ!

そ、そうなんだ…▼
[ヘンリー]
さっき体が痛んだのは

きっとそのせいだよ~。▼

残念だけど、闇魔法は

諦めたほうが良いかもね~。▼
[リヒト]
そっかぁ…でも、

そういうことなら仕方ないよね…▼

やっぱり僕には基本の魔法が

向いてるってことなんだよ。▼
[ヘンリー]
ごめんね~、

リヒトが闇魔法を使えるようになったら▼

大人っぽくなったって

自信がついて、▼

自分の見た目を気にするようなことも

無くなると思ったんだけど~。▼
[リヒト]
えっ? ヘンリーさんが

僕に闇魔法を勧めたのって、▼

もしかして

僕の悩みを解消するため…?▼
[ヘンリー]
そうだよ~。でも僕の力じゃ

役に立てなかったみたい~。▼

あはは~。大人っぽいリヒト、

ちょっと見てみたかったんだけどな~。▼
[リヒト]
………

ヘンリーさん…▼

ありがとう、その気持ちすごく嬉しいよ!

僕、もうちょっと頑張ってみる!▼

今は無理でも、いつか闇魔法を

使えるようになるかもしれないし!▼
[ヘンリー]
そうだね~、もう少し大きくなったら

使えるようになるかもしれないね~。▼
[リヒト]
んもぅ、言ってるそばから

子供扱いしないでよー!▼
[ヘンリー]
あはは、ごめんごめん。

じゃあまた時間をおいて試してみよう~?▼

僕も闇魔法を使う仲間が

増えたら嬉しいし~。▼
[リヒト]
うん、僕頑張るよ!

ありがとう、ヘンリーさん!▼

ガイア&リベラ

会話1

[リベラ]
神よ…▼
[ガイア]
リベラ、ここでも祈ってるのか?

相変わらず信心深いことだ。▼
[リベラ]
ガイアさんも

ご一緒にどうですか?▼
[ガイア]
俺は信者じゃない。それに…

今はあまりそういう気分になれないんだ。▼
[リベラ]
そうですか…ですが、祈ればきっと、

神は私たちの罪を許してくださいますよ。▼
[ガイア]
だが、どんなに祈ったところで、

俺のした過去の悪行は消えやしないだろ。▼
[リベラ]
そう仰るということは…

過去の行いを気にされているのですね?▼
[ガイア]
……▼
[リベラ]
少なくとも、祈ることで

心の負担は軽くなりますよ。▼
[ガイア]
…なら、

やっぱり少し祈ってみるか。▼
[リベラ]
えぇ、是非。▼
[ガイア]
…………▼

……?

…何だ、嬉しそうに俺を見て。▼
[リベラ]
いえ…ただ、あなたの姿が

とても眩しく映ったのです。▼
[ガイア]
俺がか?

冗談はよしてくれ。▼
[リベラ]
冗談ではありません。▼

あなたは今、過去の行いを悔い改め、

平和のための戦いに身を投じています。▼

そんなガイアさんの姿が美しく

見えるのは、至極当然のことでしょう?▼
[ガイア]
あのなぁ、それじゃまるで、

悪人が改心する姿が好きだと聞こえるぞ?▼
[リベラ]
いえ…ガイアさんを

糾弾しているわけではないのですが…▼
[ガイア]
いや、

そりゃあわかっちゃいるが…▼
[リベラ]
過ちを悔い、正しくあろうとするその姿こそ、

人間らしく尊いものに思えるのです…▼
[ガイア]
どちらにしろ俺はそんなに褒め称えられるほど

過去の自分を悔やんだりはしてないぞ?▼
[リベラ]
え…えぇっ!?▼

会話2

[リベラ]
ガイアさん…あなたは、過去の自分を

反省してはいないと仰るのですか?▼
[ガイア]
あぁ。だって俺、今も普通に扉を開けたり

宝箱を開けたりしてるだろ?▼

昔とやってることは

ほとんど変わらないぞ。▼
[リベラ]
それは、確かにそうですが…▼
[ガイア]
それだけじゃない。敵陣に忍び込んで

偵察、妨害、破壊、暗殺…▼

誉められない真似を

いくらでもやってる。▼
[リベラ]
何故、そのような行いを…?▼
[ガイア]
何故って…仲間の犠牲を一人でも少なく

戦いに勝つためだ。▼

たとえ汚い手だと罵られようと、

仲間が死ぬよりはずっと良い。そうだろ?▼
[リベラ]
それは、その通りです。

しかし…▼
[ガイア]
それでも、

悪いことには違いないってか?▼

…仕方ないだろ。

誰かがやらなくちゃいけないことなんだ。▼
[リベラ]
ガイアさん…

誤解なさっては困ります。▼

あなたの行いを

責めているわけではありません。▼

私が言いたいのは、

そんなことではないのです。▼
[ガイア]
じゃあ…何だ?▼
[リベラ]
あなたの言うとおり…あなたの行いは

人に褒めてもらえるものではありません。▼

それどころか、仲間たちから誤解され、

忌み嫌われてしまうかもしれない…▼

とても危険で、そして

報われることのない行為です。▼

それなのに、何故あなたは自ら進んで

そのような行為をされるのでしょう?▼
[ガイア]
…きれいごとだけじゃ、

世界は救えないからな。▼

だったら、汚れ仕事を背負うのは

俺だけで充分だ。▼

お前たちは、きれいなまんまで

世界を救えばいい。それだけだ。▼
[リベラ]
ガイアさん…▼
[ガイア]
適材適所ってやつだな。

これからも、汚れ仕事は俺に任せておけ。▼

(ガイア去る)
[リベラ]
…▼

ガイアさん…やはりあなたは、

清廉かつ気高い意思を持つお人です。▼

神よ…

彼を見守りたまえ…▼

ウード&アズール

会話1

[ウード]
おい…ちょっと訊いていいか。▼
[アズール]
ん? なに? ウードがそんな

真剣な顔してるなんて珍しいね。▼

ダメだよ、そんな怖い顔しちゃ。

避難中の女の子たちが怖がっちゃうよ?▼
[ウード]
茶化すなよ…

俺は真剣に訊きたいことがあるんだ。▼
[アズール]
ご、ごめん…

訊きたいことってなに?▼
[ウード]
…お前、

この世界に来てから何人殺めた?▼
[アズール]
…!! 何を言うかと思えば、

突然とんでもない事訊いてくるね…▼

いつもの妙なごっこ遊びのつもりなら

ちょっとやり過ぎだよ、ウード。▼
[ウード]
ごっこ遊びでこんな質問するかよ。▼
[アズール]
…………▼

…そんなの、もう数えてないよ。▼
[ウード]
お前もか…俺もだ。▼
[アズール]
どうして急にそんなこと…▼
[ウード]
この街の煌びやかさを見てたらさ、

なんでかな…▼

初めて人を殺したときを、

不意に思い出したんだ。▼
[アズール]
なるほどね…

それは僕もわかる気がするよ。▼

未来では、こんなに賑やかな街並みは

なかったけど、代わりに、▼

戦う相手は屍兵達だけで良かったからね。

でも、こっちの世界はそうじゃない。▼
[ウード]
あぁ。こっちの敵は

屍兵だけとは限らない。▼

俺たちが生きている人間を殺したのは…

過去に来てからが初めてだったな。▼
[アズール]
そう…だね。

こっちに来てみんなに再会する前、▼

たった一人きりで、

屍兵以外も倒さなきゃいけなくて…▼
[ウード]
辛かったよな…▼
[アズール]
うん。初めて人を殺したときは…

さすがに、堪えたなぁ…▼

手が震えて、涙が止まんなくて、

夜なんか全然眠れなかったし…▼
[ウード]
…あぁ。俺も、

似たようなものだった。▼

未来にいた頃、人の命は

絶対に守るべきものだったのに、▼

過去に来た途端、いきなりそれを

奪う側に回らないといけなくなったんだ。▼

すぐに切り替えることなんて

できるわけないよな…▼
[アズール]
…ウードはさ、

どっちの世界のほうが辛いと思う?▼
[ウード]
未来の世界のほうが

凄惨だったのは事実だよな。▼

屍兵に人々が殺されていく場面を

何度も目の当たりにするんだ。▼
[アズール]
父さんや母さんも、

死んでしまったしね。▼

…でも、この世界だって

辛い現実がたくさんある。▼

僕たちは、それらを受け入れつつ、

打開していかなければならないんだよね。▼
[ウード]
…ああ、そうだな。▼

会話2

[ウード]
さっきの話の続きだけどさ。▼

俺たちは結局、

どうしていけばいいんだろうな。▼
[アズール]
ギムレーを倒して、

絶望の未来を回避する。▼

僕たちが目指すところは、

そこしかないんじゃない?▼
[ウード]
それはわかってるけど…

なんか、変な感じがするんだよ。▼

未来では、俺たちは屍兵やギムレーと

戦っていれば良かった。▼

…でも、過去に飛ぶと、未来のために

人間まで殺めなくてはいけなくなって…▼
[アズール]
本当の敵がなんなのか、

わからなくなってる…とか?▼
[ウード]
…………▼
[アズール]
しっかりしなよ、ウード。▼

僕たちの敵は平和な未来の

邪魔をする者…全員だろ?▼

屍兵も、ギムレーも、人だって…

僕たちの前に立ちはだかる者は▼

みんな…敵なんだよ。▼
[ウード]
そう考えるしか…

ないんだろうな。▼

はぁ…俺たちに課せられた運命ってやつは、

考えれば考えるほど荷が重いな。▼
[アズール]
…でも、僕はきっと運命を

変えられるって信じてるよ。▼
[ウード]
あぁ、俺も信じてる。▼
[アズール]
…そっか、それじゃ迷うことなんてない。

僕たちの正義は目の前の敵を倒すこと。▼

例えそれで誰かが悲しむことになっても、

世界を救うためには仕方ない。▼

そう考えないと、やってられない。

…そうだろ?▼
[ウード]
そうだな…その通りだ。

迷ったりしたら、こっちがやられる。▼

俺たちの世界を捨ててまで

こっちに来た意味も無くなる。▼

…辛いのは、

みんな一緒なんだよな。▼
[アズール]
そうだね。みんな一緒だよ。

僕たちはみんな…大切な人を失ってる。▼

どれだけ気丈に振舞ってても、

些細なことで辛い事を思い出すんだ。▼

そう、今日のウードみたいにね?▼
[ウード]
あ、あれは少しの気の迷いだ。

邪悪な精霊が俺の心の弱みに…▼
[アズール]
お、やっといつものウードに戻ったね。

いつも通りの、わけわかんないウード。▼
[ウード]
わけわかんないとは何だ!

俺は選ばれし光の戦士なんだからな!▼
[アズール]
はいはい。じゃあウードが元に

戻ったところで、この話はおしまい。▼

これが終わったら楽しいお祭りなんだからさ、

ほら、ちょっとは笑ってよ。▼
[ウード]
ふっ、お前がそこまで言うのなら

そうしてやってもいい…▼
[アズール]
あはは、

ありがとうございます、光の戦士様。▼
[ウード]
…なぁ、アズール。▼
[アズール]
ん? なに?▼
[ウード]
今日は妙な事訊いたり

弱音吐いたりして、悪かった。▼

今日の礼ってわけじゃないけど…

お前が辛い時は、俺が支えてやるから。▼

何かあったりしたら、言えよな。▼
[アズール]
えっ!? う、嬉しいけど…

ウードにそんな大役務まるのかなぁ?▼
[ウード]
な、なんだと!?

俺だってなぁ…!▼
[アズール]
ごめんごめん、冗談だよ。▼

…君がちゃんと話を聞いてくれる人だって

言うのはわかってる。▼

もし何かあった時は君に言うから、

その時はよろしくね。▼

頼りにしてるよ、ウード。▼

ウード&ブレディ

会話1

[ウード]
お、いいところにブレディじゃねーか。

ちょっとこっち来いよ。▼
[ブレディ]
あん…? 何だよ。▼
[ウード]
祭りといえば、音楽隊だろ?▼
[ブレディ]
あ、あぁ…まぁ…そうだな。▼
[ウード]
ふっ…俺にはわかるぞ。▼

貴様こそが、大地に見そめられし

楽団の使い手…!▼
[ブレディ]
はぁ!?▼
[ウード]
今こそ、

貴様の進化を見せるときだ…!▼

…その神秘なる竜の髭にて…

永遠の幸福を奏でるがいい。▼
[ブレディ]
永遠の幸福だぁ?

何言ってっか、わかんねーよ。▼
[ウード]
…哀れな…やはり俺の魂の呼び声は

貴様には届かないという事か…▼

奏でる、と言えば貴様には

ひとつしかないだろう…▼
[ブレディ]
……つまりこうか?▼

祭りなんだから、バイオリンで

豊穣の曲でも弾けってことだな?▼
[ウード]
ふっ…貴様もまだ

捨てたものではないな。▼

さぁその神秘なる竜の髭にて…!▼
[ブレディ]
あのなぁ…竜の髭って何だよ。▼

バイオリンの弦の原料は羊の腸で、

弓のほうは馬の毛だからな。▼

竜の髭なんて使ってねぇよ。▼
[ウード]
ったく…ノリが悪いなぁ。

こういうのは雰囲気が大事なんだぞ。▼
[ブレディ]
へいへい。

用がそんだけなら、もう行くぞ。▼
[ウード]
あっ…ちょい待てって!

バイオリン、弾いてくれよ!▼
[ブレディ]
最近、全然弾けてねぇんだよ。

腕がなまってるから、嫌だ。▼
[ウード]
でも、祭りに音楽は

欠かせないだろ?▼
[ブレディ]
今は戦いの最中だろーがよ!▼
[ウード]
そんなこと言わずにさぁ、

た~の~む~よ~!!▼
[ブレディ]
うわっ…わ、わかった!

わかったから、引っ付くな!!▼
[ウード]
おっ、弾いてくれんのか!▼
[ブレディ]
ったく、仕方ねぇな。

よーく耳の穴かっぽじって聞いとけよ!▼

会話2

[ウード]
ふっ…なんという美しい響き…!

心が洗われる哀愁の旋律、見事だったぞ。▼
[ブレディ]
お、おう。▼
[ウード]
貴様はその身に、音楽の女神の魂を

宿しているのかもしれんな…▼
[ブレディ]
よ、よせよ。

照れるじゃねぇか。▼
[ウード]
ふっ、謙遜するな。

この俺が手放しで褒めているんだ…▼

誇りという名の魂の勲章を、その心に

焼き付けたと言っても過言ではないだろう。▼
[ブレディ]
わけわかんねぇが…▼

お前のそのしゃべり方で、初めて少し

良い気分になったかもしんねぇぜ…▼
[ウード]
しっかし、ブレディは本当に

楽器を弾くのが上手いなぁ〜。▼
[ブレディ]
…お前、普通に戻ると途端に

語彙が乏しくなるな…▼
[ウード]
お前、軍に所属しないで、音楽隊にでも

入った方がいいんじゃないか?▼
[ブレディ]
それじゃ、戦えねぇだろ。▼
[ウード]
でも、音楽隊のほうが

ブレディには合ってるだろ。▼

それに、そっちのほうが安全だし、

金だって稼げると思うけど。▼
[ブレディ]
うるせーな、

俺はここにいたいんだよ!▼
[ウード]
もったいないな…▼
[ブレディ]
…俺だって、好きで戦いが

苦手なわけじゃねぇよ。▼
[ウード]
そういう意味じゃなくて、

単純にさぁ、▼

音楽隊に入れば、お前の腕なら

超一流になるのになって思ってさ。▼
[ブレディ]
いいんだよ、今は。

戦いのほうが大事だ。▼
[ウード]
まぁ、得意なことが多いのは

いいことだよな。▼

平和になったときに食い扶持が

あるわけだし。▼
[ブレディ]
そういうウードは、平和になったら

どうするんだ?▼
[ウード]
え…俺?

う…う、う〜ん…▼

おわっ…

困った…何も浮かばないぞ…?▼
[ブレディ]
んじゃ、

詩でも書けばいいんじゃね?▼

いつも変な言葉遣いしてるんだから、

結構いけると思うけどな。▼

その技術を活かして俺の曲に

詩をつけてくれりゃこっちも助かるぜ。▼
[ウード]
詩…詩か…

あぁ、なるほど! 詩か…うん!▼

悪くない!▼

詩人ウード…うん、いいかもな!

よし、ちょっと考えとくぜ!▼
[ブレディ]
へぇ…

乗ってくるとは意外だぜ。▼
[ウード]
ふっ…我は堕天使の

言葉を紡ぐ者…!▼

我の紡ぐ幽玄なる億千の言の葉を

貴様らの元へ届けてくれよう…!▼
[ブレディ]
な、なんか、ノリノリだったな…

まぁ、いいか…▼

ウード&マーク男

会話1

[マーク]
…………▼
[ウード]
!? お、おい、マーク!

なんで倒れてんだ! 大丈夫か!?▼
[マーク]
う…う〜ん…▼

あ…痛っ!▼
[ウード]
どうした? 頭を押さえて?

まさか敵にやられたのか!?▼
[マーク]
えぇと…それが、この街を…

お祭りの街並みを見ていたら、▼

何かを思い出しかけたんです。▼
[ウード]
何かって…まさか…!

失われたお前の記憶か…!?▼
[マーク]
でも、思い出しかけた途端に、

急に頭が痛くなってしまいまして。▼

それで意識が朦朧として

倒れてしまったみたいです。▼

心配をかけてしまったみたいで、

すみません…▼
[ウード]
つまり、記憶を取り戻しかけたら

気を失ったと…そういうことか…?▼
[マーク]
は、はい…おそらくは…▼
[ウード]
ここに、一つの仮説が成り立つ。▼
[マーク]
えっ?▼
[ウード]
ふっ…マークよ。▼

…貴様の記憶には、何か呪術的な

拘束がかけられているのではないか?▼
[マーク]
ど、どういう意味ですか?▼
[ウード]
貴様には、記憶が戻りかけると

気を失うような呪いがかけられていて、▼

記憶の復活が

意図的に封じられている!▼
[マーク]
ええっ!

そ、そんなまさか…!▼
[ウード]
…これはまだ仮説に過ぎんがな…▼
[マーク]
そうですか…▼

普段ならウードさんの妄想と

疑ってしまうところですが、▼

今回ばかりは納得してしまいそうです…

でも一体、誰がそんなことを…?▼
[ウード]
…ふむ。

少し考えてみる必要がありそうだな。▼

会話2

[ウード]
おい、どうだ? マーク。▼

思い出しかけた記憶の

内容はわかったか?▼
[マーク]
それがさっぱり…▼
[ウード]
やっぱり頭痛が邪魔をするのか?▼
[マーク]
はい…どうしてなんでしょう。▼
[ウード]
…やはり貴様には何らかの

呪術が施されているということだな。▼
[マーク]
どうして僕の記憶に呪術なんて…▼
[ウード]
恐らくは、邪教の暗黒司祭によるもの…

貴様も面倒な奴に目を付けられたようだな。▼
[マーク]
邪教の暗黒司祭…ですか。▼
[ウード]
ああ…そしてその

失われし記憶の中には、▼

世界を揺るがすであろう

凄まじい秘密が眠っているに違いない。▼
[マーク]
えっ? 僕の頭の中に、

そんな秘密が!?▼
[ウード]
マーク…!

暗黒司祭の呪いになど屈するな。▼

貴様に与えられし類稀な血脈の力を持って、

邪なる楔を解き放つのだ…!▼
[マーク]
う、うぅ…!

よし…思い出せ、僕…!▼

この楔を…解き放って…

う…うっ…くぅ……▼

うあああああっ!!!▼

…はっ!▼
[ウード]
マーク?

何か思い出したのか!?▼
[マーク]
はい! そういえば、今朝

寝違えたことを思い出しました!▼

頭が痛かったのは、

それが原因だったんですね!▼
[ウード]
ん…?▼

じゃあ、この街並みを見て

思いだしかけた記憶って…!?▼
[マーク]
あ、そうそう。昨日、母さんからイーリスの

歴史をつづった書物を借りたんです。▼

その中にお祭りの様子が描かれていて、

それによく似ていました!▼
[ウード]
な、なにぃ…!? そ、それじゃあ…

まったく話が広がらねぇじゃんかよ…▼
[マーク]
ああ〜良かった〜!

思い出せてすっきりしました〜!▼
[ウード]
はぁ…もうどうでもいいや…

暗黒司祭との対決は持ち越しだな…▼
[マーク]
あはは、そうですね…!

いつか必ず二人で倒しましょうね!▼

アズール&ブレディ

会話1

[ブレディ]
お、アズールじゃねぇか。▼
[アズール]
…………▼
[ブレディ]
おい、アズール?

聞こえてねぇのか?▼
[アズール]
…………▼
[ブレディ]
アズール! おいって!

無視すんなっつーの!!▼
[アズール]
はっ…な、なんだ、ブレディじゃないか。

びっくりした…▼

急にそんな大声出したりして、

どうしたの?▼
[ブレディ]
急じゃねぇよ!

何度も声かけたろーが。▼
[アズール]
あれっ、そうだった?
あはは…それは悪かったね。▼
[ブレディ]
ったく…何ぼーっとしてんだよ。▼
[アズール]
えっと…

いや、何でもないよ。▼
[ブレディ]
…当ててやろうか?▼

お前今、この祭り会場の広場で

踊ってる自分を想像してたんじゃねぇの?▼
[アズール]
……!!

ま、まさか! や、やだなぁ…▼
[ブレディ]
図星だろ。目が泳ぎまくってる。

お前、嘘つくの下手だなぁ。▼
[アズール]
う、嘘じゃないって。

僕がそんな事考えるわけないじゃないか!▼

今は戦闘中だよ? 僕の頭の中は

そりゃーもう屍兵のことでいっぱいさ!▼
[ブレディ]
何だよ、屍兵で頭がいっぱいって。

それはそれで相当ヤバいぞ。▼
[アズール]
そ、そうそう、

ちょっとヤバいんだよ。▼

早くこいつら倒さなきゃって思うと

気分が焦っちゃってさ。▼

だから、お祭り会場を見てたら新しい

振り付けが思い浮かびそうだなーとか、▼

お祭りが開催されたら

踊りで町の人たちを笑顔にしたいなーとか、▼

祭りの光景を目に焼き付けておいて

踊りの練習に生かしたいなーとか、▼

ぜんぜん全く微塵も

思ったりしてないんだからね!▼
[ブレディ]
…………

どんどん墓穴掘ってるぞ、お前。▼

もし気づいてないとしたら、

清々しいほどのバカだな。▼
[アズール]
うっ…▼
[ブレディ]
ま、そんな事だろうと思ったけどよ。

お前の夢は昔から散々聞いてたんだ。▼

そんな遠い目をしてりゃ、

すぐにわかる。▼
[アズール]
はは…参ったなぁ…▼
[ブレディ]
…………▼

会話2

[アズール]
…………▼
[ブレディ]
アズール、また踊ってる自分を

想像してたのか?▼
[アズール]
あぁ、ブレディ。

また見られちゃったね。▼

…さすがにちょっと恥ずかしいな。▼
[ブレディ]
別に恥ずかしくねぇだろ。

お前の夢なんだからよ。▼
[アズール]
な、なんだよ急に…

真面目に返されると調子狂うよ。▼

…あ、わかった。▼

もしかして、君もこの広場で

演奏してみたいって思ってたりするの?▼
[ブレディ]
半分…正解だな。▼
[アズール]
半分?▼
[ブレディ]
お前…昔の約束…覚えてるか?▼
[アズール]
約束…僕、ブレディと

何か約束したの?▼
[ブレディ]
あぁ…さっきお前が踊りで町の人を

笑顔にしたいって言った時、思い出したんだ。▼

小せぇ頃の約束だから

お前も忘れてるかもしれねぇけど…▼
[アズール]
どんな約束?▼
[ブレディ]
…俺たちの母さんの約束を

代わりに果たそうっていうやつだ。▼
[アズール]
……!!▼
[ブレディ]
俺は楽器を演奏し、

お前はそれに合わせて踊る。▼
[アズール]
…そして色んな町の祭りや式典で、

たくさんの人々に演奏と踊りを披露する。▼

戦争で辛い目に遭った人たちを、

一人でも多く笑顔にして回る…▼
[ブレディ]
そうだ! なんだよ、

ちゃんと覚えてるじゃねぇか。▼
[アズール]
うん…自分たちにできることで

多くの人を癒し、元気づける。▼

これは僕たちの母さんが

絶望の未来で約束したこと…▼
[ブレディ]
だが、母さんたちはその夢を

実現させることなく死んじまった…▼

だからせめて俺たちが代わりに

その夢を叶えようって約束したろ?▼
[アズール]
…うん。そうだった。

どうして今まで忘れてたのかな…▼
[ブレディ]
俺たちには、色々あり過ぎたんだよ。▼

夢のことなんて考える暇もないぐらい、

あの世界は厳しかったからな…▼
[アズール]
それでも…こんな大切な事まで

思い出せなくなってたなんて…僕は…▼

…っ、ごめん、ごめんね…

母さん…マリアベルさん…▼
[ブレディ]
うっ…ぐすっ…泣くなよお前…

男のくせにみっともねぇぞ?▼
[アズール]
うぅ…君だってそんな怖い顔して

泣かないでよ…▼
[ブレディ]
くそ…怖い顔は余計だ▼

というかなんで戦場で野郎同士

向かい合って泣いてんだ…▼
[アズール]
知らないよ…おかげで

とんだ地獄絵図の出来上がりだよ…▼

…………▼

…ねぇ。ブレディ、君はまだ

この約束を果たそうって思ってる?▼
[ブレディ]
!! 当たり前じゃねぇか。

思い出したからには、もう一度頑張るつもりだ。▼

…でなきゃ、こうやって

お前に話したりしねぇよ。▼
[アズール]
そっか。じゃあ僕も、もう一度

この約束を果たすために頑張るよ。▼
[ブレディ]
じゃあその夢を果たすためにも、

ちゃっちゃとこの場を片付けねぇとな。▼

…もう泣くのはやめだ。▼

行くぜ、アズール。▼
[アズール]
わかったよ、ブレディ。▼

アズール&ジェローム

会話1

[アズール]
ねぇジェローム、噴水があるよ。

この町、すごく綺麗だね。▼
[ジェローム]
…………▼
[アズール]
あ、あっちは雑貨の屋台もあるよ。

あの人形、可愛いなー。▼
[ジェローム]
…おい、今は戦闘中だぞ。

どうでもいい用件で声をかけるな。▼
[アズール]
はいはい、

すみませんでした…▼

いつも仏頂面のジェロームを

笑顔にする作戦は、▼

残念ながら開始直後に

失敗しました、っと。▼
[ジェローム]
下らない作戦を考える暇があれば

敵の一人でも倒してこい。▼
[アズール]
戦いが終わったら楽しいお祭りだってのに、

相変わらずクールなことで…▼

君は格好だけ見たら

仮面舞踏会みたいで楽しげなのにね?▼

ちょっとこれ僕にも貸してよ。▼
[ジェローム]
!!

こら、勝手に仮面を外すな!▼
[アズール]
あはは、

いいじゃんちょっとぐらい…▼

って、あれ?

なんか目の下のクマひどいよ?▼
[ジェローム]
余計なお世話だ!

いいからもう返せ!▼
[アズール]
あっ、クマ隠しちゃった。▼

ジェローム…もしかして寝不足なの?

駄目だよ、あんまり夜更かししちゃ。▼
[ジェローム]
…ふん。

それはお前も同じだろう。▼
[アズール]
ん? どういうこと?▼
[ジェローム]
お前も、あんな夜中に出歩いては

翌日に支障が出るぞと言っている。▼
[アズール]
な、なんのこと…?

僕、夜はいつも天幕にいるけど…?▼
[ジェローム]
嘘をつけ。昨日は野営地から離れた

泉のほとりにいただろう。▼
[アズール]
なんでそのことを知って…?

ジェローム、も、もしかして…▼
[ジェローム]
あぁ。昨日の夜、

お前が踊っているのを見た。▼
[アズール]
えぇーーー!?

は、恥ずかしいよ…!!▼

ていうか、いたなら声かけてよ!

黙って見てるなんて趣味悪いなぁ!▼
[ジェローム]
それはすまなかったな。▼
[アズール]
…さては声をかける価値も

無いほど下手くそだって思ったんだ?▼

そうだよ…そうじゃなかったら

普通は声かけるよね…▼
[ジェローム]
…おい。

私はそんなこと一言も…▼
[アズール]
だって昨日はいっぱい失敗したし…

振り付けだって未完成だったし…▼

きっと全然ダメだって

思われたに決まってるんだ…!▼

もう、ジェロームの馬鹿!

なんでよりによってあんな踊りを…!▼

《飛竜の鳴き声》

[ジェローム]
…おい、ミネルヴァ!?▼
[アズール]
え、どうしちゃったの!?

なんかすごく怒ってるような…!▼
[ジェローム]
ミネルヴァ、落ち着け!

お前の言いたいことはわかるが、▼

噛み付くのはさすがにまずい!▼
[アズール]
か、噛み付くって僕に!?

ちょっと待ってミネルヴァ!▼

う、うわあああっ!▼
[ジェローム]
待て、ミネルヴァ!▼

会話2

[ジェローム]
……さっきはすまなかった。▼
[アズール]
ううん、僕のほうこそごめんね。

色々君にひどいこと言っちゃったし…▼

ご主人を馬鹿にされたら、

そりやミネルヴァも怒って噛みつくよ。▼
[ジェローム]
…………▼
[アズール]
ジェローム?▼
[ジェローム]
…とにかく、相棒の失態は

私が責任を取るべきだ。▼

手当てをしてやるから、

腕を出せ。▼
[アズール]
えっ…やだ、恥ずかしいよ。▼
[ジェローム]
おい、気色の悪いことを言うな!

さっさとしろ、敵が来るぞ!▼
[アズール]
うぅ…わかったよ。

じゃあ…お願いします。▼
[ジェローム]
…………▼

思ったより浅い傷だな。▼

この程度ならすぐに治るだろう。

念のため消毒をしておくぞ。▼
[アズール]
!!

い、いたたた…!▼
[ジェローム]
我慢しろ、すぐに終わる。▼
[アズール]
わかってる…けど、

痛いものは痛いんだよ…!▼
[ジェローム]
こら、あまり動くな!

手当てがしにくい!▼
[アズール]
ご、ごめん…!
でも、そんな風にされると…っ!▼

ジェ、ジェローム、お願いだから

もうちょっと優しくして…!▼
[ジェローム]
!? なっ…!?

いきなり何を言い出すんだ!▼
[アズール]
だ、だって…ジェロームが

あんまり痛くするから…!▼
[ジェローム]
そういう物言いするな!

あらぬ誤解をされるだろう!▼
[アズール]
あらぬ誤解って…?▼
[ジェローム]
知らん!

ほら、もう終わったぞ!▼
[アズール]
あ、ありがと。▼

へぇ、消毒は雑だったけど

包帯巻くのは上手いんだねー。▼
[ジェローム]
消毒が雑というのは余計だ。▼
[アズール]
あはは、ごめんごめん。

ありがとね、ジェローム。▼

そうだ、ここの戦いが終わったら

ミネルヴァにちゃんと謝っていい?▼

ご主人のこと悪く言って、

怒らせちゃってごめんねって。▼
[ジェローム]
…いや、あいつは主人を馬鹿にされて

腹を立てたのではない。▼
[アズール]
そうなの? じゃあどうして…▼
[ジェローム]
ミネルヴァが怒ったのは、

お前が自分の踊りを卑下したからだ。▼

あいつは…お前の踊りを

すっかり気に入っていたからな。▼

自分の好きなものを

悪く言われるのが嫌だったのだろう。▼
[アズール]
えっ!? う、うそ…!▼
[ジェローム]
こんなことで

嘘をついてどうする。▼
[アズール]
そ、そう…だよね。でも、

怒った理由…そっちだったんだ。▼
[ジェローム]
あぁ。だから私は昨日

お前を見かけても声をかけなかった。▼

お前のことだから、私がいるとわかったら

踊りをやめてしまうだろう?▼

そうしたら…

ミネルヴァは残念がるからな。▼
[アズール]
そっか…▼

恥ずかしいけど、ミネルヴァが

踊りを気に入ってくれたなんて嬉しいな。▼

えっと…良かったらまた

見においでって言っておいてよ。▼

僕、今日のお詫びも兼ねて

頑張って踊るからさ。▼
[ジェローム]
…そうだな。寝付けない時の

暇つぶしにはなるかもしれん。▼
[アズール]
はは…

暇つぶしだなんてひどいなー…▼

…って、まさか

ジェロームも来る気なの!?▼
[ジェローム]
夜中にミネルヴァひとりで

出歩かせたら危ないだろう。▼
[アズール]
ま、まぁ…ある意味ね。▼

でも、そうか…

ジェロームも来るのか…▼
[ジェローム]
何だ、ミネルヴァは良くて

私は駄目なのか?▼

まさかお前、ミネルヴァが

可愛いからといって良からぬことを…!▼
[アズール]
違う違う違う!

僕ってどれだけ節操無いんだよ!▼

ただ、ジェロームは僕の踊りなんて見ても

あんまり楽しくないんじゃないかと思って。▼

ミネルヴァの付き添いで渋々

見ることになるんなら悪いし…▼
[ジェローム]
…そんなことはない。▼
[アズール]
え?▼
[ジェローム]
…私も、お前の踊りは

悪くないと思った。▼

お前さえいいなら、

もう一度…見たいと思っている。▼
[アズール]
………!!▼

ジェローム…▼
[ジェローム]
…少し話しすぎた。

もう持ち場に戻るぞ。▼
[アズール]
…ふふ。

ありがと、ジェローム。▼

おかげでちょっとだけ

自信がついたよ。▼

…僕、待ってるからね。

君とミネルヴァが見に来てくれるの。▼

ブレディ&シャンブレー

会話1

[シャンブレー]
ぜ、絶滅するーー!!▼
[ブレディ]
うわっ!?

なんだ、いきなり叫びやがって。▼
[シャンブレー]
こ、こんなことって…!

大変だよ、絶滅しちゃうよーー!!▼
[ブレディ]
るっせーな!

お前声がデカすぎんだよ!▼
[シャンブレー]
だって、お祭りがあるって聞いて

楽しみにしてたのに、▼

そこらじゅう敵だらけじゃないか!▼
[ブレディ]
こんなの、いつものことだろ?

何で取り乱してんだよ。▼
[シャンブレー]
これが落ち着いていられるか!▼

お祭りなら平和に決まってると

思ってたのにーーーー!!▼
[ブレディ]
だから、るっせーっての!

敵なら倒せばいいだろーが!▼
[シャンブレー]
いやだよ! 俺はお祭りに来たんだよ、

戦いに来たわけじゃない!▼
[ブレディ]
祭りなら、

敵を倒せば再開されんだろ?▼

こんなところで叫んでねぇで、

とっとと戦いに行けよ!▼
[シャンブレー]
う~ううう…う、うるさいっ!▼
[ブレディ]
あぁん?

うるさいのはお前だろ?▼
[シャンブレー]
平和なところを期待していた俺の、

砕かれたこの気持ちが! 悔しさが!▼

ブレディなんかに、

理解できるもんかー!▼
[ブレディ]
あぁ!?

ちょ、シャンブレー…!▼

…行っちまったな。

なんだぁ、あいつ?▼

泣いてたように見えたけど。

そんなに悔しかったのか…?▼

会話2

[シャンブレー]
う…うぅ…っ。▼
[ブレディ]
おい、シャンブレー。

お前何をそんなに悔しがって…え?▼

やっぱお前、泣いてんのか?▼
[シャンブレー]
な、泣いてなんかないやい!▼
[ブレディ]
嘘つけ。涙どころか、

鼻水まで出てんじゃねぇか。▼
[シャンブレー]
こ…これは、風で目と鼻に

ゴミが入ったから…!▼
[ブレディ]
あー、はいはい。いいから、ほら。

このハンカチで涙拭けよ。▼
[シャンブレー]
うん…

…チーン!▼
[ブレディ]
あっ、てめぇ!

人のハンカチで鼻かみやがったな!?▼
[シャンブレー]
…おかげでスッキリしたよ。▼
[ブレディ]
チッ…ったく。

で? 何がそんなに悔しかったんだ?▼
[シャンブレー]
実は…

俺、お祭りにずっと憧れてたんだ。▼

俺たちがいた未来じゃ、そういう

賑やかなことってもう失われてただろ?▼
[ブレディ]
そういや、そうだったな。▼
[シャンブレー]
だから、俺にとってはお祭りって

世界が平和である証のようなものなんだ。▼

小さい頃からお祭りに憧れてたし、

ずっとずっと行ってみたいと思ってた。▼

だから、今日お祭りがあるって聞いた時は

…すごく心が躍ったよ。▼
[ブレディ]
だから、

祭りが中断されて悔しかったのか?▼
[シャンブレー]
あぁ。例え異界のお祭りでもさ、

やっぱり…憧れの場所だったから。▼
[ブレディ]
あのなぁ…そんなことで、この世の

終わりみたいな騒ぎ方してんじゃねぇよ。▼
[シャンブレー]
だ、だって、

俺には一大事だったんだよ!▼
[ブレディ]
祭りなんて、世界が

平和になればすぐに開催されるもんだろ。▼

だったら元の世界をとっとと平和に戻して、

祭りができるようにすればいいじゃねぇか。▼
[シャンブレー]
それはそうだけど…

そんなに簡単なことじゃないだろ…▼
[ブレディ]
簡単じゃねぇのはわかってるさ。▼

でも、敵を見て騒いでるだけじゃ

平和にはならねぇだろ。▼
[シャンブレー]
う…だ、だけど…▼
[ブレディ]
お前はこんな敵くらいで絶滅するほど

やわな男じゃねぇだろ!▼

この異界をさっさと平和にして

祭りを再開させたら、▼

次は元いた世界の番だ!

…だろ?▼
[シャンブレー]
ブレディ…!▼

うん、そうだよな!

俺、がんばってみるよ!▼
[ブレディ]
はは、その調子だ!

今日のお前なら絶対活躍できるぜ!▼
[シャンブレー]
よーし、いくぞー!▼

ジェローム&ロラン

会話1

[ジェローム]
ロラン…ちょっといいか。

話がある。▼
[ロラン]
ジェローム、どうしました?

何だか調子が悪そうですが。▼
[ジェローム]
ああ…

考え事をしていたら、頭痛がしてきてな。▼
[ロラン]
それは良くありませんね。

一体、何をそんなに考えていたのですか?▼
[ジェローム]
私たち、

未来から来た者たちのことだ。▼

私たちは…過去に来て

少し浮かれているのではないか?▼
[ロラン]
え…っ?▼
[ジェローム]
物見遊山…とまではいかないが、

少々旅行気分なのではないだろうか。▼

私達も含めもっと気を引き締めるべきだ…

と考えると頭痛が、な。▼
[ロラン]
ジェローム、あなたもやはり

そう思っていましたか。▼
[ジェローム]
…!

ロラン…では、お前も?▼
[ロラン]
えぇ…特にここ最近、皆さんが

浮き足だっているように見えます。▼
[ジェローム]
人々を守るためとはいえ、

こんな祭りの場に喜んで来ているのだから、▼

やはりそうなのだろうな…▼

だが、お前はどうやら違うようだ。

賛同者がいて嬉しいぞ。▼
[ロラン]
はい、それは僕も同じですよ。▼
[ジェローム]
我々の中で、お前は

心許せる者だと思っている。▼

頼りにしているから、

これからも協力してくれ。▼
[ロラン]
もちろんです、

ジェローム。▼

あなたにそこまで褒められるなんて、

僕は…嬉しいです。▼
[ジェローム]
そうか、
よろしく頼むぞ、ロラン。▼
[ロラン]
ええ、粉骨砕身のつもりで

がんばります…!▼
[ジェローム]
少々力が入りすぎているようだが、

大丈夫か…?▼

会話2

[ロラン]
ジェローム!▼
[ジェローム]
ロランか…どうした?▼
[ロラン]
これをどうぞ。

この辺りで取れた果物だそうです。▼
[ジェローム]
ほう、美味そうだな。▼
[ロラン]
先ほど、ここの異界の住人の方から

ゆずってもらったんです。▼

一緒に食べましょう?▼
[ジェローム]
あぁ…すまない。

ではいただくとしよう。▼
[ロラン]
たくさんあるので、

どんどん食べてくださいね。▼
[ジェローム]
確かに、結構量があるな。

今から他の奴らにも配るのか?▼
[ロラン]
いいえ、これはジェロームだけに

差し上げようと思って。▼
[ジェローム]
ん…?

どうして私だけに?▼
[ロラン]
それは…その、さっき

あなたと話していて…僕、▼

こうやってあなたともっと

絆を深め合っていければと思いまして。▼
[ジェローム]
そ、そうか…▼
[ロラン]
仲間とはいえ常に厳しさを持ち、

慣れ合いを良しとしないあなたなら、▼

もっと仲良くなれる気がするんです。▼
[ジェローム]
…しかし、

それはお前らしくないな。▼
[ロラン]
え、そうでしょうか…?

迷惑でしたか?▼
[ジェローム]
いや、そんなことはないが…▼

他の仲間たちとも

話したほうがいいとは思うぞ。▼

戦闘中は仲間の協力が

不可欠となる。▼

そのためには、普段からなるべく多くの

仲間たちと仲を深めておく必要が…▼
[ロラン]
…あれっ?▼
[ジェローム]
ん、何だか違和感が…▼
[ロラン]
なんだかジェローム、いつもと

言っていることが逆ですね…▼
[ジェローム]
そういえば、そうだな…

私も今気づいたぞ…▼

全く…

お前がおかしなことを言い出すからだ。▼
[ロラン]
あはは、すみません。▼

でも確かにジェロームの言う通り

他の仲間たちとの絆も大切ですね。▼

この果物はあとで他の皆さんにも

召し上がっていただくことにします。▼
[ジェローム]
あぁ、そうしたほうがいい。▼

だが真っ先に私のところに果物を

持ってきてくれたことは嬉しかった。▼

私もこうして色々と話し合える仲に

悪い気はしない。▼

これからも頼むぞ、ロラン。▼
[ロラン]
もちろんです、ジェローム。▼

マーク男&シャンブレー

会話1

[マーク]
これがお祭りですか〜!▼

あちこち飾り付けられていて、

とっても楽しそうですね!▼
[シャンブレー]
へ? マーク、

お祭りは初めてなのか?▼
[マーク]
どうなんでしょう…昔の記憶がないので、

正確にはわからないんですけど、▼

記憶喪失になった後の僕は

お祭りを見るのは初めてですよ?▼
[シャンブレー]
そうか、実は俺もそうなんだ。▼
[マーク]
なんだか、飾り付けを見ていると

ワクワクしてきますよね?▼
[シャンブレー]
おいおい、

一応今は戦闘中だぞ?▼

…って誰かに怒られそうだけど、

やっぱり顔は歪んじまうよな〜。▼
[マーク]
はい!▼

闘っている時ですら、

鼻歌交じりになっちゃいますね!▼
[シャンブレー]
えぇっ…!?

いや、さすがにそこまでは…▼

なんかお前って、良い意味で

マイペースというか…呑気だよな?▼

…そういうとこ、ちょっと、羨ましいな。

憧れるよ。▼
[マーク]
…へっ?

どういうことですか?▼
[シャンブレー]
お前の、そうやって

あっけらかんとしたところが。▼

俺にもあればいいなってさ…▼
[マーク]
あはは、今の褒め言葉ですよね?

ありがとうございます!▼
[シャンブレー]
もしもさ…お前が絶滅危惧種だったら、

そんなにのほほんとしてられるのか?▼
[マーク]
うーん、そうですねぇ。

今まで考えたこともなかったですが…▼

きっと、このままじゃないですかね?▼
[シャンブレー]
な…! な、なんでそう簡単に

言い切れるんだよ!?▼
[マーク]
理由ですか…う〜ん、

あるにはあるんですけど…▼

言葉にしにくいと言いますか…▼
[シャンブレー]
じゃあ思い浮かんだら教えてくれよな。

全く…変わった奴…▼

会話2

[シャンブレー]
マーク、

さっきの言葉は見つかったか?▼
[マーク]
あ、シャンブレーさん。▼

そうですね、なんとなくなら

説明できそうです。▼
[シャンブレー]
…本当か?▼

絶滅危惧種だったら、誰でも

俺みたいに慎重になると思うけどな。▼
[マーク]
でも、僕は記憶がないから

あんまりこだわりがないんですよ。▼

絶滅危惧種なんて言われても、▼

僕には最初から母さんしか

繋がりになるものがないし。▼
[シャンブレー]
それは…そうかもしれないけどさ。

お前、立派な軍師になりたいんだろ?▼

死んだら、その夢だって

叶わないんだぞ。▼
[マーク]
もちろん、母さんを超えるような

立派な軍師にはなりたいです。▼

それを考えると、確かに無理は

したくないとは思いますけど…▼

でも…それだけなんですよね。▼
[シャンブレー]
それだけ?▼
[マーク]
はい。

僕には守るものがないですから、▼

死にそうになっても

必死にはなれないんじゃないかって。▼
[シャンブレー]
なっ…そ、そんなこと言うなっ!!▼
[マーク]
えっ…シャンブレーさん?▼
[シャンブレー]
そんなこと言うなよ!

悲しいだろ!▼
[マーク]
悲しい…ですか?▼
[シャンブレー]
ああ、そうだ! 俺たちは仲間だろ?

もしマークが死んだら悲しいに決まってる!▼

お前は俺たちと別れることになっても

悲しくないって言うのかよ!?▼
[マーク]
…!

い…いえ、悲しいです。▼
[シャンブレー]
そうだろ? だったら、

こだわりがないとか言うなよ…▼

必死になれないなんて、

そんなこと言うな。▼
[マーク]
シャンブレーさん…!

ご、ごめんなさい…ありがとうございます。▼

そんな風に思ってくれていたなんて、

嬉しいです…僕。▼
[シャンブレー]
わ、わかってくれたんならいいんだ。▼
[マーク]
…僕、シャンブレーさんたちと別れることの

ないよう、がんばって戦いますね!▼
[シャンブレー]
あぁ!

俺達、絶対に生き残るぞ!▼

シャンブレー&ロラン

会話1

[ロラン]
ふぅむ…

興味深いですね。▼
[シャンブレー]
ん? ロラン、一人で

何をぶつぶつ言ってるんだ?▼
[ロラン]
いえ、

ふと思い出したのです。▼

お祭りの起源をさかのぼると、

その土地の歴史が見えてくるという言葉を。▼
[シャンブレー]
へぇ…そうなのか。▼
[ロラン]
このお祭りはどうなのでしょうね?▼
[シャンブレー]
んー…俺、お祭りの起源には

あんまり興味ないな~。▼
[ロラン]
でも、お祭りによってはタグエルの事を

言い伝えているものもあるかもしれませんよ。▼
[シャンブレー]
えっ、そうなのか?▼
[ロラン]
可能性として

あり得ると思います。▼
[シャンブレー]
それなら確かに知りたい気もするけど、

このお祭りはただの収穫祭じゃないのか?▼
[ロラン]
今はそうでも、お祭りが始まった頃は

違っていたかもしれません。▼

それに、お祭りの装飾や

催し物一つ取っても、▼

その町独自の文化を

知る事ができるものなのです。▼
[シャンブレー]
へぇ~。

ちょっと興味出てきたな。▼
[ロラン]
あっ…! シャンブレー。

あなたの後ろを見てみて下さい。▼
[シャンブレー]
な、なに? 後ろ?▼

…あっ! これって…▼

屋台で売られてるこの絵、

タグエルが描かれてるじゃないか!▼
[ロラン]
獅子に鷹…

それに、これは白鷺のようですね。▼
[シャンブレー]
う、ウサギはいないのかな…?▼
[ロラン]
探してみたら

あるかもしれませんね。▼
[シャンブレー]
なぁ、これはどういう絵なんだ?

どうしてタグエルが描かれてる?▼
[ロラン]
どうやら、これは異大陸の

伝承を描いた絵のようですね。▼

もう少し詳しく見てみましょうか。▼
[シャンブレー]
あぁ! タグエルについて

何かわかるかもしれないしな!▼

会話2

[シャンブレー]
すごいな。屋台の売り物だけじゃなくて、

壁画にもタグエルが登場してた。▼
[ロラン]
このタグエルらしき生き物が

この町の歴史にどう関わっていたのかは▼

わかりませんが、

調べてみるとやはり色々出てきますね。▼
[シャンブレー]
ロラン、ありがとう。▼

こうしてちゃんとタグエルのことが

伝えられているなんて、なんか俺…嬉しいよ!▼
[ロラン]
そうですか、

それは良かったです。▼
[シャンブレー]
…ここに描かれているタグエル達は、

昔はたくさんいたんだろうな。▼
[ロラン]
はい…▼

でもこの絵のように、もう滅んでしまったかも

しれない種だとしても、▼

こうして未来に生きる我々に歴史を伝え、

先人として教えてくれることがあるのですよ。▼
[シャンブレー]
そうだな…

なんか…不思議な感じがする。▼
[ロラン]
シャンブレー…

あなたは確かに希少な存在です。▼

ですが、仮にあなたが滅んだとしても、

その生きた証はきっとこうして▼

未来へと

紡がれていくのでしょう…▼
[シャンブレー]
そうだな…▼

…って、えええっ!?

今、さらっと酷いこと言わなかったか!?▼
[ロラン]
あ、あはは…す、すみません。▼

もちろん、本気で

言ったわけではありませんよ?▼
[シャンブレー]
あ、当たり前だよ! 驚きすぎて

心臓が止まりそうになったじゃないか!▼
[ロラン]
今のは、あくまで

生物学や歴史としての話ですから。▼
[シャンブレー]
そ、そうだよな。▼
[ロラン]
はい。大事な仲間のあなたを絶滅に

追いやるなんてこと、▼

僕が絶対にさせませんから。▼

だから、

安心してください…▼

あなたの仲間である

このタグエル達にも誓ってみせますよ。▼
[シャンブレー]
ロラン…▼

ありがとう、信じてるよ!▼
[ロラン]
ですから、あなたもこのタグエルたちに

誓って、勇敢な戦いを見せてくださいね!▼
[シャンブレー]
ええっ!?▼
[ロラン]
タグエルの名に恥じない、立派な

戦いをしなければなりませんね!▼

さあ、がんばりましょう!▼
[シャンブレー]
うぅ…わ、わかったよ。

俺はやればできる男だからな!▼

この絵の前で

無様な真似は見せられない!▼
[ロラン]
そうです、

その意気ですよ!▼

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 19 Jun 2019 14:31:45 UTC