ロンクーの支援会話

マイユニット(男性・僕)

マイユニット(男性・僕)のページへ

マイユニット(男性・俺)

マイユニット(男性・俺)のページへ

マイユニット(女性・私)

マイユニット(女性・私)のページへ

マイユニット(女性・あたし)

マイユニット(女性・あたし)のページへ

リズ

リズのページへ

ソワレ

ソワレのページへ

ヴェイク

ヴェイクのページへ

ミリエル

ミリエルのページへ

マリアベル

支援C

[マリアベル]
ロンクーさん!

あなた、どういうつもりですの?▼
[ロンクー]
どう…とは?▼
[マリアベル]
ひとりでどんどん先に行くから

あなたの手当てができませんの。▼

腕の覚えがあるのはけっこうですけど、

わたくしと歩調をあわせてくださる?▼
[ロンクー]
…俺にかまうな。▼
[マリアベル]
ずいぶんなおっしゃりようですわね。▼

女性が苦手だとは聞いておりますけど、

我慢していただかないと困りますわ。▼
[ロンクー]
…お前が困ることはない。▼

傷を受けるのは剣が未熟な証拠。

次は無傷で切り抜けるように精進する。▼
[マリアベル]
どんな達人でも

怪我をするときは怪我をしますわ。▼

だからわたくしがいるのです。

少しは頼ってくださいません?▼
[ロンクー]
手当てなら…自分でする。

放っておいてくれ。▼
[マリアベル]
放っておくことなんてできませんわ!

お待ちなさい、ロンクーさん!▼

支援B

[マリアベル]
ロンクーさん!

やっと見つけましたわよ!▼
[ロンクー]
むっ…▼
[マリアベル]
先日はもう少しで取り返しの

つかないお怪我をするところでしたわ!▼

意地を張るのも

いい加減にしてください!▼
[ロンクー]
…もう二度と遅れは取らない。

もうひと回り強くなってみせる。▼

だから…ついてくるな。▼
(ロンクー退場)
[マリアベル]
お待ちなさい!▼
(ロンクー再登場)
[ロンクー]
うっ…は、放せ…!▼
[マリアベル]
いいえ、放しませんわ!

どうしてもと仰るなら▼

何故そこまで意地を張るのか、

理由を話して下さいまし!!▼
[ロンクー]
わかった、話す!

話すから…離れてくれ!▼
[マリアベル]
全く…そこまで女性が

苦手なんですの?▼
[ロンクー]
あぁ。女に近づかれると…

緊張して体が硬直する。▼

だから…近づいて欲しくなかった。▼
[マリアベル]
わたくしを避けて先行していたのも

これが原因ですの?▼
[ロンクー]
そういうことだ。

すまないが…わかってくれ。▼
[マリアベル]
…わかってあげませんわ。▼
[ロンクー]
なに…?▼
[マリアベル]
強くなるとおっしゃるなら、

その苦手をまず乗り越えるべきですわ!▼

もし戦場でそのようなことが起きたら

どうするおつもりですの…▼

お願いですから、

命を大事にしてくださいな…!▼
[ロンクー]
…………▼
[マリアベル]
…ごめんなさい。

わたくし、言い過ぎましたわ。▼
[ロンクー]
いや、お前の言う通りだ。

これ以上迷惑はかけられない。▼

お前と足並みをそろえるよう…

極力…努力する。▼
[マリアベル]
ロンクーさん…▼

支援A

[マリアベル]
ロンクーさん、

先日はご活躍でしたわね。▼
[ロンクー]
あ、あぁ…。▼
[マリアベル]
あなたと首尾よく連携できて

わたくしも非常に助かりましたわ。▼

敵に接近されたときも、

身を挺してかばってくださって…。▼

あんなに接近しても平気だったなら

女嫌いは克服できたんですのね。▼

わたくしお礼をしたいですわ。

よかったらいっしょに…。▼
[ロンクー]
! すまん…!

それ以上は…近づかないでくれ。▼
[マリアベル]
えっ…?▼
[ロンクー]
…情けない話だが…

まだ…克服できてはいない…。▼

戦場ではいくらかましになったが、

こういう時は、やはり…。▼
[マリアベル]
まぁ…。▼
[ロンクー]
笑いたければ…笑ってくれ。▼
[マリアベル]
笑ったりしませんわ。▼

あなたは苦手な気持ちをこらえてまで、

わたくしをかばってくださった…。▼

わたくしに…苦手を克服する

お手伝いをさせてください。▼
[ロンクー]
手伝い…?▼
[マリアベル]
なにか方法があるはずですわ。▼

そうですわね…

少々荒療治になりますが、▼

綺麗な女性が大勢で

もてなして下さるお店にでも▼

連れて行って差し上げましょうか?

もちろん、道中は離れて歩きますわよ。▼
[ロンクー]
…せっかくだが、遠慮する。▼

そんな所に行ったら、

緊張で卒倒してしまう…。▼

というか、何故お前が

そんな店を知っているんだ。▼
[マリアベル]
秘密ですわ。▼
[ロンクー]
はぁ…。とにかく、

もっと他の方法で頼む。▼
[マリアベル]
うふふ、了解しましたわ。

じゃあもっと普通の方法を考えますの。▼

わたくし、友人に対する助力は

惜しみませんことよ?▼
[ロンクー]
友人…。俺とお前がか?▼
[マリアベル]
他に誰がいると言いますの。▼
[ロンクー]
ふ…。近づけもしないのに

友人だとは滑稽だ…。▼

でも…悪くはないな。▼
[マリアベル]
うふふ、良かったですわ。▼

支援S

[マリアベル]
さぁ、どうぞ…ロンクーさん。▼
[ロンクー]
あ、あぁ…。▼
[マリアベル]
もう少しですわ、

頑張って下さいな…。▼
[ロンクー]
………っ!!▼
[マリアベル]
上出来ですわ!

ちゃんとわたくしに触れましたわね。▼

ふふっ、冷たい指でしたわ。▼
[ロンクー]
お前の頬は…温かかった…。▼
[マリアベル]
徐々に距離を縮められていますわ。

今日の訓練はこれくらいにしましょう。▼
[ロンクー]
お前の考える訓練が、

こんなに成果が出るものだとはな…。▼

俺はてっきり、片っ端から女性に

声をかけろなどと言われると思っていた…。▼
[マリアベル]
まぁ、失礼ですのね。

わたくしはちゃんと▼

『普通の方法を考える』と

言いましたでしょう?▼
[ロンクー]
そうだな…。▼

しかし、やっと頬に触れた程度だ。

先は長いな…付き合わせてすまない。▼
[マリアベル]
わたくしはかまいませんわ。

でも、そうですわね…。▼

いっそのこと、長期にわたって

協力できる体制を取りましょうか?▼
[ロンクー]
どういう意味だ…?▼
[マリアベル]
結婚していっしょになれば

いつまでもお手伝いができますわ。▼
[ロンクー]
なっ…お前がそこまでする

義理はない…。▼
[マリアベル]
…鈍感な方。義理でこんなことを

申し上げると思いますの?▼
[ロンクー]
…そうだな…すまない。▼
[マリアベル]
わたくしにここまで言わせたんです。

あなたのお気持ちも聞かせてくださる?▼
[ロンクー]
………。▼

俺も…お前のことが好きだ…。▼

できることなら…この先ずっと

お前を守っていきたいと思っている。▼

しかし、まともにお前に触れもしない

俺なんかに、▼

そんなことを言う資格は無いと

思っていた…。▼
[マリアベル]
ロンクーさん…。▼

焦ることはありませんわ。

時間はいくらでもあるんですもの。▼

わたくし、待ちますわよ。

ロンクーさんが克服するまで…ずっと。▼
[ロンクー]
ありがとう…マリアベル。▼

…もう一度だけ…訓練をしよう。

お前と手をつなぎたい。▼

手をつなげたら、ふたりで町へ行こう。

指輪が…必要になるだろう。▼
[マリアベル]
ふふっ、わかりました。

早くここまで来てくださいませ…。▼

ベルベット

支援C

[ベルベット]
…ここまで来れば…

追いつけないはず。▼
[ロンクー]
…待て。▼
[ベルベット]
! まだついてこれるわけ…

あなた、只者じゃないようね。▼

けど、いい加減しつこいわよ。

私は人間とあまり関わりたくないの。▼

それとも、なにか用でもあるわけ?▼
[ロンクー]
…近づくな。▼
[ベルベット]
何それ?▼

近づいて欲しくないのは私のほうよ。

つかず離れず、なんのつもり?▼
[ロンクー]
…これを見てくれ。

中に野草が入っていた。▼
[ベルベット]
それは…私の袋だわ。▼
[ロンクー]
やはりそうか…

向こうで拾ったものだ。▼
[ベルベット]
だから渡しに来たわけ?

だったら初めからそう言いなさいよ。▼
[ロンクー]
…すまん。面と向かうと

体がすくんでな…▼

うまく話せないうちに

お前が逃げた。▼
[ベルベット]
…用はそれだけ?

もう行くわ。▼
[ロンクー]
おい…袋を持って行け。▼
[ベルベット]
あげるわ、それ。

好きに使えば。▼
[ロンクー]
あげると言われてもな…▼

見た事もない草だ…
どう使うんだ…?▼

…………。

う…!?▼

に、苦い……▼

支援B

[ベルベット]
…あら、またあなたなの。▼
[ロンクー]
野草の袋を返しに来た。

俺が持っていても仕方ない。▼
[ベルベット]
固い男ね…いらないなら

捨ててもよかったのよ。▼

まあいいわ。こちらに渡して。▼
[ロンクー]
…ああ、ちょっと待て。▼

ここから投げるから…

受け取ってくれ。▼
[ベルベット]
そんなにタグエルが怖いわけ?▼
[ロンクー]
…いや、俺は女が苦手なんだ。

タグエルも人間も関係なくな。▼
[ベルベット]
どうせつくなら

もっとましな嘘をつくのね。▼

同じ種族をそこまで恐れるなんて、

よほどの理由でもない限りあり得ない。▼
[ロンクー]
…よほどの理由…か。

そうかもしれんな。▼

よく夢を見る…昔のことを。

悲惨な、忌まわしい記憶だ。▼

女が近づくと…

どうしても体がすくんでしまう…▼
[ベルベット]
…あなたも何か

過去を抱えているみたいね。▼
[ロンクー]
…ガキの頃の話だ。▼

夢に苦しめられるなど、お前にとっては

鼻で笑うような話だろうな。▼
[ベルベット]
…袋を投げなさい。▼
[ロンクー]
ああ…投げるぞ。▼
[ベルベット]
確かに受け取ったわ。▼

…少しそこで待っていて。▼
(ベルベット退場)
[ロンクー]
…………?▼
(ベルベット再登場)
[ベルベット]
ほら、これを飲んでみなさい。▼
[ロンクー]
…これは…さっきの野草の茶か?

ずいぶん濁っているな…。▼
[ベルベット]
飲み干して。▼
[ロンクー]
これをか?▼
[ベルベット]
嫌なら飲まなくていい。

私はどっちでもいいわ。▼
[ロンクー]
…わかった。▼

に、苦い…▼

…………▼

さぁ、飲み干したぞ。▼
[ベルベット]
そう。今日は早めに寝ることね。▼
(ベルベット退場)
[ロンクー]
…………▼

…食べても飲んでも苦かったが…

嫌がらせだったのか?▼

支援A

[ロンクー]
…ベルベット。▼
[ベルベット]
穏やかな顔をしている。

人間にも効き目があったらしいわね。▼
[ロンクー]
やはり…あの心地よい夢は

茶の効能だったのか。▼

あの茶を飲んでから悪夢を見ない。

礼を言わせてくれ。▼
[ベルベット]
…そろそろ効き目が切れる時期よ。

今淹れてあげるから、少し待ってなさい。▼
[ロンクー]
あ、ああ…▼
[ベルベット]
はい、どうぞ。ここに置くから。▼
[ロンクー]
すまない。▼

う…

…な、何度飲んでも苦い。▼

だが…心が穏やかになる。▼
[ベルベット]
…………▼
[ロンクー]
どうして人間の俺に

この茶のことを教えてくれたんだ?▼
[ベルベット]
言ったはずよ、袋はあげるって。

中身の使い方を教えたのは気まぐれよ。▼
[ロンクー]
袋…そういえば元々、

お前が野草を集めていたんだったな…。▼

ベルベットも…悪夢を見るのか?▼
[ベルベット]
人間に里を滅ぼされた時の夢を

…時折ね。▼

なのに、死ぬ間際に長老は…母は

人間を憎むなって言ったわ。▼

良い人間も悪い人間もいる…

それを忘れないでって…▼
[ロンクー]
そうか。だから俺にも…▼
[ベルベット]
気まぐれだと言ったはずよ。▼
[ロンクー]
優しいんだな…お前は。▼
[ベルベット]
ふ、ふん。勘違いもいいところよ。▼

支援S

[ベルベット]
また薬草茶を飲みに来たの?

今淹れてあげるから、そこに座って。▼
[ロンクー]
いや…今日はこの茶を飲まないか?

フェリアで採れた茶葉だ。▼

味は保証する。美味いぞ。▼
[ベルベット]
…そこまで言うなら飲んであげるわ。▼

ふぅん、なかなか良いお茶ね。▼
[ロンクー]
ああ、そうだろう。▼

…やはり、か…▼
[ベルベット]
どうかした?▼
[ロンクー]
あの野草で淹れた茶の効能かと思っていたが、

別の茶でも、同じだった。▼

お前とこうしていると心が落ち着く。

恐怖も感じない…▼
[ベルベット]
そう。…私もよ。

てきいりこの茶の効き目かと思ったけど。▼
[ロンクー]
その茶に特別な力はない。

…ただ美味いだけだ。▼
[ベルベット]
ええ、確かに美味しい。

癖になる味ね。▼
[ロンクー]
これからも俺のそばにいてくれるなら

いくらでも淹れるぞ…ずっとな。▼
[ベルベット]
ふうん。私はタグエルよ?▼
[ロンクー]
俺は…最初からお前を

ひとりの女として見ている。▼
[ベルベット]
そうだったわね。

私を見て体をすくませていた。▼
[ロンクー]
もし応えてくれるなら…▼

この指輪を受け取ってくれ…

共に生きる近いの指輪だ。▼
[ベルベット]
あら。

物で釣るとは人間らしいやり方ね。▼

でも、いいわ。

受け取ってあげる。▼

あなたとの時間は…私にとっても

なかなか心地よいものだから…▼

ティアモ

支援C

[ティアモ]
ロンクーさん。軍議の時間なので、

あとで幕舎に来てくださいね。▼
[ロンクー]
わかった。

…ティアモ、だったな。▼
[ティアモ]
はい。あたしになにか?▼
[ロンクー]
先日は…

お前の援護に助けられた。▼
[ティアモ]
いえ。ロンクーさんのところに

敵が集中してましたから…▼
[ロンクー]
借りは返しておきたい…

俺に頼み事はないか?▼
[ティアモ]
頼み事ですか? そうですね…▼

本当は剣の手ほどきをして

欲しいですけど…駄目ですよね。▼

ロンクーさん、

女性が苦手だって聞いてますから。▼
[ロンクー]
…………▼
[ティアモ]
じゃあ、もしあたしが戦闘で危ないときには

助けに来てくれますか?▼
[ロンクー]
…そんなことは、当然の話だ。▼
[ティアモ]
ふふっ、当然ですか。▼

ロンクーさんのような強い人に

そう言ってもらえると頼もしいです。▼
[ロンクー]
…べつになんでもいい。

困ったことがあれば言え。▼
[ティアモ]
わかりました。ありがとうございます。

支援B

[ロンクー]
…む? なぜ木刀が…▼
[ティアモ]
あたしが新しいものと換えておきました。

少しひびが入っていましたから。▼
[ロンクー]
…お前か。

よく気が付いたな。▼
[ティアモ]
訓練に使うものは、これまで

ずっと手入れしないままでしたから。▼

気になって、

この前全部点検しておいたんです。▼
[ロンクー]
…そうか。▼
[ティアモ]
あ…ロンクーさん、

ずいぶん汗をかいていますね?▼
[ロンクー]
…足腰の鍛錬に

走り込みをしてきたからな。▼
[ティアモ]
ちょうどよかった。

洗濯した手拭いを持って来たんですよ。▼

ここに追い手きますから。▼
[ロンクー]
……………▼
[ティアモ]
あ、そろそろ

食事の準備が始まりますね。▼

ロンクーさん、

野菜の煮込みがお好きでしたよね?▼
[ロンクー]
…好物ばかり出ると思ったら

それもお前だったのか。▼
[ティアモ]
ふふっ、好きなものを食べたほうが

みんな元気が出るだろうと思って。▼

それじゃ、いってきますね。
[ロンクー]
待て。▼

…お前には見えないところでも

世話になっているようだ。▼

食事の準備はほかの者に任せておけ。

剣の手ほどきをしてやる…▼
[ティアモ]
えっ…いいんですか?

でもロンクーさん、女性は苦手じゃ…▼
[ロンクー]
…この距離からでも指導はできる。

なにを教えて欲しいのか…言ってみろ。▼
[ティアモ]
ありがとうございます。

じゃあ、まずは…▼

支援A

[ティアモ]
…あれ?

訓練用具が全部整理されてる…▼

洗濯物も取り込まれてたし、

食事の仕込みも終わっていたし…▼
[ロンクー]
…俺がやっておいた。▼
[ティアモ]
えっ? ロンクーさんが?▼
[ロンクー]
先日、お前の剣を見て

わかったことがある…▼

お前は周囲が見え過ぎている…

ひとつのものに集中しきれていない。▼

ひとつのものを極めたいなら、

ときにはその目を閉ざすんだな…▼
[ティアモ]
は、はい…わかりました。▼
[ロンクー]
ぐっ…▼
[ティアモ]
ロ、ロンクーさん?

顔色が悪いですよ。▼
[ロンクー]
ここから先の指導は…遠目から

言葉をかけるだけでは足りない。▼

俺も苦手だなんだと言ってられん。

間近で腕を取り、動きを教えねば…▼
[ティアモ]
ロンクーさん、あたしのためなんかに

そこまでしなくても…▼
[ロンクー]
お前のやり方に口を出したんだ…

俺もそれなりのことはする。▼

そのかわり…必ず身につけろよ。▼
[ティアモ]
はい!▼

支援S

[ティアモ]
…ふっ! やぁっ!▼
[ロンクー]
…見事だ。フェリアの剣技をもとに

新たな技を編み出すとはな。▼

その技は…お前だけのものだ。▼
[ティアモ]
ありがとうございます。

かけがえのないものを手に入れました。▼

ロンクーさんには

本当にお世話になりましたね…。▼
[ロンクー]
…………▼

お前はその技で何を守るんだ。▼
[ティアモ]
えっ…、もちろん

この軍のみんなを守るつもりで…。▼
[ロンクー]
嘘だな。

俺に教えを受けながらも、▼

お前の目はいつも

ただ一人だけに向けられていた…。▼

…お前、クロムの事が好きなのだろう。▼
[ティアモ]
………さすがですね。

ロンクーさんの言う通りですよ。▼

あたしはずっと、

クロム様の事が好きでした。▼
[ロンクー]
…過去形で話すのだな。▼

今は違うということか…?▼
[ティアモ]
そうですよ。

今は…違うんです。▼

ふふ。それにしてもロンクーさん…

どうしてそんなに必死で聞いてくるんです?▼

女性が苦手なのに、あたしには

興味を持ってくれているみたいですね?▼
[ロンクー]
それは…▼
[ティアモ]
じゃあ、質問を変えます。▼

あなたは、借りを返すためだけに

ここまでしてくれたんですか…?▼
[ロンクー]
…どういう意味だ?▼
[ティアモ]
あたしのために嫌いなものを我慢して、

雑用まで代わってやってくれて…。▼

そんなに優しい目で

あたしを導いてくれたのは…なぜですか?▼
[ロンクー]
…俺は言葉ですべてを語れるほど

器用な男じゃない。▼

だから…形にしたものを用意した。▼
[ティアモ]
指輪…?

これって、結婚しようってことですよね?▼
[ロンクー]
いちいち確認をするな!▼

…迷惑なら、断れ。

もともと捨てる覚悟で用意した物だ。▼
[ティアモ]
…捨てたら困ります。

迷惑なんかじゃ…ありませんから。▼
[ロンクー]
なに? じゃあ…▼
[ティアモ]
はい。あたしも、

ロンクーさんが好きです…▼

あたしのために頑張ってくれた…

あなたが好き。▼

だから…このお話、お受けします。

指輪、大事につけさせてもらいますね。▼
[ロンクー]
…そうか。▼

まさか、受けてくれるとは

思わなかった…嬉しいぞ。▼
[ティアモ]
ふふ…ロンクーさんでも

そんな可愛いこと言うんですね。▼

でも…あたしも嬉しいです。▼

グレゴ

支援C

[ロンクー]
…………▼
[グレゴ]
なんだよ、ロンクー。

そーんなおっかない顔しちゃって。▼

俺は敵じゃねーだろ。

そう殺気をぶつけてくんなって。▼
[ロンクー]
グレゴ。お前の名…

バジーリオから聞いたことがある。▼

生涯唯一、バジーリオが

引き分けたという、名うての傭兵…▼
[グレゴ]
なーつかしい話を持ち出すねぇ。

ま、昔のことだ。▼
[ロンクー]
かつては次期フェリア王の

候補にも数えられていたらしいな…。▼
[グレゴ]
おーっと、どんだけ懐かしい話だよ?

俺だって忘れてたぜ、そんなこと。▼
[ロンクー]
…どうやら…本当の話のようだな。

一手、所望する!▼
[グレゴ]
ちょーっと待った。

そいつは刃引きしてねぇ真剣だろ?▼
[ロンクー]
実戦形式の模擬戦だ…

本気で戦ってもらいたいからな…!▼
[グレゴ]
やーれやれ。俺が傭兵だってこと

忘れてんじゃねぇか?▼

金にもならないことに命かけて

戦うわけねーだろ。お断りだね。▼
[ロンクー]
…血はたぎらないのか。

俺と戦いたいと思わないのか!▼
[グレゴ]
さっき言っただろ、

金にもならねぇ戦いは御免だってな。▼

…それによ。俺と戦ったって

お前の望む強さは手に入らねぇぜ。▼
[ロンクー]
…!▼
[グレゴ]
ま、仲間なんだし仲良くやろうや。

じゃーなー。▼
[ロンクー]
あの男…。▼

支援B

[ロンクー]
…受け取れ、グレゴ。▼
[グレゴ]
なーんだよ、この金貨は。

俺に小遣いくれるわけかい?▼
[ロンクー]
傭兵は…金を出さないと

戦ってくれないのだろう…?▼

俺と本気で勝負しろ。

それが…依頼内容だ…。▼
[グレゴ]
あー、そう来ちゃったか。

そいつは断れねぇな。▼

それにしてもまぁ、どーして

そんなに俺と戦いたいのかねぇ。▼

バジーリオさんを超える

手始めの第一歩ってやつかい?▼
[ロンクー]
…無駄口を叩いてくれと

依頼した覚えはない。▼
[グレゴ]
はーいはい、わーかったよ。

じゃ、ちょいと確認だ。▼

まさか仲間同士で命の取り合いは

できねぇよな。勝利条件は?▼
[ロンクー]
相手が負けを認めるか…明らかに

勝ったとわかる状況での寸止め。▼
[グレゴ]
妥当だな。じゃ、いつ始める?▼
[ロンクー]
今すぐだ。▼
[グレゴ]
ほー。じゃ、俺の勝ちだな。▼
[ロンクー]
なに…?▼
[グレゴ]
わーかんないかねぇ?

鞘を見ろよ。さっき剣を抜いといた。▼
[ロンクー]
ば、馬鹿な…!▼
[グレゴ]
ほい、隙あり。▼
[ロンクー]
ぐっ…!▼
[グレゴ]
動くな。俺がくしゃみでもすりゃ、

喉に剣が突き刺さるぜ。▼

まー、あれだ。明らかに勝ったと

わかる状況での寸止め…ってやつだな?▼
[ロンクー]
卑怯な…!

くだらん嘘で俺を惑わすなど…!▼
[グレゴ]
卑怯で悪いねぇ。でもな、

これがバジーリオさんとお前の差だよ。▼
[ロンクー]
ほざくな…!▼
[グレゴ]
青いねぇ、ロンクー。

でも嫌いじゃねぇぜ、そういうの。▼

支援A

[ロンクー]
グレゴ…▼
[グレゴ]
なんだい、また勝負かい?▼
[ロンクー]
…いや。謝りに来た。

先日の勝負…確かに俺の負けだった。▼

戦場に…卑怯もなにもない。

お前の言う通り…俺に足りないのは▼

何物にも惑わされぬ強い心だ…。

揺らいだ俺が弱かったんだ…。▼
[グレゴ]
はっは、素直になったねぇ。

若者の挫折は成長の糧、ってか。▼

まー、ついでに言わせてもらえば…

剣の腕だって足りてるわけじゃねぇぜ。▼
[ロンクー]
なに…?▼
[グレゴ]
納得できないなら構えな。

どこが足りねぇのか教えてやるぜ。▼
[ロンクー]
…傭兵は…金にならん戦いは

しないんじゃなかったのか?▼
[グレゴ]
そのはずなんだが、よく考えりゃ

最近ただ働きさせられ通しでねぇ。▼

これはその奉仕活動の一貫ってとこだ。▼
[ロンクー]
…そうか。だったら…

存分に教えを請おうか…!▼
[グレゴ]
ありゃー、熱い目しちゃって。

若さとは熱さなり、ってか。▼

じゃあ俺も意外と若いってことだな。

お前と本気で戦いたくなるとはね…▼

そーんじゃ…ぼちぼち始めるかぁ!▼

ノノ

支援C

[ノノ]
ロンクー、遊ぼ!▼
[ロンクー]
ひとりで遊べ。▼
[ノノ]
ひとりで遊ぶのは寂しいもん。

ロンクーもひとりで寂しいでしょ?▼
[ロンクー]
俺は好きでひとりでいるんだ…

ほかの奴を当たれ。▼
[ノノ]
でも、みんな忙しそうだし…▼
[ロンクー]
なんだ?

俺は暇そうだとでも言いたいのか?▼

悪いが、

俺も暇なわけじゃないぞ。▼
[ノノ]
…ぐすっ…うぅ…▼
[ロンクー]
…泣くな、たとえ遊びたくても、

俺は女に近づくと…▼

…いや…どういうことだ?

こいつには、緊張しない?▼
[ノノ]
…ぐすっ…なに?▼
[ロンクー]
…なんでもない。▼

わかった。

少しなら付き合ってやる。▼
[ノノ]
ほんと? やったー!▼
[ロンクー]
それで、

なんの遊びをするんだ?▼
[ノノ]
あのね、あのね…おままごと!▼
[ロンクー]
…俺はやったことがない。

女に頼んだほうがいいんじゃないか?▼
[ノノ]
ううん、お父さん役が欲しかったから。

だいじょうぶ、ノノが教えてあげる!▼
[ロンクー]
ふぅ…父親役をやればいいんだな?▼
[ノノ]
うん!ノノがお母さんね!▼
[ロンクー]
了解した。▼

支援B

[ノノ]
ロンクー、遊ぼ!▼
[ロンクー]
…この前付き合ってやっただろう。

他の奴と遊べ。▼
[ノノ]
この前の続きなんだから、

ロンクーがお父さんじゃないと駄目!▼

やってくれなかったら…▼
[ロンクー]
竜石を出すな。

恐ろしい脅しをかける奴だ。▼

いいだろう。

今回だけ付き合ってやる。▼
[ノノ]
ほんと?▼
[ロンクー]
あぁ。お前と遊ぶ分には

緊張もしないようだしな…▼
[ノノ]
あははっ。竜になってないノノに対して

緊張しちゃう人なんていないよ?▼
[ロンクー]
…まぁいい。

ノノ、今回で終わりだからな。▼
[ノノ]
うん! 早くやろ!▼
[ロンクー]
この前の続きか…

俺が畑仕事に出かける前からだな。▼
[ノノ]
はい、朝ご飯ですよー。

たくさん食べてね、あなた。▼
[ロンクー]
…もぐもぐ。ごちそうさま。

いってきます。▼
[ノノ]
いってらっしゃーい!▼
[ロンクー]
…で、俺は畑仕事をすればいいのか?▼
[ノノ]
…………▼
[ロンクー]
…どうした?▼
[ノノ]
ノノはなにをすればいいのかな?▼

お母さんって、お父さんが出かけたら

いつもなにしてるんだろ?▼

ノノ、わかんないよ…▼

ノノ、お父さんとお母さんと一緒に

暮らしたことないから…。▼
[ロンクー]
…………▼

ノノ。こっちに来い。▼
[ノノ]
え?▼
[ロンクー]
いっしょに畑仕事をすればいい…

あとのことはあとで考えよう。▼
[ノノ]
うん! ノノも畑仕事する!▼

支援A

[ノノ]
さぁ、お父さん。

ごはんのじかんですよー。▼
[ロンクー]
もぐもぐ…▼

…む!!▼

…こんなまずい飯が食えるか!▼
[ノノ]
きゃー、お父さんが怒ったわー!▼
[ロンクー]
怒られたくなかったら…その…

も…もっとうまい飯をつくれ!▼
[ノノ]
でも、あなたの稼いでくるお金じゃ

これぐらいしか…!▼

この、かいしょーなしー!▼
[ロンクー]
か、甲斐性なし!?▼

…………▼
[ノノ]
…………▼

あれ? だめだよロンクー。

次はお父さんが言い返すセリフでしょ?▼
[ロンクー]
あ…あのな、ノノ。

こんなおままごとで本当にいいのか?▼

俺は何だかちょっと

違う気がするんだが…▼
[ノノ]
そうかなー?▼

ノノ、お父さんとお母さんが

ふだん何してるのかわかんなかったから、▼

町に行って、手ごろなお家の中を

見てきたんだよ。▼
[ロンクー]
そしたら、こんな感じだった、と?▼
[ノノ]
うん!▼

だからこれで大丈夫!

ふつうのお家はこんなかんじなんだよ!▼
[ロンクー]
…ノノ、その家は多分

あんまり普通じゃないぞ。▼
[ノノ]
そうなの? ノノ、よくわかんない。

じゃあ、ふつうのお家はどんななの?▼
[ロンクー]
そ…それは…

俺にもよくわからん。▼
[ノノ]
えー!! じゃあおままごと

できないよー!▼

やだー! ノノもっとおままごとしたいー!

お父さんのかいしょーなしー!!▼
[ロンクー]
…困った…▼
[ノノ]
ロンクーがノノの気持ちを

もてあそんだよー!!▼
[ロンクー]
誤解を招く発言をするな!▼

…じゃあ、もう一度町に行くのはどうだ?

それでもっと色んな家を見て、▼

一番ノノが気に入った家の真似を

すればいい。▼
[ノノ]
ロンクーもいっしょに来てくれる?▼
[ロンクー]
あ、あぁ…▼
[ノノ]
やったぁ!

ロンクーは見かけによらず優男だね!▼
[ロンクー]
こいつは…▼

支援S

[ロンクー]
…じゃあ、畑仕事に行ってくる。▼
[ノノ]
はーい。いってらっしゃーい!▼

えっと、まずは…お掃除でしょ?

お昼ご飯のしたくと、薪割りと…▼

ふふっ、ノノは大忙し!▼
[ロンクー]
…水汲みもあるんだろう?▼
[ノノ]
そうそう、それも!▼

ふつーのお家のお母さんは

とっても働きものだったから、▼

ノノ、ちょっと覚えきれなかったよ。▼
[ロンクー]
いくらでも付き合ってやるから、

ゆっくり覚えればいい。▼
[ノノ]
えっ…いくらでも?▼

やったー! 約束だよ?▼
[ロンクー]
…約束しよう。

その印に…これを渡しておく。▼
[ノノ]
あ、指輪だ! きれーい!▼

あ、でもこれ…本物だよ?

おままごとのじゃないよ?▼
[ロンクー]
そうだ…

俺とお前は本物の家族になるんだ。▼

その証も本物でないとな。▼
[ノノ]
家族…? ロンクー、ノノの

お父さんになってくれるの?▼
[ロンクー]
違う! 俺はノノの旦那さんに

なるんだよ。▼
[ノノ]
ほんとに!?

じゃあノノは、ロンクーのお嫁さんだね!▼

ノノ、ずっとひとりぼっちだったから

家族ができてうれしいよ…!▼
[ロンクー]
あぁ…俺も、ずっとひとりだった。

本当の家族を知らなかった。▼

だけど、これからは

ずっと一緒だ。▼

俺がノノの、ノノが俺の

家族になるんだからな。▼
[ノノ]
すごいすごい!

おままごとが本当になっちゃったよ!▼

ありがとう、ロンクー!▼
[ロンクー]
礼を言うのは俺の方だ。▼

普通の家族の生活というやつを、

ふたりで覚えていこう…ノノ。▼

サーリャ

支援C

[ロンクー]
おい、今夜は軍議があるそうだ…

遅れるなよ。▼
[サーリャ]
そうなの?

今日はどこに集まればいいのかしら…▼

あら? 貴方、髪に葉っぱが

ついているわよ…▼
[ロンクー]
!!

それ以上…近づくな。▼
[サーリャ]
…嫌われたものね。
[ロンクー]
気にするな…

お前に限った話じゃない。▼
[サーリャ]
嫌っておいて気にするな、ですって…?

おかしな言い草…▼

まるで…女嫌いの呪いにでも

かけられているみたい…▼
[ロンクー]
呪い…か。

あるいは、そうなのかもな…▼
[サーリャ]
どういうこと…?▼
[ロンクー]
俺は…心底、女が苦手だ。

できれば関わりたくはない…▼
[サーリャ]
うふふ…本当に呪いみたいね。

誰にかけられたのかしら。▼
[ロンクー]
…………▼
[サーリャ]
治してあげましょうか…?▼
[ロンクー]
なに…?▼
[サーリャ]
その様子だと、なにかと不便でしょう?

呪いの類なら私が解呪できるわ…▼
[ロンクー]
そう、なのか…?▼
[サーリャ]
あら…興味があるの?▼
[ロンクー]
…別に。▼
[サーリャ]
ふぅん…まぁ、もし私の力が必要なら

いつでも言うといいわ…▼
[ロンクー]
………▼

支援B

[ロンクー]
サーリャ。▼
[サーリャ]
あら…女嫌いの貴方が

私になんの用…?▼
[ロンクー]
…………▼
[サーリャ]
黙っていたらわからないわ…

と言いたいところだけど…うふふ。▼

察しはつくわよ…

呪いを解いて欲しいんでしょう?▼
[ロンクー]
本当に…俺の女嫌いを

治すことができるのか…?▼
[サーリャ]
えぇ…貴方の心の闇のすべてを

私に見せる覚悟があるのならね…▼
[ロンクー]
…言わないといけないのか?▼
[サーリャ]
正体もわからない呪いを

解くことはできないわ…▼
[ロンクー]
そうか…

あまり人に言った事は無いのだが…▼

……悪夢を見るんだ。

俺のせいで命を落とした、少女の夢を。▼

そいつは…

平凡な町娘だったんだが、▼

貧民街で生きてきた少年時代の俺に対して、

妙な偏見を持たず、仲良くしてくれた。▼

俺達は何故か、妙に気が合ってな。

よくあいつの親の目を盗んで遊んでいた。▼

あの日、あいつが命を落とすまでは…▼
[サーリャ]
…………▼
[ロンクー]
あれは…思い出したくもない

夏の朝だ…▼

俺がそいつを連れて町外れまで

遊びに行った時に…▼

賊どもに襲われて

そいつは…殺されてしまったんだ。▼

よりによって、

俺なんかを…庇ってな…▼
[サーリャ]
そういうこと…▼
[ロンクー]
それ以来、俺は女が苦手だ。

関わることを極力避けようとしてしまう。▼

俺が関わることで、相手の女を不幸にして

しまうのではないかと…思ってしまうんだ。▼

あいつはもういないのに…

おかしな話だろう?▼
[サーリャ]
鮮烈な記憶が近しい記憶と結びつくのは

それほど珍しいことではないわ…▼

貴方にかけられた呪い…

かなり奥深いもののようね。▼
[ロンクー]
この悪夢…

お前にどうにかできるのか…?▼
[サーリャ]
できると思うけれど…

少し時間をかけなければいけないわね。▼

貴方の少年時代のお話…

もっと私に聞かせてちょうだい。▼

呪いを解くためには…

貴方の心を完璧に理解する必要があるわ…▼
[ロンクー]
…わかった、いいだろう…▼

支援A

[サーリャ]
ロンクー…

儀式の準備が整ったわよ。▼
[ロンクー]
…その儀式を行えば…

俺の心の傷を消せるんだな?▼
[サーリャ]
えぇ…跡形もなく。▼
[ロンクー]
そうか…▼
[サーリャ]
…ただ、貴方の呪いはあまりにも長く

心の深いところに食い込んでいる…▼

貴方の少年時代の記憶を

いっしょに削り取ることになるわ…▼
[ロンクー]
忘れてしまうのか?俺は…

貧民街で過ごしたことも…あいつのことも。▼
[サーリャ]
そういうことになるわ…▼

でも、構わないわよね。

辛い記憶なんて…▼

忘れたほうが貴方も気が楽でしょう?▼
[ロンクー]
…………

いや…儀式はやめておこう。▼
[サーリャ]
どういうつもり…?

訳を聞かせてもらえるかしら。▼
[ロンクー]
お前の話を聞いて、気づいた…

この傷は、失ってはいけないものだ。▼

貧民街でのことも…あいつのことも、

今の俺を作った、強さの源だ。▼

消すんじゃない…受け入れたうえで

乗り越え、前へ進まないといけない…▼

そう思ったんだ。
[サーリャ]
ふぅん…▼

…ま、貴方がそう決心したのなら

私に異存はないわ。▼
[ロンクー]
…すまない。

ありがとう、サーリャ。▼
[サーリャ]
なによ…

貴方が礼を言うなんて…気味が悪い…▼
[ロンクー]
…そうか。▼

支援S

[ロンクー]
…サーリャ。▼
[サーリャ]
あら…

まだ私になにか用?▼
[ロンクー]
むっ…▼
[サーリャ]
…じりじり近付いてきて、

どういうつもりなの…?▼

貴方…

女嫌いは治っていないでしょう?▼
[ロンクー]
これが…俺なりの克服の仕方だ。

今のところ、この距離が精一杯だが…▼
[サーリャ]
…うふふ。それで精一杯なら

克服できるのに何年かかるのかしら…▼

よかったら…

手伝ってあげてもいいわよ。▼
[ロンクー]
いや、もう呪術に頼るつもりは…▼
[サーリャ]
呪術は使わないわ…

その訓練に協力すると言っているの…▼

いつも貴方の傍にいて…

挫けそうになったら心を支えるわ…▼

そうすれば、少しは…

克服できる日が早くなるでしょう…?▼
[ロンクー]
どういうことだ…?▼
[サーリャ]
鈍いわね、貴方…▼

結婚してあげると言っているのよ…

私が…貴方とね…▼

まぁ…

嫌なら…べつに構わないわ。▼

その時は、ルフレに付きまとって

一生を終えるつもりよ…▼
[ロンクー]
…ルフレの話は

この際聞かなかったことにするが…▼

…結婚の申し出は、

願ってもない話だ。▼

俺も…お前に傍にいて欲しい。▼

お前ほど俺のことを

理解している女はいない…▼

お前に触れ…その思いに応えたい。

必ずこの傷を克服してみせる…▼
[サーリャ]
あら…まさか良い返事がもらえるとは

思わなかったわ…▼
[ロンクー]
お前なら、俺が関わっても

不幸になることはなさそうだからな…▼

お前ほどの呪術師なら

大抵のことは自力でなんとかなるだろう。▼
[サーリャ]
ちっ…

この男…一言多い…▼

まぁ確かに、私を殺そうとする者は

返り討ちにする自信があるわ…▼
[ロンクー]
…頼もしいな。▼
[サーリャ]
貴方も…私が傍にいてあげるからには…

必ず傷を克服しなさい…約束よ…?▼
[ロンクー]
あぁ。約束の証に指輪を贈ろう…

受け取ってくれるか?▼
[サーリャ]
えぇ…▼

でも…あんまり待たせないでね。

あとが怖いわよ…?▼
[ロンクー]
…了解した。▼

オリヴィエ

支援C

[ロンクー]
ふぅ…はぁぁっ!!▼

…………▼

……くっ。

…失敗、か…▼
[オリヴィエ]
…残念ですね…▼
[ロンクー]
オリヴィエ…見ていたのか。▼
[オリヴィエ]
ご、ごめんなさい…▼

バジーリオ様が同じことをしているの、

見たことがあって…懐かしいなって。▼
[ロンクー]
…そうだ。

これはバジーリオの技だ。▼

俺にもできないか

挑戦してみたんだが…このザマだ。▼

バジーリオが水瓶を斬ったときは

水瓶は割れず…水もこぼれなかった。▼
[オリヴィエ]
…そ、そうでしたね。▼

水瓶は形を保っていて…

触れない限りずっとそのままでした。▼
[ロンクー]
…なにが足りない?

力か…正確さか…速さか…▼
[オリヴィエ]
…力じゃない、と思います。▼

バジーリオ様は、むしろ…

力を入れずに斬ってたみたいだから…▼
[ロンクー]
…よく見ていたんだな。▼
[オリヴィエ]
あ、えっと…はい。▼
[ロンクー]
…もう一度やってみる。

気づくことがあれば…教えてくれ。▼

ただし、そばには寄らないで欲しい。▼
[オリヴィエ]
わ、わかりました…▼

支援B

[ロンクー]
ふぅー…はぁぁっ!▼

…くっ…また失敗か…!

水瓶を斬るのもままならないとは…。▼
[オリヴィエ]
…あ、あの、ロンクーさん。

そろそろお食事の時間ですけど…▼
[ロンクー]
! …それ以上、来るな…▼
[オリヴィエ]
ごご、ごめんなさい…!

女は苦手…なんですよね。▼
[ロンクー]
食事は抜く。

飯を食う気分になれん。▼
[オリヴィエ]
そんな…しょ、食事は

きちんと食べた方がいい…ですよ。▼

それに…ロンクーさんなら

きっと、だいじょうぶだと思います。▼

バジーリオ様も…ロンクーさんの才能は

認めてましたから…▼
[ロンクー]
なぜお前がそのことを…?▼

バジーリオが…

お前にそう言ったのか?▼
[オリヴィエ]
は、はい。ちょっとだけ前に、

バジーリオ様から聞きました。▼

…ロンクーさんは

剣の才能なら俺に匹敵する、って。▼

私だけじゃなくて、

色んな人に言ってるみたいですよ…?▼

ロンクーさん、よっぽどバジーリオ様に

期待されてるんですね。▼
[ロンクー]
バジーリオが…そんなことを…▼
[オリヴィエ]
うれしそうですね…?▼
[ロンクー]
そ、そんなことはない。▼

…やはり、腹が減ってきた。

食事に行ってくる…▼

(ロンクー、退場)

[オリヴィエ]
ふふ…照れてました…

あれは絶対に照れてました。▼

あんなに怖い目してるのに、

かわいいところもあるんですね…▼

支援A

[ロンクー]
…これでも…駄目なのか!▼
[オリヴィエ]
あ、あの…惜しかったですね…▼
[ロンクー]
惜しい…?

どこが惜しいんだ…?▼

一度でも、水瓶が

形を留めたことがあったか!?▼
[オリヴィエ]
…それは…▼
[ロンクー]
くそっ…俺はどうやっても

バジーリオを超えられないのか…?▼
[オリヴィエ]
えっと…でも、バジーリオ様は

ロンクーさんを…▼
[ロンクー]
…剣の才能なら匹敵する、だろう?▼

裏を返せば、剣の才能以外は

なにもあの人に届いていない…!▼
[オリヴィエ]
そんなことないです!

き、きっと届きますよ!▼

こんなに必死に

剣の腕を磨いてるんですから!▼
[ロンクー]
その剣が、このザマだ!▼

わかっているんだ…この技は

速さや力の問題じゃない…▼

揺るぎない心の強さ…

迷いのない一閃が必要なんだ…!▼
[オリヴィエ]
ロンクーさん…▼
[ロンクー]
できない…できるわけがない。▼

女が近づくだけで揺れるような…

俺の弱い心では…!▼
[オリヴィエ]
ロンクーさん!▼
[ロンクー]
お…おい! お前!

手なんか握るな! 離せ!!▼
[オリヴィエ]
深呼吸してください、ロンクーさん。

落ちついて。▼

ロンクーさんならきっとできます。

私、信じてますから!▼
[ロンクー]
オリヴィエ…▼
[オリヴィエ]
大丈夫。ロンクーさんは

誰よりも一生懸命な人だから…!▼
[ロンクー]
…わかった! もうわかったから…!

いい加減、手を離してくれ…!!▼
[オリヴィエ]
…あっ! や…やだ私ったら

恥ずかしいです~…!!▼

あの、す…すみませんでした…!▼

汗だくになっちゃってますけど…

だ、大丈夫ですか…?▼
[ロンクー]
最悪の気分だ…

だが、お前の声は俺の胸に届いた…▼

何度でも挑戦するさ…

お前が信じてくれる限りな。▼
[オリヴィエ]
は…はい!

私、信じてます!!▼

いつか、ロンクーさんは

バジーリオ様を超えるって!!▼
[ロンクー]
あぁ…ありがとう。▼

支援S

[オリヴィエ]
…………▼
[ロンクー]
はぁぁぁっ!!▼
[オリヴィエ]
!?

あれ…外しましたか…?▼
[ロンクー]
…近付いて、よく水瓶を見てみろ。▼
[オリヴィエ]
あっ…! 斬れてる!

斬れてます、ロンクーさん!▼
[ロンクー]
…こういうことか。

やっとたどり着いた…▼
[オリヴィエ]
…す、すごいですー!

私、感動しましたー!▼
[ロンクー]
……!!▼
[オリヴィエ]
あっ…すみません…!

興奮して、つい手を握っちゃいました…。▼

ロンクーさんは女性が苦手なのに…

ほんとにごめんなさい…!▼
[ロンクー]
いや…お前ならだいじょうぶだ。

むしろこのままでいてくれ。▼
[オリヴィエ]
えぇっ!?

そ、そんな…恥ずかしいです~!!▼
[ロンクー]
手を握ってきたのはお前だろう。▼
[オリヴィエ]
そそ、そうですけど…▼
[ロンクー]
この技を習得できたのは…

お前のおかげだ。▼

お前には、大きなものを

もらってしまった…。▼

礼代わりに、これを受け取ってくれ。

お前のために用意した。▼
[オリヴィエ]
きれいな指輪…

あの…これってもしかして…!▼
[ロンクー]
…そうだ。

…俺と結婚してくれないか。▼
[オリヴィエ]
で、でもロンクーさん、

女性は苦手なんじゃ…▼
[ロンクー]
…確かに俺は女が苦手だが、

お前だけは別だ。▼

近付かれても、煩わしいとか

恥ずかしいなどとは思わんからな。▼
[オリヴィエ]
え…じゃあ、ロンクーさんは

女の人が嫌いなんじゃなくて…▼

ただ単に恥ずかしくて逃げてただけ…

なんですか…?▼
[ロンクー]
…それだけではないんだが…▼

…少しはそれも、

あるかもしれん…▼
[オリヴィエ]
え…ほ、本当ですか?

ふふっ。うふふふ…!▼
[ロンクー]
…なぜ笑う。▼
[オリヴィエ]
だ…だって、ロンクーさん、

私とおんなじなんだなぁって思ったら…!▼

私も恥ずかしがりですから、

その気持ち…よくわかります。▼

私たち、恥ずかしがり同士

きっと仲良くやっていけますね…▼
[ロンクー]
!? それはつまり…

求婚を受ける、ということか?▼
[オリヴィエ]
はい…! もちろんです。

私も…あなたのことが好きですから…▼
[ロンクー]
…そうか、良かった。▼

これからは、俺の剣はお前に捧げよう。

俺の傍から離れないでいてくれ。▼
[オリヴィエ]
ロンクーさん…

私、離れません…ずっと!▼

セルジュ

支援C

[セルジュ]
ねぇ、ロンクー。▼
[ロンクー]
…なんだ?▼
[セルジュ]
おかしなことを訊ねると

思うかもしれないけど…▼

幼い頃、貧民街で

暮らしていたことはない?▼
[ロンクー]
…なんのことかわからんな。▼
[セルジュ]
…そう。人違いのようね。

ごめんなさい。▼
[ロンクー]
…………▼
[セルジュ]
…ケリーという少女の名前に

聞き覚えはある?▼
[ロンクー]
お前…!なぜその名前を?▼
[セルジュ]
やっぱり…あの方々が話していたのは

あなたのことだったのね。▼
[ロンクー]
どういうことだ…?▼
[セルジュ]
私、ケリーさんの

ご両親とお会いしたの。▼

昔…ミネルヴァちゃんと

フェリアに行った時に。▼

町外れで賊に襲われかけているところを

助けたのだけれど…▼

そのとき、その方達の娘…ケリーさんが

賊に襲われて殺されたのだと聞いたの。▼

その時一緒にいたのが…

ロンクーという名の少年だったと聞いたわ。▼

ロンクーだなんて珍しい名前だから…

まさかと思って…▼
[ロンクー]
…あぁ。あいつは昔…

賊から俺を庇って死んだんだ…▼

そいつら…ケリーの両親は

さぞかし俺のことを恨んでいただろうな。▼

貧民街育ちのガキに

自分の娘を奪われて…▼
[セルジュ]
そのことなんだけど…▼
[ロンクー]
…いい。聞かずとも分かる。▼

すまないが、

少し一人にしてくれ…▼
[セルジュ]
あっ、ロンクー!▼

…この話には、

続きがあるのだけれど…▼

支援B

[セルジュ]
ロンクー。▼
[ロンクー]
…お前か。▼
[セルジュ]
何度もごめんなさい。▼

この前の話の続きを…

どうしてもあなたに伝えておきたくて。▼
[ロンクー]
…なんだ?ケリーの両親が

俺を恨んでいたという話か?▼

それならもう…▼
[セルジュ]
違うの。▼
[ロンクー]
…何…?▼
[セルジュ]
違うの…あの人たちは…ずっと

あなたに謝りたいと言っていたわ…▼

ケリーさんが亡くなった時、

あなたをひどく責めてしまったこと。▼

ケリーさんを殺したのは、

あなたではないのに…悪いことをしたと。▼

あなたが貧民街から姿を消したのは、

自分たちのせいだとも言っていたわ。▼
[ロンクー]
………▼
[セルジュ]
…ケリーさんが亡くなった後、

しばらくして日記が出てきたそうなの。▼

内容は…あなたと友達になれて嬉しかったこと、

たくさん遊べて楽しかったこと…▼

一緒に町外れに遊びに行く約束を…

楽しみにしていたこと。▼
[ロンクー]
…ケリー。▼
[セルジュ]
あの人たち、その日記を読んで

こう思ったそうよ。▼

娘は、あの少年と友達になれて

幸せだったんだな、って。▼

だから…ロンクーを恨んだりしてないわ。

もう…誰もあなたを恨んでなんかいない。▼

そのことをちゃんと、

あなたに伝えておきたくて…▼
[ロンクー]
…………▼

よく教えてくれた。

…礼を言う。▼
[セルジュ]
いえ…▼
[ロンクー]
俺はとっくに…

許されていたのだな…▼

でも…そうだとしても

俺のこの傷は…▼
[セルジュ]
あ…▼

支援A

[セルジュ]
元気がないのね、ロンクー。▼
[ロンクー]
俺はいつも通りだ。▼
[セルジュ]
いいえ、私にはわかるわ。▼

なんだか、ロンクー、

いつもより覇気が無いもの。▼

その証拠に…ほら。ミネルヴァちゃんが

真後ろに立ってても気付いてない。▼
[ロンクー]
うおっ!?

貴様、何の真似だ…!!▼
[セルジュ]
あらあら、貴様だなんて物騒ね。

ロンクーを元気づけようと思ったのよ。▼

この前は私…

余計なことを話してしまったみたいだから。▼
[ロンクー]
ケリーの両親の話か…

いや…話が聞けてよかった。▼

最初は、許されていたと聞いても

この傷が癒えないことに絶望したが…▼

あれから…悪夢を見る回数が

ほんの少しだけ減った。▼
[セルジュ]
悪夢…?▼
[ロンクー]
あぁ。俺はよく悪夢を見る…

ケリーが俺を庇って死ぬ夢を。▼

あいつの両親が、泣き叫びながら

俺のことを責める夢を。▼

俺は、俺が関わることで…そんな風に

人を不幸にしてしまうのが嫌だった。▼

特に女とは…できれば関わり合いたくないと

思いながら、ずっと生きてきた。▼
[セルジュ]
…ケリーさんとの事が、

女性嫌いの原因だったのね。▼
[ロンクー]
あぁ。でも…あいつの両親は、

ケリーが俺と友達になれて幸せだったと…▼

そう…言ってくれたのだろう…?▼
[セルジュ]
えぇ。確かにそう仰っていたわ。▼
[ロンクー]
…今の俺には、それで十分だ。▼

悪夢を見ることも、女嫌いも

すぐには治まりそうにないが▼

その言葉だけは…大切に

胸にしまっておこう。▼

…セルジュ。

話を聞かせてくれてありがとう。▼
[セルジュ]
いいえ。私は何もしていないわ。▼

…せめて、私が残りの傷を癒す

お手伝いをしましょうか?▼

手始めにミネルヴァちゃんと

お空のデートなんかいかがかしら。▼
[ロンクー]
…遠慮する。▼
[セルジュ]
あらまぁ、それは残念。▼
[ロンクー]
…だが、他に何かいい方法があれば

教えてくれ…▼
[セルジュ]
うふふ、わかったわ。▼

支援S

[セルジュ]
…それじゃあ、いくわよ。

つらくなったら言ってちょうだいね。▼
[ロンクー]
頼む。▼
[セルジュ]
えっと…女嫌いの人に触る時は、

どこが一番怖がられないで済むのかしら。▼

いきなり肩に手を置くのは

さすがに失礼だし…▼

ねぇ、ミネルヴァちゃんはどう思う?▼
[ロンクー]
…何をしている。

やるなら早くしろ。▼
[セルジュ]
あら、ロンクーはせっかちね。▼

どこに触るのが一番怖くないか

ミネルヴァちゃんと相談している所なのに…▼

やっぱり無難に頭かしらね…って、▼

…ロンクー?

あなた、私の手を…▼
[ロンクー]
あの調子だと、いくら待っても

触れてこなさそうだったからな。▼

手を握られるのは…嫌だったか?▼
[セルジュ]
いえ…▼

あ、あなたの方が心配だわ。

もう…怖くはないの?▼
[ロンクー]
あぁ、もう…だいじょうぶだ。

こうしていると安らぎすら感じる…▼

お前以外の女では、

とても無理そうだがな。▼
[セルジュ]
よかった…▼
[ロンクー]
嫌なら振りほどいてもいいんだぞ。

なぜここまで俺に付き合ってくれるんだ?▼
[セルジュ]
あらまぁ、それを女性に言わせるの?▼
[ロンクー]
…そうだな、悪かった。

セルジュ。これをお前に…▼
[セルジュ]
あ…これは、指輪…?

ロンクー、これってまさか…▼
[ロンクー]
…あぁ。俺の傷を軽くしてくれたお前を、

誰よりも愛おしく思っている。▼

俺は…

これからの未来をお前と歩みたい。▼

俺と、結婚してくれないか?▼
[セルジュ]
えぇ…喜んで…▼
[ロンクー]
…そうか。良かった…▼
[セルジュ]
うふふ、ロンクーからそんな言葉が聞けるなんて

思ってもみなかったわ。▼

ねぇ、ミネルヴァちゃん?▼

…あらあら、幸せにしなかったら

噛みついちゃうぞって言ってるわよ。▼
[ロンクー]
…安心しろ。俺がミネルヴァに

噛みつかれることは無い。▼

…必ず幸せにする。セルジュ。▼
[セルジュ]
…ありがとう、ロンクー。▼

ウード(親子)

支援C

[ウード]
はぁ…今日は空気が悪い…。

朝から体が疼いて仕方ないぜ…▼

……くっ!? この感じは何だ…!?

血の騒ぎ方が…いつもと…違う!?▼
[ロンクー]
ウード、何をしている?▼
[ウード]
父さん…! 来るな!

今の俺に近づくんじゃない…!!▼
[ロンクー]
…どうした!?▼
[ウード]
俺の中に眠る英雄の血が、

獲物を求めているんだ…!▼

今の俺に近づいたら…相手が例え

父さんでも、手加減ができない…っ!!▼

お願いだ、これ以上来ないでくれ!

俺は父さんを…傷つけたくない!!▼
[ロンクー]
どういうことだ…?

誰かに操られているのか…!?▼
[ウード]
あぁ…。この俺が自らの血如きに

踊らされるなど…なんたる不覚…!▼

ぐ…うっ! 静まれ…!

静まってくれ、俺の血よ……!!▼
[ロンクー]
…苦しいのか?▼

わかった。すぐにリズを呼んでくる。

だからそれまで辛抱しろ…!▼
[ウード]
えぇっ!? 母さんを!?

えっと……。えぇっとー…▼

…ふっ。それには及ばない。

この程度の身体の疼きなど…▼
(ロンクー退場)
[ウード]
あと数刻もすれば消え去るだろう…。

俺はこのようなことには慣れている…って、▼

…ちょっと父さん!?

本当に母さん呼びに行っちまったのか!?▼

あー…。どうしよう。▼

支援B

[ウード]
あのー…。

父さん、まだ怒ってるか?▼
[ロンクー]
…当然だ。▼

お前がいきなり苦しみ出すから、

俺もリズも、心配した。▼

あの妙な設定の芝居は

いったい何のつもりだ?▼
[ウード]
妙な設定って何だよ! 俺が頑張って

考えたみたいに言うのやめろって!▼

俺は正真正銘、英雄の血を宿した

選ばれし希望の戦士、なんだからな!▼
[ロンクー]
何なんだそれは…。

まったく、恥ずかしい奴め。▼
[ウード]
ふん…恥ずかしいとは心外だな!

まぁ父さんは、俺から見れば▼

十数年も昔の人だから、

わかんないのかもな~…この感覚が。▼
[ロンクー]
…わからなくて結構だ。▼

…!! ウード、伏せろ!!▼
[ウード]
へっ!?▼
[ロンクー]
…ぐっ!!▼
[ウード]
父さん! 肩に矢が…!!▼
[ロンクー]
ちっ…。敵兵の奇襲か…▼

…おい、逃げるぞ。

伏兵がいたら厄介だ。▼
[ウード]
……っ!!▼
(暗転)
[ロンクー]
ここまで来ればいいだろう。

ウード、平気か?▼
[ウード]
……して……だ…▼
[ロンクー]
なんだ?▼
[ウード]
どうして…どうして俺なんか庇ったんだよ!!

死んだらどうするんだ!▼

父さんはいつもそうだ! あの時だって、

俺のことさえ気にしなければ…!!▼
[ロンクー]
…あの時? 何のことだ。

また何かの芝居なのか?▼
[ウード]
うっ…うぅっ…!!▼
[ロンクー]
!! 泣いてる…のか?

何があった?▼
[ウード]
……………何でもない。▼

今のも妙な設定の芝居だから。

だから…気にするなよ。▼

それより、その傷治さないとな。

すぐに母さんを呼んで来るから、待っててくれ。▼
[ロンクー]
………▼

支援A

[ウード]
父さん、肩の傷…大丈夫か?▼
[ロンクー]
あぁ、大丈夫だ。

深い傷ではなかったしな。▼
[ウード]
そうか…良かった。▼

また俺のせいで父さんが死んだら

どうしようかと思ったぜ…▼
[ロンクー]
また? この前もそう言っていたが、

あれは芝居ではなかったんだな。▼

もしかして、未来の俺は…

お前を庇って死んだのか?▼
[ウード]
………そうだ。父さんは俺のせいで…▼

俺が屍兵の攻撃を避けられなかったせいで、

死んじまったんだ…!▼
[ロンクー]
…やはり、そうだったか。▼
[ウード]
だから、この前はつい取り乱しちまった。▼

父さんが未来で死んだときと、

この前の状況が、あまりにも似てたから…▼
[ロンクー]
…そうか。

辛いことを思い出させたな。▼

未来でお前に寂しい思いを

させてしまって、悪かった…▼
[ウード]
……!! 父さん…!▼

…あ、安心してくれよ!

俺は寂しいなんて思ったことないぜ!?▼

何たって俺の中には父さんと母さんがいる。

大切な二人がくれた血が流れてるから。▼

俺を産んでくれた英雄と、

俺を生かしてくれた英雄の血がな。▼
[ロンクー]
ウード…。…ん?

ではお前の言う英雄の血とは…▼

俺とリズの血のことだったのか?

俺たちの血はそんなに騒ぐのか…?▼
[ウード]
……まぁ、騒ぐって言うのは

かっこいいから言ってるだけなんだけど…▼
[ロンクー]
…はぁ?▼
[ウード]
い、いや! 何でもない!

とにかく、俺はこの血に誇りを持ってる。▼

この血がある限り、俺は無敵だ。

なんでもできるっていう気分になるんだ。▼

両親が果たせなかった願いだって、

俺が代わりに果たしてみせる!▼

俺がこの世界に来たからには

今度こそ死なせないぜ、父さん!▼
[ロンクー]
…そうか。▼

お前は、未来の俺の想いを

受け継いでくれているのだな。▼
[ウード]
あぁ、そうだぜ…!▼

くっ…また血が騒いできた…!▼

どうした父さん…! 過去の自分を

前にして、感情がたかぶっているのか…!?▼
[ロンクー]
…………。

いつもの調子に戻ったのはいいが…▼

あまり俺とリズの血で遊ぶな…▼

アズール(親子)

支援C

[アズール]
はぁ…もうちょっとでお姉さんと

お茶の約束ができたのにー。▼

父さんったら何で止めに来るのー?▼
[ロンクー]
もうすぐ行軍の時間だからな。

仕方ないだろう。▼

時間を忘れてナンパをしていた

お前が悪い。▼
[アズール]
あ、そうだったね。ごめんなさーい。

よーし、今日もいっちょ頑張るかぁー!▼
[ロンクー]
…………▼
[アズール]
ん? どしたの、父さん。

僕の顔に何かついてる?▼
[ロンクー]
…お前は、未来にいた時から

そんな感じなのか?▼
[アズール]
そんな感じ、って?▼
[ロンクー]
絶望に支配されていたという未来から

来た割には、悩みが無さそうというか…▼

ルキナが持っている

強い使命感や決意のようなものが、▼

お前からは微塵も感じられんのだ…▼
[アズール]
えー!? ちょっと何それ!

僕だってちゃんとした使命ぐらいあるよ!▼
[ロンクー]
ほぅ…何だ?▼
[アズール]
えへへ。そりゃもちろん、

大勢の女の子たちにモテることだよー!▼
[ロンクー]
女の子にモテるだと…?

それがお前の使命か?▼

それがわざわざ過去に来てまで

成し遂げる使命なのか?▼
[アズール]
やだ。父さんったら僕の使命を

そんな大声で…恥ずかしいよ。▼
[ロンクー]
そうやって恥じらうな…気持ち悪いぞ。▼
[アズール]
気持ち悪いだなんてひどいなー。

母さんが恥じらったら喜ぶくせにー。▼
[ロンクー]
………

それとこれとは話が別だ。▼

はぁ…お前の相手をしてると疲れる。

俺は先に行くぞ。▼

(ロンクー退場)

[アズール]
…………▼

…はは。悩みが無さそう、ねぇ…

父さんもなかなかキツいこと言うなぁー…▼

支援B

[アズール]
いたたた…参ったなぁ…これ。

こんなんじゃ戻れないよ…▼
[ロンクー]
どうした、アズール。▼
[アズール]
うわっ!? と、父さん!?

えーと…ちょっと可愛い子見かけちゃってさ!▼
[ロンクー]
…嘘だな。明らかに傷を庇っている。

この辺り、怪我をしているな。▼
[アズール]
いっ…! 痛い痛い! 痛いよ…!

もう、父さんったら乱暴なんだから…▼
[ロンクー]
おい…! かなり酷い傷じゃないか。

どうしてすぐに言わなかった!?▼
[アズール]
えー。だってそんなかっこ悪いところ、

女の子に見られたらまずいじゃない?
[ロンクー]
…いい加減にしろ!!▼
[アズール]
父さん…?▼
[ロンクー]
お前、こんな時まで女の話か!?

ふざけるのも大概にしろ!▼

本当に、何のためにこの時代に来た!?

ルキナはあんなに必死で戦ってるのにお前は…▼

…正直、見損なった。

お前は戦争というものをわかっていない。▼
[アズール]
………▼

知った風な口きかないでよ…▼

わかってないのは、父さんの方だよ…!▼
[ロンクー]
なんだと…?▼
[アズール]
僕が本当に、女の子にモテたいだけなら、

こんなところまで来てないよ。▼

毎日毎日、明日死んじゃうんじゃないかって

思いながら…戦ったりなんかしてないよ!!▼
[ロンクー]
…アズール?▼
[アズール]
僕、これでも未来では期待されてたんだよ。

毎日毎日、屍兵を倒し続けてたから。▼

皆の期待を背負ってるのに、

弱いところなんて、見せられない。▼

あの世界で…辛いのはみんな同じなのに、

僕だけ弱音を吐くなんて、できない。▼

父さんがいなくても、

母さんが死んじゃっても、大丈夫だって…▼

いつも笑って、何でもないよって顔して

戦い続けるしかなかったんだよ…!!▼
[ロンクー]
…………▼
[アズール]
…父さんは僕に

悩みが無さそうだって言うけど、▼

今だって…苦しいとか辛いとか

まったく思わないなんてこと、無い。▼

ただ、それを見せたくない…ううん、

見せられなかっただけなんだ。▼

それが父さんの気に障ったのなら

謝るよ…ごめんなさい。▼
[ロンクー]
…いや…▼
[アズール]
あと…心配してくれて、ありがと。

この傷、ちゃんと治してもらってくるから…▼

(アズール退場)

[ロンクー]
………▼

支援A

[ロンクー]
アズール。お前に話が…▼
[アズール]
あっ、父さん! 見て見て、この前の傷。

ちゃんと治してもらったんだよー。▼
[ロンクー]
あ、あぁ…良かったな。▼
[アズール]
うん、心配かけてごめんねー。▼
[ロンクー]
…俺も、この前は

無神経なことを言ってすまなかった。▼

お前はちゃんと戦っていたのに、

何も分かってないなどと…▼
[アズール]
あぁ、なんだそんなこと。

いいんだよ、僕も悪かったんだし。▼
[ロンクー]
しかし…▼
[アズール]
…笑ってよ、父さん。▼
[ロンクー]
?▼
[アズール]
そんな神妙な顔してたら、暗くなっちゃうよ。

笑って笑ってー。ほらほらー。▼
[ロンクー]
ふ、はは…! く、くすぐるな…!▼
[アズール]
ははは! さすが父さん。いい笑顔だね。

父さんにはずっと笑ってて欲しいなー。▼

僕、みんなが笑顔でいられるような

世界を取り戻すために、ここに来たんだから。▼
[ロンクー]
…それがお前の、本当の使命か?▼
[アズール]
そうだよー。この前は嘘ついてごめんね。▼

でも…これからは、

父さんには本音を話すって決めたから。▼
[ロンクー]
そうか…良かった。▼
[アズール]
でも、僕が本音を話しだすと

うっとうしいかもよー?▼

こう見えて僕、すぐ落ち込むし。

かなり後ろ向きだし、すぐ泣くし。▼

特にナンパに失敗した時なんかは

目も当てられない感じになるし、なんてね。▼
[ロンクー]
…アズール。そうやってもう無理に

俺を笑わそうとしなくていい。▼
[アズール]
笑いを取ろうとしたわけじゃないよー。

僕が女の子を好きなのは本当だし!▼
[ロンクー]
ふ…それならいいんだが。

…ん? 女好きはいいことなのか…?▼

…とにかく。俺も、お前が強がらずに

いられる世界を取り戻す。▼

未来で死んだ俺の分まで、お前を守る。

だから…辛い時は、俺を頼れ。▼
[アズール]
…父さん…▼

…ありがとう! 父さんったら

そんなに僕のこと考えてくれてるんだ…!▼
[ロンクー]
なっ…!

首にしがみつくな…苦しい…!▼
[アズール]
だって、父さんがそんなこと言うなんて

思わなかったんだもん…▼

僕も父さんを守るよ。今度こそ…

父さんを死なせたりなんかしない。▼

だから…もう僕を置いていかないでね…▼
[ロンクー]
…あぁ。▼

ブレディ(親子)

支援C

[ブレディ]
さぁ、紅茶が入ったぞ。父さん。▼

えーと…これは何とかいう地方で採れた

何とかいう茶葉だな。まぁ、高いやつだ。▼
[ロンクー]
……おい。▼
[ブレディ]
なんだ、何か足りないのか!?

茶菓子か!? スコーン的なアレか!?▼

ちっ…あいにく今日はそこまで

用意できていない。すまないな、父さん。▼
[ロンクー]
…いや。それよりもだな…▼
[ブレディ]
なんだよてめぇは! 早く飲めよ!

紅茶は冷めるとおいしくないんだぞ!!▼
[ロンクー]
す…すまない。

いただくぞ…▼

………あの、ブレディ。▼
[ブレディ]
あぁ?▼
[ロンクー]
なぜ俺たちは、こんなところで

優雅に茶なんかしているんだ。▼
[ブレディ]
なんでって…父さんの日課なんだろ?

昼下がりに紅茶を飲むの。▼
[ロンクー]
…何だその日課は。

俺は普段そんなことはしていないぞ。▼
[ブレディ]
なにぃ!? じゃあさっき母さんが▼

『お父さんの日課に付き合ってきて

差し上げなさい』って言ったのは嘘かよ!▼
[ロンクー]
俺に紅茶を飲む日課がない限り、

そういうことになるな。▼
[ブレディ]
あの野郎ーーー!

俺で遊びやがったなーーー!▼
[ロンクー]
マリアベルのやつ、何を言ったんだ?▼
[ブレディ]
…いや、父さんは気にしなくていい。

俺は今から母さんに話をつけに行く。▼

父さんはゆっくり茶でも飲んでいてくれ。

じゃあな!!▼
(ブレディ、一瞬消える)
[ブレディ]
…忘れてた。ポットにはこれをかぶせておけ。

紅茶が冷めにくくなる。▼
(ブレディ退場)
[ロンクー]
何だったんだ…▼

支援B

[ブレディ]
この前は悪かったな、父さん。▼
[ロンクー]
この前って…あぁ、先日の茶のことか。

別に謝ることではない。▼

お前と話ができて、

俺は楽しかったぞ。▼
[ブレディ]
なら良かったけどよ…

結局一人で茶をさせちまったからな。▼

今日は詫びの気持ちを込めて、

バイオリンを演奏しようと思う。▼
[ロンクー]
…なに!?▼
[ブレディ]
父さんに謝る時はバイオリン演奏が

必須だと聞いたんだが…▼
[ロンクー]
何なんだ、その謝罪方法は。▼
[ブレディ]
バイオリンで立て続けに三曲演奏したのち

その場で宙返りをすれば▼

父さんは手を叩いて大喜びする、と…▼
[ロンクー]
それが本当なら

俺はとんでもない阿呆だな…▼

…ブレディ、よく聞け。

目を覚ませ。▼

俺はそんな謝罪を受けたことは無いし、

宙返りを見て大喜びしたことも無い。▼

またマリアベルに遊ばれたんだ、お前は。▼
[ブレディ]
はぁあ!? またかよ!!

あの野郎、一度ならず二度までも…!▼
(ブレディ消える)
[ロンクー]
ブレディ、待った。▼
(ブレディ再登場)
[ブレディ]
…んだよ、父さん。▼
[ロンクー]
せっかく俺のところに来たんだ。

今日はゆっくり話でもしないか。▼

こんなことでもないと、お前は

俺と話しになんか来なかっただろう?▼
[ブレディ]
……ちっ。母さんのやつ、

こうなることを読んでやがったな…▼

ふん。あいつの思惑どおりなのは

気に食わねぇが…▼

父さんと話すのは、悪くない。▼
[ロンクー]
…そうか。▼

支援A

[ブレディ]
…それでな、母さんの奴

他のことでも俺をおちょくりやがって…▼
[ロンクー]
ふっ…▼
[ブレディ]
んだよ、父さん。

今のはまだ笑うトコじゃねぇぞ。▼
[ロンクー]
…いや、お前と親しくなれて

良かったと思ってな。▼

初めてお前を見た時は、正直

『こいつが俺の息子か?』と思うほど▼

怖い顔をしていたからな。▼
[ブレディ]
悪かったな。こんな怖い息子で。▼

ま、本当に気に入らねぇんだったら

『本物』をもっと上手く教育してやるこった。▼
[ロンクー]
本物…この時代のお前のことか?▼
[ブレディ]
あぁ、そうだよ。

俺はあんたの本物の息子じゃねーからな。▼
[ロンクー]
………▼

…ブレディ。▼
[ブレディ]
…何だお前、なんつー顔してんだよ。

俺に気ぃ遣う必要なんかねぇよ。▼

俺は他の奴みたいに

この時代の自分に嫉妬なんかしない。▼

所詮は別物だ。本物が産まれたら、

俺のことを忘れちまっても恨まねぇよ。▼
[ロンクー]
お前…それは本気で言っているのか?▼

息子が産まれたから忘れるなど、

俺は絶対にしないぞ。▼

確かにお前は俺の本当の息子ではない。

でも、他人だなんてことはもっとない。▼

お前は俺の友人で、

俺が決めた最初の息子…なのだからな。▼
[ブレディ]
………父さん。▼

…んだよ、泣かないでおこうと思ったのに。

何てこと言いやがんだ…▼

父さん…忘れてくれって言ったのは嘘だ。

…覚えててくれよ。俺のこと。▼

俺と友達になったこと。

俺みたいな奴がいたこと。…いいよな?▼
[ロンクー]
…当たり前だ。

忘れられるわけがない。▼

覚えている、ずっと。未来で死んでしまった、

お前の本当の父の分まで…な。▼
[ブレディ]
…あぁ。▼

…もし俺より先に死にやがったら、

墓に嫌というほど紅茶をかけた上に▼

バイオリンで三曲演奏して

宙返りをしてやるからな。覚悟しろ。▼
[ロンクー]
…それは、

絶対に死ぬわけにいかないな。▼

デジェル(親子)

支援C

[デジェル]
父さん、今時間ある?

ちょっと手合わせしてくれないかしら。▼
[ロンクー]
…デジェルか。悪いが、

今日は手合わせはできない…▼
[デジェル]
と、父さんどうしたの!?

顔も真っ青だし、脂汗もひどいわ!▼
[ロンクー]
平気だ…。

少し腹が痛むだけだから…うっ!▼
[デジェル]
お腹!? どこかケガでもしてるの!?

くっ…いったい誰がこんなことを…!▼
[ロンクー]
今日の食事…▼
[デジェル]
へっ?▼
[ロンクー]
今日の食事を食べたら…こうなった。▼

みんな今、同じ症状で苦しんでいる…。

お前も…気をつけろ。▼
[デジェル]
…………▼
[ロンクー]
うぅ…ソワレの料理も酷いが…

今日のはもっと酷い…いったい誰が…▼
[デジェル]
…私よ。▼
[ロンクー]
なにっ…!▼
[デジェル]
……ごめんなさい。

おいしくできたと…思ったんだけど。▼
[ロンクー]
くそ…! き、気にするな!▼

俺はおいしく食べたぞ。

この腹痛は単なる偶然だ…▼
[デジェル]
嘘よ! さっき皆も同じ症状だって

言ってたじゃない!▼

父さんのうそつきーーー! わーーーん!!▼
(デジェル退場)
[ロンクー]
デジェル…!▼

お…追いかけないと…

しかし、腹が……!▼

支援B

[デジェル]
はっ!! はあっ! でやあぁぁっ!!▼
[ロンクー]
今日はいつもに増して

激しい訓練だな、デジェル。▼
[デジェル]
えぇ。食事当番ができない分、

実戦でみんなの役に立たないと。▼
[ロンクー]
もう食事当番はしないのか?▼
[デジェル]
あんな結果になったんだから、当然よ。

父さんも見たでしょう、あの後の戦闘。▼

みんなが腹痛をこらえながら

生まれたての小鹿のような足取りで▼

敵に向かっていく姿を…!▼
[ロンクー]
あ、あれは…確かに酷かったが。▼

しかし、次は上手くいくかもしれん。

俺はまた、お前の料理が食べたいぞ。▼
[デジェル]
…ダメよ!!▼
[ロンクー]
デジェル?▼
[デジェル]
だって、また失敗したらどうするの?

もし私の料理を食べて父さんが死んだら?▼

私の料理で、また未来でのような

惨劇が繰り返されたらと思うと…!▼

そんなの私…耐えられない!▼
[ロンクー]
…惨劇とは大袈裟な…▼
[デジェル]
父さんはあの光景を知らないから、

そんなことが言えるのよ…!▼
[ロンクー]
…すまん。では、お詫びに

俺が料理を教えてやろう。▼

だから元気を出せ。

上手くできたら、皆に食べてもらうぞ。▼
[デジェル]
う…うん…わかったわ…。

ありがとう、父さん…▼

支援A

[ロンクー]
…良い匂いのスープだ。

よく頑張ったな。▼

これなら皆に食べてもらえるだろう。▼
[デジェル]
ありがとう。

父さんの教えが良かったおかげよ。▼

父さんたら、すごく手際がいいんだもの。

料理ができるなんて知らなかったわ。▼
[ロンクー]
あぁ…ソワレは料理ができないからな。

料理は俺の役目ということにしている。▼
[デジェル]
そうだったんだ。

仲良しなのね。父さんと母さん。▼
[ロンクー]
……まぁな。▼
[デジェル]
…………▼

…ふふっ。▼
[ロンクー]
どうした。▼
[デジェル]
なんかね、こうしてると

普通の親子みたいだなって思って。▼

私は、父さんってどんなものか

知らなかったから…こういうの、嬉しい。▼
[ロンクー]
………▼

…デジェル…。▼
[デジェル]
…なんてね。

ちょっとしんみりしちゃったわ。▼

さ、試食試食!▼
[ロンクー]
…デジェル、お前はいつも

気丈で強い面しか見せないが、▼

俺の前では

もっと甘えてもいいんだぞ。▼
[デジェル]
父さん…。ありがとう…。

じゃあお言葉に甘えて…▼
[ロンクー]
なんだ?▼
[デジェル]
私にもっと料理を教えて!

このスープ、土みたいな味がする…▼
[ロンクー]
……そうか。

…………土か。▼
[デジェル]
うん…▼
[ロンクー]
大丈夫だ。食べ物の味になるまで…

付き合ってやるからな…▼
[デジェル]
うん……!▼

セレナ(親子)

支援C

[セレナ]
ねぇ父さん、あたしとデートしない?▼
[ロンクー]
…何故だ。▼
[セレナ]
なによ! 娘が父親と出かけるのに

理由がいるわけー?▼

娘からのデートのお誘いって言ったら、

大抵の父親は泣いて喜ぶんだから!▼
[ロンクー]
…父親…そうだな。こいつは俺の娘なんだから

デートと言っても気構えなくていいのか。▼

わかった。どこに行きたいんだ?▼
[セレナ]
えっとね、この先にある町に行きたいの。

可愛いお洋服のお店がいっぱいあったのよ!▼
[ロンクー]
洋服が好きなのか。

お前も年頃の娘というわけだな…▼
[セレナ]
あはは、今は父さんだって

あたしとあんまり年変わらないじゃない。▼
[ロンクー]
…それもそうだな。▼
[セレナ]
…ねぇ父さん、今こうやって並んで歩くと

あたしたちきっと、恋人同士に見えるわね…▼
[ロンクー]
な…なにっ…?▼
[セレナ]
あ…あたしなんかが隣じゃ…嫌かな?

やっぱり母さんの方がいい…?▼
[ロンクー]
うっ…。どうしたんだお前…

俺は女が苦手なんだ、あまり意識させるな!▼

まぁ…別にお前が嫌というわけではないが。▼
[セレナ]
ほんとに!? うれしい!▼

ねぇ父さん…あたし、町に行ったら

欲しいものがあるんだけど…▼

買って欲しいって言ったら…困る?

母さんに悪いかなぁ…?▼
[ロンクー]
そ、そんなことは知らん…!

欲しいものがあるなら買ってやるから…!▼

だからもう少し離れろ! 腕を組むな!▼
[セレナ]
うん! ありがとう、父さん!

だーいすきー!▼
[ロンクー]
はぁ…▼
[セレナ]
……ふふ、ちょろいものだわ。▼

支援B

[セレナ]
父さん、この前はありがとー。▼

いっぱいあたしの欲しいもの買ってくれて、

とっても嬉しかったわ。▼
[ロンクー]
…まさかあんなに買わされるとは…。

どこで物のねだり方を覚えたんだ…▼
[セレナ]
ねぇ父さん聞いてるー?▼
[ロンクー]
あぁ、聞いている。▼
[セレナ]
良かった! …ねぇ、あたしまた

父さんとデートしたいなぁ?▼

実は素敵な装飾品のお店を見つけたの!

すぐそこの町にあるんだけど…▼
[ロンクー]
…ダメだ!▼
[セレナ]
えっ…なんで?

あたし…何か悪いことしちゃった…かな?▼
[ロンクー]
…そんな目で見るな。

ダメなものはダメだ。▼

このまま物を買い与えたら

お前のためにならないからな。▼
[セレナ]
ちっ…▼
[ロンクー]
ぬ、殺気…!?▼

あのな…別に買わないと

言ってるわけではない。▼
[セレナ]
えっほんと?▼
[ロンクー]
あぁ。軍のために手伝いをしてきたら

その褒美として、▼

お前の欲しいものを

ひとつだけ買ってやる。▼
[セレナ]
はぁあ!? お手伝い~!?

信じられない! 子供かっつーの!▼
[ロンクー]
現に子供だろう…▼

…いいか、セレナ。若いうちの苦労は

買ってでもしろという言葉があってな…▼
[セレナ]
苦労なら未来で嫌ってほど

してきたんだけどー?▼
[ロンクー]
……とにかく、俺はもうむやみに

物を買い与えることはしない。▼

欲しいものがあるなら

手伝いのひとつでもして来い。▼
[セレナ]
あーはいはい、やりゃあいいんでしょー?▼

その代り、ちゃんとできたら

あたしの欲しいもの買ってよねー!▼
[ロンクー]
あぁ。▼

支援A

[セレナ]
これをこうして…こう。

…あっ! また壊れたー!▼

もーーー! なんで何もかも

うまくいかないわけーーー!?▼
[ロンクー]
…セレナ?

何をしている?▼
[セレナ]
!! 父さん…。

何って、武器の整備してんのよ…▼

軍の手伝いしろって言ったでしょ…。

だからその…▼
[ロンクー]
…それにしても、

派手に壊したな…▼
[セレナ]
…だって、磨こうと思ったら

勝手に壊れるんだもん。▼

どーせあたしは…母さんみたいに

何でもできる子じゃないわよ…▼
[ロンクー]
セレナ…?▼
[セレナ]
お料理しようと思ったら焦がしちゃうし、

薪割りも天幕張りも全然できないし、▼

手伝いどころか

みんなに迷惑かけちゃったわ…▼

父さんも、あの母さんの娘が

あたしみたいなものでがっかりしたでしょ?▼
[ロンクー]
…………▼
[セレナ]
何よ。言いたいことあるなら言えば?▼
[ロンクー]
…がっかりなど、していない。

俺はお前が来てくれて嬉しい。▼
[セレナ]
…はぁ!? そんな嘘がなんかついて

あたしのことバカにしてんの!?▼

今までみんな、あたしが何か失敗すると

母さんと比べて役立たずだって言ったもの!▼

母さんの一番近くにいた父さんが、

同じこと思わないはず゛ないわ!▼
[ロンクー]
俺はお前を誰かと比べたりしない。

お前はお前だ。▼

他の誰でもない

大切な…俺の娘だ。▼
[セレナ]
…!!▼
[ロンクー]
俺は何があってもお前を悪く言わない。

ずっとお前の味方でいる。▼

だから…二度とそういうことを言うな。

俺の方が悲しくなる。▼
[セレナ]
…………!▼

う…うぅ…! ご…ごめんなさい…!

ぅわぁぁぁぁぁん…!▼
[ロンクー]
…辛い思いをしてきたんだな。

苦労しろなどと言って、悪かった。▼

手伝いは失敗したが、

装飾品は買ってやる。▼

俺からの詫びの気持ちだ。▼
[セレナ]
…いらない。もう、そんなのいらない!

父さんがいればいい!▼

未来の時みたいに、勝手に死んだりしたら、

許さないんだからぁ~…!!▼
[ロンクー]
セレナ…わかった。▼

今度こそずっと傍にいて、

お前のことを守ってやる…▼

ジェローム(親子)

支援C

[ロンクー]
ジェローム…▼
[ジェローム]
…何だ、お前か。

私に何か用か?▼
[ロンクー]
いや…特に用は無いが…▼
[ジェローム]
ならば声などかけるな。

私はお前と馴れ合うつもりはない。▼
[ロンクー]
そうか…▼
[ジェローム]
そうだ。▼
[ロンクー]
…そう言えばお前は俺のことを

『お前』とばかり呼ぶが、▼

ルキナのように『お父様』とは

呼ばないのか。▼
[ジェローム]
…ふん。お前は私の父親ではない。

私の父親はとうにこの世を去った。▼

お前は、私の父によく似た別人だ。

別人を父と呼ぶ筋合いなどないだろう。▼
[ロンクー]
…まぁ、そうだが。

お前は他人を拒絶しすぎだ。▼

もしや…これは親の愛情に

飢えている、というやつなのか…?▼

仕方ない…今だけなら

俺に甘えても良いぞ。ほら。▼
[ジェローム]
…バカげたマネを…▼
[ロンクー]
…………▼
[ジェローム]
言いたいことはそれだけか?

ならば私はもう行くぞ。▼

私は今からミネルヴァちゃんの

世話をするのだ。▼
[ロンクー]
ミネルヴァ…ちゃん?▼
[ジェローム]
はっ…! なな何でもない!▼
(ジェローム退場)
[ロンクー]
あいつ…▼

支援B

[ロンクー]
ジェローム。ミネルヴァちゃんの世話は

ちゃんとできたのか?▼
[ジェローム]
お前…! この前のこと

まだ覚えているのか…!▼

言っておくが、私はいつもその呼び名で

ミネルヴァを呼んでいるわけではないぞ!▼
[ロンクー]
この前のこと…?▼

これはセルジュがそう呼んでいるから

俺もそう呼んでみただけだぞ。▼
[ジェローム]
あっ…!▼
[ロンクー]
ふっ…。引っかかったな。

少しは可愛いところもあるようだ。▼
[ジェローム]
…………▼
[ロンクー]
…そんなに睨むな。

卑怯なマネをしたことは謝る。▼

あとでミネルヴァの好きな餌を

分けてやるから、許せ。▼
[ジェローム]
……仕方ないな。▼
[ロンクー]
ふぅ…▼

それにしても今の怒り方、

セルジュにそっくりだ…▼
[ジェローム]
何か言ったか?▼
[ロンクー]
いや。それより、向こうにいるのは

お前のミネルヴァか。▼
[ジェローム]
あぁ。私の大切な相棒だ。▼
[ロンクー]
…ふむ。怖さに磨きがかかっているな。

凶悪さが増したとでも言おうか…▼
[ジェローム]
何を言う。あんなに可愛い飛竜は

未来でもそうはいなかったぞ。▼

はぁ…あの鋭い眼差し、輝くうろこ、

鋭い牙…どれをとっても可愛い…って、▼

何を言わせるのだ!!▼
[ロンクー]
お前が勝手に言ったんだろう。▼
[ジェローム]
くっ…! 行くぞ、ミネルヴァ!▼
(ジェローム退場)
[ロンクー]
ちっ、逃げたか…▼

支援A

[ロンクー]
ジェローム。

今日もミネルヴァと一緒なのか。▼
[ジェローム]
なんだ? またお前は

私をからかいに来たのか…?▼
[ロンクー]
…いや。ただ、そろそろ俺のことを

父さんと呼んでくれるのでは、と思って。▼

この前はかなり本音を

話していたようだしな。▼
[ジェローム]
…本音だと?▼
[ロンクー]
『ミネルヴァちゃん、可愛いー』と

言っていただろう。▼

あの時のお前、

緩みきった顔をしていたぞ…▼
[ジェローム]
!!! …ミネルヴァ!

こいつを少し脅してやれ!!▼

…………▼

…………ミネルヴァ?▼
[ロンクー]
…ミネルヴァは俺を脅さん。

こいつは俺の、家族だから。▼

…よしよし。ちゃんと俺のことを

覚えていてくれているのだな。▼
[ジェローム]
ミネルヴァ…▼

ミネルヴァは、

そいつのことを家族と認めるのか?▼

そいつは、お前の知る私の父とは

別人なのだぞ。…それでも。▼

…………そうか。▼
[ロンクー]
? ミネルヴァは何と言っている。▼
[ジェローム]
ふっ。家族だと言うわりには

ミネルヴァの言葉を理解できぬのだな。▼
[ロンクー]
…………▼
[ジェローム]
まぁ良い。ミネルヴァはな、

お前のことを家族だと認めると言った。▼

ミネルヴァは未来で私を支えてくれた、

大切な存在だからな。▼

こいつがお前を認めると言うのなら、

私も…いくらか考えを改めることにする。▼

別人などと言ってすまなかったな、

…父さん。▼
[ロンクー]
!! ジェローム。

いま俺のことを、何と呼んだ。▼
[ジェローム]
くっ…! もう二度と呼ばん!

行くぞ、ミネルヴァ!▼
[ロンクー]
待てジェローム。

よく聞こえなかった。もう一度だ。▼
[ジェローム]
しつこいぞ!!▼

マーク男(親子)

支援C

[マーク]
うーん、どうして僕は父さんのこと

覚えてないんでしょう…?▼

母さんのことはあんなにちゃんと

覚えてるのに…▼

母さんが立派な軍師だったってことも

一緒に勉強したことも覚えてるのに…▼

なーんで父さんのことは

きれいさっぱり忘れてしまったのか…▼
[ロンクー]
…どうした、マーク。▼
[マーク]
父さん!▼

すごいです、ちょうど今父さんのことを

考えてたんですよー!▼

これって運命!? 親子の運命!?▼

…あ、待って下さい。確か母さんが昔…▼

これは運命じゃない、絆だー!

みたいなことを言っていたような記憶が…▼

ってことで父さん、僕らがここで会ったのは

運命ではなく絆です!▼
[ロンクー]
そうか…▼
[マーク]
そうですよ! 絆って素晴らしいです。

覚えてなくても呼び合うものなんですね。▼

…って、感心してる場合じゃ

ありませんでした。▼

僕、なんで父さんのこと覚えてないのか

ずーっと考えてたんです。▼

良かったら父さん…僕が父さんのこと

思い出せるように協力してくれませんか?▼
[ロンクー]
あぁ…▼
[マーク]
良かった!

ではまた時間のある時に声をかけますね。▼

男同士の約束ですよ!

じゃあ僕はこれで!▼
[ロンクー]
よく喋る奴だ…▼

支援B

[マーク]
父さんっ、今時間いいですか?▼
[ロンクー]
あぁ。▼
[マーク]
やったぁ! じゃあ約束通り、

『記憶を取り戻そう大作戦』に▼

協力していただくことにします!▼

とは言ったものの、どうしたら記憶って

戻るんでしょうね…▼

頭を強くぶつけるのは

もう何度も試しましたし…▼

ゆらゆら揺れるものを見つめ続けるのも

僕には効果がありませんでした…▼

ねぇ父さん、どうしたらいいと思いますか?▼
[ロンクー]
…俺の顔を見ていれば

何か思い出すんじゃないのか。▼
[マーク]
それだーーー!! 父さん天才です!▼

未来ではきっと見慣れていたはずですし、

じっと見てたら、何か思い出しますよね。▼

んー、なかなか良い策ですよこれは。▼

さすが天才軍師の母さんを

コロッと落としただけのことはありますね。▼

ではでは、失礼して…。

じーーーーーーーっ…▼

……………………▼

……………………▼

だめだーーー!!▼

何にも思い出せませんーーー!!▼

あぁ…この感じって、なんかこう…。

同じ文字をずっと見続けてたら▼

『あれ? これってこんな文字だっけ?』

みたいになる感じと似ています…。▼

父さんって…こんな顔でしたっけ?▼
[ロンクー]
それを今思い出そうと

しているんだろう。▼
[マーク]
ですよね…。すみません、

せっかく協力していただいたのに…▼

でも僕は諦めませんよ!

絶対に父さんを思い出してみせます!▼

というわけで、

また協力して下さいね、父さん!▼

支援A

[マーク]
はぁ…やっぱり今日もダメですね…▼

毎日毎日嫌というほど、

こうして父さんの顔を見ているのに▼

何も思い出せないなんて

自分が情けなくなりますよ…▼

ほんとに…どうして……

うっ…ううっ…ぐすっ…▼
[ロンクー]
!! …なぜ泣く?▼
[マーク]
だ…だって…だって……!

僕…父さんのことも母さんとおなじように▼

大好きだったはずなのに…!

思い出せないのが…辛いんです…!!▼

父さんが僕に作ってくれた思い出も

たくさんあったはずなのに…▼

何一つ覚えていられなかった自分が…

ほんとに…情けないんです…!▼

情けないんですよーーー!

びえぇぇぇぇん!!▼
[ロンクー]
マーク…。▼
[マーク]
うっ…! ちょっと泣きすぎた…かな。

あ…頭が痛い…!▼

いたたた…!▼

…………あ!?▼
[ロンクー]
どうした?▼
[マーク]
……思い出し…ました。父さんのこと。

ほんとにちょっとだけ…ですけど。▼

父さんが僕に向かって、優しく笑って…

『マーク』って…名前を呼んでました…▼

ふふ、いつも見てる父さんの顔より、

少し年を取った顔でしたよ…▼

…良かった。ちゃんと思い出せました▼

ありがとう、父さん。

全部父さんのおかげです。▼

何だかこれで自信がつきました!

時間はかかるかもしれませんけど、▼

いつか父さんの記憶、

全部取り戻してみせますよ。▼
[ロンクー]
あぁ。…俺も協力する。▼
[マーク]
はい、ありがとうございます!▼

シャンブレー(親子)

支援C

[シャンブレー]
じーーーーー…▼
[ロンクー]
どうしたシャンブレー。

人の顔をじろじろと…▼
[シャンブレー]
なぁ、父ちゃん。父ちゃんはさ、

…浮気なんかしてないよな?▼
[ロンクー]
なっ…! な、何を言い出す!?▼

俺が浮気なんかするわけないだろう!

ベルベット以外の女は苦手だというのに!▼
[シャンブレー]
ふーん…ならいいんだけどさ。▼
[ロンクー]
なぜそんなことを言う?

誰かに何か言われたのか?▼
[シャンブレー]
いや…何か言われたわけじゃないんだけど、

この前ぼんやり考えてたんだ。▼

もし父ちゃんがここで

母ちゃん以外の女性に走ったら▼

俺の存在ってどうなるんだろーって。▼
[ロンクー]
は?▼
[シャンブレー]
俺、今まで父ちゃんと母ちゃんが

生きていさえすれば▼

この時代の俺が生まれて、

絶滅しないで済むと思ってたんだけど…▼

よく考えたら、

二人とも生きてる状態でも▼

父ちゃんが他の女に走っちゃったら

絶滅するじゃん! って。▼

ひいぃ…それはまずいよ!

まずいだろ!? な? 父ちゃん!▼
[ロンクー]
くだらん…▼
[シャンブレー]
というわけで、これからは

父ちゃんが女に近づかないよう監視します!▼
[ロンクー]
なんだと…!?▼
[シャンブレー]
あ、もちろん戦いのときは

しょーがないってのはわかるぜ?▼

というわけで、よろしくー。▼
[ロンクー]
………▼

支援B

[シャンブレー]
父ちゃーん…▼
[ロンクー]
なんだシャンブレー。

この世の終わりみたいな顔をして。▼
[シャンブレー]
昨日が十三回、おとといが八回。

この数字何だと思う…?▼
[ロンクー]
…俺が攻撃した回数、か?▼
[シャンブレー]
違うよ父ちゃん! これは父ちゃんが

女の人と喋ってた数!▼

うぅ…この前あんなに

浮気しないでって言ったのに!▼

父ちゃんの節操無しー!!

絶滅するー!!▼
[ロンクー]
浮気だなんて大袈裟な…。

話しかけられたから返事をしただけだ。▼
[シャンブレー]
でも、雑談してたのもばっちり聞きましたー!

タグエルの聴力は素晴らしいからなーっ!▼
[ロンクー]
確かに素晴らしいんだが…▼

…いいかシャンブレー、俺が女と話したら

即刻浮気だと思うのはやめてくれ。▼

俺は女嫌いだが…仲間である以上は

戦いの策を話すこともある。▼

お前だって、仲間のルキナと今後一切

話すなと言われたら困るだろう?▼
[シャンブレー]
………困る。▼
[ロンクー]
だったらわかるだろう。それに、

俺は絶対に浮気などできない。▼
[シャンブレー]
…そ、そんなこと言ったって、

先のことなんかわからないだろ!?▼

今は絶対って言ってても、

そんなの今だけの嘘かもしれない!▼

絶対帰ってくるって言った父ちゃんが

もう帰ってこなかったみたいに…!▼
[ロンクー]
なに…?▼
[シャンブレー]
何でもない。…もう監視するのはやめるよ。▼

でも、本当に浮気なんかしたら、

今度こそ父ちゃんを許さないからなー!!▼
(シャンブレー退場)
[ロンクー]
俺は、未来であいつに

嘘ついたまま、死んだようだな…▼

支援A

[ロンクー]
探したぞ、シャンブレー。▼
[シャンブレー]
父ちゃん…。どうしたの?

俺、もう監視なんかしてないぞ?▼
[ロンクー]
そうではない。お前に一つ、

謝っておきたいことがあってな。▼

未来で、お前に嘘をついたまま

いなくなってしまって…すまなかった。▼
[シャンブレー]
なっ…! 何だよ…それ…!

俺の父ちゃんの代わりに謝ったって▼

意味無いんだよ! お前なんか、どうせ

俺の本当の父ちゃんじゃないんだからな!▼
[ロンクー]
あぁ。だがお前も…

俺の本当の息子ではない。▼
[シャンブレー]
……っ!▼
[ロンクー]
そんなこと、お互いわかっているだろう。▼

それでも、俺はお前のことが大切だし、

本当の家族のように思っている。▼

未来の俺がしてやれなかったことを、

代わりにしてやりたいとも思ってる。▼

お前だって…そうではないのか?▼
[シャンブレー]
…そうだよ。俺だって、父ちゃんのことが

大切だった。いや、大切だから。▼

父ちゃんが俺の父ちゃんじゃなくなるのが

すごく…嫌だったんだ。▼

俺の本当の父ちゃんが

どんなに節操無しでも、嘘つきでも…▼

もう二度と会えなくても…大好きだから!▼

この時代の俺の父親になる人は…

絶対に父ちゃんじゃなきゃ嫌だって…▼

だから…浮気調査なんてマネまでして…!

俺、バカだよな。ほんと…バカだ…▼
[ロンクー]
…シャンブレー、もう一度約束していいか?

お前にとってはもう遅いかもしれないが…▼

俺は今度こそ死なない。

浮気もしない。というか…できん。▼

ベルベットとシャンブレーに誓って…

約束する。必ずだ。▼
[シャンブレー]
…………父ちゃん。▼

…うん。ありがとう。

俺、父ちゃんのこと信じるよ…▼
[ロンクー]
そうか。▼
[シャンブレー]
ふぅ、これで絶滅しないで済むよー。▼

良かったなー、この時代の俺!

お前の父ちゃんは、立派な人なんだぞー!▼
[ロンクー]
…なぜ俺の腹をさすりながら言う?▼

ロラン(親子)

支援C

[ロラン]
父様。これ、父様の物ですよね?

向こうに落ちていましたよ。▼

持ち物の管理は

きちんとしてくださいね。▼
[ロンクー]
あぁ…礼を言う。

お前、本当にミリエルそっくりだな。▼
[ロラン]
親子なのですから、当然です。▼
[ロンクー]
まぁそうなんだが。▼

あまりにも母親似だから…

俺に似ているところも探したくなる。▼
[ロラン]
ありますよ、父様に似ているところ。▼
[ロンクー]
どこだ?▼
[ロラン]
髪の色です。▼
[ロンクー]
…それは見ればわかる。▼

それ以外は何かないのか?

俺に似て女が苦手とか。▼
[ロラン]
…そのようなことはありませんね。▼

というか、その点に関しては

似なくて良かったとさえ思いますよ。▼
[ロンクー]
…冷たいな、お前。

もう少し子供らしくできないのか?▼
[ロラン]
…戦時に子供らしく振舞っても、

他人の邪魔になるだけでしょう。▼

それに…僕はおそらく、

ルキナよりも年上になっていますから。▼

もう子供のようにはしゃぐような

年齢ではないのですよ。▼
[ロンクー]
お前がルキナより…年上?

それはあり得ないだろう。▼

ルキナはもう赤ん坊として

存在しているが、お前はまだ…▼
[ロラン]
…少し話しすぎましたね。

すみません父様、僕はこれで失礼致します。▼
(ロラン退場)
[ロンクー]
……どういうことだ。▼

支援B

[ロンクー]
ロラン。▼
[ロラン]
あぁ父様、こんにちは。

僕に何か用でしょうか?▼
[ロンクー]
この前の、お前がルキナより

年上だとか言ってた件…▼

あれは、どういうことだ?▼
[ロラン]
…まったく父様は、こういうことだけ

記憶力が良いんですから。▼

簡単な話ですよ。

飛ばされる時間にズレがあったんです。▼

ルキナがこの時代に来たのは

ペレジアとの戦争が始まった約二年前。▼

それに対して、僕がこの時代に来たのは

もう五年ほど前になるでしょうか…▼
[ロンクー]
そんなにズレがあったのか…▼
[ロラン]
…はい、ですから僕は…▼

ルキナよりも三年、多くの時を

ここで過ごしていることになります。▼

歳の差など、その間に

すっかり追い越してしまっているでしょうね。▼
[ロンクー]
お前…五年間も…

この時代に一人で…?▼
[ロラン]
はい。だから言ったでしょう。

もう子供のようにはしゃぐ年齢ではないと。▼

これで父様の疑問は解けましたよね。

それでは、僕はこれから用があるので…▼
[ロンクー]
ちょっと待て。

どうして今まで言わなかった。▼

五年間も仲間と離れて…

寂しくなかったのか?▼
[ロラン]
…寂しくなんかありませんよ。

僕はもう、大人なんですから…▼
(ロラン退場)
[ロンクー]
…………▼

ロラン…▼

支援A

[ロンクー]
ロラン。▼
[ロラン]
父様…どうしたのですか?

まだ何か疑問でも残っているのですか?▼
[ロンクー]
あぁ。今日はお前に…

………!▼
[ロラン]
あ、あはははっ! ちょ、ちょっと父様!

何でいきなりくすぐるんですか…!▼
[ロンクー]
…お前は、笑っていたほうがいい。
[ロラン]
…は!?▼
[ロンクー]
お前はずっと…大人ぶっているが

どこか無理をしているように見える。▼

そうやって笑ってる方が、

年相応に見えていい。▼
[ロラン]
…何を言うかと思えば…。

言ったでしょう、僕はもうそんな歳じゃ…!▼
[ロンクー]
歳なんか関係ない。▼

ロランがルキナより…俺より年上でも、

どれだけ歳を取っていようとも…▼

お前は大事な…俺の子供なんだ。▼
[ロラン]
…………!!▼
[ロンクー]
お前はもう一人じゃない。

仲間も…俺もいる。▼

少しぐらい甘えたって、

誰もお前のことを咎めたりしない。▼
[ロラン]
…………▼

…………父様。

僕、本当は…寂しかったんです。▼

何年も何年も、たった一人で…

知っている人も誰もいない時代で…▼

会えるのかどうかも分からない

仲間たちを待って………▼

だれにも頼れなくて、

弱音を吐ける相手もいなくて……▼

…辛くて死にそうだったんですよ!

うっ…ううっ……!▼
[ロンクー]
あぁ…そうだな。

見つけてやれなくて、すまなかった。▼

これからは、ずっと一緒だ。

もう、一人にはさせん…▼

ノワール(親子)

支援C

[ノワール]
ぐすっ…ぐすっ…うぅ。▼
[ロンクー]
どうしたんだお前…

泣いてるのか?▼
[ノワール]
ぐすっ…父さん…違うの。▼

これは母さんに、三日間鼻水が

止まらなくなる呪いをかけられて…▼
[ロンクー]
何なんだ…

その微妙な呪いは…▼
[ノワール]
はぁ…母さんは珍しい呪いを試すのが

大好きだから、仕方ないわ…▼

新しいものを見つけては、

私を使って試すんだから…ぐすっ。▼
[ロンクー]
大丈夫か? 鼻水があふれてるぞ。

…ほら、ちり紙。▼
[ノワール]
あ…ありがとう。ちーーーん!!▼
[ロンクー]
しかし…三日間も鼻水を

垂らしているなんて不憫だな…▼

…俺がサーリャに

その呪いをやめるよう言ってくる。▼
[ノワール]
えっ…ほんとに?▼

でも父さん…未来では

母さんに口答えするたび、▼

返り討ちされて泣き寝入りしてたんだけど

大丈夫なの…?▼
[ロンクー]
なにっ…! 俺はそんなに

かっこ悪かったのか…!?▼
[ノワール]
えぇ…▼
[ロンクー]
くっ…! でも今の俺が

そうなるとは限らない。▼

見ていろノワール。

俺が頼りがいのあるところを見せてやる…!▼
[ノワール]
ひいぃ…! 父さんが何だか

いつもと違うように見える…!▼

これはもしかして、

ちょっと期待できるのかも…ぐすっ。▼

支援B

[ロンクー]
すまない、ノワール…ぐすっ。

かっこ悪い父親で…▼
[ノワール]
泣かないで、父さん…

まぁこうなるだろうとは思ってたから…▼

大人が泣くなんて、みっともないわよ…▼
[ロンクー]
泣いてない。これは五日間鼻水が

止まらなくなる呪いだ。▼
[ノワール]
まんまと返り討ちにあう父さん…

未来とおんなじね…▼
[ロンクー]
そういえば以前

そんなことを言っていたな…▼

しかし、代わりにノワールの呪いは

解いてもらってきたぞ。▼
[ノワール]
それも未来とおんなじ…▼

いつも父さん、自分が呪われる代わりに

私のことを助けてくれたわね…▼
[ロンクー]
これも同じなのか…俺はことごとく

未来と同じ運命を辿っているのだな…▼
[ノワール]
そう…そうね。私たち、こうやって

同じ運命を辿るしかないのかしら…▼
[ロンクー]
………?▼
[ノワール]
私が来ても、父さんは変わらなかった。

…どうせ何をしたって同じなのよ。▼

父さんも母さんもいなくなって

私はまた一人になるの…▼

もう一度あの未来を辿るのなら…

やっぱりここに来た意味なんて…っ。▼
[ロンクー]
お…おいノワール! 泣くな…!▼
[ノワール]
泣いてなどおらぬ!!▼
[ロンクー]
……!?▼
[ノワール]
ふははは! 我がこのような些細なことで

涙を流すわけがなかろう!!▼

冗談はその鼻水を拭いてから言え!

この鼻垂れ親父が!!▼
[ロンクー]
…すまん。▼
[ノワール]
…なんてね…

ごめん父さん、ちょっと散歩してくるわ…▼
(ノワール退場)
[ロンクー]
…ノワール…▼

……同じ運命、か。

…ぐすっ。▼

支援A

[ロンクー]
ノワール、ちょっといいか?▼
[ノワール]
あ…父さん…どうしたの?▼
[ロンクー]
これを見てくれ。▼
[ノワール]
ひ…ひいぃっ!! こ、これって…

母さんの呪い道具…!?▼

しかも、こんなにいっぱい…!

ななな何!? 私に何をする気…!?▼
[ロンクー]
何もしない。というか、

お前に呪いをかけられないように、▼

呪い道具を全部没収してきたんだ。

サーリャから。▼
[ノワール]
えっ…!

母さんの呪い道具を没収だなんて…▼

そんなこと、父さんができたことなんて、

一度もなかったのに…!!▼
[ロンクー]
この前ノワール、俺があまりにも▼

未来の俺と同じ道を辿るから▼

どうせ運命なんて

変わらないと言っていただろう。▼

だから俺が…未来の俺にも

できなかったことをしたら、▼

その心配が消せるのではないかと思ってな。▼
[ノワール]
父さん…

そうね…私の知る父さんは…▼

母さんの呪い道具に触ったことすら

無かったわ…ましてや没収なんて…▼

そっか…未来なんていくらでも

変わるのよね。変えられるのよね…▼
[ロンクー]
お前が来たから、俺も変われた。

一緒なら、もっと変えていけるはずだ。▼
[ノワール]
…父さん…ありがとう…

……今度こそ、死なないでね……▼
[ロンクー]
…当たり前だろう。

殺したって死なないでいてやる。▼
[ノワール]
……良かった。▼
[ロンクー]
…ん? あの殺気立った人影は何だ?

屍兵…いや、サーリャか!▼
[ノワール]
呪い道具を没収されたこと…

相当怒ってるのね…▼
[ロンクー]
あの顔は…まずいな。

言ってるそばから命の危機だ…▼

悪い、ノワール。またな。▼
(ロンクー退場)
[ノワール]
あっ…父さん…!▼

…ふふ、

結構逃げ足が速いのね。▼

…あんなに本気で父さんを

追いかけまわす母さんも、初めて見たわ…▼

そうよね…

もうあんな未来にはならない。▼

私も…

ちょっとだけ信じてみようかしら…▼

ンン(親子)

支援C

[ンン]
はぁ…お母さんにも困ったものです。▼

いつもいつも遊んでばかりいて、

まるで緊張感がないんですから…▼
[ロンクー]
…どうした。

そんなにため息をついて。▼
[ンン]
あ…お父さんですか。

いえ、お母さんはなんであんなに▼

子供っぽいのかと思いましてですね。▼

お母さんたら、ろくに軍の手伝いもせず、

遊んでばかりいるですよ?▼
[ロンクー]
ほう…? なんだかお前の方が

母親みたいだな。▼

まぁ…ノノはああいう性格だから

仕方ないだろう。▼
[ンン]
もう。お父さんがそんな風に甘やかすから▼

お母さんがいつまで経っても

子供っぽいままなんですよ。▼
[ロンクー]
………▼
[ンン]
というか、お父さんはお母さんの

どこが良かったですか。▼

あんなに子供っぽいのに、

よく女として見れましたですね。▼

それともアレですか? お父さんは

幼い少女しか好きになれないのですか?▼
[ロンクー]
なっ…!?

お、お前…父親に対して何てことを…!▼
[ンン]
うろたえるなんて怪しいです。

さては図星なのですね!?▼
[ロンクー]
そ…そんなことはないぞ!?▼

い、いや待てよ。俺はあいつ以外の

女が苦手だから…それってつまり…▼
[ンン]
ふーん…。
ならばますます怪しいのです。▼

お父さんはなぜお母さんを選んだですか!

さぁ白状するです!▼
[ロンクー]
そ、そんなことは言えん!

勘弁してくれ…▼
(ロンクー退場)
[ンン]
あっ! 逃げるとは卑怯なのです!

待てですーーー!!▼

支援B

[ンン]
お父さん! やっと捕まえたですよ。

さぁこの前の続きを聞かせるです!▼
[ロンクー]
ンンか…お前もしつこいな。▼

俺が何でノノを選んだかなんて

娘に言うことではないだろうが…▼
[ンン]
いーえ! 教えて欲しいのです。▼

男女の馴れ初めが気になるのは

女子として当然のことなのです!▼

お父さんは女心がわかってないのです。▼
[ロンクー]
その歳で女心を語るのか…▼
[ンン]
女性に年齢の話をするなんて

失礼なのですー!▼
[ロンクー]
ぐっ…!

また一人前な発言を…▼

……ンン。あまりしつこいと怒るぞ?▼
[ンン]
…………!!▼

ご…ごめんなさい、なのです。▼

私が…悪かったですよ。

お父さんを…困らせてしまうなんて。▼
[ロンクー]
…いや、

わかってくれればいいんだが…▼
[ンン]
…なら良かったです。

私、ちょっと聞きわけのない子でしたね。▼
[ロンクー]
ンン…?▼
[ンン]
お父さんの時間を取って悪かったのです。

それじゃ、私は退散するですよ。▼
(ンン、一瞬消える)
[ロンクー]
お…おい、待て!▼
[ンン]
なんですか?▼
[ロンクー]
…少し拍子抜けをした。

その、やけに諦めが良すぎるというか…▼
[ンン]
あんまりしつこいと怒ると言ったのは

お父さんなのです。▼
[ロンクー]
…それは、そうだが…▼
[ンン]
大丈夫です。我慢するのは慣れてますです。▼

こんなこと、未来では

日常茶飯事だったですから。▼

それじゃお父さん、

今度こそ失礼するのですよ。▼
(ンン退場)
[ロンクー]
あ…、おい!!▼

………▼

支援A

[ロンクー]
ンン。▼
[ンン]
あっ、お父さん。こんにちはです。

何か私にご用なのですか?▼
[ロンクー]
お前、この間

『我慢するのに慣れてる』と言ったが…▼

あれはどういうことだ。▼
[ンン]
あぁ…あれは、私が

よそのお家で育ったからですよ。▼
[ロンクー]
なに? 俺たちは…

ノノはお前の傍にいなかったのか?▼
[ンン]
はい。私は物心ついた時から

お父さんもお母さんもいなかったです。▼

だから、お父さんの軍にいた人のお家に

引き取られて、育ててもらったですよ。▼

…でも、私は人間じゃないですから、

最初はあまり歓迎されなかったんです。▼
[ロンクー]
ンン…▼
[ンン]
でも、そのうち私は人の顔色を

読むことを覚えたです。▼

言われる前にお手伝いをしたし、

屍兵からお家を守ったりもしました。▼

役に立ってさえいれば、みんな嫌がらずに

私の面倒を見てくれたです。▼

手のかからない、いい子だって

そりゃーもう大絶賛だったですよ?▼

でも…我慢することも多かったです。▼

遊びたいって言えなかったり、

寂しいって言えなかったり…▼

特に、お父さんとお母さんの話は

何だか口にしちゃいけないような気がして…▼

うぅっ…ずっとずっと…

聞けずにいたんです…ぐすっ…▼
[ロンクー]
…………▼
[ンン]
だからこの時代に来た時は、

いっぱいお父さんとお母さんの話を▼

聞こうと思ったです…。

でも…お父さんの迷惑になるなら私は…▼
[ロンクー]
…すまん。俺が悪かった。▼

お前が聞きたいのなら、

ノノとの話でもなんでも言おう。▼

もし寂しいのなら、できるだけ

傍にいてやるから…▼

俺の前では何も我慢するな。▼
[ンン]
うぅ…本当なのですか…!?

う、嬉しいのです…▼

ありがとうです…お父さん…▼
[ロンクー]
…それで? 何が聞きたいんだ。▼
[ンン]
じゃあ…お母さんへのプロポーズのセリフを

白状するのです…▼
[ロンクー]
…………えっ。▼

コメント

  • グレゴBの4行目って傭兵じゃない? -- 2012-04-30 (月) 00:29:02
  • セルジュSが「触ると時」になってました! -- [[ ]] 2012-05-25 (金) 16:47:06
  • あたし、ロンクーとくっついた。かわいいところもあるし・・・・ &heart; -- まいまい? 2012-08-08 (水) 03:13:06
  • ロンクー×ティアモ 支援B ティアモのセリフ 「ここに追い手きますから。」 になってましたよ。 -- 2017-10-21 (土) 11:15:39
  • ロンクーとマイユニの支援会話ってどこにありますか?? -- 2018-11-26 (月) 22:26:50

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 26 Nov 2018 22:26:53 UTC