ルキナの支援会話

マイユニット(男性・僕)

マイユニット(男性・僕)のページへ

マイユニット(男性・俺)

マイユニット(男性・俺)のページへ

マイユニット(女性・私/親子)

マイユニット(女性・私/マイユニットが親の場合)のページへ

マイユニット(女性・私)

マイユニット(女性・私)のページへ

マイユニット(女性・あたし/親子)

マイユニット(女性・あたし/マイユニットが親の場合)のページへ

マイユニット(女性・あたし)

マイユニット(女性・あたし)のページへ

クロム

クロムのページへ

ソワレ(親子)

ソワレのページへ

スミア(親子)

スミアのページへ

マリアベル(親子)

マリアベルのページへ

オリヴィエ(親子)

オリヴィエのページへ

ウード

支援C

[ウード]
お、ルキナじゃねぇか。▼
[ルキナ]
あっ、ウード。どうかしましたか?▼
[ウード]
いや、用ってほどの事じゃないんだけどさ。

ルキナは元気にしてるかな~って思って。▼
[ルキナ]
はい、元気ですよ? あら…ウード?▼

いつもウードがよく使う言葉遣いは

今日は使ってないんですね?▼

どうしてかしら?▼
[ウード]
あ、いや…ルキナはさ。▼

クロムさんの娘で王女様だから…▼

あれはあんまり使わない方が

いいかなって思ってさ。▼

母さんにも怒られるし…多分。▼
[ルキナ]
リズさんが…?▼
[ウード]
あ、あぁ…▼

…それにあれはわかりにくいって

仲間内でもあんまり評判良くないし…▼
[ルキナ]
あら、そうなんですか?

…残念ですね。▼

あの言葉遣い、

私はとても興味があったのに。▼
[ウード]
そ、そうなのか!? …どういう風に?▼
[ルキナ]
あれは語彙が多くて

色々な表現を知っていないと▼

なかなかできる話し方じゃないと思います。▼

それに武器や技に名前を付ける事にしても、

センスがないとできることではありません。▼
[ウード]
ルキナ…! お前いい奴だな!▼
[ルキナ]
そうだ、今度あの話し方でお話を

してくれませんか? 私、解読してみせます。▼
[ウード]
ええっ!? か、解読? お前がか?▼
[ルキナ]
はい…。何かおかしいでしょうか?▼
[ウード]
あ、いや…そんなことないけど。▼

そこまで言うなら、

今度、いっちょやってみるか!▼

面白そうだし!▼
[ルキナ]
はい、宜しくお願いしますね。▼

支援B

[ウード]
ルキナ? 何をしてるんだ?▼
[ルキナ]
あっ、ウード…。実はファルシオンの

調子が悪くて…刃こぼれなのかしら?▼
[ウード]
なーんだ、そんなことかよ!

俺に見せてみろよ。▼
[ルキナ]
あっ、はい…。お願いします。▼
[ウード]
ふむふむ…

これは刃こぼれじゃねぇな…▼
[ルキナ]
え? そうなんですか?▼
[ウード]
ああ。でもこれなら、

手持ちの工具ですぐ直せそうだ。▼

今から直してやるよ。▼
[ルキナ]
あ、ありがとうございます、ウード!▼

そうだわ、修理している間のお話、

あの話し方でお願いできませんか?▼

私、解読してみますから。▼
[ウード]
えっ? あ、あの話かよ?▼

わ、わかったぜ…▼

…フッ。恐らく貴様の相棒は…▼

本体自体は、

恒久の時が巡り巡ったとしても、▼

その神髄に与えられし神の力が衰えたり、

赤褐色に朽ちていくこともないのだろうな。▼
[ルキナ]
今のは…わかりやすいですね。▼

どれだけ時が経っても切れ味が悪くなったり、

錆びついたりしないという事ですね。▼
[ウード]
だが神々の力の備わらぬ人力によって

想像されし部位については、そうはいかない。▼

時の歯車の強制力には到底敵わないのだ…▼

その度この神器はその見目を変貌させ、

幾度の星の瞬きを経て、ここに至るのだ。▼
[ルキナ]
えっと…刃以外の持ち手や鍔の部分は

やっぱり劣化はするという事ですね。▼

その都度この剣は

さまざまな人々によって修復されて、▼

形を変えてきた…そして今に至る、と?▼
[ウード]
すげぇな、ルキナ! 大正解!

そのとおりだぜ!▼
[ルキナ]
ふふ…自分でもよくできたって

思っちゃいました。▼

それよりウード…

あなたは、本当にすごいですね…!▼

見ただけでそんなこともわかるなんて。▼

武器の修理も出来るのは、

正直意外でした!▼
[ウード]
まぁ修理というか手入れが好きなんだよな。

…よし! これで直ったぜ!▼
[ルキナ]
ありがとうございます。▼
[ウード]
また何かあったら

言ってくれよ、ルキナ!▼
[ルキナ]
はい、そうさせてもらいますね。▼

支援A

[ウード]
おーい! ルキナ!▼
[ルキナ]
あっ、ウード。▼
[ウード]
前に直した武器だけど、

その後の調子はどうだ?▼
[ルキナ]
はい、良くなりました!

使っていてとてもしっくり来る感じです!▼

この伝説の剣・封魔剣エクスブレードは

さらに輝きを取り戻した感じがします…▼
[ウード]
ふ、ふうまけん、えくすぶれーど?

な、なんだよ、それ?▼

その剣は…

イーリスの国宝ファルシオンだろ?▼
[ルキナ]
はい。でも直してもらったのを境に

ちょっと名前を変えてみました。▼

ウードに習ってカッコいい名前を、と

思ってみたんですけど…▼
[ウード]
う、うむむ…

フッ…ルキナよ。▼

名を冠したいという、

貴様のその気概は悪くないだろう…▼

だが一つ、

貴様は重要な過ちを犯しているのだ。▼
[ルキナ]
えっ!?▼
[ウード]
名を名づけるという事とは

その物に魂を与える事。▼

数千年の時をファルシオンという名で

生き抜いてきたこの剣の名を変える事は、▼

決して許されないのだ…!▼
[ルキナ]
え! そ、そうだったんですか…!▼
[ウード]
ああ、名を付け愛着を高めていこうとする

その強い意志は尊い…▼

だがこの数千年でファルシオンと呼ばれ続けた

その名への冒涜だけは…、▼

おいそれと犯してはならないのだ。▼
[ルキナ]
わ、わかりました。

確かにそのとおりですね…▼

私、ちょっと軽率すぎました。

ごめんなさいね、ファルシオン…▼
[ウード]
うんうん。▼

:だがその慈愛の精神だけは

ゆめゆめ忘れるな。▼

そうだな…たまにはまた俺も

手入れをしてやる。▼

…ふうまけ…じゃなかった、

ファルシオンのな!▼
[ルキナ]
はい!

ウード、ありがとうございます!▼

支援S

[ウード]
ルキナ…ちょっといいか?▼
[ルキナ]
ウード、どうしたんですか?

突然改まって…?▼
[ウード]
実はルキナに渡したいものがあるんだ。▼
[ルキナ]
えっ…? なんですか?▼
[ウード]
これだよ。▼
[ルキナ]
こ、これは…鞘、ですか?▼
[ウード]
ああ、ファルシオンの鞘だよ。▼
[ルキナ]
ファルシオンの鞘…?

でも既に鞘はありますが…▼
[ウード]
剣の柄が古びていたけど、鞘のほうも

だいぶボロくなってたからな。▼

こっちは丸ごと取り替えたって

バチは当たんないだろ?▼
[ルキナ]
ウード…。いつも気を遣ってもらって、

すみません…▼
[ウード]
いいって、いいって。▼

やっぱり剣は大事にしてほしいし…それに…

それを俺の代わりだと思って…欲しいんだ。▼
[ルキナ]
…そ、それは。▼
[ウード]
戦争が続けば、俺がいつでも

お前の事を守れるとも限らないからさ。▼

その時はその鞘が俺の代わりに

お前を守ってくれたら…そう思ったんだ。▼
[ルキナ]
ウード、あなた…▼
[ウード]
ああ、俺はお前のことが好きなんだ。▼

だから力になりたいと思って、▼

こうしてお前の近くで何かできればと

思ったんだけど…▼

ルキナは剣の修理で

俺のこと褒めてくれただろ?▼

だから剣に関連するもので、

お前に気持ちを伝えられたらって…▼
[ルキナ]
ウード…嬉しいです!

私…これ、大切にしますね。▼
[ウード]
…ってことは!?▼
[ルキナ]
はい、私もウードのことが好きですよ。▼

この鞘とファルシオンとあなたがいれば、

私はもっと頑張れる気がするんです!▼
[ウード]
そ、そっかそっかー!! やったぜっ!!

思い切って告白して良かったぜ!!▼

ひゃっほーいっ!!▼
[ルキナ]
これからは私はあなたのパートナーです。▼

だからもう気を遣わないで、▼

あなたの、あの変な言葉遣いや

変な名付けの話もして下さいね。▼
[ウード]
よしっ、任せとけっ!!▼

…って今ルキナ『変な』って

言わなかったか!?▼
[ルキナ]
えっ!…ええっ!?

い、言ってな…い、いえ言いました。▼

ごめんなさい…でも、変だからこそ、

楽しくて面白いわけじゃないですか!▼
[ウード]
そ、そっか? …あははっ! ま、まあ

そうかもな! これからも宜しく頼むぜ!▼
[ルキナ]
ええ…ウード。▼

アズール

支援C

[アズール]
あのさ、ルキナ。▼

ルキナは未来にいた時から

厳しい表情をすることが多いよね。▼
[ルキナ]
なっ、なんですか…? いきなり。▼
[アズール]
えっとねー、ルキナはちょっと笑顔が

足りないんじゃないかって思ってさ。▼

使命感に燃えてる

真剣な表情もいいんだけど、▼

ずっとそんな顔してたら、

周りのみんなも暗くなっちゃうよ?▼
[ルキナ]
周りって…

他にも誰かにそう言われたんですか?▼
[アズール]
いやいや、そういうわけじゃないけど、

ちょっと気になっちゃって…▼
[ルキナ]
そ、そうですか…▼
[アズール]
うん。一人が厳しい表情をしていると、

伝染してみんなも厳しい顔になるんだよ?▼

厳しい顔になると心に余裕がなくなって、

心が風邪をひいちゃうんだ。▼
[ルキナ]
心が…風邪?▼
[アズール]
そう! 風邪は他人にも移るよね?▼

それが軍全体に広まっちゃったら

大変じゃない?▼
[ルキナ]
な、なるほど。うまいこと言いますね。▼
[アズール]
だからさ、これからは意識的に

笑うようにしてみてよ!▼

ほらほら、こうやって

頬っぺたを上げて~。▼
[ルキナ]
痛たたた…

アズール、頬を捻らないでください!▼
[アズール]
あはは、でも今のルキナ、

とってもいい顔してたよー。▼

やっぱり女の子が笑ってると、

周りをあったかい気持ちになるよね!▼
[ルキナ]
今のは笑いたくて笑ったわけじゃ

ありませんよ…▼
[アズール]
ごめんごめん。じゃあ次は

ルキナの本当の笑顔を見せて。▼

また会いに来るからさ、さっきみたいに

笑えるように練習しておいてよ。…ね▼?
[ルキナ]
ね? って言われましても…▼

…笑顔の練習、ですか。

なんだか難しそうですね…▼

支援B

[ルキナ]
また…屍兵が町を襲っていました…

このままじゃ、この時代も……▼
[アズール]
あれ、ルキナ?

相変わらず厳しい顔してるね。▼
[ルキナ]
あっ…アズール。▼
[アズール]
笑顔の練習はもう忘れちゃったの?▼
[ルキナ]
…忘れた訳じゃありませんけど、

今はそんな気分になれなくて…▼
[アズール]
そっか…でも、あんまり

思いつめるとよくないよ?▼

こういう時こそ笑顔笑顔!

笑っといたら楽しい気分になるからさ!▼
[ルキナ]
アズールはそう言いますけど…▼

たとえば戦闘時にも

笑顔で戦えと言うつもりですか?▼

それ以外にも軍議の時などは

真剣に取り組むべきですし、▼

とても笑っていられるような場合では

ない事だってありますよ…▼
[アズール]
ま、まぁそうなんだけどさ…▼

よし!じゃあルキナには

実力行使しかないみたいだね!▼
[ルキナ]
ちょっと…私の脇に手を伸ばして

何をする気ですか?▼
[アズール]
こちょこちょ…▼
[ルキナ]
あ、あはははははっ!!▼

…ちょっとアズール!

何をするんですか!!▼
[アズール]
どう? 楽しい気分になった?▼
[ルキナ]
なるわけないでしょう!▼

…もうこの際、正直に言いますけど…

邪魔なので向こうに行ってもらえますか?▼

私、いまそんな気分じゃないんです!▼
[アズール]
…それは離れた場所からルキナを

笑わせてみろ、ってことかな▼?
[ルキナ]
そんなことは言ってません!

もう黙っていて下さい…!▼
[アズール]
………▼
[ルキナ]
はぁ…▼
[アズール]
………▼
[ルキナ]
…って、アズール、さっきからどうして

変な動作を繰り返しているのですか?▼

妙な踊りをしてみせたり、

小道具を用意して動いたり!▼
[アズール]
これはサイレントと言って、無言で

聴衆を笑わせる演技の一つだよ。▼

この前母さんから教えてもらったんだ。

なかなか愉快な動きだろ?▼
[ルキナ]
私が言っていたのは黙って

笑わせろという意味ではありません!▼
[アズール]
でも、笑顔の練習を…▼
[ルキナ]
…もういいです!▼

私はアズールみたいに

能天気じゃありませんから、▼

今はそんな風に笑っていられる

余裕なんてありません!▼

ましてや笑顔の練習なんか、

する気ありませんから!▼
[アズール]
…………そっか。▼

無理強いしちゃって、ごめんね。

じゃあ僕、もう戻るから…!▼
[ルキナ]
…ふぅ。これくらい言わないと、

わかってもらえませんからね。▼

とはいえ…

少し言い過ぎたかもしれませんけど…▼

支援A

[ルキナ]
はぁ…

先日はさすがに言いすぎたでしょうか。▼

アズールは私のことを想って

言ってくれていたのに…▼

笑顔の練習…ですか。

でも、やっぱりそんな気分には…▼
[アズール]
あっ、ルキナ…▼
[ルキナ]
アズール…▼
[アズール]
ご、ごめんね。また来ちゃった。▼
[ルキナ]
い、いえ。

こちらこそ…先日は言い過ぎました。▼

でもアズール…私は自分の言ったことが

間違いだとは思っていません。▼

あなたの言いたいこともわかりますが、

そんな悠長なことは言ってられないんです。▼

だから…放っておいてもらえませんか?▼
[アズール]
あ、あはは…そうだよね…▼

僕ってルキナの言う通り、

能天気で嫌になちゃうよ…▼
[ルキナ]
………!▼
[アズール]
もう笑顔の練習は止めるから、

安心してよ。▼

ルキナの邪魔も…もうしないから。

…じゃあ僕、もう行くね。▼
(アズール、退場)
[ルキナ]
ちょ…ちょっと待って下さい!

アズール!!▼
(アズール、再登場)
[アズール]
えっ…どうしたの?▼
[ルキナ]
あ…、いえ、今一瞬、

あなたが泣いているように見えて…▼
[アズール]
?? …泣いてない、よ?

むしろ笑ってたと思うんだけど…▼
[ルキナ]
そう…ですよね。笑ってたのに…

泣いているように見えてしまって。▼

私、その顔を見ていたら、

思わず…呼び止めてしまいました。▼

そんな悲しそうな笑顔を見せられたら、

私まで…辛い気持ちになってしまいます。▼
[アズール]
…参ったな。僕、ルキナを

悲しませるつもりはなかったんだけど…▼
[ルキナ]
す、すみません…▼

あれだけ言われても響かなかったのに、▼

あなたの表情を見て、

ようやく気づきました…▼

周りの人を明るくするためにも、

心からの笑顔は必要…ですよね。▼
[アズール]
ルキナ…!

…うん、そうだよ!▼

特にルキナの笑顔には、

みんなを勇気づける力があるんだからさ!▼
[ルキナ]
ふふふっ。ありがとう、アズール…▼
[アズール]
あ、やっと笑ってくれたね。▼
[ルキナ]
ふふ…意外に自然と

出てしまうものなんですね。笑顔って。▼
[アズール]
ルキナ、とってもいい笑顔だよ。

いつもその笑顔でいてくれたら、嬉しいな。▼
[ルキナ]
えぇ、アズールのおかげです。▼

私、これからはもっと笑顔で、

みんなを明るくできるように頑張ります…!▼
[アズール]
うんうん! みんな、ルキナの笑顔を見たら

もっと頑張れるに決まってるよー!▼

支援S

[ルキナ]
アズール…ちょっといいですか?▼
[アズール]
…あれ? また厳しい顔してる…!

ルキナ、この前の笑顔はどうしたの?▼
[ルキナ]
…すみません。今日だけはさすがに

笑顔になることはできないようです…▼
[アズール]
えっ…?ど、どうしたの!?

何か嫌な事でもあった…?▼
[ルキナ]
いえ…嫌な事があったわけでは

ありませんけど…▼

とりたてて嬉しい事があったわけでも

ありませんね…▼
[アズール]
えっと…ルキナ。ほんとにどうしたの?

今日の君、なんか変だよ?▼
[ルキナ]
はい…変ついでに、

もっと変なことを言わせてもらいます。▼
[アズール]
な…なに?なんか怖いなぁ…▼
[ルキナ]
私…この前、あなたを遠ざけようと

酷い事を言いました。▼

そして去り際の寂しそうな

あなたの笑顔を見て、▼

これではダメだと思い、あなたに

謝罪したんです…覚えていますか?▼
[アズール]
もちろん。僕は女の子にされたことなら

罵倒ですら覚えてるよ?▼
[ルキナ]
あの時、私はあなたのそんな笑顔は

見たくないと思った…▼

仲間を明るい笑顔にしたいと思った…▼

でも、それだけではなかったんです。▼
[アズール]
………?▼
[ルキナ]
私は…私は…、大事な人の笑顔を

守りたい…それが本当の気持ちだったんです。▼

アズール、私はあなたの事が好きです。▼
[アズール]
…え、えぇぇぇーーー!?▼
[ルキナ]
良かったら…私とこれからずっと

一緒にいて下さいませんか…?▼
[アズール]
………▼

う…うん。僕で良ければ…▼
[ルキナ]
えっ…受けて頂けるんですか?▼
[アズール]
受けないわけないだろう?▼

…僕も…

僕もルキナの事がずっと好きだったんだ…!▼

でも…君はイーリス国の王女様だし、

身分違いもいいところだし、▼

特に今は、気軽に声なんかかけたら

クロムさんの剣の錆にされそうだし…▼
[ルキナ]
ふ…ふふふっ、アズールったら

そんなことを考えていたんですか?▼
[アズール]
あ…笑った。▼
[ルキナ]
だって…アズールがお父様の

剣の錆になるところを想像したら…!▼
[アズール]
君ねぇ…そこ、笑うとこなのかな?

僕がクロムさんに斬られちゃうんだよ?▼

まぁ…楽しい気分になってくれたんなら

いいんだけどさ。▼
[ルキナ]
ふふ…ごめんなさい。▼

でも、アズールも同じ気持ちだったなんて

私…とっても嬉しいです。▼

今なら、あなたに心からの笑顔が

いくらでも見せられますよ。▼
[アズール]
そっか…良かった。▼

じゃあ、こうやって二人でいれば、

きっとずっと笑顔でいられるね!▼
[ルキナ]
…そうですね。私たちが笑顔でいたら、

きっと皆さんも明るくなります。▼
[アズール]
あ、それ、すっごく素敵だね!▼

よーし、この調子で世界中の女の子を

笑顔にしちゃおうー!!▼
[ルキナ]
はいっ! もちろんです!▼

…って、世界中の…女の子?▼

アズール…あなたまさか…

私と付き合った後もナンパを…?▼
[アズール]
い、いやー…ははは。▼

だって、どうせならたくさんの人が

笑顔になった方がいいじゃない?▼

でも、一番見たい笑顔は

もちろんルキナのだからさ!▼
[ルキナ]
もう! アズール!

私はそんなことでごまかされません!▼

本当にお父様の剣の錆に

していただきますよ!?▼
[アズール]
えぇぇ~…!?

そ…それだけは勘弁してー…!▼

アズール(兄弟)

支援C

[アズール]
ふぅっ、掃除って大変だなー。

あ…あれ? これってもしかして…▼

う、うわああああぁっ!!▼
[ルキナ]
!! 今の悲鳴は…アズール!?

まさか、敵の奇襲が…!?▼
[ルキナ]
アズール! 大丈夫ですか!?▼
[アズール]
ル…ルキナ…うぅ…!▼
[ルキナ]
落ちついて下さいアズール、

私が来たからにはもう平気ですから…!▼
[アズール]
む、虫が…!!▼
[ルキナ]
えっ、虫?▼
[アズール]
そう! ものすごく大きくて、

わさわさしてる虫が出てきたんだ…!▼

あの見た目ったら最悪だよ…!▼
[ルキナ]
じゃあ、さっきの悲鳴はそれですか?

私はてっきり敵の奇襲かと…▼

全くもう…

人騒がせな真似はやめてくださ…▼
[アズール]
うわーーーっ! 飛んだーーー!!

こ、こっちに来るなよーーー!!▼
[ルキナ]
えぇっ!?

…きゃーーーーっ!!▼
[アズール]
ね?あれは叫ぶでしょ?

ルキナ、あれ倒してよ…!▼
[ルキナ]
む、無理ですよあんな大きい虫…!▼
[アズール]
えー!? さっきは

『私が来たからにはもう平気です』って▼

言ってたのに!?▼

虫一匹倒せないで

未来が救えるの!?▼
[ルキナ]
何なんですかその理屈は…!▼

アズールこそ、女の子にモテたいなら

虫の一匹ぐらいなんとかして下さい…!▼
[アズール]
うぅ…!! あの虫を倒すぐらいなら

モテなくていいよ…!▼

ルキナ、一応僕の姉さんなんだから

何とかしてよ…!!▼

父さんからも、弟をちゃんと守るように

言われてるんでしょ?▼
[ルキナ]
はぁ…そういえばそうでした。

わかりました…何とかしますよ…▼
[アズール]
やった! やっぱりルキナは頼りになるね!

さすがは未来のイーリス王女様!▼
[ルキナ]
…あなたも一応、王子様でしょうが…▼
[アズール]
そういえばそうだったねー。▼

ほらほら、

物陰に入った今がチャンスだよ!▼
[ルキナ]
暗くてよく見えませんよ…▼
[アズール]
ファルシオンを光らせれば?

それで位置確認して、そのままグサッと…▼
[ルキナ]
ファルシオンを虫退治の

便利な道具みたいに言わないで下さい!▼
[アズール]
あはは、ごめんごめん…って、▼

うわーーーーーっ!!

また飛んだーーー!!▼
[ルキナ]
くっ…! 手強い相手ですが…

アズールには指一本触れさせません…!▼
[アズール]
ルキナ…!▼
[クロム]
おい! お前らさっきから

何を騒いでるんだ!?▼
[ルキナ]
お、おとうさま!?▼
[アズール]
父さん!?▼

(暗転)

[クロム]
…まったくお前たちは…。

虫一匹であんなに騒ぐんじゃない。▼
[アズール]
ごめんなさい…▼
[ルキナ]
ごめんなさい、お父様…▼
[クロム]
反省しているならいい。

まぁ…これからは気をつけろ。▼
[アズール]
結局、あの虫は父さんが倒してくれたね。

いや~、やっぱり頼りになるなぁ。▼
[ルキナ]
そうですね…でも、お父様に

ご迷惑をおかけしてしまいました…▼
[アズール]
ん?ルキナ、落ち込んでるの?

僕は楽しかったけどなぁ。▼

だって、こうやって二人して父さんに

叱られるなんて、初めてだし。▼

こうしてるとさ、なんて言うか…

普通の家族、みたいだよね。▼
[ルキナ]
アズール…▼

…えぇ、そうですね。

私も、少しだけ楽しかったです…▼

支援B

[ルキナ]
…アズール。▼
[アズール]
ん?▼
[ルキナ]
私の言いたいことはわかりますね…?▼
[アズール]
果物を切った後、ファルシオンは

洗って返しましょう…かな?▼
[ルキナ]
違います!▼

ファルシオンを果物ナイフ代わりに

使わないで下さいということですよ!▼
[アズール]
ひっ…!?

わ、悪かったよ…!▼
[ルキナ]
謝ってすむ問題ではありません!▼

この剣はイーリス国の国宝で、

お父様の形見なのですよ!?▼

あなた、よく親の形見で

果物を切ろうと思いましたね…!?▼

あぁ…ファルシオンから、

武器にあるまじき甘い香りが…▼
[アズール]
だって、果物切りたいなーと思ってたら

目の前に手頃な刃物があったから…▼

そ、それに僕…その剣に

あんまり触ったことないし、▼

どんな感じなのかなーって、

その…ちょっと興味が…▼
[ルキナ]
………▼
[アズール]
お…怒ってる…よね?▼
[ルキナ]
…アズールは、この剣に触ったことが

なかったのですか?▼
[アズール]
え、そっち…?▼

う…うん。あんまり触ったことないよ。

未来ではずっとルキナが持ってたし、▼

こっちに来てからも、

ちょっと移動させる時に触るぐらいで…▼
[ルキナ]
では…アズールがこの剣を使って

戦える素質があるかは▼

わからないということですか?▼
[アズール]
へぇ~、その剣って…

使うのに素質なんて要るんだ?▼
[ルキナ]
そうですか…あなたはそれすら

知らないままだったのですね。▼

…ファルシオンは、聖王の血とナーガの力を

色濃く受け継ぎ、素質を持った者にのみ▼

戦場で扱うことができる、

特殊な剣なのです。▼

逆に言えば、聖王の血族であっても

素質のない者には使うことができません。▼
[アズール]
はぁ~…なんかすごい剣なんだね…▼

そんな剣使って戦えるなんて、

さすがルキナだよ。▼
[ルキナ]
…いえ、もしかしたらあなたにも

使えるかもしれませんよ。▼

あなたは、そもそも素質があるかどうかすら

わからない状態ですから…▼
[アズール]
そっか~、そうだね!

もし使えたらすごいなぁ…!▼

伝説の剣で、勇敢に敵に立ち向かう僕…

うん。それは確実にモテるね!▼
[ルキナ]
そうですね…。未来にいた頃は

考えたことがありませんでしたけど▼

あなたもこの剣が使えた方が

良いかもしれません。▼

…私に、もしものことがあった時のために。▼
[アズール]
…え?

もしも、って…?▼

それって…どういうことかな…▼
[ルキナ]
私がこの戦いで命を落とした時ですよ。▼

その時、他にもファルシオンを

使える者がいた方が、戦局が有利に動く。▼

未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい…▼

…そうと決まれば、あなたにもファルシオンが

使えるかどうか試しましょう。▼
[アズール]
…………▼
[ルキナ]
アズール?▼
[アズール]
…無理だよ。▼

僕にそんなすごい剣を扱う

素質なんてあるわけないじゃないか。▼
[ルキナ]
それは、やってみないことには

わかりませんよ。▼

あなただって、さっき使えたらいいなって

言っていたでしょう? だから…▼
[アズール]
…嫌だって言ってるんだ!▼

そんな訓練…したくない!▼

ルキナが死んじゃった時のための

訓練なんて、したくないよ!!▼
[ルキナ]
…アズール。気持ちはわかりますが、

あなたも覚悟を決めてください。▼

この戦いは、どんな手を使ってでも

負けるわけにはいかないのですよ…▼
[アズール]
そんな事わかってる!!

でも、僕はそこまで割り切れないんだ…!▼

ルキナも僕を置いていくの!?

父さんや母さんと同じように…!!▼
[ルキナ]
そうならずに済めばいいとは

思っています。▼

…でも、

生き残るという約束はできませんから。▼
[アズール]
なんだよ、それ…!▼

ルキナが死ぬことを考えるようになるなら、

ファルシオンなんて使えなくていい!▼

僕にもし素質があったとしても▼

果物ナイフとしてしか

使ってやらないんだからな!▼

ルキナのバカーーー!!▼

(アズール、退場)

[ルキナ]
ア、アズール…▼

果物ナイフとしては、

使いたいんですね…▼

支援A

[アズール]
…ルキナ。

ちょっといいかな?▼
[ルキナ]
アズール。どうしたんですか?

そんなに深刻な顔をして。▼
[アズール]
あのさ…僕にファルシオンを使う

素質があるかどうか、見て欲しいんだ。▼
[ルキナ]
えっ…! でもアズール、この前は

あんなに嫌がっていたじゃないですか。▼

なのにどうして…▼
[アズール]
あれから、考えていたんだ。

ルキナが言ってた言葉を…▼

『未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい』って。▼

僕だって父さんの子なのに、

いつまでも逃げているわけにはいかない。▼

ルキナみたいに、ちゃんと覚悟しないとって。

だから…お願いできるかな。▼
[ルキナ]
そうですか…。あなたがその気に

なったのなら、私に異論はありません。▼

すぐに準備をしましょう。▼

(暗転)

[ルキナ]
では…アズール。

あの丸太を敵だと思って切って下さい。▼

あなたに素質が無いなら

ファルシオンはなまくら同然となり、▼

丸太に傷を付けることすら

できないでしょう。▼

逆に、素質があった場合…

剣の威力で、丸太は真っ二つになります。▼
[アズール]
………▼
[ルキナ]
では…ファルシオンをお渡ししますね。▼
[アズール]
うん…やってみる。▼
[アズール]
はぁ~…、とは言ったものの

もし素質があったら…どうしたらいいんだ…▼

…いや、ダメだ。迷うな…。

決めたんだから…僕も覚悟するって!▼

…いくよ!▼

はあぁぁぁぁっ!!▼

………▼

…あれ?

当たった感じが、しない…?▼
[ルキナ]
…丸太、そのままですね。▼

残念ながら、アズールには

素質が無かったみたいです…▼
[アズール]
…………▼
[ルキナ]
あ、あの…落ち込まないで下さいね。

素質が無くても、あなたは正真正銘▼

聖王の血を引くイーリス王子で

あることに変わりは…▼
[アズール]
…ぷっ。

ふふ、あはははは…!!▼
[ルキナ]
ア、アズール!?▼
[アズール]
ははは…だ、だって、おかしくて…!

あんなに緊張して挑んだのに▼

結果は盛大な空振りって…!

あはは、はは…!▼
[ルキナ]
…ふ、ふふ。アズールったら…。

私まで、笑えてきたじゃないですか…▼

なんだか私たち、素質のあるなしに

振り回されてしまいましたね。▼

最近は2人ともピリピリしていて、

喧嘩のあとみたいになっていましたから。▼

こんなことなら、以前のように虫退治をして

騒いでいる方が、よっぽどいいですよ。▼
[アズール]
うん。でも…今回のことのおかげで

僕は覚悟を決めることができた。▼

大切な人がいなくなるのを怖がって、

できることをやらないのは、ただの逃げだ。▼

万が一ルキナが先に死んじゃっても…

僕は最後まで戦って、勝ってみせる。▼

けど…それでもやっぱり…

ルキナがいなくなるのは辛いから…▼

僕にルキナを守らせて。

これは逃げじゃないから、いいだろう?▼
[ルキナ]
…アズール…▼

…そうですね。私も、死なないという約束を

あなたと交わさないことで、逃げていました。▼

でも、もう終わりにします。

私は絶対に死なないと約束します。▼

あなたを一人にはさせません。

そして、あなたを死なせはしません。▼

最後まで生き残りましょう。一緒に。

勝って、未来を勝ち取りましょう。▼
[アズール]
ルキナ…!

…うん、約束だよ…?▼
[ルキナ]
えぇ。約束です。▼

…あっ! 私、今日の食事当番だったの

忘れていました!▼

すみません、先に戻りますね!▼

(ルキナ、退場)

[アズール]
あ、ルキナ! ファルシオン忘れてるよ!

…もう行っちゃったね。▼

…えっと。せっかくだから記念に

もう一回振ってみようかな。▼

素質の無い僕は、戦場では一生

この剣を使うことはないんだもんね。▼

…よし! せいやぁぁぁぁっ!!▼

…………▼

ふぅ…やっぱり傷一つ付かない…か。▼

…ねぇファルシオン。君、ルキナのこと

ちゃんと守らないと許さないよ?▼

もしルキナが死んじゃったら、

君は一生果物ナイフの刑なんだから。▼

…なんてね。

さて、返しに行こうっと。▼

(暗転)

[クロム]
…ん? 何だ、この丸太は。

誰かが訓練で使ったのか?▼

…見事に真っ二つだな…▼

ブレディ

支援C

[ルキナ]
あっ、ブレディ。▼
[ブレディ]
ル、ルキナ…▼
[ルキナ]
あら…元気がないんですか?▼
[ブレディ]
何言ってやがる? 見ての通りだぜ!▼
[ルキナ]
見ての通りって…。見たままですと、

あまり顔色が優れないように見えますよ?▼
[ブレディ]
う、うるせぇよ!

こ、これは、す、少し風邪をひいただけだ!▼
[ルキナ]
それはいけません。

無理をせずに寝ていた方がいいですよ?▼
[ブレディ]
大丈夫だよ、こんなの…ひ、ひっ、

…ヒ、ヒ、ヒックジョォォォォン!!▼
[ルキナ]
ほら、言ってるそばから、

そんな変なくしゃみをして!▼
[ブレディ]
う、うるへぇっ…ぐじょんっ!!

『変な』は余計だぁっ…ぐじょんっ!▼
[ルキナ]
私、風邪に効く薬を持っているんです!

今から持ってきますね?▼
[ブレディ]
そ、そんなのいらねーよっ!

いいから俺に構うんじゃねーよ!!▼
[ルキナ]
そ、そうですか? わかりました…

でもあまり無理はしないでくださいね?▼
[ブレディ]
…いいから俺に構うなよ。

ほら、お前もあっちいけって!▼

風邪を移しちまうだろっ!▼
[ルキナ]
は、はい…。それでは、また…▼
[ブレディ]
ちっ…! 情けねぇったらありゃしねぇ。▼

支援B

[ルキナ]
せいっ! たぁ! やぁっ!!

はああっーーーっ!!▼
[ブレディ]
ルキナのヤツ…あいかわらず精がでるな。

一体、素振りをどれだけ続けるつもりだ…?▼
[ルキナ]
たぁぁっーーー!!!!▼

!!! うくっ…▼
[ブレディ]
…ん?▼
(剣が落ちる音)
[ブレディ]
ルキナ!? どうした!?▼
[ルキナ]
ブ、ブレディ…▼

いえ、なんでもありません。

ちょっと…手が滑って剣を落としただけです。▼
[ブレディ]
…腕、見せてみな。▼
[ルキナ]
え、あの…いや、ブレディ! 何を!?▼
[ブレディ]
首も見せてもらうぜ。▼

………▼

…やっぱりな。お前、体を酷使しすぎだ。

今日はもう稽古は止めて、寝てろ。▼
[ルキナ]
な、何を言うんですか?

そんな…休んでる暇なんてありません。▼
[ブレディ]
ったく。お前は他人のことばかり気にして、

自分の体のことはちっとも分かってねぇ!▼

そんなんじゃ…、

戦いに出ても足を引っ張っちまうぞ。▼
[ルキナ]
えっ…それはどういう意味ですか?▼
[ブレディ]
俺が最初に就いたクラスは僧侶だったろ?▼

だから自分じゃなくて、

他人ならいくらでも看られる。▼

ちょっとジッとしてろ…▼
[ルキナ]
…ブ、ブレディ。▼
[ブレディ]
………▼

ルキナ。今日は、体全体が重くなかったか?▼
[ルキナ]
…ど、どうしてわかるんですか!?▼
[ブレディ]
…首の筋が腫れてるみてぇだな。▼
[ルキナ]
……首の筋…ですか?▼
[ブレディ]
首はな、脳からの信号を体に送る際に

絶対に通る場所なんだよ。▼

そこが炎症しちまうと、ちょっとした疲れで、

すぐに体が動かなくなっちまうんだ。▼
[ルキナ]
…そ、そうなのですか?

では、どうしたら?▼
[ブレディ]
さっさと寝ろ。▼

んで首の下に何か、冷たい手ぬぐいでも

置いておきな。▼

起きたら、首をちょっと回して

優しく揉んでおくんだな。▼
[ルキナ]
あ、ありがとうございます、ブレディ。

…試してみます。▼
[ブレディ]
休む時にはしっかり休めよ。

…って、もう行っちまったか。▼

支援A

[ルキナ]
あ、ブレディ!▼
[ブレディ]
お、ルキナか…なんだ?▼
[ルキナ]
この前のことになってしまいますが、

あの…ありがとうございました。▼

あの時、あなたに処方してもらった処置を

してみたら、体がとても楽になりました。▼

しかも心なしか前よりも、

身体が軽い気がしているんです。▼
[ブレディ]
まぁ、これからも無理すんなよ。

自分に気を遣いな。▼
[ルキナ]
はい、そうします。▼

………▼

しかし、ブレディの顔色は

相変わらず良くないですね。▼
[ブレディ]
ほっとけ! 俺は元々こうなんだよ!

ああ~っ! もうお前、用は済んだんだろ?▼
[ルキナ]
まだです。次は私がブレディを

治してあげる番です。▼

以前あなたが風邪を引いた時、

私は結局何もできませんでした。▼

今こそあなたを救う時なんです!▼
[ブレディ]
とかカッコつけたこと言いながら

お前! 身体を取り押さえるなっ!▼
[ルキナ]
私に体術で勝てるとは思わない方がいいですよ。▼
[ブレディ]
うがっ! コラ! 羽交い絞めにすんなっ!▼
[ルキナ]
なぜ抵抗するのですか!? 私に任せて下さい!

そして身を委ねて下さい!▼
[ブレディ]
か…勘違いされるようなこと言うな!

ああ~~~! 離せ! いやだ!▼
[ルキナ]
私、こう見えても

マッサージするの得意なんですよ。▼

えいっ!▼
[ブレディ]
痛だだだだっ~~~!!!!

やめろ! 壊れちまう!▼
[ルキナ]
え? こんなので痛いんですか?

まだ全然、力を入れてませんよ。▼

…嘘ついてますね、ブレディ。▼
[ブレディ]
嘘じゃねぇって!

ホントに肩がいかれちまうから!▼
[ルキナ]
そ、そうですか…失礼しました。▼
[ブレディ]
痛って~…なぁ。

青あざになってんじゃねぇか…▼
[ルキナ]
おかしいですね…▼

普通の人ならこれくらいの力が

程よいはずなんですけど。▼
[ブレディ]
頼む。やるんなら

もっと優しくやってくれ。▼
[ルキナ]
わ、わかりました。気をつけます。▼
[ブレディ]
ま、まぁ、でも…

好意だけはありがたく受け取っておくよ。▼

支援S

[ルキナ]
ブレディ。聞きましたか?▼
[ブレディ]
あ? 何を。▼
[ルキナ]
私たち、付き合ってると

思われてるみたいですよ。▼
[ブレディ]
な、なにぃ~~~!!?▼

なんだよそれ?

なんでそんな事になってんだよ!▼
[ルキナ]
私とブレディが恋人同士だと噂されてるんです。▼
[ブレディ]
な、なんでだ…?

誰がそんなこと言ったんだ?▼

ちっくしょ~、絶対締めてやるっ!▼
[ルキナ]
誰ということもなく、

噂は広まっているらしいです…▼

最近私たちがよくお互いに

身体を看たりしていたじゃないですか?▼

その様子を見た人たちが、

どうやらその噂を流したらしいんです…▼

傍から見たら仲睦まじく見えた

とういうことなのでしょうか…?▼
[ブレディ]
ル、ルキナもそんなこっぱずかしいことを

サラッと言うな!▼
[ルキナ]
す、すみません!▼
[ブレディ]
ったく…変な風に解釈しやがって…▼
[ルキナ]
勘違いも甚だしいですよね。▼
[ブレディ]
俺なんて弱ぇから、

ルキナに釣り合うわけねぇし!▼
[ルキナ]
そ、それはありません!▼

最近ブレディに看てもらうようになって、

私の身体能力が向上しましたし…▼

すごく感謝しています。▼
[ブレディ]
そ、そうか…▼
[ルキナ]
………▼
[ブレディ]
………▼

だったら、噂どおりにしてみるか…?▼
[ルキナ]
え?▼
[ブレディ]
いや…ルキナさえ良ければだけどよ。

そういうのもありかなって…
[ルキナ]
そういうのって…お付き合い、ですか?▼
[ブレディ]
まぁ…なんだ。

そういう言い方もあるのかもな。▼

俺はお前に気遣ってもらえるのは

うれしいと思ってるし、▼
…せっかく周囲がお膳立てしてくれた

のなら…丁度いいかと思ってよ。▼
[ルキナ]
私もブレディの優しさに

救われた気がしてました…▼

…ブレディ。

こんな私ですが、よろしくお願いします。▼
[ブレディ]
あ、あぁ。

こっちこそ、よろしくな。▼
[ルキナ]
うふふっ。

なんか照れちゃいますね、こういうの。▼
[ブレディ]
そういうこと言うなよ!

こっちが照れんだろうが…!!▼

ブレディ(兄弟)

支援C

[ブレディ]
…ったく、掃除って面倒だな…

ん?こいつはもしかして…▼

ぎ、ぎゃああああぁっ!!▼
[ルキナ]
!! 今の悲鳴は…ブレディ!?

まさか、敵の奇襲が…!?▼
[ルキナ]
ブレディ! 大丈夫ですか!?▼
[ブレディ]
ル…ルキナ…!▼
[ルキナ]
落ちついて下さいブレディ、

私が来たからにはもう平気ですから…!▼
[ブレディ]
む、虫が…!!▼
[ルキナ]
えっ、虫?▼
[ブレディ]
あぁ! バカみたいにでっかくて、

わさわさしてる虫が出てきてよ…!▼

あの見た目は反則だぜ…!▼
[ルキナ]
じゃあ、さっきの悲鳴はそれですか?

私はてっきり敵の奇襲かと…▼

全くもう…

人騒がせな真似はやめてくださ…▼
[ブレディ]
ぎゃーーーっ! 飛びやがったーーー!!

こ、こっちに来んじゃねぇってーーー!!▼
[ルキナ]
えぇっ!?

…きゃーーーーっ!!▼
[ブレディ]
な? あれは叫ぶだろ?

ルキナ、あれ倒してくれよ…!▼
[ルキナ]
な、泣くことないじゃないですか!?

無理ですよあんな大きい虫…!▼
[ブレディ]
はぁ!? さっきは

『私が来たからにはもう平気です』って▼

言ってたじゃねーか!▼

虫一匹倒せないで

未来が救えるのかよ!?▼
[ルキナ]
何なんですかその理屈は…!▼

ブレディこそ、その怖い顔で

虫の一匹ぐらいなんとかして下さい…!▼
[ブレディ]
俺は存在が見かけ倒しなんだよ!▼

ルキナ、姉貴なんだから

何とかしてくれよ…!!▼

父さんからも、弟をちゃんと守るように

言われてるんだろ?▼
[ルキナ]
はぁ…そういえばそうでした。

わかりました…何とかしますよ…▼
[ブレディ]
やった! 姉貴、かっこいいぜ!

さっすが未来のイーリス王女様だな!▼
[ルキナ]
…あなたも一応、王子様でしょうが…▼
[ブレディ]
俺は王子なんてガラじゃねぇだろ。

ほら、物陰に入った今がチャンスだぜ!▼
[ルキナ]
暗くてよく見えませんよ…▼
[ブレディ]
ファルシオンを光らせりゃいいんじゃねえか?

それで位置確認して、そのままグサッと…▼
[ルキナ]
ファルシオンを虫退治の

便利な道具みたいに言わないで下さい!▼
[ブレディ]
ちっ、ケチケチすんなよ…って、▼

ぎゃーーーーーっ!!

また飛んだぞーーー!!▼
[ルキナ]
くっ…! 手強い相手ですが…

ブレディには指一本触れさせません…!▼
[ブレディ]
姉貴…!▼
[クロム]
おい! お前らさっきから

何を騒いでるんだ!?▼
[ルキナ]
お、おとうさま!?▼
[ブレディ]
父さん!?▼

(暗転)

[クロム]
…まったくお前たちは…。

虫一匹であんなに騒ぐんじゃない。▼
[ブレディ]
…悪かったよ。▼
[ルキナ]
ごめんなさい、お父様…▼
[クロム]
反省しているならいい。

まぁ…これからは気をつけろ。▼
[ブレディ]
結局、あの虫は父さんが倒してくれたな。

いやー、やっぱり頼りになるぜ。▼
[ルキナ]
そうですね…でも、お父様に

ご迷惑をおかけしてしまいました…▼
[ブレディ]
なんだぁ?ルキナ、落ち込んでるのか?

俺は結構楽しかったぜ。▼

こうやって二人して父さんに

叱られるなんて初めてだしよ。▼

こうしてると、なんつーか…

普通の家族、みたいだよな。▼
[ルキナ]
ブレディ…▼

…えぇ、そうですね。

私も、少しだけ楽しかったです…▼

支援B

[ルキナ]
…ブレディ。▼
[ブレディ]
…んだよ。▼
[ルキナ]
私の言いたいことはわかりますね…?▼
[ブレディ]
果物を切ったあと、

ファルシオンは洗って返しましょう、か?▼
[ルキナ]
違います!▼

ファルシオンを果物ナイフ代わりに

使わないで下さいということですよ!▼
[ブレディ]
ひっ…! そんなに怒るなよ。

俺が悪かったって…!▼
[ルキナ]
謝ってすむ問題ではありません!▼

この剣はイーリス国の国宝で、

お父様の形見なのですよ!?▼

あなた、よく親の形見で

果物を切ろうと思いましたね…!?▼

あぁ…ファルシオンから、

武器にあるまじき甘い香りが…▼
[ブレディ]
だって、果物切りてぇなーと思ってたら

目の前に手頃な刃物があるんだぜ?▼

それに俺、その剣に

あんま触ったことねぇし、▼

どんな感じなのかって、

ちょっと興味がな…▼
[ルキナ]
………▼
[ブレディ]
お…怒ってる…のか?▼
[ルキナ]
…ブレディは、この剣に触ったことが

なかったのですか?▼
[ブレディ]
はぁ? そっち気にするか?▼

あぁ。あんま触ったことねぇよ。

未来ではずっとルキナが持ってたし、▼

こっちに来てからも、、

ちょっと移動させる時に触るぐらいだな。▼
[ルキナ]
では…ブレディがこの剣を使って

戦える素質があるかは▼

わからないということですか?▼
[ブレディ]
あぁ? その剣って

使うのに素質とか要るのかよ。▼
[ルキナ]
そうですか…あなたはそれすら

知らないままだったのですね。▼

…ファルシオンは、聖王の血とナーガの力を

色濃く受け継ぎ、素質を持った者にのみ▼

戦場で扱うことができる、

特殊な剣なのです。▼

逆に言えば、聖王の血族であっても

素質のない者には使うことができません。▼
[ブレディ]
な、なんか難しい話だな…▼

けど、そんな剣使って戦えるなんて、

さっすが姉貴だぜ!▼
[ルキナ]
…いえ、もしかしたらあなたにも

使えるかもしれませんよ。▼

あなたは、そもそも素質があるかどうかすら

わからない状態ですから…▼
[ブレディ]
はぁ!? マジかよ…!

もし使えたらすごいじゃねえか…!▼

伝説の剣なんか使えたら、

父さんみてぇな強い男になれるかも…▼
[ルキナ]
そうですね…。未来にいた頃は

考えたことがありませんでしたけど▼

あなたもこの剣が使えた方が

良いかもしれません。▼

…私に、もしものことがあった時のために。▼
[ブレディ]
…え?

もしも、って…?▼

それって…どういうことだよ…▼
[ルキナ]
私がこの戦いで命を落とした時ですよ。▼

その時、他にもファルシオンを

使える者がいた方が、戦局が有利に動く。▼

未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい…▼

…そうと決まれば、あなたにもファルシオンが

使えるかどうか試しましょう。▼
[ブレディ]
…………▼
[ルキナ]
ブレディ?▼
[ブレディ]
…無理だ。▼

俺にそんなすごい剣を扱う

素質なんてあるわけねぇよ。▼
[ルキナ]
それは、やってみないことには

わかりませんよ。▼

あなただって、さっき使えたらいいなって

言っていたでしょう? だから…▼
[ブレディ]
…嫌だって言ってんだよ!▼

そんな訓練、したくねぇ!▼

ルキナが死んじまった時のための

訓練なんて、それこそ死んでもごめんだ!▼
[ルキナ]
…ブレディ。気持ちはわかりますが、

あなたも覚悟を決めてください。▼

この戦いは、どんな手を使ってでも

負けるわけにはいかないのですよ…▼
[ブレディ]
んな事わかってんだよ!!

けど、俺はそこまで割り切れねぇ!▼

ルキナも俺を置いていくつもりかよ!?

父さんや母さんと同じように…!!▼
[ルキナ]
そうならずに済めばいいとは

思っています。▼

…でも、

生き残るという約束はできませんから。▼
[ブレディ]
んだよそれ…!▼

ルキナが死ぬこと考えるようになるんなら、

ファルシオンなんて使えなくていい!▼

俺にもし素質があったとしても▼

果物ナイフとしてしか

使ってやんねぇんだからな!▼

ルキナの馬鹿野郎…!!▼

(ブレディ、退場)

[ルキナ]
ブ、ブレディ…▼

果物ナイフとしては、

使いたいんですね…▼

支援A

[ブレディ]
…ルキナ。▼
[ルキナ]
ブレディ。どうしたんですか?

そんなに深刻な顔をして。▼
[ブレディ]
俺にファルシオンを使う

素質があるかどうか、見てくれよ。▼
[ルキナ]
えっ…! でもブレディ、この前は

あんなに嫌がっていたじゃないですか。▼

なのにどうして…▼
[ブレディ]
あれから、考えてたんだ。

ルキナが言ってた言葉をよ…▼

『未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい』って。▼

俺だって父さんの子なのに、

いつまでも逃げてたらかっこ悪ぃだろ。▼

俺もちゃんと覚悟しないと駄目だと思ってな。

だから…頼む。▼
[ルキナ]
そうですか…。あなたがその気に

なったのなら、私に異論はありません。▼

すぐに準備をしましょう。▼

(暗転)

[ルキナ]
では…ブレディ。

あの丸太を敵だと思って切って下さい。▼

あなたに素質が無いなら

ファルシオンはなまくら同然となり、▼

丸太に傷を付けることすら

できないでしょう。▼

逆に、素質があった場合…

剣の威力で、丸太は真っ二つになります。▼
[ブレディ]
………▼
[ルキナ]
では…ファルシオンをお渡ししますね。▼
[ブレディ]
あぁ…▼
[ブレディ]
…くそ。すげぇ緊張してきたぜ…!

もし素質があったらどうすりゃいい…▼

…いや、駄目だ。迷うな。

俺も覚悟するって決めたんだ!▼

…いくぜ!▼

どぉりゃぁぁぁぁっ!!▼

………▼

…なんだぁ?

当たった感じ、しねぇぞ…?▼
[ルキナ]
…丸太、そのままですね。▼

残念ながら、ブレディには

素質が無かったみたいです…▼
[ブレディ]
…………▼
[ルキナ]
あ、あの…落ち込まないで下さいね。

素質が無くても、あなたは正真正銘▼

聖王の血を引くイーリス王子で

あることに変わりは…▼
[ブレディ]
…ぶふっ。

はは、ははははは…!!▼
[ルキナ]
ブ、ブレディ!?▼
[ブレディ]
はは…だ、だって笑えるだろ…!

あんなに緊張して挑んだのに▼

こんな盛大な空振りしちまって…!

ふ…ふふ、はははは…!▼
[ルキナ]
…ふ、ふふ。ブレディったら…。

私まで、笑えてきたじゃないですか…▼

なんだか私たち、素質のあるなしに

振り回されてしまいましたね。▼

最近は2人ともピリピリしていて、

喧嘩のあとみたいになっていましたから。▼

こんなことなら、以前のように虫退治をして

騒いでいる方が、よっぽどいいですよ。▼
[ブレディ]
あぁ。でもな…今回のおかげで

俺は覚悟を決めることができたぜ。▼

大事な奴がいなくなるのを怖がって、

できることをやろうとしねぇのは逃げだ。▼

万が一ルキナが先に死んじまっても

最後まで戦って、勝ってみせる。▼

けどよ…それでもやっぱ…

ルキナがいなくなるのは辛ぇから…▼

俺にルキナを守らせろ。

これは逃げじゃないから、文句ねぇだろ?▼
[ルキナ]
…ブレディ…▼

…そうですね。私も、死なないという約束を

あなたと交わさないことで、逃げていました。▼

でも、もう終わりにします。

私は絶対に死なないと約束します。▼

あなたを一人にはさせません。

そして、あなたを死なせはしません。▼

最後まで生き残りましょう。一緒に。

勝って、未来を勝ち取りましょう。▼
[ブレディ]
ルキナ…!

…あぁ! 約束だぞ!▼
[ルキナ]
えぇ。約束です。▼

…あっ! 私、今日の食事当番だったの

忘れていました!▼

すみません、先に戻りますね!▼

(ルキナ、退場)

[ブレディ]
おいルキナ! ファルシオン忘れてんぞ!

…もう行っちまったか。▼

…せっかくだから記念に

もう一回振ってみるか。▼

素質の無い俺は、戦場では一生

この剣を使うことはねぇからな。▼

よし! どおりゃぁぁぁっ!!▼

…………▼

ちっ。やっぱ傷一つつかねぇか。▼

…おいファルシオン。てめぇ、ルキナのこと

ちゃんと守らねぇと…ぶっとばすぞ?▼

もしルキナが死んじまったら、

てめぇは一生果物ナイフだからな!▼

…なんてな。

さて、返しに行くか。▼

(暗転)

[クロム]
…ん? 何だ、この丸太は。

誰かが訓練で使ったのか?▼

…見事に真っ二つだな…▼

デジェル

支援C

[デジェル]
……あっ、

いたいた。▼

ルキナ! 今、時間はある?▼
[ルキナ]
あら、デジェル。なにか用ですか?▼
[デジェル]
ちょっと聞いてくれる?▼

さっき、兵士たちと戦闘訓練したんだけど、

私に勝てる人が一人もいないのよ!▼

まったく…情けないわよねぇ。▼
[ルキナ]
…でも、デジェルに勝てる兵士なんて、

そうそういないのでは…?▼
[デジェル]
またまた~。

お世辞なんて言わなくていいわよ?▼

あなただって十分強いでしょう?

私、あなたには勝てる気がしないもの。▼
[ルキナ]
えっ…そ、そんな、私なんて。▼
[デジェル]
いいえ、私にはわかる。あなたは強いわ。▼

そして、あなたと私さえいれば、

誰の力も借りる必要なんてないのよ。▼
[ルキナ]
えっ!? …そ、そうでしょうか?

それはさすがに言い過ぎでは…?▼
[デジェル]
いいえ、軍隊というのは組織が大きすぎて、

何をするにも不都合なことが多すぎるわ。▼

古の昔…英雄王マルスのさらに祖先は

たった一人で邪悪な存在を倒したって話だし、▼

本当は私たちも、もっと少数精鋭で

戦った方がいいんじゃないかしら?▼
[ルキナ]
少数の利点ももちろんありますが…▼
[デジェル]
結局軍隊なんて融通が利かないだけ。

しょせんは烏合の衆なのよ。▼
[ルキナ]
確かに大勢の人達と一つの目的を

共有するというのは、思っている以上に▼

難しいとは理解はできます…▼

個々の力を育て、単騎で戦い抜ける力を

身に付けようという姿勢も▼

もちろん素晴らしいものだとわかります。▼
[デジェル]
でしょう? ルキナなら

わかってくれると思ってたわ!▼

やっぱり私たちって気が合うのね!▼
[ルキナ]
ただちょっとデジェルの考えは

極端すぎると思うんですが…▼
[デジェル]
…ん? 何か言った?▼
[ルキナ]
い、いいえ…。何も…▼

支援B

[デジェル]
ルキナ~! ねえ、二人で食事でもどう?▼
[ルキナ]
えっ…ご一緒するのはかまいませんけど。

二人だけ、ですか?▼
[デジェル]
だって、他の弱い兵士たちと

食べていても楽しくないでしょう?▼
[ルキナ]
そ、それは少し言い過ぎな気もしますよ?

みんな等しく、大切な仲間でしょう?▼
[デジェル]
それはそうだけど…。やっぱり、

心許せる者同士の方が楽しいじゃない?▼

それとも…ルキナは、私と二人で

食事するのは嫌…なの?▼
[ルキナ]
ち、違います!

なんでそんな話になるんですか?▼

…デジェルは幼馴染ですし、

それに信頼できる戦友です!▼
[デジェル]
本当? ありがとう、ルキナ!

私も親友だと思っているわ!▼
[ルキナ]
…でしたら私の提案を聞き入れて、

みんなと一緒に食事をしませんか?▼
[デジェル]
う~ん…わかったわ。

本当はあなたと二人が良かったけど…▼

まぁ、協調性だって大事よね…

じゃあ…行きましょう!▼
[ルキナ]
ありがとうございます、デジェル!▼

支援A

[デジェル]
ルキナ!

今日こそは二人で食事でもどう?▼
[ルキナ]
あっ…デジェル…。

ごめんなさい。▼

今日はお父様と二人で

ゆっくり食事でもしようと思って。▼
[デジェル]
お父様って…クロム殿!?

さすがにクロム殿には負けるわね…▼
[ルキナ]
負けるって…?

何に負けるんですか?▼
[デジェル]
だってクロム殿は、一兵士としても

ダントツに強いお方じゃない?▼

私が勝負を挑んでも負けそうだし、

今回は諦めるしかないかな…と。▼
[ルキナ]
諦めるとか負けるとか…ちょっと

デジェル、あなたは何と戦っているのですか?▼
[デジェル]
私は自分の力を信じてるし、

相手と比べもする。▼

それで自分より強ければその者を認めるし、

弱かったらそういう風に見る、▼

…そう言っているだけだけど?▼
[ルキナ]
戦士である以上、強さを求め、相手と

比較することは悪くはありません…▼

ただあなたの場合、その嫌いがありすぎて

孤立を招いてしまわないか、少し心配です。▼
[デジェル]
なぜ…? 強い者を強い者と

評価することのどこが悪いの?▼

あなただって強いから、

私は認めているのよ?▼
[ルキナ]
逆に言うとあなたは、同じ仲間であっても、

自分よりも弱い者は認めないという事ですか?▼
[デジェル]
…そ、そういうことになるわね。▼
[ルキナ]
……デジェル…私たちは決して

闘技場で働く闘士ではないのですよ?▼

個として磨きながらも、軍として集団の力を

結集させなければならない。▼

他人と協調し、お互いに補い合ってこそ、

戦争は勝利することができると思うのです。▼
[デジェル]
わ、わかっているわよ、そんなこと…▼
[ルキナ]
では…そうですね。

…私と一騎打ちの勝負をしませんか?▼
[デジェル]
えっ…?▼
[ルキナ]
それでデジェルが私に勝てば、

あなたの主張が正しいと認めます。▼

あなたが希望するなら

共に軍を離れましょう。▼

ただ私が勝った時には、

もう少し仲間たちを認めてあげて下さい…▼

強い者も弱い者も、

みんなが皆のために精一杯戦っていると…!▼
[デジェル]
わかったわよ…

もう、私の負け。完敗よ。▼
[ルキナ]
…えっ?▼
[デジェル]
ルキナのその強い瞳を見ていて、

気圧されない人なんていないわよ。▼

そこまで言われて反抗する気なんて、

もう一切失せちゃったわ…▼
[ルキナ]
デ、デジェル…じゃあ。▼
[デジェル]
ええ…ごめんなさい。ルキナ。▼

私、自分が少し強いと思って

図に乗ってしまっていたわ。▼

独りでどうにかできる

わけなんて、ないのにね…▼
[ルキナ]
…わかって頂けましたか。▼
[デジェル]
ええ、でも強さが大事だという

この価値観を捨てる気はないの。▼

ただその気持ちを、これからはもう少し

自分以外にも向けてみるようにするわ。▼
[ルキナ]
…と、いうと?▼
[デジェル]
みんなが私に追いつけるように、

ちょっと稽古を付けてあげようかなってね。▼
[ルキナ]
そ、それは良い案ですね!▼
[デジェル]
そうすればみんな個人としても強くなるし、

私のイライラもなくなって万事解決でしょ?▼
[ルキナ]
うふふっ…でもデジェルは厳しいから、

みんなが付いて来られるのか心配です。▼
[デジェル]
そこは協調性を考えてやるわよ?

…思いやりという名のスパルタだけどね!▼
[ルキナ]
デジェル~。

程々にお願いしますね!▼

デジェル(兄弟)

支援C

[デジェル]
ふぅ…、お掃除って大変ね…。

あら? これってもしかして…▼

き、きゃああああぁっ!!▼
[ルキナ]
!! 今の悲鳴は…デジェル!?

まさか、敵の奇襲が…!?▼
[ルキナ]
デジェル! 大丈夫ですか!?▼
[デジェル]
ル…ルキナ…ルキナっ…!▼
[ルキナ]
落ちついて下さいデジェル、

私が来たからにはもう平気ですから…!▼
[デジェル]
む、虫が…!!▼
[ルキナ]
えっ、虫?▼
[デジェル]
そうよ! やたら大きくて、

わさわさしてる虫が出てきて…!▼

もう…もう私どうしようかと…!▼
[ルキナ]
じゃあ、さっきの悲鳴はそれですか?

私はてっきり敵の奇襲かと…▼

全くもう…

人騒がせな真似はやめてくださ…▼
[デジェル]
きゃーーーっ! 飛んだーーー!!

ちょっと、こっちに来ないでー!!!!▼
[ルキナ]
えぇっ!?

…きゃーーーーっ!!▼
[デジェル]
ほ、ほらいたでしょう?

ルキナ、あれ倒してよ…!▼
[ルキナ]
む、無理ですよあんな大きい虫…!▼
[デジェル]
でも、さっきは

『私が来たからにはもう平気です』って▼

言ってたわ!▼

虫一匹倒せないで

未来が救えるの!?▼
[ルキナ]
何なんですかその理屈は…!▼

デジェルこそ、いつも勇ましいんだから

虫の一匹ぐらいなんとかできるでしょう…!▼
[デジェル]
私、虫だけは無理なのよ!▼

ルキナ、姉さんなんだから

何とかして…!▼

父さんからも、妹をちゃんと守るように

言われてるんでしょう?▼
[ルキナ]
はぁ…そういえばそうでした。

わかりました…何とかしますよ…▼
[デジェル]
やっぱりルキナは頼りになるわね!

さすが未来のイーリス王女様だわ!▼
[ルキナ]
…あなたも一応王女様でしょうが…▼
[デジェル]
細かいことは気にしないで! ほら、

物陰に入った今がチャンスよ…!▼
[ルキナ]
暗くてよく見えませんよ…▼
[デジェル]
ファルシオンを光らせたら?

それで位置確認して、そのままグサッと…▼
[ルキナ]
ファルシオンを虫退治の

便利な道具みたいに言わないで下さい!▼
[デジェル]
いいじゃない別に…って▼

きゃーーーーーっ!!

また飛んだわーーー!!▼
[ルキナ]
くっ…! 手強い相手ですが…

デジェルには指一本触れさせません…!▼
[デジェル]
ルキナ…!▼
[クロム]
おい! お前らさっきから

何を騒いでるんだ!?▼
[ルキナ]
お、おとうさま!?▼
[デジェル]
父さん!?▼
(暗転)
[クロム]
…まったくお前たちは…。

虫一匹であんなに騒ぐんじゃない。▼
[デジェル]
すいませんでした…▼
[ルキナ]
ごめんなさい、お父様…▼
[クロム]
反省しているならいい。

まぁ…これからは気をつけろ。▼
[デジェル]
結局、あの虫は父さんが倒してくれたわね。

やっぱり父さんは強くて頼りになるわ。▼
[ルキナ]
そうですね…。でも、お父様に

ご迷惑をおかけしてしまいました…▼
[デジェル]
ルキナ、落ち込んでるの?

私は結構楽しかったけど。▼

こうやって二人して父さんに

叱られるなんて、今までなかったし。▼

こうやってると、

普通の楽しい家族みたいよね。▼
[ルキナ]
デジェル…▼

…えぇ、そうですね。

私も、少しだけ楽しかったです…▼

支援B

[ルキナ]
…デジェル。▼
[デジェル]
はい…▼
[ルキナ]
私の言いたいことはわかりますね…?▼
[デジェル]
果物を切ったあとは、

ファルシオンは洗って返しましょう…?▼
[ルキナ]
違います!▼

ファルシオンを果物ナイフ代わりに

使わないで下さいということですよ!▼
[デジェル]
ひっ…!?

ご…ごめんなさい…!▼
[ルキナ]
謝ってすむ問題ではありません!▼

この剣はイーリス国の国宝で、

お父様の形見なのですよ!?▼

あなた、よく親の形見で

果物を切ろうと思いましたね…!?▼

あぁ…ファルシオンから、

武器にあるまじき甘い香りが…▼
[デジェル]
いえ…果物切りたいと思ったら

目の前に手頃な刃物があったから…▼

そ、それに私…その剣に

あまり触ったことがないし、▼

どんな感じなのかと…、

その…ちょっと興味が…▼
[ルキナ]
………▼
[デジェル]
お…怒ってる…わよね?▼
[ルキナ]
…デジェルは、この剣に触ったことが

なかったのですか?▼
[デジェル]
あ、そっちなの?▼

えぇ。あまり触ったことがないわ。

未来ではずっとルキナが持ってたし、▼

こっちに来てからも、

ちょっと移動させる時に触るぐらいで…▼
[ルキナ]
では…デジェルがこの剣を使って

戦える素質があるかは▼

わからないということですか?▼
[デジェル]
え? その剣は

使うのに素質がいるの?▼
[ルキナ]
そうですか…あなたはそれすら

知らないままだったのですね。▼

…ファルシオンは、聖王の血とナーガの力を

色濃く受け継ぎ、素質を持った者にのみ▼

戦場で扱うことができる、

特殊な剣なのです。▼

逆に言えば、聖王の血族であっても

素質のない者には使うことができません。▼
[デジェル]
へぇ…すごい剣なのね…▼

そんな剣を使って戦えるなんて、

さすがルキナだわ。▼
[ルキナ]
…いえ、もしかしたらあなたにも

使えるかもしれませんよ。▼

あなたは、そもそも素質があるかどうかすら

わからない状態ですから…▼
[デジェル]
なんですって!?

もしそうだったら素敵ね…▼

伝説の剣を持つ最強の女戦士…

私の理想とする光景だわ…▼
[ルキナ]
そうですね…。未来にいた頃は

考えたことがありませんでしたけど▼

あなたもこの剣が使えた方が

良いかもしれません。▼

…私に、もしものことがあった時のために。▼
[デジェル]
…え?

もしも、って…?▼

それって…どういうこと…?▼
[ルキナ]
私がこの戦いで命を落とした時ですよ。▼

その時、他にもファルシオンを

使える者がいた方が、戦局が有利に動く。▼

未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい…▼

…そうと決まれば、あなたにもファルシオンが

使えるかどうか試しましょう。▼
[デジェル]
…………▼
[ルキナ]
デジェル?▼
[デジェル]
…無理よ。▼

私にそんなすごい剣を扱う

素質なんか、あるわけないわ。▼
[ルキナ]
それは、やってみないことには

わかりませんよ。▼

あなただって、さっき使えたらいいなって

言っていたでしょう? だから…▼
[デジェル]
…嫌だって言ってるのよ!▼

そんな訓練、したくないわ!▼

ルキナが死んでしまった時のための

訓練なんて、したくない!!▼
[ルキナ]
…デジェル。気持ちはわかりますが、

あなたも覚悟を決めてください。▼

この戦いは、どんな手を使ってでも

負けるわけにはいかないのですよ…▼
[デジェル]
わかってるわ!!

でも、私はそこまで割り切れない…!▼

ルキナも私を置いていくの!?

父さんや母さんみたいに!?▼
[ルキナ]
そうならずに済めばいいとは

思っています。▼

…でも、

生き残るという約束はできませんから。▼
[デジェル]
何よそれ…!▼

ルキナが死ぬことを考えるようになるなら、

ファルシオンなんて使えなくていいわ!▼

私にもし素質があったとしても▼

果物ナイフとしてしか

使ってやらないんだから!▼

ルキナの馬鹿っ!!▼

(デジェル、退場)

[ルキナ]
デ、デジェル…▼

果物ナイフとしては、

使いたいんですね…▼

支援A

[デジェル]
ルキナ!!▼
[ルキナ]
デジェル。どうしたんですか?

そんなに深刻な顔をして。▼
[デジェル]
その…私にファルシオンを使う

素質があるかどうか見て欲しいの…▼
[ルキナ]
えっ…! でもデジェル、この前は

あんなに嫌がっていたじゃないですか。▼

なのにどうして…▼
[デジェル]
あれから、考えていたの

ルキナが言っていた言葉を…▼

『未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい』って。▼

私だって父さんの娘なのに、

逃げてたらいけないと思ったの。▼

ルキナのようにちゃんと覚悟しないと、って。

だから…お願いします!▼
[ルキナ]
そうですか…。あなたがその気に

なったのなら、私に異論はありません。▼

すぐに準備をしましょう。▼

(暗転)

[ルキナ]
では…デジェル。

あの丸太を敵だと思って切って下さい。▼

あなたに素質が無いなら

ファルシオンはなまくら同然となり、▼

丸太に傷を付けることすら

できないでしょう。▼

逆に、素質があった場合…

剣の威力で、丸太は真っ二つになります。▼
[デジェル]
………▼
[ルキナ]
では…ファルシオンをお渡ししますね。▼
[デジェル]
はい…。▼
[デジェル]
あぁ…、なんだか緊張してきたわ…。

もし素質があったら…どうすれば…▼

…いいえ、駄目よ。

私も覚悟するって決めたんだから!▼

…いきます!▼

でりゃぁぁぁっ!!▼

………▼

…あら?

当たった感じが、しないわ…?▼
[ルキナ]
…丸太、そのままですね。▼

残念ながら、デジェルには

素質が無かったみたいです…▼
[デジェル]
…………▼
[ルキナ]
あ、あの…落ち込まないで下さいね。

素質が無くても、あなたは正真正銘▼

聖王の血を引くイーリス王女で

あることに変わりは…▼
[デジェル]
…ぷっ。

ふふ、ははははは…!!▼
[ルキナ]
デ、デジェル!?▼
[デジェル]
ふふ…だ、だっておかしくて…!

あんなに緊張して挑んだのに▼

こんな盛大な空振りをするなんて…!

ははは、はは…!▼
[ルキナ]
…ふ、ふふ。デジェルったら…。

私まで、笑えてきたじゃないですか…▼

なんだか私たち、素質のあるなしに

振り回されてしまいましたね。▼

最近は2人ともピリピリしていて、

喧嘩のあとみたいになっていましたから。▼

こんなことなら、以前のように虫退治をして

騒いでいる方が、よっぽどいいですよ。▼
[デジェル]
えぇ。でも…今回の件のおかげで

私…覚悟が決まったわ。▼

大切な人がいなくなるのを怖がって、

できることをしようとしないのは駄目だと。▼

万が一ルキナが先に死んでしまっても…

最後まで戦って…勝ってみせるわ。▼

ただ…それでもやっぱり、

ルキナがいなくなるのは辛いから▼

私にルキナを守らせて。

これは逃げではないから。いいわよね?▼
[ルキナ]
…デジェル…▼

…そうですね。私も、死なないという約束を

あなたと交わさないことで、逃げていました。▼

でも、もう終わりにします。

私は絶対に死なないと約束します。▼

あなたを一人にはさせません。

そして、あなたを死なせはしません。▼

最後まで生き残りましょう。一緒に。

勝って、未来を勝ち取りましょう。▼
[デジェル]
ルキナ…!

…絶対に、約束よ!▼
[ルキナ]
えぇ。約束です。▼

…あっ! 私、今日の食事当番だったの

忘れていました!▼

すみません、先に戻りますね!▼

(ルキナ、退場)

[デジェル]
あ…ルキナ、ファルシオン忘れてるわよ!

…もう行っちゃったわね。▼

…せっかくだから記念に

もう一回振ってみようかな。▼

だって私、戦場では一生

この剣を使うことは無いんだし。▼

よーし! せりゃあぁぁぁっ!!▼

…………▼

やっぱり傷一つ付かない、か…▼

…ねぇファルシオン。あなた、ルキナのこと

しっかり守らないと許さないわよ?▼

もしルキナが死んでしまったら、

あなたは一生果物ナイフなんだから。▼

…なーんて。

もう返してこようっと。▼

(暗転)

[クロム]
…ん? 何だ、この丸太は。

誰かが訓練で使ったのか?▼

…見事に真っ二つだな…▼

シンシア

支援C

[シンシア]
あっ、ルキナ! あなたを探してたの!▼
[ルキナ]
シンシア、どうしたのですか?▼
[シンシア]
ちょっとお願いがあるんだけど

聞いてくれる?▼
[ルキナ]
はい、私にできることなら…▼
[シンシア]
実はね、あたし、

あなたを相棒にしたいの!▼
[ルキナ]
…あ、相棒?▼
[シンシア]
そう! あたしの相棒になって、

一緒に合体攻撃を考えようよ!▼

あなたとあたしが組めば

すごいカッコいい技ができると思うんだ!▼
[ルキナ]
カ…カッコいい、ですか?

でも私、そういうことにあまり興味は…▼

戦いの中で変に目立つのも

良くないですし。▼
[シンシア]
え~っ!? 技が決まれば、きっと

味方のみんなの士気が高まるはずだよ!▼
[ルキナ]
士気が上がる…とは

どういう意味ですか?▼
[シンシア]
だってルキナだよ!?▼

指揮官の娘ルキナがカッコよく戦えば、

みんな嬉しいに決まってるじゃん!▼
[ルキナ]
そ、そうでしょうか…?▼
[シンシア]
あ~、もう、そういう意識がダメ!

ルキナ、自分を過小評価し過ぎだよ!▼

クロムさんの娘ってのは、

みんなの希望の光なんだよ?▼

その血筋を活かして

味方を勇気づけなくちゃ!▼

ルキナの振る舞い一つで、

勝敗だって分かれるかもしれないんだよ!?▼
[ルキナ]
な、なるほど…

理にかなってはいますね。▼
[シンシア]
うん、もちろん! だからこそ、ルキナと

カッコいい合体攻撃を身に付けたいんだよ!▼
[ルキナ]
…わかりました。▼

私がそうすることで少しでも

皆の励みになるというのなら…▼

…自信はありませんが、

シンシアの言う通りに努力してみます。▼
[シンシア]
おっ、やった~! じゃあルキナの

ポーズや決め台詞はあたしが考えておくね!▼

楽しみにしててね!▼

(シンシア退場)

[ルキナ]
…思わず同意してしまいましたけど。

ポーズや決め台詞って…?▼

支援B

[シンシア]
ルキナ! いよいよ今日から

カッコいい合体攻撃の練習を開始するよ!▼
[ルキナ]
は、はい…よろしくお願いします。▼
[シンシア]
そんなに緊張しなくていいよ?▼

基本はカッコよく、そして

美しく戦うだけなんだから!▼
[ルキナ]
カッコよく、美しく…ですか?▼
[シンシア]
そう! 特にルキナは勇ましさに加えて、

美しさも大事だと思うんだよ。▼
[ルキナ]
…具体的にはどうすれば良いのでしょう?▼
[シンシア]
それなんだけどね。ルキナ。あなたの

ファルシオンを有効に使うべきだと思うの。▼

ほら、ファルシオンって時々ピカッて

光るじゃない?▼

あれを使わない手はないよ!▼
[ルキナ]
えぇ!? でもあの光はいつでも出せる

というわけではありませんし、▼

あまりファルシオンを遊びに使うのは

正直どうかと…?▼
[シンシア]
遊びじゃないってば! 言ったでしょ?

仲間を勇気づけるためだって!▼
[ルキナ]
演出の要領で光らせるという時点で、

どうも遊びのようにしか思えません…▼
[シンシア]
はぁ…それはまだ照れがあるからだよ。▼

人前で声高らかに宣誓するのが指揮官でしょう?

クロムさんだっていつもやっているじゃない?▼

あれは照れとか内向的な性格だと

なかなかできることじゃないよ?▼

だからこの合体攻撃だって同じ。

まずは照れを捨てないと!▼
[ルキナ]
シンシアの言い分に丸めこまれている

気もしますが…▼

その割には、

理にかなっているので困ります…▼
[シンシア]
…とりあえず、あたしが考えた

合体攻撃の案を渡しておくね。▼
[ルキナ]
え、ええと…二人でジャンプして、

一回転し、空中で交差して…▼

…こ、こんな事を

戦場で実行するんですか!?▼
[シンシア]
もちろん! ちゃんと練習しておいてね?

じゃ、また今度ね~!▼

(シンシア退場)

[ルキナ]
攻撃というよりも、まるで曲芸です…▼

支援A

[ルキナ]
え…えいっ…! と、とぉ~…!

ひ、光よぉ~…▼
[シンシア]
声が小さいわよ、ルキナ!?

いつものあなたはどうしちゃったの!?▼

いつも戦場では、

もっと勇ましく戦ってるでしょ!?▼
[ルキナ]
ご、ごめんなさい…でも、私、

やっぱり恥ずかしくて…▼
[シンシア]
中途半端に声を出すから、

余計に恥ずかしいのよ。▼

思い切り大きな声を出せば、

逆に気持ちよくなってくるわよ?▼
[ルキナ]
そ、そういうものでしょうか…?▼
[シンシア]
もちろん!

あたしを信じてよ!▼

…ところで、着地の瞬間に

ファルシオンを光らせる練習はしてきた?▼

タイミングが大事だから…シュタッ!

ピカッ! ってうまく光らせてね?▼
[ルキナ]
そ、それがやはりなかなか難しくて…

ごめんなさい…▼
[シンシア]
そ、そっかぁ…▼

うーん、光るところが

この合体攻撃の肝なんだけどなぁ…▼
[ルキナ]
でも、光らせることは攻撃自体には

そんなに意味はないですよね…?▼
[シンシア]
むー! ルキナってば

恥ずかしがってるんじゃないの?▼

そんな意識だからファルシオンだって

光ってくれないんだよ?▼
[ルキナ]
でもやっぱり私…

どうにも必要性が感じられなくて。▼
[シンシア]
あっ! そうだ!

じゃあこう考えればどうかな?▼
[ルキナ]
……?▼
[シンシア]
この話は昔、

母さんに聞いた話なんだけどね。▼

伝説のマルス王の時代に

美しい三姉妹がいて、▼

その人達は

ペガサスナイトだったんだって。▼
[ルキナ]
あっ…その三姉妹の伝説は

私も聞いたことがあります。▼
[シンシア]
その三姉妹には三位一体の必殺技があって、

それは勇ましく麗しく、▼

そして本当に強力だったそうよ…!▼
[ルキナ]
強力…?▼
[シンシア]
うん! その攻撃は、どんな敵でも

あっという間に倒せたって言われているわ!▼

それが本当の

合体攻撃の凄さだと思うのよ!▼
[ルキナ]
確かに攻撃力が優れているのなら、

合体攻撃を身につける意味はありますね…!▼
[シンシア]
でしょう!? あたしたちの

真に求める技はそこにあるわけよ!▼
[ルキナ]
それなら私もやる気が出てきました!▼
[シンシア]
よーしっ! ルキナもようやく

その気になってくれたね!▼

じゃあ早速、ファルシオンを

自由に光らせられるよう頑張って!▼
[ルキナ]
…わ、わかりました!

それで強力な技を生み出せるというなら、

私がんばります!▼
[シンシア]
二人の士気も上がってきて、うーん!

なかなか熱い展開だわ!▼

厳しい特訓を通じて育まれる、深い友情!

…う~ん、ますますヒーローっぽい!▼

やっぱり、あたしたちって

最高の二人組になれそう!▼
[ルキナ]
えいっ! とおりゃあ~!▼
[シンシア]
ルキナッ! もっと気合を入れて!▼
[ルキナ]
はいっ! シンシア!▼

シンシア(兄弟)

支援C

[シンシア]
ふぅー、お掃除って大変だなー。

あ…あれ? これってもしかして…▼

き、きゃああああぁっ!▼
[ルキナ]
!! 今の悲鳴は…シンシア!?

まさか、敵の奇襲が…!?▼
[ルキナ]
シンシア! 大丈夫ですか!?▼
[シンシア]
ル…ルキナ…ルキナぁっ…!▼
[ルキナ]
落ちついて下さいシンシア、

私が来たからにはもう平気ですから…!▼
[シンシア]
む、虫が…!!▼
[ルキナ]
えっ、虫?▼
[シンシア]
そう! こーんな大きくて、

なんかわさわさしてる虫が出てきて…!▼

もう…もうあたしどうしようって…!▼
[ルキナ]
じゃあ、さっきの悲鳴はそれですか?

私はてっきり敵の奇襲かと…▼

全くもう…

人騒がせな真似はやめてくださ…▼
[シンシア]
きゃーーーっ! 飛んだーーー!!

やだやだ、こっち来たよーーー!!▼
[ルキナ]
えぇっ!?

…きゃーーーーっ!!▼
[シンシア]
ほ、ほらいたでしょ?

ルキナ、あれ倒してよ…!▼
[ルキナ]
む、無理ですよあんな大きい虫…!▼
[シンシア]
えー!? さっきは

『私が来たからにはもう平気です』って▼

言ってたじゃん!▼

虫一匹倒せないで

未来が救えるの!?▼
[ルキナ]
何なんですかその理屈は…!▼

シンシアこそ、ヒーローを目指してるなら

虫の一匹ぐらいなんとかして下さい…!▼
[シンシア]
無理無理! ほんとに無理!▼

ルキナ、お姉ちゃんなんだから

何とかしてよー!!▼

父さんからも、妹をちゃんと守るように

言われてるんでしょ?▼
[ルキナ]
はぁ…そういえばそうでした。

わかりました…何とかしますよ…▼
[シンシア]
やったぁ! ルキナ頼りになるー!

さっすが未来のイーリス王女さま!▼
[ルキナ]
…あなたも一応王女さまでしょうが…▼
[シンシア]
堅いこと言わないの! ほらほら、

物陰に入った今がチャンスだよ!▼
[ルキナ]
暗くてよく見えませんよ…▼
[シンシア]
ファルシオン光らせたらいいんじゃない?

それで位置確認して、そのままグサッと…▼
[ルキナ]
ファルシオンを虫退治の

便利な道具みたいに言わないで下さい!▼
[シンシア]
えー、いいじゃん別に…って▼

きゃーーーーーっ!!

また飛んだよーーー!!▼
[ルキナ]
くっ…! 手強い相手ですが…

シンシアには指一本触れさせません…!▼
[シンシア]
ルキナ…!▼
[クロム]
おい! お前らさっきから

何を騒いでるんだ!?▼
[ルキナ]
お、おとうさま!?▼
[シンシア]
父さん!?▼
(暗転)
[クロム]
…まったくお前たちは…。

虫一匹であんなに騒ぐんじゃない。▼
[シンシア]
ごめんなさーい…▼
[ルキナ]
ごめんなさい、お父様…▼
[クロム]
反省しているならいい。

まぁ…これからは気をつけろ。▼
[シンシア]
結局、あの虫は父さんが倒してくれたね。

やっぱり頼りになるなー。▼
[ルキナ]
そうですね…。でも、お父様に

ご迷惑をおかけしてしまいました…▼
[シンシア]
あれ? ルキナ落ち込んでるの?

あたしは楽しかったけどなー。▼

だって、こうやって二人して父さんに

叱られるなんてこと、今までなかったし。▼

なんかこうやってると、

普通の楽しい家族みたいだよね!▼
[ルキナ]
シンシア…▼

…えぇ、そうですね。

私も、少しだけ楽しかったです…▼

支援B

[ルキナ]
…シンシア。▼
[シンシア]
はい…▼
[ルキナ]
私の言いたいことはわかりますね…?▼
[シンシア]
果物を切ったあと、

ファルシオンは洗って返しましょう…?▼
[ルキナ]
違います!▼

ファルシオンを果物ナイフ代わりに

使わないで下さいということですよ!▼
[シンシア]
ひっ…!

ご…ごめんなさい…!▼
[ルキナ]
謝ってすむ問題ではありません!▼

この剣はイーリス国の国宝で

お父様の形見なのですよ!?▼

あなた、よく親の形見で

果物を切ろうと思いましたね…!?▼

あぁ…ファルシオンから、

武器にあるまじき甘い香りが…▼
[シンシア]
だって、果物切りたいなーと思ったら

すぐ目の前に良さげな刃物があったから…▼

そ、それにあたしその剣に

あんまり触ったことないし、▼

どんな感じなのかなーと

その…ちょっと興味が…▼
[ルキナ]
………▼
[シンシア]
お…怒ってる…よね?▼
[ルキナ]
…シンシアは、この剣に触ったことが

なかったのですか?▼
[シンシア]
あ、そっち?▼

う…うん。あんまり触ったことないよ。

未来ではずっとルキナが持ってたし、▼

こっちに来てからも、

ちょっと移動させる時に触るぐらいで…▼
[ルキナ]
では…シンシアがこの剣を使って

戦える素質があるかは▼

わからないということですか?▼
[シンシア]
へ? その剣って

使うのに素質とかいるの?▼
[ルキナ]
そうですか…あなたはそれすら

しらないままだったのですね。▼

…ファルシオンは、聖王の血とナーガの力を

色濃く受け継ぎ、素質を持った者にのみ▼

戦場で扱うことができる、

特殊な剣なのです。▼

逆に言えば、聖王の血族であっても

素質のない者には使うことができません。▼
[シンシア]
な、なんかすごい剣なんだね…▼

そんな剣使って戦えるなんて、

さっすがルキナ!▼
[ルキナ]
…いえ、もしかしたらあなたにも

使えるかもしれませんよ。▼

あなたは、そもそも素質があるかどうかすら

わからない状態ですから…▼
[シンシア]
えっ!? そうなの!?

すごーい、そうなったら素敵だね!▼

伝説の剣を手に戦場を駆けるあたし…

うんうん! ヒーローっぽいよー!▼
[ルキナ]
そうですね…。未来にいた頃は

考えたことがありませんでしたけど▼

あなたもこの剣が使えた方が

良いかもしれません。▼

…私に、もしものことがあった時のために。▼
[シンシア]
…え?

もしも、って…?▼

それって…どういうこと…?▼
[ルキナ]
私がこの戦いで命を落とした時ですよ。▼

その時、他にもファルシオンを

使える者がいた方が、戦局が有利に動く。▼

未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい…▼

…そうと決まれば、あなたにもファルシオンが

使えるかどうか試しましょう。▼
[シンシア]
…………▼
[ルキナ]
シンシア?▼
[シンシア]
…無理だよ。▼

あたしにそんなすごい剣を扱う

素質なんてあるわけないじゃん。▼
[ルキナ]
それは、やってみないことには

わかりませんよ。▼

あなただって、さっき使えたらいいなって

言っていたでしょう? だから…▼
[シンシア]
…嫌だって言ってるの!▼

そんな訓練、したくない!▼

ルキナが死んじゃった時のための

訓練なんてしたくないよ!!▼
[ルキナ]
…シンシア。気持ちはわかりますが、

あなたも覚悟を決めてください。▼

この戦いは、どんな手を使ってでも

負けるわけにはいかないのですよ…▼
[シンシア]
わかってる!

でも、あたしそこまで割り切れないよ…!▼

ルキナもあたしを置いてくの!?

父さんや母さんみたいに!?▼
[ルキナ]
そうならずに済めばいいとは

思っています。▼

…でも、

生き残るという約束はできませんから。▼
[シンシア]
なにそれ…!▼

ルキナが死ぬこと考えるようになるなら、

ファルシオンなんて使えなくていいよ!▼

あたしにもし素質があったとしても▼

果物ナイフとしてしか

使ってやんないんだから!▼

ルキナのばかーーー!!▼
[ルキナ]
シ、シンシア…▼

果物ナイフとしては、

使いたいんですね…▼

支援A

[シンシア]
…ルキナ。▼
[ルキナ]
シンシア。どうしたんですか?

そんなに深刻な顔をして。▼
[シンシア]
あのね…あたしにファルシオンを使う

素質があるかどうか見て欲しいの。▼
[ルキナ]
えっ…! でもシンシア、この前は

あんなに嫌がっていたじゃないですか。▼

なのにどうして…▼
[シンシア]
あれから、考えたんだ。

ルキナが言ってた言葉のこと…▼

『未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい』って。▼

あたしだって父さんの娘なのに、

逃げてたら駄目だと思ったの。▼

ルキナみたいに、ちゃんと覚悟しなきゃって。

だから…お願い!▼
[ルキナ]
そうですか…。あなたがその気に

なったのなら、私に異論はありません。▼

すぐに準備をしましょう。▼
(暗転)
[ルキナ]
では…シンシア。

あの丸太を敵だと思って切って下さい。▼

あなたに素質が無いなら

ファルシオンはなまくら同然となり、▼

丸太に傷を付けることすら

できないでしょう。▼

逆に、素質があった場合…

剣の威力で、丸太は真っ二つになります。▼
[シンシア]
………▼
[ルキナ]
では…ファルシオンをお渡ししますね。▼
[シンシア]
うん…▼
[シンシア]
…はぁ。何かすっごく緊張してきた…!

も、もし素質があったらどうしよう…▼

…ううん! ダメダメ!

あたしも覚悟するって決めたんだから!▼

…いっくよー!▼

はぁぁぁぁっ!!▼

………▼

…あれっ?

当たった感じ、しない…?▼
[ルキナ]
…丸太、そのままですね。▼

残念ながら、シンシアには

素質が無かったみたいです…▼
[シンシア]
…………▼
[ルキナ]
あ、あの…落ち込まないで下さいね。

素質が無くても、あなたは正真正銘▼

聖王の血を引くイーリス王女で

あることに変わりは…▼
[シンシア]
…ぷっ。

ふふ、あはははは…!!▼
[ルキナ]
シ、シンシア!?▼
[シンシア]
ふふ…だ、だってなんかおかしくて…!

あんなに緊張して挑んだのに▼

こんな盛大な空振りしちゃって…!

あはは、はは…!▼
[ルキナ]
…ふ、ふふ。シンシアったら…。

私まで、笑えてきたじゃないですか…▼

なんだか私たち、素質のあるなしに

振り回されてしまいましたね。▼

最近は2人ともピリピリしていて、

喧嘩のあとみたいになっていましたから。▼

こんなことなら、以前のように虫退治をして

騒いでいる方が、よっぽどいいですよ。▼
[シンシア]
うん。でもね…今回のことのおかげで

あたし、覚悟決まったよ。▼

大切な人がいなくなるのを怖がって、

できることをしようとしないのはいけないって。▼

万が一ルキナが先に死んじゃっても…

最後まで戦って…勝ってみせるわ。▼

ただ…それでもやっぱりね…

ルキナが死んじゃったら悲しいから…▼

あたしにルキナを守らせて。

これは逃げじゃないから。いいよね…?▼
[ルキナ]
…シンシア…▼

…そうですね。私も、死なないという約束を

あなたと交わさないことで、逃げていました。▼

でも、もう終わりにします。

私は絶対に死なないと約束します。▼

あなたを一人にはさせません。

そして、あなたを死なせはしません。▼

最後まで生き残りましょう。一緒に。

勝って、未来を勝ち取りましょう。▼
[シンシア]
ルキナ…!

…うん! 約束だよ!▼
[ルキナ]
えぇ。約束です。▼

…あっ! 私、今日の食事当番だったの

忘れていました!▼

すみません、先に戻りますね!▼
[シンシア]
えっ…ルキナ! ファルシオン忘れてるよ!

…もう言っちゃったか。▼

…うーん、せっかくだから記念に

もう一回振ってみよっかな。▼

だってあたし、戦場では一生

この剣を使うことはないんだもんね。▼

よーし! でりゃあぁぁぁっ!!▼

うん! 清々しい空振りだね!▼

…ねぇファルシオン。お前、ルキナのこと

ちゃんと守らないと許さないよ。▼

もしルキナが死んじゃったら、

お前は一生果物ナイフなんだから。▼

…なんてね。

もう返してこよーっと。▼
(暗転)
[クロム]
…ん? 何だ、この丸太は。

誰かが訓練で使ったのか?▼

…見事に真っ二つだな…▼

ジェローム

支援C

[ルキナ]
ジェローム…▼
[ジェローム]
ん…、ルキナか。▼
[ルキナ]
ごめんなさい。休んでいるところで…▼
[ジェローム]
いや…いい。何か用か?▼
[ルキナ]
用というほどではないんですけど、

お礼を言っておこうかと思いまして…▼
[ジェローム]
礼? 特に言われる覚えはないが…?▼
[ルキナ]
忘れましたか?

仮面を貰ったじゃないですか。▼

もし、正体を隠す必要が

ある時には、これを使えと。▼
[ジェローム]
ああ。なにかと思えば、そんな事か…▼
[ルキナ]
はい。とても役に立ったので、

改めてお礼を言いたかったんです…▼

ジェローム、ありがとうございます。▼
[ジェローム]
気にするな…

必要だと思ったから渡したまでだ。▼
[ルキナ]
仮面のおかげで、ずいぶん助かりました▼
[ジェローム]
そうか…▼

支援B

[ルキナ]
うーん…、困ったわ。▼
[ジェローム]
どうした、ルキナ、渋い顔をして?▼
[ルキナ]
あ、ジェローム…▼
[ジェローム]
何かあったのか?▼
[ルキナ]
ペンダントを…失くしてしまったんです。▼
[ジェローム]
ペンダント?▼
[ルキナ]
はい…お母様の形見のペンダントが、

どこかへ行ってしまって…▼
[ジェローム]
心当たりはないのか?▼
[ルキナ]
物資の整理をしていた時に

汚してはいけないと思って外したので…▼

その時だとおもっていたのですが…▼
[ジェローム]
その場所にはなかったのか?▼
[ルキナ]
ええ…。探してはみたんですけど…▼
[ジェローム]
…では歩いている最中に

外れて落ちたのかもしれないな。▼

ならばこの周辺を探してみるか。▼
[ルキナ]
ジェローム…手伝ってくれるんですか?▼
[ジェローム]
…大切なものなんだろう?▼
[ルキナ]
はい…。ジェローム、

ありがとうございます。▼
[ジェローム]
礼は見つかってからにしろ。

さあ、行くぞ。▼
[ルキナ]
は、はい…!▼

支援A

[ルキナ]
あ、ジェローム、ちょっといいですか?▼
[ジェローム]
なんだ?▼
[ルキナ]
これから皆で会議をするんですけど、

ジェロームも来てくれないでしょうか?▼
[ジェローム]
悪い…。ああいった席は苦手だ。

決まった事だけ、後から教えてくれ。▼
[ルキナ]
…そ、そうですか。残念です…

あなたはいつも冷静な意見をくれるから…▼

私のペンダントを見つけてくれた時のように、

今度は皆の事も助けてあげて欲しいと、▼

思ったのです…▼
[ジェローム]
すまない…会議は無理だ。▼

人に頼りにされるのは、私の柄じゃない。

私にできるのは…一人で戦う事ぐらいだ。▼
[ルキナ]
そんな! それなら私だって

同じようなものですよ?▼
[ジェローム]
お前は私と違う…!

お前には人を惹きつける力がある。▼

だからこそお前と私は、役割の違う所で、

共に軍のために戦うことができるのだ。▼
[ルキナ]
ジェローム…▼
[ジェローム]
適材適所…というやつだな。

お前にはお前の役割がある。▼

代わりに、戦いの時には

何なりと私に任せておくことだ。▼
[ルキナ]
は、はいっ! では戦時には

ジェロームを頼らせてもらいますね!▼
[ジェローム]
…ああ、任せておけ。▼

さあ、私の事は良いから、

さっさと会議に行け。皆が待っているぞ。▼
[ルキナ]
は、はいっ!

ありがとうございました!▼
[ジェローム]
………▼

支援S

[ジェローム]
ルキナ…話がある…▼
[ルキナ]
なんでしょう?▼
[ジェローム]
先日会議への出席を断った件だが…

あれから少し考えたんだ。すまなかった…▼
[ルキナ]
あ…いいんですよ? ジェローム。

私も強引に誘ってしまったから…▼

それにジェロームに適材適所と言われて、

私もそれぞれの個性に合わせた▼

役目を果たすことが

重要だとようやく気づいたんです。▼
[ジェローム]
いや、ダメだ…!▼
[ルキナ]
えっ?▼
[ジェローム]
私はお前の助けになりたいのに…▼
[ルキナ]
え…私の助け、ですか?▼
[ジェローム]
そうだ、幼い頃に誓ったんだ…

ずっとお前を助けていこうと…▼

それなのに他人と協調しようとせず、

助けるどころか困らせてしまった…▼

謝らせてくれ、すまない…▼
[ルキナ]
ジェローム…

そう言ってくれただけで、私は嬉しいです。▼

それにジェロームが小さい頃から

私の力になろうと頑張ってくれていた事、▼

…よく理解しているつもりですし。▼
[ジェローム]
ルキナ…▼
[ルキナ]
でも…ええと。 その代わりと

言うわけではないんですけど…▼

…これからも

私の事を助けて欲しいんです。▼

できることだけでもいい。

私の事を支え続けて欲しい…です。▼
[ジェローム]
ルキナ…。それはお願いじゃない。▼
[ルキナ]
…え?▼
[ジェローム]
それは…私が元々小さい頃から

心に決めていたことだ。▼

一生お前を支えて行く。

それは昔から変わることはない。▼

私は、お前のことが好きだ。▼
[ルキナ]
ジェローム…! う、嬉しいです!

そんな風に言ってくれるなんて!▼
[ジェローム]
…私は昔からずっと変わらないつもりだ。

だが良かった…▼

ようやく私の本心を言えた。▼
[ルキナ]
わ、私も少し、そうなのかな…

そうだといいなって、思っていたんですよ?▼
[ジェローム]
な、なんだ、お前もそうだったのか。

全く…お互いに出方を見ていただけか?▼
[ルキナ]
うふふ…そうみたいですね。▼
[ジェローム]
だがそれなら何も問題はない。

二人の想いは最初から同じだったんだ。▼
[ルキナ]
はい…そうですね。▼
[ジェローム]
だからこそ…改めて誓う。

お前をこれからも助けていくと。▼
[ルキナ]
私も、誓います。

ジェロームをずっと支え続けると。▼

これからもよろしくお願いしますね。

ジェローム。▼

マーク男

支援C

[マーク]
あっ、ルキナさん! ちょうどよかった!▼
[ルキナ]
マーク、どうしたのですか?

両手を後ろに回して?▼
[マーク]
はい、これ、ルキナさんに! どうぞ!▼
[ルキナ]
わあ…綺麗な花。ありがとうございます。

でも…これ、どうしたんですか?▼
[マーク]
立ち寄った村の人たちが分けてくれたんです。

だから、ルキナさんにもおすそわけです。▼
[ルキナ]
…こんな綺麗な花、見たことがありません。▼
[マーク]
はいっ! 戦争が続いていても、

綺麗な花は咲くんです!▼

だからこそ、僕たちはがんばって、

この綺麗な花の咲く世界を守っていかないと!▼
[ルキナ]
その通りですね、マーク。

…うふふ。▼
[マーク]
…ルキナさん?▼
[ルキナ]
…あなたはいつも明るく前向きですね。

ちょっと、あなたがうらやましいです…▼
[マーク]
…どうしたんですか?

ルキナさん…なにか悩みでも?▼
[ルキナ]
悩み…というより、私を捕らえて

離さない辛い思い出です…▼

でも、あなたにだって苦しみはあるはず。

だってあなたは記憶がないのでしょう?▼

私とは別の苦痛もあるのではないですか?▼

違う時代で…自分の所在すら曖昧なまま

生きるというのは…辛くありませんか?▼
[マーク]
…う~ん。

実はそんなに悪くないですよ?▼

確かに、記憶がないというのは

少しフワフワした気分ですけど…▼

その分、全てが新鮮に感じられますからね!▼

空を見ても、花を見ても…

僕の毎日には新しい発見でいっぱいです!▼
[ルキナ]
そう…やっぱり、

少しあなたがうらやましいです。▼

私は、辛い記憶ばかりを抱えて

この時代にやってきましたから…▼
[マーク]
…でも、この時代では死んだはずの

お父さんに会えたじゃないですか?▼
[ルキナ]
そうですね…お父様に再会できたこと、

それは良かったと思っています…▼

では…私はこれで失礼します。▼

綺麗なお花をありがとうございました、

マーク…▼

支援B

[マーク]
ふんふん、ふふ~ん…っと。

うん、いいメロディが浮かびそうだぞ!▼
[ルキナ]
マーク…なにをしてるんですか?▼

…さっきから、ずっと鼻歌を

歌っているようですが…▼
[マーク]
あっ…聞かれちゃいましたか?▼

ほら、この間、近くの村で

綺麗な花を分けてもらったじゃないですか?▼

あの時村人や子供たちに

自作の歌を聞かせてあげたら、▼

すごく喜んでくれたんですよ!▼

だから他にも歌を作ってみようかな~

なんて思ったんです! えへへっ!▼
[ルキナ]
なるほど…こんな時だからこそ、

歌で人々の心を癒す…▼

それはとても素敵なことだと思います。▼
[マーク]
そ、そうですかね!? よーしっ!

もっと色々な歌に挑戦してみようかなー!▼
[ルキナ]
それにしても…マーク。

あなたはいつも元気ですね…▼

…あなたは、どうしてそんなに明るく

振る舞っていられるのですか?▼
[マーク]
えっ? …いえ、別に、無理して

振舞っているわけじゃありませんよ?▼

それにこの間も言ったでしょう?▼

記憶がないと、

毎日の出来事が新鮮なんです!▼

だから、落ち込むよりも先に

楽しさが優先してしまって…!▼
[ルキナ]
…でも仮に私があなたと

同じ境遇だったとしても、▼

そんなに明るくしていられる

自身はありません…▼

ですから…

あなたのその明るさは、▼

やはり代えがたい

素晴らしいものだと思いますよ。▼
[マーク]
う~ん…でも、ルキナさんにとっても

今の毎日は幸せじゃないんですか?▼

僕はあまり覚えていませんが、▼

この時代は僕たちの時代よりも、

ずっと恵まれた環境なわけですし…▼
[ルキナ]
そうですね…確かに、

この時代は恵まれています…▼

…でも、私たちが敗北すれば、▼

この時代の未来も私たちが知る世界と

同じものとなってしまう…▼

その重圧を考えると、私は…▼
[マーク]
…ほらほら、ルキナさん。

そんなに暗い顔をしないでください!▼

あんまり抱えすぎると、

いざという時に力が発揮できませんよ?▼
[ルキナ]
…ええ、あなたの言う通りですね。▼

ごめんなさいね、マーク。

暗い話に付き合わせてしまって…▼
[マーク]
いえいえ。僕なんかでよければ、

いつでもお話の相手をしますよ!▼

支援A

[ルキナ]
……未来は変えられる。

変えられるはず…▼

そう信じたい。なのに…

あの悪夢は消えてはくれない。▼

私も…マークのように

信じることができたら…▼
[マーク]
はい? 僕のことを呼びましたか?

ルキナさん。▼
[ルキナ]
きゃっ! …ま、マーク!?

いつからそこに!?▼
[マーク]
いえ、今来たばかりですけど?▼

食事の時間なので呼びに来たんですよ。

さあ、みんなも待ってますよ。▼
[ルキナ]
…ごめんなさい。今は食欲がなくて。▼
[マーク]
えっ? 体調でも悪いんですか?

だったら寝ていた方が…▼
[ルキナ]
いえ…そういうわけではないんです。

ただ、気分の問題で…▼
[マーク]
ルキナさん…なにかあったんですか?

僕でよかったら話を聞きますよ?▼
[ルキナ]
…マーク、あなたは

未来を変えられると思いますか?▼

絶望の未来を私たちが覆し、

幸せな未来にできると…▼
[マーク]
もちろんです。

そうなるに決まってますよ!▼
[ルキナ]
どうして…そこまで

信じることができるのですか?▼
[マーク]
だって、母さんがそう信じてますから。▼
[ルキナ]
……!▼
[マーク]
母さんはすごい人です。

僕のあこがれなんです。▼

その母さんががんばってるんですから、

絶対大丈夫ですよ。▼

僕はこの世界のことは

何もわからないですけど…▼

でも、母さんのことなら

信じられます。▼
[ルキナ]
そう…

そうでしたね…▼

それに、お父様も…

未来を変えようと戦っています。▼

二人の絆は…

まぶしいくらいです。▼

それなのに、その子である私たちが、

ふがいない姿勢ではいけませんね。▼
[マーク]
あ、ルキナさん、

ちょっと元気で出てきました?▼
[ルキナ]
えぇ、あなたのおかげです。▼

ありがとう…マーク。▼

支援S

[ルキナ]
あっ、マーク…。あなたとお話が

したいのですが…いいですか?▼
[マーク]
ルキナさん…はい! もちろんです!

…も、もしかして、この前の続きですか?▼
[ルキナ]
ええ、あなたの言葉のおかげで、

気持ちが楽になりました。▼

もうこれからは、悪い夢を見ずに

すむかもしれません。▼
[マーク]
そうですか!

良かったです!▼

ルキナさん、笑顔が多くなりましたね。

見てて僕も嬉しいです!▼
[ルキナ]
マーク…▼

あの、聞いてほしいことがあります。

大切な話です。▼
[マーク]
?? なんでしょう?▼
[ルキナ]
最近、私は…

あなたの夢ばかり見てしまいます。▼

いいえ、起きていても…

考えるのはあなたのことばかり。▼

あなたが傍にいてくれると、

私は希望を持てるのです。▼

幸せな未来を夢見ても良いのだと…

そう思えるのです。▼
[マーク]
ルキナさん…▼
[ルキナ]
マーク。これからも…

私と共にいてくれませんか?▼
[マーク]
はい、わかりました!▼
[ルキナ]
え、あの、そんな気軽に…▼

マーク、意味をわかっていますか?

私が今言った言葉はつまり…▼
[マーク]
はい、愛の告白ですよね!▼
[ルキナ]
…!!▼
[マーク]
僕もルキナさんが好きです!

だから、これから一緒にいましょう!▼
[ルキナ]
マーク…▼

ふふ…あなたといると、

私は笑顔を忘れずにいられそうです。▼

これからよろしくお願いしますね、

マーク。▼
[マーク]
はい、こちらこそ!▼

マーク男(兄弟)

支援C

[マーク]
ふぅー、お掃除って大変ですねー。

あ…あれ? これってもしかして…▼

う、うわああああぁっ!!▼
[ルキナ]
!! 今の悲鳴は…マーク!?

まさか、敵の奇襲が…!?▼
[ルキナ]
マーク! 大丈夫ですか!?▼
[マーク]
ル…ルキナさんっ…!▼
[ルキナ]
落ちついて下さいマーク、

私が来たからにはもう平気ですから…!▼
[マーク]
む、虫が…!!▼
[ルキナ]
えっ、虫?▼
[マーク]
そうなんです! こんなに大きくて、

わさわさしてる虫が出てきて…!▼

もう…もう僕はどうしようかと…!▼
[ルキナ]
じゃあ、さっきの悲鳴はそれですか?

私はてっきり敵の奇襲かと…▼

全くもう…

人騒がせな真似はやめてくださ…▼
[マーク]
ひえーっ! 飛びましたーーー!!

まずいです、こっちに来ますー!!▼
[ルキナ]
えぇっ!?

…きゃーーーーっ!!▼
[マーク]
ほ、ほらいたでしょう?

ルキナさん、あれ倒してくださいよ…!▼
[ルキナ]
む、無理ですよあんな大きい虫…!▼
[マーク]
でも、さっきは

『私が来たからにはもう平気です』って▼

言ってましたよ!?▼

虫一匹倒せないで

この戦争を勝ち抜けるんですか!?▼
[ルキナ]
何なんですかその理屈は…!▼

マークこそ、軍師を目指しているなら

虫の一匹ぐらいなんとかして下さい…!▼
[マーク]
虫に対する策は知りませんよ!▼

ルキナさん、僕の姉なんですから

何とかしてくださいよー!!▼

母さんからも、弟をちゃんと守るように

言われてるんでしょう!?▼
[ルキナ]
はぁ…そういえばそうでした。

わかりました…何とかしますよ…▼
[マーク]
ありがとうございますー!

さっすが未来のイーリス王女様ですね!▼
[ルキナ]
…あなたも一応、王子様でしょうが…▼
[マーク]
でも僕は記憶がありませんからー。

あ、物陰に入った今がチャンスですよ!▼
[ルキナ]
暗くてよく見えませんよ…▼
[マーク]
ファルシオンを光らせたらどうです?

それで位置を確認し、そのままグサッと…▼
[ルキナ]
ファルシオンを虫退治の

便利な道具みたいに言わないで下さい!▼
[マーク]
す、すみません…って、▼

ひえぇーーーーーっ!!

また飛びましたよーーー!?▼
[ルキナ]
くっ…! 手強い相手ですが…

マークには指一本触れさせません…!▼
[マーク]
ルキナさん…!▼
[クロム]
おい! お前らさっきから

何を騒いでるんだ!?▼
[ルキナ]
お、おとうさま!?▼
[マーク]
父さん!?▼

(暗転)

[クロム]
…まったくお前たちは…。

虫一匹であんなに騒ぐんじゃない。▼
[マーク]
すみません…▼
[ルキナ]
ごめんなさい、お父様…▼
[クロム]
反省しているならいい。

まぁ…これからは気をつけろ。▼
[マーク]
結局、あの虫は父さんが倒してくれましたね。

やっぱり父さんは頼りになります…!▼
[ルキナ]
そうですね…でも、お父様に

ご迷惑をおかけしてしまいました…▼
[マーク]
ルキナさん、落ち込んでるんですか?

僕は楽しかったですけどね。▼

こうやって二人して父さんに

叱られるなんて、初めての経験ですし。▼

なんだか、懐かしいような

嬉しいような不思議な気分でしたよ!▼
[ルキナ]
マーク…▼

…えぇ、そうですね。

私も、少しだけ楽しかったです…▼

支援B

[ルキナ]
…マーク。▼
[マーク]
はい…▼
[ルキナ]
私の言いたいことはわかりますね…?▼
[マーク]
果物を切った後は、

ファルシオンは洗って返しましょう…?▼
[ルキナ]
違います!▼

ファルシオンを果物ナイフ代わりに

使わないで下さいということですよ!▼
[マーク]
ひっ…!

ご…ごめんなさい…!▼
[ルキナ]
謝ってすむ問題ではありません!▼

この剣はイーリス国の国宝で、

お父様の形見なのですよ!?▼

あなた、よく親の形見で

果物を切ろうと思いましたね…!?▼

あぁ…ファルシオンから、

武器にあるまじき甘い香りが…▼
[マーク]
だって、果物を切りたいなと思ったら

目の前にそれがあったものですから…▼

そ、それに僕、その剣に

あんまり触ったことないですし、▼

どんな感じなのかなーと

その…ちょっと興味が…▼
[ルキナ]
………▼
[マーク]
お…怒ってます…よね?▼
[ルキナ]
…マークは、この剣に触ったことが

なかったのですか?▼
[マーク]
あ、そっちですか?▼

はい、あまり触ったことはないですね。

普段はルキナさんが持っていますし、▼

もし触ったとしても、

ちょっと移動させる時に触るぐらいで…▼
[ルキナ]
では…マークがこの剣を使って

戦える素質があるかは▼

わからないということですか?▼
[マーク]
え? その剣は

使うのに素質がいるんですか?▼
[ルキナ]
そうですよね…あなたは記憶が無い。

このことを知るはずがありません…▼

…ファルシオンは、聖王の血とナーガの力を

色濃く受け継ぎ、素質を持った者にのみ▼

戦場で扱うことができる、

特殊な剣なのです。▼

逆に言えば、聖王の血族であっても

素質のない者には使うことができません。▼
[マーク]
なるほど…つまり僕が

その剣を使ったことが無いということは▼

未来での僕に、

素質が無かったってことですよね。▼
[ルキナ]
…いえ、もしかしたらあなたにも

使えるかもしれませんよ。▼

私は、未来であなたにこの剣を

使わせてみたことがありませんでした。▼

つまりあなたは、素質があるかどうかすら

わからない状態ということですから…▼
[マーク]
えっ!? そうなんですか!?

もし使えたらすごいですよね!▼

伝説の剣を持つ天才軍師…これなら

母さんを超えることができるかも…!▼
[ルキナ]
そうですね…。未来にいた頃は

考えたことがありませんでしたけど▼

あなたもこの剣が使えた方が

良いかもしれません。▼

…私に、もしものことがあった時のために。▼
[マーク]
…え?

もしも、って…?▼

それって…どういうことですか…?▼
[ルキナ]
私がこの戦いで命を落とした時ですよ。▼

その時、他にもファルシオンを

使える者がいた方が、戦局が有利に動く。▼

未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい…▼

…そうと決まれば、あなたにもファルシオンが

使えるかどうか試しましょう。▼
[マーク]
…………▼
[ルキナ]
マーク?▼
[マーク]
…無理ですよ。▼

よく考えたら、僕にそんなすごい剣を扱う

素質なんてあるわけないですって!▼
[ルキナ]
それは、やってみないことには

わかりませんよ。▼

あなただって、さっき使えたらいいなって

言っていたでしょう? だから…▼
[マーク]
…嫌だって言ってるんですよ!▼

そんな訓練、したくないです!▼

ルキナさんが死んじゃった時のための

訓練なんて…そんなのないですよ!▼
[ルキナ]
…マーク。気持ちはわかりますが、

あなたも覚悟を決めてください。▼

この戦いは、どんな手を使ってでも

負けるわけにはいかないのですよ…▼
[マーク]
わかってます! でも僕は…

そこまで割り切れません!▼

ルキナさんは母さんを裏切るんですか!?

誰ひとり死なせまいとしている母さんを!▼
[ルキナ]
そうならずに済めばいいとは

思っています。▼

…でも、

生き残るという約束はできませんから。▼
[マーク]
なんですか、それ…!▼

ルキナさんが死ぬことを考えるなら、

ファルシオンなんて使えなくていいです!▼

僕にもし素質があったとしても▼

果物ナイフとしてしか

使ってやらないですからね!▼

ルキナさんのバカーーー!!▼

(マーク、退場)

[ルキナ]
マ、マーク…▼

果物ナイフとしては、

使いたいんですね…▼

支援A

[マーク]
…ルキナさん。▼
[ルキナ]
マーク。どうしたんですか?

そんなに深刻な顔をして。▼
[マーク]
あの…僕にファルシオンを使う

素質があるかどうか、見て下さい。▼
[ルキナ]
えっ…! でもマーク、この前は

あんなに嫌がっていたじゃないですか。▼

なのにどうして…▼
[マーク]
あれから、考えていたんです。

ルキナさんが言っていた策のこと…▼

『未来を救うためには、打てる手は全て

打っておいた方がいい』って。▼

僕は軍師を目指しているのに、、

いつまでも逃げてたら駄目だと思ったんです。▼

ルキナさんみたいに、覚悟しなきゃって。

だから…お願いします!▼
[ルキナ]
そうですか…。あなたがその気に

なったのなら、私に異論はありません。▼

すぐに準備をしましょう。▼

(暗転)

[ルキナ]
では…マーク。

あの丸太を敵だと思って切って下さい。▼

あなたに素質が無いなら

ファルシオンはなまくら同然となり、▼

丸太に傷を付けることすら

できないでしょう。▼

逆に、素質があった場合…

剣の威力で、丸太は真っ二つになります。▼
[マーク]
………▼
[ルキナ]
では…ファルシオンをお渡ししますね。▼
[マーク]
はい…▼
[マーク]
あー…何かすっごく緊張してきました…!

も、もし素質があったらどうしましょう…▼

…いやいや、駄目です!

僕も覚悟するって決めたんですから!▼

…いきますよ!▼

せいやぁぁぁぁっ!!▼

………▼

…あれっ?

当たった感じ、しなかったです…▼
[ルキナ]
…丸太、そのままですね。▼

残念ながら、マークには

素質が無かったみたいです…▼
[マーク]
…………▼
[ルキナ]
あ、あの…落ち込まないで下さいね。

素質が無くても、あなたは正真正銘▼

聖王の血を引くイーリス王子で

あることに変わりは…▼
[マーク]
…ぶふっ!

はは、あはははは…!!▼
[ルキナ]
マ、マーク!?▼
[マーク]
ははは…だ、だって、おかしくて…!

あんなに緊張して挑んだのに▼

結果は盛大な空振りって…!

あはは、はは…!▼
[ルキナ]
…ふ、ふふ。マークったら…。

私まで、笑えてきたじゃないですか…▼

なんだか私たち、素質のあるなしに

振り回されてしまいましたね。▼

最近は2人ともピリピリしていて、

喧嘩のあとみたいになっていましたから。▼

こんなことなら、以前のように虫退治をして

騒いでいる方が、よっぽどいいですよ。▼
[マーク]
でも…今回の件のおかげで

僕も覚悟が決まりました。▼

大切な人がいなくなるのを怖がって、

できることをしようとしないのはいけないって。▼

万が一ルキナさんが先に死んでしまっても…

最後まで戦って…勝ってみせます。▼

でも…それでもやっぱり…

誰かが死ぬのは嫌だから…▼

僕にルキナさんを守らせて下さい。

これは逃げではないので、いいですよね?▼
[ルキナ]
…マーク…▼

…そうですね。私も、死なないという約束を

あなたと交わさないことで、逃げていました。▼

でも、もう終わりにします。

私は絶対に死なないと約束します。▼

あなたを一人にはさせません。

そして、あなたを死なせはしません。▼

最後まで生き残りましょう。一緒に。

勝って、未来を勝ち取りましょう。▼
[マーク]
ルキナさん…!

…はい! 約束ですよ!▼
[ルキナ]
えぇ。約束です。▼

…あっ! 私、今日の食事当番だったの

忘れていました!▼

すみません、先に戻りますね!▼

(ルキナ、退場)

[マーク]
ルキナさん! ファルシオン忘れてます!

…もう行っちゃいましたか。▼

せっかくだから記念に

もう一回振ってみましょうかね。▼

だって僕は、戦場ではもう一生

この剣を使うことはないんですから。▼

よーし! でりゃあぁぁぁっ!!▼

…………▼

…やっぱり、傷一つ付けられませんね。▼

…ねぇファルシオン。ルキナさんのこと

ちゃんと守らないと許さないですよ?▼

もしルキナさんが死んでしまったら、

あなたは一生果物ナイフですからね!▼

…なんちゃって。

もう返しに行きましょうっと。▼

(暗転)

[クロム]
…ん? 何だ、この丸太は。

誰かが訓練で使ったのか?▼

…見事に真っ二つだな…▼

マーク女(親子)

支援C

[マーク]
うーん、どうして私は母さんのこと

覚えてないんでしょう…?▼

父さんのことはあんなにちゃんと

覚えてるのに…▼

父さんが立派な軍師だったってことも

一緒に勉強したことも覚えてるのに…▼

なーんで母さんのことは

きれいさっぱり忘れてしまったのか…▼
[ルキナ]
どうしたのですか、マーク?▼
[マーク]
母さん!▼

すごいです、ちょうど今母さんのことを

考えてたんですよー!▼

これって運命!? 親子の運命!?

…あ、待って下さい。確か父さんが昔…▼

これは運命じゃない、絆だー!

みたいなことを言っていたような記憶が…▼

ってことで母さん、私たちが

ここで会ったのは、運命ではなく絆です!▼
[ルキナ]
ふふ、そうだったのですか。▼
[マーク]
そうですよ! 絆って素晴らしいです。

覚えてなくても呼び合うものなんですね。▼

…って、感心してる場合じゃ

ありませんでした。▼

私、なんで母さんのことを覚えてないのか

ずーっと考えてたんです。▼

良かったら母さん…私が母さんのこと

思い出せるよう協力してくれませんか?▼
[ルキナ]
えぇ、私で良ければ喜んで。▼
[マーク]
良かった!

ではまた時間のある時に声をかけますね。▼

女同士の約束ですよ!

じゃあ私はこれで!
(マーク退場)
[ルキナ]
ふふ、元気な子ですね。▼

支援B

[マーク]
母さんっ、今時間いいですか?▼
[ルキナ]
えぇ、大丈夫ですよ。▼
[マーク]
やったぁ! じゃあ約束通り、

『記憶を取り戻そう大作戦』に▼

協力していただくことにします!▼

とは言ったものの、どうしたら記憶って

戻るんでしょうね…▼

頭を強くぶつけるのは

もう何度も試しましたし…▼

ゆらゆら揺れるものを見つめ続けるのも

私には効果がありませんでした…▼

ねぇ母さん、どうしたらいいと思いますか?▼
[ルキナ]
うーん…私の顔を見ていたら

何か思い出したりしませんか…?▼
[マーク]
なるほど!それだー!!

母さん天才です!▼

未来ではきっと見慣れていたはずですし、

じっと見てたら、何か思い出しますよね。▼

んー、なかなか良い策ですよこれは。▼

さすが天才軍師の父さんを

コロッと落としただけのことはありますね。▼

ではでは、失礼して…。

じーーーーーーーっ…▼

………………▼

………………▼

だめだーーー!!▼

何にも思い出せませんーーー!!▼

あぁ…この感じって、なんかこう…。

同じ文字をずっと見続けてたら▼

『あれ? これってこんな文字だっけ?』

みたいになる感じと似ています…▼

母さんって…こんな顔でしたっけ?▼
[ルキナ]
あのー…それを今から

思い出そうとしていたのではないですか?▼
[マーク]
ですよね…。すみません、

せっかく協力していただいたのに…▼

でも私は諦めませんよ!

絶対に母さんを思い出してみせます!▼

というわけで、

また協力して下さいね、母さん!▼

支援A

[マーク]
はぁ…やっぱり今日もダメですね…▼

毎日毎日嫌というほど、

こうして母さんの顔を見ているのに▼

何にも思い出せないなんて

自分が情けなくなりますよ…▼

ほんとに…どうして……

うっ…ううっ…ぐすっ…▼
[ルキナ]
えっ…なぜ泣くのですか…?▼
[マーク]
だ…だって…だって……!

私…母さんのことも父さんと同じように▼

大好きだったはずなのに…!

思い出せないのが…辛いんです…!!▼

母さんが私に作ってくれた思い出も

たくさんあったはずなのに…▼

何一つ覚えていられなかった自分が…

ほんとに…情けないんです…!▼

情けないんですよーーー!

びえぇぇぇぇん!!▼
[ルキナ]
マーク…▼
[マーク]
うっ…! ちょっと泣きすぎた…かな。

あ…頭が痛い…!▼

いたたた…!▼

…………あ!?▼
[ルキナ]
どうしたんですか!?▼
[マーク]
……思い出し…ました。母さんのこと。

ほんとにちょっとだけ…ですけど。▼

母さんが私に向かって、優しく笑って…

『マーク』って…名前を呼んでました…▼

ふふ、いつも見てる母さんの顔より、

少し年を取った顔でしたよ…▼

…良かった。ちゃんと思い出せました。▼

ありがとう、母さん。

全部母さんのおかげです。▼

何だかこれで自信がつきました!

時間はかかるかもしれませんけど、▼

いつか母さんの記憶、

全部取り戻してみせますよ。▼
[ルキナ]
きっとマークなら大丈夫ですよ。▼
[マーク]
はい、ありがとうございます!▼

シャンブレー

支援C

[シャンブレー]
…はぁ。

俺…なんとか生きてるな。▼

くそっ! なんでこんなに

怯えながら生きていかなきゃならないんだ。▼

………▼
(ルキナ登場)
[ルキナ]
ん? シャンブレー?▼

どうかしたんですか?

浮かない顔をしていますが。▼
[シャンブレー]
あぁ、ルキナか。

…いや、戦争は嫌だなって思ってな。▼
[ルキナ]
そうですね…

今もなお、苦しんでいる人がいます。▼

早く終わらせるためにも、

私たちが頑張らないと…▼
[シャンブレー]
そうじゃない…

俺は…自分が死ぬのが恐いのさ。▼

一族最後の生き残りだから死ぬわけには

いかないって…▼

相変わらず勝手なことを考えてる。▼
[ルキナ]
…シャンブレー。▼
[シャンブレー]
だが…勘違いしないでくれよ。▼

そんな俺でもみんなのためになりたいとも、

もちろん思っているさ。▼

だから、戦闘には参加する。▼

でもな…実際出たくないのが本心って事だ。

はははっ…情けないなぁ。▼
[ルキナ]
…わかりました。▼
[シャンブレー]
ルキナ?▼
[ルキナ]
あなたの背中は私が守ります。

…だから安心してください。▼
[シャンブレー]
えっ…?▼
[ルキナ]
私がこれからは必ずあなたを守ります。

あなたが恐れないで戦えるように。▼
[シャンブレー]
ルキナ…情けなくてすまん。

でも、ありがとう。助かるよ。▼
[ルキナ]
いえ、仲間の皆の悩みを無くしたいと思うのは

当たり前のことです。▼

むしろあなたの悩みを聞かせてくれて、

私は嬉しく思いますよ。▼
[シャンブレー]
ルキナ…▼
[ルキナ]
じゃあ私、行きますね…▼
(ルキナ退場)
[シャンブレー]
ったく…俺は本当に情けないな…▼

支援B

[シャンブレー]
痛っ…て。▼

まだ痛むのか。腕の傷…

なかなか塞がらないな…▼

あの時、敵の影には気づけてたんだがな…

さすがに無理をしすぎたか。▼

まぁでも…死ななかったんだし、

これぐらいの傷で済んで良かったよな。▼
(ルキナ登場)
[ルキナ]
シャンブレー…少しいいですか?▼
[シャンブレー]
ルキナ。どうした?▼
[ルキナ]
先日の傷の具合はどうかと思いまして。▼
[シャンブレー]
ああ、もう、なんともない。▼

まったく、ルキナにはかっこ悪いところ

見られちまったな。▼

あれだけの敵と対峙しておきながら、

…詰めが甘かった。▼
[ルキナ]
そんなことないですよ。

無事でよかったです。▼

それよりもあなたの背中を守ると言いながら、

怪我をさせてしまい、申し訳ありません。▼
[シャンブレー]
そ、そんな事、気にするな!

戦闘中だから怪我くらいするさ。▼
[ルキナ]
…で、でも。▼
[シャンブレー]
ありがとう、ルキナ。

次は…もっとしっかり戦ってみせるさ。▼

タグエルの戦い方っていうのを

敵に見せ付けてやるんだ。▼
[ルキナ]
シャンブレー…▼
[シャンブレー]
ん?▼
[ルキナ]
……あまり無茶をしないでください。▼

…この間の戦いはあなたがむしろ、

私を守るように戦っていたように感じます。▼

…それでは私が約束した意味がありません。▼
[シャンブレー]
…そ、そんなこと言ったって、

ルキナだって戦ってるんだ。▼

いつでも俺につきっきりでは

いられないだろ?▼

それに仲間なんだから助け合うのは

当たり前だし。▼
[ルキナ]
もちろんそうですけど…▼
[シャンブレー]
そうだな…俺は死ぬのも傷つくのも嫌だし。

まぁ…死なない程度に頑張ることにするさ。▼
[ルキナ]
はい…私も出来る限り、

あなたの背中を守りますね。▼

支援A

[シャンブレー]
ルキナ!▼
[ルキナ]
シャンブレー?▼
[シャンブレー]
…その怪我! 俺を守ろうとして?▼
[ルキナ]
いえ、違います。

私が少し油断してしまっただけです…▼

その、あの敵は…なかなか強かったですね。▼

でも安心して下さい。

もうほとんど治っています。▼
[シャンブレー]
お前は嘘が下手だな…▼

俺がこの前、

お前の前で怪我をした事を気にして、▼

俺のことをずっと庇おうとしていたんだろ?▼
[ルキナ]
…そ、それは。▼
[シャンブレー]
くそっ…何をやってるんだ俺は。▼
[ルキナ]
シャンブレー…▼

気にしないで下さい。

怪我をしたのは、私に油断があったから。▼

…それだけです。▼
[シャンブレー]
…ははは。▼
[ルキナ]
シャンブレー? どうしたのですか?▼
[シャンブレー]
なんか、俺たち

お互いに庇い合って、怪我して…▼

それでお互いに自分のせいだって

言い張っちゃってさ…▼

それがちょっとおかしくてな?▼
[ルキナ]
…確かにそうですね。▼

うふふ、でもそれが…本当の仲間の

あるべき姿なのかもしれません。▼
[シャンブレー]
仲間の…あるべき姿?▼
[ルキナ]
はい…助け合って、庇い合って、

そして自分の力が至らないせいだと▼

精進しようとまた頑張る…▼

それが仲間なのかもしれませんね。▼
[シャンブレー]
ああ…そうだな。俺達、仲間だもんな。▼
[ルキナ]
はい、だからこれからも私は

あなたの背中を守り続けますよ!▼
[シャンブレー]
ああ、よろしく頼むぜ。▼

俺も…俺も至らないけど、

お前を守ってみせるぜ!▼

支援S

[ルキナ]
シャ…シャンブレー!▼
[シャンブレー]
ルキナ? どうかしたか?

なんか興奮しているみたいだが…?▼
[ルキナ]
いえ、最近のシャンブレーの活躍が

目覚ましかったもので、▼

すごいと一言伝えたかったんです!▼
[シャンブレー]
そ…そうか、ありがとう。▼

まだまだ弱気になる事も多いけど…▼

そんな俺も最近はマシになれたかなって

そう思ってる…▼
[ルキナ]
シャンブレー…変わりましたね。

私も嬉しいです。▼
[シャンブレー]
そうかな? そうだといいけど。▼

………▼

じゃあさ…

ちょっとご褒美をお願いしてもいいか?▼
[ルキナ]
ご褒美…ですか?▼

はい! 私にできることでしたら、

何でも言って下さい!▼
[シャンブレー]
俺と付き合って…くれないか?▼
[ルキナ]
え?▼
[シャンブレー]
俺ずっと、情けない自分を払拭したいって

思ってきたけど…▼

お前と背中を守り合うようになって、

ようやく、強さってなんなのかが、▼

わかってきた気がするんだ…▼

だから俺、もっと強くなりたい。▼

そのためにはルキナの助けが必要だって、

強くそう思ったんだ…▼
[ルキナ]
…シャンブレー。▼
[シャンブレー]
…ルキナ、好きだ。▼

これからは戦闘の時以外も

…俺の傍にいて欲しい。▼
[ルキナ]
…あ、ええと…はい。

私の方からも…おねがいします。▼
[シャンブレー]
…い、いいのか!?▼
[ルキナ]
私もシャンブレーのひたむきさに…

ずっと惹かれていました…▼

確かに以前のあなたは戦いには消極的でした。▼

でもそこから強い心を持とうとする姿勢に、

少しずつ惹かれていく自分に気づいたんです。▼
[シャンブレー]
ルキナ…▼
[ルキナ]
そしてあなたが強くなるたびに、

私もとても嬉しくなりました。▼

…だから、私もあなたが好きです。

ぜひ、お願いします。▼
[シャンブレー]
お、おぅ! 任せてくれ!

俺はもっと強くなってみせる!▼

だから俺の一番近くで、見守っていてくれよ!

ルキナ!▼
[ルキナ]
はいっ! シャンブレー!!▼

私もあなたに負けないよう、

強くなってみせます!▼

ロラン

支援C

[ロラン]
ルキナ…▼
[ルキナ]
あ、ロラン。どうかしましたか?▼
[ロラン]
ちょっと足を見せてもらってもいいですか?▼
[ルキナ]
えっ…? な、なんですか、突然?▼
[ロラン]
あの…もしかして、ルキナは

足を怪我してるんじゃないかと思って。▼
[ルキナ]
えっ…!? どうしてわかったんですか?▼

みんなに心配をかけないようにと思って、

怪我のことは隠していたのに…▼
[ロラン]
いつもより…足を引きずってた様に

見えましたからね。▼

これはなにかあるな、と思ったんです。▼
[ルキナ]
ロラン…すごいです。

よくそこまで目が行き届きますね。▼
[ロラン]
みんなの体調を把握して、手助けするのは

僕の役目だと思っていますから。▼

…それよりも、ルキナ。

足の治療、しっかりとしてくださいね。▼

仲間に心配をかけられないという、

ルキナの気持ちはわかりますけど…▼

怪我の治りが中途半端な方が、

みんなに迷惑をかける恐れもありますから。▼
[ルキナ]
わかりました…ロラン。

今は無理をしないで治療します。▼
[ロラン]
はい、そうしてください。

…では、僕はこれで。▼

(ロラン退場)

[ルキナ]
ロラン…しっかりしていますね。

私も見習わなくては…!▼

支援B

[ルキナ]
うーん…おかしいですね…▼
[ロラン]
おや、ルキナ。どうかしましたか?

…何か困った様子ですけど。▼
[ルキナ]
…ああ、ロラン。▼

今、剣の素振りをしていたんですけど、

なんだか、しっくりこなくて…▼
[ロラン]
しっくりこない?▼
[ルキナ]
ええ…剣を振った時の勢いが、

イマイチな感じがするんです…▼
[ロラン]
そうですか…でも困りましたね。

僕はルキナほど剣術は詳しくないですし。▼

…でも、いちおう僕にも

ルキナの素振りを見せてもらえますか?▼
[ルキナ]
ええ、もちろん…

じゃあ、やってみますね。▼

…いち…に…さん…!▼

ハッ!!!▼
[ロラン]
ふむ…ああ、そういうことですか!

うまくいかない原因、わかりましたよ!▼
[ルキナ]
ええっ! 本当ですか? こんなに早く!?▼
[ロラン]
はい。先日の足の怪我をかばっているのか、

以前よりも踏みこみが浅くなっています。▼

怪我を治したばかりの患者さんには

そういうことがよくあるそうですよ?▼

足をあと半歩踏み込むようにすれば、

きっと元通りになるはずですよ。▼
[ルキナ]
そうですか…じゃ、やってみますね。▼

…いち…にっ…さん…▼

たぁッ!!▼

あっ、今の感触…元の振りに戻ってる!?▼

ロラン、ありがとうございます!

よく私のクセがわかりましたね!▼
[ロラン]
いえいえ、大した事じゃありませんよ。▼
[ルキナ]
ロランは本当に私たちの事を

よく見てくれているのですね。▼

本当に助かりました。

ありがとうございます!▼
[ロラン]
はい、こういうのは

僕の得意分野ですからね。▼

困ったことがあったら、

いつでも頼ってくださいね。▼
[ルキナ]
はいっ!

ありがとうございます、ロラン!▼

支援A

[ルキナ]
あの、ロラン…

少しお時間をいただいてもいいですか…?▼
[ロラン]
あっ、ルキナ…な、何でしょうか?▼
[ルキナ]
最近、ある噂を耳にしたんです…▼

ここのところ、ロランの仕事ぶりが

前に比べて雑になっていると…▼
[ロラン]
えっ…! そ、そんな…!?▼
[ルキナ]
皆もロランに頼り過ぎている所がありますし、▼

そういった噂は根も葉もないものだと

…私は考えています。▼

ただあなたにもし原因があるのなら、▼

こういう事は直接聞いた方が

良いかと思って…▼
[ロラン]
そ、そうですか…▼
[ルキナ]
どうですか、ロラン?▼

…身に覚えがないのなら、皆には

私から強く言って聞かせますが?▼
[ロラン]
あ…は、はい…えと、本当です…

最近ちょっと仕事に集中できなくて…▼
[ルキナ]
なにか悩みでもあるんですか?

私でよければ力になりますよ?▼
[ロラン]
あ、あの…僕、なんと言えばいいか。▼
[ルキナ]
ロラン、遠慮しないで。

なんでも打ち明けてください。▼

私の方こそ、あなたにはいつも

お世話になっているのですからね?▼
[ロラン]
…では、言います。僕、自分というものが

よくわからなくなってしまって…▼

いつものように皆さんのサポートを

していたんですが、ある時気づいたんです。▼

これは、僕の押しつけなんじゃないかって。▼

…だってこの軍にいる人達って、みんな

すごい力を持っているじゃないですか?▼

そんな皆さんに対して、

僕如き人間がサポートした所で、▼

それは結局

ただの自己満足なんじゃないかって…!▼
[ルキナ]
ロラン、それは考え過ぎです!

あなたは十分サポートしてくれています!▼

…私が保証します!▼
[ロラン]
ル、ルキナ…!▼
[ルキナ]
でも…ロランの場合は、もっと自分の事に

気をかけてあげた方がいいかもしれません。▼
[ロラン]
自分の事…ですか?▼
[ルキナ]
少しずつでもいいんです、やり方が

わからなかったら、私に聞いて下さい。▼
[ロラン]
ふふっ…! ルキナの方こそ自分の事なんて

考えてなさそうですよ?▼

聞く相手として、

ちょっと間違ってそうですけどね?▼
[ルキナ]
…あっ。い、いえ…うふふ!

そう考えると…そうかもしれませんね!▼
[ロラン]
じゃあ二人で自分のために

どうすればいいのか、考えましょうか?▼
[ルキナ]
うふふ、そうですね。それが良さそうです!▼

支援S

[ルキナ]
ロラン、今いいですか?▼
[ロラン]
…ル、ルキナ。▼
[ルキナ]
今日はあなたと一緒に自分のために何が

できるか、考えようと思いまして…▼
[ロラン]
………▼
[ルキナ]
…ロラン? ど、どうしたんですか?▼

キョロキョロと落ち着きなくして…?▼
[ロラン]
す、すみません…ルキナ!▼
[ルキナ]
様子が変ですよ…どうしたんですか?▼
[ロラン]
そ、それは…ちょっと…その。▼
[ルキナ]
何か悩みがあるなら、

私も一緒に考えますよ?▼

困った事があったら

私に頼ってと言ったじゃないですか!▼
[ロラン]
…わかりました…話します…▼

僕、前に集中できない理由で…▼

他の人たちをサポートできているか

不安だからとお話しましたが…▼

あの話には続きがあったんです…▼
[ルキナ]
えっ…?▼
[ロラン]
僕が本当にサポートできているか

不安だったのは…ルキナ、あなたです。▼

だからこそ僕は悩み、他の人に対しての

配慮をおろそかにしてしまいました…▼
[ルキナ]
それは…どういう意味ですか?▼
[ロラン]
ルキナはクロムさんの実の娘であり、

王女そして英雄の血を引く者…▼

そんな偉大な人のサポートを、僕ごときが

どうやったらできるというのでしょうか?▼
[ルキナ]
いえ、そんな…!▼
[ロラン]
僕はルキナをサポートしたい…

でも、サポートできているとは思えない…!▼

そう考えると、もう全てが、

手に付かなくなってしまって…▼

皆さんにも迷惑をかけてしまいました。▼
[ルキナ]
えっ! そ、そうだったんですか…▼
[ロラン]
…はい。僕、ルキナの事が好きです。▼
[ルキナ]
えっ!?▼
[ロラン]
すみません…▼

僕は皆さんの中で噂が立つほどに、

仕事をないがしろにしたあげく、▼

そして釣り合うわけなんてないのに、

ルキナに分不相応な恋心を抱いたりして!▼
[ルキナ]
そ、そんなことはありません!!!

わ、私…とても嬉しいです。▼

私もみんなのためにいつも一生懸命に

働くあなたが大好きでしたから…▼

そう言ってもらえて…嬉しいんです。▼
[ロラン]
えっ!? じ、じゃあ、僕の想いを

受け止めてくれるんですか!?▼
[ルキナ]
はい、当たり前です…。最初から

私の心は決まっていたんですよ?▼
[ロラン]
…そ、そうだったんですか?

やった、やった! ありがとうございます!▼
[ルキナ]
ロラン、これから二人で

支え合って生きていきましょう?▼
[ロラン]
そうですね…。もう自分のために

なんて考える必要はない。▼

僕らは互いにお互いのことを

考えていけばいいんですからね!▼
[ルキナ]
そうですね、ロラン!

そのとおりだと思います!▼

チキ

支援C

[ルキナ]
チキさん、

ご機嫌いかがですか?▼
[チキ]
あら、ルキナ。

特に問題はないけど…どうしたの?▼
[ルキナ]
なにか、私にお手伝いできることがあったら

いつでも言ってくださいね。▼
[チキ]
ありがとう、でも、あまり気を遣わないで。

…私は大丈夫だから。▼
[ルキナ]
いえ、そうはまいりません。▼

神竜の巫女様にご不便を

かけるわけにはいきませんもの。▼
[チキ]
その気持ちは

ありがたく受け取っておくわ。▼

でも、あなたは

この軍の中心人物なんだし、▼

私だけではなく、▼

仲間たち全員のために働いてあげて。▼

それが、一時的にせよマルスの名を

名乗った者の務めだと思うから…▼
[ルキナ]
マルスの名…ですか。▼

そういえば、本物のマルス…

英雄王はどんな人だったんですか?▼
[チキ]
知りたいの…?▼
[ルキナ]
はい。マルスの名を

名乗った理由として、▼

英雄王マルスを

目標にしているのは事実です。▼

お話を聞かせていただけたら、

嬉しいのですが…▼
[チキ]
わかったわ。私にできることであれば、

協力は惜しまないわ。▼

…そうね。今度時間を作りましょう。

その時に教えてあげるわね。▼
[ルキナ]
本当ですか!ありがとうございます!

ではよろしくお願いします、チキさん!▼

支援B

[ルキナ]
ごきげんよう、チキさん。▼
[チキ]
ええ、ごきげんよう、ルキナ。▼
[ルキナ]
今日、英雄王についてお話を

聞かせていただけるんですよね?▼
[チキ]
ええ、もちろんよ。ルキナは勉強熱心ね。▼
[ルキナ]
いえ、そんな…▼

前も申し上げましたように、

私も一度はマルスの名を名乗った身…▼

真のマルスとはどのような人物だったのか、

その事実を知りたいと思っただけです。▼
[チキ]
そうね…彼は誰よりも仲間のことを

第一に考える人だったわ…▼

誰に対してもとても優しくて…

穏やかで、そして笑顔が素敵で…▼
[ルキナ]
えっ…!?▼
[チキ]
あら、何か気になった?▼
[ルキナ]
は…はい、英雄王マルスというには

その人柄が意外だったというか…▼
[チキ]
ルキナは

どんな人柄だと思っていたの?▼
[ルキナ]
はい…伝説のマルス王は解放軍を率いて、

邪悪な竜を滅ぼし、▼

世界に平和を

取り戻したと言われています。▼

私のイメージでは、

まさに武人という感じで。▼

その…すごく…

厳しい人なのではと考えていました。▼
[チキ]
自分に厳しいという

意味では当たっているわ。▼

…常に誰も犠牲にならない

平和への糸口を探し、邁進し続ける…▼

そんな努力家だった。▼
[ルキナ]
平和への糸口…ですか。▼

彼の足跡を探れば、私たちの現状にも

何かヒントがつかめるのでしょうか…?▼
[チキ]
そうね。彼は常に悩み続けていた。▼

分かり合えない人達、大事な人との別れ、

そして友に裏切られたこと…▼

悩み、もがき、苦しんでいたわ…▼

だからこそ、英雄としての器を持つことが

できたのかもしれない。▼
[ルキナ]
それほどまでに…▼

マルス王は到底、

私などが至れないような道を歩み、▼

戦い続けていたのですね…▼
[チキ]
でも…だからと言って、

今の時点であなたが諦めることはないわ。▼

彼自身も、自分を完璧だとは

考えていなかった…▼

だからこそ仲間を大切に思い、

皆と協力しながら戦っていたの。▼
[ルキナ]
仲間と協力…?

英雄王マルスが?▼
[チキ]
そう、それが彼を英雄王へと至らしめた

最も大きな要因でもあるわね。▼

仲間を信じ、そして仲間に信じられて

戦ったこと。▼
[ルキナ]
…マルス王は仲間たちに慕われていた、

ということですね?▼
[チキ]
そういうことね。

ルキナ、あなたなら大丈夫。▼

あなただって

仲間に慕われているはずだもの。▼

だからこれからもマルス王の名に

恥じないよう、がんばってね。▼
[ルキナ]
は、はい! ありがとうございます!

チキさん!▼

支援A

[ルキナ]
えいっ! やぁ!

…たぁーっ!!!!!▼
[チキ]
あら、ルキナ。剣術の稽古?▼
[ルキナ]
あ…チキさん。

はい、素振りを終えた所です。▼
[チキ]
あなた…さっきは、女性陣と一緒に

食卓番をしていたようだけど…▼
[ルキナ]
ええ。私が当番ではなかったのですが、

手が空いたので手伝っていました。▼
[チキ]
しかもその前は男性陣に紛れて

物資の調達を手伝ってなかった?▼
[ルキナ]
ええ。女性兵士の中では、

私は腕力にも自信がありますから。▼
[チキ]
その上、その前は買い出しに

付き合っていたような…?▼

ずいぶん色々な所に

顔を出しているのね。▼

仲間に協力するのは

良いとは思うけれど、▼

あまり頑張り過ぎても、無理がたたって

身体に支障をきたすわよ?▼
[ルキナ]
いえ、平気です。

これくらいはいつもしている事なので。▼
[チキ]
…ルキナ、あなたのその行動は、

英雄王マルスに近付くための努力なの?▼

仲間の信頼を得て

リーダーになるために?▼
[ルキナ]
えっ…? あ、いえ、違います!

これはただの私の性分です!▼

それに料理や買い出しを手伝ったくらいで

英雄王に近付けるなんて思っていませんし。▼
[チキ]
ごく自然に

仲間のために働いているという事?▼

…まさか…この子なら、本当に?▼
[ルキナ]
…えっ?

なにか言われましたか?▼
[チキ]
い、いえ…でもルキナ…

あなたの背負ったマルスの名は

…とても重いわよ?▼
[ルキナ]
えっ…?▼
[チキ]
英雄王の名を預かった事は、

確かにきっかけにしか過ぎない。▼

でもあなたを見ていて、伝説の英雄の姿を

重ねる人は、少なくないかもしれない…▼

その期待が高まるたびに、あなたは

人々の羨望と期待という名の…▼

重い重圧を抱えることになるわ。▼
[ルキナ]
…は、はい。▼
[チキ]
あなたに

その重圧が耐えられるかしら…?▼
[ルキナ]
…耐えられるかどうかは

わかりません。▼

私が英雄王マルスに遠く及ばないことは

わかっていますので…▼

でも…▼

周囲の人々から私に寄せる期待が

本当にあるなら…▼

…私は挫けず、

それに応えられるよう努力していきます。▼
[チキ]
…どうやら覚悟は決まっているようね。

なら、これ以上の口出しはやめておくわ。▼
[ルキナ]
はいっ! 色々とありがとうございます!

チキさん、私、がんばります!▼
[チキ]
…ええ、期待しているわ、ルキナ。▼

ただし、どうしても一人では

解決できない問題に直面した時…▼

そして、辛くて耐えられない時は、

…私や仲間を頼りなさい。▼

それもまた、英雄の資質よ?▼
[ルキナ]
は、はい、ありがとうございます!

そう言ってもらえて、私嬉しいです!▼
[チキ]
ふふっ…当然よ。私はマルスという

名を持つ者とは、気が合うんだから。▼

コメント

  • nになっていたところが誤字だと思ったので修正させていただきました。 -- 2012-05-09 (水) 19:18:22
  • シンシアBの「勝って見せる」が「買って見せる」になってま% --  ? 2012-06-01 (金) 02:13:45
  • シンシアBの「勝って見せる」が「買って見せる」になってました。 --  ? 2012-06-01 (金) 02:13:45
  • デジェルのルキナとの姉妹支援Cの台詞に誤字あり -- 2019-08-18 (日) 00:22:38
  • 正確には「すみませんでした…」 -- 2019-08-18 (日) 00:31:42

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 18 Aug 2019 00:31:43 UTC