Top > ファイアーエムブレム 覚醒 > 会話集 > 支援会話 > マイユニット(男性・僕)2

マイユニット(男性・僕)の支援会話

ロンクー

支援C

[ロンクー]
…ルフレ。

見られていると気が散るんだが。▼
[ルフレ]
あ…すまない。

ロンクーの剣技に見とれてたんだ。▼

速さ、正確さ、力強さ、どれも一流だ。

さすがフェリアの剣士は一味違うな。▼
[ロンクー]
…フェリアは強さが全ての国。

やわな腕では剣士を名乗れんからな…▼
[ルフレ]
よかったら、

僕に剣の手ほどきをしてくれないかな?▼
[ロンクー]
俺は…誰かに

物を教えられるような柄じゃない…▼

それに…お前はイーリスの人間。

イーリスにはイーリスの剣技がある。▼

フレデリクにでも

教えを乞えばいいだろう…▼
[ルフレ]
もちろん剣技は習っているよ。▼

だけど、イーリスの剣技と

フェリアの剣技は全く違う。▼

それぞれのいいところを吸収すれば

もっと強くなれるかもしれないだろう?▼
[ロンクー]
虫のいい話だな…

だが、言いたいことはわかった。▼

いいだろう。

剣を抜け、相手をしてやる。▼
[ルフレ]
えっ、いきなり模擬戦?▼
[ロンクー]
物を教える柄じゃないと言ったろう…。

自分の体で覚えるんだな。▼

イーリスの剣技で向かって来い。

…俺もお前から学ばせてもらう。▼
[ルフレ]
ああ、だから

引き受けてくれたのか…▼

わかった、期待に応えられるよう

全力で相手させてもらうよ。▼

支援B

[ロンクー]
…どうした?

また模擬戦をしたいのか?▼
[ルフレ]
いや、もうじゅうぶん…

夢に見るほど体で覚えさせてもらったよ。▼

すごい迫力だった。フェリアと

戦争がなくてよかったよ…▼
[ロンクー]
…あの程度でフェリアの剣技を

覚えたと思ってもらっては困る。▼

俺の腕はまだまだ未熟だからな…▼
[ルフレ]
あんなに強くても自分に

満足してないんだな、ロンクーは。▼

そういう厳しさが

強さにつながっているんだろうな。▼
[ロンクー]
厳しい…わけじゃない。

ただ…俺は知っているだけだ。▼

自分よりも遥かに強い男がいて…

俺はその人にまだ届いていない…と。▼
[ルフレ]
…バジーリオ様のことか。▼
[ロンクー]
バジーリオの剣は…重く、深い。

あの人の前では…俺の剣など羽毛同然。▼

あの強さを知れば…今の自分に

満足することなど…できるものか。▼
[ルフレ]
なるほどね。ロンクーには

目指すべき目標があるんだな。▼

僕にはそういうのがないから

少しうらやましいよ。▼
[ロンクー]
…お前も強くなりたくば

超えるべき目標を定めることだな…▼

模擬戦なら…また相手してやる。

いつでも声をかけろ。▼
[ルフレ]
ああ、ありがとう。▼

支援A

[ロンクー]
…………▼
[ルフレ]
えっと…ロンクー?

僕になにか用かい?▼
[ロンクー]
最近…模擬戦に来ないから

訓練を怠けているのかと思ったが…▼

なんだ、この書物の山は。

すべて戦術書…なのか?▼
[ルフレ]
うん。戦う力だけじゃなくて

全体を見る力ももっと養おうと思って。▼

僕たちは寡兵だ。大軍と戦うには

そういう力も大事だろう?▼
[ロンクー]
お前は…不思議な男だ。▼

軍師か…戦士。

普通はどちらかに専念するものだ…▼
[ルフレ]
じゃあ僕が、軍師であり戦士でもある

最初の人間になるよ。▼

僕はみんなを守りたいんだ。

僕のまわりにいるみんなを。▼

もし剣が届かないときでも、

策で仲間を守れたらいいなと思う。▼

それだけのことなんだよ。▼
[ロンクー]
…ルフレ。いつだったか

目標にする者がいないと言っていたな。▼

お前の目標は…他の誰もたどりついた

ことのない高みなのかもしれんな…▼
[ルフレ]
はは、そんな大層な話なのかい?▼
[ロンクー]
あぁ。お前の言っていることは…

とても大きな理想だ。▼

どうやら、俺も…お前から

まだまだ学ばねばならんようだ。▼

リヒト

支援C

[リヒト]
ん~…▼
[ルフレ]
どうしたんだい、リヒト? そんなに

返事を書きにくい手紙なのか?▼

…もしかしてなにか

悪い知らせだったとか…?▼
[リヒト]
ううん、そんなことないよ。

両親からの普通の手紙。元気かって。▼
[ルフレ]
なんだ、だったらそんなに

難しい顔することないんじゃないか?▼
[リヒト]
…うまく返事が書けないんだ。

なにを書けばいいのかわからなくて。▼
[ルフレ]
いくらでもあるだろう?

この間だって激しい戦いがあったし…▼

死にそうだったけど頑張りました!って

これでもかとリヒトの成長をアピールして…▼
[リヒト]
死にそう!? そ、そんなこと書いたら

心配させちゃうでしょ!?▼
[ルフレ]
まぁ…確かにそうだね。

じゃあこの前の屍兵との戦いは?▼

屍兵をちぎっては投げ、

ちぎっては投げて、大活躍しました…って。▼
[リヒト]
僕、そんなことしてないよ!

というか、それ別の意味で心配されちゃうよ!▼

はぁ…そんな嘘書けないし、

弱音を吐いたら心配させちゃうし…▼

離ればなれで寂しい、とか…

言葉にしちゃうとつらくなるしね。▼
[ルフレ]
…リヒトくらいの年頃だと

無理もないと思うけど…▼
[リヒト]
今はそんな子どもみたいなこと

言ってられないでしょ。▼

いい返事が書けるようになるまで…

今はこの手紙、取っておくよ。▼
[ルフレ]
そっか…

強いんだな、リヒトは。▼

支援B

[リヒト]
…………▼
[ルフレ]
それ、両親からの手紙か。

…まだ返事は出さないままなのか?▼
[リヒト]
まぁね…。あんまり

いい返事が思い浮かばなくて。▼
[ルフレ]
…そんなに悩んでるなら、

思いきって戻るのも手だと思うけど?▼
[リヒト]
戻るって…僕の家へ?▼
[ルフレ]
うん。一度、実家に戻って

家族と過ごす時間を取るんだ。▼

今すぐは無理だけど、

もう少し戦況が落ち着いたら…▼
[リヒト]
…ううん、帰らない。

僕、まだ帰っちゃいけないんだ。▼
[ルフレ]
えっ…どういう意味?▼
[リヒト]
僕の家ね、由緒正しい血筋なんだよ。

今はおんぼろ屋敷に住んでるけど。▼

僕、この戦いで活躍して、みんなが

暮らせる立派な家を手に入れるんだ。▼

だから…まだ帰らない。

帰ったら満足しちゃうと思うから。▼
[ルフレ]
そんな決意をしてるのか…

親孝行者なんだな、リヒトは。▼

こんな子が、戦場では屍兵を

ちぎっては投げ、ちぎっては投げ…▼
[リヒト]
だからそんなことしてないってば!

僕、そんなに横暴なイメージなの!?▼
[ルフレ]
あはは、冗談だよ。でも、

早く返事を書いてあげた方がいい。▼

親を安心させてあげるのも、

親孝行のうちだよ?▼
[リヒト]
う…。そ、そうだね…▼

じゃあ、さわりだけ書いてみようかな…

お父さん、お母さん、お元気ですか…▼
[ルフレ]
僕は今日、愛しい人を命がけで守り

戦場での名誉と愛を両方手に入れました…▼
[リヒト]
うんうん、僕は今日愛しい人を…って▼

ちょっとーーー! 何書かせるんだよー!!▼
[ルフレ]
立派な男みたいでいいと思って…▼
[リヒト]
もー! いいから黙っててよー!▼

支援A

[リヒト]
ルフレさん。

手紙を出す手続き、お願いしてもいい?▼
[ルフレ]
あぁ、家族への手紙?

出す決心がついたんだね。▼
[リヒト]
うん。素直に

会えなくて寂しいって書いちゃった。▼
[ルフレ]
あんなにガマンしてたのに…

いいのかい?▼
[リヒト]
あはは。立派な家を手に入れるのは

まだまだ先になりそうだから。▼

それに戦いを通してわかってきたんだ。

僕はまだ子供で…弱いって。▼

だから、それを受け止めて

もっと強くなりたいって書いたよ。▼
[ルフレ]
そう…その手紙の内容なら、

ご両親も心配せずに済みそうだね。▼
[リヒト]
えっ、そうかな?▼
[ルフレ]
自分の弱さをちゃんと認めた上で

心の底から強くなりたいって思える。▼

そういう風に考えられるリヒトは

一歩、大人になれたんだと思うよ。▼

きっとご両親も

リヒトの成長を喜んでくれる。▼
[リヒト]
えへへ…そうかな?▼
[ルフレ]
そうに決まってるよ。

よしよしリヒト、よくやったね。▼
[リヒト]
ちょっとー! 頭撫でないでよ!

子供扱いしないでってばー!▼

せっかく一歩大人になったって

言ってくれたのに、ひどいよー!▼
[ルフレ]
あはは、ごめんごめん。▼

ちょっと今、子供の成長を見守る

親の気持ちになってしまって…▼
[リヒト]
もー! 僕はルフレさんの

子供じゃないよー!▼

マリアベル

支援C

[ルフレ]
あれ、この言葉…

どういう意味だったかなあ?▼
[マリアベル]
ルフレさん、お勉強ですの?▼
[ルフレ]
マリアベル。うん…ちょっと調べ物をね。▼
[マリアベル]
まぁ…庶民も調べ物をするんですのね。▼
[ルフレ]
君、今僕の事を

さりげなーく見下したよね!▼
[マリアベル]
見下してなどおりませんわ。

率直な感想を述べたまでです。▼

まぁ…言葉を誤ったのなら

謝罪させていただきます。すみません…▼
[ルフレ]
べ、別にそんなかしこまらなくてもいいよ!

で?僕に何か用事かい?▼
[マリアベル]
はい。わたくし、貴方のことが

知りたいんですの。
[ルフレ]
僕のこと?▼
[マリアベル]
えぇ。記憶喪失であるにも関わらず

天才的な軍師の才がおありだとか。▼

わたくしの親友であるリズからの

信用も厚いようですし▼

どういった方なのか

もっとよく知りたいと思いまして…▼

ま、まぁ…つまりは、

お友達になりたいということですわ。▼

…お嫌でなければ、ですけど。▼
[ルフレ]
マリアベル…!嫌なわけないじゃない。

というか、僕たちもう友達だよね?▼
[マリアベル]
ルフレさん…!▼

嬉しいですわ。

これからもよろしくお願い致しますね。▼
[ルフレ]
もちろん!なーんだ、マリアベルって

可愛いトコもあるんだね。▼

僕に教えられることなら、

何でも聞いてくれよ。▼
[マリアベル]
ありがとうございます。ではまず…▼

貴方がたのような

貧相な庶民の文化をお教え願えますか?▼
[ルフレ]
前言撤回。

君、やっぱり僕のこと見下してるよね!▼

支援B

[マリアベル]
ルフレさん。

先日教わったことについてですけれど…▼
[ルフレ]
うん、庶民がよく使う言葉を

教えて欲しいっていうあれかな?▼
[マリアベル]
えぇ。さっそく教えていただいた言葉を

使ってみたんですけど▼

なぜかみなさん、怪訝そうな顔をして

視線を逸らしてしまいますの。▼

中には笑いをこらえているように

見える方もいらっしゃいましたわ。▼
[ルフレ]
え…あの言葉、使っちゃったのかい?▼
[マリアベル]
その人を知るには、その人の話す言葉を

理解するのが一番でしょう?▼

そして理解を早めるには実践するのが

もっとも効率的ですわ。▼
[ルフレ]
あ、あのさ、マリアベル。

それはごもっともなんだけど…▼

あれはいわゆる俗語で、

特に親しい人にだけ使う言葉なんだよ。▼
[マリアベル]
そう…なんですの?

ということは、貴方はわたくしを…!▼
[ルフレ]
す、すまない!

軽い冗談のつもりだったんだけど…▼
[マリアベル]
特別に親しい人だと思っていると

いうことですわね!▼
[ルフレ]
…はい?▼
[マリアベル]
そういうことだとは気づかずに

申し訳ありませんでしたわ。▼

真っ先に、ルフレさんに

使うべき言葉でしたのね。▼
[ルフレ]
いや、違う…▼
[マリアベル]
へい、兄弟! 調子はどうだい!?▼
[ルフレ]
や、やめてくれ、マリアベル!▼

君の積み上げてきたものが

音を立てて壊れていくのが見えるよ!▼

みんなの誤解は僕が解いておくから、

もう二度とその挨拶はしないでよ!▼
[マリアベル]
? よくわかりませんけど…

そこまでおっしゃるんでしたら、そうしますわ。▼
[ルフレ]
そ、そうしてもらえると助かるよ。▼
[マリアベル]
…ったく、しゃーねーなぁ!

二度目は無いと思いやがれよ!▼
[ルフレ]
えぇっ!?

僕、今のは教えてないよね!?▼

誰?

誰がこんな言葉教えたんだい!?▼
[マリアベル]
うふふ…内緒ですわ。▼

支援A

[ルフレ]
ねぇ、マリアベル。今日は僕に

貴族の文化を教えてくれない?▼
[マリアベル]
もちろん、かまいませんわ。

なにがお聞きになりたいの?▼
[ルフレ]
うーん…じゃあ、貴族らしい

立ち居振る舞いとか!▼
[マリアベル]
そうですわね…では

きちんと立つところから始めましょうか。▼
[ルフレ]
え…いま僕はちゃんと立ってるけど…▼
[マリアベル]
いーえ! ルフレさんの立ち方は

べろんべろんのぐっだぐだですわ!▼

もっとこう…背中に筋を一本通して、

常に頭頂部を引っ張られている感覚で▼

まっすぐお立ちになって下さいまし。▼
[ルフレ]
背中に筋…で、頭頂部を…

こんな感じかな?▼
[マリアベル]
どうして顎を前に突き出すんですの?▼
[ルフレ]
え、頭のてっぺんを引っ張ると

自然と出るんだけど…▼
[マリアベル]
顎は引く。▼
[ルフレ]
こう?▼
[マリアベル]
なぜ肩が持ち上がるんですか。

肩は下げて胸を張ってください。▼
[ルフレ]
こ、こうだね?▼
[マリアベル]
…そうですわ!

やればできるじゃありませんの!▼

うふふ、ルフレさんは

教えがいがありますわね。▼

もっと修業を積めば、

きっと素敵な紳士になれますわよ!▼
[ルフレ]
そうかい? いやー照れるなあ。▼
[マリアベル]
決めましたわ!

わたくし、ルフレさんが▼

どこに出しても恥ずかしくないような

紳士になるまで、指導致しますわ!▼
[ルフレ]
え…えぇっ?

そ、そこまでしなくても…▼
[マリアベル]
いーえ! わたくし、中途半端が

一番嫌いなんですの!▼

遠慮なさらなくていいんですのよ?

わたくしたち、親友じゃありませんの。▼
[ルフレ]
いつの間にそうなったんだい!?▼
[マリアベル]
つべこべ言うなですわ!

さぁ、次は貴族らしい歩き方ですわよ!▼
[ルフレ]
ひぃーーーー!▼

支援S

[マリアベル]
さてと。本日の紳士修行は

これですべて終了です。▼

お疲れ様ですわ、ルフレさん。

よく頑張りましたわね。▼

早く戻ってお休みになって下さいまし。▼
[ルフレ]
あ…あのさあ、マリアベル。

もうひとつ教えて欲しいことがあるんだけど…▼
[マリアベル]
あら、今日は勉強熱心ですのね。

いいですわ。何をお知りになりたいの?▼
[ルフレ]
女性に紳士的に指輪を

贈る作法を教えて欲しいんだ。▼
[マリアベル]
えぇぇっ!? ルフレさんたら

そのような女性がいらっしゃいましたの!?▼
[ルフレ]
まぁ…ね。▼
[マリアベル]
てめー…

親友のわたくしに何の報告もなく…!▼

ま、まぁこの際、それはいいですわね…▼

いくらわたくしでも、

指輪の贈り方は教えて差し上げられませんわ。▼

そういうのは作法などではなく、

その人が思ったようにするのが▼

いちばん良い渡し方だと思いますわよ?▼
[ルフレ]
わかった。

じゃあ、好きにさせてもらうよ。▼
[マリアベル]
な、なんですの?▼
[ルフレ]
はい、手を出して。▼
[マリアベル]
ちょ、ちょっと、そんな乱暴な…!▼
[ルフレ]
…これでよし、と。

うん。似合ってるよ、マリアベル。▼
[マリアベル]
指輪…? あ、あの、

これは…どういうことですの?▼
[ルフレ]
結婚の申し込みだよ、僕流の。▼
[マリアベル]
えぇっ? け、結婚!?

じゃあ…指輪を贈りたい相手って…!▼
[ルフレ]
うん、君だよ。▼

…最近は紳士修行で

ずっと一緒にいたんだから…▼

他にそういう女性を作る時間なんか

あるわけないよね?▼
[マリアベル]
…ふふ、だからってこの渡し方…。

全然紳士的じゃありませんわ。▼

でも…とても、うれしい…▼
[ルフレ]
じゃあ…▼
[マリアベル]
えぇ。これから一生かけて、貴方を

わたくし好みの紳士にして差し上げますわ。▼
(一枚絵表示。CV有り)
[マリアベル]
わたくしも、貴方の事が、好きでしたの。

幸せにしてくれなかったら、許しませんわよ。

ベルベット

支援C

[ルフレ]
ベルベット。▼
[ベルベット]
なに?▼
[ルフレ]
…あ、あのさ、タグエルのこと…

少し聞かせてくれないかな?▼

僕、ほとんど知らなくて…その…▼
[ベルベット]
いいわよ。▼
[ルフレ]
へ? いいのかい?▼
[ベルベット]
えぇ。そう言っているじゃない。

なぜそんな不思議そうな顔をするの?▼
[ルフレ]
いや…こんなにあっさり

承諾してくれるとは思わなくって。▼

何度も頼み込むつもりで来たから

少し…拍子抜けしたよ。▼
[ベルベット]
ふふ、私はそんなに怖いかしら?

それとも、実はタグエルが怖いとか?▼
[ルフレ]
そ、そんなわけないよ!▼

ただ…ベルベットの仲間は

人間に殺されたと聞いたから▼

込み入った話を聞くと

嫌がられるんじゃないかと…▼
[ベルベット]
確かに私の仲間は人間たちに殺されたわ。▼

でも、殺したのはあなたじゃない。

あなたを恨むのは筋違いだわ。▼

だから、いつも通り話しましょ。

萎縮されるとやりづらいわ。▼
[ルフレ]
…わかった。▼
[ベルベット]
ふふ。やっと緊張が解けたみたいね。

あなたの鼓動が落ち着いてきた。▼
[ルフレ]
え!?

僕の心臓の音、聞こえてるのかい!▼
[ベルベット]
えぇ。タグエルは耳がいいから。▼

あなたが私に話しかけてきた時に

かなり緊張していたことも▼

鼓動の速さで気付いていたわ。▼
[ルフレ]
はは、タグエルに隠し事はできないね。▼

あの…他にも色々教えてもらえるかい?
[ベルベット]
いいわよ。あなたがタグエルに

興味を持ってくれて、嬉しいわ。▼

支援B

[ルフレ]
なぁベルベット、

タグエルってさ、兎以外にもいるのかい?▼
[ベルベット]
兎以外って…

兎以外の動物に変身するタグエル?▼

遠い大陸になら、いるわよ。▼

例えば…猫とか、鳥になるやつとかね。

意外と可愛いでしょう?▼
[ルフレ]
へぇ…! 猫に鳥か…。

確かに可愛いね。▼
[ベルベット]
まぁ、一番可愛いのは、

もちろん兎だけどね。▼
[ルフレ]
はは…そ、そうだね。▼

ベルベットは、他のタグエルと

直接会ったりしたのかい?▼
[ベルベット]
えぇ。でも、かなり昔の話だから

今でも元気でいるかは、わからないけれど。▼

もしかしたら兎のタグエルのように、

今はほとんど絶滅しているかもしれない…▼
[ルフレ]
ベルベット…▼
[ベルベット]
…ごめんなさい、暗くなっちゃったわね。

他には何が聞きたい?▼
[ルフレ]
ベルベットの好きな食べ物かな。▼
[ベルベット]
…え?▼
[ルフレ]
今日の晩飯、ごちそうするからさ。

好きな食べ物教えてもらえるかな。▼

僕の質問のせいで

落ち込ませちゃったし、お詫びに…ね。▼
[ベルベット]
ふふ…ありがとう。▼
[ルフレ]
僕が推測するには、

ベルベットが好きなのはニンジンだね!▼
[ベルベット]
あら、どうしてわかったの?▼
[ルフレ]
いや…ベルベットは兎だから…って、

え? ほんとにそうなのかい?▼

支援A

[ベルベット]
いい匂い…▼

ルフレ、

それはこの前作ってくれたニンジン料理ね。▼

今日の食事にはそれが出るの?

楽しみだわ。▼

少し味見させてもらってもいいかしら?▼
[ルフレ]
あっ…! ベルベット!

ダメだよ! 今日のはちょっと…!▼
[ベルベット]
もぐ…▼
[ルフレ]
あぁ…遅かった…▼

ベルベット…すまない。

今日のはちょっと失敗したみたいなんだ…▼

その…さっき味見してもらったら

みんなが口を揃えて▼

『鋼の味がする』、

『この世のものとは思えない』って…!▼
[ベルベット]
…どうして?

こんなにおいしいのに…▼
[ルフレ]
…え? うそだろう…▼
[ベルベット]
タグエルは嘘をつかないわ!

全然失敗なんかしてない。▼

前にごちそうしてもらった料理と

全く同じ味がするもの。▼
[ルフレ]
全く同じって…!

前もこんな味してたのかい!?▼

タグエルの味覚って…

もしかして、ちょっとずれてる…!?▼
[ベルベット]
ねぇ、この料理、

もう少し味見をしても構わないかしら。▼
[ルフレ]
…いいよ。というか…

この鍋ごと全部、ベルベットにあげるよ。▼
[ベルベット]
本当!? ありがとう!

すごく嬉しいわ!▼

ルフレは、とてもいい人ね!▼
[ルフレ]
なんか複雑な気分だけど…

喜んでくれてるし…いいかな。▼

支援S

[ベルベット]
はぁ…ごちそうさま。

あなたの料理はなんでもおいしいわね。▼
[ルフレ]
そう言ってくれるのは

ベルベットだけだよ…▼
[ベルベット]
そうなの? でも私は嬉しいわ。

あなたの料理をいつでも一人占めできるもの。▼
[ルフレ]
そ…そうかな?▼
[ベルベット]
えぇ。ルフレは私に

忘れかけてた温もりをくれるわ。▼

私…ずっと一人だったから、

こういう気持ちは久しぶりなの…▼
[ルフレ]
………▼
[ベルベット]
…ふふ、また暗くなっちゃったわね、

ごめんなさい、今のは忘れてちょうだい。▼
[ルフレ]
ベルベット、これ…▼
[ベルベット]
なに? 食べ物?▼
[ルフレ]
いや、これは指輪だよ。

…結婚しよう、ベルベット。▼
[ベルベット]
…指輪?▼
[ルフレ]
…えっと、結婚っていうのは

ずっと一緒にいる約束のことなんだ。▼

僕はベルベットのことが好きだから…

一人で寂しがらせるのが嫌なんだよ。▼

僕を…ベルベットの家族に

してもらえないかな。▼
[ベルベット]
…本当に…?▼
[ルフレ]
…あぁ。▼
[ベルベット]
もう一人で寂しい思いをしなくていいの?▼
[ルフレ]
…あぁ。▼
[ベルベット]
毎日…温かい料理を

作ってくれるの…?▼
[ルフレ]
…そうだよ。▼
[ベルベット]
ありがとう…

ありがとう、ルフレ…▼

私…すごく嬉しい…!▼

ニンジン料理を鍋ごともらった時より、

ずっとずっと嬉しい…!▼
[ルフレ]
そ、それは良かった…▼
(一枚絵表示。CV有り。)
[ベルベット]
好きよ。私も、あなたの事が大好き。

もう私を、一人にしないでね。

ガイア

支援C

[ルフレ]
ガイア…さっきはごめん。

水浴びしてるの、気づかなくて…▼
[ガイア]
いや…俺こそすまない。▼

まあ男同士なら

そんなに気にすることも…▼
[ルフレ]
あの…見えたのは

それだけじゃなくて…▼
[ガイア]
はぁ!?

こ、腰布はちゃんと巻いてたぜ!?▼
[ルフレ]
いや…ガイアの腕にあった印のこと。▼

本で読んだんだけど…あれって

犯罪を犯した人が押されるものだよね…▼
[ガイア]
…あぁ。その通りだよ。

昔、依頼でヘマしちまってな。▼

できれば内緒にしといてくれ。▼
[ルフレ]
わかったよ。誰にも言わない。▼
[ガイア]
恩に着るぜ。お礼に今夜の晩飯、

お前に全部やるから。▼
[ルフレ]
いらないよ。

ふたり分も食べられないしね。▼
[ガイア]
あ、さてはお前甘党か?

仕方ないな…じゃあこの焼き菓子を…▼
[ルフレ]
……▼
[ガイア]
…わかった。こんなもんじゃダメだな。

ほら、この秘蔵の砂糖菓子でどうだ?▼
[ルフレ]
…ガイア!何ももらわなくても

僕はしゃべったりしないから。▼
[ガイア]
…そうか…▼

支援B

[ルフレ]
ガイアが買い出しを申し出るなんて、

珍しいね。▼
[ガイア]
…あぁ。俺だってたまには

人の多いところに来たくもなる。▼

それより…ルフレは

何か買わないのか?▼

服とか…装身具とかな。▼
[ルフレ]
うーん、今はそういう物よりは

戦術書のほうが欲しいな。▼

いろいろ勉強して

クロムやみんなの役に立たないと。▼

でも、あんまりお金が無いから

今日はガマンしなきゃ。▼
[ガイア]
戦術書…?

ちょっと待ってろよ!▼
(ガイア消える)
[ルフレ]
あ、ちょっとガイア?!▼

……▼

…あ、戻ってきた。▼
(ガイア戻る)
[ガイア]
ふぅ。この中にあるか?

お前の欲しい戦術書…▼
[ルフレ]
え、何ですかこの本の量?

まさか…戦術書を買い占めたのかい?!▼
[ガイア]
あぁ。これ全部お前にやる。

だからこの前のこと…絶対言うなよ…▼
[ルフレ]
!! まさか…口止め料のつもりなのか?

何も要らないって言ったのに。▼

…ガイア。僕は、そういう

贈り物は受け取れないよ。▼
[ガイア]
…わかったよ。

妙なマネして悪かったな。▼
(ガイア消える)
[ルフレ]
ふぅ…。

ガイアにも困ったものだな。▼

…あ、あのマント、良いな。▼
(ガイア戻る)
[ガイア]
あのマントが欲しいのか?▼
[ルフレ]
…もう! ガイア!!▼
[ガイア]
…すまない。▼

支援A

[ガイア]
ルフレ。

これ、お前にやるよ。▼
[ルフレ]
えっ…こんなに綺麗な腕輪…

高かったんじゃないのかい?▼
[ガイア]
あぁ。けっこうな値打ち物だぜ。▼
[ルフレ]
そんな高価なもの、受け取れないよ。▼
[ガイア]
は? いや、その…悪い。

値打ち物だってのは嘘だ。▼

これ、俺の手作りなんだよ。

意外とよくできてるだろ?▼
[ルフレ]
手作りなんだ…?

すごくよくできてるね。▼
[ガイア]
気に入ってくれたみたいだな。

頑張った甲斐があったぜ。▼
[ルフレ]
でも、どうして急に?▼
[ガイア]
あ…いや、その…お前には

いろいろと世話になってるしな…▼
[ルフレ]
…もしかして、またこの前のことの

口止め料のつもり?▼

だったら…これは返すよ。

この前もその前も言ったけど▼

僕は、何も貰わなくても

ガイアの秘密をしゃべったりしないよ。▼

そんなに僕のこと信用できないかな?

けっこう口は堅いつもりだよ。▼
[ガイア]
信用してないわけじゃないが…▼

俺は今までずっと、

報酬を貰って人の頼みを聞いてきたから▼

タダで頼みを聞いてもらうと、

何か裏があると思っちまうんだ…▼

…職業病みたいなもんなんだよ。▼
[ルフレ]
…ガイア。

ちょっと耳を貸してもらえる?▼
[ガイア]
ん? …いいぜ。▼
[ルフレ]
実は僕…秘密にしてたけど…

…だけは、どうしても…なんだ。▼
[ガイア]
は? お前…

そんなもんが苦手なのか? ぷぷ…▼
[ルフレ]
…ガイア、

これは僕からの依頼だ。▼

今言った僕の秘密を

誰にも知られないように守って欲しい。▼

報酬は…そうだね。

僕がガイアの秘密を守ること。▼

どうかな?

この依頼、受ける気はある?▼
[ガイア]
…ルフレ…▼

…あぁ。その依頼、受けるよ…。

すまないな、気を遣ってくれて。▼

やっぱり、

腕輪はお前が持っててくれ。▼

口止めのためじゃない。

感謝してるから…その礼だよ。▼
[ルフレ]
…はは、わかったよ。

ありがたくいただくよ。▼

ティアモ

支援C

[ルフレ]
いたた…指を切っちゃったよ。

薬草は昨日使い切ったし…▼

どうしたものかなあ…▼
[ティアモ]
あ、薬草なら今朝、

あたしが補充しておいたわよ。▼
[ルフレ]
えっ…そうなのか? ありがとう。

でもよく気がついたね。▼
[ティアモ]
ううん、大したことじゃないわよ。▼

みんなの装備品を把握してれば

消耗具合ぐらいは予測がつくから。▼
[ルフレ]
みんなのって――全員の!?

全部覚えているのかい?▼
[ティアモ]
えぇ。もし装備品や消耗品に

不備があったら困るじゃない?▼
[ルフレ]
はぁ…さすが、みんなから

天才って呼ばれてるだけあるね。▼
[ティアモ]
…天才なんかじゃないわ!▼
[ルフレ]
ティ、ティアモ!?

どうしたんだい、急に。▼
[ティアモ]
あ…ごめん。▼

えっと…天馬騎士団にいた頃、

先輩からよくそんなことを言われてて、▼

辛かったから…▼

後輩のくせに生意気だとか、

先輩を見下してるとか、化け物とか…▼
[ルフレ]
そんな…▼
[ティアモ]
何あの貧乳とか、ダサい手槍だなとか…▼
[ルフレ]
天馬騎士団って陰湿だなあ!▼

いや…違う違うよティアモ!

僕はそういう意味で天才って言ったんじゃない。▼

単にすごいなーと思っただけで、

嫌味を言ったわけじゃないんだよ!▼
[ティアモ]
わかってるわ、ルフレ。

あたしこそごめんね。取り乱しちゃって。▼
[ルフレ]
ねぇ、ティアモ…。

僕でよければ、相談に乗るよ?▼
[ティアモ]
ありがとう。じゃあ…どんな手槍なら

ダサいってバカにされなくなると思う?▼
[ルフレ]
あ、そっち…?▼

支援B

[ティアモ]
ルフレ!▼

アドバイス通りの手槍を

作ってみたんだけど、見てくれる?▼
[ルフレ]
えっ!?

何、作ったんだ? 手槍を?▼
[ティアモ]
えぇ。▼
[ルフレ]
買った部品を組み合わせたのではなく?▼
[ティアモ]
えぇ、柄は木から削り出したし、

刃も自分で打って作ったわ。▼

あと、柄の模様も自分で描いたの!

どうかしら? こんな感じよね?▼
[ルフレ]
これはまた…アドバイス通りの

見事なまでの幾何学模様で…▼

やっぱり天才だよ…▼
[ティアモ]
なに?▼
[ルフレ]
なんでもないよ!

お役に立ててよかったよ。▼

ほかにも気になってることがあれば

なんでも相談してよ。▼
[ティアモ]
ルフレ…!

そんなに優しくされたら、あたし…▼
[ルフレ]
え…!?▼
[ティアモ]
ルフレのこと、
友達だと思っちゃうわよ…?▼
[ルフレ]
…あぁ、そういうこと。

はーびっくりした。▼

というか、そういう話なら

僕たちもうすでに友達だよ?▼
[ティアモ]
えっ、ほ…ほんとに!?▼
[ルフレ]
そんなにびっくりすることかなあ?▼
[ティアモ]
そうよね…ごめん。あたしったら。

人と距離を取ることに慣れちゃってて。▼

天馬騎士団にいた頃は、

周りは先輩ばっかりだったから

あんまり友達って呼べる人がいなくて…▼
[ルフレ]
ティアモ…▼
[ティアモ]
でも、あたしといたら

胸が大きく見えますよって触れ回ったら▼

ちょっと可愛がられるようになったわ…▼
[ルフレ]
女って…▼

支援A

[ティアモ]
ルフレ! 聞いて聞いて。

この前の手槍、軍のみんなに見せてみたら▼

すっごく評判が良かったの。

アドバイスありがとう!▼
[ルフレ]
いや、僕は何もしてない。

ティアモが頑張ったからだよ。▼

まぁ、良かったんじゃない?

これで先輩達からバカにされずにすむよね。▼
[ティアモ]
うん! きっと天国から

悔しそうな顔で見守ってくれてるわ。▼
[ルフレ]
天国? なんで…▼
[ティアモ]
…ルフレ、知らないんだっけ?

あたしがこの軍に合流する時▼

天馬騎士団の先輩たちはみんな、

あたしを逃がすために死んじゃったのよ。▼
[ルフレ]
!! あの時の…!▼

すまない、ティアモ! 僕…▼
[ティアモ]
…いいの。あたしも、先輩たちが

生きてるみたいに話してたから…▼
[ルフレ]
でも、ティアモは先輩たちと

そんなに仲良くなかったんじゃ…▼
[ティアモ]
あたしもそうだと思ってたんだけどね。

先輩たちは期待してくれてたみたい。▼

嫌味を言ってたのも、新人に対する

洗礼みたいなものだって…▼

本当はもっと色々話したかったって…

最後の最後に言われたの…▼

そうだと知ってたら…あたし…▼
[ルフレ]
ティアモ…▼
[ティアモ]
…ありがと、ルフレ。

あたしの話を聞いてくれて。▼

ルフレに話したらすっきりしちゃった。▼
[ルフレ]
…だから、天才だって言われるのが

嫌だったんだな。▼
[ティアモ]
…え?▼
[ルフレ]
僕が最初にティアモのこと、

天才だって言った時に取り乱してたよね。▼

嫌味で言ったわけじゃないって

わかってたのにもかかわらず。▼

あれは…死んでしまった先輩たちのことを

思い出すからだったんだね…▼
[ティアモ]
…………うん。▼

さすがに、我が軍の軍師の目は

ごまかせないわね…▼
[ルフレ]
…軍師だからわかったんじゃない。

友達だから…わかったんだよ。▼

だから…僕の前では泣くのを

我慢しなくていいから…▼
[ティアモ]
…っ! ルフレ…!

ごめんね…ありがとう…▼

支援S

[ルフレ]
ティアモ。何してるんだい?▼
[ティアモ]
この前の手槍!

ここから投げようと思って。▼
[ルフレ]
え!? ここって…崖だよ!?

まさか…もう捨てるのかい?▼
[ティアモ]
えぇ。この槍見たら先輩たちのこと

思い出しちゃうし▼

いつまでもウジウジ後ろ向いてたら

先輩たちに顔向けできないでしょ?▼
[ルフレ]
ははは、そうだね。▼
[ティアモ]
よーし、いっけぇぇぇぇ!!!▼
[ルフレ]
うわっ…! すごい距離を飛んだよ!?

やっぱり天才…とと。何でもない!▼
[ティアモ]
ふふ。もう気を遣わなくていいのよ。

心配しなくてもこの前みたいに▼

ルフレの腕の中で

小一時間泣きじゃくったりしないから。▼
[ルフレ]
なっ…! お、思い出させるなよ…▼
[ティアモ]
あれー? 顔が真っ赤よ?

なに? もしかしてあたしに惚れちゃった?▼
[ルフレ]
…あぁ、そうだね。▼
[ティアモ]
へっ?▼
[ルフレ]
正確には、その前から好きだったけどね!

友達でいるの、なかなか辛かったよ。▼
[ティアモ]
あ、あはは…そんな冗談言わなくても、

あたしはもう大丈夫だから…▼
[ルフレ]
冗談なんかじゃない!

冗談でこんなもの…用意しないよ。▼
[ティアモ]
あ…指輪…▼
[ルフレ]
僕と結婚してほしい…ティアモ。▼
[ティアモ]
…ルフレ…▼

あ…そ、その…

あたしも…ルフレが好きよ…▼

喜んで…お受けします…▼
[ルフレ]
…本当!? やった!

僕、絶対に君を幸せにするからね!▼
[ティアモ]
えぇ…▼
(一枚絵表示。CV有り。)
[ティアモ]
ありがとう…

二人で、幸せになりましょう。

…大好きよ。

誰よりも…あなたを愛してるわ。

グレゴ

支援C

[グレゴ]
ほれ、ルフレ。

こいつを飲んどけ。▼
[ルフレ]
え? なにこれ?▼
[グレゴ]
俺が旅先でよく使ってる薬だ。

ちょーっと苦いが、我慢しとけ。▼
[ルフレ]
薬って…僕はどこも悪くないよ?▼
[グレゴ]
ほんとにそうか?

喉の奥に違和感はねぇか?▼
[ルフレ]
え…あぁ、そう言われてみれば

ちょっといがいがするかも…▼
[グレゴ]
そーいうこった。さっきの戦いのとき

呼吸がおかしかったからな。▼
[ルフレ]
え? 他人の呼吸がおかしいのに

気づいたの…? すごいね。▼
[グレゴ]
健康にだけはこだわってんだよ。

傭兵は体が資本、ってな。▼
[ルフレ]
健康管理も仕事のうちということだね。

僕も見習わないと…▼

グレゴは普段、

どんなことに気をつけてるの?▼
[グレゴ]
うがい、手洗い、体を温める。

この三つが基本だな。▼
[ルフレ]
へぇ…意外と普通だね。

なにか秘訣とかはないの?▼
[グレゴ]
秘訣か…あるにはあるぜ。

あれは男にしかできねぇんだよなぁ。▼

お前は男だから

もしやりたいってんなら…▼
[ルフレ]
…まぁ、何なのかは聞かないでおこう。▼
[グレゴ]
あーもうひとつ、添い寝っつー

とっておきの秘訣もあるぜ。▼
[ルフレ]
はい? 何言ってるんだ!▼
[グレゴ]
はっはっ、遠慮すんなよ。▼
[ルフレ]
しないよ!▼

支援B

[ルフレ]
グレゴ。この間は薬、

ありがとう。▼

あの夜かなり熱が上がったんだけど、

次の日にはすっかり下がってたよ。▼
[グレゴ]
熱に浮かされて

おかしな夢は見なかったか?▼
[ルフレ]
うっ…▼
[グレゴ]
なーんだよ、なに赤くなってんだ?

俺と添い寝する夢でも見たか?▼
[ルフレ]
添い寝じゃないけど…

膝枕をされてる夢を…。とんだ悪夢だよ…!▼
[グレゴ]
あー、なるほどねぇ。それで俺の顔見て

胸がときめいちまってるわけだ。▼
[ルフレ]
…あれ以来、眠るのが怖くて

睡眠不足なんだよ。▼

冗談でもそういうこと

言うのはやめてくれ…▼

ほら、寝不足のせいで目が赤いだろう。▼
[グレゴ]
夢から始まる恋があっても

いいと思うがねぇ、俺は。▼
[ルフレ]
はいはい、面白い冗談だね。▼

うぅ…なんだかまた

背中がぞくぞくしてきたよ。▼
[グレゴ]
? おい、ルフレ。

ちょっと目を見せてみろ。▼
[ルフレ]
ちょ、ちょっとグレゴ、

本気で怒るよ?▼
[グレゴ]
黙ってろ!▼
[ルフレ]
!!▼
[グレゴ]
この充血の仕方…背中の悪寒…。

あんた、最近虫に刺されたことは?▼
[ルフレ]
あった…かも。▼
[グレゴ]
…質の悪い病原体を運ぶやつに

刺されちまったかもしれねぇな。▼

行くぞ。早めに処置しとかねぇと

下手すりゃ命にかかわる。▼
[ルフレ]
あ…う、うん…。

ありがとう…▼

支援A

[グレゴ]
ルフレ。

その後の経過はどうだ?▼
[ルフレ]
あ、グレゴ。

おかげさまで順調だよ。▼

グレゴの処置がなかったら

危なかったかもしれないって▼

クロムの侍医の方に言われた。

グレゴは命の恩人だね。▼
[グレゴ]
たまには年長者の言うことを

素直に聞いてみろってこった。▼

あんたは非凡なもんを持ってるが、

まーだまだ足りねぇことも多い。▼

学べることは年長者から大いに学べ。

せめて青い果実が熟すまで、ってな。▼
[ルフレ]
ほんとにそうだね。

この前は変な人扱いしてすまない。▼
[グレゴ]
そーれはかまわねぇんだが…▼
[ルフレ]
何か気になることでも?▼
[グレゴ]
俺に膝枕されたっつー悪夢は

もう見なくなったのか?▼
[ルフレ]
あ、そういえばあれ以来、

見た覚えがないね。どうして?▼
[グレゴ]
いやー、まだ夢に俺が出続けるようなら

そろそろ出演料でも頂こうかと思ってな!▼
[ルフレ]
なっ…! 何だよそれ!

心配しなくても、もう見ないよあんな夢!▼
[グレゴ]
ははっ、そりゃー残念だ。▼

ま、もうそんな悪夢を見ねぇように

体調には気をつけるこったな。▼

もし倒れたりしたら、

現実での俺の膝枕が待ってるぜー?▼
[ルフレ]
…ひぃぃぃぃ!!

ぜ、絶対に気を付ける!▼
[グレゴ]
はっはっは!! その意気だ!▼

ノノ

支援C

[ノノ]
えいっ!▼
[ルフレ]
いたっ!!▼
[ノノ]
あっ、ルフレ!

ごめーん、だいじょうぶ?▼
[ルフレ]
あ、頭にコブが…。

なにを投げたんだい?▼
[ノノ]
これ、ぴかぴかの石。ノノの宝物。

見つけるの、大変だったんだよ。▼
[ルフレ]
どうして宝物を投げるかなあ…▼
[ノノ]
おっきいヘビを見つけたんだけど、

逃げられちゃったの。▼
[ルフレ]
あぁ、獲物を捕まえたかったのかい。▼
[ノノ]
うん、そうなの。

…あ! あっち! いた!▼
[ルフレ]
どれ、貸してよ。▼
[ノノ]
できるの、ルフレ?▼
[ルフレ]
まぁ、見ててよ。▼

魔法を当てるのも、石を当てるのも

コントロールさえちゃんとしていれば…▼

えいっ!!▼
[ノノ]
当たった! 当たったよ!

すごーい、ルフレ!!▼
[ルフレ]
ま、ざっとこんなところだね。▼
[ノノ]
教えて! ノノにもやり方教えて!▼
[ルフレ]
いいよ。

まず、石の持ち方だけど…▼
[ノノ]
うんうん!▼

支援B

[ノノ]
ルフレ!

見て見て!!▼
[ルフレ]
へぇ、これはまた大きなヘビだなぁ。

ノノひとりで獲ったのかい?▼
[ノノ]
うん! ルフレが

教えてくれたおかげだよ!▼

お礼にこのぴかぴか石、

ルフレにあげる!▼
[ルフレ]
いいのかい?

ノノの宝物なんだろう?▼
[ノノ]
いいの。ノノ、また探すから。▼
[ルフレ]
そっか。

じゃあ、ありがたくもらっておくよ。▼
[ノノ]
ね、ルフレ。

もっといろいろノノに教えて!▼
[ルフレ]
そうだなあ…じゃあ、とっておきの

野菜料理でも教えようか?▼

僕もフレデリクに教わったばっかりだから、

上手くできる保証は無いけど…▼
[ノノ]
うん! それでもいいよ!

一緒にやればきっと楽しいよ!▼
[ルフレ]
ノノはいい子だなー。

よし、僕、頑張っちゃうぞー!▼

(暗転)

[ルフレ]
良かった…なんとかうまくいったよ…▼
[ノノ]
すごいねルフレ!

このお料理、すっごくいい匂い!▼
[ルフレ]
匂いはいいんだよ…匂いは。

問題はそれよりも味の方…▼

鋼の味がしませんように

鋼の味がしませんように…▼
[ノノ]
ルフレ、何ぶつぶつ言ってるの?

早く食べようよー。▼
[ルフレ]
あ…あぁ。…ぱくっ。▼
[ノノ]
ぱくっ。もぐもぐ…▼

…うん! とってもおいしーよ!

ちゃんとできて良かったねー!▼
[ルフレ]
ほんとに良かった…▼

きっとフレデリクの教え方が良かったんだなあ。▼
[ノノ]
いいなぁ、ルフレは

きおくそーしつなのに色々できて。▼

ノノ、ずっとひとりぼっちだったから

千年生きてるのになんにもできないよ。▼
[ルフレ]
これからは、僕が教えるよ。

遠慮しないでなんでも聞いてよ。▼
[ノノ]
うん!

ありがと、ルフレ!▼

支援A

[ルフレ]
ほら、ノノ。この草をこうして丸めて、

ここに口をあてて吹くと…▼
[ノノ]
すごぉい! ピーッて鳴った!▼
[ルフレ]
ノノもやってみなよ。▼
[ノノ]
えっと…こうして、こうして…。

ふーっ! ふーっ!▼

あれぇ? 鳴らないよ?

息が足りないのかな…▼

竜になって吹けば――▼
[ルフレ]
待った! それは駄目!

そこら中が燃え尽きるから!▼
[ノノ]
えぇ~でもぉ…▼
[ルフレ]
鳴るようになるまで付き合うから、

竜石を使うのは勘弁してよ。▼
[ノノ]
うーん…わかった。▼
[ルフレ]
ふぅ…▼
[ノノ]
あっ! 見て見てルフレ!

またおっきいヘビがいるよ!▼
[ルフレ]
ほんとだ。▼

前にノノが獲ってきたのより

一回りぐらい大きいかな…▼

…ってノノ!? 何構えてるんだい!?▼
[ノノ]
この前はルフレに

ヘビを獲るところ見せられなかったから!▼

よーし、いっけー!!▼
[ルフレ]
…あ! 当たった!

すごいよ、ノノ!▼

あんな大きいヘビを一発で仕留めるなんて!▼
[ノノ]
ふっふーん! すごいでしょー!▼
[ルフレ]
当面の非常食にはなりそうだね。

でも、これどうやって持って帰ろう…▼
[ノノ]
大丈夫だよ! これぐらいのヘビなら

ノノが竜になれば軽いもんだよ…って▼

あれー!? 竜石がなーい!!▼
[ルフレ]
えぇぇぇ!? もしかしてノノ、

さっき投げた石って…!?▼
[ノノ]
そうだ! ノノ、竜石投げちゃった!

うわーーーん! どうしよーーー!▼

ノノ、もう一生竜になれないんだ!

このヘビも持って帰れないんだーーー!▼
[ルフレ]
お、落ち着いてノノ!▼

きっと蛇の頭の辺りに

落ちてるはずだから、一緒に探そう?▼

見つかるまで付き合うから、

もう泣かないでよ。いいね?▼
[ノノ]
う…うん! ありがとう!

ルフレ、だいすき!▼

支援S

[ノノ]
ルフレ、この前はありがとー!▼
[ルフレ]
ああ、この前の竜石のことかい?

いいよ、すぐに見つかったんだから。▼

それより…ノノ。▼
[ノノ]
なぁに、ルフレ。▼
[ルフレ]
ノノって確か、ぴかぴかの石が

宝物だったよね?▼
[ノノ]
そうだよぉ。でもこの前

ルフレにあげちゃったから▼

今、新しいのを探してるとこなんだ。▼
[ルフレ]
だよね。だったらこれ…

受け取ってくれないかな?▼
[ノノ]
うわぁ、ぴかぴかしてきれい…

だけど、これ石じゃないよ?▼
[ルフレ]
確かに石じゃなくて銀の指輪だけど、

ぴかぴかしてるし…いいだろう?▼
[ノノ]
ルフレ。▼
[ルフレ]
え、なに?▼
[ノノ]
ノノ、指輪の意味…知ってるよ。▼

ずっといっしょにいようね、の

お約束でしょ?▼
[ルフレ]
知ってたんだ…これから

説明しようと思ってたんだけど。▼
[ノノ]
ノノ、お利口さんでしょ。▼
[ルフレ]
はは、そうだね。▼

それで…指輪の意味を知ってるノノは

受け取ってくれるのかい?▼
[ノノ]
うん! もちろん!▼

ノノ、ルフレと

ずっといっしょにいたいもん!▼
[ルフレ]
僕もだよ、ノノ。

ずっと…いっしょにいよう。▼
[ノノ]
うん! ありがとうルフレ!▼
(一枚絵表示。CV有り。)
[ノノ]
だーいすきだよ!

ノノ、今とっても幸せ!

もうノノのそばを離れちゃダメだよ?

リベラ

支援C

[リベラ]
…………▼
[ルフレ]
あ、リベラ。なにをしてるんだい?▼
[リベラ]
絵を、描いていました。▼
[ルフレ]
うわ…すごく上手だ…!▼

繊細で、透明感があって、

でもどこか寂しい…リベラらしい絵だね。▼
[リベラ]
私らしい…ですか。▼
[ルフレ]
あ、ごめん!

偉そうに語っちゃって…▼

僕、絵のことなんて

全然わかってないのに…▼
[リベラ]
かまいませんよ。

私も絵のことはわかりませんから。▼
[ルフレ]
こんなに上手なのに?▼
[リベラ]
技術だけで、心のこもっていない絵だと

よく言われたものです。▼
[ルフレ]
ほんとに?

こんなにすごい絵なのに…▼

きっとその人、リベラがあんまり

上手だったから、嫉妬したんだよ。▼
[リベラ]
ふふ…ありがとうございます。▼

もしよろしければ、

この絵は差し上げますよ。▼
[ルフレ]
え、ほんとに? 誰かに

頼まれてたものじゃないのかい?▼
[リベラ]
今はもう、誰かのための

絵を描くのはやめていますので。▼
[ルフレ]
そうなのか…じゃあ、遠慮なく。

大事に飾らせてもらうよ。▼

ありがとう、リベラ。▼

支援B

[ルフレ]
うーん…いい色が出ないなぁ…▼
[リベラ]
おや、ルフレさん。

頬に絵の具がついていますよ。▼
[ルフレ]
え、あ…ほんとだ。▼
[リベラ]
絵をお描きになっていたのですか?▼
[ルフレ]
ああ。リベラにもらった絵を観てたら

僕も描いてみたくなって。▼

でも駄目だね。僕には才能がないみたいだ。

ほら、ひどいものだろう?▼
[リベラ]
ふむ…これは、リスでしょうか。

少々、奇抜な色遣いではありますね。▼

しかし初めてでこれだけ描ければ

じゅうぶんではないでしょうか。▼
[ルフレ]
…リスじゃなくて馬だし

初めてじゃなくて、百枚目だよ。▼
[リベラ]
そ、それは…失礼いたしました。▼
[ルフレ]
さすがのリベラも顔がひきつったね。

残念な出来に、あきれてるんだろう?▼
[リベラ]
そういうわけでは…▼
[ルフレ]
いいんだよ。自分でわかってるから。

やっぱり、リベラはすごいね。▼

毎日観てても飽きないくらい

魅力的な絵が描けるんだから。▼
[リベラ]
毎日…観てくださっているのですか?▼
[ルフレ]
あ、うん。リベラの絵を観てると

すごく落ち着くから、眠る前にね。▼

傷がつかないように持ち運ぶのが

けっこう大変なんだ。▼
[リベラ]
…私の絵をそれほど大切に扱って

くださったのは、あなたが初めてです。▼

うれしいものですね…

自分の絵が大切にされるというのは。▼

支援A

[ルフレ]
はぁ…▼
[リベラ]
どうしました、ルフレさん。

お元気がないようですが。▼
[ルフレ]
あ、リベラ…!▼

実は…リベラにもらった絵が…

ぼろぼろになってしまって…▼
[リベラ]
あぁ、先日の戦いのときですね?

あのときは、急な出撃でしたから。▼
[ルフレ]
ああ…悔しいよ。

ほんとに大切にしてたのに…▼
[リベラ]
そんなに落ち込まないでください。

また…描きますから。▼
[ルフレ]
え、でも今はもう誰かのための絵は

描いてないって…▼
[リベラ]
…描きたくなったのですよ。

あなたのための絵を。▼
[ルフレ]
えっ、ほんとに? ありがとう!

今度は、なんの絵を描いてくれる?▼
[リベラ]
そうですね…ルフレさんは

何の絵がよろしいですか?▼
[ルフレ]
じゃ…じゃあ、リベラの自画像は?▼
[リベラ]
えっ…それはちょっと…▼
[ルフレ]
どうして?▼
[リベラ]
以前、自画像を描いた時に

女性を描いた絵だとして評価されたので…▼

男らしく描いたつもりだったのですが、

なぜあのようなことになったのか…▼
[ルフレ]
す…すまない、リベラ。▼
[リベラ]
いえ…私はこれでも男ですから、

細かいことは気にしません。▼

全然まったく微塵も、

気にしてはいないのですよ。ふふっ。▼
[ルフレ]
……えーっと。▼

じゃ、じゃあ僕の顔を描いてくれないか?

若い日の記念に…なんてね。▼
[リベラ]
はい、わかりました。神に誓って、

なるべく男前に描かせていただきますね。▼
[ルフレ]
…何か今、

さらっと酷いこと言われたような。▼

サーリャ

支援C

[サーリャ]
……▼
[ルフレ]
…サーリャ?

そこでなにやってるんだい?▼
[サーリャ]
!! 貴方…

私が後を尾けていたこと…気付いてたの…▼
[ルフレ]
そりゃ気付くよ。

だって後ろからものすごい妖気が…!▼
[サーリャ]
そう…さすがは…

私の初恋の人ね……▼
[ルフレ]
えぇっ!? は、初恋!?

いつからそんなことになってたんだい!?▼
[サーリャ]
この軍に来て初めて貴方を見た時…

ビビっときたの……▼

あぁ…この人は他の人間とは違う。

私が本当に求めていた人なんだ…って!▼
[ルフレ]
そ…そりゃどうも…▼
[サーリャ]
それからは毎日…貴方のことを

見守っていたわ……▼

ふふ、昨日は本を

3冊も読んでいたわね…▼

その前は一晩に

12回寝返りを打っていたし…▼
[ルフレ]
ちょ…ちょちょちょっと待って!▼
[サーリャ]
えぇ…

貴方のためならいつまでも待つわ…▼
[ルフレ]
ちょっとの待機がめちゃくちゃ重いよ!

いや…そんなことより▼

もしかして…毎日僕のこと尾けてたの?▼
[サーリャ]
当然でしょう……▼
[ルフレ]
うわぁー! どうりで最近

妙に寒気がすると思ったよ!▼
[サーリャ]
だいじょうぶ…もし風邪をひいたら

つきっきりで…看てあげるから。▼
[ルフレ]
普通の女の子に言われたら

感動ものの台詞なんだけど▼

サーリャが言うと

違う意味に聞こえるんだよなあ。▼
[サーリャ]
ルフレは…

普通の女の子が…好きなの?▼
[ルフレ]
え、まぁ…そうかなあ。▼
[サーリャ]
…わかったわ。▼
[ルフレ]
え? サーリャ?▼

…なんか、嫌な予感がするなあ…▼

支援B

[サーリャ]
ルフレ。▼
[ルフレ]
あ、サーリャ。▼

最近見かけなかったけど

どうしてたんだい?▼
[サーリャ]
んー、変わったことはなんにもしてないよ?

あたしのこと、心配してくれたの?▼
[ルフレ]
あ、あぁ。▼
[サーリャ]
ほんとに!? うれしいっ!▼
[ルフレ]
え…なに、その反応?▼
[サーリャ]
あのね…あたし、ルフレに

お弁当を作ってきたの。▼
[ルフレ]
ちょ、ちょっと待ってよ。

ほんとにどうしたんだい、サーリャ?▼

なにか悪いものでも食べたのかい?

それとも自分の呪術にやられたとか?▼
[サーリャ]
もう、なに言ってるの。

あたしは普通だよ~!▼
[ルフレ]
…普通って…そういうことか!▼
[サーリャ]
はい、あーん。▼
[ルフレ]
え!?

あ、あーん…もぐっ。▼

! う、うまい…!▼
[サーリャ]
ほんと? よかった!

完璧になるまで練習したんだよ。▼
[ルフレ]
それって…

普通の女の子になるために?▼
[サーリャ]
うんっ!

もう完璧に普通だよ!▼
[ルフレ]
…完璧に普通な女の子は

もはや普通じゃないと思うんだけどなあ…▼
[サーリャ]
え…▼
[ルフレ]
変なこと言って悪かったよ。▼

前に僕が言ったことは忘れて、

いつものサーリャに戻ってよ。▼
[サーリャ]
…そう。

ルフレがそう言うなら…▼

支援A

[サーリャ]
………ふふ…▼
[ルフレ]
いつも通りのサーリャに

戻ったのはいいんだけど…▼

うぅ…背中に悪寒が…

気分が、悪く…あ、あれ…?▼
[サーリャ]
ルフレ?

なにを倒れてるの?▼

! 震えてる…それに…

すごい熱…まさか、風邪?▼

つ、冷たい水…それと…

熱冷ましの…まじないを…▼
(暗転)
[ルフレ]
ん…▼
[サーリャ]
あ…▼
[ルフレ]
あ、あれ? 僕、なんで

こんなとこで寝てるんだい?▼
[サーリャ]
熱で…倒れたのよ。▼
[ルフレ]
そうか…ここのところ、

あんまり休めてなかったからなあ…▼
[サーリャ]
私の呪いのせいだって…

言わないの…?▼
[ルフレ]
サーリャがそんなことするなんて

本気で思ってるわけないよ。▼
[サーリャ]
…!▼
[ルフレ]
看病…してくれたんだね。

ありがとう、サーリャ。▼
[サーリャ]
普通の子じゃないから…

うれしく…ないでしょ。▼
[ルフレ]
いや…うれしいよ。

サーリャの看病のほうが、うれしい。▼
[サーリャ]
…ほんとに?
[ルフレ]
うん、ほんとだよ。

だから…もうしばらく、頼むよ…▼
[サーリャ]
…また、眠ったの…?

子どもみたいな寝顔…ふふ…▼

支援S

[ルフレ]
サーリャ。▼
[サーリャ]
…なに?▼
[ルフレ]
そろそろ、うしろに立つのは

やめてもらえないかなあ?▼
[サーリャ]
…どうして?▼
[ルフレ]
うしろにいられると、

サーリャの顔が見えないだろう?▼
[サーリャ]
それ…どういう…?▼
[ルフレ]
あぁ、もう。▼

やっと見えた。▼

って、もしかして僕たち、

まともに向かい合うの初めてかな?▼
[サーリャ]
…そう、かも…▼
[ルフレ]
じゃあ、これからはずっと

向い合って生きていこうよ。▼
[サーリャ]
どういう…意味?▼
[ルフレ]
こういう意味だよ。▼
[サーリャ]
これ…は、指輪…?▼
[ルフレ]
うん。これからは僕たちが

ずっと向かい合って生きる証だよ。▼
[サーリャ]
…それは…無理。▼
[ルフレ]
え…▼
[サーリャ]
やっぱり…ここが、落ち着く…。

ここになら…一生…いられる。▼
[ルフレ]
やれやれ…ま、いいけどね。▼

じつは僕も、

こっちのほうが落ち着くから。▼
[サーリャ]
うふ…うふふふふ…▼
(一枚絵表示。CV有り。)
[サーリャ]
好きよ…

この気持ち…裏切ったら、許さない。

私を選んだこと、後悔したって遅いんだから…。

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • 素晴らしい -- 王国王子? 2013-06-09 (Sun) 22:27:40
  • 初心者 -- さすがルフレだ!? 2015-05-04 (月) 23:03:49
  • サーリャみてーな人とくらしてーーーーーーー -- ぱんぱーす? 2015-06-13 (土) 14:13:36
  • 1か月前名前とコメント逆にしちゃいました。 -- 初心者? 2015-06-13 (土) 23:34:26
  • ここにコメントしてる人、へんたいサンなのかな? -- エムブレマー? 2015-11-06 (金) 16:58:29
  • 3年差ですが、サーリャについては同感。ですが、一言言います。ここ、同じコメント多くないですか? -- 2018-10-25 (木) 16:10:29
  • ↑消しておきました。同じコメントなんて不要ですから -- 2019-03-11 (月) 22:43:51

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 11 Mar 2019 22:43:51 UTC