ノノの支援会話

マイユニット(男性・僕)

マイユニット(男性・僕)のページへ

マイユニット(男性・俺)

マイユニット(男性・俺)のページへ

マイユニット(女性・私)

マイユニット(女性・私)のページへ

マイユニット(女性・あたし)

マイユニット(女性・あたし)のページへ

フレデリク

フレデリクのページへ

ソール

ソールのページへ

ヴェイク

ヴェイクのページへ

リヒト

リヒトのページへ

ガイア

ガイアのページへ

グレゴ

グレゴのページへ

サーリャ

支援C

[ノノ]
あれ? サーリャ、ノノに用?
[サーリャ]
…貴方、なかなか…

隙を見せないわね…▼
[ノノ]
スキ?

ノノはみんなのこと好きだよ?▼
[サーリャ]
私のことが好きなら…

ひとつ、分けて欲しいものがあるの。▼

貴方の爪…伸びた先だけでいいから、

少しもらえないかしら…?▼
[ノノ]
爪?

そんなの、なにに使うの?▼
[サーリャ]
マムクートの爪は…

呪いの道具になるのよ…▼

ふふ…それで私とルフレの

行く末を…▼
[ノノ]
サーリャ、占いができるの!?

すごーい!▼

ねーねー、爪ならあげるから、

ノノも占ってよ~!▼
[サーリャ]
ふふ、いいわよ…。

誰との相性を占うの…?▼
[ノノ]
ううん、占って欲しいのは

ノノのことじゃないの。▼

ノノが占って欲しいのはね、

パパとママの居場所。▼

今どこにいてなにをしているのか…

サーリャ、占える?▼
[サーリャ]
わかったわ。

占ってあげる…。▼

支援B

[ノノ]
ねーねー、サーリャ!▼
[サーリャ]
あ…ノノ…。▼
[ノノ]
もうノノのパパとママのこと

占ってくれた?▼
[サーリャ]
…えぇ。占ったわ…。▼
[ノノ]
ほんと? どこにいるかわかった?

ノノ、早く知りたい!▼
[サーリャ]
…ノノの、お父さんとお母さんは…

元気にしているわ。▼

ノノのことをいつも心配していて…

すごく会いたがっているみたいよ…。▼
[ノノ]
パパとママ、元気なの? やったー!

ノノ、会いに行く! どこにいるの?▼
[サーリャ]
それは…遠くよ…。

そう、会えないくらい遠くなの…。▼
[ノノ]
遠くてもいいよ!

ノノ、海の向こうでも飛んで行く!▼

たくさん歩くのも平気!

百年かかっても会いに行くから!▼
[サーリャ]
…百年かかっても…無理なの。

でも…元気なのは…確かよ。▼
[ノノ]
…サーリャ、

なんか言ってることおかしいよ?▼
[サーリャ]
…駄目ね、私…。

嘘なんて…慣れていないの…。▼
[ノノ]
本当のこと言って?

ノノは平気だから。▼
[サーリャ]
…私の占いでは…貴方の両親は

どこにもいなかったの。つまり…▼
[ノノ]
…つまり、ノノもサーリャも知らない

遠い国に行っちゃったってこと?▼
[サーリャ]
…そうかも…しれないわね…。▼
[ノノ]
パパとママに会うのは

もっともっと先になりそうだね。▼

ちょっと残念だけど

占ってくれてありがと、サーリャ!▼
[サーリャ]
…いえ…いいのよ…。▼

支援A

[ノノ]
パパ…ママ…

うぅっ、えぐっ…。▼
[サーリャ]
ノノ…そこでなにをしているの…?▼
[ノノ]
ぐすっ…あっ…サーリャ。

これはね…ぐすっ、なんでもないよ。▼
[サーリャ]
貴方…気づいていたのね…。

貴方の両親が、もう…▼
[ノノ]
な、なんのこと…?

ノノ、わかんない…っ。▼
[サーリャ]
私に気を遣って…

気づかないふりをしていたのね…。▼

そんなに目に涙を溜めて…

つらい思いをさせたわね…。▼
[ノノ]
ノノは、強い子だから…

泣かないもん。泣いてないもん…▼

悲しいことは起きてないから…

パパとママは遠くにいるだけだから…▼

だから…泣くことなんてないんだもん。

ノノは平気だもん!▼
[サーリャ]
…そうね…貴方は泣いていないわ。

ごめんなさい、ノノ…。▼

そうそう、私…あれから

ノノの未来について占ったのよ…。▼
[ノノ]
ノノの未来…?▼
[サーリャ]
この戦いを生き抜けば…

貴方に孤独はもう…訪れない。▼

にぎやかで…しあわせな人生を送れる…

これは確かな結果よ…▼
[ノノ]
…ふふ。そうなの?▼

サーリャがいて、みんながいて…

ノノ、もうこんなにしあわせなのに。▼
[サーリャ]
きっと、もっとしあわせになれるわ…。

だから…もう泣かないで。▼
[ノノ]
うん…あ、だから

ノノは泣いてないってば!▼
[サーリャ]
ふふ、ごめんなさい。

そうだったわね…。▼

リベラ

支援C

[ノノ]
リベラ~おんぶして!▼
[リベラ]
おっと…危ないですよ、ノノさん。▼
[ノノ]
あれぇ? リベラ、首のところ

傷がついてるよ?▼
[リベラ]
! そこはっ…!▼
[ノノ]
ご、ごめん。痛かった?▼
[リベラ]
いえ…すいません。

驚かせて。▼

傷はもうふさがっていますから

痛くはありませんよ。▼
[ノノ]
じゃあ、どうして触ったら駄目なの?▼
[リベラ]
体は痛みませんが、

べつのところがちくちく痛むのですよ。▼
[ノノ]
べつのところって?▼
[リベラ]
いわゆる…心、というやつですよ。▼
[ノノ]
心?

どうして心が痛むの?▼
[リベラ]
…私は、子供のころ、

親元から離れて育ったんです。▼

いえ、正確には捨てられた、

と言った方が正しいでしょうね。▼
[ノノ]
ええっ! どうして捨てちゃうの?

お父さんとお母さんなのに?!▼
[リベラ]
どうしてでしょうね。

私の事が嫌いだったのでしょうか。▼

で、離される時にすがりついた私を

母親が力任せに突き飛ばしましてね。▼

その時にできた傷なんです。

だから、これを見るとついその時の事を…▼
[ノノ]
リベラ、かわいそう…▼
[リベラ]
あ、いや、すいません。

つい、こんなイヤな話をしてしまって…▼
[ノノ]
そうだ!

ノノが心をなでなでしてあげる!▼
[リベラ]
心を、ですか?▼
[ノノ]
うん。なでなでしたら

痛くなくなるかもしれないよ!▼

リベラの心

どこにあるの?▼
[リベラ]
さて…どこでしょう。▼

正直、私もどこにあるのか

見失ってしまっている気がします。▼
[ノノ]
じゃあ、ノノがいっしょに

リベラの心を探してあげる。▼

ふたりならきっと見つけられるよ!▼

支援B

[ノノ]
ここはどう?▼
[リベラ]
ははは、背中はくすぐったいだけです。▼
[ノノ]
うーん…ここにも心はないかぁ。

じゃあ、ここは?▼
[リベラ]
あ…はは、耳もくすぐったいです。▼
[ノノ]
…じゃあ、ここ!▼
[リベラ]
あは、あははははっ!

わ、脇腹も駄目です…!▼
[ノノ]
もう、リベラ! 笑ってばっかり!

真面目にやって!▼
[リベラ]
すいません、自分がこんなに

くすぐりに弱いとは知りませんでした。▼
[ノノ]
ノノ、くすぐってないよ。

手をあててるだけだもん。▼
[リベラ]
確かにそうですね。

ノノさんはなにも悪くありません。▼

どうも他者に触れることも

触れられることも避け続けてきたので▼

神経が過敏になっているようです。▼
[ノノ]
どうして避けてきたの?▼
[リベラ]
…いろいろな意味で、

人を信じるのが怖かったからですよ。▼
[ノノ]
あ…ノノもそれ、わかるよ。

ノノも人間のこと怖かったもん。▼
[リベラ]
今はもう、怖くないのですか?▼
[ノノ]
うん。今はちょっとだいじょうぶ。▼

怖い人もいるけど…怖くない人も

いっぱいいるってわかったから。▼
[リベラ]
そうですか…私はまだ、

怖れと不信を拭えずにいます。▼
[ノノ]
じゃあ、それも練習しよ。

ノノが優しい人のこと、教えてあげる。▼
[リベラ]
…ありがとうございます。▼

支援A

[リベラ]
あの、ノノさん?

まだ陣営内を回るのですか?▼
[ノノ]
ここは優しい人がいっぱいだから、

まだまだたくさん回るよ。▼
[リベラ]
しかし…みなさんにご迷惑を

おかけしている気がするのですが。▼
[ノノ]
そんなことないよ。みんなリベラと

仲良くできてうれしそうだったもん。▼
[リベラ]
そうでしょうか…。▼
[ノノ]
うん。だから早く心を見つけて

みんなと仲良しになろうね。▼
[リベラ]
そう…ですね。

そうなるようにがんばります。▼
[ノノ]
じゃあね、次は倉庫の中に

行ってみよっか。▼
[リベラ]
倉庫の中…ですか?▼
[ノノ]
うん。今くらいの時間だったら

お食事作ってくれる人たちが▼

倉庫の中で

ごはんの中味、選んでるよ。▼
[リベラ]
…ノノさんは、そんなことまで

知っているのですか?▼
[ノノ]
そうだよ。

リベラは知らなかったの?▼
[リベラ]
恥ずかしながら、厨房の方々が

どう動かれているかまでは知りませんでした。▼
[ノノ]
えー、なかまなのに?

ダメだよ。リベラ。▼
[リベラ]
おっしゃる通りです。

ダメですね、私は。▼

それに比べてすごいですね、

ノノさんは。▼
[ノノ]
え、ノノすごい?▼
[リベラ]
えぇ、本当にすごいです。

私はノノさんから学んでばかりですよ。▼
[ノノ]
褒められちゃった。

えへへ…。▼

支援S

[ノノ]
ふわぁ…疲れたね、リベラ。▼
[リベラ]
ようやくみなさんのところを

回り終えましたね。▼
[ノノ]
いい人いっぱいだったでしょ?▼
[リベラ]
はい。こんなことにも気づけずに

いたなんて、私は愚か者でした。▼
[ノノ]
やったぁ! リベラがみんなのこと

知ってくれて、ノノとってもうれしい!▼

それでさ…

心は、見つかった?▼
[リベラ]
どうなのでしょう…。▼
[ノノ]
ここの傷、触られるの…まだ嫌?▼
[リベラ]
…少し、触れてみてくれませんか?▼
[ノノ]
うん。▼
[リベラ]
…………▼
[ノノ]
どう?▼
[リベラ]
…くすぐったいです。▼
[ノノ]
ちりちりしない?▼
[リベラ]
はい、むしろ…ほんのりと

温かな心地がします。▼
[ノノ]
どのへんが?▼
[リベラ]
胸の…あたりでしょうか。▼
[ノノ]
ちりちりしてたのと同じところ?▼
[リベラ]
そう…ですね。▼
[ノノ]
じゃあきっと、そこが心だよ。▼
[リベラ]
ここにありましたか、私の心は。▼
[ノノ]
リベラは、心が見つかってうれしい?▼
[リベラ]
はい、とても…うれしいです。▼
[ノノ]
えへへ、よかった。

リベラがうれしいと、ノノもうれしい。▼
[リベラ]
ノノさん…これからもずっと、

私のそばにいてくれますか?▼
[ノノ]
うん、いいよ。▼

リベラがいいなら、

ノノ、リベラとずっと一緒にいるよ。▼
[リベラ]
では、これをノノさんに。▼

私たちがこの先ずっと一緒にいる…

約束の証です。▼
[ノノ]
うわぁ、指輪だ!

ぴかぴかできれいだね!▼
[リベラ]
うれしい…ですか?▼
[ノノ]
うん! 生きてきた中で一番うれしい!▼
[リベラ]
ふふ。私も、生きてきた中で

一番うれしいですよ。▼

セルジュ

支援C

[ノノ]
あはは、楽しかったねミネルヴァ!

もう一回やろ!、もう一回!▼
[セルジュ]
ノノちゃん。

ミネルヴァちゃんと遊んでくれるのは▼

とってもうれしいんだけど、

そろそろ休憩させてあげて欲しいの。▼

竜になったあなたとの取っ組み合いは

ミネルヴァちゃんも大変みたいだから…。▼
[ノノ]
えっ、そうだったの?

ごめんねミネルヴァ。疲れちゃった?▼
[セルジュ]
ごめんなさいね。ノノちゃんは

まだまだ遊び足りないだろうけど…▼
[ノノ]
ううん、ノノはだいじょうぶ。

全然気にしなくてもいいよ?▼

ミネルヴァがかわいそうだもん。

ノノ、我慢できるよ!
[セルジュ]
…私でよければ

お相手になるわよ?▼
[ノノ]
えー? セルジュ、怪我しちゃうよ?

竜になったノノはすごいんだから。▼
[セルジュ]
うふふ。

甘く見てもらっては困るわね。▼

私、ミネルヴァちゃんに

勝ったことだってあるんだからね?▼
[ノノ]
ほ、ほんと?▼
[セルジュ]
本当よ。遠慮せずかかってこないと

私が勝っちゃうかもしれないわね。▼
[ノノ]
ふふっ、じゃあノノ、

思いきりいっちゃうから!▼

支援B

[ノノ]
…どうかな?

もっと強くしたほうがいい?▼
[セルジュ]
いいえ。それくらいが

ちょうど気持ちいい感じよ。▼

ノノちゃんに肩を揉んでもらえるなんて

頑張った甲斐があったわね。▼
[ノノ]
ノノが竜になってぶつかったら

セルジュ、吹っ飛んじゃうんだもん。▼

だからこれはほんのお詫びの気持ち…▼
[セルジュ]
あら、難しい言葉を知ってるのね。

ノノちゃんは勉強家ね。ふふ…。▼
[ノノ]
ミネルヴァに勝ったことあるなんて

ウソついて、ノノに気をつかっちゃって。▼

そこまでして遊んでくれなくても

ノノはきちんと我慢できたんだよ?▼
[セルジュ]
勝ったことがあるのは本当よ?▼
[ノノ]
また嘘ついて…あ、セルジュ頭のとこ

ちょっとだけ禿げてるよ?▼
[セルジュ]
あら…見つかっちゃった。

でも、それが私の勝利の証なの。▼

ミネルヴァちゃんを捕まえたときに

ブレスで少し焦がされちゃったのよ。▼
[ノノ]
えーっ! ブレスを受けたのに

よく生きていられたね?▼
[セルジュ]
じつはね…ミネルヴァちゃん、

初めて会ったときは少し弱ってたの。▼

私に吐いたブレスも

髪を焦がすくらいの弱いもので…▼

だから私の力でも

おとなしくすることができたのよ。▼
[ノノ]
なるほどー…。それから

セルジュとミネルヴァは仲良くなったんだ?▼

喧嘩しても仲良しでいられるなんて、

ノノ、素敵だと思うな!▼
[セルジュ]
うふふ、ありがとう。▼

支援A

[セルジュ]
…だいじょうぶ?

頭は打ってない?▼
[ノノ]
うん、平気だよ。

…えへへ。ノノ、負けちゃったね。▼
[セルジュ]
ごめんなさい。まさかそのまま

ぶつかってくるなんて思わなくて…▼
[ノノ]
だって、竜になったら

セルジュが怪我しちゃうでしょ?▼

ノノ、それは嫌だもん。▼
[セルジュ]
そう…私のためだったの。

ありがとうね、ノノちゃん。▼

でも、私だってあなたに

怪我して欲しくないわ。▼

だから次はちゃんと

竜になってからかかってきてね?▼
[ノノ]
ううん、ノノはこのままでいい。

セルジュは気にしないで!▼
[セルジュ]
…困ったわね。じゃあ取っ組み合いは

やめて、べつの遊びにしない?▼
[ノノ]
あ、そっか…

べつの遊びをすればいいよね!▼
[セルジュ]
お絵かきでもしましょうか?

それなら怪我をしないし。▼
[ノノ]
…うーん。それより

かくれんぼにしない?▼
[セルジュ]
あら、お絵かきは嫌い?▼
[ノノ]
ううん。お絵かきだと

ミネルヴァが遊べないでしょ?▼

かくれんぼなら

みんなで遊べるもん!▼
[セルジュ]
ふふ、そうね。

じゃあかくれんぼにしましょう。▼
[ノノ]
うん!

ノノ、負けないよ!▼

ヘンリー

支援C

[ノノ]
ふぅ…いっぱい遊んじゃった!

子どもってかわいいよねー!▼
[ヘンリー]
今の、この辺で暮らしてる子たちだね。

…って、ノノも子どもじゃない。▼
[ノノ]
ノノは子どもじゃないもん。

千年以上生きてる大人の女なんだから!▼
[ヘンリー]
あ、そうだったね。

あはは、ごめんなさい、お姉さん。▼
[ノノ]
えっへん!

わかればよろしい!▼
[ヘンリー]
でも大人の女が子どもたちと

夢中でかくれんぼなんかするのかな…?▼
[ノノ]
かくれんぼ、楽しいよ?

次はヘンリーも誘ってあげるね!▼
[ヘンリー]
うん、わかった。▼
[ノノ]
やったぁ! 約束だよ!▼

ほかのみんなは誘ってもあんまり

いっしょに遊んでくれないんだもん。▼
[ヘンリー]
ノノはいつも元気いっぱいだから

途中でみんな音を上げちゃってるよね。▼
[ノノ]
そうなの!

ノノはまだまだ遊び足りないのに!▼

ノノはここに来るまで、遊んでくれる人が

ずっといなかったの。▼

だからこれからは、めいっぱい

遊んで遊んで遊びまくるんだよ!▼
[ヘンリー]
ふーん…僕も同じだよ~。▼

小さい頃は放ったらかしにされてたから、

家族なんていないようなものだったし~。▼

仕方なく一人で遊んでるか、

その辺の動物たちと遊んでるかだったよ~。▼
[ノノ]
へー! でも、これからはお互い

遊び相手がいるから寂しくないね!▼
[ヘンリー]
あはは、そうだね~。▼

支援B

[ヘンリー]
あはは、子供たち

みんな逃げちゃったね~。▼
[ノノ]
…ノノ、失敗しちゃった…。▼
[ヘンリー]
そりゃ逃げるよね~。

目の前にいきなり竜があらわれたら。▼
[ノノ]
ノノね、みんなを背中に乗せて

お空の散歩をしようと思っただけなの…。▼

あの子たち、ノノのこと怖がってたね。

もう遊んでくれないよね…。▼
[ヘンリー]
うん、たぶん無理だと思うよ~。▼

でも、いいじゃない。ほかの土地にも

子どもはたくさんいるんだから。▼
[ノノ]
だけど…この姿のノノも

竜のノノも、同じノノなんだよ?▼

竜のノノは遊んじゃ駄目なの…?

ノノはそんなの嫌…。▼

お空をいっしょに散歩したりとか、

ブレスの吹き合いっことか、したい…。▼
[ヘンリー]
うーん…僕には空を飛んだり

ブレスを吹いたりできないしなぁ。▼
[ノノ]
ノノと同じ

マムクートの友達がいればいいのに…。▼
[ヘンリー]
…そっか。

じゃあ僕、なんとかしてみようか?▼
[ノノ]
本当!?▼
[ヘンリー]
うん。ちょっと時間はかかるけど。▼
[ノノ]
平気! ノノ、待つのは得意だから!

ふふっ、ヘンリー大好き!▼

支援A

[ヘンリー]
ノノ、これを見て。▼
[ノノ]
あっ! 竜!?

ノノと同じ竜だ!▼
[ヘンリー]
よしよし、成功だね。こいつなら

空も飛べるしブレスも吹けるよ。▼
[ノノ]
じゃあ、ノノと同じマムクート?

いつの間に仲良しになったの?▼

ふふ、うれしいなぁ。

握手しようよ、握手!▼

…あれ? どうして?

ノノの体が突き抜けちゃう…。▼
[ヘンリー]
うん、触ることはできないよ。

これは僕の呪術で作った幻覚だから。▼
[ノノ]
えっ…幻なの?▼
[ヘンリー]
どう? 気に入ってくれた?▼
[ノノ]
ヤダ!▼
[ヘンリー]
あれ? なんで?

がんばって呪ったのに…。▼
[ノノ]
ノノはほんとの友達がいいの!

いっしょに笑ったりケンカしたり…▼

そういうのができないなら

友達って言えないもん!▼
[ヘンリー]
ん~、そこまではできないな~。▼
[ノノ]
…ごめんね。

ノノ、わがままばっかり言って…。▼
[ヘンリー]
ううん、いいよ!

僕、ほかの方法を考えてみるね。▼

ノノにマムクートのお友達を

作る方法、わかったら教えてあげるね。▼
[ノノ]
うん! ありがとう!

ヘンリーはとってもいい人だね!▼
[ヘンリー]
あはは、ありがと~。▼

支援S

[ヘンリー]
ノノ、いい案を思いついたよ。▼
[ノノ]
いい案…?

あっ、マムクートのお友達のこと?▼
[ヘンリー]
うん。たぶんこの方法だったら

いっしょに遊んだりできるはずだよ。▼

ちょっと時間はかかるけどね。▼
[ノノ]
ノノ、我慢する!

だから教えて!▼
[ヘンリー]
じゃあ…これを受け取って。▼
[ノノ]
指輪?

あ、結婚の約束の印だよね!▼
[ヘンリー]
そう。ノノは

僕と結婚したらいいんだよ。▼

クロムは結婚してルキナっていう

可愛い娘ができたでしょう~?▼

だから僕らも結婚すれば

子どもができるはずだよ~。▼

ノノの子どももマムクートだから

成長すればノノと遊べるようになる。▼

そしたら、いくらでも

いっしょに遊ぶことができるよ。▼
[ノノ]
そっかぁ!

そんなの、全然考えなかった!▼

ふふっ、じゃあ今日から

ノノはヘンリーの奥さんだね!▼
[ヘンリー]
そういうことだね。

あらためてよろしく、ノノ。▼

ドニ

支援C

[ノノ]
あ、ドニ!

ちょっとその石貸して!!▼
[ドニ]
えっ?▼
[ノノ]
そーーーーれっ!!▼
[ドニ]
あぁっ!?

な、なんで投げるだよ!!▼
[ノノ]
よし、当たった!▼

(ノノ退場)

[ドニ]
ちょ、ちょっと待つだ!!▼

(暗転)

[ノノ]
見て見て、ドニ!

鳥がとれたよ!!▼
[ドニ]
はぁっ、はぁっ、見てじゃねえべ…

い、石は? 石はどこだべ?▼
[ノノ]
石? これのこと?▼
[ドニ]
それだべ! よかったべ…。▼
[ノノ]
もしかして…

大切なものだった?▼
[ドニ]
んだ。おらの宝物だべ。▼

おらのおっ父がくれた

大事な石なんだべ。▼
[ノノ]
あ…ご、ごめんね…

ノノ、知らなくて…う…ぐすっ。▼
[ドニ]
え、ちょっ…泣かないで欲しいべ!

もう怒ってねえべさ。▼
[ノノ]
ぐすっ…ほんとに?▼
[ドニ]
うんうん。ほんとだべ。▼
[ノノ]
うぅ…おわびにこの鳥を

ブレスで焼くから待っててね。▼

火は吐いたことないから

ちょっと練習しないといけないけど。▼
[ドニ]
ま、待つだ待つだ!

火だったらおらが起こすべ!▼

こんなとこでいきなり

竜になるのはやめるべ!▼
[ノノ]
え、でも…。▼
[ドニ]
ほら! 火がついたべ!

さぁ、鳥を焼くべ。▼
[ノノ]
…うん、わかった!

ありがとう、ドニ!▼
[ドニ]
ふぅ…どういたしまして。▼

支援B

[ノノ]
ねぇ、ドニ

この前の石持ってる?▼
[ドニ]
ああ、持ってるだ。▼
[ノノ]
見せて!

わあ、きれい…▼

ねえ、ドニはどうして

その石を大事にしてるの?▼
[ドニ]
これは、おらとおっ父の

約束の証なんだべ。▼
[ノノ]
約束…?▼
[ドニ]
んだ。おっ父が生きてたころ

おらにこの石をくれたんだべ。▼

おっ父は石が好きでよく集めてただが

中でもこの石はお気に入りだっただ。▼

おっ父は、この石には

不思議な力があると言ってたべ。▼

おらにはよくわかんねえが

おっ父がそう言うんだから▼

いつの日か、その不思議な力を

解き明かすって約束したべ。▼
[ノノ]
ふーん。

いいね、ドニは。▼
[ドニ]
ん? なんでだ?▼
[ノノ]
お父さんとの約束があるもん!▼

ノノ、お父さんのこと知らない。

話もしたことない…▼
[ドニ]
そうか、そうだっただな。

すまなかったべ。▼
[ノノ]
でもね、ノノの生まれた場所は

覚えてるよ!▼
[ドニ]
どんなところだべ?▼
[ノノ]
忘れたの!▼
[ドニ]
へっ?

いや、いま覚えてるって言ったべ…▼
[ノノ]
覚えてるけど忘れたの。

ちゃんと思い出せないの。▼

また今度思い出したら

教えてあげるね。▼
[ドニ]
そうか。

楽しみにしてるべ。▼
[ノノ]
それより、遊ぼうよー!

ノノ、ドニと遊ぶの楽しい!!▼
[ドニ]
ああ、おらもだべ。▼

支援A

[ノノ]
ドニ! ノノね、

生まれた場所を思い出したよ!▼
[ドニ]
そうだべか。

じゃ、教えて欲しいべ。▼
[ノノ]
えっとね…

場所はずーっと左のほう。▼
[ドニ]
左? 西のほうってことだべ?▼
[ノノ]
西? ううん、左だよ。

海を越えたずっと左のほう。▼
[ドニ]
うーん…左じゃわかんないべさ。

なにか目印とかはねえべか?▼
[ノノ]
んー…わかんない。▼

ノノ、生まれてすぐに

さらわれちゃったから。▼
[ドニ]
そ、そっか…。▼
[ノノ]
ノノはね、いつかそこに

帰るのが夢なんだよ。▼
[ドニ]
そうなんだべか?▼
[ノノ]
もしかしたら、ノノの仲間が

いるかもしれないでしょ。▼
[ドニ]
そっか…じゃあ、おらがその場所を

見つけたら、一番にノノに教えるべ。▼
[ノノ]
ほんとに? やったぁ!▼

ノノも生まれた場所を見つけたら、

ドニに一番に教えてあげるからね。▼
[ドニ]
ありがとう。

楽しみにしてるだよ。▼
[ノノ]
うん! ドニ、おなか空いた!▼
[ドニ]
相変わらず、いきなり違う話だべな…。

まぁいいべ。▼

昨日仕掛けておいた罠があるだ。

獣が獲れてるか見に行くべか。▼

獲れてたら、とっておきの

料理を作ってやるべ。▼
[ノノ]
やったね! ドニ大好き!▼

支援S

[ドニ]
ノノ、考えたんだが、おらたちは

お互いに探してる場所があるべ?▼
[ノノ]
うん。▼
[ドニ]
だったらさ、いっしょに探すのが

いいんでねえかと思うんだが、どうだべ?▼

もちろん

ノノが嫌じゃなかったらだがよ。▼
[ノノ]
全然嫌じゃないよ!

約束! 指切りしよう!▼
[ドニ]
えっと…指切りより、

もっと確かな約束をするべさ。▼
[ノノ]
うん、いいよ。ノノ、どうすればいい?

あんまり難しいのはできないけど…。▼
[ドニ]
難しくねえべ。この指輪を

受け取ってくれるだけでいいだ。▼
[ノノ]
あ、それならノノでもできる。

ずっといっしょの約束だよね?▼
[ドニ]
んだ、結婚の約束。

よく知ってたべな。▼
[ノノ]
えへん。ノノ、こう見えても

けっこう物知りさんだからね。▼
[ドニ]
じゃ、じゃあ、手を出すだ。▼
[ノノ]
はーい。▼
[ドニ]
…よかった、ぴったりだべ。▼
[ノノ]
えへへ…約束、ちゃんとできたね。▼
[ドニ]
あぁ。▼
[ノノ]
破っちゃ駄目だよ?▼
[ドニ]
もちろんだべ。

一生、ノノのそばにいるだよ。▼
[ノノ]
ありがと、ドニ。

ノノ、すごくしあわせ!▼
[ドニ]
おらも、しあわせだべ…。▼

ンン(親子)

支援C

[ノノ]
ンンー!

あっちに綺麗なお花が咲いてたよ!▼

いっしょにお花を摘みに行こう?

ね、ね!▼
[ンン]
…ひとりで行って来てくださいです。

私は今ちょっと手が離せないです。▼
[ノノ]
ンン、絵本を読んでるの?

んー…なにこれ、文字ばっかり!▼
[ンン]
戦術の指南書です。

荷物の中にあったです。▼
[ノノ]
こんなの読んで面白いの?▼
[ンン]
面白いわけじゃないですけど、

もっと勉強しないといけないですから。▼
[ノノ]
勉強なんて面倒臭いこと、

しなくたっていいと思うなー。▼
[ンン]
私たちはもっと竜石の

賢い使い方を覚えないといけないです。▼

私たちの力は特別です。

とってもとっても強い力なのです。▼

勉強すればもっと活躍できます。

みんなの役に立てるです。▼
[ノノ]
んー…そういう難しいことは

ノノにはよくわかんないよ。▼

いいから遊ぼうよ~!▼
[ンン]
お母さんはちょっとお気楽過ぎます。

今は戦争中なんですよ?▼
[ノノ]
うん、わかってる。

でも、思いつめちゃ駄目だよ。▼

大変なときだから、笑うの。

そしたらみんなもつられて笑うでしょ。▼

みんなをふふって笑わせるのも

ノノのお仕事だと思うの!▼
[ンン]
なるほど…お母さんは

そんなことを考えてたですね…▼
[ノノ]
そういうこと!

だから遊ぼう! ほらほら!▼
[ンン]
うーん…なんとなく

誤魔化されてる気がするです。▼

支援B

[ンン]
ここにもない…

あれがないと、私は…▼
[ノノ]
…………▼
[ンン]
あ、お母さん。私の竜石を

どこかで見ませんでしたか?▼
[ノノ]
ノ、ノノは…

ノノはな~んにも知らないよ?▼
[ンン]
…あからさまに嘘ついてるです。▼
[ノノ]
わっ! なんでわかっちゃったの?▼
[ンン]
お母さん、私の竜石を

どこにやったですか?▼
[ノノ]
こ、これは…

ノノが預かっておくの。▼
[ンン]
返してください!

それがないと訓練できないです!▼
[ノノ]
訓練なんてしなくていいよ。

ね、ノノといっしょに遊ぼう?▼
[ンン]
遊びたくないです!

それより私は強くなりたいです!▼

もっと強くなって、役に立たないと

私がここにいる意味なんてないです!▼
[ノノ]
…ンン。▼
[ンン]
役に立たないと、私は…

ただの足手まといの子どもです。▼

そしたら、人間じゃない私は

仲間はずれにされちゃうです…▼
[ノノ]
だいじょうぶ…ノノがいるもん。

ノノもンンと同じマムクートだよ。▼

絶対にンンをひとりぼっちにしない。

みんなも同じこと言うと思うよ。▼
[ンン]
あぅ…▼
[ノノ]
…ノノは千年以上生きてるけど

ンンはまだそんなに生きてないでしょ?▼

ンンくらいの年だと、竜石を

使い過ぎるのは体によくないことなの。▼
[ンン]
…確かに、

たくさん竜石を使うと疲れます…▼
[ノノ]
竜石…返すね。でも、ンンが倒れたら

ノノ、泣いちゃうから。▼

普段は使わないようにして。

ノノとの約束ね?▼
[ンン]
はい…

あまり使わないようにするです。▼

支援A

[ノノ]
あははっ!

ンン、こっちこっち!▼
[ンン]
はぁ、はぁ、はぁ…

私はもう走れないです…。▼
[ノノ]
えー?

じゃあ、ちょっとだけ休憩ね?▼
[ンン]
も…もうこれだけ遊んだんですから…

あとは真面目に勉強しません?▼
[ノノ]
…やだ。

勉強なんて面白くないもん!▼
[ンン]
…お母さんはほんとに

戦争中だってわかってるですか?▼

世界がどうなるか、私たちの

戦いの結果にかかってるですよ?▼
[ノノ]
うん。そのためにはもっと竜石を

使いこなせるようにならないとね。▼
[ンン]
そうです。

だからもっと勉強を…▼
[ノノ]
考えることはクロムのおにいちゃんや

ルフレに任せとけばいいよ。▼

ノノたちはみんなを信じて、

ここ一番でがんばればいいの!▼
[ンン]
だから、ここ一番でがんばるために

訓練して体力をつけないと。▼
[ノノ]
あははっ。訓練なんてしなくても

体力だったらつけられるでしょ?▼
[ンン]
えっ? あっ…!

あ、遊んで体力をつけてるですか?▼
[ノノ]
力いっぱい遊んでれば

楽しく体力がつけられるでしょ?▼
[ンン]
お母さん…

私はお母さんを見直しましたです。▼

さすがお母さんです。尊敬です。

これからは真剣に遊ぶです!▼
[ノノ]
ふふっ、ンンは真面目過ぎ!

楽しく遊ぼう、楽しく!▼

コメント

  • ヴィオールがありません -- 2019-05-05 (日) 08:35:04

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 05 May 2019 08:35:06 UTC