特徴

成長率はバランスが良く、とりわけ運が上がりやすい。
自軍に参加するキャラとしては唯一、シグルド編とセリス編の両方でユニットとして扱えるフィンは、やはり3章終了までにデュークナイトにCCしていると、後半(特に7章)がだいぶ楽になるし、子供がいる場合はその初期ステータスにおいても大事な要素となる。
しかし、子供に槍は継承できない。(その場合は3章終了時にせめて勇者の槍だけでもフュリーに買い取らせること。ちなみにリングは継承可能)にもかかわらず、
7章で再登場するとき、子供がいる場合は前半で所持していたはずの槍を所持してない(この場合の所持品は鉄の槍だけとなる)というのは明らかなデメリット
尚、鉄の槍だけの場合、7章でソードアーマーを倒さずに削るのとサンダーマージを一撃で仕留めることを両立できないので注意。
どうしてもというのであれば撃破で手に入る剣を持つ(銀の大剣は3章のシャガール、いかずちの剣はシャコバンが持っている)該当のボスを倒させたり、村を尋ねさせたりして入手(斬鉄の剣とつばめがえし)し、そのまま所持しておけば継承できるが。
また、恋愛できる期間が3章までと限られているので(セリス編の女性キャラとは恋愛できない)、カップリングを成立させるのが難しい。
実のところ、スキル、成長率ともにほとんどアレクと同じユニットだと思って間違いない。
フィンがアレクに優位な点は祈り、運の高さ、親子会話と言ったところか。
この3つが活きない場合、特にこだわりがなければアレクを使った方が(システム上)お得であることは忠告しておく。

×エーディン

スキルと成長率は悪くない。ラナはイベントで魔力がカンストしやすくなる。しかし、レスターに弓を継承できないのが非常に痛い。

×アイラ

成長率は悪くないが追撃が被るため、成立させるメリットはない。
ラクチェは技上昇のイベントがあるが、これが無くても技をカンストさせられるのでその有難みはない。

×ラケシス

スキルと成長率は及第点だが成立が難しく、武器継承もできない。
剣を入手出来る村をフィンで解放したり、敵からいかずちの剣か、銀の大剣を奪ったりと、工夫が必要になる。

×シルヴィア

追撃が備わり成長率も悪くないが、子供2人が非戦闘員なのであまり活きない。貴重な祈りが被るのも勿体無い。

×フュリー

フィンの恋人候補の中で、最も成立させにくい組み合わせ。追撃が被るため、成立させるメリットはない。

×ティルテュ

魔力は低いままだが、他の能力の成長率は悪くない。
祈り+怒りのコンボは一見強力そうだが、HPの調整が難しく、魔力が低く一撃で倒しきれないことも多いため、実用性はイマイチ。
ティニーが嫁に行けることがポイントだろうか。
油断してるといつの間にか成立してしまうので、このカップルを狙っていない人は注意しよう。

×ブリギッド

ウルの血とフィンの運の成長率の効果でファバルの運が+2になる事があるが、それだけ。追撃が被るデメリットの方が大きい。
ティルテュと同じく油断してるといつの間にか成立してしまうので、このカップルを狙ってない人は注意しよう。

総評

フィン側から見て相性が良い相手は、追撃を継承できるラケシス。
しかしながら同じ追撃持ちのアレク、ベオウルフと比べると全体的に一歩劣る。


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 13 Feb 2019 19:38:21 UTC