ノーマル

進撃前

[アイク]
道はこれでいいのか?▼
[ユンヌ]
うん。

このまままっすぐよ。▼
[アイク]
しかし…外から見た時と

内部の様子が一致せんな。

明らかに広すぎる……▼
[ユンヌ]
本当はね、あんまり

じろじろ見ない方がいいんだけど…▼

女神の奇跡は…

人の心を縛ってしまうから。

女神への畏怖でね。▼
[アイク]
……そうか?▼
[ユンヌ]
そうなの!

…普通の者だったらね。

だけど、あなたたちは違う。▼

強い信念があって、

それを果たすまでは死ねない。

そう思ってるでしょう?▼
[アイク]
ああ。▼
[ユンヌ]
人はいつでも

何かを求めて動いているわ。

昔からそうだった。▼

(再びカメラ位置が変わる)

[ユンヌ]
望み、奪い、与え、殺し、足掻き…

争いも憎しみも、

すべては人の欲求から生まれている。▼

でも、それでいいの。

求めればいい。欲しがればいい。▼

生きている限り挑んで、挑んで、

それでだめなら、

挑みながら死んでいけばいい……▼
[アイク]
……あんたの考えも極端だな。

女神アスタルテは

人が完璧でなければ許さない。▼

だが、あんたのほうは善も悪も

人のあらゆることを肯定し、

それを楽しんでいるみたいだな。▼
[ユンヌ]
だって、平坦な道は退屈。

どんな敗北も、どんな破滅も、

変わらないよりは楽しいものよ。▼
[アイク]
あんたとアスタルテの

真ん中くらいの女神は

いないのか?▼
[ユンヌ]
そうね、かつては……

………あ、だめ!

ここで止まって。▼

次に、行く手を阻むのは…

あなたにとって、

深い縁で結ばれし者……▼
[アイク]
……行こう。▼

(画面中央に陣取る漆黒の騎士の姿)

[漆黒の騎士]
来たか。

ガウェインの息子…

そして志高き勇者たちよ。▼

(【正の使徒】が展開する)

[アイク]
……▼

(漆黒の騎士と打ち合うアイクのムービー)

[アイク]
なぜ、今まであんたの正体に

気づかなかったんだろうな。▼

気、物腰、声……

そうと知ってみれば

疑いようはないほどなのに。▼
[漆黒の騎士]
………▼
[アイク]
一度でも手合わせを…いや、

あんたの戦う姿を

間近で目にしていればな、将軍……▼
[漆黒の騎士]
…だが、その機会は訪れなかった。

互いにとって残念なことにな。▼
[アイク]
やはり、あんたか。

漆黒の騎士…

いや、ゼルギウス将軍っ!▼

(兜を外す漆黒の騎士改めゼルギウス)

[ゼルギウス]
アイク殿。

貴殿との戦いを楽しみにしていた。▼

こうしてあいまみえたのだ、

言葉などはいらぬ。

剣を交え、雌雄を決するとしよう。▼
[アイク]
望むところだ…!▼

ティバーンがいる場合

[ティバーン]
待てよ。

ゼルギウスには、俺も借りがあると

言っておいたはずだがな。▼


[ゼルギウス]
貴殿との勝負も

まだついてはいないが……

少し待ってはもらえぬだろうか。▼

アイク殿と私の剣技は

時代は違えど、じつは、

同じ師から学びしもの。▼

かつてはデインの【四駿】

ガウェイン将軍であり…▼

その後デインを去り傭兵団を結成し、

グレイルと名を変えた、ある同じ男に。


(セピア調のグレイルとの対峙絵)

[ゼルギウス]
私は、かつて師がデインにいた頃、

その剣技にほれ込み、

ずっとその背中を追いかけてきた。▼

そして3年前、グレイル傭兵団の

団長となっていた師と…

私は戦い勝利した。▼

しかし師は…実は利き腕を傷つけ、

剣を封じていたのだ。▼

後でそれを知らされた私は…狂喜した。

己の超えるべき剣士が

あの程度であるはずはなかったのだと。▼


(元の会話場面に戻る)

[ゼルギウス]
師の剣は、その息子アイクに引き継がれた。

ならば…それに勝ることで

私は今度こそ師を超えられる。▼

…貴殿ならばこの願い

理解していただけると信じるが?▼

[アイク]
俺からも頼む、鷹王…!▼

[ティバーン]
…仕方ねえ。

だが、やるからには勝て。

いいな?▼

[アイク]
わかっている。

親父の仇は討つ。

俺は必ず…勝つ!▼

[ゼルギウス]
…では、始めよう。▼

ミストがいる場合

[ミスト]
お兄ちゃん…!▼

[アイク]
俺を信じてまかせろ。

いいな?▼

[ミスト]
……うん。▼

(ゼルギウスが地面に剣を突き立てると同時、中央に結界発生)

[ゼルギウス]
…この勝負、

何者にも邪魔はさせぬ。▼
[アイク]
いいだろう。

このほうが俺も…

あんただけに集中できる。▼
[ゼルギウス]
引き分けはない。逃げ道もない。

勝つか、負けるか。▼

存分に剣を交わすとしよう。▼

私か、貴殿か……▼
[アイク]
……生き残るのは一方だけだ。▼

(画面暗転後、部隊編成画面へ)

クリア後

[アイク]
…ッ ハァッ…▼
[ゼルギウス]
強くなったな………

以前より…格段に……▼
[アイク]
……あんたのおかげだ。

あんたとの戦いがあったから、

俺はここまで強くなれた。▼

ティバーンがクリア時点でマップにいる場合追加

[アイク]
白状すると…

漆黒の騎士が生きていると

聞いた時に俺が感じたのは…▼

悲嘆でも憎しみでもなかった。

あんたの言葉じゃないが

俺は狂喜したんだ。▼

あれ程の男ともう一度

戦えるんだと考えただけで…

喜びで手が震えて止まらなかった。▼
[アイク]
あんたの剣技は凄まじかった。

俺の知る誰よりも恐ろしく強かった。▼

3年前の戦いから後は、

俺はいつもあんたの剣を振るう姿に

近づこうとして…修行を重ねた。▼

(ガウェインの後ろ姿の一枚絵)

[ゼルギウス]
私が剣の指南を受けた頃の

ガウェイン将軍も…

比類なき強さだった。▼

あの方を超えることが…

私の剣の…終着点だった……▼
[アイク]
そうか、俺は…あんたの剣を通して

一番強かった頃の

親父の剣を見ていたんだな。▼

(再び元の会話場面、但し角度が微妙に変更)

[ゼルギウス]
感謝する……

貴殿のお陰で…私は

あの頃の師と戦うことができた……▼
[アイク]
漆黒の騎士ゼルギウス。

あんたは、親父の仇……▼

そして、俺の師だ。▼
[ゼルギウス]
……我が人生には闇が多かった。

しかし…無意味ではなかった……

…断じて…な……▼

…ェ…ラン様…

お先に……参…ります………▼
[アイク]
……▼

(ユンヌがやって来てアイクが立ち上がる)

[アイク]
…先に進もう。

俺たちには時間がない。▼
[ユンヌ]
剣が共鳴している…▼

(エタルドに歩み寄るアイク)

[ユンヌ]
神剣エタルド…

あなたが持っている剣

ラグネルとは対をなすもの。▼

あなたに持っていって

欲しいんじゃないかしら?▼

二周目以降条件を満たすと、ハードと同じ「アイクの記憶」挿入

[アイク]
……▼
[ユンヌ]
まだ戦える?▼
[アイク]
あぁ…

俺は立ち止まらん。

死ぬまで前に進み続ける。▼

(エルランの記憶が流れる)

回想後

[ユンヌ]
……哀しい出会い。

孤独な魂が

もう1つの孤独な魂を呼んだ……▼
[ユンヌ]
ミカヤ、あなたも哀しいのね?

漆黒の騎士が…味方のままでいてくれれば

どんなに頼もしかっただろう…▼

(カメラが引く)

[ユンヌ]
………でも、もういない。▼

ゼルギウスはもう…いない……▼

(画面が真っ暗に)

[ユンヌ]
残された魂はまた…独りぼっち………▼

(セーブ画面へ)

ハード・マニアック

進撃前

[アイク]
道はこれでいいのか?▼
[ユンヌ]
うん。

このまままっすぐよ。▼
[アイク]
しかし…外から見た時と

内部の様子が一致せんな。▼

あきらかに広すぎるし……

おかしな階段だらけだ。▼
[ユンヌ]
本当はね、あんまり

じろじろ見ない方がいいんだけど…▼
[アイク]
なんでだ?▼
[ユンヌ]
人がこれらを見続けると

心を縛られてしまう。

女神への畏怖でね。▼
[アイク]
……そうか?▼
[ユンヌ]
そうなの!

…普通の者だったらね。

だけど、あなたたちは違う。▼

強い信念があって、

それを果たすまでは死ねない。▼

そう思ってるでしょう?▼
[アイク]
ああ。▼
[ユンヌ]
人はいつでも

何かを求めて動いているわ。

昔からそうだった。▼

(再びカメラ角度が変わる)

[ユンヌ]
でも求めるものが大きければ、

立ちふさがる障害も大きくなる。▼

強い意志でそれを叶える者、

途中で諦めてしまう者、

求め続けて倒れてしまう者、▼

誰かを裏切ってでも手に入れる者、

誰かに次を託す者――

望み、奪い、与え、殺し、足掻き…▼

争いも憎しみも、

すべては人の欲求から生まれている。▼
[アイク]
……▼
[ユンヌ]
でも、それでいいの。

求めればいい。欲しがればいい。▼

どうしても果たしたい目的なら、

手に入れるしか道はないもの。▼

無数に見えても結局、

自分が選びとる道は一つ。▼

生きている限り挑んで、挑んで、

また挑んで……▼

それでだめなら、

挑みながら死んでいけばいい……▼
[アイク]
……あんたの考えは極端だな。▼

女神アスタルテは

人が完璧でなければ許さない。

滅ぼすことで罰しようとする。▼

あんたのほうは

人のあらゆることを肯定し、

それを楽しんでいるみたいだな。▼

善も悪もなんでもかんでも。▼
[ユンヌ]
だって、平坦な道は退屈。

どんな敗北も、どんな破滅も、

変わらないよりは楽しいものよ。▼
[アイク]
あんたとアスタルテの

真ん中くらいの女神は

いないのか?▼
[ユンヌ]
そうね、かつては……

………あ、だめ!

ここで止まって。▼
[アイク]
!▼
[ユンヌ]
感じない?

なんて強い波動……▼

行く手を阻むのは…

あなたにとって、

深い縁で結ばれし者……▼
[アイク]
……行こう。▼

(画面暗転、マップ中央に立つ漆黒の騎士)

[漆黒の騎士]
来たか。

ガウェインの息子…

そして志高き勇者たちよ。▼
[アイク]
……▼

(ムービー挿入、アイクと漆黒の騎士が切り結ぶ)

[アイク]
なぜ、気づかなかったんだろうな。▼

気、物腰、声……

そうと知ってみれば

疑いようはないほどなのに。▼
[漆黒の騎士]
………▼
[アイク]
一度でも手合わせを…いや、

あんたの戦う姿を

間近で目にしていれば……▼
[漆黒の騎士]
…だが、その機会は訪れなかった。

互いにとって残念なことにな。▼
[アイク]
やはり、あんたか。

漆黒の騎士…

いや、ゼルギウス将軍っ!▼
[漆黒の騎士]
……▼
[ゼルギウス]
アイク殿。

貴殿との戦いを楽しみにしていた。▼

こうしてあいまみえたのだ、

言葉などはいらぬ。

剣を交え、雌雄を決するとしよう。▼
[アイク]
望むところだ…!▼

ティバーンがいる場合

[ティバーン]
待てよ。▼

[ティバーン]
こいつには、俺も借りがあると

言っておいたはずだがな。▼

[ゼルギウス]
フェニキス王…▼

貴殿との勝負も

まだついてはいないが……

少し待ってはもらえぬだろうか。▼

アイク殿と私の剣技は

元は同じ師から学びしもの。

3年前、私は師と戦い勝利した。▼

(蒼炎の軌跡ムービー「運命の一夜」より、グレイル対漆黒の騎士のセピア調一枚絵)

しかしそれは完全なものではなかった。

師は…利き腕を傷つけ、

剣を封じていたのだ。▼

それを知らされた私は…狂喜した。

己の超えるべき剣士が

あの程度であるはずはなかったのだと。▼


(画面、元に戻る)

[ゼルギウス]
師の剣は、息子に引き継がれた。

ならば…それに勝ることで

私は今度こそ師を超えられる。▼

…貴殿ならばこの願い

理解していただけると信じるが?▼

[ティバーン]
まぁ…分からなくもねえな。▼

[アイク]
俺からも頼む、鷹王…!▼

[ティバーン]
…仕方ねえ。▼

[アイク]
すまない。▼

[ティバーン]
やるからには勝て。

いいな?▼

[アイク]
わかっている。

俺は必ず…勝つ!▼

[ゼルギウス]
…では、始めよう。▼

ミストがいる場合

[ミスト]
お兄ちゃん…!▼

[アイク]
俺を信じてまかせろ。

いいな?▼

[ミスト]
……うん。▼

(ゼルギウス、地面にエタルドを突き立てマップ中央に結界発生)

[ゼルギウス]
…この勝負、

何者にも邪魔はさせぬ。▼
[アイク]
いいだろう。

このほうが俺も…

あんただけに集中できる。▼
[ゼルギウス]
引き分けはない。逃げ道もない。

勝つか、負けるか。▼

存分に剣を交わすとしよう。▼

私か、貴殿か……▼
[アイク]
……生き残るのは一方だけだ。▼

(画面暗転後に進撃準備画面へ)

進撃後

会話

ミカヤ→ルベール

[ルベール]
【銀の髪の乙女】ミカヤ殿ですね。
[ミカヤ]
あなたは……?
[ルベール]
あなたを傷つけてはならない……

そうゼルギウス将軍から

命じられています。

どうかお退きください。

将軍の命に背きたくはない。

サナキ→ルベール

[サナキ]
そなた……

確かガドゥス軍の将……

ならばゼルギウスは

セフェランを裏切り…

元老院と与しておったのか!?
[ルベール]
そのようなこと…

天地が逆になったとしても

在り得ないことにございます。

この私が…ガドゥス公を見限り

ゼルギウス殿の配下となったのです。
[サナキ]
どういうことじゃ?

漆黒の騎士と元老院の関係も

何が敵で何が味方であるかも……

わたしには…理解できぬ。
[ルベール]
サナキ様……

私たちは貴女の敵ではございません。
[サナキ]
ならば、ただちに兵を退け!

わたしはゼルギウスと話しがしたい。

あの結界を消し去るのじゃ!
[ルベール]
それはできません。

ゼルギウス殿は

あの者との決着をお望みです。

そして私たちは……

その間に塔に入り込んだ異物を

取り除くよう命じられております。

では、失礼致します。
[サナキ]
待て!

そんなことは許さん!

待たぬか…ルベール!!

リュシオン→ルベール

[リュシオン]
なぜ…こちらを見ない!

私は敵に値しないとでも言うのか?
[ルベール]
抵抗できぬ者を手にかけるのは

騎士の名折れ……

どうか下がられよ、セリノスの方。
[リュシオン]
私を侮辱するな……!

ラフィエル→ルベール

[ラフィエル]
……先ほどからあなたは、

私を避けるように戦っています。

なんのつもりでしょうか……?
[ルベール]
抵抗できぬ者に手をかけるは

騎士の名折れ……

どうか下がられよ、セリノスの方。
[ラフィエル]
…………

リアーネ→ルベール

[リアーネ]
え…と、あなた……

わたし…… よけ、る。

……ど、して………?
[ルベール]
抵抗できぬ者に手をかけるは

騎士の名折れ……

どうか下がられよ、セリノスの方。
[リアーネ]
え… でも……

……………………

戦闘会話

ゼルギウス初戦時

[ゼルギウス]
まずは一撃……▼

ルベール初戦時

[ルベール]
余所見などしている暇はない。

あなた方の相手は私が務めよう。▼

ハールVSルベール

[ルベール]
ハール殿……

生きておられたのか…▼
[ハール]
おいおい、ひどい言い草だな。▼
[ルベール]
いや、失敬。

あなたがベグニオンを去られて

もう随分になるもので……▼
[ハール]
ざっと…20年ほど前か。▼
[ルベール]
当時、私はまだ幼く…

あなたもまだ騎士の叙勲を

受けて間もない頃ですね。▼

あの当時の聖竜騎士団、

特にフィザット隊の活躍は

素晴らしいものでした。▼

なのに…突然、

デインへ亡命してしまわれた。▼
[ハール]
腐った元老院に付き合うのは

いい加減うんざりだったんでな。

シラハム殿と共に祖国を捨てた。▼
[ルベール]
成人して軍役についたものの……

あなた方の去った帝国軍は

すっかり精彩を欠いていた。▼

ただ一つ例外は……

ペルシス公爵軍の将

ゼルギウス将軍の存在でした▼
[ハール]
……なるほど。

それでいまは奴の配下ってわけか。▼
[ルベール]
はい。

私はあの方のために

命を賭ける所存です!▼
[ハール]
…じゃあ、ま、

その決意のほどを見せてもらおうか。▼
[ルベール]
あなたと手合わせできる日が来るとは……

まるで夢のようです。

では、参ります!▼

タニスVSルベール

[タニス]
ルベール殿!

貴様もサナキ様の敵となるか!

女神アスタルテのしもべとなり

正気を失ったか?
[ルベール]
タニス殿、それは違う。

私は女神のためではなく……

ゼルギウス将軍のために戦いたいのだ。

シグルーンVSルベール

[シグルーン]
ルベール殿、

サナキ様の御前です。

武器を下ろしなさい。
[ルベール]
できません、シグルーン殿。

あなたが神使様に仕えるように、

私はゼルギウス将軍に仕えているのです。

オリヴァーVSルベール

[ルベール]
タナス公爵……?

あなたは3年以上も前、
失脚し罪人として討たれたのでは……?
[オリヴァー]
美は永遠に不滅。

いまの私は

はんなりほどよい。

そなたも素材は悪くない。

私を手本としてもよいのだぞ!?
[ルベール]
謹んでお断り申し上げます。

ステラVSルベール

[ルベール]
ステラ様……お下がりください。

あなたは戦いなどに

加わって良い御方ではない。
[ステラ]
いいえ、

私はクリミア騎士です。

あなたと戦うために参りました。

昔のことはお忘れください……

いまの私だけを見てくだされば結構です。
[ルベール]
強くなられたのですね、あなたは。

ならば……

ルベール撃破時

[ルベール]
……ゼルギウス将軍…

私は…あなたの……

お力に… ………▼

ゼルギウス撃破時

[ゼルギウス]
見事……▼

クリア後

[アイク]
…ッ ハァッ…▼
[ゼルギウス]
強くなったな………

以前より…格段に……▼
[アイク]
……あんたのおかげだ。

あんたとの戦いがあったから、

俺はここまで強くなれた。▼
[ゼルギウス]
ふっ…

私の剣技を…盗んだか。▼

ティバーンがマップ上に生き残っている場合追加

[アイク]
白状すると…

漆黒の騎士が生きていると

聞いた時に俺が感じたのは…▼

悲嘆でも憎しみでもなかった。

あんたの言葉じゃないが

俺は狂喜したんだ。▼

あれ程の男ともう一度

戦えるんだと考えただけで…

喜びで手が震えて止まらなかった。▼
[アイク]
あんたの剣技は凄まじかった。

俺の知る誰よりも恐ろしく強かった。▼

あの戦いから後は、

俺はいつもあんたの剣を振るう姿に

近づこうとして…修行を重ねた。▼
[ゼルギウス]
当然だ…▼

(背景:光に包まれる「ガウェイン」の後ろ姿の一枚絵)

[ゼルギウス]
私が剣の指南を受けた頃の

ガウェイン将軍は

比類なき強さだった。▼

あの方を超えることが…

私の剣の…終着点だった……▼
[アイク]
俺は…あんたの剣を通して

一番強かった頃の

親父の剣を見ていたんだな。▼

(画面、元に戻る。但しカメラ角度変化)

[ゼルギウス]
感謝する……

貴殿のお陰で…私は

あの頃の師と戦うことができた……▼
[アイク]
漆黒の騎士ゼルギウス。

あんたは、親父の仇……▼

そして、俺の師だ。▼
[ゼルギウス]
……ふっ

我が人生には闇が多かった。▼

しかし…無意味ではなかった……

…断じて…な……▼

…ェ…ラン様…

お先に……参…ります………▼
[アイク]
……▼
[ユンヌ]
……アイク、

こっちも終わったわ。▼
[アイク]
…先に進もう。

俺たちには時間がない。▼
[ユンヌ]
アイクはいま、

嬉しい? 悲しい?▼
[アイク]
…………

……よく分からんが、

多分………どっちもだ。▼
[ユンヌ]
そう…▼

(ラグネルとエタルドが光に包まれ、アイクが振り返ってエタルドを見る)

[ユンヌ]
剣が共鳴している…▼

(アイク、エタルドに歩み寄る)

[ユンヌ]
神剣エタルド…

あなたが持っている剣

ラグネルとは対をなすもの。▼

あなたに持っていって

欲しいんじゃないかしら?▼

(「アイクの記憶」発生条件を満たさない場合、以下の共通へ)

「アイクの記憶」(発生条件を満たした場合)

[アイク]
エタルド…

親父の命を奪った剣…▼

(「アイクの記憶」イベントへ)

  • 2周目以降、特定の条件を満たしている場合のみ発生
    • アイクがエタルドを抜き取る前にイベントが追加される
  • ボイス有り会話
    • 台詞自動送り
    • 名前表示全て「???」。画面上明らかなためここでは便宜上表記する



(ラグネル・エタルドが強く輝く。画面がエタルドの光に包み込まれる)


(男が女を剣で貫く一枚絵)


  • 画面セピア調


[ゼルギウス]
こ、これは…
[セフェラン]
…遅かったようですね。
[ゼルギウス]
ガウェイン将軍!



(イラストが消え、街中で倒れる男女。女性の傍には蒼く光るメダリオン)

(駆け寄るゼルギウス)


[ゼルギウス]
将軍! ……よかった、生きておられ…

! まさか…

奥方を…手にかけられたのか?
[セフェラン]
おそらく…メダリオンを手にし、

【負】の気によって暴走したのでしょう。

お気の毒に……



(少し離れたところで4人を見つめる男の子へカメラ視点が変わる)
(男の子の傍に女の子が走り寄ってくる)


[ミスト]
おにいちゃん、まって!
[ミスト]
あ! おとうさん! おかあさん!
[ゼルギウス]
…将軍のお子たちか。
[ミスト]
おとうさんもおかあさんも…

おねんね?
[セフェラン]
…2人とも、とても疲れているんだよ。

だから、そのままに。
[ミスト]
だめ! おそとでねたら、かぜをひくの。

おうちにつれていく。

ね、おにいちゃん!
[アイク]
……
[ミスト]
おにいちゃ…?
[ゼルギウス]
私が連れて行こう。

家まで案内してくれるかい?
[ミスト]
うん!

こっち!

(ゼルギウス・女の子・倒れていた男が消え、倒れた女と傍に寄るセフェラン)
(倒れる女性へ杖を使うセフェラン)

[セフェラン]
…せめてその眠り

安らかならんことを…
[セフェラン]
…アシュナード殿には

荷がかちすぎたようですね。

…もはや、メダリオンを彼の元に

置いておくのは得策ではない…

(家から女の子が出てくる)

[ミスト]
あ、それ!

おかあさんの、だいじなの!

ひとに見せたらいけないの!

(女の子が蒼く光るメダリオンに近づき、目の前で立ち止まる)

[セフェラン]
それに触れてはいけな…!

(女の子がメダリオンを取る)

[ミスト]
なくしたらだめ。

ミストがもつの。
[セフェラン]
君は…

平気なのか……
[ミスト]
ね、おかあさんも。
[ゼルギウス]
あ、ああ。

(女の子が男の子に近寄る)

[ミスト]
おにいちゃん? どうしたの?

どうしてじっとしているの?

どこか…いたい?
[セフェラン]
…君は、見てしまったんだね。

……可哀想に…………

(セフェラン、男の子に歩み寄り杖を掛ける)

[ミスト]
おにいちゃ…?

(一瞬、男が女を剣で貫くイラストが出る)

[アイク]
うわぁああああああああああああ

[ミスト]
おにいちゃん!

おにいちゃん! しっかりして!!
[アイク]
っ…!
[ミスト]
いたっ!

いたいよ!

おにいちゃ…
[アイク]
 ! ! !
[ゼルギウス]
…どうしました?
[セフェラン]
…少し、待ってください。

(セフェラン、再び男の子へ杖を掛ける)

[アイク]
……
[セフェラン]
いい子だ。

そのまま、おやすみ。
[ゼルギウス]
何をなさったのですか?
[セフェラン]
記憶を封じました。

あまり良いことではないけれど…

子供が背負うには重すぎます。
[ゼルギウス]
……メダリオンは、どうされますか?
[セフェラン]
今は…

この家族に預けておきましょう。

時が満ちるまでは。
[ゼルギウス]
はっ

(画面暗転し、導きの塔内部に戻る)

[アイク]
!!

(ここまで自動送り)

[ユンヌ]
アイク、いまのは……
[アイク]
……居た…んだ…

俺…あの場所に……

親父を止めようとして

母さんが…刺された瞬間を…

見て…………
[ユンヌ]
そうだったの……

あの時…外では

そんなことが起きていたのね
[アイク]
………

ゼルギウス……

以下共通

[アイク]
……
[ユンヌ]
まだ戦える?


[アイク]
あぁ…

俺は立ち止まらん。

死ぬまで前に進み続ける。

(アイクが去り、ゼルギウスの亡骸から光が湧き上がる)

エルランの記憶

  • 音声付会話
    • 実際は名前表示なしだが、台詞や他の回想シーンから明らかなため便宜上記す

(場面:武器に囲まれた一室)

[エルラン]
この印は…
[ゼルギウス]
…これを消す方法をご存知ありませんか?
[エルラン]
君は…ラグズの混血なんですね?
[ゼルギウス]
はい。父方の祖先に1人…

ラグズと交わった者がいたそうです。
[エルラン]
先祖の過ちが…報いとなって

現れたというわけですね…可哀想に。
[ゼルギウス]
私を見る一族の目は冷たく…

それから逃れたくて、

仕官の道を選びました。

しかし、ここでも私は異端です。

いつ正体がばれるかと恐れるあまり…

誰とも親しく付き合うことなく、

ずっと孤独に生きてきました。

(背中の「印」を見せるゼルギウス)

[ゼルギウス]
でも、もし…

賢者殿のお力でこれが消せるのであれば

私の人生もきっと…変わるのではないかと。
[エルラン]
残念ながら無理です。

そもそも…

このような印が何故現れるのかすらも…

解明されていないのです。
[ゼルギウス]
そう…ですか……すみません…

どうにもならないと

分かっていたというのに…

……儚い夢を抱いてしまいました。
[エルラン]
私に声をかけた時……屋内だというのに

鎧兜をはずさずにいましたね。

理由があるのですか?

(身体を向けるゼルギウス)

[ゼルギウス]
人に…姿を見られるのが嫌なのです。

5年ほど前から…どうやら

成長に遅れが出てきたようで…

気味が悪いと噂されるのが恐ろしくて……
[エルラン]
それでも…いずれ限界はやってくる。
[ゼルギウス]
わかっています。

数年後には除隊して

他所の土地に行くしかない。

別に辛くはないのです、

それが私の…運命なのでしょうから。

生きている限り逃れられません。

ただ1つの未練は、上官に師事している

剣技を学べなくなることだけで…
[エルラン]
その時が来たら…

私の元に身を寄せませんか?
[ゼルギウス]
え…?
[エルラン]
私も他の者とは違うのです。

見た目どおりの年齢ではありません。
[ゼルギウス]
では、あなたと同じ…?
[エルラン]
…似たようなものです。

私は君の苦しみを…

誰より理解してあげられます。
[ゼルギウス]
……どうして私を?
[エルラン]
これから成すべき野望に、

君の助けが得られれば心強い。
[ゼルギウス]
野望…ですか。
[エルラン]
ええ、野望です。
[ゼルギウス]
…あなたの元に行けば

私は救われるでしょうか?
[エルラン]
それは分かりません…

ですが、少なくとも

君は1人ではなくなる。

そして私もまた……

今の孤独からは解放される。
[ゼルギウス]
……それで充分です。

私の心は決まりました。

数年の後、

必ずやあなたの元に参りましょう。
[エルラン]
待っていますよ。

(ゼルギウスの顔にズーム)

[ゼルギウス]
私はデイン王国軍、

ガウェイン将軍配下のゼルギウスです。

賢者殿のお名前は?
[エルラン]
私は…私の名は……

回想後

[ユンヌ]
……哀しい出会い。

孤独な魂が

もう1つの孤独な魂を呼んだ……▼

ミカヤ、あなたも哀しいのね?

あの騎士は…あなたに

とても優しかった……▼

味方のままでいてくれれば、

どんなに頼もしかっただろう…▼

(カメラが引く)

[ユンヌ]
………でも、もういない。▼

ゼルギウスはもう…いない……▼

(画面暗転)

[ユンヌ]
残された魂はまた…独りぼっち……▼

(セーブ画面へ)

コメント欄

  • 悲しいなこの運命は -- 2019-08-23 (金) 13:43:29

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 23 Aug 2019 13:43:31 UTC