#contents


※エピローグはノーマル・ハード(マニアック)の違いはありません

後日談

デイン・ハタリ

  • 背景:帝都シエネ門前


[サザ]
じゃあ、俺たち……

もう行くな。▼
[アイク]
デインに戻るのか?▼
[ミカヤ]
はい。みんなが待っています。▼
[サザ]
復興作業のやり直しだ。

これで最後になるといいけど。▼
[アイク]
『なるといい』じゃない。

そうするんだ。▼

おまえたちならやれる。▼
[サザ]
……あぁ、きっと。▼
[ミカヤ]
ありがとう…アイク。

あなたのこと忘れないわ。▼



暁の乙女 ミカヤ

臣民の強い要請の元、

デイン第15代国王として即位。

その後、デインは空前の発展を遂げる。

(ペレアスが生存している場合)

先王ペレアスと臣民の強い要請の元、

デイン第15代国王として即位。

その後、デインは空前の発展を遂げる。



緑風 サザ

デイン王となったミカヤの側近として

力強く彼女を支えた。

貧しい者たちの力になったといわれる。

(ミカヤと支援Aの場合)
デイン王となったミカヤの側近として

また夫として力強く彼女を支えた。

貧しい者たちの力になったといわれる。



義に厚き剣士 エディ

新王に望まれながらも、

特別な地位を得ることなく街で暮らした。

時折、王城を訪れて明るい話題を提供した。



心正しき弓使い レオナルド

王国軍の一人として復興活動に勤しむ。

その容貌と確かな実力で

国の女性達の人気の的となった。



能ある斧使い ノイス

諸国を放浪しては、

その土地に住む人々の窮状を救った。

各地の村にその逸話が残っている。



とぼけた聖女 ローラ

故郷の教会に戻り、

恵まれない孤児たちの母となった。

おっとりした性格でみんなを和ませた。



放浪の賢者 イレース

行商談といっしょに相変わらずの

旅暮らしを送っている。

今日もどこかでお腹を空かせている。



勇敢なる槍兵 ブラッド

故郷の街の衛視を長年に渡って勤める。

無愛想だが実直な働きぶりは

人々に頼りにされた。



不動の四駿 タウロニオ

デイン王国軍の要として、

また国の政務の柱として、

片時も休まず国を支え続けた。



穏静の剣使い ツイハーク

傭兵として各国を旅しながら

ラグズとベオク間の揉め事を仲裁した。

いずれはガリアに落ち着くつもりらしい。



フィザットを継ぐ者 ジル

ミカヤからダルレカ領を任される。

亡き父の理想と想いを胸に

住民と協力し領地を豊かに発展させた。

(ハールと支援Aの場合)
ミカヤからダルレカ領を任される。

亡き父の理想と想いを胸に

夫と共に領地を豊かに発展させた。



黒疾風 ハール

竜騎士として非凡な実力を持ちながら

彼が軍仕えになることは2度と無かった。

ダルレカで荷運びの仕事を続けている。



気高き領主 フリーダ

マラド領領主として、

愛する民たちを終生に渡って

温かく見守り続けた。


(ペレアス生存時、ペレアスの後日談の前に以下の会話が追加)

[ペレアス]
……すみません。▼


[アムリタ]
そんな…信じられないわ。

だってそうでしょう……

あなたには"印"が。▼

[ペレアス]
……母上…いえ…

アムリタ様が…僕を

息子だと判断されたのは……▼

やはり、それ故だったのですね。▼

[アムリタ]
……あ……▼

[ペレアス]
だからイズカも、

数多くいる孤児院育ちの者の中から

僕を見出したんです。▼

[アムリタ]
…やめて!

あなたは…わたくしの息子です。

母親のわたくしがそう認めたのです。▼

[ペレアス]
アムリタ様が覚えておられる

ご子息の姿は……

赤ん坊だとおっしゃっていましたね?▼

つまり、子供にはそのとき

既に"印"が現れていた……▼

[アムリタ]
ええ…それが?▼

[ペレアス]
僕のこの"印"は

【精霊の護符】と呼ばれるものです。

13のとき…自ら精霊と契約しました。▼

[アムリタ]
!!▼

[ペレアス]
…あなたが竜鱗族の方だと

知った時…疑念を抱きました。

そしてそれは次第に確信へと……▼

すみません…アムリタ様。

そのつもりでは無かったとはいえ▼

結果的に騙してしまったこと。

あなたの息子で…いられなかったこと。▼

[アムリタ]
………ペレ…アス………▼

[ペレアス]
…それでも、僕は楽しかった。

僅かな間でしたが……

母の愛情に包まれて暮らせた。▼

ありがとうございました。▼

[アムリタ]
……っ………

………う………ぅっ…▼



闇精を操る者 ペレアス

デイン王家の血筋でないことを告白し

自ら退位。臣として新王に仕えた。

国民はみな彼に親しく声をかけた。



邪眼の主 ニケ

砂漠のこちら側で起きたさまざまな

出来事を胸に刻みハタリへと戻る。

いずれ国ごと移住を試みるという。



砂塵の黒狼 オルグ

祖国への帰還の日、彼は何故か

狼の姿のままだった。

本人曰く『楽だから』ということらしい。

(ニケ死亡時)
亡き女王の遺志と、こちら側での

出来事を伝えるためハタリへと戻る。

いずれ国ごと移住を試みるという。



地に在る白翼 ラフィエル

弟妹と共にセリノスの森の祭壇で

儀式を行い、父王を目覚めさせる。

しばらく家族と過ごした後ハタリに戻った。

(ニケ死亡時)
弟妹と共にセリノスの森の祭壇で

儀式を行い、父王を目覚めさせる。

いまも家族と共に平和に暮らしている。

ガリア

  • 背景:帝都門前
[カイネギス]
アイクよ…

そなたの働き、見事であった。▼
[アイク]
あんたこそ、まだまだ

現役で通せるだろう。

一度くらいやり合ってみたかった。▼
[カイネギス]
ふっ 戦いはもう十分だろう。▼
[アイク]
命の奪い合いってのは

確かにご免だがな。▼

もっと単純に、互いの強さを

競ってみたいというか…▼
[カイネギス]
細かい規制のついた

武術試合のようなものだな。▼

平和な世が訪れれば

そのようなものが必要になる。▼

特に我らラグズは…

戦い無くば気がおかしくなりかねん。▼
[アイク]
やめてくれ。

暴走するあんたたちを止めるのは

一苦労どころの騒ぎじゃない。▼



光焔王 カイネギス

ガリアに戻って間もなく

王の座を退位し王城からも去った。

その武勇は数々の歌に伝えられる。

(スクリミル死亡時)
新しい後継者が決まるまでの間

変わっていく世界に対応するため

王として忙しく日々を過ごした



獅子王の隻影 ジフカ

若き頃からカイネギスの影として

常に彼と共に在った。

その人生に誇りをもっている。



ガリアの王牙 スクリミル

ガリアの新しい獅子王として

張り切って周囲を振り回している。

だがその豪放さが民の人気を集めた。



良き友 ライ

新王の補佐として奔走している。

型破りなその政策に苦笑いを浮かべつつ

根気よく王のわがままに付き合った。

(アイクと支援Aの場合)
新王の即位を見届け旅立つ。

世界は広く、己の知らぬものは

まだ無限にある…と彼は言い残した。



ガリアの女戦士 レテ

後にガリアの戦士長となる。

年若い戦士たちに

戦いの術と戦士の誇りを叩き込んだ。



優しき背 モゥディ

森に戻ってからは戦いを退き、

木々に囲まれて

静かで穏やかな日々を送った。



気ままな尻尾 リィレ

森で気ままな暮らしを送る。

大戦を幼い同胞たちに話し聞かせ、

その逸話は後々まで伝えられた。



秘めたる炎 キサ

ガリアの戦士として任を果たす。

平時にあっても常に訓練を怠らず、

その真面目さは戦士の模範とされた。

ベグニオン

  • 背景:平原
[???]
待って……

姉上っ!▼
[サナキ]
わたしの…姉上なのじゃろう?▼
[ミカヤ]
………▼
[サナキ]
そうであれば、すべて

辻褄が合うのじゃ。

【解放】の呪歌のことも、▼

女神ユンヌの声のことも……▼
[ミカヤ]
……塔の中で、たくさんの

心の声に触れて分かりました。▼

わたしはエルランとオルティナの末裔。

先代神使ミサハは、わたしの…祖母。▼
[サナキ]
やはり……そうか。▼

姉上! ならばどうか

ベグニオンに留まってください。

この国にはあなたの力が必要……▼
[ミカヤ]
いいえ、それはできないわ。▼
[サナキ]
な、何故?▼
[ミカヤ]
わたしが還るべき祖国はデイン。

ベグニオンじゃない。▼
[サナキ]
じゃ、じゃが……▼
[ミカヤ]
ここには、あなたがいる。

あなたはあなたの国を守って。▼
[サナキ]
………もう…会えぬのか?▼
[ミカヤ]
まさか。

これからは国同士、もっと

活発に交流していかないと。▼

デインと…同盟を結んでください。

対等な国として。▼
[サナキ]
わ、分かった!

互いの国情が安定すれば

すぐにでも…姉上!▼
[ミカヤ]
ありがとう、皇帝サナキ。

…………わたしの大切な妹。▼



聖帝 サナキ

神なき世界に不安を抱く人々を

強い意志をもって導いた。

他国全てを同盟国とする偉業を果たす。



優美なる天馬騎士 シグルーン

帝国の親衛隊隊長として

常に傍にあり、その心を守った。

優しい人柄は部下からも慕われた。



帝国の白刃 タニス

皇帝の親衛隊副長として

常に傍にあり、その身を守った。

厳しい人柄は部下から畏れられた。



不屈の魔道使い トパック

解放されたラグズ奴隷を貧困から守るため

政府のラグズ顧問として日々駆け回る。

忙しい毎日ながらいつも瞳を輝かせていた。



砂漠の水 ムワリム

ラグズ顧問補佐として、

帝国史上初のラグズ高官となる。

元気の良い主を公私に於いて支えた。



射干玉の娘 ビーゼ

元ラグズ奴隷たちと国の間を繋ぐ為

小まめに大神殿とラグズ居住区を

行き来し、どちらにもよく馴染んだ。



獅子の末裔 ソーンバルケ

同じ境遇にあるものを集め、小さな

村落を自治領として統治した。

後に大きな国へと発展する。



美の探究者 オリヴァー

美の守護者としての本領を発揮し

数多の芸術家たちの後援者となる。

己を題材とした作品を特に愛した。

鳥翼三国・ゴルドア

  • 背景:帝都門前


[アイク]
あんたたちの戻る先は……

とりあえずガリアになるのか?▼


[ティバーン]
ガリアへ寄って、すぐにセリノスだ。▼


[アイク]
セリノス?▼


[リュシオン]
皇帝サナキが約束を果たしてくれたのだ。

セリノスは我ら鷺の民の手に返還される。

すぐに戻って構わないと。▼


[アイク]
そうか…それはなによりだ。▼


[ティバーン]
鳥翼は変わるぞ。

鷹、鷺…それから鴉の奴らも

みんなひと所に集めようと思っててな。▼


[リュシオン]
これまでは…物の考え方や捉え方、

生活の習慣の違いから分かれていた。▼

だけど……それぞれの主張を

尊重し譲り合えば…共存できる。▼


[アイク]
簡単な話じゃないとは思うが、

それでもラグズとベオクのそれより

よほど容易そうだな。▼

あんたがいい見本だリュシオン。▼


[ティバーン]
だいたい上手く収まりそうだが、

肉類の調達に関してだけ

話がすり合わねえんだけどな。▼


[リュシオン]
森での生きもの捕食はだめです!

あと、暴力沙汰も。

それだけは譲れません。▼


[ティバーン]
……と、まあ

こんな状態だ。▼


[アイク]
肉か…深刻な問題だな。▼



天空の覇者 ティバーン

女神消失後、統一された鳥翼三国の

初代王に選ばれる。彼の手腕により

他国からも一目置かれるようになる。



闇に舞う翼 ネサラ

誓約の呪縛を逃れた彼は民を

新国家に託し、自らは外交官となる。

仲間への罪滅ぼしのために尽力した。



白の王子 リュシオン

新国家の重鎮として精力的に活動する。

容姿に似合わず頑固で押しの強い

その性格はある意味政に向いていた。



鷹王の目 ヤナフ

王の右腕として新国家でも活躍する。

若き兵の育成に熱心で

休暇であっても必ず鍛錬所に現われた。



鷹王の耳 ウルキ

王の左腕として新国家でも活躍する。

静寂をこよなく愛し

休暇中は誰も来ない場所で過ごした。



麗しき歌姫 リアーネ

新王国樹立へ向け

忙しなく飛び回る者たちを労るため

父と共に森に響き渡るよう謡った。

(ネサラと支援Aの場合)
ずっと慕っていた兄のような存在と

ようやく結ばれ幸せに暮らしている。

黒翼の男児と白翼の女児に恵まれた。



鴉の古老 ニアルチ

鴉の民の名誉回復のために、

老体でありながらよく働いた。

種の最高齢を毎年更新し続けている。



火消し フォルカ

役目を終えた後、

闇の世界へと戻っていった。

最後まで謎の多い人物だった。



若き竜王 クルトナーガ

他国との交流を盛んに行い

自らも各国間の争いの調停者として

永く世界を見守り続けた。



希望を紡ぐ者 イナ

帰国後、亡き許婚の子を出産する。

百数年ぶりの竜鱗の子供の誕生に

国中が喜び心からの祝福を送った。



悠久の旅人 ナーシル

新しい黒竜王の片腕として諸国を渡り

各国の様子をつぶさに伝えた。

ひ孫の成長が一番の楽しみだという。



紅炎将軍 ゴート

王の幼い甥御の侍従に任命される。

ラジャイオンと名付けられたその子に

厳しさとそれ以上の優しさをもって接した。

クリミア

  • 背景:帝都門前


[アイク]
…さて、俺たちも行くか。▼


[エリンシア]
クリミアへ。

私たちの祖国へ。▼



清真女王 エリンシア

民への慈愛に満ちた眼差しと

果断な決断力によって国を治め

後世にまでその名を残した。



黒騎将 レニング

その帰還にクリミアは沸き立った。

自らは一歩引いた場所に身を置き、

常に女王を立てて国勢を安定させた。



女王の騎士 ジョフレ

王宮騎士団長としてその終生を

祖国クリミアとエリンシア女王に

尽くし、騎士たちの鑑となった。

(エリンシアと支援Aの場合)
人々の心も豊かになった新世界で

彼と女王の婚姻を阻む者はおらず、

国中の祝福を得て彼女と結ばれた。



女王の姉妹 ルキノ

女王がいる場所には必ず

彼女の姿があった。

本当の姉妹以上の関係だったと言われる。

(ユリシーズと支援Aの場合)
女王の一の臣として彼女を支える。

正式な婚姻は行っていないものの

フェール伯との仲は続いているようだ。



王国の要 ユリシーズ

女王の信頼あつい重臣であり、

その優れた外交手腕によって

数々の同盟締結の立役者となった。



剛の騎士 ケビン

祖国への狂おしいほどの愛情と

熱意をもって王家に仕える。日々、変わらぬ

大声が宮廷に響き渡ったといわれる。



苦労性の天馬騎士 マーシャ

王宮騎士団の一員として

熱意あふれる働きを見せ、

クリミアの空を東へ西へと飛び回った。



放蕩騎士 マカロフ

帝国より規律の緩い王宮騎士団は

彼にとって居心地が良いらしく、

いまだ奇跡的に退団を免れている。



つつましき弓騎士 ステラ

王宮騎士として名を馳せる。

弓引くその姿の美しさは

敵味方問わず人を魅了した。

(マカロフと支援Aの場合)
周囲の反対を押し切り、結局

三国一のぐうたら男へと嫁いだ。

結婚後も騎士として名を馳せた。



最強の村娘 ネフェニー

メリオル城下の街で家族と共に暮らす。

度々王宮に請われて槍を振るい、

兵士の指導を手伝った。



最強の農夫 チャップ

家族と共にオマ村に戻り、

農夫として穏やかな生涯を送る。

2度と武器を手にすることはなかった。



素朴な村娘 メグ

故郷の村で平凡な結婚をし

家族といっしょに平凡に暮らした。

いつも笑い声の絶えない家庭だった。



魅惑の女盗賊 ヘザー

故郷に帰り母と共に暮らす。

盗賊業からは足を洗ったが

手癖の悪さは直らなかった。



幸の担い手 ウハラダ

戦いの後、槍を置き

諸国を巡る大道芸人となった。

彼の芸はどんな者にも笑顔を与えた。



ラルゴの細君 カリル

愛する夫ラルゴと娘エイミと共に

店を切り盛りする毎日に戻る。

その明るい笑顔は多くの人を慰めた。



紅の聖騎士 ティアマト

傭兵団副長として変わらず過ごす。

年にいちどはガリアの地を訪れ

亡き人の墓の前に佇んでいる。



百の手 シノン

古巣でのんびりとした生活を送る。

何をやっても達人の域を極めながら

何1つとしてそれを天職とはしなかった。



護る盾 ガトリー

傭兵団の名物男として近隣に知られる。

誰よりも多く“運命の出会い”を得るが

まだ真実の愛には巡りあえない。



柔の騎士 オスカー

女王の要請により王宮騎士に戻る。

だが傭兵団員としても籍を残し

器用にどちらの任務もこなしている。



猛き豪腕 ボーレ

『傭兵団一の怪力』の座を若手に

奪われぬよう、日々鍛錬に精を出す。

浮いた噂はまだ聞こえてこない。

(ミストと支援Aの場合)
『傭兵団一の怪力』の座を若手に

奪われぬよう、日々鍛錬に精を出す。

妻には頭が上がらないようだ。



若葉の射手 ヨファ

傭兵団の一員として活躍する。

抜群の弓の冴えを誇り

誰もが彼にその教えを乞うた。



穏やかなる聖人 キルロイ

団員の協力のもと砦の片隅に

小さな教会を作り

幼い子らのための学びの場とした。



頂へ昇る剣士 ワユ

新たなる強い相手を求め旅立った。

大陸中を修行の地としながらも

時には傭兵団の砦で翼を休めているらしい。



癒しの春風 ミスト

年頃の彼女の元には

多くの青年が求婚に訪れたが

誰に対しても首を縦には振らなかった。

(ボーレと支援Aの場合)
大陸に平和が訪れて間もなく

長くはぐくんできた恋の相手と結ばれた。

式で大泣きし兄と夫を困らせたという。


特定の条件を満たすと、セネリオ後日談の前に以下の会話が追加

[アムリタ]
……あなたが、

グレイル傭兵団のアイク……▼


[アイク]
あんたが、デイン皇太后か。

色々と苦労したようだが…

無事でよかったな。▼


[アムリタ]
………え、ええ……▼


[アイク]
…?

何か用があったんじゃないのか?▼


[アムリタ]
……………いいえ。

もう…いいのです………▼


[アイク]
……そうか。▼



じゃあ、クルトナーガ王子

あんたたちも達者でな。▼


[クルトナーガ]
はい。あなたがたも。

きっとまたお会いしましょう!▼



(アイク消える)

[クルトナーガ]
…よかったんですか、姉上?

どうしてもアイク殿に会いたいと

仰られていたのに。▼


[アムリタ]
……それは、ペレアスが………

彼に会いに行ったほうがいいと

そう言っていたから…▼


[クルトナーガ]
どういう理由でですか?▼


[アムリタ]
…あの子は

『僕にできる最後の贈り物』だと…

それだけしか言ってくれなくて。▼


[クルトナーガ]
贈り物?

アイク殿に会うことがですか?▼


[アムリタ]
……あのベオクに

何があるというのかしら?

………………▼



あ! 待って!

待ってちょうだい…っ!▼

[クルトナーガ]
姉上!?▼


[セネリオ]
………何か?▼


[アムリタ]
あなた…は?

あなた……お名前は?▼


[セネリオ]
…………セネリオ…▼


[アムリタ]
そ、そう……

………いいお名前ね。▼


[セネリオ]
……………▼


[アムリタ]
……………▼


[セネリオ]
…用はそれだけですか?▼


[アムリタ]
え、ええ… ごめんなさい。

いきなり呼び止めたりして……▼


[セネリオ]
いえ……

では、失礼します。▼


[アムリタ]
…………▼


[クルトナーガ]
あの少年は、

グレイル傭兵団の参謀ですね。

彼がどうかしましたか?▼


[アムリタ]
……▼


[クルトナーガ]
姉上……?▼


[アムリタ]
………わたくしは生来の力を

失ってしまったから……▼

だから…もう……

我が子すら見分けることが

できぬようになったのだと………▼



だけど…実の子を前にして

それがわからぬ母などおりましょうか………

…………よくぞ…生きて………▼


[クルトナーガ]
……まさか…では

彼が本当の………………▼



静寂の風使い セネリオ

優れた軍略の才を持ちながら

彼は生涯、ただひとりのためにしか

それを用いようとはしなかった。

(アイクと支援Aの場合)
大陸が平穏と落ち着きを取り戻した頃

僅かな手荷物だけを手に旅立った。

ただひとり忠誠を誓った相手と共に。



アイク

各国の安定を見届けたあと

まだ見ぬ別天地を目指し旅立つ。

その後、彼の姿を見たものはいない。


(エルランを仲間にした場合)


創始の光 エルラン

ロライゼの強い希望により

セリノスの森の奥深い場所に隠遁する。

朝夕耳にする歌に彼もまた癒された。

[エルラン]
おかえりなさいませ。


[???]
……もしかして

ずっとここに居たの?


[エルラン]
いいえ。

数日前からなぜか…

貴女が戻られるような気がして。


[アスタテューヌ]
フフ ただいま。

また会えて嬉しいわ、エルラン。


[エルラン]
はい、私も。

女神アスタテューヌ。


[アスタテューヌ]
あれからどれくらいになる?

100年? 500ぐらい?


[エルラン]
1200年ほど…です。


[アスタテューヌ]
そう。

人には…長い年月ね。


[エルラン]
ええ。

かつての安寧は……

また崩れつつあります。


[アスタテューヌ]
そのようね。

世界を【負】の気が覆い始めてる。

だけど――

私はもう恐れない。

人を生み出した者として

この世界を見守っていくわ。


[エルラン]
はい。


[アスタテューヌ]
ねえ、エルラン。

私ひさしぶりに

あなたの歌が聴きたいな。


[エルラン]
……私は…歌はもう……


[アスタテューヌ]
じゃあ、私が歌うから

いっしょに。

それならいいでしょう?


[エルラン]
……はい。



(スタッフクレジット)

エンディング

Dawn Awakens

二周目以降エルランを仲間にした場合、スタッフクレジットに

隠しEDテーマ曲 “Dawn Awakens” が挿入される。


  • 字幕

    永き眠りは終わり

    眩いほど光溢れ

    輝き 見果てぬ 夢 夢

    旅立ち 迷わず 往け 往け

    約束 この手に

    響かせ声 遠く高く

    鳥の歌声

    遥か空

    遥か空

以下共通

(画面、ホワイトアウト)

(背景:光に包まれる「レンジャー」のアイクの後ろ姿)


かつてこの大陸に

ひとりの若者がいた


ただの人でありながら

絶え間なく戦い続けた

ふたつの種族を結び

女神に心を取り戻させた


やがて彼は伝説となり

種族・世代・性別

それら全ての垣根なく

語り継がれていった


誰もが古い友のように

親しげにその名を口にする


【蒼炎の勇者】 アイクと――





Fin

情報提供

  • 後日談のイレースですが、行商談とあるのですが、行商隊の間違いではと思いました。違っていたらすみません。 -- kano? 2015-11-29 (日) 08:43:28
  • 後日談のイレースですが、行商談とあるのですが、行商隊の間違いではと思いました。違っていたらすみません。 -- kano? 2015-11-29 (日) 08:43:51
  • 後日談のイレースですが、行商談とあるのですが、行商隊の間違いではと思いました。違っていたらすみません。 -- kano? 2015-11-29 (日) 08:44:30
  • 後日談のイレースですが、行商談とあるのですが、行商隊の間違いではと思いました。違っていたらすみません。 -- kano? 2015-11-29 (日) 08:44:50
  • 後日談のイレースですが、行商談とあるのですが、行商隊の間違いではと思いました。違っていたらすみません。 -- kano? 2015-11-29 (日) 08:45:14
  • 後日談のイレースですが、行商談とあるのですが、行商隊の間違いではと思いました。違っていたらすみません。 -- kano? 2015-11-29 (日) 08:45:44
  • すみません!繋がらなくて連打してしまいました! -- kano? 2015-11-29 (日) 09:35:01
  • トパックが生存していないパターンもお願いします -- 2019-08-26 (月) 11:57:01

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 26 Aug 2019 11:57:02 UTC