ファイアーエムブレム 新・紋章の謎/章別会話

14章 明かされた謎

ナレーション

チェイニーから

もたらされた意外な事実は▼

マルスに衝撃をあたえた。▼

チキは神竜王ナーガの娘として生まれ、▼

王の意志によって

この神殿で眠りについた。▼

それは、チキの力を恐れた

神竜王の、せめてもの親心だったと言う。▼

恐ろしい力を秘めたチキが目覚めると、

いずれ世界を滅すことになろう…▼

神竜王はそう考えたのだ。▼

だが、王の僕であったバヌトゥは、▼

チキを見守って

数百年をすごすうちに情が移り、▼

目覚めさせて、

連れ去ってしまった。▼

だからチキには、人間として生きてきた

10年の記憶しかないのだと言う…▼

「かわいそうに、チキ…」▼

マルスは、こみ上げてくる想いを

どうすることもできなかった。▼

出撃準備

アルテミスの定めについて ★★

[ジェイガン]
クリス、

眼前にあるのが氷竜神殿だ。▼

アリティアの祖アンリは

愛するアルテミスのため、

ここで神剣ファルシオンを手に入れた。▼

そしてメディウスを討ち、

アリティアの人々に望まれて、

初代国王となられたのだ。▼

だが…アンリとルテミスは

互いを愛し合いながらも

結ばれることはなかった…▼
[主人公]
何故ですか?▼
[ジェイガン]
アカネイアの貴族達は

平民であるアンリ様が、自分達の王に

なることを望まなかった。▼

それよりも、解放軍を率いて戦った、

カルタス伯との婚礼を、

王女に強くすすめたのだ。▼

アルテミス王女は、それを

拒むことができなかった。▼

「炎の紋章を行使する者

 その全てを、王家に奉げるべし」▼

それがアカネイア王家に伝わる

変わらざる、掟なのだ。▼

王女は、アンリ王には何も告げず、

カルタス伯との婚礼を

受け入れられた。▼
[主人公]
そんな…

それではアンリ王は…▼
[ジェイガン]
哀れなのは、王女とて同じ。

その後、王子をもうけられて

すぐに亡くなられたそうだ。▼

アンリ王は、生涯

妻をむかえることはなかった。▼

アリティア王国は、弟のマルセレス王…

つまりマルス王子のひいおじい様に

引き継がれたのだ。▼
[主人公]
悲しい話ですね…▼
[ジェイガン]
それがアルテミスの定め。

この、ファイアーエムブレムにまつわる、

悲しい定めなのだ…▼

現在の状況について 14章 ★★

[ジェイガン]
光のオーブを求め、

険しいアンリの道を進んできたが…

我らはついに氷竜神殿へ到着した。▼

ここでガトー様は

マルス様の到着を待っておられるはず。▼

しかし五つのオーブが地竜封印の盾で

ひとつでも欠けると

封印は破られてしまう、とは…▼

こうなるとウェンデル殿の

オーブが失われると世界が滅ぶ、

というのもうなずける話ではあるな。▼

戦闘開始

聞こえるか? 

[ガトー]
マルス王子よ、聞こえるか?

中央の部屋まで来るのだ。

わしはそこで待っておる。▼

光(中央の部屋へマルス到達時)

※星のかけらを12個すべて集めている場合

[ガトー]
マルス王子よ

よくぞここまで来た!

さすがは、勇者アンリの血を引く者。▼

その勇気にこたえて

光のオーブはそなたに託そう。▼

これさえあれば闇のオーブは力を失う。

ハーディンを打ち破ることも

不可能ではない。▼

それと、星のカケラに

ついてだが…▼

なに!?

星のカケラを全て

集めてくれたと!▼

ありがたい、これで

星のオーブは、蘇る。▼

少し待っておれ…▼

マルスよ。

これが、星のオーブじゃ。

これも、そなたに預けよう。▼
[マルス]
え?

ガトー様、こんな大切な物を

どうして、ぼくに?▼
[ガトー]
封印の盾を完成できるのは

そなたしかおらぬ…

盾が、そなたを選んだのじゃ。▼
[マルス]
…?▼
[ガトー]
まだ、わからぬか。

そなたが持っておる

その紋章の盾が、奪われた封印の盾…▼

アカネイアの炎の紋章

ファイアーエムブレム、なのじゃ。▼
[マルス]
!!

このファイアーエムブレムが

封印の盾…▼

では、ガトー様…

ぼくが五つのオーブを全て手に入れれば

封印の盾は完成されるのですね。▼
[ガトー]
うむ…じゃが

盾が壊されて

すでに600年…▼

マケドニアの地下に

封印された地竜が、

目覚める頃だ。▼

あの邪悪な地竜が

数百…いや数千という数で

目覚めようとしている。▼

チキも、そなたに託そう。

右の部屋へ行けば会える。

あの子なら地竜とも戦えるだろう。▼

ただし、言っておく。

封印の盾が完成されねば

チキとて滅びねばならぬぞ。▼
[マルス]
えっ…!?

それはどうして…▼
[ガトー]
あの子は

まだ成長しきっておらぬから

封印の盾がなければ退化が始まる。▼

やがて、獣となって

人を襲うだろう。▼

だからわしは

可哀想だとは思いながらも

チキを眠らせることにした。▼

だが、封印の盾が完成すれば

その心配もなくなる。

盾がチキを守ってくれるのだ。▼

マルスよ、チキをたのむ。

あの子を、破滅から

救い出してやってくれ。▼

※星のオーブを手に入れた。

※光のオーブを手に入れた。

チキ初戦時

[チキ]
え…?

だれ…だれなの…?▼

チキ撃破時

[チキ]
…マルスの…

おにい…ちゃん…▼

会話(マルス→敵軍チキ)

[マルス]
チキ!?

大丈夫か…▼
[チキ]
うーん…▼
…マルスの…

おにいちゃん…▼

あっ、おにいちゃん!!

来てくれたの!

チキに会いに来てくれたんだ!!▼
[マルス]
そうだよ、チキ。

久しぶりだね、元気だったかい。▼
[チキ]
ううん…元気じゃない。

司祭様がね、また

ねむらなきゃダメだって言うの。▼

でも、わたしもう…イヤ。

だって、ずっと長い間

一人でねむってたんだよ。▼

何度も、こわいゆめを見たわ。

あの、かわいそうな

火竜や氷竜のように、▼

わたしも、

けものになってしまうの。▼

そして、人間をおそって

殺してしまうの。▼

いやー…やめてー…ってさけんで、

目がさめる。でも、

まっくらな部屋で一人ぼっちで…▼

わたし、何度も泣いたの。▼

バヌトゥのおじいちゃまは

そのたびに、わたしを

なぐさめてくれた。▼

そして、ある日

わたしを連れだして

人間の村に連れて行ってくれたの。▼

村のくらしは、たのしかった

みんなとってもやさしくしてくれて…

ほんとうに、幸せだった。▼

わたし、もうねむるのイヤ…

今度、目をとじたらもう二度と

めざめないような気がする。▼

そんなのイヤだよ。

わたし、みんなと一緒にくらしたい。

ねむりたくないよ。▼
[マルス]
チキ、もう大丈夫だ。

ぼくが、君を守ってあげる。

だから、もう泣かないで…▼
[チキ]
ほんと?…

わたしもう、こわいゆめを

見なくていいの!?▼
[マルス]
ああ、そうさ!▼

盾を完成させればチキは、

ぼく達とくらせる。▼

ぼくを信じてついておいで!▼
[チキ]
うん!、うれしい!!

ありがとう、おにいちゃん!▼

クリア後

魔王の影 

[ガトー]
そうか…

チキは、そんなに喜んでいたか。

さぞや、辛かったのだろう。▼

あの子を守るためとはいえ

可哀想なことをした。

わしを恨んでおろうな…▼

マルスよ、もう行くがよい。

お前達は、わしの術で

アリティアに、送ってやろう。▼
[マルス]
ガトー様は、一緒に来ては

くださらないのですか。▼
[ガトー]
うむ…

わしは、今一つ、

調べねばならぬことがある。▼

ガーネフが、動いておるのじゃ。▼
[マルス]
ガーネフ!?…

でも奴は、死んだはずでは。▼
[ガトー]
たしかに、肉体は滅びた。▼

だが、奴の魂は闇のオーブに

とりこまれ、邪悪な怨念となって

生き続けている。▼

そして、かつての部下であった

悪しき司祭達を蘇らせ▼

良からぬことを

企んでおるようだ。▼
[マルス]
そうですか…

わかりましたガトー様

では、我々だけで行きます。▼
[ガトー]
うむ…何かがわかれば

わしも後から行こう。▼

頼むぞマルス、全ては

そなたの手にかかっておる。▼

竜族と人類を

破滅の道から救ってくれ。▼

(チキが不在の時はガトーの「マルスよ、もう行くがよい~」より上の会話がありません)

チキの格好 

主人公が男性 

[主人公]
…いよいよアリティアか。

アカネイアに占領された故郷、

必ず奪還してみせる…▼
[チェイニー]
ふーん、まじめな奴なんだな。▼

なあ、クリスだっけ。

マルスの近衛騎士なんだって?▼
[主人公]
はい。

マルス様をお守りするのが

おれの使命です。▼
[チェイニー]
ふーん。

けど本気であいつを守る気なら、

相当強くなくちゃいけないぜ。▼

なあ、今より

もっと強くなれる方法、

知りたくないか?▼
[主人公]
え?

そんな方法があるのですか?▼
[チェイニー]
ああ、ちょっと待ってな。▼

(チキに変身)

[チキ]
じゃーん。

クリス、

チキのことは知ってるか?

チキがこんなに小さくても

戦えるのは、実は

この髪型と髪飾りのおかげなんだぜ。▼
[主人公]
えっ!?▼

そうだったのですか!?▼
[チキ]
ああ、

お前もこの髪型を真似すれば、

すごく強くなれるってわけさ。▼

この髪飾りをつけて、

チキみたいな髪型にしてみな。▼

そうすれば伝説の力で

お前はもっと強くなる!

…かもしれないぜ。▼

どうする?

やってみるか?▼

主人公が女性 

[主人公]
…いよいよアリティア。

アカネイアに占領された故郷、

必ず取り戻す…▼
[チェイニー]
ふーん、まじめな奴なんだな。▼

なあ、クリスだっけ。

マルスの近衛騎士なんだって?▼
[主人公]
はい。

マルス様をお守りするのが

私の使命です。▼
[チェイニー]
ふーん。

けど本気であいつを守る気なら、

相当強くなくちゃいけないぜ。▼

なあ、今より

もっと強くなれる方法、

知りたくないか?▼
[主人公]
え?

そんな方法があるのですか?▼
[チェイニー]
ああ、ちょっと待ってな。▼

(チキに変身)

[チキ]
じゃーん。

クリス、

チキのことは知ってるか?

チキがこんなに小さくても

戦えるのは、実は

この髪型と髪飾りのおかげなんだぜ。▼
[主人公]
えっ!?▼

そうだったのですか!?▼
[チキ]
ああ、

お前もこの髪型を真似すれば、

すごく強くなれるってわけさ。▼

この髪飾りをつけて、

チキみたいな髪型にしてみな。▼

そうすれば伝説の力で

お前はもっと強くなる!

…かもしれないぜ。▼

どうする?

やってみるか?▼

≪選択肢分岐-はい≫

[主人公]
はい。やります。▼
[チキ]
じゃあ、お前にやるよ。

ちゃんと髪型も変えるんだぜ。▼
[主人公]
感謝します、チェイニー殿!▼
[チキ]
……ぜんぜん疑ってないのな。

正直者というか何と言うか…▼
[主人公]
チェイニー殿? 何か?▼
[チェイニー]
あー、いやいや何でもない。

じゃーな、新しいクリスの姿を

楽しみにしてるぜ!▼

≪選択肢分岐-いいえ≫

[主人公]
いえ、結構です。

あくまで自分自身の力で

マルス様を守りたいのです。▼
[チキ]
ふーん、そっか。

つまんないなー。▼
[主人公]
え?

つまんない、とは?▼
[チキ]
あー、いやいや何でもない。

じゃーな!▼

コメント

  • アンリはマルス様の祖先じゃないじゃん。 -- ツッコミ? 2018-03-15 (木) 14:07:30
  • 是非祖先の意味を辞書で調べてみましょう -- 2018-09-18 (火) 16:49:55
  • 明かされない謎 -- 2019-02-28 (木) 02:22:16
  • 明かされない謎 -- 2019-02-28 (木) 02:22:17
  • 明かされない謎 -- 2019-02-28 (木) 02:25:32

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 28 Feb 2019 02:25:33 UTC